Welcome to my blog

たけぽの「続・平常心是道」

ARCHIVE PAGE

archive: 2010年01月  1/2

築70年の送電鉄塔を辿る(7)~児童公園に・・

1月24日に載せた岡部境線111号鉄塔の続きです。111号鉄塔越しに上の方だけ見えていた112号鉄塔に行ってみました。この鉄塔は児童公園の真ん中に堂々と立っています。公園の一角に送電鉄塔が立っていることはそんなに珍しいものでもありません。少なくともうちのあたりではよく目にする光景です。大概は強固な鉄柵で囲ってあります。ここの鉄塔が珍しいのは、鉄塔全体ではなくて主脚部分だけに柵があること。4本の脚が...

タネツケバナ(種漬け花)

今朝は結構冷え込んで、病院に行こうと車に乗ったらフロントガラスが霜で真っ白・・でも昼になると陽光が暖かく感じられる、春のような陽気になりました。そういえば狭山丘陵の田んぼにタネツケバナが咲き始めているそうなので、昼からでかけてみました。タネツケバナの花の最盛期は4月なので、ちょっと早いかな!?もしかしたらミチタネツケバナの方だろうかと思いつつ、雄しべの数を数えたら6本ありました。まだ小振りながら花...

ヤマノイモ~2009年の載せそびれ

ヤマノイモの花も、毎年載せそびれシリーズの常連のような気がします。白くて丸い玉のような花をつけた花序が立ち上がっています。山の中で見かけるのはこの雄花ばかりで、どういうわけか雌花の方は一度も撮ったことがありません。その割には、冬になるときれいな種の殻をあちこちで見かけるんですよね・・ムカゴができているのもたまに見かけるし、そんなに目立たない花なんでしょうか。よく似たオニドコロの雌花はいくらでも見つ...

ダイコンソウ~2009年の載せそびれ

名前は大根ですが、大根とはまったく無関係のバラ科の花です。狭山丘陵では夏になると林道脇などでよく咲いています。個々の花はバラ科らしい黄色の五弁花ですが、咲き方が疎らなせいか遠目にはあまり見栄えがしません。なのでこの花はクローズアップがいいかもしれませんね。花後の実がトゲトゲで、独特です。どこかに写真があったはずなんですが見つかりませんでした。なぜか種は意識したことがなくて、印象が薄いです。どうも「...

ミズタマソウ~2009年の載せそびれ

白いハート形の花弁が2枚だけという、至ってシンプルな花です。萼も雄しべもふたつだけで、ほとんど最少の部品で構成されているといってもいいのでは!?林の中に咲く小さな花は撮りにくいです。名前の由来はご覧のとおり花後の実が水滴型をしているところに由来します。周囲には先端が鈎状に曲がった毛がびっしり生えているのが分かるでしょうか。逆光に透かすと、まさに水玉そのものに見えます。【写真】ミズタマソウ(水玉草)...

キンミズヒキ~2009年の載せそびれ

昨日は「姫」つきでしたが、今日は「姫」なしのキンミズヒキです。夏から秋にかけて、狭山丘陵ではお馴染みの花です。この花も、多く見られるが故に載せそびれシリーズにまわってしまいました。ヒメキンミズヒキと比べると花弁が丸く、花が密集していますね。鮮やかな黄色と相俟ってよく目立ちます。ひとつひとつの花を見ると、春に咲くヘビイチゴなんかに似ています。アップで見るとバラ科らしい五弁花です。【写真】キンミズヒキ...

ヒメキンミズヒキ~2009年の載せそびれ

小さな黄色い五弁花を疎らにつけて咲かせます。狭山丘陵では林道脇などで多く見られる植物です。目にする機会が多い植物はどうやらあまり撮らないようで、この花はこれワンカットしかありませんでした。よく見かけるものの、まとまった群落を作っているのはあまり見たことがないような・・一カ所だけたくさん咲いているところを見かけましたが、数株ずつで咲いていることが多いみたいです。目立たない花なので、まとまって咲いてい...

築70年の送電鉄塔を辿る(6)~引き続き東村山

1月10日にJR東日本の送電線、岡部境線(前久保境線)を辿って八国山越えをしました。この日は時間がなくて99号から108号鉄塔までの10基を辿ったのみだったので、翌週の16日には続きの109号から先を訪ねてみました。16日も鉄塔日和の青空で、写真だけ見たら同じ日のようです。このあたりは東村山市久米川町付近で、かつての私の通勤ルートから道一本北側くらいのところでした。ほんのちょっと離れただけで、もう...

梅一輪

梅一輪 一輪ほどの暖かさとは服部嵐雪の俳句でありますが、埼玉地方は一輪ほどの暖かさも感じない土曜日でした。それでも紅白の梅が少しだけほころびて、ほんのちょっとだけ春の気配を感じたような・・ちょっと暖かい日が続いたと思ったのも束の間、本格的な春はもうしばらく先ですね。さて、今日は午後から息子の通う英会話教室のテストがありました。送り迎えに二往復するのも面倒なので、試験が終わるまでの待ち時間はカメラを...

アキノタムラソウ~2009年の載せそびれ

夏の狭山丘陵ではお馴染みの花です。梅雨明け前くらいから咲き始め、秋口までどこかしらで咲いています。名前は「秋の」ですが、どう考えても夏の花です。そもそも、梅雨明けもしていないのに「秋の」なんていう花が咲いていたら、おいおい夏はどこに行っちゃうんだよ!?という感じですね・・ナツノタムラソウというのもあるそうですが、狭山丘陵では見たことがありません。あるかないかも知らないんですけど。【写真】アキノタム...

ヒメヒオウギズイセン~2009年の載せそびれ

こんなに華やかな色の花を載せるのは、一体いつ以来でしょう!?シーズン中に掲載しそびれてしまう花は地味なのが多いんですが、こんな派手なのも残ってました。野の花らしからぬ鮮やかな色彩は、どこにあってもよく目立ちます。ヒオウギズイセンとヒメトウショウブの交配種で、もともとは園芸品種なんですね。目を惹く花も納得です。手入れなしでも毎年咲くそうですから、野生化していても何の不思議もありません。水辺に多いとの...

タケニグサ~2009年の載せそびれ

艶のない大きな葉が印象的で、海外では観賞用に栽培しているそうです。こちら狭山丘陵ではあちこちで見られる普通の雑草です。大きく育って、中には大人の背丈くらいになるのもあります。タケニグサの葉は、子供の頃に取ってきて遊んだ記憶があります。何に使ったのかは覚えていませんが、この草の様子はよく覚えています。有毒植物で、茎を切ったときに出る液に触れるとかぶれることがあるそうですが、痛い目にあった記憶はないの...

ブタクサ~2009年の載せそびれ

え~、いくら載せそびれとはいえ、よりによってブタクサかよ~!?なんていわないでくださいね。実はこの花、当ブログに初登場なのです。花粉症の原因として嫌われ者のブタクサですが、こちら狭山丘陵ではあまり見かけません。というか、気が付いていないだけなのか・・もしかしたら花がそっくりなのでオオブタクサと混同していたのかもしれません。同属で巨大に育つオオブタクサ(クワモドキ)は至るところに生えてます。さすがに...

ウマノミツバ~2009年の載せそびれ

ものすごく地味~な花ですね。でも、ちゃんと咲いています。咲いているからには当ブログで取り上げておかないわけにはいきません。雄花と雌花が集まって咲いているようなんですが、どれが雄花でどれが雌花なんだか・・花後の実には鈎状の棘があるそうなので、先の曲がった細長い針のようなのがたくさんでている部分が雌花なんでしょう。セリ科だそうで、そういえばヤブジラミも小さな棘のようなものがありますね。丘陵の林道脇に普...

2009年に悩んだ花(3)~ヌマトラノオ

今年悩んだ花、というよりは毎年悩んでいる花のひとつです。初めて見たときは、迷わずどれもヌマトラノオだと思ったんですが、オカトラノオとの雑種であるイヌヌマトラノオなんていうのもあるそうで・・では、本物のヌマトラノオはどれ!?ヌマトラノオの特徴は、・花が小振り・花穂が直立で、オカトラノオのように垂れない・花がやや疎ら・あまり枝分かれしない対してオカトラノオは、・花が大きい(ヌマトラノオに対して)・花穂...

築70年の送電鉄塔を辿る(5)~東村山

またしてもJR東日本の送電線、岡部境線の追跡です。前回載せた103号鉄塔が八国山緑地最後の鉄塔で、次の104号鉄塔は東村山市の市街地に立っています。さっきまで鬱蒼とした森の中を進んでいたのに、突然普通の住宅地に出てしまいました。八国山緑地は狭山丘陵の東端で、山の麓まで住宅地が迫っています。GoogleやYahoo!の地図を写真に切り替えてみると、住宅地の海に浮かんだ緑の孤島のようです。航空写真を見るたびに、...

ユメノシマガヤツリ~2009年の載せそびれ

訂正:メリケンガヤツリで載せましたが、これはユメノシマガヤツリ(夢の島蚊帳吊)だそうです。1982年に東京の夢の島で見つかった外来植物だそうで、既に狭山丘陵にも進出してきています。狭山丘陵南側は都立公園として整備されていて、土とか資材置き場みたいに使われているところに多く見られました。土と一緒に持ち込まれたのでしょうか。---見た目や、草丈が大きいことから、メリケンガヤツリでいいんじゃないかと思います。...

コバノカモメヅル~2009年の載せそびれ

小さなヒトデのような花を蔓に沿って咲かせます。葉の付き方が、鴎が翼を広げたように見えるところからこの名があります。で、鴎の翼ってこんなでしたっけ・・狭山丘陵においてはあまり見かけない植物だと思います。私が観察しているのは一カ所のみで、他の場所では見つけた覚えがありません。白花もあるようなので、今シーズンは探してみたいものです。【写真】コバノカモメヅル(小葉の鴎蔓) ガガイモ科ガガイモに比べたらまる...

ヤマホタルブクロ~2009年の載せそびれ

1月5日に載せたホタルブクロと瓜二つのヤマホタルブクロです。見分けは萼の形状がポイントになります。ホタルブクロは萼片の間に反り返るような付属体がありますが、ヤマホタルブクロは盛り上がるようになっているだけです。萼片自体は、ホタルブクロの方が細長く、ヤマホタルブクロの方がずんぐりしている印象です。何カ所かのサイトを検索してみましたが、この点に言及しているところはなかったような・・ここは明確な差異では...

築70年の送電鉄塔を辿る(4)~八国山緑地

100号鉄塔から次の101号鉄塔まではわずかな距離でした。尾根沿いの舗装路を少し走ると、道の脇に101号鉄塔がありました。ここも柵なし鉄塔なので、鉄塔の下まで到達することができます。ということで、おきまりの結界画像を・・う~ん、鉄塔日和だな~。鉄塔は冬に限ります。次の102号鉄塔もカテナリー曲線を描いて延びる送電線の先に見えており、すぐそこのようでした。舗装路を突き当たると八国山緑地の遊歩道となり...

クサイ~2009年の載せそびれ

別に匂いが臭いわけではありません。クサイは「草藺」、イグサ科の植物です。小さな星のような花をたくさん咲かせているこの植物、多分クサイでいいと思うのですが。「多分」というのは、よく似たアメリカクサイというのがあって、どうもこの写真だけでは見分けが付きません。これを撮った場所はよく覚えているので、5月下旬になったらきちんと確認しておきます。葉の部分を見ないと見分けられないようです。【写真】クサイ(草藺...

築70年の送電鉄塔を辿る(3)~トトロの森

青空に恵まれた日曜日、午後少し時間ができたので築70年の送電鉄塔を辿りに行ってきました。前回の続きということで、本日のスタートはJR東日本の岡部境線99号鉄塔からです。まずは目印になる、前回の終点になった98号鉄塔に行ってみました。98号鉄塔までは徒歩だと1時間以上かかるので、今回は自転車で出動です。前回とは違って今は自転車に乗れる状態まで怪我が回復してますからね~。98号鉄塔は工事中で、どうやら...

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

今まさに咲いている花を載せるのはいつ以来のことか・・このところ冬籠もりモードで、季節はずれの載せそびれシリーズでしたからね。今日は久しぶりに狭山丘陵を歩いてきたので、とりあえずこれだけ撮ってきました。折角出向いたんですが、撮ったのはこれワンカットのみです。昨年のこの時期はホトケノザやナズナ、タンポポ、オニノゲシなんかが咲いていたのに、今年はオオイヌノフグリ以外はほんのちらほらといったところでした。...

メマツヨイグサ~2009年の載せそびれ

マツヨイグサにも何種類か仲間がいます。狭山丘陵においては、このメマツヨイグサが一番たくさん見られるようです。「ようです」なんて歯切れが悪いのは、マツヨイグサが咲くような時間に写真を撮らないので気が付いていないだけかもしれないという思いがあったりするわけですが・・夕方から咲いて、朝には萎んでしまう一日花です。子供の頃、「月見草」と教えられた夕方咲く黄色い花はおそらくこれだったんだと思います。暗くなる...

神戸・南京町

2009年の暮れの訪れた神戸では、ここに行くのも楽しみのひとつでした。三宮から歩いて、東側の長安門から入ります。ビルの谷間に門があって、すぐ傍まで行かないと入り口が分かりませんでした。行った時間が午後三時頃と、ちょうどおやつ時でした。しかし、早朝に埼玉を出て車の中ではのべつ何か食べているような状態でしたので、昼食もとっていないのに、空腹感なし・・それでも豚まんはじめいろんなものが屋台に並んでいるの...

クリ~2009年の載せそびれ

初夏に独特の香りを漂わせる栗の花、狭山丘陵の山の中でも時々見かけます。細長い毛だらけのものが雄花で、雌花は雄花の付け根あたりに咲くそうです。すべての雄花と対になっているということではなく、この写真にはそれらしいものは写っていません。栗の実をマロンと呼ぶことがありますが、本来はマロニエの実のことだそうです。マロニエの実を使ってマロングラッセを作っていたのを、栗の実で代用するようになり、マロンに栗の意...

ホタルブクロ~2009年の載せそびれ

園芸用にも人気のホタルブクロ、狭山丘陵の山の中でたまに見かけます。狭山丘陵で見られるのは、このホタルブクロとヤマホタルブクロの2種類です。このふたつは花はそっくりですが、萼を見ると比較的見分けやすいです。ホタルブクロの萼は細長くて、萼の間に反り返るような付属体があります。ヤマホタルブクロは付属体がなく、単に盛り上がるようになっているだけ。この写真の花は、ハッキリとしたホタルブクロの特徴が見てとれま...

神戸の建物

暮れにでかけた神戸では、三宮から南京町、旧居留地を経由してハーバーランドまで歩いてみました。この辺は趣のある建物が多く、家族連れでなかったら一日中歩き回っていたかもしれません。まずは神戸郵船ビル。ここは行きがけに通ったのでまだ日がある時間でした。この建物は阪神淡路大震災の前年に耐震補強工事を行ったそうです。そのおかげで震災の影響も軽微だったとか。子供たちの通う学校も、どんどん耐震補強工事をやって欲...

マメグンバイナズナ~2009年の載せそびれ

きわめて小さく、目立たない花です。名前の由来は花後の種の形と思われますが、軍配というより円形に近いかも!?ナズナよりかなり遅れて、初夏の頃に咲きます。【写真】マメグンバイナズナ(豆軍配薺) アブラナ科すごく小さいですが、アップで見るとナズナっぽい姿をしています。カメラ機種名Canon EOS 40D撮影日時2009/06/13 12:47:39Tv1/100Av7.1ISO感度200レンズEF-S60mm f/2.8 Macro USM明日は1月4日、仕事始めです。休み...

神戸の夜景

神戸といえば何を思い浮かべるかというと、夜景です。暮れに5年ぶりにでかけた神戸では、どこかで夜景を見たいと思っていました。家族連れだし、初日(12月27日)は埼玉から神戸までの長距離ドライブなのでどこか手軽なところで・・で、結局お手軽なポートタワー付近にしました。上の写真はMOSAICから対岸のポートタワー方面の眺めです。この右に独特の形をしたオリエンタルホテルがあります。本当はホテルまでを入れた...