ぐんまワンデー世界遺産パス(4)~東武佐野線

  • 2017/08/18 : 鉄道写真
  • 太田駅から東武伊勢崎線館林行きに乗って、1ヶ月ぶりの館林に到着です。
    館林は伊勢崎線のほかに佐野線と小泉線が分岐しているターミナルになっています。


    伊勢崎線@館林駅


    到着した電車は折り返しの太田行き。
    館林からは佐野線に乗車して終点の葛生駅まで行きました。
    なんだか館林駅の隅っこみたいなところから発車します。


    佐野線@館林駅


    佐野は栃木県ぐんまワンデー世界遺産パスで行ける範囲は佐野駅までです。
    終点の葛生駅(くずう)まで行くには乗り越し料金を支払わなければなりません。
    生きているうちにもう一度来る機会があるかわからないので、まぁ終点まで行っておきましょう、館林から30分あまりで行けますから。


    佐野線の車窓から


    車窓の眺めはどこに行ってもおおむねこんな感じで、田んぼが多くて住宅も結構あります。
    その割に鉄道の利用客が少ないのは連休だから!?
    それにしてもうっとうしいお天気です・・


    東武佐野線葛生駅


    終点の葛生駅に到着しました。
    ここで降りたのは私を含めて4人くらい・・さすがに赤字でしょうね。
    しかしこれを維持しているのは立派、がんばれ東武鉄道!!


    東武佐野線葛生駅


    駅舎は案外新しくて、最近建て替えたんでしょうか?
    駅員さんに乗り越し料金250円を払って駅の周辺を歩いてみました。
    折り返しの館林行きの発車まで15分なので遠くには行けません。


    終着駅


    駅の近くの踏切からの風景を撮ってみました。
    いかにもローカル線の終着駅っていう雰囲気で、こういうのがすごく好きです。
    雨に濡れているのもしっとり落ち着いた感じでいいかも。

    ちなみにカメラはコンデジ(LUMIX LX3)を持っていきました。
    EOSは重くてね~。

    (つづく)
    スポンサーサイト

    テーマ : 鉄道の旅
    ジャンル : 旅行

    tag : ぐんまワンデー世界遺産パス 太田 館林 東武佐野線 終着駅 東武伊勢崎線 小泉線 栃木県 葛生駅 車窓

    ぐんまワンデー世界遺産パス(3)~わたらせ渓谷鐡道

  • 2017/08/16 : 鉄道写真
  • さて桐生からは東武桐生線に乗って太田経由で館林に向かいます。
    ・・が、東武線もJRと接続していません。
    唯一桐生駅に接続しているわたらせ渓谷鐡道で2駅、相老駅東武桐生線に乗り換えます。


    わたらせ渓谷鐡道@桐生駅


    1両編成のディーゼルカー、こういうの大好きです。
    ところで、わたらせ渓谷鐡道桐生駅ってどこ!?、と思ったら、JR桐生駅の1番線なのでした。
    ちょっと探してしまいました。(笑)


    わたらせ渓谷鐡道@相老駅


    相老駅に到着、わたらせ渓谷鐡道とはここでお別れです。
    ずいぶん前から一度訪れたいと思いつつ、今回も時間の関係上涙をのんでコースから外しました。
    またフリーパス買って紅葉の頃にでもリベンジしましょう。


    わたらせ渓谷鐡道@相老駅


    私は気動車(ディーゼルカー)が好きなんですけど、架線がないので風景がすっきりしているというのも魅力を感じる点かもしれません。
    左のホームが東武桐生線相老駅で、なんだかごちゃごちゃしている印象です。

    東武桐生線の時刻表はこんな感じで、日中は特急(赤印)と各駅停車が1本ずつですね。


    東武桐生線相老駅


    6分の接続で太田行きに乗り換えなので、接続バッチリです。
    地図を見るとよくわかりますが、JR両毛線利根川の間は東武線が8の字を描くように走っています。
    8の字の中心が太田駅で、この日は2度とおりました。


    東武鉄道太田駅


    3両編成の列車は定刻に太田駅に到着。
    8:50発の館林行きには4分で接続とかなり効率がいいです。
    この日5本目の列車ですけどまだ朝の9時前です。


    太田駅


    前回館林を訪れたのが7月17日で最高気温37度でした。
    8月11日の9時時点の気温は22度しかなくて、まるっきり別世界です。
    猛暑の心構えはあったものの、半袖だと肌寒いくらいの気候で拍子抜けもいいところ・・

