FC2ブログ

青春18きっぷ乗り鉄記(2019夏)(16)~女川

  • 2019/10/20 : 鉄道写真
  • 3日目は朝から青空の広がる好天に恵まれました。
    最後の1日もフル回転で行きます。
    前回は夜の写真を載せた石巻駅、明るい時間に見たらこんなです。


    石巻駅


    サイボーグ002と003のフィギュアがあったんですね・・気付かなかった。
    朝7時前の石巻駅にはどのホームにも列車が停まっていました。
    まずは7:00発の女川行きに乗りました。


    女川行き@石巻駅


    何で女川に行くかというと、石巻線の終点だからです。
    行っておかないと路線制覇できないし、次にいつ来られるかわからないし・・
    車両は奥の細道バージョンのキハ110の3両編成でした。


    女川行きの車内


    行きはガラガラ、ほとんど無人に近いです。
    時間的に折り返しで通学の高校生がいっぱい乗ってくるのは想像に難くありません。
    空いているうちに車窓を楽しみましょう。


    万石浦


    万石浦ですね。
    幅100mほどの水路で海とつながっていて、海跡湖に分類されるようです。
    浮きが見えているのはカキの養殖かな。


    女川駅


    7:25に終点の女川駅に到着しました。
    女川駅は東日本大震災の津波でほぼ跡形もなく破壊されてしまいました。
    現在の駅は2015年、地震の4年後にできたものです。
    駅周辺もすっかりきれいになっていて、知らなかったら津波にのまれて壊滅した場所とはわからないかもしれません。


    キハ110@女川駅


    少し周辺を歩いてみたかったものの、あとの行程を考えるとここで1時間費やす余裕がありません。
    7:33発の折り返しの小牛田行きで石巻に戻りました。
    予想どおり石巻までは車内は高校生でいっぱいでした。

    (つづく)
    スポンサーサイト



    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 青春18きっぷ 乗り鉄 石巻 万石浦 女川 サイボーグ 石巻線 キハ110 奥の細道 海跡湖

    青春18きっぷ乗り鉄記(2019夏)(15)~石巻

  • 2019/10/18 : 鉄道写真
  • だんだん乗客の減っていくバスは淡々と走って、定刻より5分早い18:35に終点の前谷地駅に到着しました。
    気仙沼から2時間20分は乗りごたえ十分です。
    運転手さんは交代なしでしたが終始丁寧な運転でプロの仕事でした。


    BRT@前谷地駅


    1日にどれくらい運転するのか、気仙沼から前谷地まで往復したら5時間ですからね。
    たぶん片道80キロ近く走るはずです。

    ここからは鉄道に乗り換えです。


    JR前谷地駅


    地方の小さな駅という趣です。
    BRTを降りた乗客は皆さん前谷地駅から石巻線に乗り換えでした。

    先に小牛田行きの列車がやってきました。


    小牛田行き@前谷地駅


    私以外の乗客5人はみんなこの列車に乗ったようです。
    この日、昼食難民になりかかった小牛田駅までは3駅、20分ほど。
    その距離を半日かけて遠回りしてきたということです。


    女川行き@前谷地駅


    19:09発の女川行きは奥の細道バージョンのキハ110の2両編成でした。
    9月に入ると、7時ですっかり夜ですね。
    この駅からの乗客は私ひとりだけでした。

    20分弱でこの日の目的地である石巻に到着しました。


    女川行き@石巻駅


    最上川が日本海に注ぐ酒田から、北上川が太平洋に注ぐ石巻までの本州横断でした。
    さすがにちょっと疲れました・・

    石巻駅のステンドグラスはサイボーグ009の絵柄になっています。


    石巻駅


    駅の中には仮面ライダーのフィギュアが置いてあったり、石ノ森章太郎一色といった感じです。
    石ノ森章太郎は石巻出身かと思ったらもう少し北の登米市、かつての宮城県登米郡石森町出身でした。
    それじゃ何で石巻駅が石ノ森章太郎だらけかというと、それはまた機会があれば・・

    (つづく)

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 青春18きっぷ 乗り鉄 石巻線 BRT 前谷地 小牛田 石巻 石ノ森章太郎 サイボーグ009 女川

    青春18きっぷ乗り鉄記(2019夏)(14)~BRT

  • 2019/10/16 : 鉄道写真
  • 気仙沼からはBRT(bus rapid transit)に乗車しました。
    もともとは鉄道だったのですが東日本大震災で壊滅してしまったのをバスで復活させています。
    以前から実物を見てみたいと思っていたので今回の大回りルートになりました。
    16:15発、前谷地行きに乗りました。


    BRT@気仙沼駅


    車両はハイブリッドの路線バスです。
    ちょうど高校の下校時間で混むらしいので、一番後ろの端っこの席に座りました。
    気仙沼を発車してから最初の駅、不動の沢まではBRT専用道路を行きます。


    気仙沼駅をあとに・・


    不動の沢駅から高校生がたくさん載ってきて、バスは通路までいっぱいになってしまいました。
    次の南気仙沼では乗り切れない人もいて、鉄道車両と比べてキャパシティの小ささが気になるところです。
    15分後の次のバスに乗れたかな・・


    日門漁港


    バスは一般道で気仙沼の市街地を抜けてから専用道路を走り、また一般国道に出て南下します。
    どうやら専用道路と一般道で半々くらいのようです。
    あちこちで専用道路の整備を行っていたので、今後は専用道路の区間が多くなると思います。


    トンネル


    気仙沼を出発して1時間ほどで高校生たちがみんな降りてしまったので一番前の席に移動しました。
    かつて鉄道だったところがBRTの専用道路になっていて、トンネルもそのままです。
    専用道路は時速60km走行、カーブや勾配が緩やかなので快適です。


    清水浜駅


    清水浜駅で気仙沼行きのバスとすれ違い。
    鉄道と比べると本数が多いのは便利でしょうね。
    ただし混雑のピーク時にどう対応するかは難しそうに思えました。


    長いトンネル


    長いトンネルは気温が低くて霧が立ち込めていました。
    窓が冷えてあっという間に結露してしまいました。
    トンネルを出ると今度はバスのほうが冷えているので、外側が結露してしまいます。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 青春18きっぷ 乗り鉄 BRT 気仙沼 不動の沢 鉄道 トンネル 前谷地 清水浜 バス

    青春18きっぷ乗り鉄記(2019夏)(13)~気仙沼

  • 2019/10/14 : 鉄道写真
  • 一ノ関を出発してほどなく、水量の多い川を渡りました。
    今度は北上川です。
    ここから大船渡線は北のほうに大きく迂回するように路線が伸びています。


    北上川


    地図を見たらまっすぐ東に砂鉄川という川があるのでそれに沿って行けば最短コースのはず・・
    この駅名標にはピカチュウの絵が描いてあります。
    土日に運転しているポケモントレイン気仙沼号の停車駅でした。


    陸中松川駅


    次は猊鼻渓駅で、舟下りもできる景勝地で日本百景のひとつだそうです。
    ここへのアクセスのために路線が遠回りするように引かれているのか!?


    大川


    川沿いの平地はどこに行っても田んぼになっていますね。
    気仙沼太平洋に注ぐ大川沿いに走り、もうじき終点です。
    お天気は丸一日、降りそうで降らない曇り空でした。


    気仙沼駅


    15:42、終点の気仙沼駅に到着しました。
    以前は岩手県大船渡市の盛駅までの路線でしたが、東日本大震災で鉄道は気仙沼駅までとなってしまいました。
    現在は気仙沼から先はBRT(bus rapid transit)での運行となっています。


    気仙沼駅


    東日本大震災の翌年に三陸地区の活性化の一環でリニューアルされた駅舎。

    今度はここで気仙沼線に乗り換えですが、海岸沿いの気仙沼線は東日本大震災で壊滅してしまい、いまは鉄路はありません。
    こちらも大船渡線と同じくBRTでの運行となっています。


    BRT気仙沼駅


    こちらがBRTの気仙沼駅です。
    鉄道跡地を利用した専用道路などを走るバスということです。
    青春18きっぷでJRバスは利用できないのですが、BRTは鉄道代替のため利用が可能です。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 青春18きっぷ 乗り鉄 大船渡線 気仙沼 陸中松川 猊鼻渓 北上川 BRT 一ノ関 太平洋

    青春18きっぷ乗り鉄記(2019夏)(12)~岩手県突入!

  • 2019/10/12 : 鉄道写真
  • 小牛田駅での乗り継ぎが40分ちょっとあるので、ここで昼を食べておきたいところです。
    さっと食べられそうな立ち食いそば的な店がないので、JR東日本の駅によくあるコンビニ、NewDaysを探しましたが・・
    ないね・・とりあえず駅の外に出てみました。


    小牛田駅


    いや~、コンビニとか見える範囲になさそうです。
    この辺の高校生の憩いの場はどこなんだ!?
    ちょっと歩いてみたら駅から5分くらいのところに「Aコープ」の看板が見えました。
    ということでスーパーでおにぎりを入手できました。


    一ノ関行き@小牛田駅


    12:58発、東北本線下りの一ノ関行きに乗りました。
    おなじみ701系の2両編成で東北本線もすっかりローカル線の雰囲気です。
    学生のころ、この区間の快速列車でワゴン売りの車内販売があって、コーヒーを買ったと思うんですけど遠い昔のことで記憶も定かではありません。


    一ノ関駅


    13:38、一ノ関駅に到着。
    街の名前は「一関市」ですが駅は「一ノ関駅」と「ノ」が入ります。

    接続している東北本線盛岡行きが出発していきました。


    盛岡行き@一ノ関駅


    気にしていませんでしたが、一関市岩手県でした。
    思えば遠くに来たもんだ・・盛岡行きなんて見て素直にそう思ってしまいました。

    ここで14:17発、大船渡線の気仙沼行きに乗車。


    気仙沼行きキハ100


    車両はキハ100の2両編成で、八高線のキハ110系にそっくりです。
    こちらは車体の全長が16~17mでキハ110の20mと比べると2割ほど小さいです。
    エンジンもちょっと小さめで、需要に応じた大きさの車体を使用しているということでしょう。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 青春18きっぷ 乗り鉄 東北本線 小牛田 一ノ関 盛岡 一関市 岩手県 大船渡線 キハ100

    ようこそ!
    カレンダー
    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR