Welcome to my blog

たけぽの「続・平常心是道」

ARCHIVE PAGE

archive: 2011年01月  1/2

オオバノトンボソウ~2010年の載せそびれ

狭山丘陵で見ることのできる地生ランとしては多いほうだと思います。とはいっても、どこにでも生えているというものでもないんですけど。これは林道の道端に無造作に咲いていました。残念ながら一部の花は茶色くなっていて、時期は少し遅かったようです。そんなわけで、今回は載せそびれシリーズにまわってしまいました。ランの仲間は春先に咲くシュンランに始まり、春の盛りのキンランやギンラン、初夏のサイハイラン、ネジバナ、...

ネムノキ~2010年の載せそびれ

昨日のアカメガシワの雄花と形状が似ています。こちらのほうが細くて儚げに見えます。美しい淡紅色の毛のようなものは雄しべだそうです。この花には桃のような甘い香りがあるそうですが、梅雨時で雨のあとだったせいか気がつきませんでした。どうも香りの見分けはいまひとつ得意ではないようです。狭山丘陵にはあちこちにあって、撮るチャンスは多いです。でも雨の多い時期の花なので、なかなかいいコンディションのものにめぐり合...

アカメガシワ~2010年の載せそびれ

2009年は雌花を載せたので、今回は雄花です。というか、雌花は時機を逸して撮りそこないました。雄花も天気もよくなくていまひとつの写りだったので乗せそびれ行きです。狭山丘陵には結構多く見られるようです。樹木はあまり注意していなかったので、最近まで気づいていませんでした。火災や伐採などから自然に回復した林(二次林)に多いそうなので、きっと成長が早いんでしょうね。枝先のあたりが柔らかそうで、いかにも成長...

送電鉄塔をゆく(5)~只見幹線その1の2(不老川)

先日載せた只見幹線472号鉄塔の先に見える471号鉄塔を目指し、送電線の伸びる方向に向かう道を探しました。すぐに小さな川に架かる橋に出くわし、これはどこかで見たことがあるような・・橋のすぐそばに武蔵赤坂線35号鉄塔があったので、以前に武蔵赤坂線を辿ったときに通った場所であることを思い出しました。只見幹線と並行する川に沿って自転車を漕ぎ、鉄塔のほうに向かう道に入ると、次の471号鉄塔脇にたどり着けま...

カラスビシャク~2010年の載せそびれ

この花はなかなか見つけることができませんでした。色が周りの雑草と同化してしまうくらいの緑なので気がつかなかったのかもしれません。でも一度見つけてしまうと次々と見つかるのがとても不思議です。カラスビシャクの姿を認識パターンとして頭の中に登録できたのて、それと照合できるようになるからでしょうね。ウラシマソウやマムシグサを小さくしたように見えますが別属です。いずれもサトイモ科というのは少々意外な気がしま...

アレチギシギシ~2010年の載せそびれ

ギシギシという語感がなんとも面白い名前です。輪生する花の数が少なくて段々の間隔が広いこと、枝分かれの角度が大きいことからアレチギシギシであろうと思います。エゾノギシギシだと枝分かれしてもみんな上を向いています。狭山丘陵では多く見られる植物で、エゾノギシギシとの交配種も見られるらしいです。でも、見分けができないんですよね・・さらにニセアレチギシギシなる植物もあるようで、こうなるともうお手上げです。載...

オオバジャノヒゲ~2010年の載せそびれ

初夏の狭山丘陵ではおなじみの花です。日陰を好むようで、花を見かけるのはどこも薄暗い林の中です。梅雨時で天気が悪いと更に暗く、撮り難いったらありゃしません。花後には、目が覚めるような青い実ができます。ただ、結実する確立は低いようで、めったに見かけません。龍の珠といった趣で、とてもきれいです。当ブログには2年ぶりの掲載です。タグで検索しても昨年の記事が出てきませんでした。これほど当たり前の花を撮ってな...

ミヤマシラスゲ?~2010年の載せそびれ

最初はカサスゲかと思いましたが、どうやら違うみたいです。雌小穂の果胞がびっちりとひしめき合って並んでいるので、カサスゲのそれではありません。なんだか分からずに載せそびれの中でも載せそびれてしまいそうなので、あえて載せてしまいます。で、消去法で残ったのがミヤマシラスゲかと・・北海道から九州までの丘陵や山地の湿地に生えるとのことです。これは狭山丘陵北側の大谷戸湿地で見つけました。相変わらずカヤツリグサ...

送電鉄塔をゆく(5)~只見幹線その1の1(南狭山変電所)

懲りずに送電鉄塔シリーズ第5弾の只見幹線シリーズ開始です。只見幹線はJ-POWER(電源開発)の送電線で、東京電力ではありません。福島県の田子倉発電所に端を発し、570余基の鉄塔を介して東京都町田市にある西東京変電所まで電力を運んでいます。さすがに群馬や福島の山奥まで辿るのは難しいし、そもそも570基以上の全鉄塔を追跡するのは現実的ではありません。なので只見幹線その1として近場の南狭山変電所から南...

ケキツネノボタン~2010年の載せそびれ

春に咲くキツネノボタンとそっくりの花です。でもケキツネノボタンのほうがひとまわり小さな花を咲かせます。花の時期も違っていて、ケキツネノボタンは初夏に咲きます。クサノオウは暑くなると花が小さくなるので、初めて見たときはキツネノボタンも季節が進むと小さな花が咲くんだと思ってました。花後にできる金平糖の先が鈎型ならキツネノボタン、まっすぐならケキツネノボタンという違いもあります。似ていますが微妙に違って...

ヒルガオかコヒルガオか~2010年の載せそびれ

これはヒルガオなのかコヒルガオなのか・・撮ってから時間がたってしまい、いまひとつ特徴を覚えていません。葉の形はコヒルガオっぽいんですが、花柄にはコヒルガオに独特なフリルのような翼はありません。苞葉の先が尖っているか丸いかというのも見分けの基準になっています。これとは別に真横から撮った写真があって、苞葉の先に丸みが見て取れます。条件に当てはめるとヒルガオの可能性が高いかと。頭の片隅にはヒルガオを撮っ...

コナスビ~2010年の載せそびれ

草刈りが終わった原っぱに、小さな黄色い花が残っていました。コナスビなんですけど、おそらくはナガエコナスビというのだと思います。違いは花柄が長いか短いか・・長いといってもせいぜい4~5ミリというところですからわずかなものです。さてこの写真、花柄があるのかないのか分かりませんね。2009年にこの花を撮った近くでナガエコナスビを撮っていますし、ほかの場所でも見つけているのでナガエコナスビの確率が高いと思...

ムラサキシキブ~2010年の載せそびれ

初夏の狭山丘陵でよく見かけるピンクの小さな花は、ぱっと見はきれいでも写真に撮ると案外そうでもなかったりします。萎れているのや痛んでいるのがあったりして、これぞというのがありません。結局、載せそびれ行きになってしまいました。前回まではクマツヅラ科で載せていますが、調べてみるとAPG植物分類体系ではシソ科に移行しているのでした。たしかに葉の様子はシソに似ているようにも感じます。でも、シソっていったら草...

イモカタバミ~2010年の載せそびれ

野にあってはひときわ鮮やかに感じる花です。さすがは南米原産だけあって、なかなか情熱的!?花をひっくり返すと裏側が白っぽいという意外性もあったりします。毎年同じ場所でこんもりと盛り上がるくらいの立派な株に育っているのを目にします。今年もそれを期待していたんですが、どうやら草刈り隊に先を越されたようでした。残っていたわずかな花を撮っておきました・・同じような時期に咲くムラサキカタバミとの違いは、イモカ...

ウマノスズクサ~2010年の載せそびれ

意外なことに2010年のシーズンはこの花を載せていませんでした。さすがに3年連続だと見慣れてしまうせいでしょうか。天気がいまひとつだったのであまりいい色に映らなかったせいもありますけど・・それにしても変わった形の花ですよね。花といいつつ花弁はなくて、見えている部分は萼だそうです。生態も面白くて、ラッパの口から小さな虫を丸い部分におびき寄せ、しばらく閉じ込めて花粉をくっつけてから外に出すのだそうです...

ヒナマツヨイグサ~2010年の載せそびれ

特に珍しい花でもないと思うんですが、狭山丘陵ではあまり見かけません。花の大きさは1cmあまりで、ごく小さいです。マツヨイグサの仲間は何種類か咲きますが、これが一番小さいかも。私が知っている場所はちょうどこの花が咲くころになると、決まって草刈があります。そのせいか毎年数個の花しか見つけられません。今年はこれ一輪だけでした。草むらに埋もれるように咲いていました。【写真】ヒナマツヨイグサ(雛待宵草) ア...

送電鉄塔をゆく(4)~的場線その5(完)(的場変電所)

的場線の送電線を辿る旅は17号鉄塔まではごく順調に進みました。しかし、次の18号鉄塔は、その足もとにたどり着くことを断念しました。送電線は畑地から木々の上を越えており、どうやら的場線18号鉄塔は森の中にあるようです。送電線に沿って進むと森の中に延びる小径がありました。しかしそこにはこの先私有地ですというような看板が・・これはもう引き下がるしかありません。やむなく森の反対側に回ってみました。この辺は...

クリ~2010年の載せそびれ

6月の載せそびれシリーズはまだ続きます。梅雨時は花の種類が少ない印象なんですが、意外とそうでもないかもしれません。4月から5月にかけて特に花の種類が多いので、6月は少なく感じるんでしょうね。狭山丘陵の山の中には時々栗の木があります。秋には毬栗が落ちているんですが、中に入っている栗は小粒なものばかり。売り物みたいな立派なのはありません。とはいえ野生の栗も成分は変わらず、おいしいらしいです。幼少のころ...

ウラジロチチコグサ~2010年の載せそびれ

光沢のある葉から、ウラジロチチコグサかと思います。狭山丘陵で見られるチチコグサの仲間ではこれが一番多いと思います。外来の帰化植物です。調べてみると、日本に入り込んだのは昭和40年代後半だそうで、それほど昔の話でもありません。にもかかわらず広範囲に繁殖しているところをみると、よほど生命力が旺盛なんでしょう。いまでは北海道から九州まで広く分布しているそうです。花の頃までロゼット葉があり、草刈りをしても...

送電鉄塔をゆく(4)~的場線その4(お立ち台は続く)

前回の的場線14号鉄塔から先は畑作地帯に送電線が延びています。次の15号鉄塔が畑の中でお立ち台に鎮座しているのが見えました。送電線の下には農作業用らしい道がありましたが途中で途切れているように思えたので、県道を走って回り道してみました。それらしい方角に細い道があったので、行ってみるとちょうど的場線15号鉄塔の脇に出られました。13号、14号と同じく、お立ち台つきは赤い三角帽子です。斜めの位置ですけ...

セイヨウイボタ~2010年の載せそびれ

この花の正体がわからず、いろいろ調べていました。対生する先の丸い葉、花から飛び出す葯が赤茶色であることから、セイヨウイボタ(セイヨウイボタノキ、西洋水蝋)だと思うんですが、いかがでしょう。狭山丘陵の縁の人里近くに咲いていたので、人の手によって植えられたものかもしれません。見た目はイボタノキのような、ネズミモチのような花です。たぶんモクセイ科だろうと思いつつ検索していたら、園芸関係の通販サイトで見つ...

Windows7マシン製作記(2)

正月休みから組み立てていた新しいPC、成人の日の連休でソフトウェアのインストールと前のPCからのデータ移行をやりました。ようやく、新しいPCで一通りのことができるようになり、やれやれです。出来上がりはこんなです。青く光っている渦巻きは冷却用のファンで、青色のLEDが付いています。意味はありません。単なるイルミネーションです。以前のPCは象牙色ばかりでしたが、今は黒が流行りなんですね。PCのケースは...

アゼナルコ~2010年の載せそびれ

カヤツリグサ科は判別が難しくて苦労するわりには「華」がなくて地味です。これでも花が咲いている状態だと思うんですけどね・・地味故にアゼナルコは3年連続の載せそびれシリーズの登場となりました。狭山丘陵では湿地や田んぼの周辺で普通に群生しています。よく似たヒメゴウソというのがあるんですが、この写真のには雄小穂がないのでヒメゴウソではありません。私はむしろヒメゴウソの方が見たいです。この花の特徴は先端の花...

ウメモドキ~2010年の載せそびれ

葉腋に咲く小さな花、これはウメモドキの雄花だと思うんですが、どうでしょう。葉の鋸歯の様子が気持ち違うような感じがないでもないような・・色は薄いですが花の形や付き方はウメモドキに見えます。以前に載せたウメモドキはもっと色が濃かったので、この花を見たときは何だろうと思いました。ネットで検索したら、薄いピンクから赤紫のような色まで変異があるようです。これは色がごく薄い方でしょうね。ウメモドキは赤く色付い...

送電鉄塔をゆく(4)~的場線その3(お立ち台)

前回の的場線10号鉄塔から11号鉄塔を求めて自転車を漕ぎます。10号鉄塔までは送電線沿いに道路があったので苦労なしでしたが、さてこの先はどうか。鉄塔の間隔が短いこともあって、次の鉄塔はすぐ姿が見えました。的場線11号鉄塔は森と民家に挟まれるように立っていました。森の向こうはゴルフ場です。このあたりは東京から近いこともあって、ゴルフ場がやたら多いんですよね。送電線は住宅街の輪郭をなぞるように伸びてい...

ヒレハリソウ~2010年の載せそびれ

あるいは別名のコンフリーの方が世間の通りはいいのかもしれません。一時期健康食品として出回ったらしいんですが、肝機能障害を起こすことがあるとかで現在は販売禁止です。厚生労働省のサイトにも掲載されているのを見た覚えがあります。狭山丘陵には何ヶ所かで見ることができて、特に珍しいということはありません。花の期間も長くて次々開花してきます。観察してみると、最初に咲く花は紫が濃く、あとになるほど色が薄いようで...

クサイ~2010年の載せそびれ

閑話休題。2日ほど鉄塔や自作PCネタが続いたので、狭山丘陵の野の花載せそびれシリーズに戻ります。本日のお題はクサイ。臭いのではなくて「草藺」です。イグサ科の仲間も、花はとても地味です。これは萼なのか花弁なのか・・調べてみたけど分かりません。この花を花として掲載しているサイトが見つかりませんでした。よく似たアメリカクサイというのがあって、2010年の初夏に確認するはずでした。しかし、すっかり忘れてま...

Windows7マシン製作記(1)

No image

正月休みに暇を見つけては組み立てていた新しいPC、いくらか進捗があったので載せてみたいと思います。今日のところはWindows7と、必要なドライバーのインストールまで終わりました。まず今回新しいPCを作ろうと思ったのはふたつの理由があります。・現行マシンが壊れる前に新しいのを作っておきたい。・家族用のマシンが非力なので現行マシンをリビングに移設したい。ということで、1台作ることにしました。作るにあたって...

送電鉄塔をゆく(4)~的場線その2(ナゾの欠番)

前回の的場線3号鉄塔から4号鉄塔までは送電線に沿って道路があり、あっという間でした。この先も、少なくともあと2基先までは道路沿いに鉄塔が立っているのが見えています。4号鉄塔は畑の中に立っていたので立ち入るのは遠慮して道路から撮っておしまい。次の5号(であるはずの)鉄塔に向かいました。赤白7段に塗り分けられた大きな鉄塔は中ほどのところで的場線の送電線を受け止め、その先の鉄塔に渡しています。紅白鉄塔は...

コアジサイ~2010年ののせそびれ

すっかり掲載したつもりになっていたコアジサイ、載せそびれになっていました。半年も経ってしまうとかなり記憶があやふやになっています。写真を選んでいるうちに、ピントの位置が甘いのばかりで撮り直すつもりだったのを思い出しました。正月2日、もうすでに通常モードの掲載です。この時期らしいネタがないもので・・【写真】コアジサイ(小紫陽花) アジサイ科装飾花がなく、小さな両性花のみです。わが家の庭のアジサイと比...