    長袖を着てくればよかった。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道の旅
    ジャンル : 旅行

    tag : ぐんまワンデー世界遺産パス わたらせ渓谷鐡道 桐生 太田 館林 相老駅 両毛線 利根川 ディーゼルカー 東武桐生線

    ぐんまワンデー世界遺産パス(2)~上毛電鉄で桐生へ

  • 2017/08/14 : 鉄道写真
  • 上毛電気鉄道中央前橋駅7:00発の西桐生行きに乗って前橋から桐生に向かいます。
    予定どおり少し早めに中央前橋駅に着きました。
    ほどなく西桐生からの列車が到着しました。


    中央前橋駅


    あっ、これはかつて京王井の頭線を走っていた電車に間違いありません。
    大学の前半2年間、この電車に乗って通学していました。
    井の頭線は新型に入れ替わってしまったけど、こんなところで活躍していたとは。


    中央前橋駅


    井の頭線は5両編成でしたが、上毛電鉄では先頭車両だけの2両編成です。
    あとで調べたら先頭車両が足りなくて中間車両に運転台をつける改造をした車両もあるとか。
    上毛電鉄では前面の色違い8編成すべて井の頭線で走っていた車両が使われています。
    どうでもいいけど駅のすぐわきの川、えらく水面が近いし結構な勢いで流れているし、ゲリラ豪雨とか来ても大丈夫なんでしょうか・・


    上毛電鉄車内


    う~ん、車内もこんなだったっけなぁ・・
    まぁ通勤電車はどれもみな同じような作りですからね。
    休日のせいか乗客が少なくて、発車間際に数人乗って来られました。


    西桐生駅


    本当は記事の題名を「群馬の車窓から」にしようと思ったんですが天気が悪くて没。
    まるで梅雨のようなお天気でした。
    電車は51分かかって終点の西桐生に到着しました。
    写真の左の少年、自転車押してますけど、この電車は自転車ごと乗れるらしいですよ。


    西桐生駅


    上毛電鉄西桐生駅とホームの屋根は昭和3年の開業時のままで、国の登録有形文化財になっているそうです。
    他にも変電設備や鉄塔(!)も昭和3年当時のものが今も活躍しているので、訪れる機会をつくって見てみたいものです。
    上毛電鉄、なかなかいいね


    桐生駅


    そして駅名の「西桐生」が示すとおり、ここもJR桐生駅とは離れた場所にあります。
    ただし歩いて5分かからないくらいなので前橋に比べたらぜんぜん近いですけど。
    西桐生駅に比べると桐生駅はなんというか無機質な感じがしますね。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道の旅
    ジャンル : 旅行

    tag : ぐんまワンデー世界遺産パス 上毛電鉄 上毛電気鉄道 中央前橋駅 西桐生駅 井の頭線 前橋 桐生 登録有形文化財 いいね

    ぐんまワンデー世界遺産パス(1)~前橋へ

  • 2017/08/12 : 鉄道写真
  • 8月11日は「山の日」で祝日・・って、暦もヘチマもない療養生活から社会復帰して気がつきました。
    東京近郊大回りの乗り鉄は制覇してしまったので何かないかと検索していたら、JR東日本の「おトクなきっぷ」でこれを見つけました。


    ぐんまワンデー世界遺産パス


    ぐんまワンデー世界遺産パスというやつで、群馬県内のJRと私鉄が1日乗り放題です。
    2100円なら確かにお得、なにしろ上信電鉄で高崎から下仁田まで行くと片道1110円なので、往復するだけで元が取れてしまいます。
    近い割に縁の薄い群馬県方面、ちょっと行ってみますか。

    ただし切符の販売がエリア内限定ということなので、時間の制約から高崎駅まで車で行くことにしました。


    JR高崎駅


    あいにくのお天気で、小雨が降っていました。
    しかも気温が22℃、あの猛暑はどこへ行ったの、寒いくらいじゃん!?

    エリア内をどう回ったら効率的か考えた(だけで十分楽しい)結果、高崎発6:09の両毛線前橋に向かいます。


    JR両毛線(高崎駅)


    いままでぜんぜん縁のなかった両毛線、6月以来3度目の乗車です。
    高崎から前橋は4駅で14分、あっという間に到着しました。


    JR前橋駅


    前橋駅に着きました。
    ここで上毛電鉄に乗り換えるんですが、上毛電鉄の始発駅である中央前橋駅前橋駅から1km以上離れています。
    日中はシャトルバスが出ているみたいですけど、祝日の朝6:23ではほとんど人も歩いていないし・・


    前橋市内


    霧雨の中を歩いて15分かからないくらいで中央前橋駅に到着しました。
    ガラス張りでハイカラな外観です。
    ここから終点の西桐生までおよそ50分ほどです。


    上毛電鉄中央前橋駅


    よそ者からすると何でこんなところに始発駅!?と思いますけど、このあたりが前橋市街の中心だそうです。
    どっちかというとJRのほうがちょっと外れになるんでしょうかね。
    いずれにしても接続しているほうが便利なのは間違いないです。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道の旅
    ジャンル : 旅行

    tag : ぐんまワンデー世界遺産パス おトクなきっぷ 高崎 前橋 両毛線 中央前橋駅 上毛電鉄 山の日 群馬県 桐生

    房総半島乗り鉄記(3)~そして千葉県一周

  • 2017/08/03 : 鉄道写真
  • 前回の続きは総武本線成東駅からです。
    6月26日にも訪れているので勝手知ったる成東駅なんですが、短期間に2度も来るとは思いませんでした。
    30分弱の待ち時間で銚子行きの普通列車に乗り、銚子の一つ手前の松岸駅で乗り換えです。


    総武本線銚子行きで松岸へ


    銚子駅まで行ってしまうと松岸駅との間が重複して一筆書きになりません。
    銚子は1月に行って銚子電鉄まで乗ったのでまたそのうちということで・・
    松岸駅着が13:08、ここで13:12発の成田線に乗り換えて成田まで行きます。


    松岸駅にて成田線成田行きがきた


    右側が乗ってきた銚子行き、前方から来るのが成田線経由の成田行き。
    松岸と銚子の間は単線なので、成田行きを待たないと銚子行きが出発できません。
    乗り換え時間は4分ですが小さな駅だし余裕です。

    ここから利根川の南岸に沿って佐原など水郷方面を経由して成田に14:28到着。
    結構遠いです。


    成田駅の我孫子行きE231系


    成田駅にて、右奥が乗ってきた成田行きで、同じホームの反対側(左)の我孫子行きに乗り換えます。
    成田から常磐線の我孫子に抜けるのも成田線我孫子支線)、この路線は7月の初めに一度乗ってます。
    本当は京成線とか普段乗らない路線で帰りたかったんですが、さすがに始発で出発して房総半島一周しているから最短コースで帰宅することにしました。


    千代田線16000系@我孫子駅


    15:26、我孫子駅に到着し、15:35発の代々木上原行きに乗り換えます。
    地下鉄千代田線の車両ってこんなでしたっけ、新しいみたいですね。
    普段乗らないので結構新鮮かも。

    我孫子駅での乗り換えはここ2ヶ月で4回目・・さすがに今回は唐揚げそばは食べません。

    新松戸駅で武蔵野線に乗り換えて南流山駅を過ぎるとようやく千葉県を脱出します。
    今回のルートを紙に書いたら、ほぼ千葉県の輪郭に近い形になります。


    メルヘン顔の205系@武蔵野線


    16:40、武蔵野線の新秋津駅に到着で、もうちょっと残りはありますけどここでおしまい、ちょっとお尻が痛いです。
    最後の205系電車、この顔つきのは武蔵野線に5編成しかないので撮っておきました。
    メルヘン顔なんて呼ばれてるんですけど、どうかなぁ・・

    最近、女性の車掌さんが多いですね。
    男性よりも車内放送が聞き取りやすい気がするんですけどどうでしょう。

    (完)

    テーマ : 鉄道の旅
    ジャンル : 旅行

    tag : 総武本線 成東 松岸 銚子 佐原 成田線 我孫子 乗り鉄 千葉県 武蔵野線

    ようこそ!
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR