鎌倉・鶴岡八幡宮

  • 2007/11/30 : 旅行・お出かけ
  • 鎌倉シリーズその3は、鶴岡八幡宮です。

    源氏山公園方面から紅葉の気配もない化粧坂の切り通しを下って鶴岡八幡宮を目指します。
    横須賀線の線路に当たったら線路沿いを鎌倉方面に歩き、寿福寺踏切を渡ると程なく到着です。
    鶴岡八幡宮前の交差点はいつも人と車でごった返して、人も車も通りにくいったらありゃしません。


    鶴岡八幡宮
    鶴岡八幡宮 posted by (C)たけぽ


    どうにか八幡宮の参道に入りましたが、ここも観光客や七五三のお参りですごい賑わいです。
    おまけに「舞殿」(下の写真・手前の建物)では結婚式の真っ最中で、周囲は見物人がいっぱいでした。


    鶴岡八幡宮
    鶴岡八幡宮 posted by (C)たけぽ


    思えば、鶴岡八幡宮もいつ以来だろう・・・

    ???

    もしかして、今まで一度も訪れたことがなかったのか!?
    そうかも知れない。鎌倉なんて、友達も住んでいたし、一体何度訪れたか分からないのに、鶴岡八幡宮の記憶はまったくありません。

    こんな光景にも覚えがないし・・


    鶴岡八幡宮
    鶴岡八幡宮 posted by (C)たけぽ


    あんまり人が多いので、脇にある白旗神社方面に逃げ出しました。
    さて、鶴岡八幡宮あたりの紅葉は如何に。


    鶴岡八幡宮
    鶴岡八幡宮 posted by (C)たけぽ


    やっぱりちょっと早めでした。
    あまりにも人が多いので、ここは早々に撤退しました。

    その後、若宮大路を歩いて、途中から小町通りに出てお土産の手焼き煎餅を購入。
    香ばしい煎餅に思わず空腹感が・・タイミング悪くちょうど昼時で、どの店も満席のようでした。
    しょうがない、江ノ電に乗って江ノ島方面に行こう。

    江ノ電の鎌倉駅に着くと、1個50円のコロッケが目につきました。
    値段の割には大きくて、サクサク感が美味しいです。
    ソースも完備です。電車の待ち時間におひとつどうぞ~。

    カレーコロッケが70円か、もうひとつ食べようかと思っていたら、電車が来ちゃいました。
    さすがは連休、江ノ電もえらい混みようです。


    江ノ電(鎌倉高校前駅)
    江ノ電(鎌倉高校前駅) posted by (C)たけぽ


    江ノ電は鎌倉高校前で下車し、そこから江ノ島方面に海沿いを歩くことにしました。
    江ノ電というと湘南の海沿いを走っているという印象が強いんですが、こんな風に海っぺりを走っているのは鎌倉高校前駅付近のわずかな区間だけです。

    江ノ島も近付いてきたところで、今回の鎌倉シリーズもあともう一回にしておきます。
    スポンサーサイト

    今年の載せそびれ~ムラサキカタバミ

  • 2007/11/29 : 狭山丘陵の四季
  • お馴染みのムラサキカタバミ、今年まだ掲載してなかったので載せておきます。
    黄色いカタバミは、それこそ一年中咲いているんじゃないかと思うくらいですが、ムラサキカタバミはそうでもないですね。
    こちらは初夏から夏の花のイメージです。

    【写真】
    ムラサキカタバミ(紫片喰) カタバミ科
    雑草にしておくには惜しいくらいの花です。
    イモカタバミを探してますが、狭山丘陵で自生しているのには巡り会っていません。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/07/16 14:02:05
    Tv1/13
    Av5.6
    ISO感度200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    今年はインフルエンザの流行が早いといわれている矢先、職場で第一号が出ました。
    これから大流行でしょうかね。
    いつも予防接種なんてしないんですが、今年は打っておいた方がいいかな・・


    ジャガイモ!?
    ジャガイモ!? posted by (C)たけぽ


    こちらは11月4日に撮った花。
    これって、ジャガイモですよねぇ、どう見ても。
    こんな時期に咲くんでしたっけ!?

    鎌倉・源氏山公園の紅葉

  • 2007/11/28 : 旅行・お出かけ
  • 11月25日に訪れた鎌倉、一昨日の円覚寺の続きです。

    北鎌倉の円覚寺は広いので、1時間ほどかかってあちこち巡りました。
    その後は駅でもらった地図を頼りに東慶寺、浄智寺と歩いてみます。
    どちらも紅葉はまだ早かった・・円覚寺の方が色付いていたかも。

    浄智寺から葛原ガ岡ハイキングコースを歩いて源氏山方面に向かいました。


    源氏山公園の紅葉
    源氏山公園の紅葉 posted by (C)たけぽ


    この道、意表をつく険しさで、奥武蔵あたりのハイキングコースにでも来たかと思うくらいです。
    年輩の方にはちょっと足許危ないかな~。
    一汗かいて葛原ガ岡神社に到着すると、だしの香りが・・

    一串100円の玉こんにゃくのおでんで一休み。

    源氏山公園あたりもまだ紅葉にはちょっと早かったか・・
    中には色付いている木もあって、カメラ構えた方がたくさんいました。


    源氏山公園の紅葉
    源氏山公園の紅葉 posted by (C)たけぽ


    さてこの先どっちに行こう!?
    銭洗弁財天か、鶴岡八幡宮方面か・・・
    銭は洗わなくてももうじき年末ジャンボ宝くじが当たる予定なので(笑)、化粧坂の切り通しを抜けて鶴岡八幡宮方面に行くことにしました。


    化粧坂の切り通し
    化粧坂の切り通し posted by (C)たけぽ


    化粧坂(けわいざか)の切り通しも紅葉スポットだそうですが、ご覧のとおりまだ青々していました。
    それにしてもこの坂、結構荒れているし急坂だし、おまけに水がしみ出して滑りそうだし・・
    坂の下から登ってくるグループは「それじゃ行きますか~」なんて掛け声かけて登ってました。

    私は膝が悪く、捻ったら一巻の終わりなので慎重に坂を下りました。


    浄智寺の石蕗
    浄智寺の石蕗 posted by (C)たけぽ


    こちらは浄智寺に咲いていた石蕗。
    今が季節ですね。

    載せそびれのヘビイチゴと鎌倉の紅葉

  • 2007/11/27 : 狭山丘陵の四季
  • 本日の載せそびれシリーズは一昨日のヤブヘビイチゴに続いて「ヤブ」なしのヘビイチゴです。
    こちらの方が少し花が小さく、花後に出来る苺も小さいです。
    花の下の副萼片の様子がまるで違うのので、区別は付くと思います。

    ヘビイチゴはこのふたつ以外にもまだあるようですが、こちらでは確認できていません。
    春になったらオヘビイチゴというのを探してみようと思います。

    【写真】
    ヘビイチゴ(蛇苺) バラ科
    既に真ん中の部分に苺の片鱗が見えますね。
    ヤブヘビイチゴよりも陽光を好むようで、陽当たりのいいところでよく見るように思います。
    これも春の黄色です。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/04/08 13:09:12
    Tv1/1000
    Av3.5
    ISO感度100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    早いもので、もう11月も終わりですね。
    週末は師走、そろそろ年賀状も作り始めないと・・


    円覚寺
    円覚寺 posted by (C)たけぽ


    もう一枚、北鎌倉・円覚寺の紅葉を。
    このあたりが一番色付いていたようです。

    北鎌倉・円覚寺の紅葉

  • 2007/11/26 : 旅行・お出かけ
  • 11月25日は5時起きで鎌倉まで行って来ました。
    紅葉はまだ色付きはじめたばかりとの情報ではありましたが、行ける日が他になさそうなのでしょうがないです。
    池袋まで西武線で出て、新宿湘南ラインで大船まで行き、更に横須賀線に乗り換えて北鎌倉で降りました。

    池袋から大船まで乗り換えなしは便利ですね。
    新宿・渋谷で大方の乗客が降りてしまったので、4人掛けのボックス席を占有してゆったりでした。


    円覚寺(居士林)
    円覚寺(居士林) posted by (C)たけぽ


    北鎌倉で降りたら、まずは駅前の円覚寺へ・・
    ろくに地図も持たずに来てますから、手近なところから見物です。
    北鎌倉駅に鎌倉周辺の無料の地図があったので、もちろん頂きました。

    拝観料300円を払って円覚寺に入ると、やはり紅葉には少々早かったようです。


    円覚寺(黄梅院)
    円覚寺(黄梅院) posted by (C)たけぽ


    広い境内です。一番奥の黄梅院まで行ってみました。
    ここもまだちょっと早いかな・・


    円覚寺の紅葉
    円覚寺の紅葉 posted by (C)たけぽ


    場所によっては色付いている木もあって、緑から赤へのグラデーションがきれいでした。
    このくらいの時期も派手さはないものの、いいかも知れません。
    ちなみにどこのお寺も三脚は使用禁止でした。

    わざわざ持っていったのに荷物になっただけでした。

    1時間ばかり見物して、東慶寺、浄智寺方面に向かいました。

    (続く)

    ※画像は3回クリックで長辺1280表示になります。
     フォト蔵のサーバがくたばっている場合は画像が出ません

    今年の載せそびれ~ヤブヘビイチゴ

  • 2007/11/25 : 狭山丘陵の四季
  • 春先に林の縁などでよく見られるヤブヘビイチゴの花。
    今年は10月に大量の返り咲きを見つけました。
    まるで春が来たのかと見まごうほど咲いていてびっくり。

    この3連休、気持ちのいい好天が続きましたね。
    一昨日は自転車で奥多摩湖まで行って疲れたので昨日は休養し、今日は5時起きで鎌倉まで紅葉見物に行って来ました。
    本当は鎌倉の写真を載せようと思ったんですが、時間がなくて整理できていないので、明日以降にします。

    残念ながら、鎌倉の紅葉はようやく色付きはじめたばかりで、見頃は12月に入ってからかも知れません。
    ま~それにしても皆さん朝早くからガイドブック片手に鎌倉見物してるんですね。

    私もそのうちのひとりですけど・・

    【写真】
    ヤブヘビイチゴ(藪蛇苺) バラ科
    ヘビイチゴよりも大きくて艶のある苺が出来ます。
    どっちかというと日陰のようなところに多い気がします。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/04/08 12:55:16
    Tv1/1250
    Av2.8
    ISO感度100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    季節はずれの花だけじゃアレなんで、今日撮ったのも一枚だけ。


    E231系湘南新宿ライン(横須賀線)
    E231系湘南新宿ライン(横須賀線) posted by (C)たけぽ


    鎌倉へは池袋から湘南新宿ラインの大船行きに乗り、大船で横須賀線の逗子行きに乗り換えました。
    これは北鎌倉と鎌倉の間で撮ったんですが、湘南新宿ラインって横須賀線まで乗り入れているんですね。
    知りませんでした。

    何となく山が色付いてきています。でもまだまだでした。
    早すぎるのは分かっていて行ったんですけどね~。

    さすがは3連休、鎌倉は観光客でごった返してました。
    自転車で奥多摩湖に行くより疲れた・・・

    自転車で奥多摩の紅葉狩り(後編)

  • 2007/11/24 : 旅行・お出かけ
  • 23日は天気も良く、奥多摩方面が紅葉の見頃ということで、所沢から奥多摩方面を目指して自転車でひたすら西に走りました。
    制限時間は、往路3時間で折り返しと決めて出発です。

    ということで、昨日の続きです。
    奥多摩駅付近まで2時間半かからずに到達したので、これはどうしても奥多摩湖まで行きたいと、欲を出してしまいました。
    だんだん登りがきつくなってきたと思ったら、奥多摩駅を過ぎると更に登りがきつくなってきました。

    狭いトンネルや片側通行の工事現場をいくつも通って喘ぎながら登っていくと、正面に巨大なコンクリートの構造物が現れました。


    小河内ダム・余水吐水路
    小河内ダム・余水吐水路 posted by (C)たけぽ


    これは奥多摩湖の水位が上がったときに余分な水を排出するところで、ダムの脇にあります。
    吐水路とかいうらしいです。写真以上に実物は巨大です。
    ということはこの上が奥多摩湖!

    結構太股に来てます。(笑)
    最後の坂を上って、ようやくダムの上に出ました。
    うちから3時間とちょっと、まぁ制限時間内に着いたことにしておきましょう。


    小河内ダム
    小河内ダム posted by (C)たけぽ


    小河内ダム(おごうちだむ)です。東京近辺の方なら行ったことがある方も多いと思います。
    堤頂の標高は530mだそうで、自宅からの標高差は450mということになります。
    奥多摩駅の標高が340mだそうなので、最後の数キロで標高差の半分を登ってきたということか・・

    ダムの途中にある白い塔は展望台になっていて、無料で入れます。
    ダムの上から下を覗き込んでみると・・


    小河内ダムの下を覗き込む・・
    小河内ダムの下を覗き込む・・ posted by (C)たけぽ


    高さ149m。高いところが苦手な人は見ない方がいいかも。
    貯水量は約1億9000万トンで、ダムが出来た頃は世界最大の水道専用ダムといわれたそうですが、発電もしています。
    下に見えるのが多摩川の始まりで、この水が下流の羽村堰で取り込まれて狭山湖にやってきます。


    奥多摩湖付近の紅葉
    奥多摩湖付近の紅葉 posted by (C)たけぽ


    ダム周辺の紅葉はこんな感じでした。
    わが狭山湖の水の源も見たし、午後3時までにうちに帰って晩ご飯の支度をしないといけないので、休憩もそこそこに折り返し復路45kmのスタートです。

    さすがに帰りはダウンヒル主体で、行きにえっちらおっちら上った坂を一気に駆け下りて行きます。
    ま~このために登ってくるようなもんですね。
    でもたまに登り坂があると、途端にペースダウン・・・ロードの自転車にあっという間に抜かされていきます。


    奥多摩大橋
    奥多摩大橋 posted by (C)たけぽ


    行きに紅葉の写真を撮った古里まで戻ったところでコンビニに寄って昼食のおにぎりを買い、川井駅前の奥多摩大橋のたもとにあるベンチで遅めの昼食をとって、あとは給水のみでうちまで走り、6時間あまりのツーリングは無事ゴールしました。
    往復90km、このところ運動不足だったし、山道は少々堪えました。

    ちなみにカメラは自転車で出掛けたので久しぶりに小型軽量のKissデジの出動です。
    こちらもまだまだ現役で出番がありそうです。
    さて、明日は40Dの出番。本日は十分休養したし、早起きして出掛けよう。

    ※画像は3回クリックで長辺1280表示になります。
     フォト蔵のサーバがくたばっている場合は画像が出ません

    自転車で奥多摩の紅葉狩り(前編)

  • 2007/11/23 : 旅行・お出かけ
  • 3連休の初日、少々寒いが好天です。
    家族みんなそれぞれ出掛けてしまうというありがたい状況なので、私も出掛けることにしました。
    さて、どこに行こう!?

    ガソリンも高いし、ここはひとつ自転車で行けるところまで行ってみようと、とりあえず西の方に向かうことにしました。
    西に向かう、ということは、うちからだと青梅方面になります。
    県道所沢青梅線で、まずは青梅方面へ・・


    軍畑大橋
    軍畑大橋 posted by (C)たけぽ


    西の方=山なので、行きはひたすら登りになります。
    今日は私が晩ご飯の用意をしなければならないので、朝9時前に家を出て、3時間で行けるところまで行って引き返すという単純な計画・・
    帰りは基本的に下りになるので、行きほど時間もかからないだろうし、あわよくば紅葉も見られたらいいなと。

    所沢から青梅まではほぼ平坦で、太くて柔らかいマウンテンバイクのタイヤで苦になりません。
    いい気になって走っていたら1時間半も経ってしまい、最初は軍畑大橋(いくさばたおおはし)で休憩。
    上の写真は、橋の上から多摩川を撮ったものです。

    ここまでは青梅街道で、ここからは川の反対側の吉野街道を走りました。


    万世橋(青梅線古里駅付近)
    万世橋(青梅線古里駅付近) posted by (C)たけぽ


    青梅線の古里駅付近でまた青梅街道に戻ります。
    山に向かうにつれて、だいぶ紅葉も色付いてきたような・・

    奥多摩に近付くにつれて、道はだんだん上り坂が多くなり、道幅も狭くなっておまけにトンネルあり工事中の片側通行ありと、走りにくくなっていきます。
    600mの登り坂のトンネル・・車も多いし窒息しそう・・しかも狭いし。
    片側通行の工事現場では、私が通るまで対向車を止めていてくれたし、何か申し訳ないなぁ。
    登りはしんどいです。

    最初は奥多摩駅あたりまで行けるかなと思っていたら、これが案外早くに着いてしまいました。
    もうちょっと行けるかな・・これが甘かった。

    奥多摩駅を過ぎると、国道411号線(青梅街道)は奥多摩湖に向かってぐんぐん標高を上げています。
    しかも次々に現れるトンネルに、工事・・


    奥多摩・境橋より
    奥多摩・境橋より posted by (C)たけぽ


    奥多摩駅を過ぎると、多摩川の川幅もすっかり狭くなってしまいます。

    このところ自転車はさぼり気味だったせいか、休憩の回数が多くなってなかなか先に進めません。
    それはそうと、奥多摩駅を過ぎてから国道沿いにカメラを構えた人が多くなりました。
    どうやら紅葉目当てでもなさそう。

    奥多摩湖方面から西東京バスのボンネットバスがやってきました。
    なるほど、これですか。デイパックのKissDNを取り出せるはずもなく、眺めるだけで終わりました。

    (続く)

    ※画像は3回クリックで長辺1280表示になります。
     フォト蔵のサーバがくたばっている場合は画像が出ません

    今年の載せそびれ~ゴウソ(郷麻)

  • 2007/11/22 : 狭山丘陵の四季
  • これはゴウソというやつで合っていると思います。
    当地では5月頃に見られます。
    房状にぶら下がっているのが雌花で、上の方に横に伸びる細いのが雄花だそうです。

    雄花から雄しべらしきものが出ているのが見えるので、これで開花しているんだろうと思います。
    湿地や田んぼの周辺など、湿ったところを好むそうですが、これを撮ったのは丘陵の尾根のような場所でした。
    乾燥しているということはなかったけれど、湿地というような場所でもなく・・

    【写真】
    ゴウソ(郷麻) カヤツリグサ科
    北海道から九州、南西諸島まで広く分布しているということなので、寒暖に強いんでしょうね。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/05/13 11:52:58
    Tv1/100
    Av5.6
    ISO感度200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    少し前に載せたベニバナボロギク、綿毛になってました。


    ベニバナボロギク
    ベニバナボロギク posted by (C)たけぽ


    今日、仕事帰りにビ○クカメラに寄って、ようやく40Dのフォーカシングスクリーン(方眼)を手に入れました。
    早速替えて、試してみます。
    どうも、いつも少し傾いているので・・平衡感覚がないのか!?

    それと、懸案だったカメラバッグも買ってきました。
    肩掛け兼トートバッグで、あまりカメラバッグらしくないのにしました。
    ぱっと取り出せて、多少大きさに余裕があって、しかも大きすぎなくて、安いモノ。(笑)

    いくら何でも欲張りすぎの条件ですね。
    使い勝手は日曜日に試すことになるでしょう。

    今年の載せそびれ~チゴユリ

  • 2007/11/21 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日に引き続き、春に載せようと思いながらも機を逸してしまった花。
    狭山丘陵のチゴユリは4月に咲きます。
    場所によっては一面に咲くような場所もあります。

    林の下で草丈15cmほど、うつむいて咲くので目立ちません。
    丘陵の森の中なら、至る所で見られます。
    ちょうど本格的に暖かくなってくる頃の花・・もう既に待ち遠しかったりします。

    【写真】
    チゴユリ(稚児百合) ユリ科
    この花について調べていたら、大型のオオチゴユリというのもあるそうです。
    これは知りませんでした。
    そういえば、大型のチゴユリを見た記憶があります。
    この辺のチゴユリはえらく大きいな、なんて思いながら何枚か撮ったはず。
    探してみよう・・
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/04/14 15:04:41
    Tv1/160
    Av2.8
    ISO感度400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM



    ススキの小径
    葦の小径 posted by (C)たけぽ


    今朝は畑が霜で真っ白になっていました。
    多分、初霜だと思います。
    庭のハイビスカス、屋内に入れるのがあと1週間遅れたら霜に当たってしまうところでした。

    今年の載せそびれ~カキドオシ

  • 2007/11/20 : 狭山丘陵の四季
  • 今年の載せそびれシリーズ、季節は一気に春先まで遡ってしまいました。
    狭山丘陵では3月の中ぐらいから咲き始める、早春を代表する野草です。
    春、この花が咲き始めると、次々に春の花が姿を見せ始めます。

    来春この花に出会うまであと4ヶ月・・
    寒い冬を越えないといけませんが、あっというまでしょうね。
    冬来たりなば・・って、まだ来てないけど。

    【写真】
    カキドオシ(垣通し、籬通) シソ科
    「疳取り草」という別名もあるそうです。
    花の時期にこの草を煎じると、子供の疳の虫取りに効くそうです。
    それにしても、疳の虫なんて言葉、聞かなくなりましたね。
    他にも肩こりや腎臓系の結石にも効くとか。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/03/24 10:21:55
    Tv1/400
    Av5.6
    ISO感度200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    季節はずれの花だけじゃアレなんで・・


    秋色
    秋色 posted by (C)たけぽ


    丘陵のあちらこちらに赤い実を見つけます。
    昨日のコマユミの隣にあった赤い実。

    今日の夕飯には隼人瓜は登場しませんでした。
    「調理法が分からん・・」だそうで。

    コセンダングサ(小栴檀草)

  • 2007/11/19 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日の夜から吹き始めた木枯らしのおかげで、今朝は寒さが身にしみました。
    セーターにツイードのジャケットを羽織って出掛けたものの、風が突き刺さってくるようです。
    まだ体が寒さに慣れていないので、急に寒くなると堪えますね。

    電車に乗ったら、お尻が低温やけどになるんじゃないかというくらいヒーターが効いていて、寒空から一転してコンビニで蒸される肉まんになった気分です。

    そんな寒さの中でもまだしぶとく咲いているコセンダングサ。
    これもまたひっつき虫ができます。
    アメリカセンダングサ同様、セーターに刺さったら厄介です。

    明日の日中はまた暖かくなるそうで、着るものの調整が難しい・・

    【写真】
    コセンダングサ(小栴檀草)  キク科
    似たような花が多いですね。
    白い舌状花がついたらコシロノセンダングサ
    狭山丘陵・赤坂の谷戸にて。
    カメラ機種名Canon EOS 40D
    撮影日時2007/10/06 10:15:09
    Tv1/200
    Av5.6
    ISO感度100
    レンズEF-S60mm f/2.8 Macro USM


    さて、今夜のみそ汁には見慣れない具が入ってました。
    何だろう!?と思ったら・・


    隼人瓜
    隼人瓜 posted by (C)たけぽ


    これでした。隼人瓜。
    先日写真を載せて、一度食べてみたいとか言っていたら、家内が近所の方から2個ほど頂いてきました。
    もらった家内はこいつの正体も食べ方も分からず、とりあえずみそ汁に入れてみたとのこと。

    まぁ、間違ってないですね。
    味は淡泊でクセがなくて、いけます。
    もうちょっと歯応えを楽しめる食べ方がいいかなと思いました。

    明日は炒め物になって登場する気がします。

    ボントクタデ(ポントクタデ)

  • 2007/11/18 : 狭山丘陵の四季
  • 穏やかに晴れた日曜日、昨日のキチジョウソウに気をよくして今日も狭山丘陵を歩きに行ってきました。
    さすがに丘陵北側で見つけた花は、博物館脇の土手のリンドウくらい・・
    大谷戸湿地の奥に進むと、葉に八の字型の黒っぽい斑のあるボントクタデの葉が目につきました。

    そういえば、ツリフネソウの咲く頃にここで撮ったよなぁ・・と思い出しました。
    こんな写真だけでしたが、花はちゃんと写っているので載せておきましょう。

    さてこの花、ボントクタデなのかポントクタデなのか!?
    ネットで調べたら両方出てきます。
    正しい呼称はどちらなんでしょう。

    ま~どっちにしても辛みのない愚か者の蓼という意味だそうなので、これも不憫な名前をもらったものです。

    【写真】
    ボントクタデ、ポントクタデ タデ科
    漢字表記は調べても分かりませんでした。
    蕾はピンク色なのに、花が咲くと白いんですね。
    カメラ機種名Canon EOS 40D
    撮影日時2007/09/17 9:55:27
    Tv1/15
    Av7.1
    ISO感度400
    レンズEF-S60mm f/2.8 Macro USM


    今日は夕方までは秋の日差しが暖かかったのに、急に北風が吹いて寒くなりました。
    木枯らし1号だそうです。
    予定どおり、庭のハイビスカス3鉢を屋内に避難させました。


    マユミ
    マユミ posted by (C)たけぽ


    丘陵の谷戸も、すっかり秋色に染まってきました。

    菩提樹池のキチジョウソウ(吉祥草)

  • 2007/11/17 : 狭山丘陵の四季
  • こんなに寒くなってから咲くユリ科の花があったんですね。
    ひろしさんのブログでキチジョウソウの写真を拝見し、狭山丘陵でも咲いているんじゃないかと検索したら、西武球場近くの菩提樹池でみられるとのこと。
    但し、時期は10月下旬くらいのようなので、ダメ元で見に行ってきました。

    菩提樹池・・・すっかり忘れてました。
    春にカントウタンポポの群落に遭遇した場所です。
    行ってみたら、何とこの時期にキチジョウソウが花盛りじゃありませんか。

    菩提樹池付近でゲンジボタルの世話をされているという方に伺ったところ、今年は2週間ほど花の時期が遅いそうです。
    やはり暖かかったせいでしょうかね。

    【写真】
    キチジョウソウ(吉祥草) ユリ科
    葉はオオバジャノヒゲのようで、花はツルボを大きくしたような感じです。
    花穂の高さは10cmほどです。
    先日リンドウが「トリ」と書いちゃいましたので、これが大トリということで・・
    自転車で行ったので、久々にKissDNの出動であります。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/11/17 14:45:25
    Tv1/25
    Av5.6
    ISO感度800
    レンズEF-S60mm f/2.8 Macro USM


    さて、これを撮った菩提樹池(ぼだいぎいけ)ですが、希少種を含めて400種類以上の昆虫や、いろんな植物が見られます。
    西側に狭山湖霊園、東側に西武園ゴルフ場、その間の細長い、忘れ去られたような小さな谷です。

    今、この菩提樹池が存亡の危機を迎えています。
    この池のすぐ下流の湿地は某民間企業の所有地で、来春遊休地として処分されるそうです。
    トトロのふるさと財団で菩提樹池保全キャンペーンをやっているんですが、土地の値段が高くて買えないとか。

    隣の霊園なら坪5万で買っても、埋め立てて墓地にすれば十分に採算が合うでしょう。
    民有地なので、法律的には埋め立てを止められないそうです。

    前述のホタルの世話をしている方から、そんな事情もあるのでHPやブログで菩提樹池を宣伝してくださいとのこと。
    私は写真を撮った場所はあえて掲載していませんでしたが、今回は積極的に菩提樹池の宣伝をしておきます。
    貴重な自然の残る小さな谷、多くの方に知っていただきたいと思います。

    今、菩提樹池の下の湿地ではキチジョウソウが見頃です。
    霊園の反対側の、湿地の岸辺くらいのところにたくさん咲いていますので、是非ご覧になってください。

    地図を載せたかったんですが、Googleの地図は使えないタグがあって貼れませんでした。
    場所は西武球場から東に3~400mほどのところで、地図には名前も載っていません。
    Yahoo!の地図だとこのあたり→Yahoo!の地図

    花のアップを一枚載せておきます。


    キチジョウソウ(吉祥草)
    キチジョウソウ(吉祥草) posted by (C)たけぽ


    来年の春、またカントウタンポポの群落を見ることができるでしょうか・・
    ちなみに菩提樹池付近のホタルは6月末頃が見頃だそうです。
    蒸し暑くなった日の夜に飛ぶんだそうです。

    菩提樹池については、折りを見てまた続編を載せたいと思います。
    トトロのふるさと財団のHPはこちら

    アメリカセンダングサ

  • 2007/11/16 : 狭山丘陵の四季
  • 何を今更というくらい、至る所で咲いている雑草です。
    これの種は角が2本出た強力なひっつき虫で、セーターなんかにくっついたらなかなか取れません。
    ちょっと前までよく花を見たのですが、さすがに11月になるとみんなひっつき虫になってしまいました。

    アメリカセンダングサにそっくりのタウコギ(田五加木)を探しているんですが、見つかりません。
    アメリカセンダングサの茎は四角く、タウコギは丸いという点で判断しています。

    【写真】
    アメリカセンダングサ(亜米利加栴檀草) キク科
    別名をセイタカタウコギともいうそうです。
    北米原産の帰化植物で、道端に普通に生えています。
    それにしても・・・在来種は少ないなぁ。
    カメラ機種名Canon EOS 40D
    撮影日時2007/10/06 12:21:32
    Tv1/80
    Av5.6
    ISO感度200
    レンズEF-S60mm f/2.8 Macro USM



    アメリカセンダングサ
    アメリカセンダングサ posted by (C)たけぽ


    天気予報どおり、朝晩は冷えてきましたね。
    今朝は慌てて薄手のセーターを引っ張り出して着ていきました。
    さすがに日中の電車の中では暑いくらいでしたが、朝晩は必要です。

    そろそろ冬物を準備しておかないといけませんね。
    明日はハイビスカスを屋内に避難させようと思います。

    イヌタデ(犬蓼) 

  • 2007/11/15 : 狭山丘陵の四季
  • お馴染み「赤まんま」ことイヌタデです。
    タデ科らしく、控えめに咲いています。
    真ん中の花穂では、ふたつくらい開花しているんですが、見えるでしょうか。

    今日は都心方面で宴会があって遅くなってしまいました。
    ボージョレヌーヴォーを頂きましたが、さっぱりと口当たりがよくて美味しかったです。
    意外と、焼き鳥にも合うんですね。

    ちなみに下戸故ワイングラス1杯で十分満足しました。

    【写真】
    イヌタデ(犬蓼) タデ科
    本日も今年の載せそびれシリーズということで。
    カメラ機種名Canon EOS 40D
    撮影日時2007/09/24 10:29:53
    Tv1/200
    Av3.5
    ISO感度200
    レンズEF-S60mm f/2.8 Macro USM



    ノハラアザミ(野原薊)
    ノハラアザミ(野原薊) posted by (C)たけぽ


    冷たい雨の中でも、凛と咲くノハラアザミ。
    元の画像では花にとまるハナアブの顔がくっきり写っていました。
    ライブビュー恐るべし・・

    ベニバナボロギク(紅花襤褸菊)

  • 2007/11/14 : 狭山丘陵の四季
  • 秋口に盛んに咲く花ですが、狭山丘陵では条件がいいと11月頃まで咲いています。
    花後の綿毛がボロ布のようなので襤褸菊と名付けられたそうです。
    確かに、ぱっと見はきれいな綿毛ではありませんが・・

    アフリカ原産で、すっかりお馴染みの花の割には日本で確認されたのは1950年頃だそうなので、我が国においては意外と歴史の浅い植物です。
    ちなみに、春菊に似た香りで食用になるそうです。
    とはいえ、これを鍋やすき焼きに入れるのはちょっと。

    【写真】
    ベニバナボロギク(紅花襤褸菊) キク科
    一番上の花が丁度満開の状態です。
    その下のふたつが途中まで咲いていて、一番下はこれから咲くところ。
    カメラ機種名Canon EOS 40D
    撮影日時2007/09/02 9:56:29
    Tv1/40
    Av7.1
    ISO感度640
    レンズEF-S60mm f/2.8 Macro USM

    今日は仕事で都心方面に出たので、帰りに例によって池袋のビッ○カメラに寄り道しました。
    40D用の、方眼のマス目の入ったフォーカシングスクリーンを探してますが、何時行っても品切れです。
    40Dはかなり出ているようで、方眼のフォーカシングスクリーンも入荷したらすぐ売り切れるとのこと。

    各社の中級機は20万円前後なのに比べて、40Dはポイント還元まで考えたら、13万を切るくらいなので、売れるでしょうね・・

    あとは、ショルダータイプのカメラバッグを物色するも、種類が多い割にはイメージするようなものがなくて、こちらも徒労に終わりました。
    本体+標準ズーム、200mmにあと1本入るくらいで、いかにもカメラバッグっぽくないやつが欲しいんですが。
    何かお勧めってないですかね・・

    ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌)

  • 2007/11/13 : 狭山丘陵の四季
  • 今日も、昨日に引き続いて地味~な花です。
    どこが花なの!?という感じですね。
    でも、花穂の上から1/3あたりのところでしっかりと咲いています。

    イノコヅチには、ヒナタイノコヅチとヒカゲイノコヅチがあり、よく似ています。
    調べたところによると、花が密集して付くのが日向で、疎らなのが日陰だそうです。
    日向に生えているとか、日陰を好むとかではないんですね。

    ほとんど意識していなかったので、撮っていたのは日向の方だけでした。
    来年は、日陰の方も意識して探してみようと思います。
    日陰の方は来年の宿題ということで。

    これは9月の花ですから、載せそびれシリーズの部類かな・・

    【写真】
    ヒナタイノコヅチ(日向猪子槌) ヒユ科
    あれこれ調べていると「イノコヅチ」と「イノコズチ」の両方の表記を目にします。
    漢字で書くと「猪子槌」ですから、「ヅ」が正解でしょう。
    ということで、ここでは「ヒナタイノコヅチ」と記載しました。
    狭山丘陵・里山民家前にて。
    カメラ機種名Canon EOS 40D
    撮影日時2007/09/08 11:01:11
    Tv1/160
    Av7.1
    ISO感度100
    レンズEF-S60mm f/2.8 Macro USM


    寒くなってきましたね・・


    カラスウリ
    カラスウリ posted by (C)たけぽ


    週末にかけて、ぐっと気温が下がるようです。
    そろそろ庭のハイビスカスも屋内に避難させなくちゃ。
    気温が下がって花の数も減り、小さな花しか咲かなくなりました。

    アオミズ(青水)

  • 2007/11/12 : 狭山丘陵の四季
  • ごく小さく目立たない花を葉の腋にたくさんつけます。
    雄花と雌花が混在で、赤く見えるのは雄花だと思います。
    これはもう、花はほぼ終わりかけかな・・

    山菜として食用になるんだそうですが、当地は植物の採取禁止なので口に出来ません。
    丘陵のあちこちに、いくらでも生えています。

    【写真】
    アオミズ(青水) イラクサ科
    この個体は特に赤い部分が鮮やかでした。
    全体が緑っぽいのも見かけます。
    さいたま緑の森博物館付近にて。
    カメラ機種名Canon EOS 40D
    撮影日時2007/10/07 14:39:30
    Tv1/20
    Av7.1
    ISO感度200
    レンズEF-S60mm f/2.8 Macro USM


    こちらはアップで。


    アオミズ
    アオミズ posted by (C)たけぽ


    茎が赤っぽいのでアオミズではなくミズかと思いましたが、葉の特徴、花序からアオミズでしょう。
    どれが花でどれが実なんだか、よく分かりません。
    花はもう終わったあとなのか!?
    これは11月4日に撮ったものです。

    ユウガギク(柚香菊)

  • 2007/11/11 : 狭山丘陵の四季
  • あ~、とうとう載せちゃいましたよ、ユウガギク・・・
    この一枚を載せるのに、どれだけ悩んだことか。(笑)
    実はここ10日で2度も載せかかって挫折しているんです。

    そこれもこれも、この花の正体が分からなかったからに他なりません。
    そこで今日は、こいつの正体を探るべく、もう一度見に行って来ました。
    花を撮ったのは9月ですから、2ヶ月も経ってまだ残っているでしょうか。

    埼玉県地方、土曜日からの雨は今日も残って、時折音を立てて降るくらいの時もありました。
    ダメもとで、念のためカメラも持参でこの花を撮った西久保湿地に向かいました。

    私の予想では、これはカントウヨメナではなくてユウガギクです。
    さて、その結果は・・

    【写真】
    ユウガギク(柚香菊) キク科
    柚の香りがすると言うんですが、どうでしょうか。よく分かりません。
    カメラ機種名Canon EOS 40D
    撮影日時2007/09/17 10:34:37
    Tv1/640
    Av5.6
    ISO感度100
    レンズEF-S60mm f/2.8 Macro USM


    小雨の降る中、西久保湿地に行ってみたら、まだそのまま残っていました。
    ま~、さすがに花は終わっていますけれど。
    で、どうしたかというと、撮った株の葉を2枚ばかり拝借してきました。


    ユウガギクの葉
    ユウガギクの葉 posted by (C)たけぽ


    カントウヨメナに比べて、葉の切れ込みが深いです。
    ネットで検索すると、もっと切れ込みが深いのも見ますが、地域等によって変異があるようです。
    このくらいの切れ込みのものが一番よく見かけました。

    ということで、この花はユウガギクとしておきます。

    ちなみに雨に打たれてヘロヘロになっていたカントウヨメナらしき花もありました。
    場所もチェックしたし、こちらは来年きれいに咲いているときに確認することにします。

    ハヤトウリ(隼人瓜)

  • 2007/11/10 : 狭山丘陵の四季
  • これは野草ではないとは思います。
    畑の脇で、生け垣代わりの茶の木に蔓を這わせていて、まるで雑草のようでした。
    これは黄色い雄しべがはっきりした雄花です。

    熱帯アメリカ原産で、大正時代に鹿児島に伝わり、薩摩隼人にちなんでハヤトウリという名前になったそうです。

    【写真】
    ハヤトウリ(隼人瓜) ウリ科
    sage55さんから開花情報をいただいたので見に行ってきました。
    上の写真は雄花です。
    カメラ機種名Canon EOS 40D
    撮影日時2007/11/04 10:18:33
    Tv1/50
    Av5.6
    ISO感度400
    レンズEF-S60mm f/2.8 Macro USM



    ハヤトウリ(雌花)
    ハヤトウリ(雌花) posted by (C)たけぽ


    こちらが雌花。
    花の付け根に小さな瓜ができています。
    スズメウリの雌花もこんな風に花の付け根にウリを付けていたのを思い出します。


    ハヤトウリ(実)
    ハヤトウリ(実) posted by (C)たけぽ


    で、こちらが実です。
    これで10cmあまりの大きさです。
    地べたに這った蔓には、20cm近いのもできていました。
    実の中には種が1個で、実ごと地面に埋めるんだそうです。

    浅漬けにしたらサクサクで美味しいらしいんですが、食べたことありません。


    さて、今日の埼玉は冷たい雨が降る、肌寒い一日でした。
    午前中は息子の小学校の、いわゆる学芸会のようなものがあって見に行ったのですが・・


    学芸会の入場待ち・・
    学芸会の入場待ち・・ posted by (C)たけぽ


    雨の降る中、体育館の前には傘の列・・・
    前半(低学年)の発表が終わっていなくて、入場待ちです。
    発表の最中には父兄の入れ替えを行わないので、外で並んで待てということです。

    列はどんどん伸びて、校門の外の道にまで続きました。
    まぁ~しかし、皆さん我慢強いですね。
    息子の出番は7~8分、遠くからでもすぐにどこにいるか分かりました。

    ・・明日は床屋に連れて行かなきゃいかんな。

    コシロノセンダングサ(小白の栴檀草)

  • 2007/11/09 : 狭山丘陵の四季
  • 不揃いな白い舌状花がご愛敬の花です。
    コセンダングサの変種だそうで、真ん中の筒状花だけ見たらまるで同じです。

    今週ももう金曜日、週末になってしまいました。
    時間が経つのが異常に早くて、うかうかしていたらすぐ正月になってしまいそうです。
    この週末は、例のユウガギクの正体を突き止めたいと思っています。

    でも、天気予報は土日だけ雨マーク・・恨めしいですね。
    特に月曜以降のお日様マークの行列が!!
    明日の午前中は息子の学校参観なので、午後からちょっとだけ出動できるどうか。

    さすがにもう花は期待しませんが、ユウガギクかカントウヨメナか、そう果だけでも確認してすっきりした週末にしたいものです。

    【写真】
    コシロノセンダングサ(小白の栴檀草) キク科
    整っていない花びらがワイルドというか野性的というか、雑草らしくて微笑ましいです。
    こちらではそんなにたくさんは見かけません。
    狭山丘陵・日の出にて。
    カメラ機種名Canon EOS 40D
    撮影日時2007/10/06 12:33:29
    Tv1/50
    Av5.6
    ISO感度200
    レンズEF-S60mm f/2.8 Macro USM

    メナモミ(雌なもみ)

  • 2007/11/08 : 狭山丘陵の四季
  • 今日から今年載せそびれた花シリーズということで、まず第一弾はメナモミです。
    10月の上旬頃、狭山丘陵のあちこちで見られるキク科の花です。
    時間がたつのは非常に早いもので、この花ももう季節はずれになっちゃいました。

    いかにもひっつき虫といった感じの突起はベタベタします。
    よく似たコメナモミというのもあって、こちらは毛深くないそうです。
    この写真のはかなり毛深いですね・・

    実は今日もユウガギク?を載せようと思ったんですが、またしても挫折。(笑)
    明日こそ・・分からないので降参!と言って載せましょうか。
    いやいや、もしかしたらまだそう果が残っているかも知れないので、確認してからにしましょう。

    【写真】
    メナモミ(雌なもみ) キク科
    漢字は分かりませんでした。
    一番下に写っているのは、いつぞや載せたトリバガの仲間。
    カメラ機種名Canon EOS 40D
    撮影日時2007/10/06 11:25:38
    撮影モードマニュアル露出
    Tv(シャッター速度)1/60
    Av(絞り数値)7.1
    測光方式部分測光
    ISO感度200
    レンズEF-S60mm f/2.8 Macro USM

    カタバミ(片喰)

  • 2007/11/07 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日に引き続いて野菊の類を載せようと企んでいましたが、調べるほどに深みにはまって挫折し、結局はお馴染みのカタバミに相成りました。
    花が少なくなっても、陽の当たる原っぱを一面黄色に染めて、元気いっぱいに咲いています。

    10月23日の「アレチウリ」のおまけに載せた白い花、ユウガギクだと思ってました。
    ところがこの花のそう果を見ると、どうもカントウヨメナっぽいんです。
    これがもうちょっと金平糖みたいならユウガギクとして別のを載せようと思ったのに・・
    ユウガギクとカントウヨメナの見分けは来年の課題にします。

    【写真】
    カタバミ(片喰) カタバミ科
    変種のタチカタバミなんていうのもあるそうです。
    随分立ち上がって咲いていたりするので、もしかしたらタチカタバミかも知れません。
    一面黄色くなるほど咲いていますが、近づいたらそんなに密度は高くありません。
    花の色がはっきりしているので、沢山咲いているように見えるようです。
    カメラ機種名Canon EOS 40D
    撮影日時2007/11/04 11:23:53
    Tv1/500
    Av5.6
    ISO感度100
    レンズEF-S60mm f/2.8 Macro USM

    ノコンギク(野紺菊)

  • 2007/11/06 : 狭山丘陵の四季
  • 正直言って、この花を「ノコンギクです」と載せるのは相当度胸が要ります・・
    何しろ、この手のいわゆる野菊の類は、よく似た花ばかりでどれが何やら??
    調べたところによると、舌状花の付け根に冠毛があるのがノコンギクだとか。

    この写真のオリジナルを100%サイズで見ると・・しっかり冠毛が写ってました。
    色も白っぽいのから青紫がかったものなど変異が大きいみたいです。
    これはかなり色が濃い方だと思います。

    もし違っていたらご指摘くださいね~。
    少なくともカントウヨメナではないと思います。
    筒状花の数も少ないし。

    【写真】
    ノコンギク(野紺菊) キク科
    だんだんネタも減ってきたし、勇気を出して載せちゃいます。
    あちこちに咲いていて、あまりにもよく見かけるので撮っていませんでした。
    この花は色がすごくきれいだったのでぐぐっと惹きつけられてしまいました。
    こちらの丘陵では、ごくごくありふれた花です。
    カメラ機種名Canon EOS 40D
    撮影日時2007/11/04 13:04:37
    Tv1/50
    Av3.5
    ISO感度100
    レンズEF-S60mm f/2.8 Macro USM

    リンドウ(竜胆)

  • 2007/11/05 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日予告の「今シーズンのトリを飾る花」は、リンドウでした。
    先週も気になって見に行っていたんですが、まったく気配なし・・
    今年はもう咲かないのかと思ったら、昨日はしっかり咲いていました。

    よかった、今年も無事に咲いていて。
    ただ、今年は花はふたつだけでした。
    花の手前に強固な金網があるので、どうやっても近づけず、これしか撮りようがないのが辛いところです。

    まぁそれも仕方がありません。
    おかげで今年も見られたと解釈しておきましょう。
    狭山丘陵でリンドウを見たのは、この1カ所だけです。

    【写真】
    リンドウ(竜胆) リンドウ科
    花は、金網から1mほど先に咲いていました。
    まだ蕾があったので、あとしばらく咲くかも知れません。
    大きな、立派な花でした。
    写真は望遠200ミリでトリミングなしです。
    カメラ機種名Canon EOS 40D
    撮影日時2007/11/04 13:15:27
    Tv1/30
    Av7.1
    ISO感度400
    レンズEF70-200mm f/4L IS USM
    焦点距離200.0 mm


    日曜日の丘陵歩きはこの花を撮って完了~。
    本当に今シーズンのトリになったかも・・


    ムラサキシキブ(紫式部)
    ムラサキシキブ(紫式部) posted by (C)たけぽ


    今シーズンも狭山丘陵にはたっぷりと楽しませてもらいました。
    春のスミレ地獄に始まり、ここまで300種類くらいは撮ったんじゃないかと思います。
    昨年もせっせと撮ったと思ったのに、今年初めて見る花がたくさんあって、正直びっくりの1年でした。

    って、総括するにはまだ早いか・・・
    これでトリではありますが、まだ今年載せそびれているのがあるので、あと1ヶ月くらいは丘陵の花が続きます。

    センブリ(千振)

  • 2007/11/04 : 狭山丘陵の四季
  • ようやく、念願叶ってセンブリの花にご対面です。
    sage55さんから開花情報をいただき、早速見に行って来ました。
    開花情報ありがとうございます!バッチリです。

    いや~、狭山丘陵にも自生しているんですね。
    花も丁度今が見頃というタイミングだったようです。
    この花が咲いていたのは、初夏にギンリョウソウを撮ったところからほんの50mくらいの場所でした。

    周囲はヤクシソウコウヤボウキと、この時期お馴染みの花が姿を見せていました。
    センブリも、野の花の終わりを告げる花として、毎年見に行かなくてはね。

    【写真】
    センブリ(千振) リンドウ科
    煎じて飲むとお馴染み激苦の胃腸薬です。
    TVのバラエティー番組では罰ゲームに使われるくらいなので、相当苦いんでしょうね。
    飲んだことありませんが、怖いもの見たさで試してみたい気も・・
    カメラ機種名Canon EOS 40D
    撮影日時2007/11/04 9:39:02
    Tv1/125
    Av4.0
    ISO感度200
    レンズEF70-200mm f/4L IS USM
    焦点距離200.0 mm

    もう一枚、こちらはフォト蔵のリンクで貼っておきます。
    こちらは60mmマクロで撮りました。


    センブリ(千振)
    センブリ(千振) posted by (C)たけぽ


    おそらく今日は野の花を撮るなら最後のチャンス、朝からせっせと歩いてきました。

    まず朝から狭山丘陵北側のいつものコースでセンブリを撮り、その他の花がほぼ終わったのを確認。
    大谷戸湿地スタートで、いわゆる畑コースを一周しました。
    畑の脇にはピンクの小さな花・・・おや、これはホトケノザ。

    陽気といい、何だか春みたいです。

    途中、これもsage55さんのところに載っていたハヤトウリも撮ってみました。
    農家の方が栽培しているのかな・・・浅漬けはサクサクで美味しいらしいです。

    そのあとは車で六道山公園に移動し、里山民家方面に下ってこちらもいつものルートを一回り。
    咲いていたのは原っぱ一面を黄色く染めるカタバミくらいでした。
    こちらももう花はほぼ終わりです。

    一度帰宅して昼食後、午後はふたつのミッションをこなして来ました。
    ひとつ目は、10月30日にシラヤマギクとして載せた花の正体の確認です。
    どうも草丈が低かったような・・葉を確認したら、やはりシロヨメナでした。

    ということで、こちらはシロヨメナに訂正です。
    シラヤマギクは改めて載せ直しとしましょう。1日分ネタが増えました。(笑)

    もうひとつは、花のシーズンのトリを飾る花。
    これは明日載せることにします。

    ということで、普段なら3時間かけて歩くコースを3つもまわってしまいました。
    今年の丘陵の花も、概ねおしまいと言っていいかなと思います。
    好天に恵まれたし、ターゲットは仕留めたし、気持ちのいい日曜日でした。

    スカシタゴボウ(透田牛蒡)

  • 2007/11/03 : 狭山丘陵の四季
  • 毎度お馴染みのイヌガラシかと思ってましたが、写真をよく見たら種の形が短い・・
    これはスカシタゴボウですね。
    よく似た花が多いので、流して見ているとみんな同じに見えてしまいます。

    実はこれ、8月に撮ったもので、すっかり見落としていました。
    さすがに11月に入って花の季節も終わりが見えてきたし、ここで今年撮った写真をもう一度見直してみようと思います。
    なので、当面は今年の載せそびれシリーズで行きます。

    当地は紅葉にはまだ早いし、冬場のテーマが決まるまでは新しいネタもないし・・

    【写真】
    スカシタゴボウ(透田牛蒡) アブラナ科
    イヌガラシによく似ています。でも種の形が違いますね。
    カメラ機種名Canon EOS Kiss Digital N
    撮影日時2007/08/12 9:11:21
    Tv1/400
    Av5.6
    ISO感度100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM

    オグルマ(小車)

  • 2007/11/02 : 狭山丘陵の四季
  • オグルマで合っていると思いますが・・どうでしょう。
    昨年、この花がたくさん咲いていた場所に、今年は砂利が山積みになっています。
    今年はもう見られないかと思ったら、砂利の山の周囲に、健気に咲いていました。

    よかった。

    今日は都内の繁華街で宴会があり、帰りが遅くなってしまいました。
    ま~、それにしても池袋はどこもかしこも人で溢れかえっています。
    どうも人混みは苦手です。疲れました。

    【写真】
    オグルマ(小車) キク科
    埼玉県のレッドデータブックでは準絶滅危惧種に指定されています。
    ・・と書いたところで、実はこの写真を撮ったのは東京都でした。
    東京都のレッドデータブック(1998)では、「絶滅の危機に瀕している種」だそうです。
    カメラ機種名Canon EOS 40D
    撮影日時2007/10/06 12:39:16
    Tv1/200
    Av7.1
    ISO感度200
    レンズEF-S60mm f/2.8 Macro USM


    帰りの電車は、私の降りる駅が終着駅。
    車内を見ると、終点に着いたのに座ったままの人が車両に3~4人くらいいます。

    ・・眠り込んでいるんですね。
    駅員さんが全員に声をかけて起こしていきます。
    夜中の終着駅、駅員さんも大変だ・・・

    ヤマハッカ(山薄荷)

  • 2007/11/01 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日のナギナタコウジュに続いて、本日もシソ科の花です。
    林の縁などでよく見かけます。
    アキノタムラソウにも似ていますが、花の先端が尖ったようになっているので見分けは困りません。

    この花は咲く場所などの条件によるのか、個体によって色の薄い花や青色の濃い花など、色の違いが大きいみたいです。
    この写真の花は、色が薄い方だと思います。
    このあと、もっと青っぽいのを撮ったんですが、出来が今ひとつで・・

    本当はそっちを載せたかったんですが~。

    【写真】
    ヤマハッカ(山薄荷) シソ科
    これも、昨年は昨日のナギナタコウジュを撮った場所にたくさん咲いていたのに、今年はまったく見かけませんでした。
    他の場所ではたくさん咲いていましたが・・
    名前はハッカですが、特に芳香は感じません。
    カメラ機種名Canon EOS 40D
    撮影日時2007/10/06 11:48:50
    Tv1/50
    Av5.6
    ISO感度200
    レンズEF-S60mm f/2.8 Macro USM


    こちらは花のアップ。


    ヤマハッカ
    ヤマハッカ posted by (C)たけぽ


    野の花の時期も終わり、だんだんネタの残りが少なくなってきました。
    毎日1種類掲載しているので、春から夏にかけては載せそびれる花が結構あります。
    秋の花を載せ終わったら、今年の載せそびれを順次掲載していこうと思います。
    ようこそ!
    カレンダー
    10 | 2007/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR