Welcome to my blog

たけぽの「続・平常心是道」

ARCHIVE PAGE

archive: 2010年12月  1/2

ウツギ~2010年の載せそびれ

2010年のトリはこの花に飾ってもらいましょう。今年最後だし、ちょっと華のあるやつで締めくくります。この一年、週末ごとに狭山丘陵を歩き、初めて見た花あり見そびれた花あり、まぁいろいろです。自然相手だとなかなか思うように行きませんね。でも念願のツルリンドウも撮ったし、振り返ってみるとまずまずのシーズンだったと思います。今年は春が遅かったり、異常な猛暑だったり、花の時期が掴みにくい年でした。気候の影響...

送電鉄塔をゆく(4)~的場線その1

今日から新たな送電線シリーズの登場です。題名も、今後は司馬遼太郎の「街道をゆく」ならぬ「送電鉄塔をゆく」で統一しようと思います。もっとも「街道をゆく」は紀行の名文であり、相当厚かましい命名なんですけど・・また、「送電線をゆく」にしようかとも考えましたが、メインは鉄塔なので送電鉄塔としました。ちなみにいきなり(4)から始まるのは、すでに3シリーズをポストしているからです。1・・岡部境線(前久保境線)...

コモチマンネングサ~2010年の載せそびれ

これも毎年載せそびれで登場しています。立体的な花で、どうもうまく撮れないんですよね・・・花の様子はベンケイソウ科らしい形で、梅雨入り前くらいの頃に道端を黄色く染めるくらいに咲いています。黄色い花を敷き詰めたような絵を撮りたいところですが、ファインダー越しに見るとそれほど密に咲いていません。花の色が鮮明な黄色のせいか、実際以上に目立って見えるようです。盛んに咲いているように見えて、案外疎らだったりし...

オオチドメ~2010年の載せそびれ

地面を這うように生えて、そこから細長い花序をまっすぐ上に突き出します。ごく小さな五弁花を球状に咲かせます。大きさはひとつの花のかたまりが5ミリくらいしかありません。「オオチドメ」で楽天ブログのタグ検索をしたところ、出てきたのは私が一昨年に載せた記事ひとつだけでした。この花をテーマとして取り上げる人もそうそういないということですね。可愛らしい花だと思うんですけど、小さすぎるせいでしょうか。狭山丘陵で...

オオバコ~2010年の載せそびれ

2年ぶりの登場はお馴染みのオオバコです。子どもの頃はオオバコ相撲をよくやってましたが、今の子どもたちはやらないんでしょうね。オオバコの花茎同士を引っかけて引っ張り合い、切れたら負けというアレです。そんなこともあって、幼い頃から馴染みのある雑草です。さて、もうそろそろ年内のお勤めも終わりという方もいらっしゃるんでしょうか。明日28日がいわゆる御用納めなので、官公庁は明後日から年末年始のお休みですかね...

ゴウソ~2010年の載せそびれ

載せそびれシリーズは今日から6月編に突入です。カヤツリグサ科の植物は相変わらず苦手にしていて、種類の見分けもあまり進歩していません。そんな中でもさすがにこれは大丈夫でしょう。特徴的な姿なので、カヤツリグサ科ではいちばん最初の方に覚えました。これは田んぼの脇を流れる小川のほとりで撮りました。湿潤なところを好むようですが尾根道でも見かけることがあるので、いくらか乾燥にも耐えられるようです。北海道から沖...

アカバナユウゲショウ~2010年の載せそびれ

野の花としてはとても色鮮やかで目を惹きます。もともとは観賞用に持ち込まれたのが野生化しているのだそうです。砂利の駐車場でも平気で咲いているので、多少の荒れ地もへっちゃらなんでしょう。日本に入ってきたのは明治の頃だそうで、私が子どもの頃にはすでにそこいら辺で咲いていたはず。・・だと思うんですがまったく記憶にありません。これだけ目立つ色なら覚えていてもよさそうなんですけど。【写真】アカバナユウゲショウ...

