Welcome to my blog

たけぽの「続・平常心是道」

ARCHIVE PAGE

archive: 2011年08月  1/1

シラヤマギク(白山菊)

今年も野菊の季節がやってきたようです。また、この花はなんだろうとあれこれ悩まないといけません。(笑)すでにユウガギクは早々と咲いていましたが、28日にはシラヤマギクも咲き始めていました。尾根道で見つけた株は中心にたった一輪だけ咲いていました。ひとつだけか・・と一度は通り過ぎたものの、花は咲き始めが一番と思い直して撮りに戻りました。やっぱり戻って正解だったみたいです。【写真】シラヤマギク(白山菊) ...

ナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒)

コウヤボウキというと秋も深まって、狭山丘陵の花も終わりに近いなという時期の花です。でもこのナガバノコウヤボウキはお盆の頃に咲きます。同じ仲間の花でもずいぶん違った時期に咲くものですね。昨年は時機を逸して撮りそこないました。今年は少し前から蕾を確認していたので、花の多い時期に見ることができたようです。ただ、残念なことに雨後だったので、花が少々萎えているようでした。そういえば一昨年も雨後に撮ったんでし...

ナンバンギセル(南蛮煙管)

ナンバンギセルが咲き始めたという情報をかずさんのコメントでいただいたので、早速見に行ってきました。まだ咲き始めのようで、花の数は片手くらいでした。昨年は9月12日に撮っているので、これからしばらく楽しめそうです。近くに咲くカセンソウも蕾が膨らんできているので、次の週末にはいくらか咲いているかもしれません。朝夕は涼しくなり、野の花も変わり、もう秋ですね。今週の木曜日はもう9月ですか・・まだ新宿中央公...

タコノアシ(蛸の足)

まるで蛸をさかさまにしたような花序で、命名も納得感があります。そう思ってみていると、花が蛸の吸盤に見えてきますね。(笑)希少な植物で、狭山丘陵で見られるのはおそらく一ヶ所だけでしょう。土を掘り返して、埋まっていた種を発芽させたそうで、種の生命力にも驚きます。いったい何年間、土の中で眠っていたんでしょう。イチビなんていう植物は20年も土中で眠り続ける種もあるとか。【写真】タコノアシ(蛸の足) タコノ...

オトコエシ(男郎花)

鮮やかな黄色が美しいオミナエシ(女郎花)に比べて男性的なのでオトコエシというようです。狭山丘陵ではあちこちで姿を見かけます。特に珍しいものでもありません。しかしながらオミナエシは今まで一度も見つけることができずです。長く住んでいる方によると、以前は狭山丘陵にも多くのオミナエシがあったとか。林の手入れなど、日が当たりにくくなって消えてしまったという話を伺いました。人知れずどこかに生き残っているオミナ...

ガンクビソウ(雁首草)

ここ数年、載せそびれシリーズの常連になっている花です。でも今年は花の時期に登場となりました。時期のネタを使い果たしそうだっていう事情があるとはいえ、たまには季節はずれにならないうちに載せてあげましょう。このところ、サジガンクビソウ、コヤブタバコと似たような花を載せました。ヤブタバコも咲くかなと思いつつ、この初秋はヤブタバコ属4兄弟そろい踏みといこうかと思っています。なんだか地味な絵が続きそうですが...

ワレモコウ(吾亦紅)

草刈りが入って一時期姿を見なかったワレモコウ、久しぶりに見つけました。でもほんの咲きかけです。花は咲き初めが美しい・・と思っているので載せましょう。ネタも少なくなってきたので、まだちょっと青いけど。目立たない花ですが、濃い紅色は妙に惹かれるものがあります。「吾も亦、紅なりとひそやかに」高浜虚子の有名な句ですが、まさにそんな感じです。【写真】ワレモコウ(吾亦紅) バラ科この花は久しぶりに見た気がしま...

ブタクサ(豚草)

狭山丘陵では葉の広いオオブタクサはたくさん見かけますが、葉の切れ込んだブタクサはそれほど見かけないように思います。いずれも花粉症の原因になる植物で、反応する方も多いんじゃないでしょうか。アメリカでは一割前後の方がブタクサに反応するとか、どこかで読んだ記憶があります。【写真】ブタクサ(豚草) キク科秋の花粉症の代表的なアレルゲンです。カメラ機種名Canon EOS 40D撮影日時2011/08/14 13:27:43Tv1/125Av4.0IS...

クサギ(臭木)

仕事帰りに家の近くの雑木林に近づくと、鼻を突く独特の香りが漂ってきました。これはどこかで嗅いだような・・と思ったらクサギが盛んに咲いていました。そういえばここにクサギがあったっけと思い出しました。もう10年以上も歩いているところなのに、忘れてました。そういえば、クサギの花が咲きかかった頃に写真撮ったよな・・と思いつつ帰宅。花盛りもいいんですが、咲く寸前の尖った蕾もきれいだと思います。そういうわけで...

ミズタマソウ(水玉草)

わずか花びら2枚だけの小さな花が、狭山丘陵のあちこちに咲いています。真っ白な花びらはハート型をしているんですが、この写真では分かりにくいですね。もうちょっと寄って撮ればよかったです。この週末は狭山丘陵に出られなかったので、だんだん時期のネタが残り少なくなってきました。この時期の花ということで、載せておきます。蕾がたくさん付いているので、花茎を伸ばしながら水滴形の実を残していくでしょう。【写真】ミズ...

久々の家族旅行~伊豆

昨日から1泊で伊豆に行ってきました。涼しいを通り越して寒かったです。これが8月の伊豆か!?というほどで、半袖ではとてもとても・・まぁ、温泉入るにはよかったんでしょうけどね。昨日はほとんど熱川にたどり着くだけで終わってしまいました。今日はどうしよう・・ということで、工芸のできる体験工房に行ってみました。めちゃ混みです・・この天気ですからね。そんじゃ広いところなら大丈夫だろうと、かの有名な伊豆シャボテ...

熱川温泉

この週末は伊豆の熱川温泉に来ています。この夏は忙しかったのと、子どもが受験を控えているので、これが唯一のお出かけです。家内の両親、義姉の家族合わせて車3台、総勢11人の大所帯です。生憎のお天気ですが、過ごしやすくてこれもいいかなと。昼過ぎで24℃くらいだったのに、海で泳いでいる人がいるのにはびっくりでした。天候のせいか道路の渋滞も思ったほどではなく、やっぱりたまには遠乗りしたいなと思いました。すで...

マツカゼソウ(松風草)

毎年見に行っているマツカゼソウを、今年も見に行ってきました。昨年は8月7日に見に行って、あまり咲いていませんでした。今年は1週間遅れながら、ちょうどいい時期にあたったようです。とはいってもそんなににぎやかに咲く花でもないんですけどね。ミカン科というのはちょっと驚きます。マツカゼソウ以外のミカン科の植物はみんな木で、これは唯一の草だとか。【写真】マツカゼソウ(松風草) ミカン科白くて小さな4弁の花を...

ヒメヤブラン(姫藪蘭)

いつもヒメヤブランが咲く尾根道に草刈りが入ったようで、今年は見そびれたかなと思いました。が、菩提樹池にかろうじて残っているのがありました。小さな草なので、ほかの場所では見逃していたのかもしれません。ヤブランを小さくして花の数を減らしたような感じもしますが、個々の花はヒメヤブランのほうが大きいです。しかもほぼ水平になるまで花弁が開きます。開花時期はヤブランより少し早目みたいで、いつもの年は7月に撮っ...

ガガイモ(蘿芋)

お盆の時期になると咲き始める、ちょっとくすんだピンクの毛むくじゃらの花です。見た目、ちょっと暑苦しいですね。特に今日の埼玉は夜になっても一向に気温が下がらないので余計にそう感じるんでしょう。長い毛の生えた種が見たいんですが、なかなかお目にかかれません。狭山丘陵のあちこちで咲くので、もっと種を見つけられても代やそうなもんですが。【写真】ガガイモ(蘿芋) キョウチクトウ科(ガガイモ科)例によってAPG...

シシウド(猪独活)

真上から見たらなんだか打ち上げ花火みたいですね。sage55さんがシシウドを掲載されていたので、そういえば去年もお盆の頃に撮ったっけ・・と思いつつ見に行ってきました。ちょうど花盛りで、ずいぶんたくさんのシシウドが元気に夏の陽を浴びていました。狭山丘陵ではある一ヶ所に大きな群落がある以外は、見たことがありません。何でここにだけたくさんのシシウドがあるのか!?ほかの場所にもあってもよさそうなもんなんですけど...

ダイコンソウ(大根草)

このところ季節はずれの載せそびれシリーズの常連になりつつある感があるので、今年は花の時期に載せましょう。この花は狭山丘陵のあちこちでパラパラと疎らに咲いています。土曜日に訪れた菩提樹池の近くでたくさん咲いていたので撮ってみました。この花、咲き方がちょっと寂しいというか、花と花が妙に間が空いていて、たくさん咲いていても賑やか感に欠けるんですよね・・載せそびれに回っていたのもそのせいというのもあります...

アゼムシロ(畦筵)

昨年はミゾカクシ(溝隠)の名前で掲載しました。今年は別名のアゼムシロで掲載します。さて、どちらの名前が一般的なんでしょうか。ごく普通の水田雑草だそうですが、埼玉県南西部では水田自体がほとんどないのです。狭山丘陵周辺には小さな水田が何ヶ所かあるものの、この花は1ヶ所でしか見たことがありません。もうそろそろ咲く頃だろうと思い、昨日の土曜日に探しに行ってきました。昨日の目的その2は、この花を探すことでし...

コヤブタバコ(小藪煙草)

今日は「えいやっ」と気合いを入れて7時に起きて、朝からカメラ持って出掛けてきました。7時でえいやっ!?平日は6時過ぎに起きるんですが、週末はとても起きられません。特に4月末に体調崩してから朝がつらくなったので、週末は意識的に寝坊してました。午後は通院予定だったし、昼過ぎは暑すぎて長距離を歩けません。そこで、自転車で10分あまりで行ける西武球場近くの菩提樹池に朝のうちに行くことにしました。目的はふた...

ヤブガラシ(藪枯らし)

ピンクやオレンジの、砂糖菓子のような花がかわいらしいです。どこにでも生えているような、ふつうは厄介者扱いされそうな雑草です。でもこのは何は結構愛嬌があって憎めません。ヤブガラシには五小葉(小さい葉5枚一組)のものと三小葉があり、五小葉のものは実ができないそうです。現在、三小葉のヤブガラシがないか探していますが、狭山丘陵のは五小葉のものばっかりです。この時期になると蔓植物の勢いがすごいですね。ヤブガ...

ヘクソカズラ(屁糞葛)

狭山丘陵ではごくありふれた花です。にもかかわらず毎年レギュラーシーズンに載せているのは、この花が好きだからでしょう。・・自分のことに「でしょう」なんてちょっと無責任ですが。(笑)しかも毎年花の盛りを待ちきれずに撮っては載せているような気がします。たぶん、好きなんです。というか季節を感じるというのが正解かもしれません。真夏の到来とともに咲くイメージです。今年は夏のほうがだいぶ先に来ましたけど。【写真...

サジガンクビソウ(匙雁首草)

この手のキク科の花が林道沿いなんかに姿を現してきました。似たような花があるんですが、これは花の時期にしっかり根生葉が残っていたのでサジガンクビソウでよろしいかと思います。ガンクビソウに比べるとふた周りくらい大きな花を咲かせます。実のところ、これとコヤブタバコの見分けがつきませんでした。花の時期に根生葉がないのがコヤブタバコだそうです。以前に撮ったのには根生葉がなかったように記憶しているので、今度の...

アギナシ(顎無)??

これは昨年、一度アギナシとして載せたものの、クワイじゃないかと訂正したものです。その後も確たる証拠は得られずですが、西武ドーム近くの菩提樹池に行った際にクワイ畑がありました。クワイとは葉の形が違うよなぁ・・とはいえ食用のクワイは品種がいろいろあるようだし。ちなみにクワイは埼玉県の特産品です。アギナシの特徴としては花が葉よりも高いところで咲く、というのがあります。下の写真のとおり、見事なまでに突出し...

オモダカ(面高)

狭山丘陵の小さな水田にオモダカが咲いていました。昨年、久しぶりに見つけたんですが畦から遠く、稲の中に埋もれるように咲いていました。今年は畦の近くの、稲の少ないところに咲いていたので撮りやすかったです。長く伸ばした花茎の下のほうが雌花、上のほうが雄花で、下から順に咲いていくようです。これは雄しべが見えるので雄花ですね。花茎はほとんど倒れて花のちょっと下まで水没していました。それでも花はしっかり咲いて...

オトギリソウ(弟切草)

去年は巡り合わせが悪かったのか、タイミングを逸したのか、オトギリソウに出会えませんでした。ところが今年はどうでしょう。いままで見たこともない場所にオトギリソウの団体さんがいたりします。これも雑木林再生のための伐採による影響でしょうか。クチナシグサ、コナスビ、オトギリソウ・・去年とちょっと景色が違います。今日はsage55さんから「サワオトギリかも」という情報をいただいたので探索に行ってきました。残念なが...

コバギボウシ(小葉擬宝珠)

もうそろそろ咲いているかな!?と思って狭山丘陵南側の大谷戸湿地に行ってみました。以前は結構な数が生育していたと思うんですが、今日見つけたのは2株のみで、開花しているのはこれひとつだけでした。しかも一輪のみです。ちょっと貧相に見えたんですが、写真に撮ってみたら思ったよりよかったので載せてしまいます。少し早い時期に咲くオオバギボウシはほとんど白に近いですが、こちらは紫の縞模様が鮮やかです。以前はこの縞...

ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)

可憐な花とその名前がアンバランスですね。毎度のことながら、もうちょっとましな名前をつけてあげたらよかったのに。昨日のウバユリもそうかもしれませんが、不憫な名前をもらった植物って結構ありますね。蝋細工みたいな花を付けるタデ科の植物がこれから次々登場します。毎年必ず最初に咲くのがこの花です。もうそんな時期か・・そういやもうすぐお盆ですか。私には関係ありませんけど・・【写真】ママコノシリヌグイ(継子の尻...

ウバユリ(姥百合)

狭山丘陵のウバユリが各所でいっせいに咲き始めました。昨年載せた大群落に行ってみると、どうやら今年は昨年より5日か一週間ほど遅いようです。今日はまだ半分まで咲いていない感じだったので、ピークは数日後かなと予想します。去年の写真は8月1日に撮っていて今日より咲いてましたからね。しかし今日は(今日も?)変な天気でした。お昼ごろ雨が降ってきたので出かけるのをやめようかと思いましたが、南のほうは青空が広がっ...

クサニワトコ(草接骨木)

一般的にはソクズと呼ばれるほうが多いんでしょうか。ソクズを漢字で書くと「機種依存文字」として投稿時にエラーではじかれちゃうので、今回はクサニワトコの名前で載せます。・・と書くのは、2回目です。実は昨日、ソクズの写真をアップしたつもりだったんですが、今日のお昼にiPhoneで自分の管理画面を見てびっくり!!記事があがってないじゃありませんか。そういえば昨日はプレビューを見た記憶があるんですが、更新後の確認...

ネムノキ(合歓の木)

狭山丘陵では梅雨時に咲くので、なかなかいいのが撮れません。今年も見事に時期を逃してしまい、わずかに残ったのを撮りました。何しろこの花ですから、雨に打たれるとちょっと・・大きな木に育つので、手の届く場所で花が咲く木は少ないです。期待していったものの、上のほうにちょこっと咲いていただけでした。また来年、いいところのを探しましょう。【写真】ネムノキ(合歓の木) マメ科狭山丘陵ではあちこちで見かけます。い...