Welcome to my blog

たけぽの「続・平常心是道」

ARCHIVE PAGE

archive: 2007年04月  1/1

オオアマナ

今日はまるで夏が来たかのような暑さでした。埼玉は28℃くらいまで気温が上がったようです。もう半袖のTシャツ1枚で十分です。夏ってこんなだっけな~、なんて思いながら車の窓を開け放って走ってました。さて、昨日の記事に書いた白い花の正体はこれ、オオアマナです。ベツレヘムの星ともいうそうで、明治の末期に園芸品種として入ってきたものがあちこちで野生化しています。上の写真は狭山丘陵の北側の林道脇で咲いていたも...

ヤブデマリ

少し風はありましたが爽やかに晴れて気持ちのいい一日でした。午前中は野暮用があったので、午後からカメラを持って出掛けてきました。まずは、昨日MTBで走っているときにチラリと見えた白い花が気になったので、まずはそちらの捜索に~。いいペースでMTBを漕いでいたせいか、金網の向こう側にはっきり見えたはずなのにどこにも見あたりません。とりあえずヤブデマリが咲いていたので何枚か撮って車に戻ったら・・何と車の影...

ヒトリシズカ

今年は暖冬で、ヒトリシズカも早い時期から目にしていました。この写真を撮ったのは昨日(4月27日)ですが、花はもう終わりらしく、残り少ないようでした。また、今年のヒトリシズカは全体的に個体数が少なく感じます。昨年はこの時期にたくさん葉が茂って花も多く見られたのに、今年は何だか閑散としている印象です。【写真】ヒトリシズカ(一人静) センリョウ科これもまた変わった花です。白く伸びているのは雄しべだそうで...

アリアケスミレ

またしてもスミレです。先日のツボスミレでトリのつもりだったんですが、見つけちゃったから仕方がありません。(笑)縞模様の花弁、ヘラ状の葉ということで、アリアケスミレと思います。キュウリグサやらタチイヌノフグリやら、小さな花を這いつくばって撮っていたら、白い花があちこちに咲いています。もうスミレは終わりと思っていたら、この花でした。これを撮った場所は、昨年の春にも散々藪っこきしたはずなのに、何で気がつ...

ノミノフスマ

「蚤の衾」とはまた誰が名付けたのか、変わった名前を付けられてしまったものです。花はご覧のとおり、白くて可愛らしいのに。ちなみに、「ふすま」というのは布団のことで、葉が茎を挟むように生えるのを蚤の布団に例えたのだそうです。この花、ハコベにそっくりですね。花びらもハコベと同じで、10枚に見えますがV字型のが5枚です。ハコベと同じナデシコ科ハコベ属だそうです。花の時期は4月から秋までとうことで、まだ咲き...

オオバタネツケバナ

日曜日の狭山丘陵散策で、花の大きなタネツケバナをみつけました。よく見ると、葉に特徴があります。タネツケバナの葉は、小葉と呼ばれる小さな葉が何対かになっているんですが、これは先端の葉だけが極端に大きくなっています。ということで、これはオオバタネツケバナ。葉だけでなく、花も普通のタネツケバナに比べたら倍くらい大きいように思えます。写真にしてしまうとどれも同じ花に見えてしまうのが残念~。白くて大きな花は...

ツボスミレ(ニョイスミレ)

いよいよ2007年春のスミレシリーズも、どうやら今日でおしまいです。トリを飾るのは、花期の遅いツボスミレ(坪菫)となりました。別名をニョイスミレ(如意菫)とも言うそうで、1cmくらいの小さなスミレです。それにしても、この春はスミレに悩まされ続けました。今年みつけたスミレは・・・タチツボスミレ・アオイスミレ・ヒカゲスミレ・(ケ)マルバスミレ・ヒメスミレ・ナガバノスミレサイシン・アメリカスミレサイシン...

セリバヒエンソウ

狭山丘陵ではごくありふれた花ながら、季節の移ろいを感じさせてくれる花のひとつです。林道脇は3月になると白くて小さなセントウソウの花が咲き始めます。3月の中旬になるとタチツボスミレが、下旬にはムラサキケマンが咲き始め、4月の前半くらいまではこれらの花が主役です。4月の後半になるとスミレもムラサキケマンも姿を消し始め、代わってセリバヒエンソウが一斉に咲き誇るといったところで、この花が咲くとGWも近いな...

ヤマツツジ

狭山丘陵の森の中を歩いていると、あちこちに鮮やかな赤い花をみつけます。この色、ちょっと前までならクサボケだったんですが、今はヤマツツジです。まだ咲きかけという感じで、この木も枝一本だけ咲いている状態でした。こんもりと赤く染まるようなのもいいですが、これはこれで趣があると思います。今日は昼から家内と息子はサッカーの練習試合、娘も外出してしまったので、いつものとおり狭山丘陵の散策に行ってきました。目的...

スミレ!!

スミレです。何とかスミレっていうのじゃなくて単に「スミレ」です。昨日掲載したのがアメリカスミレサイシンだったということが分かったので、改めてスミレ探しに行って来ました。しかし、狭山丘陵南側の原っぱに行ってみると、やはり紫色のはアメリカスミレサイシンばかりでした。狭山丘陵にもスミレが咲いているはずなんですけどねぇ・・ダメもとで、私が勝手に「秘密の花園」と呼んでいる場所に行ってみました。ここは最近、一...

ミズタネツケバナ

今年の春はスミレの種類を見分けるのにえらく難儀した訳ですが、スミレに負けず劣らず種類の同定に苦労しているのがタネツケバナの仲間たちです。まず、田んぼに咲くタネツケバナと、道端でよく見られるミチタネツケバナはOKでしょう。それ以外に、乾いた空き地に咲いている緑色のやつと、ちょっと大きめで小川の脇や水の流れの中に生えているもの・・ううむ。タチタネツケバナ、ミズタネツケバナ、オオバタネツケバナ、ジャニン...

クサイチゴ

狭山丘陵には何種類かのキイチゴの仲間が自生していますが、その中でも一番大きな花を咲かせるのがクサイチゴ(草苺)です。あまり陽当たりのよくないようなところに、4cmくらいの真っ白な花をよく見かけます。花が痛みやすいのか、きれいなのを探してもなかなか見つかりません。これも、花弁の一部が裂けています。5月末くらいになると果実が熟して、食べられます。これ以外に、モミジイチゴもたくさん見かけるんですが、不思...

オトメスミレ!?

今日はどの写真を載せようかな~、なんて物色していたら、先月撮った写真の中に白いスミレがありました。雨上がりだったし、花弁が開き切っていなかったので、撮るだけ撮って放ってありました。これ、よく見るとどうやらオトメスミレで間違いなさそうです。花の後ろに伸びる「距」という部分が紫色をしています。あ~、何かすごく損した気分!これを撮ったときは、またいつでも撮れるから、なんて思ってました。でもオトメスミレは...

ニワトコ(接骨木)

日曜日に狭山丘陵の南側で変わった花を咲かせる木を見つけました。ニワトコ(接骨木)の花です。そういえば、これは昨年撮り損なった花でした。ここに来て、草だけではなくて木の花もだいぶ咲いてきました。日曜日はこれ以外に、アオダモ、オトコヨウゾメも撮ってきました。ヤマツツジはまだ咲き始め、もうちょっと咲き揃ったら撮りましょう。普段、地面ばかり気にして花を探していますが、たまには空を仰ぎ見ることも必要のようで...

フモトスミレ

4月ももう半ばとなり、春真っ盛りの感がありますね。今日は少し涼しかったですけど・・狭山丘陵のスミレも、季節が進んでほぼ出尽くしたんじゃないかと思います。今日のスミレは、フモトスミレ(麓菫)です。これも、多分合ってると思ってます。(笑)花の大きさ1cmくらいで、花茎が赤茶色、距が紫色なので大丈夫でしょう。同じようなのにツボスミレ(ニョイスミレ)というのもあります。こちらも後日載せようと思ってますが、...

カントウタンポポ

関東地方は、いい陽気の週末になりましたね。家族もそれぞれ出掛けちゃったし、おかげさまで狭山丘陵散策三昧の2日間でした。少々調子に乗って欲張って歩きすぎたのか、さすがにくたびれてしまいました。さて、今日は午前中に少し時間があったので、以前から気になっていた菩提樹池(ぼだいぎいけ)というところに行ってきました。場所は西武球場のすぐ近くで、地図にも載っていないような小さな池です。池の近くはやたらとタンポ...

シュンラン(春蘭)

狭山丘陵に自生するシュンランを見つけました。以前はたくさんあったそうですが、盗掘によって激減し、今では群落はありません。これも、林の中にひとつだけポツンと咲いていました。日本原産のランで、渋みというか奥床しさを感じます。いかにも日本人好みの感じですね。愛好家も多いそうですが、分かる気がします。この花は薄暗い森の中、葉に隠れるように咲いていたので、我ながらよく見つけたものだと感心しました。(笑)随分...

アメリカスミレサイシン

またしても、スミレです。今日のはアメリカスミレサイシンという種類のようです。元々は園芸品種として持ち込まれたものが野生化して繁殖しています。原産地は北アメリカで、明治以降に入ってきたもので、いわゆる帰化植物というやつですね。元が園芸品種だけあって、花は大振りで模様も鮮やかです。狭山丘陵南側の原っぱの数カ所で見つけました。この花は色のバリエーションも多く、赤紫から白まで、さらに青い斑点があるようなも...

クサボケ(草木瓜)

木々の緑がようやく芽吹き始めた頃、ひときわ目立つ朱色の花を狭山丘陵の森のあちこちで見かけます。ボケの花が今頃咲いているんだ~、なんて思ってましたが、調べてみたらクサボケでした。50cmから1mくらいの低木で、ボケよりも一回り大きな花を咲かせます。この時期はウグイスカグラや各種のスミレなど地味な花が多いので、朱色が場違いなくらいに鮮やか。これは昨日掲載したナガバノスミレサイシン(白花)の近くに咲いて...

ナガバノスミレサイシン

何だか随分と長ったらしい名前のスミレです。あやうくいくらでも咲いているタチツボスミレと見間違うところでした。決定的に違うのは、名前の通りの細長い葉です。写真の、花の下に左に伸びているのが、このスミレの葉で、ハート形のタチツボとはまったく違っています。もうひとつは、花の後ろに伸びる「距」という部分が、タチツボは後ろに伸びるのに対し、これは丸い団子状になっています。さすがにこれはナガバノスミレサイシン...

キランソウ

「地獄の釜の蓋」の別名を持つ、小さなありふれた雑草です。キランソウの由来は、「キ」は古語で「紫」、「ラン」は「藍」、つまり紫藍草ということだそうです。確かに、紫のような藍色のような、そんな感じです。本物はもっと濃い色に見えました。ちょっと明るい色になっちゃったかな・・・この時期、狭山丘陵のあちこちで見られるごくありふれた花なのに、当ブログには初登場です。昨年も撮ったんですが、今ひとつ気に入らない出...

ヤマルリソウ

昨日のフデリンドウに続いて、今日も春の青い花です。昨日の丘陵探索の、第二のターゲットの正体はこの花でした。こちらも思い通り巡り逢うことができてよかったです。ただ、昨日のフデリンドウはすぐに見つかりましたが、こちらは小一時間ほど歩いた山の中でようやく見つけました。細い遊歩道の脇、遠目には白っぽい点々が斜面にちりばめられたような感じです。近付いてみると、この花でした。休憩がてら、しばし鑑賞~歩いた疲れ...

フデリンドウ

天気予報が外れて好天に恵まれた日曜日、昼から狭山丘陵探索に行ってきました。今日のターゲットはふたつの花、さてうまく見つけることができるか。狭山丘陵北側の、さいたま緑の森博物館を起点に歩き始めました。歩き始めてすぐ、一つ目のターゲットであるフデリンドウを見つけました。タチツボスミレで薄紫色に染まる林の縁、一カ所だけ青いものが!!こんなに呆気なく見つかるとは思いもしませんでした。まるで陽に当たって瑠璃...

オドリコソウ

今日は狭山丘陵の南側でオドリコソウが咲いているのを見つけました。まだ咲きかけだったのと、夕方で暗くなりかけていたのが少々残念・・・この週末は雨の心配はない、なんていう予報でしたが、ふたを開けてみたらあまり天気が良くないようです。今日は午後3時半くらいからMTBで狭山丘陵に出掛けて、濡れるほどではないものの大粒の雨にあたってしまいました。寒くないのだけは救いですけど。今週は寒い日が多かったので、野原...

ヒメスミレ

今日もまた懲りずにスミレの花を載せちゃいます。紫色の小振りな花、細長い葉、太い距から、ヒメスミレと思われます。違っていたら後ほど訂正ということで・・・と、間違ったときの伏線を張っておきましょう。(汗)実は昨日掲載したスミレ、いろいろ調べているうちに、オトメスミレじゃないかと思い始めてます。日曜日には近所の博物館に行けそうなので、おそらく正体を突き止めることができるでしょう。さて、まだ未掲載のスミレ...

マルバスミレ

この時期、狭山丘陵の林道をMTBで走っていると、道の両側がスミレの花で薄紫色に染まっているところがあちこちにあります。ほとんどがタチツボスミレですが、その中に真っ白な花を咲かせているスミレに時々出逢います。それがこの写真のスミレです。特徴からマルバスミレで合っていると思いますが、どうでしょう。自信度66.6%・・・さて、庭の巣箱には、今日も鳥がやってきました。家内がコンデジで写真を撮っていたので、...

レンゲ

日曜日に狭山丘陵南側の田んぼの脇でレンゲの花を見つけました。昨年レンゲを撮ったのは4月30日だったので、今年は丸1ヶ月早く発見です。去年は単に気付いていなかっただけかも知れませんが・・(苦笑)田んぼ脇の小川の斜面だったので、相当苦しい体勢で何とか撮れました。まとまって5~6本ほど、日陰だったせいか白っぽい花に見えました。どれも咲いたばかりのようで、とてもきれいです。今日の埼玉は冬のように寒い一日で...

スミレ(ヒカゲスミレ?)

これは3月25日に撮したスミレです。あれこれ調べたり、ネットの掲示板で教えを乞うてもみましたが、「何とかスミレ」という特定はできていません。今のところ、ヒカゲスミレまたはその交雑種ではないか・・という説が有力です。コスミレないしはその変種ではないか、とも思ったり。林の縁の日陰に咲いていました。雨上がりなので、花弁は少々萎縮しているかも知れません。花びらの細い線が特徴的です。週末になったら、さいたま...

ツクシ

昨日、狭山丘陵の南側で足の踏み場もないほどのツクシを見つけました。狭山丘陵ではあまり見かけないんですが、あるところにはあるんですね~。母が見たら大喜びで採って帰って料理してしまうでしょう。でも、狭山丘陵は植物の採取は禁止されているので、採っちゃだめです。撮るのは写真だけということで。ツクシというと、子供の頃を思い出します。母親の実家が奈良で、春休みに遊びに行くと必ず大和川の堤防にツクシ採りに行きま...

クサノオウと、8つの目

虫があまり得意でない方はご覧にならない方がいいかも知れません・・春の雑草の代表格といってもいいくらいの花、クサノオウです。メジャーな雑草のくせに、当ブログでは(狭山丘陵のは)初登場というのも我ながら驚きです。今日の写真は、花よりも緑色のクモが主役になっちゃいました。クモの種類はわかりません。ず~っと動かずにいてくれたので、散々撮らせてもらいました。クモには8個の目があるそうです。8個の目で、この世...