Welcome to my blog

たけぽの「続・平常心是道」

ARCHIVE PAGE

archive: 2010年10月  1/2

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)

その名のとおり盛りには泡立つように咲いていますね。狭山丘陵でもあちこちで群落を作っています。セイタカアワダチソウは植物の生育を抑制する物質を出すので、他の植物を追い出してしまうそうです。たくさん咲いているときれいなんですけどね・・もっとも、そのせいで自分自身の成長も抑制して減ってしまうんだそうですが。【写真】セイタカアワダチソウ(背高泡立草) キク科一時期は花粉症の原因と思われていましたが虫媒花の...

コシロノセンダングサ(小白の栴檀草)

野の花が姿を消しつつある中で、この一族は元気に咲いています。秋も深まってから我が世の春を謳歌する作戦なんでしょうか。花が減ってきているので蝶やアブを効率よく引きつけられそうです。順番的には本家コセンダングサから載せたかったんですが、舌状花付きのコシロ君からにしました。花が咲きつつも、どんどんひっつき虫を製造しています。このひっつき虫、先端の2本の角には刺さったら抜けないように逆向きの小さな棘がいっ...

カントウヨメナ(関東嫁菜)

花の時期はやや遅めだと思います。晩夏に咲き始めるユウガギクやシラヤマギクに始まって、いつの間にかノコンギクやカントウヨメナに入れ替わっています。どれも似ているのでいつの間に交代したのかよく分かりません。狭山丘陵に咲く野菊の中で頭花がいちばん大きくていかにも野菊という感じがします。野菊の絵を描けといわれたら、こんな花を描くでしょうね。色は白に近いですが、ちょっと紫が入ったのが多いです。湿気を好むよう...

アメリカイヌホオズキ(アメリカ犬酸漿)

イヌホオズキの仲間は種類の同定が非常に難しいです。その中で、辛うじてこの花は大丈夫だと思っています。薄い紫色に染まった花弁は細めで、反り返りません。花の付き方は散状で、一ヶ所に4~5個咲いているのが多いようです。本格的に種類を特定するには熟した実を分解するのがいいみたいですが、遠慮しておきましょう。【写真】アメリカイヌホオズキ(アメリカ犬酸漿) ナス科狭山丘陵ではそれほど多くない・・と思ったら、と...

アキノキリンソウ(秋の麒麟草)

野の花が少なくなる10月に、濁りのない黄色がきれいです。狭山丘陵ではあちこちでちらほらと咲いています。大きな群落とか立派な株というのは見たことがなくて、どこでも控えめな感じですが~。この花が咲く場所は何ヶ所か覚えていますので見逃すことはありません。ひ弱な感じに咲いている割には毎年姿を見せるので、それなりに丈夫なんでしょうかね。大体このくらいの咲き方で、ちょっと花が疎らな印象です。【写真】アキノキリ...

ヤブタバコ(藪煙草)

途中で伸びるのを放棄したような茎から四方にまっすぐな枝が伸びていて、独特の姿です。その枝の葉腋に小さな花をずらりと並べて咲かせています。これでも花で、蕾ではありません。狭山丘陵の林道脇ではごく普通の植物です。【写真】ヤブタバコ(藪煙草) キク科別にタバコの代用品になるわけでもなく、葉がタバコに似ているということらしいです。しかし毎度こんなアングルのを載せているような・・カメラ機種名Canon EOS 40D撮...

ヤクシソウ(薬師草)

春に咲くコオニタビラコの花に似ています。黄色い舌状花だけの花はいかにもキク科らしいですね。狭山丘陵では花盛りで、大きな株になるとこんもりと黄色い塊のように見えて見事なものです。ヤクシソウは狭山丘陵では10月に咲き、これが咲いたら丘陵の花ももうあとわずかです。これから急に寒くなるという予報もあるし、いよいよ晩秋に近付いているのか!?さて今度の冬は寒いんでしょうかね。今年みたいに春が遅くてヤキモキする...

クルマアザミ(車薊)

一昨年の秋に載せたクルマアザミ、昨年はとうとう見つかりませんでした。今年は一昨年とおそらく同じ場所で見つけることができました。気を付けないと、花だけ見たらノハラアザミやトネアザミと思ってしまいそうです。特徴は何といっても襟巻きのような総苞片です。ちょっと面白いなと思ったのは、開花していた花にはほとんど襟巻きがなく、蕾の方には立派な襟巻きがあります。どちらも同じ株の花であることは確認しました。この襟...

コウヤボウキ(高野箒)

今年もまたカールしたリボンのようなコウヤボウキの花の季節が来ました。花の種類が少なくなってくる時期に咲くことと、どこにでも咲いているといっていいくらい咲いていることから、当ブログのレギュラーメンバーになっています。この花を見ると、秋本番。一年経つのが本当に早く感じられます。去年のこの時期は怪我して左手にギブスしていました。随分経つような、ついこの間のことのような・・・コウヤボウキの名前の由来は、高...

ヤノネグサ(矢の根草)

この時期のタデ科らしい蝋細工のような小さな花を咲かせます。草の先端に咲く花だけ見たらアキノウナギツカミにそっくりです。ちょっと前まで混同していて、ようやく見分けられるようになりました。狭山丘陵の田んぼではアキノウナギツカミに混じって咲いているので紛らわしいです。見慣れてしまうとだいぶ違うんですけどね・・アキノウナギツカミは葉が茎を抱くようについていますが、ヤノネグサは葉柄があります。葉の形が「矢の...

サラシナショウマ(晒菜升麻)

狭山丘陵でもサラシナショウマが咲いているという情報をいただき、早速探索に行ってきました。薄暗い森の中で、ようやく咲き始めた一群がありました。ひとつだけ、花穂の小さな花がほぼ開いています。ちょうどこのブログを始めた頃、マウンテンバイクで群馬の御荷鉾スーパー林道を走ったときに、あちこちで白いブラシのような花が揺れていました。当時はサラシナショウマの名も知らず、帰ってきてから調べたのを思い出します。もっ...

コメナモミ(小雌なもみ)

昨日のメナモミによく似た花というのはこれです。ほとんど同じに見えますね。違うのは総苞片などにメナモミのような長い毛が見られないことです。メナモミよりも花が疎らなようです。花の大きさは同じくらい、頭花はそっくりで毛深いかそうでもないかの違いくらいに見えます。狭山丘陵に咲いているのは全部メナモミだと思っていましたが、よく見たらコメナモミの方が多いかもしれません。・・と思ったらこれまたよく似たツクシメナ...

メナモミ(雌巻耳)

漢字の表記が分からなくて、以前はひらがなで載せました。そういえば、オオオナモミって「大巻耳」と書くんですよね。それじゃメナモミは「雌巻耳」だろうと検索してみたら、どうやらそのようです。でも、まず漢字で書くことはないでしょう。書いてあっても読めませんし。オナモミに対するメナモミなんでしょうけど、似ているとは思えません。どちらもキク科なので、ぜんぜん他人ということもないんでしょうけど。メナモミはともか...

シロヨメナ(白嫁菜)

昨日のノコンギクに続いて野菊です。狭山丘陵では林の縁でわりとよく見かける花です。種類としてはノコンギクに近いそうですが、見た目はシラヤマギクの方に似ているかな・・花の大きさはシラヤマギクと同じくらいです。でも葉の様子や立ち姿がまるで違ってますから、見間違えることはないでしょう。舌状花が疎らなシラヤマギクに比べて、こっちの方がきちんと揃っている感じです。【写真】シロヨメナ(白嫁菜) キク科ノコンギク...

ノコンギク(野紺菊)

毎年のことながら野菊の一族には悩まされることしきりです。その中でもノコンギクとシラヤマギクは分かりやすい方だと思います。それなりに特徴がありますから、あまり迷うことはないでしょう。ノコンギクはその名のとおり青っぽいものからほとんど白に近いものまで色の変異が大きいようです。昨年載せたものはかなり濃い紫で、こんな濃い色のは他で見たことがないというくらいでした。今日、濃い色のノコンギクを見に行ったんです...

カシワバハグマ(柏葉白熊)

狭山丘陵の森の中でよく咲いている花です。コウヤボウキ属らしく、くるっと巻いたリボンのような花が特徴的です。それに加えて魚の鱗みたいな総苞片も、これまた美しい。花の時期はコウヤボウキよりもやや早く、狭山丘陵では10月の前半あたりでしょう。昨年は9月末から咲いていたので、今年はこの花も少し遅めの開花でした。10月も半ばですが、まだ十分に暖かいですからね。昨年の日記を読むと、このくらいの時期はだいぶ肌寒...

トネアザミ(利根薊)

期せずして、4日連続のアザミシリーズになってしまいました。このアザミはいまひとつ自信がなかったのですが、勢いで載せてしまいます。取りあえず名前の後ろに「?」マーク付きなんですけど。こんな遅い時期に、背の高いアザミが咲き始めています。ぱっと見は昨日載せたノハラアザミにそっくりです。でも、花をよく見ると総苞の棘がノハラアザミよりもかなり長く、しかも上の方は開出しています。よく見ると花の付け根部分の方の...

ノハラアザミ(野原薊)

狭山丘陵では8月後半くらいから咲き始めます。随分長いこと咲いていますが、そろそろこの花も終わりでしょう。何度か撮ったんですがいまひとつ気に入らなくて載せてませんでした。かといって、これが気に入ったということでもなく、今週はアザミが続いているので載せてみました。もう草の勢いがないのかひっくり返りそうになりながら咲いています。狭山丘陵には何種類かのアザミが咲きますが、これが一番多いと思います。初夏に咲...

アズマヤマアザミ(東山薊)

昨日のタカアザミに続いて、狭山丘陵では少数派のアザミです。森の中の薄暗いところに、かなり地味な色の花を咲かせます。今年はどうやら豊作のようで、数年来記憶にないくらいの数が生えていました。分布は関東、中部地方とのことで、あまり広範囲に見られるものではないようです。狭山丘陵では希少なアザミで、私は一ヶ所しか咲いている場所を知りません。この花が咲く場所は、不思議と珍しい花が多く咲く場所なのです。すぐそこ...

タカアザミ(高薊)

先週あたりからタカアザミの花が咲き始めました。その名のとおり見上げるほどに育って、おびただしい数の花を咲かせます。大きな綿毛を作ってしきりに種を飛ばすんですが、そのわりには個体数が少ないような・・とはいえ、数が少ないと感じた昨年に比べて、今年はかなりの数のタカアザミが育っています。これもボランティアの皆さんをはじめ、保護していただいているからでしょう。来年も再来年もいっぱい咲いてくれると思います。...

イヌショウマ(犬升麻)

薄暗い森の中で真っ白なイヌショウマの花が咲いています。ちょっと離れたところから見ると、ぼわんと輪郭の定まらない感じで何かの綿毛のようにも思えます。あまりにもひっそりと咲いているので、一昨年まで存在に気付きませんでした。狭山丘陵においてはかなり珍しい部類の植物だと思います。私の知っている群落は1ヶ所しかありません。一昨年は終わりかけのところを辛うじて押さえました。今年は蕾をチェックしていたので七分く...

オケラ(朮)

昨年初めて見つけたオケラの花がそろそろ咲いているかと探してみました。カセンソウの咲き具合もチェックしておきたかったので回り道してみたら、思わぬところでオケラが咲いていました。ほとんど道に転がり出るかというくらいの勢いで伸びていて、砂埃をかぶっているようです。全国的には特に珍しい植物ではないのかもしれませんが、狭山丘陵では滅多に見かけません。昨年咲いていた場所と、この写真を撮った場所の2ヶ所で見たの...

キバナアキギリ(黄花秋桐)

シソ科の野草としては大きめの花を咲かせます。この時期に咲いているシソ科の花は小さなものが多いですが、これは春に咲くオドリコソウに次ぐくらいの大きさだと思います。花の色が明るくて群落を作って咲くので、遠くからでもこの花が咲いているのが分かります。キクイモやセイタカアワダチソウのようなクッキリとした黄色ではなく、控えめな感じですね。この花独自の黄色って感じがします。林の縁の半日陰みたいなところを好むよ...

ミゾソバ(溝蕎麦)

むしろウシノヒタイ(牛の額)という別名の方が通りがいいんでしょうか。当ブログではミゾソバの名前で載せておりますが・・独特の形の葉は牛の顔のような形といわれるとなるほどと思います。この写真では葉の形が分からないので、2008年の写真をご参照ください。狭山丘陵ではちょっと湿った場所ならどこにでも咲くというくらい多い花です。この週末あたりは丘陵のあちこちにある小さな湿地はこの花のピンクに彩られているでし...

キンミズヒキ(金水引)

暑い盛りから咲いているキンミズヒキが、10月に入っても俄然元気です。次々に花穂を出すのか、かなり長いこと咲いています。こんなに長いこと咲いているんでしたっけ。狭山丘陵は花の種類が多いので、一度撮ったら他の花を探してしまうせいで覚えていないのでしょう。アップで見ると、バラ科らしい五弁花がずらっと並んで咲いています。眺めていると金色に見えるような気がしてきました。金の水引というおめでたい名前が似合って...

ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)

昨年は咲き終わり寸前の花をようやく見つけたのですが、今年はちょうど見頃にあたったようです。狭山丘陵のとある場所で群落といってもいいくらいまとまって咲いていました。夏中花を付けないままのユリ科らしい葉を見つけていたので、たぶんこれだろうと思っていました。この花も昨年に比べて10日以上も開花が遅かったようです。もっとも、同じ狭山丘陵内とはいえ昨年撮った場所とは違うので単純比較はできませんが。今年は本当...

ヒガンバナ(彼岸花)

昨年は9月13日に撮っていますから、今年の開花は10日以上も遅かったようです。お彼岸の中日でもまだ咲き始めくらいでした。ヒガンバナのないお彼岸というのも少ないと思います。もう10月だし、なんだかものすごく時期はずれになってしまったような気がします。さすがにこれ以上遅くなるとしらけそうなので載せておきます。やたら目立つ花ですから変な時期に載せると季節はずれ感も一塩でしょう。【写真】ヒガンバナ(彼岸花...

ノササゲ(野大角豆)

淡い黄色が美しい蝶型の花を、今年も見ることができました。昨年はこのノササゲの花が今まで見たこともないほどたくさん咲いていました。ところが今年は打って変わってまるで見かけないのです。昨年は冷夏、今年は猛暑と極端な気候が影響しているんでしょうか。開花時期も今年はかなり遅いようです。細長い二等辺三角形の三小葉を付けた蔓はあちこちで見かけるのですが、花芽が見えません。2週間前にようやく見つけた小さな蕾、そ...

アキカラマツ(秋唐松・秋落葉松)

昨年、花がすっかり終わったあとで見つけたアキカラマツ、今年は咲いているところを押さえました。咲いているといっても花弁もなくて、あるのは萼としべです。花弁がないのはセンニンソウやニリンソウなど他のキンポウゲ科でもよく見られますね。しかしまぁ他の植物によく絡まれていること!今の時期はカナムグラが思う存分に伸びまくっているので、ちょっと邪魔。せめて独特の葉が見えるくらいにどけてみました。狭山丘陵では他の...

ノダケ(野竹)

竹と名が付くものの、シシウドの仲間です。なるほど色は違えど見た目はよく似ています。小さな花が密集して咲くのはいかにもセリ科らしいです。狭山丘陵においてはあちこちで見られます。周囲に何もない草っぱらというより、林の縁などの半日陰に多いかな・・仲間のシシウドは限られた範囲でしか見たことがありません。【写真】ノダケ(野竹) セリ科紫というより、小豆色といった方が近いと思います。セリ科の花としては少数派の...