ナワシロイチゴ(苗代苺)

  • 2017/06/23 : 野の花
  • 昨年は5月20日ころが花の見ごろだったので、それにあわせて見に行ったらやっと蕾がついているくらいでした。
    今年は5月28日時点でちらほら咲いているくらいでした。
    10日ほども遅い感じでしょうか・・昨年が早かったのか!?


    ナワシロイチゴ(苗代苺)


    これは咲き始めの一輪です。
    やはり最初の花がきれいですね。
    咲き殻も見えないし・・

    【写真】
    ナワシロイチゴ苗代苺) バラ科
    草のように見えても落葉低木木苺です。
    開花時期からサツキイチゴとも。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/05/28 13:19:43
    Tv 1/320
    Av 4.0
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    今年はあまり状態のいい花を見られませんでした。
    でも何ヶ所かで新たにナワシロイチゴの花を確認できたのでよしとしておきましょう。


    ナワシロイチゴ(苗代苺)


    こちらは6月14日に道端でさいていたものです。
    左上が咲きかけ、右が満開、真ん中が咲き終わり。
    しぶとく咲いていました。


    水戸線E531系


    今月は思いがけず時間ができたのと、体調が復活したので鉄道であちこちでかけました。
    東北本線小山駅で撮った水戸線E531系、京浜東北線の東側に行く機会が少ないので、この色はちょっと新鮮かも。
    小山発勝田行きに乗って常磐線の友部まで行き、上野方面に乗り換えて我孫子駅の弥生軒で唐揚げそば(←クリック)を食べ・・


    筑波山@水戸線より


    水戸線の車窓から筑波山がよく見えました。
    ちっちゃいコンデジなので写りはちょっと・・
    平日昼間のローカル線はいいなぁ、乗っているだけですごくいい。
    スポンサーサイト

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ナワシロイチゴ 苗代苺 バラ科 木苺 サツキイチゴ 落葉低木 水戸線 筑波山 E531系

    ムラサキシキブ(紫式部)

  • 2017/06/22 : 野の花
  • 6月7日に載せたヤブムラサキに少し遅れてムラサキシキブが咲きました。
    ヤブムラサキはほぼ終わっていましたので、の時期はほとんど重ならないみたいですね。
    微妙に期がずれているのは交雑しないためなんでしょうか。


    ムラサキシキブ(紫式部)


    ムラサキシキブ芳香があるので、姿が見えなくても咲いているのがわかります。
    初夏らしいさわやかな香りです。
    春先の香りならヒサカキでしょうけど、こちらは「匂い」じゃなくて「臭い」かな・・

    写真
    ムラサキシキブ紫式部) シソ科
    春の、秋の実、いずれも美しいです。
    ちなみに英名は Japanese beautyberry だそうです。(Wikipedia)
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/06/17 13:28:30
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    鮮やかなピンクが葉の上に咲きます。
    葉の下に咲くヤブムラサキと比べると、花の数も多いし華やかな印象です。


    ムラサキシキブ(紫式部)


    萼を見ると無毛ですね。
    毛むくじゃらなヤブムラサキと比べるとずいぶんすっきりしています。
    もしかしてヤブムラサキは萼の細毛の保温効果で少し早く咲くのかな!?


    ムラサキシキブ(紫式部)


    ・・ということでもないんでしょうが。
    とても小さな花ながら鮮やかな色合いです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ムラサキシキブ 紫式部 シソ科 ヤブムラサキ 芳香 初夏 ピンク ヒサカキ 写真

    ウマノスズクサ(馬の鈴草)

  • 2017/06/21 : 野の花
  • 梅雨時に咲く花なので、たまに撮りそびれることがあります。
    今年は天気がよくて直射日光が当たってました。
    花を撮るのは花曇りが一番いいようです。


    ウマノスズクサ(馬の鈴草)


    花といってもラッパ状の部分は萼で、花の本体は球状の部分の中にあります。
    この花を見るたびに丸い部分を割ってみたいと思うんですが、植物採取禁止の場所なのでやめておきましょう。
    ネットで検索したらいくらでも写真が見られますし。

    【写真】
    ウマノスズクサ馬の鈴草) ウマノスズクサ科 有毒
    アリストロキア酸という成分を持ち、人が摂取すると腎機能障害を起こすそうです。
    ジャコウアゲハの唯一の食草で、この蔓でも毎年幼虫を確認しています。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/06/17 13:16:14
    Tv 1/400
    Av 4.5
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:絶滅危惧II類(北多摩)


    受粉のためにここから小さなハエを臭いでおびき寄せます。
    花は雌性先熟で、雌性期には筒の中に内向きの毛が生えていてハエは外に出られません。


    ウマノスズクサ(馬の鈴草)


    雄性期になると内向きの毛が消失して花粉を付けたハエが外に出ることができます。
    確実に受粉する巧妙な仕掛けを持っていますね。
    さてこの写真の花は雌性期か雄性期か・・入口からは見えません。


    ウマノスズクサ(馬の鈴草)


    花も蕾もたくさんついているので、しばらく楽しめそうです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ウマノスズクサ 馬の鈴草 ウマノスズクサ科 有毒 ジャコウアゲハ アリストロキア酸 雌性先熟 ハエ ラッパ 腎機能障害

    ホタルブクロ(蛍袋)

  • 2017/06/20 : 野の花
  • 6月15日にヤマホタルブクロを載せました(←クリック)ので、ホタルブクロも載せておきましょう。
    ぱっと見は同じに見えてしまいますね。
    ホタルブクロのほうが萼片が細長く、萼片の間に反り返るような付属体があります。


    ホタルブクロ(蛍袋)


    それ以外は色も形も同じような・・
    ほんのちょっとホタルブクロのほうがスリムに見える気がしますが、いかがでしょうか。
    日光が当たっていたので透過光で。

    【写真】
    ホタルブクロ(蛍袋) キキョウ科
    ヤマホタルブクロと並べてみると、萼の違いがはっきりわかります。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/06/14 14:06:17
    Tv 1/250
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    梅雨入りしたのに雨が少ないためか、ホタルブクロもあまり元気がありません。
    の数が少なめなような・・


    ホタルブクロ(蛍袋)


    昨年もほぼ同じ時期に撮っていますけど、日当たりのいい場所の個体数が少ないです。
    明日は本格的に降る予報なので恵みの雨になるでしょう。
    田んぼも湿地もカラカラに乾いています。


    ホタルブクロ(蛍袋)


    白っぽいを探してみたものの、咲いていたのはこんなのがふたつばかりでした。
    ちょっとだけ紫ですね。
    ちなみに最後のは本日(6月20日)に撮ったものです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ホタルブクロ 蛍袋 キキョウ科 野草 ヤマホタルブクロ 萼片 付属体 梅雨 透過光

    ヒメコウゾ(姫楮)

  • 2017/06/19 : 野の花
  • 変わった形のといわれたら、真っ先にこのを思い浮かべます。
    こちらの丘陵にはあちこちにあるのでよく見かけます。
    の時期は春、今年は5月の連休に撮りました。


    ヒメコウゾ(姫楮)


    まずはインパクトのあるアップから・・雌花です。
    ウニの棘のような赤いのは柱(雌しべ)で、結構きれいな色ではありませんか。
    中心にある球(雌花序)が直径4ミリほど、花柱は5ミリほどの長さです。

    【写真】
    ヒメコウゾ姫楮) クワ科
    何年かに一度撮っては載せています。
    おもしろい素材なんですけど、なかなか撮りにくくて・・
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/05/05 15:00:38
    Tv 1/160
    Av 5.6
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    下の写真には雄花が2個写っているんですけど、ピントが合ってないので見えません。
    雌花みたいなインパクトはないです。


    ヒメコウゾ(姫楮)


    何で今さら時期遅れのヒメコウゾを載せたのかというと、ちょうど今の時期に果実が美しく色付くのです。
    たまたま通りかかったところの木に、木苺みたいなオレンジの実が鈴なりです。
    果実の表面に出ている毛は雌しべの残骸で、食べると口の中に残るらしく・・


    ヒメコウゾ(姫楮)


    まーこの時期ならスーパーに行って安売りのアメリカンチェリーを買って食べるかな。

    食べるといえば、今日のお昼は常磐線の我孫子駅で立ち食いソバを食べました。
    我孫子の弥生軒、弁当屋だったころに山下清画伯が働いていたそうです。
    名物の唐揚げそばを注文すると、おばちゃんが巨大な唐揚げをソバに2個乗せて・・いやいや、頼んだのは唐揚げ1個の400円のやつよ!!


    弥生軒の唐揚げそば


    と思っていたら「これが1個です」って、他のお客さんにも言ってた。
    たぶん、唐揚げがちょっと小さかったからでしょう。
    唐揚げひとつにモモ肉半分使うとかで、今日のはそこまで大きくなかったようです。

    ちなみにソバの味は、駅の立ち食いソバでした。
    140円足すと唐揚げ2個になるんですが、今日なら4個乗せになるのか・・

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヒメコウゾ 姫楮 クワ科 雌花 木苺 果実 我孫子駅 弥生軒 山下清

    ようこそ!
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR