パソコン改造記(起動用SSDの交換)

  • 2015/01/28 : パソコン関連
  • 久々のパソコンねたです。今日は野草も鉄塔も登場しません。
    現在私が使っているPCは2011年1月に最低5年は使えるよう考えて作ったものです。
    当時は限られた予算でパフォーマンスを出したかったので、Windowsの起動ドライブは64GBSSDにしました。
    4年使っていると残容量が不安になってきたし、大容量のSSDも安価になったので交換することにしました。

    Windows7マシン製作記(1) ← 詳しくはこちら
    Windows7マシン製作記(2)


    256GBのSSD


    購入したのは現行と同じcrucialのもので、256GBです。
    楽天のポイントがあったので差し引き1万円で買えました。
    交換はフリーソフトを使って古いSSDクローンを作成し、新しいのに置き換えて・・ええっ、失敗!?

    細かいことはさておき、結局新しいSSDにWindows7をインストールしなおすことにしました。
    いわゆるクリーンインストールってやつです。
    4年前のWin7を入れたので、4年分のアップデートの数ときたら・・


    更新プログラム188本・・


    今まで見たことない更新プログラム188個・・いつ終わるんだ!?
    こんなにまとめてインストールして大丈夫なのか、ここが一番不安でした。

    Win7が整ったら、データは全部別のHDDに保管してあるのでアプリのインストールのみです。
    普段使っているソフトってそんなに種類ないんですよね。
    この際なのでCanonのカメラ関連のアプリは全部最新版を入れました。


    新しいデスクトップ


    デスクトップはとりあえずもうじき引退する北斗星で。
    これいつ撮ったんだろう・・KissDNだもんね。

    残容量16GBだったCドライブ、よく使うソフトをCドライブにインストールしても余裕の残量になりました。


    新しいSSD


    残容量が少なかった以外にもSSDには寿命があるので壊れる前の予防的交換という目的もありました。
    よしよし、これで当分使えるな。
    ということで今は昨日の夕方とほぼ同じ環境で、しかもサクサク動く状態になりました。

    あと4年は使うな、これは。

    話は変わって、DIY3日目、上塗りを半分終わらせました。
    やはり1回塗りでは塗装が薄いしムラになるので重ね塗り必須です。


    上塗りした壁


    白の上にベージュをかけたので、2度目を塗り忘れる箇所もなし。
    ただ今日は風が強くて弱りました。
    ペンキの取説に強風時は施工するなと書いてある理由がわかりました。

    ゴミが飛んできて乾ききっていないペンキにくっついちゃうんですね。
    金曜日は雪の予報だし、明日一気に完工させよう。
    スポンサーサイト

    テーマ : 自作・改造
    ジャンル : コンピュータ

    tag : SSD Windows7 64GB 256GB クリーンインストール クローン 北斗星 DIY 更新プログラム インストール

    Windows7マシン製作記(2)

  • 2011/01/10 : パソコン関連
  • 正月休みから組み立てていた新しいPC、成人の日の連休でソフトウェアのインストールと前のPCからのデータ移行をやりました。
    ようやく、新しいPCで一通りのことができるようになり、やれやれです。
    出来上がりはこんなです。

    青く光っている渦巻きは冷却用のファンで、青色のLEDが付いています。
    意味はありません。単なるイルミネーションです。

    以前のPCは象牙色ばかりでしたが、今は黒が流行りなんですね。
    PCのケースは黒ばっかり売ってました。
    もちろんブルーレイドライブのベゼルも黒にあわせました。

    インストールしたソフトはフォトショップとキャノンのRAW現像ソフト(DPP3)、EOSユーティリティなど写真関連と、バックアップ用のツールなどです。
    有料のソフトはフォトショップのみですが、十分です。
    メールもWindowsライブメールをダウンロードし、旧PCのアウトルックからアカウントやメッセージ、アドレス帳など一式を持ってきてインポートしました。

    実際に使った感じは、以前のCore2Duoが遅いと思ったことはなかったものの、Webのブラウズだけでも速さが違ってかなりびっくり。
    RAW現像も3倍くらい速くなりました。
    ちなみに今日の写真は新しいPCで40Dから取り込んでDPP3でRAW現像し、フォトショップでサイズ変更したものです。

    まぁ、テストを兼ねてということで。


    新しいPCのインターフェース


    これはPC裏面のインターフェース部分です。
    4年ぶりの新しいPCですが、こんなところも景色がまるで変わっています。
    さすがにもうパラレルポートなんてないですね。

    今まで使っていたXPマシンにはまだあるんですが・・

    USBは多くて、ここだけで新規格の3.0が2個、従来の2.0が6個あります。
    これ以外に裏面とPC前面にあと2個ずつUSB2.0の口があるので全部で12個、これならもうUSBハブは要りません。
    なお、マザーボードにはあと2個分増設できるヘッダピンが余っています。

    LANも2個あるし、インターフェースの不足に悩むことはなさそうです。


    自作PC完成


    前のPCのデータを詰め込んだ1.5TBのハードディスクを新しいPCにねじ込んで、組み立て完了となりました。
    100均で買ってきたタイラップでコード類を束ねたのでちょっとだけ整ったような気がします。

    前のPCからのデータ移行はものすごく時間がかかりました。
    以前に増設した1.5TBのハードディスクにほかのドライブに入っていた写真データなど全部コピーして、ハードディスクごと新しいPCに移植しました。
    データ量は驚愕の1TB・・いつの間にそんなに増えたのか!?

    何はともあれ新しいPCにデータを一切合財移し変えるという最難関のミッションをコンプリートしました。
    有意義な4連休だった・・と日記には書いておきましょう。

    ああ~、肩凝ったぁ~・・

    Windows7マシン製作記(1)

  • 2011/01/04 : パソコン関連
  • 正月休みに暇を見つけては組み立てていた新しいPC、いくらか進捗があったので載せてみたいと思います。
    今日のところはWindows7と、必要なドライバーのインストールまで終わりました。

    まず今回新しいPCを作ろうと思ったのはふたつの理由があります。
    ・現行マシンが壊れる前に新しいのを作っておきたい。
    ・家族用のマシンが非力なので現行マシンをリビングに移設したい。
    ということで、1台作ることにしました。

    作るにあたっては大体こんなイメージで構成を考えてみました。
    ・RAW現像がサクサクできて動画編集も楽にこなせること。
    ・メモリーをたくさん載せたいので、Windows7は64ビット版とする。
    ・CPUは値頃感のあるCORE i7-870とする。
    ・予算はWindows7のインストールまでで10万円以内。

    せっかく新しく作るので、新しい要素も取り入れてみようと思いました。
    主要パーツはこんな組み合わせです。


    ニューマシンのパーツ(1)


    左上:CPUはCORE i7-870。
    CPU本体は一度組み込んだら目に触れることはありません。
    冷却用ファンが上に乗ってしまいます。

    左下:マザーボード(ASUS P7P55D-E EVO)
    インターフェースが豊富なのと、安心のASUS製ということで。
    SATA3、USB3.0も載ってるし。

    右上:CRUCIAL RealSSD C300(64GB)
    WindowsをインストールするドライブはSSDにしました。
    128GB欲しかったけど予算オーバーで64GBで妥協・・速いらしいけど、どうかな。

    右下:メモリー(PATRIOT 4GB×2枚)
    メモリーは安くなりました。
    PC3-12800(DDR3-1600)の4GBを2枚セットで8500円でした。
    これでデュアルチャネル構成の8GBです。


    ニューマシンのパーツ(2)


    上:ブルーレイドライブ
    光学ドライブはブルーレイがソフト付きで1万円を切ったので採用しました。
    韓国LG製でブルーレイの書き込み10倍速です。
    赤いランプはデータ用HDDのフォーマット中・・

    下:グラフィックカード(nVIDIA GeForce 450GTS)
    ゲームやらないし、必要にして十分です。でもでかくて重い。
    いつの間にかグラフィックカードのメモリーも1GBって当たり前なのね・・

    3が日はあちこちでかけていたので、暇をみてはちょこちょこ組み立ててました。
    組上がりはこんなです。
    配線がゴチャゴチャしているので、100均でタイラップ買ってきて束ねるつもり。


    組上がったニューマシン


    今日の昼前に全部配線が完了したのでWindowsのインストール開始です。
    最初に電源入れるときは緊張の一瞬なんですよ。

    ちゃんと動くか!?


    Windows7のインストール開始


    おお~、Windowsのインストールが始まりました。
    どうやらひととおりのパーツが動いているようです。
    5個ある冷却ファンも全部回っています。

    Windowsのインストールもかなり進化していて、ほとんど自動で終わってしまいました。
    噂には聞いていましたが、楽ちんです。しかも短時間で終わるし。
    マザーボードとグラフィックカードのドライバ類を順番にインストールして、今日の作業はおしまい。

    タスクマネージャーで動作確認。ちゃんと動いています。


    パフォーマンスモニターで確認


    i7は4コアにハイパースレッディングで、あたかも8個のCPUがあるように見えます。
    メモリーも8GB認識しているし、ドライバーの当たっていないデバイスもなし。
    その後はデータ用HDD(2TB)のフォーマット中で、これが終わりません。

    ここまでは何ごともなかったのでまずは一安心です。

    さて、これからどうなることか。
    特にSSDは時間とともにレスポンスが落ちたり、フラッシュメモリー故に書き換えの限界があるので寿命が心配ということもあり、半分実験のつもりで使ってみようと思います。
    たまにニューマシンの経過報告も載せることになりそうな気がします。

    この続きは成人の日の連休に作業する予定です。

    スパイウェアに気をつけろっ!

  • 2005/09/25 : パソコン関連
  • このところWindowsXPの起動がやけに時間がかかるようになりました。
    私のPCはWindows98(SE)とXPのデュアルブートにしているので、HDDのフォーマットはFAT32にしています。
    HDDのフラグメンテーションはやっていないに等しい(というか、80GBのHDDをデフラグするのは一体何時間かかるか)ので、そのせいかと思っていましたが・・・

    原因は、スパイウェアでした。

    スパイウェアについてはご存じの方も多いと思いますが、私が説明するより分かりやすく解説しているサイトがありますので説明は省略します。

    私は以前からスパイウェア対策に「Spybot Serch&Destroy」というフリーソフトを使用しています。
    有名なソフトなので、使っている方も多いかと思います。
    最近、このソフトのアップデーターが手に入らないのでおかしいと思っていたら、ソフト自体がバージョンアップしており、バージョンアップ版でないとアップデーターがダウンロードできないということが分かりました。知恵の友さん、ありがとう。

    早速最新版をダウンロードしてスパイウェアのサーチを行うと・・・

    問題箇所19!

    まぁ、少ない方だと思います。
    問題箇所の修正を行ったところ、Windowsの起動が元通り素早くなりました。

    それにしても、一体どこから入り込んでくるのか?
    フリーソフトには使用許諾条件にスパイウェアに該当するようなソフトと抱き合わせになっているようなものもありますので、インストール時の許諾条件は良く読みましょう。
    ネットの海をサーフィンしている皆さん、スパイウェアにはくれぐれもご用心を。

    注:Spybot Serch&Destroy はフリーソフトです。ご使用は各自の自己責任でお願いします。当ブログが動作を保証するものではありませんので念のため。
    ようこそ!
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR