Welcome to my blog

たけぽの「続・平常心是道」

ARCHIVE PAGE

archive: 2008年08月  1/2

2008年夏・北海道(7)~最後は富良野へ

No image

8月21日、もう家に帰る日になっちゃいました。楽しみにしていた旅行も、始まっちゃえばあっという間に終わってしまいます。・・ということで、最後は富良野に行きました。まずは行きがけに、美馬牛方面に抜ける途中にある「四季彩の丘」というところに寄り道~。四季彩の丘(美瑛) posted by (C)たけぽ特にここに寄ろうと思って車を走らせていた訳でもなく、たまたまこの花畑が見えちゃったので寄ってみました。ようやく青空も...

ウマノスズクサ(馬の鈴草)

この花の姿は不思議としか言いようがありません。まるで楽器のサキソフォンのような形をしています。長い筒のような部分の奥、丸くなっているところの中に雄しべ・雌しべがあります。蠅が筒状の花の中に入って花粉を付けて他の花に受粉させる虫媒花だそうです。きっとすごくいい匂いがするんでしょうね、蠅にとっては・・私は特に芳香を感じませんでしたが・・本当のところは、今日は北海道シリーズの最終回にしようと思っていまし...

2008年夏・北海道(6)~美瑛の丘

No image

8月20日、旭山動物園見物のあと、宿泊地である美瑛に向かいました。旭川から美瑛まではそんなに遠くないので、丘の景色をひとまわり眺めてみることにしました。美瑛の丘~ケンとメリーの木 posted by (C)たけぽ美瑛を訪れるのは一体何年ぶりのことか・・前回は娘が生まれる前だったと思うので、かれこれ16~7年になります。当時はケンとメリーの木あたりも静かなものでしたが、今は広い駐車場までできて、すっかり観光名所で...

ソクズ

夏の暑い頃に、丘陵の小川沿いに小さくて真っ白な花がたくさん咲きます。白ってどんな色と言われたら、この花の色を思い浮かべるくらい、濁りのない白です。この花は蜜を持っていないせいで虫が寄らず、きれいなのかななんて思いました。所々に見える黄色いのが蜜を出す蜜腺で、丁度アリが頭を突っ込んでいるのが見えますね。・・ちょっと小さいか・・しかし何で花と蜜を別々にしているんでしょう。一緒の方が受粉しやすいように思...

2008年夏・北海道(5)~旭山動物園

No image

8月20日は車で札幌から旭川に向かいました。もちろん、旭川といえば今話題の旭山動物園です。レンタカーの営業所までタクシーで行きましたが、運転手さんにも「やっぱり(行くんですね)」なんて言われてしまいました。札幌から旭山動物園までは150kmほど、大方高速道路なので2時間あまりで着きました。心配していたお天気、旭川あたりから道北・稚内方面にかけては雨の心配はなさそう。それ以外の道内は概ね傘マークだっ...

2008年夏・北海道(4)~札幌といえば焼きトウモロコシ!?

No image

8月19日は五稜郭でラーメンを食べて、12:25発の札幌行きに乗るべくJR函館駅に戻りました。札幌行きのスーパー北斗9号、途中大沼公園や噴火湾沿いの路線など、車窓を楽しみにしていましたが、生憎の雨模様・・キハ281系気動車(スーパー北斗) posted by (C)たけぽこれ、先頭車両の貫通扉から前方の景色が見えるんです。鉄ちゃんには大人気のポジションです。見に行ってみましたが、なかなか迫力のある景色で、長居し...

ヒメキンミズヒキ(姫金水引)

本日は北海道シリーズは一旦中断であります。たまには狭山丘陵の花も載せておかないと、どんどん時季はずれになってしまいそうです。それにこちらの方がブログのメインテーマですし・・ヒメキンミズヒキはキンミズヒキより花が小振りで花弁が細く、疎らに咲く感じです。キンミズヒキに比べたら地味ですね。花の形なんかはキンミズヒキにそっくりですけど。狭山丘陵でよく見かけるのはキンミズヒキで、ヒメキンミズヒキの方が数が少...

2008年夏・北海道(3)~塩ラーメン食べて札幌へ

No image

北海道旅行2日目(8月19日)、朝起きると一番気になる空模様をチェック。やはり天気予報どおり、雲が低く垂れ込めていて、今にも降り出しそうです。函館山は雲の中・・ posted by (C)たけぽ窓から見える函館山も、山頂は雲の中でした。この天気を見越して元町方面は前日に歩いたので、2日目はどうしよう!?ということで、家内の提案で五稜郭方面に行くことにしました。こちらも、函館駅前から市電に乗って行けます。五稜郭公...

2008年夏・北海道(2)~函館山の夜景

No image

8月18日、予定通りにスーパー白鳥9号で函館入りし、すぐに駅前のホテルにチェックインしました。翌日から天気が下り坂という予報なので、早速元町・函館山方面にお出掛けです。さて、どうやって行きましょう?・・とホテルの窓から外を見ると・・函館市電(函館駅前停留所付近) posted by (C)たけぽ市電で行くのがよさそうです。路面電車なんて滅多に乗る機会もないですからね。函館駅前から函館どっく前行きに乗り、のんびり...

2008年夏・北海道(1)~函館へ

No image

昨日の新千歳からの飛行機が2時間遅れ、深夜の帰宅になって少々疲れました。ようやく写真も整理できたので、順次載せようと思います。と言っても、天気が今ひとつで、載せられるようなのはそんなにないんですが・・今回の北海道行きは3泊4日、北海道を旅行するには短すぎる日程です。子供たちの予定が満杯で、これが限度ということでやむなしでした。スタートは、上野駅から東北新幹線はやて7号で終点の八戸を目指します。ま~...

羽田行きの飛行機が飛ばない・・

No image

今日の北海道・富良野地方は晴れ、予定通りのメニューをこなし、おみやげもバッチリ買い揃え、思った通りの時間に新千歳空港に到着しました。ところが、羽田が悪天候のために着陸できないということで、出発が2時間以上遅れるようで、只今空港ロビーで待たされてます。さて、今日中に帰り着けるのか、微妙な状況になっています。1時間前に出発した羽田行きは着陸できずに引き返してきました。これからどんな展開になるのか・・-...

旭山動物園めっちゃ混み

No image

今日の行程は札幌からレンタカーで、今や完全に全国区となった旭川の旭山動物園へ。心配だった天気は、薄曇りから時折陽が差すくらいでした。札幌から旭山動物園まで約150km、二時間ほどで到着。さすが入場者数日本一、朝からすごい車の数です。園内も、どこに行っても人、人、人・・・残念ながら、呼び物の動物の給餌はとても見られる状況じゃありませんでした。何しろ、二時過ぎに園を出たら、まだ続々と観光バスがやって来...

札幌は遥か遠く・・

No image

北海道2日目、函館は朝から小雨模様のお天気です。もちろんそんなことにはめげることもなく、荷物をホテルに預けて五稜郭へ。五稜郭に行ったのは観光だけじゃなく、函館名物の塩ラーメンが食べたかったのです。しかし12時半に函館を出る特急に乗るので、大急ぎでアツアツのラーメンをすすりました。家内と長男は大のお気に入りになり、わざわざ行った甲斐があったみたいです。予定通り札幌行きのスーパー北斗に乗り、3時間後に...

はるばる来たぜ函館

No image

逆巻く波を乗り越えて~・・ではなくて、その遥か水面下240mの青函トンネルを通って来ました。ま~、埼玉から鉄道で北海道入りというのも少数派ですよね。家族を巻き込んで鉄な夏休み。(笑)朝八時半に上野から八戸行きの「はやて」に乗り、八戸で函館行きの「スーパー白鳥」に乗り継ぎ、午後三時過ぎに函館に到着、さすがに乗り疲れ・・ホテルは函館駅前、早速市電で元町方面に出動です。。何しろ明日は雨が降る可能性があるの...

コバギボウシ(小葉擬宝珠)

先月載せたオオバギボウシに比べると、はっきりした紫色の縞が入ってます。花ひとつひとつの大きさはオオバと変わらない気がしますが、こちらの方が花の数が少なめのようです。白いオオバギボウシ、紫のコバギボウシ、どちらも野の花としては華やかです。埼玉地方、今日はほとんど雨降りの日曜日でした。おかげでかなり涼しくて過ごしやすく、冷房も不要なほど。明日は天気が回復するようですが、そのあとがちょっと心配・・という...

ボタンヅル(牡丹蔓)

しかし毎日暑い日が続くもんですね。今日から待望の夏期休暇、暑かろうが何だろうが嬉しいです。午後はかなり気温が上がりそうだし、夕立も心配なので午前中に軽く狭山丘陵散策に行ってきました。そろそろセンニンソウも咲き始めるかな・・と思っていたら、今日はボタンヅルを見つけました。花の形はセンニンソウにうりふたつで、花の写真だけを見たら見分けがつかないんじゃないでしょうか。実際に花を並べてみたら、ボタンヅルの...

コヤブタバコ (小藪煙草)

狭山丘陵の林道や遊歩道脇でよく見かける花です。必ず下向きに咲いているので、毎度同じようなアングルで撮ってます。昨年のとあまり変わらないか・・名前はコヤブタバコですが、ヤブタバコの花よりもずっと大きな花を咲かせます。筒状花のみで、中心部が両性花、外周は雌花だそうです。地味ながら、変わった構造の花ですね。大きいものは直径2cmくらい。うつむいて咲くので覗き込まないと咲いているのかどうか分かりません。【...

ヘクソカズラ(屁糞葛)

暑い夏に元気いっぱいのヘクソカズラ、あちこちに咲いています。お灸のあとのようにも見えるので、ヤイトバナ(灸花)なんていう呼び名もあるそうです。ところで、お灸を「やいと」というのは方言でしょうか。私の祖母はよく「やいと」と言ってました。大阪の祖母、奈良の祖母、どちらもお灸ではなくて「やいと」。関東では耳にしない言葉のように思いますが、どうなんでしょう!?ヘクソカズラの名前は、これもちょっと可哀想です...

オトコエシ(男郎花)

この花は随分ご無沙汰していた気がします。昨年は一度も見かけなかったような・・・撮ってないし、ブログにも載せてないし・・今年はこの間の週末に2カ所で咲いているのを見つけました。こんな早い時期に咲く花でしたっけ。オトコエシというと、どうも秋の花という印象なんですけど。もしかしたらそういう先入観があったので、昨年はタイミングを外したのかも知れません。ごく目につきやすいところでたくさん生えてました。花の時...

ワレモコウ(吾亦紅)

いやはや、もうワレモコウが咲く時期ですか・・季節が巡るのは早いものですね。野の花ばかり追いかけていると、次々に季節の花が登場して退屈しませんが、何だか時間が過ぎるのが早いような気がします。ワレモコウ、目立たない花ですが深みのあるきれいな赤、と言うよりは紅でしょうか。ちょっとマッチ棒みたいに見えないこともないけれど。  吾も亦 紅なりとひそやかに  高浜虚子われもまたくれないなりとひそやかに・・まさ...

キツネノカミソリ(狐の剃刀)

昨日の日曜日、薄暗い森の中の一角だけが妙に明るいオレンジ色に染まっている場所がありました。近くに行ってみると、キツネノカミソリが咲いてました。この花は以前から探していて、昨年ようやく発見。でも、去年のは既に花が終わる寸前で、かなり痛んでいました。今年は早い時期に発見・・でもちょっと咲いている場所が遠かった~!もうちょっと、あと2mくらい手前に咲いていてくれたら嬉しかったんですが・・ま~また巡り会う...

ヘラオモダカ(箆面高)

狭山丘陵北側の田んぼで、小さな白い花を見つけました。昨年オモダカが咲いていたので今年も咲くかと思って見に行くと、オモダカではなくてヘラオモダカが咲いていました。オモダカに比べたら花はぐっと小さく、葉も大きくはありません。当地では田んぼは珍しいので、田んぼの雑草を見られるのはほんの数カ所のみです。丘陵北側・西久保湿地の田んぼは意図的に田んぼの雑草も残しているんじゃないかと思うほどです。もうちょっと経...

クルマバナ(車花)

先日、sage55さんより狭山丘陵にクルマバナが咲いたとの情報を頂きましたので、早速見に行ってきました。特に珍しい花でもないようですが、この花は初めて目にするものです。う~ん、まだまだ見たことのない花がどこかで咲いているんでしょうね・・今日はあさから買い物に行ったりしていたので、狭山丘陵には昼頃から出かけました。暑い盛りに歩き回るのは堪えます・・2時頃になると遠くの方から雷鳴が聞こえてきました。そういえ...

ノブドウ(野葡萄)

夏の初めに咲き始めるノブドウ、地味な花です。既に緑色の実も付いていて、季節が巡る早さに焦ってしまいます。これは花よりも色とりどりの実がきれいです。秋になると、紫や青など色とりどりの実がきれいです。でもこれは実の中にノブドウミタマバエの幼虫が入った虫こぶです。食べると実の中には・・・【写真】ノブドウ(野葡萄) ブドウ科地味ながら星形の花は可愛らしいです。秋になって実が色付いたらまた撮ってみようと思い...

ウワミズザクラ(上溝桜)

今時ウワミズザクラ!?・・ですよね。もちろん花はとっくに終わってます。先月、ウワミズザクラの木に小さなサクランボがいっぱいできていたので思い出したように載せてみました。狭山丘陵では、ウワミズザクラは4月の中旬くらいに咲きます。ソメイヨシノに比べたら、半月くらい遅いんじゃないでしょうか。森の中で、季節にはブラシのような白い花に時折出逢います。これは日陰に咲いていたので、どうもホワイトバランスが狂った...

クサギ(臭木)

夏の狭山丘陵ではお馴染みの花です。その名のとおり強い芳香があって、少し離れてもかなり匂ってきます。至近距離でこの花の匂いを嗅いだら、かなり強烈ですね。これを撮ったときは息子と一緒だったので、花の匂いを嗅がせてみました。途端に、エドはるみの「コォォ~!」の顔になっちゃいました。彼には少々刺激が強かったようです。ちょっと前に狭山丘陵を歩くとリョウブの花の香りがあちこちで漂ってましたが、今はこのクサギの...

シシウド(猪独活)

狭山丘陵のシシウドが咲いたとのことなので、この間の週末に見に行ってきました。昨年咲いているのを見つけて撮ったんですが、時期が遅すぎでした。今年は早めに見ておこうと、早速出動です。狭山丘陵にシシウドの大きな群落があります。・・というのも、今年改めて気付いた点です。一面にシシウドが生い茂ってました。よく歩く場所なのに、こんなにいっぱい生えているとは気付きませんでした。でも、大半が水源地の柵の向こうなの...

ニガクサ(苦草)

苦味があるからニガクサと呼ばれている・・ということではないようです。湿ったところを好むようで、谷戸の小川のほとりにたくさん咲いていました。よく見たら花殻もいっぱい付いていて、あまり綺麗じゃないですね・・ひとつひとつの花は唇形で色も綺麗なので、近寄れるところに咲いていたらマクロで行ってみたいと思います。残念ながら、この場所は1mくらいまでしか寄れませんでした。当ブログ未掲載の花なので、まずは写真を載...

イヌヌマトラノオ(犬沼虎尾)

ここしばらく、この花の正体を確認するのに悩んでました。イヌヌマトラノオはオカトラノオとヌマトラノオの自然交雑種で、両方の特徴の中間くらいだそうです。花の咲く時期も両者の中間くらい、花穂の曲がり方もオカトラノオほど垂れないけどヌマトラノオのように直立もしない・・ヌマトラノオとイヌヌマトラノオの特徴をネットであれこれ検索しても、決定打はありませんでした。そもそも、明らかにイヌヌマトラノオと思われる花を...

ウバユリ(姥百合)

埼玉地方、毎日暑い日が続いています。このところちょっとましかと思ったら、これからしばらくは暑い日が続くようです。今日は事情により昼過ぎの一番暑い時間に丘陵歩きとなりました。先週末、ウバユリの蕾が開きそうだったのを確認していたのと、シシウドが開花したという情報を頂いたので、まずは両方ありそうな場所に向かいました。一週間前に蕾が大きくなっていたウバユリは、今日はもう終わりかけでボロボロになっているよう...