フタリシズカ~2010年の載せそびれ

初めてこの花を見つけたときは珍しい花もあるもんだと思いました。狭山丘陵ではそれほど珍しいものでもなくて、あちこちで見ることができます。とはいえ、どこにでもあるというほどでもありあせんが・・名前のとおり、花序2本が標準のようです。こちらの山で見かけるフタリシズカも、2本のものが多いです。しかしこの個体は5本もありました。3本は普通に見つかって、4本になるとちょっと少ないです。5本はかなり希少かもしれ...

送電鉄塔を辿る旅~南狭山線(11)(完)

東京電力南狭山線の鉄塔を辿る旅も、いよいよ大詰めです。思えば2009年3月の20号鉄塔から1号鉄塔に始まり、のべ3日の行程となりました。3区間に区切って辿ったので、終点は32号鉄塔です。前回の35号鉄塔から34号鉄塔まではきれいに区画整理された住宅街だったのであっという間でした。市街地の鉄塔は電柱やら配電線に邪魔されて撮りにくいなぁ・・鉄塔見上げて写真撮ってる変なオジサンですね。(笑)鉄塔のとなり...

チチコグサ~2010年の載せそびれ

昨年は穂の花が終わった時期に見つけたチチコグサ、今年は花の時期に撮りました。・・っていっても咲いているんだかよく分かりませんね。キク科らしく綿毛ができていて、この花は咲き終わったんでしょうけど。狭山丘陵で見られるチチコグサの仲間はウラジロチチコグサばかりです。チチコグサモドキと思われる植物も見つけましたが、その後は見ていません。在来種のチチコグサもおそらく見つけられないだろうと高をくくっていました...

アメリカフウロ~2010年の載せそびれ

この花は載せそびれシリーズの常連になってしまいました。タグを辿ると、4年連続の載せそびれでの登場です。一年で最も花の多い時期に咲きますから、レギュラーシーズンでの登場は倍率が高いんですが、さすがに4連続というのは他にありません。葉の様子は秋に咲くゲンノショウコに似ています。薬効も似ていて、アメリカフウロはアメリカ原住民の胃腸薬だったそうです。同じフウロソウの仲間ながら花の時期がまるで違うというのも...

カスマグサ~2010年の載せそびれ

辛うじて咲いているのを見つけましたが、残念ながら時機を逸したようです。一昨年はまずまずの時期で去年は見逃しと、この花にはあまり縁がありません。ごく小さな花ながらマメ科らしい形で、紫の縞がきれいです。カラスノエンドウとスズメノエンドウの中間でカスマグサという命名はいくら何でも安易でしょう。中間の大きさで、たとえばツバメノエンドウくらいでどんなもんでしょう。でもツバメっていうイメージじゃないですね・・...

送電鉄塔を辿る旅~南狭山線(10)

前回の南狭山線39号鉄塔をあとに、次の38号鉄塔に向かいます。38号鉄塔は赤白の大きな鉄塔で、いい目印になりました。住宅街をこまねずみのように走ってほどなく到着しました。鉄塔のすぐ下までいけるものの、時間的にほぼ逆光になったので少し離れたところから記念撮影。大きすぎて近くによると全体が捉えられません。次の37号鉄塔はイチョウの木が整然と並んで生えている(というか植えられている)斜面の上に屹立してい...

シロツメクサ~2010年の載せそびれ

ごくありふれた、お馴染みの花です。白い玉のように見える花は、拡大しているとマメ科らしい蝶型をしています。シロツメクサが一面に咲いたら、春たけなわって感じですね。狭山丘陵でも、春はどこの原っぱに行っても咲いています。そんな中でも特にシロツメクサが多く咲く原っぱを見つけました。一面花盛りのところを撮ろうとでかけたら、すっかり草刈りされて空振りでした。来年の春は油断せず、花の盛りを見計らって撮りに行くつ...

オオアマナ~2010年の載せそびれ

5月の連休の頃になると、狭山丘陵のあちこちで見かけます。白くて輪郭のはっきりした花は、とてもよく目立ちます。もともと自生しているものではなく、園芸品種が野生化しているんでしょう。特に珍しい花でもありませんが、掘り起こされて持ち去られているのを見たことがあります。こんな花でも盗掘にあうんだ・・と、ちょっとびっくり。本来の自生種ではないし、生態系への影響があるかもしれないので、駆除するというのもありか...

ヤエムグラ~2010年の載せそびれ

咲いているのか咲いていないのか、よく分からないくらい小さな花です。輪生する細い葉と十文字の白っぽい花で、見分けはできると思います。暖冬の時は3月はじめくらいに咲いているのを見かけますが、今年はこの花の開花も遅めでした。この個体はちょっと花が少なめで、撮り直そうと思っているうちに時期が終わってしまいました。暑くなるとこの草は姿を消します。 八重葎 しげれるやどの さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり ...

送電鉄塔を辿る旅~南狭山線(9)

不老川を渡って次の南狭山線41号鉄塔に向かいました。でも川沿いを走ったのが間違いで、鉄塔方向に向かう道がありません。小さな住宅街を抜け、畑の中の道を「己」型に走ってようやく鉄塔の許に辿り着きました。めずらしく柵なしです。例によって結界写真を撮って次の40号鉄塔を目指しました。突然畑の中から市街地に出ます。狭山あたりはどこもこんなで、突然住宅街が切れて一面の畑が始まります。次の40号鉄塔との中間で、...

ハハコグサ~2010年の載せそびれ

この花は狭山丘陵あたりだと一年中どこかで咲いているように思えます。でも盛りはやはり春の連休頃でしょうか。田植え前の田んぼが黄色くなるくらいに咲いていました。個々の花は地味ですけど、たくさん集まるとそれなりに・・かな。春の日溜まりを思い出します。これもごく在り来たりの雑草なので今年も載せそびれで登場となりました。タグ検索したら2009年の記事が出てこなかったところをみると、昨年は載せなかったのか!?...

ヤワラスゲ~2010年の載せそびれ

スゲの仲間ではごくありふれた種類だと思います。狭山丘陵では湿地の周辺みたいな、やや湿ったところに多いと思います。これも湿地の中ではなく、その周囲で群生していました。カヤツリグサ科の植物は似たようなのが多くて、種類の同定に自信がありません。さすがにこれは大丈夫だとは思いますが・・今年も課題だと言いつつ、相変わらず進歩が見られないです。先端の細い穂が雄花で、下に3つついてる房が雌花です。雄しべ、雌しべ...

クチナシグサ~2010年の載せそびれ

狭山丘陵では珍しい部類の植物だと思います。春の盛りに尾根道でちらほら咲いているのを見かけます。調べてみたら埼玉県では絶滅危惧種(絶滅危惧IB類)に指定されているのでした。それだけ少ないんでしょうね。イネ科の植物に寄生しながら、自身でも光合成を行う半寄生植物です。宿主は何だろう!?場所的には笹か何かでしょうか・・従来はゴマノハグサ科の分類でしたが、APG植物分類体系ではハマウツボ科に移行しています。ハ...

オニタビラコ~2010年の載せそびれ

狭山丘陵では暖冬の年は2月でも咲いていることがあります。今年は春の訪れが遅かったので、昨年に比べると少々遅い開花でした。寒い時期には茎が短く、地面に近いところで花が咲いています。春本番になるとぐんぐん背を伸ばし、80cmくらいまで大きく育ちます。タンポポもそうですが、寒い時期には冷えないようにしているんでしょうね。舌状花だけの、タンポポをごく小さくしたような花をごちゃっとまとめて咲かせます。この個...

送電鉄塔を辿る旅~南狭山線(8)

12月4日に載せた(7)では南狭山線31号鉄塔までで引き返してしまいました。残る12基の鉄塔を追いかけるべく、11月28日に今度は終点の南狭山変電所から遡っていきました。スタート地点は南狭山変電所の脇に立つ43号鉄塔です。青空をバックにすると白亜の巨塔といった趣ですね。この変電所の反対側には高さ100mを越える新座線の鉄塔があって、さすがにそれには及びませんが・・随分込み入っていて、これでよく接触...

ヤマツツジ~2010年の載せそびれ

春の狭山丘陵でいちばん目立つ花かもしれません。これだけ鮮やかな色の花を盛大に咲かせる草木もなかなかないですからね。さすがに園芸品種のような派手さはないですが、野にあっては十分目立ちます。園芸用のツツジはいろんな色がありますが、丘陵の林に咲くヤマツツジは全部この色のようです。ちょっとくすんだようにも見える、素朴な感じのツツジです。この花もこれだっ!という決定打がなく、2年連続の載せそびれシリーズ行き...

ウマノアシガタ~2010年の載せそびれ

日本全国に分布している多年草ではありますが、狭山丘陵ではごく稀です。私の知っている限りではほんの数カ所で咲くだけです。なので花を見ることができたら運がよかったと思うことにしています。狭山丘陵でたくさん咲くキツネノボタンに似ています。でも花柄が長くて、花の近くには葉らしきものは見あたりません。また、花の中心の「金平糖」も小さくて、見間違えることはないでしょう。【写真】ウマノアシガタ(馬の脚形、馬の足...

タチシオデ~2010年の載せそびれ

この花も昨年に続いて載せそびれシリーズでの登場となりました。レギュラーシーズンに載るものと載せそびれに回るものが完全に分かれてしまったようで、よくないなぁ・・来年は少し載せる順番を考えることにしないと、マンネリ化してしまいそうです。この植物は美味しくて、山のアスパラガスなんていわれるようですね。残念ながら狭山丘陵では植物が採れませんし、それほどわんさか生えているわけでもないのでどんな味がするのか想...

コバノガマズミ~2010年の載せそびれ

細長くて柄のない葉から、これはガマズミではなくてコバノガマズミでしょう。狭山丘陵ではどちらも見かけますが、今年はコバノガマズミしか撮っていませんでした。花は同じに見えるので、あまり差異を意識して撮ってなくて、あとからどっちだったかに気付くパターンです。もうちょっと注意力を持って観察しないといけませんね。この花を見るとどれもこれもガマズミと思いこむところがあります。何でもそうですが先入観を持たずに素...

ムラサキサギゴケ~2010年の載せそびれ

春の盛りには田んぼの畦を紫色に染めるくらい咲きます。淡い紫色の翼と黄色い模様がきれいです。コケと名が付きますがもちろん苔ではなくて、苔のように地面に広がっています。よく似たトキワハゼに比べると、縦横ともに2倍はあるでしょう。模様や大きさから見間違えることはありません。この手の花としては大柄だと思います。【写真】ムラサキサギゴケ(紫鷺苔) ハエドクソウ科春の日溜まりを連想させてくれる花です。従来の体...

送電鉄塔を辿る旅~南狭山線(7)

ブックオフの敷地に立っていた南狭山線27号鉄塔から南下し、次の28号鉄塔に行きました。この鉄塔は南狭山線(275kV)の下に併架している日高線(66kV)から枝分かれしています。枝分かれしている先を辿ると、西武鉄道入間川変電所に引き込まれていました。この電気で西武新宿線の電車が走っているんですね。西武鉄道には30ヶ所以上の変電所があるそうで、埼玉南部の送電線を辿っていると西武鉄道の変電所によく行き...

タチイヌノフグリ~2010年の載せそびれ

とてもきれいな色の花なんですが、あまりにも小さいのがちょっと残念です。昼時のわずかな時間しか開花していないので余計に目立ちません。私の場合はお昼くらいから活動することが多いので、ちょうどいい時間にお目にかかれるようです。この花も2年連続の載せそびれシリーズでの登場です。なんだか毎年の掲載パターンが決まってきたような・・狭い丘陵で活動しているので、一定やむを得ないんですけど。載せそびれシリーズは今日...

オトコヨウゾメ~2010年の載せそびれ

白い花はちょっといびつな形で、丸っこい花弁とともに妙に愛嬌があります。花の真ん中に見える赤い雌しべのせいで余計にそう思えるのかもしれません。春の狭山丘陵ではあちこちに咲いています。ごくありふれた花なので、今年もまた載せそびれに回ってしまいました。疎らに咲く花を撮るのは結構難しく、会心の一撃というのでもない限りは一年でいちばん花の多い時期に載せるのはなかなか・・来年は少し工夫して狙ってみましょう。【...