Welcome to my blog

たけぽの「続・平常心是道」

ARCHIVE PAGE

archive: 2010年03月  1/2

モミジイチゴ(紅葉苺) 

狭山丘陵に咲くキイチゴの中で、一番最初に開花します。うつむいて咲く姿は、純白の花びらが陽に透けてとてもきれいです。今の時期の狭山丘陵では至るところで白い花を一列に並べて咲いています。この花は曇っているととても撮りにくく、下から撮ると曇り空と同化してしまいます。咲いているのは分かっていたものの、青空を待って撮り直しました。青空に映える白なんですが、この日はやや陰ってきていました。スミレたちもそうです...

コスミレ(小菫)

春の色といったら、どんな色を思い浮かべるでしょうか。暖かい桜色か、それともタンポポの元気な黄色か・・私はやはりこの淡い紫色ですね。コスミレやタチツボスミレの花を見ると、春が来たなと思います。今年もいつもどおりの時期に咲いて、楽しませてくれています。名前はコスミレですが、花自体はスミレとしては大きめで、タチツボスミレよりも大きいくらいです。色も形もタチツボスミレに似ていますね。コスミレは葉がやや長め...

コオニタビラコ(小鬼田平子)

春の七草でいうところの「仏の座」とは、すなわちこのコオニタビラコのことであります。同名のホトケノザという道端などあたり構わず生えるシソ科の植物がありますが、こちらは食用ではありません。くれぐれもお粥に入れたりしないようお気をつけください。コオニタビラコはいわゆる水田雑草というやつで、田んぼの少ない狭山丘陵では希少です。そもそも除草剤などによって水田雑草自体が全国的に少なくなってきているようですね。...

カタクリ(片栗)

狭山丘陵では数カ所でカタクリの花を見ることができます。毎年この時期見に行こうと思いつつ、つい時機を逸してしまうことが多い花です。今年はどうにか花の多い時期に訪れることができました。でも、花はたくさんあるものの、きれいに反り返って咲いているのはわずかしかありませんでした。私が見に行ったのは金曜日で、お天気がいまひとつよくなくて、少し暗かったせいかもしれません。カタクリの花は明るくならないと開いてくれ...

エイザンスミレ(叡山菫)

この春4番目のスミレはエイザンスミレです。この花、先週末と24日の水曜日にも見に行ったんですが咲いているのに巡り逢えず。今日、ようやく開花していました。狭山丘陵では数が少ないスミレで、滅多にお目にかかることができません。昨年咲いている場所を教えていただき、ようやく見ることができました。今年もまた同じ場所に咲いていて、一安心です。狭山丘陵のエイザンスミレは淡いピンクでとてもきれいです。また、当地のス...

ネコノメソウ(猫の目草)

早春の水辺に、ぱっと明るい黄緑色の草が広がっています。ネコノメソウが一面に咲いているんですが、あまりにも小さな花なので注意してみないと咲いているのかどうか分かりません。マクロで寄って撮ると様子が分かるものの、残念ながら接近できるところにはなくて、望遠で撮りました。今日は平日休みだったので、朝から狭山丘陵に出動する予定でした。しかし天気予報に反して午前中は雨が降っていて外に出られず・・おまけに寒いし...

カントウタンポポ(関東蒲公英)

今年の春はタンポポの登場が遅いです。そう思いませんか・・少なくとも狭山丘陵においては、昨年の今頃に比べると少ないようです。昨年、一昨年は早い時期からセイヨウタンポポの姿を見ていましたが、今年はほとんどありませんでした。しかしようやく咲き始めたようで、毎年タンポポの観察をしている公園でも黄色い花が増えてきました。先週末の状況では、カントウタンポポよりセイヨウタンポポの方が若干多いようです。どれもまだ...

こぶし咲く、あの丘・・

No image

北国ではないですが、狭山丘陵のコブシも満開になり、いよいよ春です。こぶし咲く、あの丘 posted by (C)たけぽ本当は野草の花を用意していたんですが、せっかくの振替休暇にもかかわらず冷たい雨が降りしきる一日になってしまいました。なので、せめて写真くらいはいかにも春!っていうのを載せたいと思います。それにしても寒々とした一日でした。この木はいつもマウンテンバイクで走っている狭山湖外周道路にある「猿久保便所」...

ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)

狭山丘陵のスミレが次々咲き始めました。これはカントウミヤマカタバミを撮った帰り道で見つけたナガバノスミレサイシンです。特に珍しいということもないと思いますが、狭山丘陵では限られた場所でしか見たことがありません。昨年は見つけられなかったので、2年ぶりのご対面です。昨冬、林道の拡幅工事があって、それまでナガバノスミレサイシンを見ることができた場所がすっかり様変わりしてしまいました。そんなところで辛うじ...

カントウミヤマカタバミ(関東深山傍食)

昨年は3月22日に撮っていたカントウミヤマカタバミ、そろそろ咲いているかと見に行ってみました。2月末には葉のかけらもなかった林の中に、白い花が一面に咲いていました。でもまだ咲き始めのようで、昨年の写真のようにしっかりと開ききっている花はほとんどありません。今年は昨年より寒い冬だったので、花も遅めなんでしょう。毎週通うには少し遠い場所なので、群生地を行ったりきたりしつつきれいそうなのを探しました。【...

シュンラン(春蘭)

春の嵐が吹き荒れる土曜日になりました。風は強いものの、幸いにして天気は回復とのことで、午後から狭山丘陵に早春の花を求めてでかけてきました。今日はいくつかターゲットを決めていて、そのうちのひとつがシュンランです。これ以外に狙っていた獲物は、追々ご報告ということで・・いよいよ春ですねぇ。シュンランは狭山丘陵の何カ所かで見つけていて、毎年定点観測のようになっています。この写真のは一昨年載せたのと同じ場所...

アセビ(馬酔木)

狭山丘陵の林の中で、白いアセビの花が咲いているのを見つけました。アセビは公園なんかに植えられていることが多いので、山の中で咲いているがちょっと意外に思えました。本州から九州の山地に自生するそうで、であれば狭山丘陵の林に咲いていても不思議はないですね。狭山丘陵歩きも5度目の春を迎えました。アセビを山の中で見たのはこれが初めてだったので、きっと数は多くはないんでしょう。さすがに剪定もされていないせいか...

ヒサカキ(姫榊)

この時期に狭山丘陵を歩いていると、時折ガス臭のような匂いを感じることがあります。先週末、この匂いは何だっけ!?と思いつつ歩いていて、思い出しました。ヒサカキの花の匂いでした。例えていうなら都市ガスのような匂い、または、ラーメン屋の勝手口の匂いとでもいいましょうか。独特の匂いなんです。あえて、「香り」とはいいません。「匂い」です。直径わずか5ミリほどの小さな花ながら、匂いを感じたら風上を探すと確実に...

消えゆく「大猫鉄塔」を訪ねて(4・完)

3月12日の日記の続きです。ようやく春めいてきて、狭山丘陵に春の花たちが登場し始めました。今日も春の花と思ったんですが、まずは大猫鉄塔シリーズ(安曇幹線)を完結しておくことにします。JR八高線の線路を越えると、安曇幹線の送電線は山間部に入ります。山の尾根の上のようなところに鉄塔が建っていて、接近するのは大変そうです。もっとも、必ず巡視用の道があるんですが、どの鉄塔も撤去に向けた工事中なので遠目に眺...

ヒメカンスゲ(姫寒菅)

今週に入ってから、毎日この時期の花を掲載しています。まだ原っぱは茶色い部分が多くて春本番ではないですが、着実に野の花が増えてきています。気がつけば、いつの間にか3月も半分終わってしまいましたからね~。今日のヒメカンスゲは、この時期の狭山丘陵では林道脇の法面などでよく咲いています。カヤツリグサ科の仲間は見分けが難しくて悩ましいのですが、これは大丈夫かなと。葉が細く、苞の鞘が赤褐色だとヒメカンスゲだそ...

オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草)

ハコベに似た、どこにでも咲いている花ですね。道端や駐車場の隅っこなんかでも逞しく繁殖しています。開花時期が早く、花の少ない時期に咲くので、ネタの少ない時期に重宝です。(笑)在来種のミミナグサは自然度の高いところでないと咲かないですが、これは多少の荒れ地はものともしないようです。ミミナグサの方はもうちょっとあと、春本番になったら咲きます。狭山丘陵では何カ所かで観察することができます。【写真】オランダ...

セントウソウ(仙洞草)

早春の林道脇に白い粉でも撒いたかのように咲いています。セリ科のごく小さな花は、少し離れたら白い点々くらいにしか見えません。でもアップで見るといかにもセリ科らしい五弁花ですね。この花も、ここ1週間で随分と増えました。前の週末にはほんのちらほら咲いているくらいだったのが、この週末には道沿いにずっと咲いていました。多少の雪も何のその、寒さに強いんでしょうね。【写真】セントウソウ(仙洞草) セリ科これ以上...

タチツボスミレ(立坪菫)

まだまだ、撮るによしなしという感じなんですが、まずは咲いていましたという記録として載せておきます。陽当たりのいい場所ではそろそろ咲いていてもおかしくないはずと、あたりを付けて行ってみたら一株だけ花を付けていました。タチツボスミレとしてはちょっと色が濃いめかな!?この土日は春らしい陽気に恵まれて、本当に久しぶりに週末を楽しめました。先月は5週連続で休日出勤という状態に加えて週末の天気も悪く、思うよう...

アオイスミレ(葵菫)

スミレキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!いやぁ、今年も狭山丘陵にスミレの季節がやってきました!!ということで、2010年最初のスミレは、開花の早いアオイスミレです。先週末に蕾が付いているのを見ていましたので、今日はかなりの確率で咲いているはず。しかも気温は朝から鰻登りで、昼には少し動くと汗ばむほどです。否応なく期待は高まります。行ってみたら、ありましたありました、先週見た蕾以上に花が多いです。目についたのは...

消えゆく「大猫鉄塔」を訪ねて(3)

3月6日の日記の続きです。この鉄塔の建っているあたりの住宅地は一体どういう開発をしたのか、なかなか思うところに行き着けません。前回載せた安曇幹線381号鉄塔からこの379号鉄塔に向かうにあたっては、iPhoneの地図でしっかりと位置を確認してから移動しました。この鉄塔ももうじき取り壊されるようで、周囲にはフェンスが張り巡らせてあります。山の上に建っているのに背が高いと思ったら、他の送電線の上をまたいでい...

白梅

紅梅はちょっと前に載せたので、今日は白梅を・・今年はまだ載せていなかったと思いますので、狭山丘陵の白梅を。ちょっと暖かくなったと思ったら、このところまた冬に逆戻りしてしまいました。突然雪が積もったり、丘陵の草木もびっくりして出てこないかもなんて思ってしまいます。もうそろそろスミレが咲くと思うんですけど、今度の週末には見つかるでしょうか。なかなか暖かくなってこないといいつつ、いつの間にか白梅もだいぶ...

クサコアカソ?~2009年の載せそびれ

クエスチョンマーク付きの名前で載せてしまいましたけど、要するに見分けができないのです。イラクサ科の植物もなかなか素人には難敵です。カラムシあたりは何とか分かるつもりでいるのですが・・これは、アカソか、コアカソか、はたまたクサコアカソか!?多分候補はこの3つだと思います。ちらりと写っている葉の様子から、先端が三裂していないのでアカソは違うかな・・コアカソは西日本に多く、葉の付け根の方がくさび形になっ...

コバンソウ~2009年の載せそびれ

町中でも群生しているのを見かけるコバンソウ、狭山丘陵では意外と見かけません。もともと観賞用に持ち込まれたものだそうなので、自然の中より人の多いところに生えるんでしょうか。これは狭山丘陵南側の、丘陵整備の資材置き場あたりにありました。残念ながら花はもうとうに終わっていて、小穂の中は種かな!?なので、掲載カテゴリーも花画像でなく、こちらにしました。なかなか逞しそうなので、これから増えるのかもしれません...

タチシオデ~2009年の載せそびれ

春、大型連休が近付くと狭山丘陵のところどころで見られる花です。昨年、一昨年とも4月末に撮っているので、狭山丘陵での開花時期はそのくらいみたいです。暖冬だったので少し早かったのかもしれません。緑色の控えめな花が球状に咲いています。これは雄花ですが、雌花は見た記憶がありません。でも花後の実は何度も見ているので、ちゃんと咲いているんですね。雌花はもうちょっと密に花が咲くようで、これも今年の春の課題として...

ウラジロチチコグサ~2009年の載せそびれ

2009年の載せそびれシリーズは先日打ち止めにしたのでは!?全部載せ尽くしたと思ったんですが、もう一度見直したらまだ載せていなかったのがいくつかありました。この週末も2日連続の悪天候でネタもないので、今週は載せそびれ復活シリーズで・・ウラジロチチコグサはその名のとおり葉の裏が真っ白です。狭山丘陵で見られるチチコグサの仲間ではこれが一番多いと思います。壷型の頭花、総苞片に毛がないのでウラジロだと思い...

消えゆく「大猫鉄塔」を訪ねて(2)

3月3日の日記の続きです。382号鉄塔の作業をしばらく見学したあと、次の381号鉄塔に向かいました。どうやらこの辺の鉄塔はすぐに撤去されてしまいそうなので、行けるところまで行ってみることにしました。382号鉄塔の位置からは3基の鉄塔が見えていて、379号鉄塔までは視界のうちです。次の381号鉄塔も見たところそんなに遠くではありません。早速そっちに向かうと・・・なぜか元の位置に戻ってきてしまいます。...

これは何という花!?→アリノトウグサ

ちょっと古い写真で恐縮なんですが、あえて載せてしまいます。この花の名前が分からないのです。もしご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけると有り難いのですが・・草丈は小さくて、10~20cmくらい、花もごく小さいです。ミズヒキの花よりも小さかったような・・葉は・・写真がないんですがちょっと多肉っぽいかも。花の時期は7月で、明るい尾根の道端にたくさん群生していました。【写真】アリノトウグサ(蟻の...

マンサク(満作)

先週末に訪れた狭山丘陵で咲いていたマンサクの花、ちょうど見頃でした。どうみても園芸品種で、たくさんの花を咲かせています。まず咲くマンサク、この木だけはすっかり春を謳歌しているかのような華やかさでした。【写真】マンサク(満作) マンサク科これはマンサクかシナマンサクか・・シナマンサクは花の時期に枯れ葉が多く残っているそうなので、違うみたいです。どちらにしても人の手で植えられた園芸品種だと思います。カ...

消えゆく「大猫鉄塔」を訪ねて(1)

今日は平日休みだったので、久しぶりに鉄塔巡りに行ってきました。実は昨年の3月に新所沢変電所の傍で撮った安曇幹線の鉄塔が気になっていました。この鉄塔、送電線が変電所の手前で途切れていたので、撤去されてしまうのではと・・個性的な鉄塔で、50万ボルトを支えるだけあって規模も大きく、「鉄塔萌え」にはとても魅力的な送電線です。晴れ間が出て暖かくなってきたところで、修理上がりホヤホヤのGN125Hで行ってみま...

落椿

ちょっと暖かい日が続いたかと思ったら、また冬に戻ったような寒さの一日でした。春の訪れは一進一退ですね。時期の野草花も、今週は3日でネタ切れになってしまいました。ということで、狭山丘陵で咲いていたヤブツバキ・・かな!?木に咲いているのもいっぱいありましたけど、今日は落椿で。もののみごとに首根っこから落ちています。そういえば散り椿なんていうのもあるそうですね。武士椿(もののふつばき)というのがあるとか...