Welcome to my blog

たけぽの「続・平常心是道」

ARCHIVE PAGE

archive: 2006年11月  1/1

ウド(独活)

独活の大木、のウドの花です。実は、9月に撮ったんですが、載せ損なっていたので今更ながら掲載しておきます。このところ、ヤツデの花が咲き始めていて、そういえばよく似たウドの花を撮ったことを思い出しました。ウドもヤツデも同じウコギ科です。今日は池袋で飲み会があったので帰りが遅くなってしまいました。職場が郊外故、わざわざ出ていくのも結構疲れます。私は下戸なので気分が悪くならない程度に酒量を調整しないと、あ...

鉄道の思い出と西武9000系(2)

No image

西武鉄道9000系(9003) posted by (C)たけぽ土曜日に電車を眺めていたら、子供の頃のことをいろいろ思い出して、何だか懐かしくなってしまいました。私は物心付く前から電車が好きで、小さな頃に機嫌が悪くなると電車を見に連れて行ったと両親が言ってました。近鉄南大阪線の針中野駅の踏切。3歳まで大阪に住んでました。随分前に線路は高架になって、この踏切はもうありません。小学生の頃、私は扁桃腺が弱く、しょっち...

一重のバラ

No image

※フォトアルバムの残容量確保のため、写真を外部リンクに変更しました。(2008/8/17)バラ posted by (C)たけぽバラの花はゴージャスな八重咲きが人目を引きますが、こういう一重のもまたきれいなものです。派手さはなくても、こんな風に咲きたいもんですね。人間も。さて、只今喪中ハガキの第二弾の作成中です。父の葬儀は家族葬にしたので、父の知人にはあまりお知らせをしていませんでした。随分経ってしまいましたが、合わせて...

西武鉄道9000系(1)

No image

西武9000系(9006) posted by (C)たけぽ西武線といえば、この黄色が目印でしょう。これは、池袋線で8編成が活躍中の9000系というやつ。顔がそっくりな2000系というのもあり、こちらが西武の主力車両です。一昨日に掲載した6000系と同じ場所から、走り去る電車を後ろからフレームいっぱいに収めてみました。さてさて、このところ連発している楽天広場のアクセスカウンタの戻り事件、原因が分かって対処を行っ...

ミセバヤ(見せばや)

No image

※フォトアルバムの残容量確保のため、写真を外部リンクに変更しました。(2008/8/17)ミセバヤ posted by (C)たけぽ和製多肉植物、ミセバヤの花。時期的にはこれももう終わりでしょうか。あまり詳しくないのですが、国産の多肉植物ってそんなに多くないのでは!?花の形が可愛らしいです。今日は午後早めにMTBでひとっ走りしてこようと思ったら、既に雨が降ってました。仕方なく、朝買ってきたハガキで喪中のお知らせハガキを一...

西武鉄道6000系

No image

西武6000系 posted by (C)たけぽ狭山丘陵の山野草もすっかり花の時期が終わってしまったので、そろそろ写真ネタが底をつきかけてきました。今年一年間、ほとんど野草の花ばかりマクロで撮りまくっていたので、花が終わったのを機に、冬場はちょっと違ったものを撮ってみようかと思っています。まず候補に挙がっているのが、鉄道写真。これはある意味憧れの被写体です。とはいってもいきなり遠征というのもアレなので、とりあえ...

ジュウガツザクラ(十月桜)

No image

※フォトアルバムの残容量確保のため、写真を外部リンクに変更しました。(2008/8/17)十月桜 posted by (C)たけぽ新宿御苑のジュウガツザクラです。以前に掲載したコブクザクラの近くに咲いていました。真っ白なコブクザクラに対して、こちらはほんのりと桜色です。今日は午後から東京下町にある家内の実家に行ってきました。近くに向島百花園があって、一度行ってみたいと思ってますが今回も天気が今ひとつでお預けです。帰る頃に...

ヒヨドリジョウゴの赤い実

8月に花の写真を掲載したヒヨドリジョウゴを見に行ったら、赤い実が成っていました。花を撮ったのと同じ場所なので、同じ株だと思います。周囲もすっかり枯れ色になり、秋が深まったという感じです。春先から約8ヶ月間の長きにわたって代わるがわるいろんな山野草を咲かせて楽しませてくれた狭山丘陵も、ついに冬ごもりに入ったのでしょうか。こんな実や、あんな種を見つけては、細々と写真に収めたりしています。埼玉県地方、明...

ベニゲンペイカズラ(紅源平葛)

No image

※フォトアルバムの残容量確保のため、写真を外部リンクに変更しました。(2008/8/17)ベニゲンペイカズラ posted by (C)たけぽ新宿御苑の温室に咲いていたベニゲンペイカズラ。ゲンペイクサギとベニバナクサギの交雑種だそうです。萼の姿やしべの長さなど、いかにもクサギの仲間といういでたちです。いよいよ、ここにきて狭山丘陵ネタもさすがに残り少なくなってきました。ここのところ、山に行く時間がなかったというのもあるんで...

オニドコロの実と花

三枚羽の変わった形をしているのは、オニドコロの種子です。行儀よく、蔓に並んで秋の色に染まっていました。雨上がりに撮ったので、まだ濡れています。ヤマノイモも、似たような実をつけますが、オニドコロの方が細長い形をしています。同じヤマノイモ科ですが有毒だそうです。オニドコロの別名は「トコロ(野老)」といいます。在原業平が東国巡行の際に所沢を通り、「ここは野老(ところ)の沢か」と言ったのが所沢の地名の由来...

鎌倉大仏

No image

鎌倉大仏 posted by (C)たけぽおそらく、修学旅行や遠足で訪れた方も多いのではないでしょうか。かく言う私も、うちのかあちゃんと結婚する前に訪れて以来ですから、一体何年ぶりのことか。懐かしいです。14日に新江ノ島水族館に行ったついでに、江ノ電に乗りたくて大仏を見に行きました。水族館から江ノ電の湘南海岸公園駅まで歩いて、海を眺めながら小さな電車に揺られ、長谷駅で下車。ぷらぷら大仏に向かって歩きますが、平日...

ヤマノイモの紅葉と花

多分ヤマノイモの葉っぱだと思うんですが・・・11月も半ばになって、ようやく朝夕は寒くなってきました。例によってMTBで狭山丘陵を走ってきましたが、ここにきてようやく木々も紅葉し始めたようです。こちらの紅葉が見頃になるのは今月末くらいか!?こちらの山で真っ先に葉っぱが黄色くなるのがこれです。今の時期だと、大方葉が落ちています。【写真】ヤマノイモ(山芋) ヤマノイモ科カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital...

ノブキ(野蕗)の実

狭山丘陵の山の中で、野蕗を見つけました。といっても、花はとっくに終わってしまい、これは種です。何だかトゲトゲの棍棒がたくさん集まったような、面白い形をしています。このトゲトゲ、見るからに粘性がありそうです。種に生えている腺毛から粘液を出して、人や動物にくっついて種を運ばせるようになっています。この草も、今年は花を拝めませんでした。群生している場所はしっかり覚えたので、来年の8月には花をしっかりカメ...

シラサギカヤツリ(白鷺蚊帳釣り)

No image

※フォトアルバムの残容量確保のため、写真を外部リンクに変更しました。(2008/8/17)シラサギカヤツリ posted by (C)たけぽ新宿御苑ではシラサギスゲ(白鷺菅)の名前で展示されていました。温室や花壇にはたくさんの花がありましたが、秋らしい感じで訪れた日に見た花では一番惹かれました。今日は都心のオフィスに出張でした。夕方5時過ぎにとっとと用事を済ませて帰ってきました。夕食後は家族用のPCのOS(Win98SE...

江ノ電

江ノ電(長谷駅) posted by (C)たけぽ今日は県民の日で子供たちの学校はお休みだったので、合わせて休暇を取って出掛けてきました。行き先は、新江ノ島水族館です。最初は品川水族館という娘の要望だったのですが、却下したら今度は新江ノ島水族館案が出ました。・・どうしても水族館がいいのね。さあどうやって江ノ島まで行こう!?埼玉から東京を横断して江ノ島へ、車だったら死にに行くようなものです。電車のルートを検索し、...

トレニア

夏から秋にかけての花壇ではお馴染みの花ですが、狭山丘陵の草むらの中に咲いていました。近くに公園の管理事務所があるので、きっと事務所の花壇から逃げ出したものでしょう。この花は案外逞しいらしく、近所の古家が取り壊されて更地になったような所でも他の雑草と一緒花を咲かせていました。色形が独特ですね。インドシナ原産だそうで、耐寒性はないみたいです。さて、明日11月14日は埼玉県民の日で、子供たちの小・中学校...

新宿御苑の白雪姫

No image

※フォトアルバムの残容量確保のため、写真を外部リンクに変更しました。(2008/8/17)バラ(シュネービッチェン) posted by (C)たけぽシュネービッチェン(白雪姫)という白バラです。英名はアイスバーグ(氷山)だとか。その名に相応しい、見事な白無垢でした。この週末、お天気は今ひとつでした。北海道など北日本では大荒れだったようですが、被害等ははかったでしょうか。埼玉は、土曜日は雨、日曜日はきれいに晴れたものの結...

アオミズ(青水)

どこが花なんだ!?というくらい地味な花ですが、咲いてます。この写真は1ヶ月くらい前、10月上旬に撮りました。でもまだ先週末に咲いているのを見かけたので載せてしまいます。ネタも減ってきましたし・・・。今日は朝から天気予報通りの雨降り、毎日飲んでいる薬もなくなったので朝から病院に行って来ました。例によって朝7時半くらいに順番待ちの予約に行き、12番目をGet。診察は9時からなので、10時くらいには終わ...

イチビの実

以前、花の写真を掲載したイチビの実(種)を見つけたので撮ってみました。直径は2cm以上あるでしょうか、花よりも大きいくらいです。一見、十数個に見える分果の中に、数個の種が入っているそうで、この果実ひとつでも相当な数の種ができるようです。しかも、地面にこぼれた種は最長で20年間、土の中で眠ります。つまり、来年芽吹くものもあれば、5年後や20年後に芽吹く種もあるということ。干ばつや冷害や、誰かに引っこ...

オトコエシ(男郎花)

いったい何の花か分からなかったのですが、どうやらオトコエシのようです。幹が途中でへし折れていて、茎の節みたいなところからしぶとく花を咲かせてました。めげずに花を咲かせる根性というか、生命力には驚きます。この花はリンドウを撮る前に見つけたものです。5日はウシハコベ、オトコエシ、リンドウと3種類見つけて撮りました。ウシハコベは探すつもりだったのですが、あとの二つは偶然見つけたもの。この時期でも探せば花...

ウシハコベ(牛繁縷)

ハコベにも何種類かあって、これはウシハコベです。以前に掲載したハコベ(多分ミドリハコベ)より一回り大きな花を咲かせます。見た目の違いは、何と言っても雌しべの形状でしょう。ハコベの雌しべは先が3本に分かれているんですが、ウシハコベは5本です。まるでヒトデののようですね。もし、ハコベを見つけたら虫眼鏡で雌しべをご覧下さい。5本だったら、ウシハコベです。花の時期は温暖なところではほとんど1年中咲いている...

ノササゲ(野大角豆)

この時期、狭山丘陵を歩いていると時々目にする紫色の豆があります。さやには艶があり、枝豆くらいの大きさです。中の豆も、ころっとして随分太っているようで、大豆くらいありそう。正体が気になったので調べてみたら、これはノササゲ(野大角豆)の豆でした。ノササゲね・・・読めませんよ、この漢字。いや、ちょっと待てよ・・・豆がなっているということは、花も咲いていたはずです。せっせと通ったはずなのに、ノササゲの黄色...

リンドウ~!!

狭山丘陵にも咲いてましたよ~、美しいブルーのリンドウが!!まさかお目にかかれるとは思っても見なかったので、感激もひとしおです。3連休の最終日、子供たちはテニスの試合、サッカーの試合で1日中いないので、午前中に買い物を済ませて昼から狭山丘陵の探索に出掛けました。ようやくカメラの出番です。もう花はないだろうし、木の実や草花の種なんかを撮ってみようと山に入りました。この時期に咲いているのは、ノハラアザミ...

ツワブキ(石蕗)

昨日はツワブキの絵手紙を掲載したので、本日は写真を載せます。これは、先週の土曜日に新宿御苑で撮ったものです。仕事の帰りがけの駄賃代わりに見に行ったので三脚もなしですが、ピントが合っててよかった。ちゃっぴー1号さんに教えていただきましたが、ツワブキも蕗のように食べられるんですね。蕗もキク科の仲間だから、言われてみれば不思議もないですね。試してみたいものの、残念ながら実家には食べられるほどたくさん生え...

チカラシバ(力芝)

これはもう花が終わったあとでしょうね。何だか秋らしい色合いです。原っぱに生えている夏草、イネ科の植物が多いですがほとんど見分けがつきません。さすがにチカラシバは間違ってないと思いますが・・・来年の課題はイネ科の植物の制覇・・とすると、地味な写真ばかりになりそうなのでほどほどにしておきましょう。【写真】チカラシバ(力芝) イネ科引っこ抜くのにえらく力がいるのでこの名前があるそうです。穂の大きさは15...

エノキグサ(榎草)

ありふれた雑草ですが、興味深い形の花です。ピンクの穂状になっているのが雄花、緑色の丸い玉のようなのが雌花だそうです。雌花の周りのハート形の葉みたいに見えるのは総苞で、落ちてきた雄花をこの総苞で受け止めて直接受粉するとか。写真にも、落ちた雄花をしっかりと受け止めている姿が見て取れます。今日は仕事帰りに歯医者に寄ってきました。先週欠けた歯を削って型を取ったので、新しい詰め物を詰めてもらってきました。そ...