江戸城(日本100名城 No.21)

  • 2017/07/06 : 日本100名城
  • 今日の午後は時間があったので江戸城に登城してきました。
    思った以上に天気がよくてものすごく暑く、本当は桜田門から歩こうと思ったんですが潔く断念しました。
    やっぱり正門である大手門から本丸を目指さないといけないでしょう。


    江戸城天守台


    まずは天守台から。
    1657年の明暦の大火で高さ58mの天守閣が焼失し、その後に加賀藩によって天守台だけ築かれ、天守閣は再築されていません。
    なので江戸城に天守閣がそびえていたのは50年ほどということですね。
    ここは天守台の上まで登ることができるんですが、日陰が全くないので写真を2枚とって撤収しました。


    江戸城天守台から


    天守台から大手町、丸の内方面の眺めです。
    展望台と考えたらあまり高くないですね・・天守閣があれば絶景かもしれませんが。

    こちらは大手門(高麗門)の内側から大手町方向を見たところです。


    江戸城大手門(高麗門)


    さすがの徳川家康もこの光景は想像できなかったでしょうね。
    右側に見えるパレスビルの地下のコンビニでおにぎりを2個買ってから大手門をくぐりました。
    上の写真を撮って左を向くと櫓門があって、枡形門という構成ですね。


    江戸城大手門(櫓門)


    なお本丸、二の丸は現在皇居東御苑として一般公開されています。
    ちなみに月曜日(休日の場合は翌日)と金曜日は閉園なので訪れる際は注意が必要です。
    帰りは北詰橋門から出て北の丸公園の無料休憩所(冷房あり、涼しい!!)でコンビニで買ったおにぎりを食べました。


    江戸城スタンプ


    当然のことながら日本100名城(No.21)のひとつです。
    それにしても・・東京(およびその周辺)に半世紀も暮らしていながら、初めて訪れました。
    スポンサーサイト

    テーマ : 歴史・文化にふれる旅
    ジャンル : 旅行

    tag : 江戸城 大手町 日本100名城 大手門 桜田門 本丸 徳川家康 皇居東御苑 北の丸公園 東京

    八王子城(日本100名城 No.22)

  • 2017/05/06 : 日本100名城
  • 今年の5月の連休は好天続きで、毎日丘陵歩きに行っています。
    さすがに疲れたので今日はお休みして、プチツーリングがてら日本100名城のひとつである八王子城に行ってきました。
    八王子ならうちから単車で1時間くらいなので、散歩がてらのつもりで出かけましたが・・


    八王子城登山口


    八王子城の本丸は標高445mの城山(深沢山)の山頂にあります。
    ここから本丸までの上りは普通に登山で、これじゃ丘陵歩きよりも疲れるじゃん!?
    パンフレットには所要40分とありましたが25分ほどで登頂しました。
    ・・トレッキングシューズ履いて行ってよかったです。


    八王子城本丸跡


    本丸跡はすごく狭くて、小さな祠と本丸跡を示す石碑があるだけでした。
    たぶんごく小さな建物があったくらいだったんでしょうね。
    戦国末期、北条氏照の築城による山城で、複雑な地形を利用した防衛力の高い砦だったようです。
    北条氏の本拠地である小田原城の支城という位置づけになります。


    八王子城本丸近くからの眺め


    山頂近くからは八王子の市街地が一望のもとです。
    これなら敵の動きもよく見えるでしょうね・・天候次第ではありますが。
    本丸周辺には八王子神社やいくつかの曲輪があって、ひととおり見物して下山しました。
    山頂付近はあくまでも戦の際に立てこもる砦であり、居住エリアは山のふもとにあります。


    八王子城御主殿跡


    北条氏照の居館があった御主殿跡はかなりの広さで、建物の礎石が復元されています。
    当時の建物は平屋建てだったといいますが、どんな建物だったんでしょう。
    ちなみに一部ですが400年前の石組みが残っているところもありました。


    八王子城スタンプ


    八王子城の陥落によって北条氏豊臣秀吉に降伏、小田原城開城したという歴史的な城なんですが、歴史の表舞台に登場することがなくてなんだか地味な存在です。
    しかしながら城下町から居館地区、山城の要塞までこの山の中によく築いたなというくらいの規模でした。
    かなり急いで歩いて1時間半以上かかってしまい、結構疲れたかも。


    八王子城曳橋


    日本100名城のスタンプの図案と同じ位置で写真を撮りました。
    当時の曳橋は簡単な木造で、いざというときは橋を落として敵の侵入を防ぐ構造だったといわれています。(橋の向こう側が御主殿跡)
    北条氏は敗戦側だったのであまり資料が残っていないというのが惜しいところです。

    昨年暮れから鉢形城小田原城に続いて北条氏ゆかりの城跡を訪れました。
    歴史を考えたら鉢形→八王子→小田原の順に訪ねてみるのがいいかもしれません。

    テーマ : 歴史・文化にふれる旅
    ジャンル : 旅行

    tag : 八王子城 日本100名城 北条氏照 小田原城 北条氏 八王子 山城 城下町 鉢形城 豊臣秀吉

    小田原城(日本100名城 No.23)

  • 2017/02/25 : 日本100名城
  • 今日は故あって沼津まで行ったので、帰りに小田原城に立ち寄りました。
    小田原城というと北条早雲に始まる北条氏五代の居城というイメージが強いです。
    しかし現在復元されている天守閣は江戸初期、1633年の寛永地震後に築造された姿を元にしているそうです。


    小田原城


    訪れたのが午後だったのであまり日の当たり方がよくありませんでした。
    写真撮るなら午前中のほうがよさそうな気がします。
    天守閣は残念ながら鉄筋コンクリートで、よくある資料館になっています。
    最近は木造で復元しようという運動が始まったとかで、ちょっと期待したいなと・・


    常盤木門@小田原城


    お城はやたら門が多いですね。
    天守閣に一番近い常盤木門をくぐると本丸です。
    土曜日の午後だけあって見物客も多く、天守閣内の資料館は結構な混雑ぶりでした。

    小田原あたりは若いころから行く機会も多かったんですが、小田原城訪問は今回が初めてです。
    ちょうど昨年大改修があったそうで、きれいな状態で見られたのでよかったです。


    小田原城からの眺め


    天守閣の最上階からは相模湾がよく見えます。

    埼玉に引っ越してからは小田原や伊豆方面がえらく遠く感じるようになったというのもこちら方面に行かなくなった大きな理由です。
    それが圏央道の開通で一変してしまいました。


    小田原城


    小田原からの帰り道は小田原厚木道路で厚木に出ると直接圏央道に接続しているので、東名高速の渋滞に巻き込まれずに済みました。
    明日2月26日は茨城県内の圏央道が開通するので、常磐道や成田方面もぐっと身近になりそうです。
    これで高速道路の通行料金が安くなればもう少し頻繁に出かけると思うんですが~。

    神奈川県内の日本100名城は小田原城のみなので、埼玉・千葉に続いて神奈川県も制覇となりました。

    テーマ : 歴史・文化にふれる旅
    ジャンル : 旅行

    tag : 小田原城 圏央道 城址 神奈川県 日本100名城 天守閣 北条早雲 北条氏 常盤木門 本丸

    佐倉城(日本100名城 No.20)

  • 2017/01/22 : 日本100名城
  • 1月21日に水郷方面に出かけたので、行きがけに佐倉城址に立ち寄りました。
    場所的には東京方面から行くと佐原に行く途中でちょっと寄り道するような感じになります。
    なのでいい機会でした。


    佐倉城本丸跡


    広い原っぱのように見えますが本丸跡です。
    生垣で囲ってある部分が三重の天守閣があった跡地で、案外狭いものでした。
    残念ながら当時の建物はなくて、空堀土塁が残っています。
    現在は広大な佐倉城址公園として整備されていて、往時はずいぶん立派なお城だったのだろうと想像させてくれます。


    佐倉城址


    雲ひとつない冬晴れで、城址からスカイツリーや富士山が見えるほどでした。
    風が強めだったのでよく見えたのかもしれません。
    なお城址公園に国立歴史民俗博物館があるんですが今回はお手洗いをお借りしたのみでした。


    日本100名城スタンプ


    日本100名城のうち千葉県にあるのは佐倉城のみです。
    これで埼玉県と千葉県は制覇ということになりました。
    さて次は小田原城かな!?

    テーマ : 史跡・神社・仏閣
    ジャンル : 写真

    tag : 佐倉城 城址 千葉 日本100名城 水郷 天守閣 空堀 土塁 佐倉城址公園 富士山

    川越城(日本100名城 No.19)

  • 2016/12/05 : 日本100名城
  • 12月3日は鉢形城を訪れた帰り道に川越城に立ち寄って、日本100名城に選定されている埼玉県内の2ヶ所を制覇してきました。
    鉢形城から川越城まで車で一時間ほどなので、あわせて一日コースというところです。


    川越城本丸御殿


    川越城は太田道真・道灌父子の築城ということですから、鉢形城と同時期です。
    現在残っている川越城本丸御殿江戸時代末期の1848年のものだそうです。
    一部でも江戸時代の城の建物が残っているというのはかなり貴重ですね。


    川越城本丸御殿広間


    32畳の広間は立ち入ることができます。
    江戸期の本丸御殿大広間が残っているのは川越城と高知城だけ(Wikipedia)といいますから希少性高そうです。
    ただし広さは温泉旅館の宴会場のほうがはるかに広いですけど。


    川越城家老詰所


    もうひとつ、家老詰所の建物も残っていて、こちらも見物できます。
    川越なんて目と鼻の先くらいの近さなのにこういう遺構が現存しているとは知らなかったなぁ・・
    なお川越城には天守はなくて、本丸御殿の南西にあった三層の富士見櫓天守閣の代わりだったと考えられている(と富士見櫓跡の解説にあった)。


    富士見櫓跡


    これが現在の富士見櫓跡ですけど、樹木が生い茂ってなんだかわかりませんね。
    登ってみても視界はほぼゼロです。
    鉢形城と違って川越城の城域はほぼ市街地になっているので、歩いてみてもここにお城がったという実感は湧かないかも。


    日本100名城スタンプ


    日本100名城スタンプ第二号、お手軽なところですが千里の道も一歩からということで。
    次は隣接都県の城攻めに出陣しましょう。

    テーマ : 史跡・神社・仏閣
    ジャンル : 写真

    tag : 川越城 本丸御殿 富士見櫓 鉢形城 日本100名城 太田道灌 江戸時代 天守閣 家老 スタンプ

    ようこそ!
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR