ヤブラン(藪蘭)

  • 2007/08/31 : 狭山丘陵の四季
  • 8月の狭山丘陵を代表する花、と言っても過言ではないくらい、真夏の森の中で見かける花です。
    名前はランですがユリ科の植物で、陽の当たらない林の中に咲きます。
    狭山湖周辺の森では、どこでも見ることが出来ます。

    でも、意外と花が開いているのに出会いません。
    どういう訳か蕾の状態のものばかりです。
    随分たくさん蕾が付いているんですけどね・・

    【写真】
    ヤブラン(藪蘭) ユリ科
    場所によっては一面に咲いているようなところもあります。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/19 10:58:38
    Tv1/80
    Av3.5
    ISO感度400
    レンズEF-S 60mm MACRO


    これは林道脇の金網の間から花穂を伸ばしています。


    ヤブラン(藪蘭)
    ヤブラン(藪蘭) posted by (C)たけぽ


    開いている花を見ると、ジャノヒゲオオバジャノヒゲに似ていると思いますけど、いかがでしょう。

    さて、このところ楽天ブログがよくダウンしますね。
    決まって夜11時あたりなので、一番使う時間帯なのが困りものです。
    というか、平日使えるのはその時間しかないし・・

    なので今日は若干早めの更新です。

    アクセスが集中している云々と言うメッセージが出ていたように思うので、サーバの能力を超えたアクセスがあったんでしょうかね。
    であればシステム設計時のキャパシティプランニングが甘かったということかな。
    日本一のブログだそうですから、それに見合ったシステムと運用をお願いしたいものです。

    頑張れ、楽天!!

    まぁ~これではフォトアルバムの容量拡張は望むべくもないかな・・・
    スポンサーサイト

    クズ(葛)

  • 2007/08/30 : 狭山丘陵の四季
  • 秋の七草のひとつ、クズが鮮やかな花をたくさん咲かせています。
    狭山丘陵には何カ所か群落があって、これを撮ったところが一番大規模だと思います。
    猛烈な勢いで蔓を伸ばし、小山のように繁っていました。

    秋の七草と言いつつ、葛の花は8月上旬から咲いていました。
    山萩なんかも8月前半から見かけるので、これも秋には気が早いです。

    秋の七草のうち、こちらで見かけるのは萩、葛、尾花の3つくらい。
    残る4つ(桔梗、女郎花、撫子、藤袴)見かけません。

    【写真】
    クズ(葛) マメ科
    ひとつひとつの花を見ると、これもいかにもマメ科という形です。
    赤紫の中心に黄色ですから、なかなか派手な色合いですね。
    葛の群落のあたりでは、落ちた花びらで地面が覆い尽くされるくらいのところもあります。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/25 9:13:08
    Tv1/125
    Av5.6
    ISO感度100
    レンズEF-S 60mm MACRO


    こっちの方が葛の花らしいかな・・
    これは200mm望遠で撮ってます。


    秋の七草「葛」
    秋の七草「葛」 posted by (C)たけぽ


    さて、今朝方、久しぶりに凶暴なアイツに襲われました。

    ・・・こむら返り

    あ゛あ゛~!!と思ったときには既に手遅れで、左のふくらはぎに激痛が走りました。
    やられた~、半日以上経っても、まだ筋肉痛が残っています。

    こむら返りの原因を調べてみたら、筋肉の過度な疲労、発汗によるミネラル不足など、とありました。
    そういえばこの前の週末に2日続けてマウンテンバイクで走って以来、どうも疲れが取れない感じだったんです。
    しばらくさぼっていた報いなのかも知れません。

    足のつま先引っ張って、もんどり打って倒れました。

    ?? もんどりってどんな鳥だ!?
    広辞苑で調べたら「とんぼ返り」のことだそうです。
    それじゃ、この表現は正しくないですね。
    とてもじゃないけどとんぼ返りなんて出来ない状況でしたから・・

    ナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒)

  • 2007/08/29 : 狭山丘陵の四季
  • 世間はお盆休み突入という日曜日、狭山丘陵の林道を歩いていたらコウヤボウキの花が咲いているのを見つけました。

    この時期にコウヤボウキが咲いている!?
    猛暑とはいえ、いくら何でも早すぎやしないか!?
    去年も何度か撮りましたが、10月になってからです。

    この花が咲いたら丘陵の花の時期もおしまい、というくらい遅い時期の花です。

    コウヤボウキならいくらでも咲くので、何だか埃っぽいしスルーしようか・・
    と、行き過ぎそうになって、でも何だか違和感のある花なのでワンカットだけ撮っておきました。

    その後、Satchan7さんのところにナガバノコウヤボウキなる花が紹介されていました。

    ・・!!!

    そうか、これか!
    これを撮ったときの違和感は、コウヤボウキとは葉の付き方、花の咲く場所が違うせいだったようです。

    いや~、迷ったけど撮っておいて良かったです。
    危うく気付かずにコウヤボウキと決めつけてしまうところでした。
    狭山丘陵はコウヤボウキがたくさん見られますが、ナガバは少ないようです。
    他で見かけた記憶はありません。

    コウヤボウキの花はこちらを~ →2006年10月18日の日記

    【写真】
    ナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒) キク科
    コウヤボウキと同じく、キク科としては珍しい落葉低木です。
    コウヤボウキは今年伸びた枝の先に花が咲きますが、こちらは2年目の枝に咲くそうです。
    束生した葉の真ん中に花が咲くのが特徴でしょう。
    また、花の時期も早く、8月から9月にかけて咲くみたいです。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/12 9:59:22
    Tv1/320
    Av5.6
    ISO感度400
    レンズEF-S 60mm MACRO



    バッタ
    バッタ posted by (C)たけぽ



    埼玉地方、昨日の夕立以降ぐっと涼しくなって、過ごしやすくなりました。
    それにしても昨日の夕立は凄かった・・

    まともに会社帰りに当たってしまい、バスを降りたら足下が池になってました。
    当然、靴は一瞬にして水没・・
    折り畳みの小さな傘ではとても立ち向かうことの出来ない勢いで降ってました。

    しかし、電車でわずか20分弱、自宅近くの駅では道路がもう乾きかかっている・・

    相当局地的だったんでしょうかね。
    西武新宿線は落雷で止まってましたが、運良く池袋線は動いていて無事帰り着きました。

    しばらく曇りや雨の日が続くようで、もう秋の長雨の走りでしょうか。
    もうそろそろ涼しくなってくれてもいいですね。

    ヤハズソウ(矢筈草)

  • 2007/08/28 : 狭山丘陵の四季
  • ごく小さな花ですが、これもマメ科らしい形をしています。
    色、大きさともにキツネノマゴと同じくらいです。

    日曜日は午前中はカメラを持って狭山丘陵の散策に行って来ました。
    久しぶりに、私が勝手に「秘密の花園」と呼んでいる場所に行ってみたものの、暑さでカラカラに乾燥して花らしい気配はありません。
    足元を見ると、紫色のキツネノマゴくらいなもの・・・

    と思ったら、葉の様子が全然違います。
    ヤハズソウでした。

    こんなに乾燥しているのに、炎天下の日向でびくともせずに葉を広げて花を付けています。
    もう少しで見落とすところでした。
    この花も当ブログ初登場です。
    この丘陵に、まだまだ見てない花があるんでしょうね~。

    【写真】
    ヤハズソウ(矢筈草) マメ科
    この草は、葉の模様が特徴的です。
    矢筈とは、矢のお尻の矢羽のことで、葉っぱの先端をちょっとちぎると矢羽のような形になるのが名前の由来だそうです。
    日差しが強いので、自分の影に入れて撮りました。
    カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時 2007/08/26 9:49:19
    Tv 1/30
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF-S 60mm MACRO


    近くではヤブガラシが実を付けていました。

    ↓↓これはどうやらノブドウらしいです。ヤブガラシとは葉が違うみたい・・ ↓↓


    ヤブガラシ
    ヤブガラシ posted by (C)たけぽ


    随分とまばらですね。
    あまり実のなる確率は高くないようです。
    これでもブドウ科だそうです。
    花はよく見かけますが、実は初めて見ました。

    ミズタマソウ(水玉草)

  • 2007/08/27 : 狭山丘陵の四季
  • 5ミリにも満たないような、花弁わずか2枚の小さな白い花です。
    これもマツヨイグサなどと同じアカバナ科だそうですから、意外なものです。
    やや逆光気味で撮ったら、花後の実が水玉のよう。

    なるほど水玉草とは、よく名付けたものです。
    実の形がティアドロップですね。

    花の様子は昨年の写真の方がよく分かると思います。 →2006年8月15日の日記

    【写真】
    ミズタマソウ(水玉草) アカバナ科
    毎日マメ科の花ばかりでは芸がないので、今日はちょっと違ったのを。
    名前の由来は、実が水玉のようだからとか、細かい毛が露を含みやすくて水玉になるからとか言われているようです。
    すごく小さな花で、この写真の範囲でせいぜい小指ほどだと思います。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/25 10:31:42
    Tv1/80
    Av5.6
    ISO感度400
    レンズEF-S 60mm MACRO


    本日のおまけ。

    先日掲載したキンミズヒキ、花が終わって「ひっつき虫」が出来ていました。
    キンミズヒキのひっつき虫は円錐形ですね。


    キンミズヒキのひっつき虫
    キンミズヒキのひっつき虫 posted by (C)たけぽ


    表面にヒダがあって、息子の大好きなアポロチョコレートにそっくりです。
    でも食べられませんよ~。(当たり前)

    たくさん生えている毛の先端がカギになっていて、衣服などに引っ掛かります。
    クリックして拡大すると、よく分かると思います。

    今年はキンミズヒキも花が終わるのが早いかな~。

    ノササゲ(野大角豆)

  • 2007/08/26 : 狭山丘陵の四季
  • 淡い黄色が何ともきれいです。
    これは昨年からの宿題になっていた花で、今年は見つけることが出来ました。
    昨年は花後の豆しか見られませんでしたから・・

    昨日は、そろそろノササゲが咲いているんじゃないかと花を探してみたものの、見つかるのは蔓ばかり。
    去年豆を見つけたところも、蔓はあっても花の姿はありません。

    ちょっと時期が早いのか!?と思ったら、一カ所だけ咲いていました。
    暗いし小さいし、周りの他の草や葉っぱがあるし、どうにか2カットだけ撮って宿題はコンプリートです。
    ちなみに花後の豆は、紫色で艶のあるさやにエンドウ豆くらいの大きさの豆が入っています。

    豆の様子はこちらをご覧ください。 →2006年11月6日の日記

    ・・と、この日記を見たらタンキリマメも宿題になっていたんでした。
    こちらは未発見なので気にして探すことにします。

    【写真】
    ノササゲ(野大角豆) マメ科
    漢字、読めませんね、ササゲって。
    花の咲く前の、蕾も可愛らしいです。
    黄色と緑の色合いが爽やかな感じです。 
    狭山丘陵・岸田んぼ付近にて。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/25 10:00:58
    Tv1/50
    Av4.0
    ISO感度400
    レンズEF-S 60mm MACRO

    この土日は2日とも午前中はカメラ持って丘陵探索、夕方はマウンテンバイクで走行と、たっぷり汗を流しました。
    今日は、これまた昨年の宿題になっているノブキの花の様子をチェック。
    だいぶ花穂が伸びているので、早い個体はもう2日くらいで咲きそうです。
    来週末はきっと咲いているでしょう。

    さて、気が付いたらアクセスカウンターが・・・


    10万アクセスありがとう
    10万アクセスありがとう posted by (C)たけぽ


    たまたま100000ぴったりだったので画面をキャプってみました。
    たくさんの方に私の道楽にお付き合いいただいたことを感謝するとともに、2年間ほぼ皆勤でよく続いているものだと我ながら感心している次第です。
    まだ当分はこのペースで行こうと思ってますので、これからもよろしくお願いします。

    ちなみに、キリ番は「*.plala.or.jp 」さん・・・う~ん、残念。誰だか分からない。
    前後賞は、99999がvinatchさん、100001がsage55さんでした。

    ツルマメ(蔓豆)

  • 2007/08/25 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵の草むらで小さな豆の花を見つけました。
    盛大に伸びた蔓に、ちょこんと7~8mmの小さな、いかにも豆らしい花が咲いています。
    この花、去年も撮ったんですが今ひとつ気に入らなくてお蔵入りしてました。

    なので、今日は雪辱戦といったところです。
    足場が悪くて寄り切れなかったけれど、この位の方が花の雰囲気がわかって良かったかも。
    花穂はあっても花はまばらな感じです。

    調べてみたところ、この豆を改良したのが大豆だそうです。
    ツルマメは花後に枝豆そっくりの豆が出来るとか。
    豆が出来たらまた見に行ってみようと思います。

    【写真】
    ツルマメ(蔓豆) マメ科
    真夏の暑い時期はどこもかしこも蔓だらけです。
    しばらくマメ科の花が登場する頻度が高くなりそうです。
    背景が雑然としていたので絞り値は小さめにしました。
    カメラ機種名 Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時 2007/08/25 9:36:10
    Tv 1/640
    Av 3.2
    ISO感度 100
    レンズ EF-S 60mm MACRO



    オオアオイトトンボ
    オオアオイトトンボ posted by (C)たけぽ



    こちらの丘陵で時々見かけるトンボです。
    かなり大きいので、オオアオイトトンボというやつだと思います。
    青い目とメタリックな体がきれいです。

    なかなか留まってくれないので、遠目で撮ってトリミングしました。
    ちょっと絵が粗めですが、例によって3回2回クリックすると縦1024になります。

    マツヨイグサ(待宵草)

  • 2007/08/24 : 狭山丘陵の四季
  • 待てど 暮らせど こぬひとを 宵待草の やるせなさ
    竹久夢二作詞の歌は「宵待草」ですが、正しくはマツヨイグサです。
    町中の空き地なんかでもよく見かけますね。

    ・・と思って調べてみると、マツヨイグサにもいろんな種類があるんですね。
    このマツヨイグサ以外に、オオマツヨイグサ、メマツヨイグサにコマツヨイグサくらいが一般的に見られるもののようです。
    そういえば、当ブログでも少し前にコマツヨイグサを載せていました。

    夕方暗くなってから咲いて、朝には萎んでしまうので写真には撮りにくい花です。
    たまたま、昼前の原っぱで寝ぼけた奴が一輪だけ咲いていたので撮っておきました。

    この花、子供の頃に住んでいたアパート近くの空き地にいっぱいありました。
    みるみるうちに開花する早さがとても不思議で、よく眺めていたのを思い出します。
    何だか懐かしい・・・

    【写真】
    マツヨイグサ(待宵草) アカバナ科
    マツヨイグサとメマツヨイグサはよく似ています。
    見分けは、葉の形が一つのポイントです。
    柳のように細く、真ん中の葉脈が白っぽかったらマツヨイグサ。
    メマツヨイグサの葉は広くて真ん中の葉脈が目立ちません。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/12 10:57:09
    Tv1/160
    Av7.1
    ISO感度100
    レンズEF-S 60mm MACRO


    さて、今日はまた気になるニュースが・・・
    ニコンが新しいデジタル一眼「D3」と「D300」を発表しました。
    こちらもアンチダストにライブビュー搭載だそうです。
    どうやら一眼もライブビューが当たり前になっていくようですね。

    D300も気になる一台・・でもちょっと高いです。
    キャノンで言ったら40Dと5Dの真ん中あたりの価格帯ですか。

    いずれにしてもEFレンズ買いそろえちゃいましたから・・
    今更他のメーカーに乗り換えは不可能です。
    各メーカー競い合ってよりよい製品を提供して欲しいものです。

    とはいえそうそう買い換えられませんので、あまり魅力的な新製品を次々出されても困ってしまいますが。

    コバギボウシ(小葉擬宝珠)

  • 2007/08/23 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵の湿原で、紫色のコバギボウシが咲いていました。
    これも、先日のツリガネニンジンと同じく雨上がりだったせいか、あまりきれいな花がありませんでした。
    ダメ元で撮ってみたら、痛んだところも案外気にならないみたいです。

    ツリガネニンジンと同じ場所に咲いていて、湿原の向こう側に結構大きな群落もあります。
    残念ながら近づくことは出来ませんが・・

    以前に載せたオオバギボウシとよく似ています。
    こっちの方が葉が小さく、開花の時期がだいぶ遅いです。

    【写真】
    コバギボウシ(小葉擬宝珠) ユリ科
    ギボウシの仲間は種類が多いですが、さいたまみどりの森博物館の開花情報でもコバギボウシとなっていたので間違いないと思います。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/18 9:56:24
    Tv1/200
    Av3.5
    ISO感度200
    レンズEF-S 60mm MACRO


    今日は朝のうちは雨降りだったためか、幾分過ごしやすかったです。
    一日休暇を取ったので出かけるつもりでしたが、雨に加えて家内と娘が風邪を引いてしまい、結局お出かけはキャンセルになりました。

    午後からは実家の母のところに行って、蕎麦打ちをしてきました。
    妹の家族や弟も来るということだったので、12人前です。
    粉をこねて伸ばすところまでは概ね私がやりましたが、暑い時期には重労働です。

    途中、4歳の姪や息子もこねて、半分ままごと感覚です。
    出来のほうはまぁまぁで、これなら二八蕎麦なら自分でも十分打てると思いました。

    ただ、蕎麦は食べはじめたらあっという間にお腹の中に収まってしまいます。
    苦労した割には何だか呆気ないもんです。
    やっぱり買ってきて食べた方が良さそう・・・

    ガガイモ

  • 2007/08/22 : 狭山丘陵の四季
  • ピンクがかった毛だらけの花が特徴的です。
    名前は芋ですが、地下茎には毒があって食べられません。
    こちらの丘陵ではよく目にする植物なので、食べられたら良かったんですけど。

    真夏の暑い時期は蔓植物が元気いっぱいです。
    ガガイモはじめ、オニドコロヤマノイモヘクソカズラセンニンソウアマチャヅルその他諸々がいろんなものに絡まって花を咲かせています。
    ヘクソカズラはさておき、総じて地味な花が多いですね。

    そろそろノササゲやヤブマメなど、マメ科の蔓も花を咲かせる時期かな。
    ノササゲも葉っぱばかり目について、花が見あたりません。

    【写真】
    ガガイモ(がが芋) ガガイモ科
    漢字でどう表記するのか分かりませんでした。
    かがんだくらいの高さで蔓延るのでガガイモというとか・・
    狭山丘陵・西久保湿地付近にて。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/18 11:15:46
    Tv1/250
    Av5.6
    ISO感度200
    レンズEF-S 60mm MACRO


    今日は当地もようやく夕立がありました。
    家に帰って、着替えた途端にザァァァァ・・・っと言う雨音。
    間一髪、セーフでした。
    あと5分遅かったら、おそらくずぶ濡れだったでしょう。

    残念ながら涼しくなるほどには降らず、止んでしまいました。
    明日は涼しくなるようで、だんだんこういう日が増えて秋になって行くんでしょう。
    今日は昼間に外を歩きましたが、呼吸困難になりそうな暑さでした。

    明日は休暇消化のお疲れ休みです。
    子供たちの部活も休みなので出かけたいですが、こういう日に限って天気が悪そう・・

    ツリガネニンジン(釣鐘人参)

  • 2007/08/21 : 狭山丘陵の四季
  • 土曜日は当ブログ未掲載の野草を3種類も見つけるという幸運に恵まれました。
    でも、本当はこの花を探しに行ったんです。
    去年の実績から言って、そろそろ咲いているはずの時期だからです。

    思った通り、昨年と同じ場所に咲いていました。
    前日からの雨のせいか、若干花が痛んでいるようにも思えました。
    まさに釣鐘ですね。

    【写真】
    ツリガネニンジン(釣鐘人参) キキョウ科
    狭山丘陵では何カ所かで咲いています。
    ユネスコ村付近では車道の脇でも見かけたように思います。
    案外丈夫なのかも。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/18 9:50:04
    Tv1/50
    Av7.1
    ISO感度100
    レンズEF-S 60mm MACRO



    ツリガネニンジン
    ツリガネニンジン posted by (C)たけぽ


    こちらはものの見事に蔓に絡まれて横倒しです。
    一列に並んだ釣鐘もまた可愛らしいので撮ってみました。

    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/18 9:53:26
    Tv1/80
    Av7.1
    ISO感度200
    レンズEF-S 60mm MACRO


    さてさて、今日は気になる、というかずっと待っていたニュースが正式発表になりました。
    CANONから、新しいデジイチが出ます。

    EOS40D・・現行30Dの後継機です。

    仕様など詳しいことはどこにでも載っているのであえて書きません。
    一番気になるのはファインダーです。

    今使っているKISSデジ(N)の性能には特に不満ありません。
    でも、ファインダーだけはとにかく不満なんです。
    とくにマクロ撮影ではファインダー画像が小さくてピント合わせがつらいです。

    最近、年齢的に視力も厳しいし・・

    40Dはここが改善されたそうなので大いに期待しています。
    早く実物に触れてみたいものです。

    ワレモコウ(吾亦紅)

  • 2007/08/20 : 狭山丘陵の四季
  • 一瞬、赤黒い実がなっているかのように見えますね。
    先週の土曜日に狭山丘陵を歩いた際に、随分と目についた花です。
    花といっても花弁がなく、見えているのは萼の集合体だそうです。
    これでバラ科というのには驚きました。

    これも以前から一度目にしたいと思っていた花の一つです。
    またしても、昨年から散々通っている湿地の近くで見つけました。
    しかもちょっとやそっとの数ではありません。
    他の花をとっても、いつの間にか写り込んでいるくらいです。

    今にも泣き出しそうな空模様だったのでこんな色ですが、晴れていたらまた違った表情を見せてくれるかも知れません。

    とりあえず土曜日に見つけた当ブログ未掲載だった3種類はこれでおしまいです。

    【写真】
    ワレモコウ(吾亦紅) バラ科
    漢字で書くと「私もまた紅いぞ!」といった意味合いでしょうか。
    それじゃこの色は紅なんですね。
    吾木香、割木瓜など、漢字の表記もいろいろあるみたいです。
    狭山丘陵・西久保湿地付近にて。
    大谷戸湿地でも見かけました。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/18 11:01:32
    Tv1/25
    Av7.1
    ISO感度200
    レンズEF-S 60mm MACRO


    さて、日曜日にも時間があったので狭山丘陵に向かったんですが、がっかりすることがありました。
    ・・・これです。


    立入禁止・・ひぇぇ・・
    立入禁止・・ひぇぇ・・ posted by (C)たけぽ


    この看板、ごく最近立てられたようです。
    場所は狭山丘陵最奥の森です。
    つい先日までは何もなくて、狭山丘陵で唯一立ち入れる水源の森だったんですが・・・
    無断で入るなということは、断ったら入っていいんでしょうかね。

    この先に、ヤマルリソウニリンソウの群落があります。
    それ以外にも珍しい植物が少なくありません。
    当ブログの写真も、この先で撮ったものが結構あります。
    野鳥も多くて、バードウォッチングの方もたくさん入り込んでいました。

    う~ん、弱りました。
    とりあえずはおとなしく引き返してきました。
    今度、みどりの森博物館で入れないのか聞いてみることにしましょう。

    この看板の先には道標もない割には枝道が多く、道も意外なくらいに険しかったりします。
    一番高いところで標高わずか180mあまり、3キロ四方くらいの範囲なんですけどね。

    それ故、油断して入り込み人が多いんでしょう。
    時々遭難者が出るそうです。
    また、進入禁止のマウンテンバイクも入り込んでいるようです。
    以前から立入禁止になりそうな噂はあったんですが、現実になってしまったようです。

    残念・・・

    オモダカ(面高)

  • 2007/08/19 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵・西久保湿地の田んぼで、白い花が咲いているのを見つけました。
    この湿地、昨年のこの時期にも何度も訪れている場所なのに、この花には気付いていませんでした。
    白い花弁に黄色いしべがきれいに映える花なのに、何ででしょう!?

    3枚の白い花弁が以前に掲載したトキワツユクサに似ています。
    でもこの植物の一番の特徴は、なんといっても葉でしょう。
    長い柄の先に、大きな逆V字型の葉をつけるので、すぐにそれと分かります。
    写真の右に写っているのがオモダカの葉です。

    もう一つ面白いのは、花穂の上の方に雄花、下の方に雌花が咲くという点。
    この写真は雄花で、雌花は花の真ん中に緑色の玉みたいなのがあります。
    ・・・で、何で雌花を撮ってこなかったのか!?
    咲いていたんですけど。う~ん・・・

    【写真】
    オモダカ(面高) オモダカ科
    埼玉県南部には田んぼがほとんどないので、この辺ではあまりお目にかかれない花です。
    名前の由来は、葉が人の顔に似るからということらしいがどうでしょう!?
    ラテン語では矢を意味する名前(英語ではAllowhead)なので、そっちの方がそれらしい気がします。
    狭山丘陵・西久保湿地の田んぼにて
    お正月料理では定番のクワイはオモダカの栽培変種だそうです。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/18 10:49:06
    Tv1/80
    Av7.1
    ISO感度200
    レンズEF-S 60mm MACRO


    田んぼにて
    田んぼにて posted by (C)たけぽ


    埼玉県地方、昨日の涼しさを忘れるような暑さが戻ってきました。
    暑さの夏休みは、たったの1日だけだったみたいです。

    この暑いさなか、朝っぱらから市の防災訓練がありました。
    私は自主防災組織で給食班の班長という肩書きをいただいているので、当然参加してきました。
    しかも、今回は炊き出し訓練を行います。

    備蓄のアルファ米の賞味期限が切れるのか!?

    まぁそれはともかく、いつもは何もする事がないのに今回はほとんど主役です。
    非常食の五目ご飯を作って、参加者300名に配ります。
    作り方はごく簡単、ご飯に具を入れて熱湯をかけて20分ほど待てば完成で、一度に50人分できます。

    それを1人前ずつプラスチックのパックによそって輪ゴムで留めるんですが、これがまた暑いし熱いし・・
    炎天下で熱いご飯を盛り分けるのは、えらく重労働でした。
    何しろ300人前ですからね~。

    20人ばかりで必死にパック詰めして缶入りのお茶といっしょに袋詰め・・・しているうちに他の訓練は終わってました。
    皆さん炊き出しの五目ご飯を持ってぞろぞろ帰っていきます。

    ちなみに味の方は・・・非常食ですから。
    訓練で作りすぎたおかげで、昼夜2食も食べました。

    次回の炊き出し訓練は五目ご飯じゃなくて山菜おこわがいいな。

    ハグロソウ(葉黒草)

  • 2007/08/18 : 狭山丘陵の四季
  • ピンクの花弁がわずか2枚の、ものすごくシンプルな花です。
    いつもマウンテンバイクで走り抜ける林道脇で見つけました。
    やはり歩く速度でないとこういう小さなものは発見できませんね。
    毎週走っているのに、まったく気付いていませんでした。

    この花はキツネノマゴ科で、日本で自生しているのはキツネノマゴをはじめ数種類だけだそうです。
    キツネノマゴ科は南方の暖かいところの植物が多く、植物園の温室に行ったら何種類も見られると思います。
    こんな花(ヒポエステスアリスタタ・・舌噛みそう)とか、コエビソウもキツネノマゴ科です。

    自生しているのは関東以西だそうですが、宮城県や福島県のレッドデータブックにも載っているみたいです。
    ちなみに埼玉県のレッドデータブック2005年版には「準絶滅危惧」と記載されています。

    【写真】
    ハグロソウ(葉黒草) キツネノマゴ科
    葉が黒いのでこの名前があるそうです。
    でも普通の緑色に見えますよね。別に黒くありません。
    花びら2枚で「二唇形」というらしいです。
    しべも何だか無防備ですね。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/18 11:39:50
    Tv1/8
    Av5.6
    ISO感度400
    レンズEF-S 60mm MACRO

    花を横から見たらこんなです。


    ハグロソウ(葉黒草)
    ハグロソウ(葉黒草) posted by (C)たけぽ


    いや~、関東地方はようやく酷暑から解放されましたね。
    久しぶりに涼しいと感じる朝を迎えました。
    また残暑がやってくるようですけど、これで一息つけた気がします。

    空模様は今にも降り出しそうではあったものの、気候もいいし朝から狭山丘陵に行ってきました。
    涼しいとはいえ、山道を歩くとすぐに汗が噴き出してきます。
    でも立ち止まると森を抜ける風が涼しい~!!

    午前中3時間ほど歩いて、当ブログに未掲載の花を3種類も見つけました。
    なかなかの成果です。
    この辺は順次載せていくということで~。
    ネタも増えたし、よかったよかった。

    クサギ(臭木)

  • 2007/08/17 : 狭山丘陵の四季
  • 真夏の狭山丘陵、至る所で強烈な芳香を放ちつつ咲いています。
    芳香というより、むしろ臭気と言った方が適切かも知れません。
    個人的には、この花の香りはいい匂いだとは思わないので・・

    丘陵の林道をマウンテンバイクで走っていると、姿は見えなくても花の香りでこの木があることが分かります。
    もうそろそろ花のピークは終わる頃かな。
    花のあとには派手な彩りの実が成ります。

    ずいぶん前ですが、こちら→ 2005年10月10日の日記 に写真を載せています。

    まぁ~それにしても、酷暑の日々がよくここまで続いたものです。
    8月に入って、今日17日までずっとですからね。
    埼玉は、明日は最高気温30℃を下回る予報で、ようやく殺人的な暑さから解放されそうです。

    エアコンなしでもぐっすり眠れるのかな~

    沖縄も行ったし、暑いのはもういいやって感じです。
    8月も下旬になり、だんだん秋めいてくるんでしょう。
    夏が終わるのはもの悲しいですが、そういう感覚もまた好きなんです。

    食べ物が美味しい季節になりますし。

    新物のサンマも出始めましたが、脂ののりはまだ今ひとつでした。
    そろそろ、うまい魚が食べたいかな~、なんて思ったりしています。

    【写真】
    クサギ(臭木) クマツヅラ科
    葉や枝を傷つけると臭いのでこの名前があります。
    狭山丘陵では至る所に自生しています。
    花も、臭いです・・・
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/04 13:00:03
    Tv1/160
    Av7.1
    ISO感度400
    レンズEF70-200mm F4L IS USM
    焦点距離200.0 mm

    オニドコロ(雌花)

  • 2007/08/16 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日に続いて蔓性の植物の花です。
    これはオニドコロの雌花で、花房の上の方はだいぶ実が大きくなって来ています。
    実は3枚羽根になっていて、輪切りにすると高級外車のあのマーク・・・スリーポインテッドスターの形になります。

    オニドコロは所沢の地名の由来といわれています。
    その話と、秋に茶色くなった実、雄花の写真はこちら→2006年11月20日の日記 をご覧ください。

    オニドコロは狭山丘陵の至る所で蔓延りまくって、7月頃から花が咲いています。
    見かけるのは雄花ばかりで、雌花はあまり目にしません。
    この写真の場所は雌花が湿地の柵に絡みついて盛大に咲いていました。

    花自体はごく小さく、実が成熟したあともミイラのように残ります。

    さ~て、今日もまたこれを書かなくてはいけません。

      暑い、暑い、暑いっ!!!

    埼玉は暑いんです。
    ついにやりました、史上最高の暑さ、熊谷市で40.9℃だそうです。
    これで名実ともに日本一暑いところになりました。

      正直、あまり嬉しくありません。

    いくら何でも限度というものがあります。
    狭山丘陵の計測地点でも38℃を超えているので、私の住んでいるあたりは39℃くらいまで上がったみたいです。
    ここまで暑いと、何もしなくても疲れます・・・

    今も、汗ダラダラでブログ更新しています。
    パソコン部屋にはエアコンがないもので・・・
    しかも、この暑いさなかに熱いコーヒー飲みながらというのもねぇ。

    予報では酷暑もあと一日、土曜日からは少し和らぐらしいので、期待しましょう。

    【写真】
    オニドコロ(鬼野老) ヤマノイモ科
    ヤマノイモ科ですが食べられません。
    根は苦いそうです。
    狭山丘陵では至る所で見かける植物です。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/12 9:15:15
    Tv1/160
    Av5.6
    ISO感度100
    レンズEF-S 60mm MACRO

    アマチャヅル(甘茶蔓)

  • 2007/08/15 : 狭山丘陵の四季
  • まるでヒトデのような形をした、緑色の小さな花を咲かせる蔓性の植物を見つけました。
    昨年も撮ったんですが見事にトンでしまい、見られたものじゃなかったので今回は再挑戦です。

    この花の正体は、アマチャヅル(甘茶蔓)だそうです。
    葉っぱは結構見かけますが、花はあまり見ないように思います。
    もっとも、5ミリかそこいらの大きさしかない花ですから、気がついていないだけかも。

    葉を乾燥して煎じて飲むと胃潰瘍や十二指腸潰瘍に効くとかで、予防にもなるみたいです。
    調べたところによると、成分はオタネニンジンと同じとか、かなりの薬効があるんですね。
    甘茶蔓茶って、これでしょうか!?
    ちなみに甘茶とは関係ないそうです。

    【写真】
    アマチャヅル(甘茶蔓) ウリ科
    ウリ科というのはちょっと意外でした。
    真夏の暑い時期には蔓性の植物が元気いっぱいですね。
    明日も蔓植物で行ってみようかと思っています。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/12 10:43:06
    Tv1/100
    Av7.1
    ISO感度400
    レンズEF-S 60mm MACRO

    真夏に元気な蔓植物といったらこれも・・


    ヘクソカズラ(屁糞葛)
    ヘクソカズラ(屁糞葛) posted by (C)たけぽ


    それにしても、今日はとてつもなく暑い一日でした。
    群馬では40℃を超え、埼玉では暑さで鉄道のレールがゆがみ、電車が止まったとか。
    暑いのは苦手じゃないですが、さすがに今日は限度越えてます。
    扇風機で窓から外気を入れても、入ってくるのが熱風に思えます・・・

    ノハラアザミ(野原薊)

  • 2007/08/14 : 狭山丘陵の四季
  • 一昨日の日曜日にノハラアザミの花を見つけました。
    時期的に、ノアザミかも知れないと期待して近づいてみたら、ノハラアザミでした。
    ノアザミは春から夏に咲き、ノハラアザミは8月から秋にかけて咲きます。
    この場所は春にキンランの花とともにアザミを見かけたので、そのとき咲いていたのはノアザミでしょう。
    春に咲くアザミはノアザミだけだったと記憶しています。

    そのときは花の位置まで遠くて、マクロレンズしか持っていなかったので撮るのを断念しました。
    それっきり縁がありません・・
    ノアザミもそんなに珍しい花じゃないと思うんですけどねぇ。

    【写真】
    ノハラアザミ(野原薊) キク科
    猛暑が続きますが、秋の花が姿を見せ始めています。
    埼玉ではヒィヒィいうような暑さもあと数日のようです。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/12 9:34:35
    Tv1/125
    Av5.6
    ISO感度200
    レンズEF70-200mm F4L IS USM
    焦点距離200.0 mm


    マクロで撮ったのも・・こっちはフォト蔵のリンクです。
    3回クリックで縦1280表示になります。


    ノハラアザミ
    ノハラアザミ posted by (C)たけぽ


    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/12 9:29:46
    Tv1/160
    Av5.6
    ISO感度200
    レンズEF-S 60mm MACRO


    さて家内が実家に帰省して2日目、朝から燃えるゴミを出して出勤。
    昨日の晩飯は弁当屋で買って帰ったんですが今ひとつだったし、弁当殻も嵩張ってゴミ箱があふれそうなので今日は食べて帰りました。
    最近駅前に出来た餃子のチェーン店ができて、結構はやっているので試しにに入ってみました。
    いつも混んでいるんですが、ここもお盆のせいがガラガラです。

    我が家の食卓には絶対上ることのないレバニラ炒め定食に餃子1人前ついて660円でした。
    できたてが食べられるし後片付けもないし、この値段だったら食べて帰った方がよさそうです。
    別にスタミナ付けようとかそういうことでもなく、野菜も食べられるし。
    惜しむらくは付け合わせのキムチの味ががっかりだったこと。
    ハ○マサで売っているキロ400円のキムチの方がうまかった。

    明日はプラスチックゴミの日かな。
    今夜のうちに用意しておかなくちゃ。

    ヒヨドリバナ(鵯花)

  • 2007/08/13 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日に続いてヒヨドリシリーズの第2弾、ヒヨドリバナです。
    この花も狭山丘陵の林道脇や林の縁などでごく普通に見ることが出来ます。
    名前の由来はヒヨドリの鳴く頃に花が咲くということだそうですが、さてヒヨドリっていつ頃鳴くんでしょう!?
    ヒヨドリは、こちらではよく見かける鳥です。

    さて、世間様はお盆休みだそうで、通勤電車も普段の2/3くらいしか人が乗っていません。
    いいですね、空いていて。
    この時期は空気も澄んでいて、夏としては珍しく富士山が望めることもあります。
    毎年お盆の時期を避けて夏休みにしているので、お盆はいつも仕事です。
    TVでは高速道路の渋滞に満員の新幹線、この時期じゃないと休めない人は大変だ。

    我が家では毎年恒例で家内が子供たちを連れて里帰りしています。
    といっても実家は都内なので電車で2時間あまり、ちょっと行こうかで行けてしまうくらいのところですから楽ちんです。

    残された私は・・・いつもの通りブログの更新してます。(笑)
    飲めないし羽目を外す訳でもないし、随分経済的に出来ていますね、私は。
    秋には1人で遠征の機会もあるし、ここはじっくり充電といきましょう。

    【写真】
    ヒヨドリバナ(鵯花) キク科
    これもまた地味な花です。
    花は、秋の七草のフジバカマにそっくりですが、芳香はありません。
    個人的にはかなり好きな花の一つです。
    狭山丘陵では7月の前半くらいから咲き始めます。
    昨年は7月15日に撮っていました。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/04 11:14:56
    Tv1/60
    Av5.6
    ISO感度400
    レンズEF-S 60mm MACRO


    シジミチョウの仲間
    シジミチョウの仲間 posted by (C)たけぽ


    これも時々見かける蝶です。
    名前は分かりません。

    ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)

  • 2007/08/12 : 狭山丘陵の四季
  • 丘陵のあちらこちらでヒヨドリジョウゴの小さな花を見かけるようになりました。
    この花もナス科で、色は黒っぽいですが雄しべがナス科らしい形をしています。
    花弁の付け根の黄緑色がちょっと洒落てますね。
    花の時期は8月から9月、場所によっては10月に入っても見られるかも。

    秋になると赤くて丸い実(こんな実)がなり、ヒヨドリが好んで食べるのでこの名前が付いたのだそうです。

    【写真】
    ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸) ナス科
    下向きに咲いていたので、見上げるような角度で撮りました。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/12 9:26:23
    Tv1/125
    Av7.1
    ISO感度200
    レンズEF-S 60mm MACRO


    昨日、今日と猛暑の週末でしたね。
    まだあと1週間くらいは続くらしいです。
    でも山にはもうヤマハギも咲き始め、少しずつ秋が近づいていることを感じます。
    しかし、秋の気配を感じつつも、暑いものは暑いです。
    「猛暑日」なる言葉が登場しましたが、これはいつから正式名称になったんでしょう。
    35℃以上の日をそう呼ぶらしいので、埼玉は梅雨明け後はほぼ毎日猛暑日です。

    暑い暑いと言ってエアコンの効いた部屋で惰眠を貪るのも体脂肪率の急上昇を招きそうなので、この週末は2日連続でマウンテンバイク出動しました。
    2日とも午後4時を過ぎて、若干気温が下がり始めてから出かけたつもりですが、そんなのは焼け石に水です。
    今日は少し風が吹いて、昨日よりは快適に走れたものの、調子に乗って飛ばしてしまい、足がだるいです。

    午前中はカメラ持って山行、一体今日はどれだけスポーツドリンクを消費したか・・


    蝉の抜け殻
    蝉の抜け殻 posted by (C)たけぽ


    草の上に蝉の抜け殻がありました。
    たった数日間の夏を謳歌したか!?未来に命をつなぐことが出来たのか。


    蝉
    posted by (C)たけぽ


    ふと上を見ろと木に蝉がとまっていました。
    抜け殻の主でしょうか。

    この時期、狭山丘陵はどこに行っても猛烈な蝉時雨の中です。
    ミンミンゼミやアブラゼミは真夏~!っていう感じですがヒグラシは少し寂しげですね。
    幾分、ヒグラシの声が多くなってきたかな。
    ツクツクボウシはまだ鳴き声が聞こえてきません。

    沖縄回想~エメラルドグリーン

  • 2007/08/11 : 沖縄
  • 埼玉は梅雨明けしてから猛暑日の連続です。
    沖縄も暑いと思いましたが、暑さの質が違いますね。


    水納島から伊江島を望む
    水納島から伊江島を望む posted by (C)たけぽ


    今日は37℃くらいまで上がったようで、沖縄より4℃くらい高いです。
    沖縄旅行から帰ってきた日がちょうど梅雨明けで、帰ってきたら埼玉の方が暑かった・・

    こうも暑いと、完全に思考能力が麻痺しますね。
    何も思いつきませんので、沖縄の写真をばらばらと載せてしまいます。
    帰ってきてもう10日も経ってしまい、ずいぶん前の出来事のようにも思えます。
    1枚目は、水納島から見た伊江島。ちょっともやっていました。
    昨年は風が強かった反面、視界は良かったんですが、今年はほぼ無風。

    【写真】
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/07/30 10:46:48
    Tv1/80
    Av9.0
    ISO感度100
    レンズEF-S 10-22mm USM
    焦点距離16.0 mm
    CPL


    沖縄旅行のレンタカー
    沖縄旅行のレンタカー posted by (C)たけぽ


    今年のレンタカーはトヨタのVitzでした。
    荷室がやや狭いことを除けば特に不満なしです。
    多分、この車1台あったら、高速道路の上り坂で非力感を感じる以外は特に不満もなく、長距離走行も難なくこなすでしょう。
    沖縄ではいろんなコンパクトカーを借りましたけど、運転のしやすさではこれが一番でした。
    唯一困ったのは、どこに行っても同型同色のレンタカーがやたらと多いこと。
    どうせなら紫とか奇抜な色の方がわかりやすくて良かったのに。

    発売されたばかりのマツダデミオも、レンタカーとしてもう既にたくさん走っていました。
    当たらなくて残念・・

    続いて食べ物編です。


    牛テールの煮込み
    牛テールの煮込み posted by (C)たけぽ


    仲泊のシーサイドドライブインで注文した牛テールの煮込み。
    ご飯にスープとサラダがついて1500円くらいでした。
    量が多いです。おなかがぺこぺこだぁ~というときにどうぞ。


    ボロボロジューシー
    ボロボロジューシー posted by (C)たけぽ


    語感が面白いですね、ボロボロジューシーというやつです。
    要するに、いろいろ入った雑炊です。これも多かった。
    黄色いのは生卵です。混ぜていただきましょう。
    暑いところで熱々の雑炊もまた乙なものです。
    名護市の名護曲レストランにて。


    ゴーヤキューピー
    ゴーヤキューピー posted by (C)たけぽ


    沖縄に行くと、毎年何かしらのキャラクターが流行っています。
    今年はどうやらキューピーらしい・・・
    これは「ゴーヤキューピー」でしょうね。
    島唐辛子キューピーとか、いろんなグッズを売っています。


    タテハチョウ
    タテハチョウ posted by (C)たけぽ


    これはヒメアカタテハでしょうか。埼玉でもよく見かけます。
    もともとは暖かいところの蝶なんでしょう。


    朝の泊港(那覇)
    朝の泊港(那覇) posted by (C)たけぽ


    さあ今日はもううちに帰るぞという日、ホテルでゆっくり朝食をとりながら久米島行きのフェリーが出港するのを眺めていました。
    ここは座間味島や渡嘉敷島に行く船のターミナルです。
    このホテルに泊まって毎日船で離島日帰りというのも一つの作戦かも。
    天気が良ければ短い日数でも堪能できそうです。

    次回は検討してみましょうか。・・って、今度はいつの話だろう。
    とりとめのない話になってしまいましたが、今年の沖縄旅行はこれで締めということにします。
    またいつか、行けますように。

    ヤブマオ

  • 2007/08/10 : 狭山丘陵の四季
  • 夏の時期に、林の縁で当たり前に見られる花(草)です。
    大抵は大きな群落を作って、青紫蘇によく似た大きな葉を繁らせています。
    花は・・・何だか見ているだけでくしゃみが出そうですね。
    これを「花だ」と言って写真撮ったりする人も少ないでしょう。

    紛れもなく花ですから、まずは標本として1枚掲載します。
    葉っぱだけみたらシソのようですが、イラクサ科だそうです。
    イラクサといえば激苦のイラクサエキスを連想します。
    イラクサには血管拡張や脱毛予防(!)などの効果があるそうで、もしやヤブマオも・・と思って調べてみたものの、どうやら薬効はなさそう。

    でしょうね~。薬効があったらもう既に根こそぎ持っていかれているかも。

    【写真】
    ヤブマオ(藪苧麻) イラクサ科
    この植物にはアカソやコアカソ、カラムシといったよく似たやつが多く、紛らわしいです。
    どれも、古代は繊維を採って衣料にしたそうで、今でも工芸品なんかに使われます。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/04 11:40:15
    Tv1/320
    Av5.6
    ISO感度100
    レンズEF-S 60mm MACRO


    毎日暑いですね。(こればっかり)
    私のPC部屋は冷房がなく、窓も小さいのが一つだけ。
    誰も部屋に入らないので仕事から帰って来ると昼間の熱気がこもったままです。
    エアコンを付ける場所もないので、とりあえず小さな扇風機を買ってきました。
    扇風機の入っていた段ボール箱でダクトをこしらえ、小さな窓から外気を強制導入出来るようにしました。

    夜になって気温が下がってくるとなかなか効果的です。
    どうやらPCの発熱量には勝っているみたい。
    我ながら良いアイディアだと思ったら、日中の暑い時間にはほぼ効果なし・・

    そりゃそうですよね、外気温34℃じゃ、熱風を導入しているようなものですから。
    写真は、ちょっとみすぼらしいので載せません。(笑)
    苦肉の策とは、まさにこれのことか。
    でも扇風機代1980円分の価値はありそうです。

    ヒメキンミズヒキ

  • 2007/08/09 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日のキンミズヒキに続いて、今日は仲間のヒメキンミズヒキです。
    キンミズヒキと比べると、花が随分疎らに付いています。
    また、花自体も一回り小さいように思います。
    昨日掲載したキンミズヒキの近くで咲いていました。

    それにしても暑い日が続きますね。
    梅雨明け以降、埼玉は毎日34~5℃あるんじゃないでしょうか。
    この先の週間予報でも、最高気温35℃の予報がずらっと並んでいます・・
    暑いのは苦手じゃないですけど、熟睡できている気がしません。
    どうにも、寝た~!という実感がないんですよね。
    もしかして、睡眠時無呼吸症候群!?

    いやいや、暑さのせいでしょう。
    このところ慢性的な睡眠不足っぽいです。
    熱帯夜が続くようなので、しばらくエアコンのお世話にならざるを得ません。

    【写真】
    ヒメキンミズヒキ(姫金水引) バラ科
    草全体も、キンミズヒキに比べて小さいです。
    花穂は、概ね直立するようです。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/04 11:04:39
    Tv1/125
    Av3.5
    ISO感度400
    レンズEF-S 60mm MACRO


    ヤブキリ?
    ヤブキリ? posted by (C)たけぽ


    そんなところで隠れているつもりかな!?
    私の目からは逃れられないよ~。
    これはキリギリスの仲間のヤブキリでしょうか。
    虫はよく分かりません。

    3回クリックで横1280サイズ表示になります。

    キンミズヒキ

  • 2007/08/08 : 狭山丘陵の四季
  • 丘陵のあちこちでキンミズヒキの鮮やかな黄色をよく見かけるようになりました。
    ちょっと目を離した隙に、いつの間にか咲いているんですよね。
    穂状に咲かせた花のひとつひとつを見ると、バラ科であることを主張するような五弁花です。
    これから秋口にかけて、狭山丘陵では林道の道端などで当たり前に見かけます。

    花後に出来る実は、いわゆる「ひっつき虫」というやつです。
    衣服や動物にくっついて他の場所に広まっていきます。

    【写真】
    キンミズヒキ(金水引) バラ科
    この花も、私にとっては真夏の到来を感じる花一つです。
    いや、もう夏も残り少ないことを悟る花と言った方がいいか・・
    場所によっては群生してたくさん咲いています。
    狭山丘陵・縄竹橋近くにて。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/04 10:54:09
    Tv1/80
    Av7.1
    ISO感度400
    レンズEF-S 60mm MACRO

    昨日、今日と夕食後に桃を1個ずつ食べました。
    1個98円と格安だったみたいですが味は上々で、桃ってこんな味だったよな~、と思い出させてくれるおいしさでした。
    幸せを感じる甘さです。

    桃の次は梨ですね。
    天高くたけぽ肥ゆる・・・
    最近ちょっとさぼり気味で、しかも沖縄で食べまくったのもあって、せっかく減量したのに半分くらい戻ってしまいました。

    夏に太るのは元気だということなんでしょうけどね。
    今年も人間ドックの時期が近づいてきたし、少し節制しなければ~。
    私もビ○ーさんの部隊に入隊しないとダメなのか!?

    ヤマホタルブクロ

  • 2007/08/07 : 狭山丘陵の四季
  • この花は花壇でもよく見かけますね。
    うちのあたりでは道端にたくさん咲いているので撮ろうと思えばいくらでも撮れる状況でした。
    でも、やはり山で自生している花を撮りたいと思います。
    手入れされた花壇の方が、断然きれいに咲いているんですけど・・

    これを撮ったのは7月16日ですから、ヤマホタルブクロの花期としては最後の最後といった時期でしょう。
    狭山丘陵の遊歩道脇で、柵の陰に隠れるように咲いていた最後の一輪がこれでした。

    山の中で見かけたのはこれが初めてです。
    この場所も昨年から幾度となく通っている場所なのに、ぜんぜん気付いていませんでした。

    蛍袋には、ホタルブクロとヤマホタルブクロの2種類があって、萼片の形状の違いで見分けることが出来ます。
    ホタルブクロは萼片の間に反り返るおまけ(付属体というらしい)があるそうですが、これはないのでヤマホタルブクロということになります。

    ホタルブクロの花は、雄しべが枯れてから雌しべが伸びるのだそうです。
    なるほど、自分の花粉では受粉できないようになっているんですね。

    【写真】
    ヤマホタルブクロ(山蛍袋) キキョウ科
    咲いている位置から、これしか撮りようがありませんでした。
    名残の一輪。
    別名をホンドホタルブクロともいうそうです。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/07/16 9:58:13
    Tv1/30
    Av5.6
    ISO感度200
    レンズEF-S 60mm MACRO

    アキノタムラソウ

  • 2007/08/06 : 狭山丘陵の四季
  • 名前は「秋」ですが真夏の花で、暑い時期にブルーの花が涼しげです。
    花の時期は7月から8月、今頃が花の盛りだと思います。
    だったら夏の田村草でもいいじゃないか、と思ったら、ナツノタムラソウというのは別に存在してました。
    先を越されたか、残念。

    ナツノタムラソウの花もこれによく似ていて、見分けは2本の雄しべがまっすぐ前に突き出ていたら「ナツ」、上の花びらにくっつくように並んでいたら「アキ」だそうです。

    狭山丘陵では林の中の道端なんかでよく咲いています。
    花の形や、行儀良く並んだ咲き方がいかにもシソ科らしいですね。

    今日もまた真夏らしい暑さでした。
    朝、職場にたどり着くだけで大汗かきました。
    いきなり500ccのスポーツドリンクを一気飲み・・・
    しばらく厳しい暑さが続くようですから、皆さんくれぐれもご自愛専一に。

    【写真】
    アキノタムラソウ(秋田村草) シソ科
    花の時期は初秋までなので、やっぱり夏の花でしょう。
    漢字表記では「秋の多紫草」というのもどこかで見ました。
    こっちの方がそれらしい名前に思えます。
    田村草というのは由来がよく分からないみたいです。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/04 12:50:52
    Tv1/125
    Av5.6
    ISO感度200
    レンズEF-S 60mm MACRO


    アップで見ると案外毛深い花ですね。
    少し引いて見た方がきれいかも。
    ということで、こちらはフォト蔵のリンクで貼っておきます。


    アキノタムラソウ
    アキノタムラソウ posted by (C)たけぽ


    例によって3回クリックで1280×853表示になります。

    ダイコンソウ

  • 2007/08/05 : 狭山丘陵の四季
  • 名前は大根ですがアブラナ科ではなくてバラ科です。
    狭山丘陵ではある地域の道端にたくさん咲いています。
    私は狭山丘陵を散策するコースをいくつか決めていて、ローテーションを組んで順に回っていますが、不思議なことに他の場所では見た覚えがありません。

    埼玉は今日も昨日に引き続いて厳しい暑さになりました。
    午前中は息子を連れて買い物に行きましたが、10時過ぎに車の外気温計の表示が34℃になっていました。
    下手に外に出ない方が良さそうです。
    ということで、昼からは息子を連れて床屋に行って来ました。
    涼しいし極楽ですね。昼寝しに行ったみたいなものです。

    とはいえ一日家の中にいるのも体がなまりそうなので、気温が少し下がり始めた4時過ぎにマウンテンバイクでいつもの狭山丘陵に行ってきました。
    盛大な蝉時雨と時折鼻を突くクサギの花の香りに、盛夏を感じます。
    くそ暑い時期は散歩している人が少なくて走りやすいです。
    その分、ものすごく汗をかきますけど。

    林道沿いにはキンミズヒキの花に混じって秋の七草・山萩の花もちらほら。
    夏もあっという間に終わってしまうんでしょうね。

    【写真】
    ダイコンソウ(大根草) バラ科
    下の方の葉が大根の葉に似ているからこの名前があるそうです。
    確かにバラ科らしい五弁花です。
    今ひとつピントの定まらない写真ですが、虫の羽が一番きれいに写っていたので。
    狭山丘陵・縄竹橋付近にて。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/04 11:29:27
    Tv1/100
    Av7.1
    ISO感度400
    レンズEF-S 60mm MACRO

    ウバユリ

  • 2007/08/04 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵の森の中でウバユリの群落を見つけました。
    以前から目を付けていたんですが、そろそろ咲いているかと見に行ってみると、どうやらもう花の盛りは過ぎているようです。
    10株か、もうちょっとあったかも知れません。まとまって咲いている姿はなかなかきれいです。
    この花は少し離れて眺めた方がきれいに見えると思います。

    近くで見たら、そんなにきれい・・・という感じでもありません。

    それにしても、今日の埼玉は暑かった~。
    車に付いている温度計は外気34℃の表示です。
    狭山丘陵あたりは、日中35℃まで上がったようで、これは沖縄をも凌ぐ気温・・
    森の中は陽が当たらないので風も気持ちいいんですが、それでも少し歩くと汗が噴き出してきます。

    午前中はさいたま緑の森博物館から歩き始めて10種類ほどの花を撮ってきました。
    そろそろ咲いているかな、と思ったコバギボウシは影も形もなし。
    昨年撮ったのは8月20日、ツリガネニンジンもその時期だからもう少し後のようです。

    お昼はコンビニで水分の補充と食料を調達して六道山公園から岸田んぼ方面を巡ってみました。
    しかしあまりの暑さに戦意喪失し、早々に退散です。
    これだけ暑いと外にいるだけで疲れます。

    山は真夏の花が登場してきました。
    例によって、ぼちぼち載せていきましょう。

    【写真】
    ウバユリ(姥百合) ユリ科
    花の咲く頃には葉(歯)が落ちている(抜けている)という洒落で命名されたという説が一般的なようです。
    花の時期には葉が落ちるか、枯れかかっているのが多いようですが、まだ残っているものもあります。
    花は大きくて長さ15cm近くありそう。
    付け根まで切れ込んだ花弁が特徴です。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/04 10:47:10
    Tv1/60
    Av3.5
    ISO感度100
    レンズEF-S 60mm MACRO

    一枚だけだと寂しいので、角度を変えてもう一枚。


    ウバユリ
    ウバユリ posted by (C)たけぽ


    狭山丘陵の南側にも咲いていますが、今日はもう花が終わっていました。
    花後には俵型の実がなります。
    花は横向きですが、実は上向きに付きます。

    【写真】
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/04 10:50:23
    Tv1/125
    Av3.5
    ISO感度400
    レンズEF-S 60mm MACRO

    ヤブガラシ

  • 2007/08/03 : 狭山丘陵の四季
  • 暑くなるといつの間にか盛大に蔓を伸ばして小さな花をたくさん付けています。
    他の植物を枯らせてしまうくらい蔓延るのでこの名があるそうです。
    蜂はこの花の蜜を好むそうで、案外糖度が高いのかも知れません。
    花弁は4枚で緑色です。
    この写真のは既に花弁が落ちて、花盤(蜜が出るところ)だけになっているようです。

    別名を貧乏葛と言うそうですが、たしかにこれが蔓延ったら貧乏くさい感じがします。

    一週間の夏休みが終わって、職場復帰しました。
    留守中のメール120通に目を通すだけで夕方までかかり、一日それで終わりです。
    今朝から息子と家内はサッカーチームの合宿(家内はチームの庶務係なので合宿に参加)に行ってしまい、娘1人で留守番という状況なので早々に帰宅、近所のリ○ガーハットに皿うどんを食べに行って来ました。

    新聞の折り込みに割引券が入っていたせいか店は繁盛していて、カウンターしかあいていませんでした。
    厨房が見えるので観察していると、ほとんど1人ですべての料理を作っています。
    最少の人数でオペレーションしているんだな~と妙に関心、値段も安くできるわけだ。
    それにしても、皿うどん2人前と餃子で850円は安いです。割引券様々。

    ちなみに私も娘も皿うどんに大量に酢をかけます。
    卓上の酢、一気に半分使ったのは私たちです。(笑)

    さて、明日は娘は一日部活、息子と家内は合宿、私は1人なのでカメラを持って2週間ぶりに山に行って来ます。
    そろそろ真夏の花が見られるはず。
    熱中症に気を付けて熱中してきましょう。

    【写真】
    ヤブガラシ(薮枯らし) ブドウ科
    意外なことにブドウ科だそうです。実がなっているのは見た覚えがありません。
    丸い実は熟すと黒っぽくなるそうです。
    どこにでも生える雑草ですね。
    地下茎がしぶとく、一度生えると駆除が難しい厄介者です。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/07/16 10:40:49
    Tv1/200
    Av7.1
    ISO感度100
    レンズEF-S 60mm MACRO

    ワルナスビ

  • 2007/08/02 : 狭山丘陵の四季
  • この花も夏の到来を感じさせてくれる花の一つです。
    しぶとい雑草なので、農家の方には厄介者なんでしょうけど、見つけると撮りたくなる花の一つです。
    黄色いしべがどうしてもバナナに見えてしまいます。(笑)

    2007年の夏休み最終日、今日は沖縄旅行の疲労回復のための休息日です。
    買い物に出た以外はほとんど沖縄で撮ってきた写真のRAW現像やらバックアップやらでパソコンのモニターとにらめっこです。
    何かもう、昨日の昼まで沖縄にいたのが夢でも見ていたかのような、普段の日曜日と変わらない感覚です。
    そろそろ平常運転に気分を切り替えて行かなきゃいけないんですけどね・・・
    もうちょっと余韻を楽しませてもらってもいいかなと思ったりもします。

    とりあえず沖縄到着2日目(津堅島)3日目(トンナハビーチ)の写真を貼り替えました。
    若干追記もしています。
    次回訪れるときの記録として残せるのもブログのいいところですね。
    今回行く前にも、過去2年分の記録を読み返して行きました。
    のこる2日分も今度の週末中には更新しようと思います。

    今年の沖縄で一番苦労したのが日程調整。
    何しろ、7月25~26日に息子の林間学校、明日3日~4日はサッカーの合宿と、その間7日のうち6日沖縄という過密スケジュールになっちゃいました。
    しかも唯一の休息日のはずの今日は学校のプールの検定、夕方から塾と大忙しです。

    さぁ~て、夏休みの宿題、いつやる!?

    【写真】
    ワルナスビ(悪茄子) ナス科
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/07/16 13:55:28
    Tv1/60
    Av5.6
    ISO感度200
    レンズEF-S 60mm MACRO

    去年撮ったワルナスビは、こちら


    息子のことはともかく、私も明日から職場復帰です。
    何もかも忘れて過ごしたので、おろおろ狼狽えて一日が終わるでしょう。
    一週間分のメール読むだけで夕方になってしまうかも・・・あ~、気が重い。
    ようこそ!
    カレンダー
    07 | 2007/08 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR