Welcome to my blog

たけぽの「続・平常心是道」

ARCHIVE PAGE

archive: 2012年04月  1/1

フデリンドウ(筆竜胆)

春に咲く小さなリンドウの仲間です。さしずめ4月の狭山丘陵のアイドルってところでしょうか。ここ2日ばかり、あちこちのフデリンドウを見て回りました。この花、以前は狭山丘陵には滅多にないものだと思ってました。でも探してみるとあちこちにあるもんです。今日もかなりまとまった数のフデリンドウの群落を見つけました。近くにもうじき咲きそうなキンランが数株あったので、連休後半はそっちを狙いに行ってみようと思います。...

スミレ(菫)

何とかスミレっていうのではなく、「スミレ」と呼ばれるのはこれです。マンジュリカっていうやつですね。満州産の、という意味だそうです。狭山丘陵で見かけるスミレの仲間で紫色の花を付けるのは昨日載せたアメリカスミレサイシンが一番数が多いと思います。マンジュリカは特定の場所にまとまって咲いているようで、適した環境というのがあるんでしょうね。今日はマンジュリカとアリアケスミレ、ヒメスミレがたくさん咲く場所に行...

アメリカスミレサイシン(亜米利加菫細辛)

むしろビオラ・ソロリアという名前のほうが通りがいいのかもしれません。アメリカスミレサイシンって、なんだかしっくりこない名前ですよね。いろんなものがつなぎ合わさっているような感じで・・ビオラ・ソロリア「パピリオナケア」・・って、舌噛みそう。狭山丘陵で咲く紫色のスミレで一番多いのがこれだと思います。どこに行っても咲いているといっていいくらい蔓延しています。外来種で、もともと園芸用だったのが野生化してい...

ヒトリシズカ(一人静)

毎年4月になると気になる花のひとつです。手軽に見られる場所に咲いてくれるので、毎年見ることができます。そのせいか、一度撮っちゃうと安心してしまい、訪れなくなってしまうんですが・・この花が咲く4月中旬は1年で一番多くの花が咲く時期なので、一度撮った花をもう一度撮るのは稀です。それよか、まだ撮ってない花に時間とエネルギーを使いたい・・何しろ週末しか動けないし、雨が降ることも多いですからね。【写真】ヒト...

アカフタチツボスミレ(赤斑立坪菫)とヒゴスミレ(肥後菫)

葉脈に赤紫の斑が入ったタチツボスミレを毎年探しています。大体どのあたりに咲いているのかは覚えてますが、なかなかきれいな斑入りのが見つかりません。今年はそこそこきれいに斑が入ったのをみつけましたので今日はこれを。花自体はまるっきりタチツボスミレです。葉の形もそのものですけど、葉脈の色だけが違います。普通のタチツボスミレとは少し違ったDNAを持っているんでしょうね。葉が大きく育つにつれて斑の色が薄くな...

ヒメスミレ(姫菫)

何とまぁ小さなスミレでしょう。花の大きさは1cmくらい、でも姿かたちはまさにスミレです。葉はヘラ状で細長く、まるでスミレ(マンジュリカ)のミニチュアみたいです。とても小さいので、他の草の間に埋もれるように咲いています。そんななので、咲いているにもかかわらず最近まで気が付いていない場所がいくつもありました。この写真の場所のそのうちの一ヶ所です。この写真だと花の大きさが伝わりませんよねぇ・・【写真】ヒ...

モミジイチゴ(紅葉苺)

まさか4月の後半になってこの花を載せるとは思ってもみませんでした。大概4月にはいるとあちこちで真っ白な花をまっすぐな枝にずらっと並べて咲いているのに、今年はちらほら咲いているくらいです。 せいぜい2mなくらいの低木ながら、いっせいに純白の花を咲かせると、そこだけパッと明かりがついたように見えます。でも今年はそういうのを見かけないんですよね・・開花時期を逸してしまったのか、咲いてはいるものの花の数が...

イチリンソウ(一輪草)

4月15日に蕾がたくさん付いているのを確認していたイチリンソウ、この前の週末は予想どおり見ごろを迎えていました。昨年は4月29日に撮っていて、いよいよ花の時期も終わりかという段階でした。今年はいい頃合に見にいけたようです。狭山丘陵ではほとんど見かけません。同じキンポウゲ科のニリンソウはあちこちに咲くんですけどね。・・そういえばニリンソウはまだ撮ってませんでした。これだけまとまって咲く場所はかなり貴...

アリアケスミレ(有明菫)

スミレの季節が始まったのがついこの間だと思っていたのに、もうアリアケスミレが咲く時期になりました。アリアケスミレが咲くと、もうじきスミレの季節も終わって初夏に向かうはずです。しかし今日の埼玉は花冷えといってもいいくらいの涼しさ・・というより肌寒さでした。狭山丘陵で咲くスミレの中では一番遅い時期に開花する種類のひとつです。他の花が軒並み開花時期が遅れているのに、アリアケスミレは遅れているというほどで...

ジュウニヒトエ(十二単)

この花は、どういうわけか撮ったからには載せずにはいられません。ずっと見たいと思っていてようやく見つけた花なので、印象がつよかったんでしょう。とりあえず載せておかないと落ち着かない、みたいな・・(笑) 今日は午後から3時間ほど狭山丘陵のお決まりのコースを歩いて、途中5ヶ所ほどでジュウニヒトエの生育状況を確認してきました。あるもんですねぇ。最近増えているのか、何年も同じところを歩いているので見つけた場...

オオアラセイトウ(大紫羅欄花)

ショカッサイ(諸葛菜)、ハナダイコン(花大根)、ムラサキハナナ(紫花菜)にシキンサイ(紫金菜)と、いったいいくつの名前を持っているんでしょうか。私はハナダイコンで覚えましたが、皆さんは!?そしてどれが正式名称なんでしょう。どこかでオオアラセイトウが正式だというのを見た気がするんですけど、思い出せません。まぁいいか・・線路わきの土手なんかにたくさん咲いていて、毎朝の通勤時に電車の車窓から眺めています...

ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)

以前は狭山丘陵の最奥地である金堀沢(現在立ち入り禁止)に見に行ってましたが、ちょっと前に手軽な場所に大群落があることを知ってから手間なく撮れるようになりました。このところ毎週末観察に行っていて、ようやく咲きそろってきたので撮ってきました。このスミレの花は淡い紫色と白の2種類が咲くようです。私が撮りに行った群落では両方同時に咲くのでいい場所を覚えました。上の写真が紫で、下のが白です。【写真】ナガバノ...

ヤマザクラ(山桜)

このところスミレばかり続いていたので、たまには違う花を載せることにします。狭山丘陵は桜が多いということもあって否応なく視界に飛び込んできます。 丘が淡いピンクに染まっている景色というのもいかにも春らしくていいものですね。先週末は狭山丘陵のヤマザクラが見ごろで、どこも結構な人出でした。お花見がしたいというのは花が美しいというのもさることながら、春の到来を実感したいということなのかななんて思ったりしま...

ケマルバスミレ(毛丸葉菫)

ふくよかな丸みのある花を咲かせるスミレです。タチツボスミレよりもひとまわり大きな花は真っ白なので、咲いているとすぐに分かります。一週間前は葉だけでしたが、この間の週末はもう花盛りでした。まとまった数の花を咲かせる株も多いので、なかなか見栄えがいいです。ちょっと前に載せたオトメスミレと比べると丸っこい花だなと思います。それと、しわのある花びら。洗いざらしのボタンダウンシャツみたいです。気取りのないカ...

タカオスミレ(高尾菫)

毎年4月の上旬に、狭山丘陵のとある場所でタカオスミレがたくさん咲きます。この時期になると気になって見に行ってますが、ご多分にもれずこの花も開花がだいぶおそいようです。しかも前日の雨に強かに打たれたのか、きれいに開いているのはありませんでした。でも来週見にいける保証もないし、色がよかったので載せてしまいます。タカオスミレはヒカゲスミレの変種で、葉の表面がこげ茶色なのが特徴です。あと、ここのタカオスミ...

アカネスミレ(茜菫)

少し前にアカネスミレの開花情報をいただき、ずっと気になっていました。先週末に咲いているはずの場所に行ってみたものの見つけられず、本日再挑戦してきました。行ってみたら、先週歩いたはずの場所に3株並んで咲いているじゃありませんか・・今回はまったく苦労せずに見つかりました。何ででしょうね・・先週は咲いていなかったのか・・教えていただいた場所とは少し違っていたので、ここ数日で咲いたものかもしれません。その...

ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)

淡い紫色が春らしい花です。光の当たり方で微妙に色が違って見えます。個体によって若干色合いが違うんでしょうけど。それにしても、いつ見ても変わった形をした花です。こういうスタイルになった合理的な理由があるんでしょうけど、凡庸な想像力では及びもつきません。葉の形も独特で、花が咲くずっと前からジロボウエンゴサクだと分かります。【写真】ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索) ケマンソウ科狭山丘陵ではあちこちに咲...

ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)

ニオイタチツボスミレはここ2年ばかりタイミングをはずしていました。先週末はようやく咲きはじめというのに2ヶ所でめぐり合いましたので、ちょっと早いかなと思いつつも撮っておきました。タチツボスミレと比較するとだいぶ小ぶりの花です。花弁が丸っこくてはっきりした赤紫が愛らしいですね。ぐっと上に折れ曲がった「距」の形が独特です。ちなみに上の写真は自転車でセンボンヤリを撮りに行った菩提樹池で撮りました。カゴも...

ノジスミレ(野路菫)

4月になって狭山丘陵のスミレが続々登場してきました。8日の日曜日は某所でかなり深追いをして時間をロスしてしまいましたが、ノジスミレが咲いているはずなので毎年咲く場所に探しに行きました。日が長くなったとはいえ、午後4時になると谷間は日陰になっちゃいますね。予想通り昨年と同じ場所で、枯れ草に身を隠すようによれよれの花が咲いていました。いつ見てもノジスミレってシャキッとしない感じですね。まぁそれが愛嬌で...

フモトスミレ(麓菫)

狭山丘陵はスミレの季節を迎えました。もう、そこかしこにスミレ、スミレ、スミレです。タチツボスミレやコスミレにやや遅れて、小さなフモトスミレが咲き始めました。わずか1cmほどの花ですが白地に紫色の網目模様が鮮やかです。葉の緑が濃いのも花の白さを引き立てているんじゃないかと思います。まだ咲き始めのフモトスミレ、見ごろは次の週末あたりでしょうか。【写真】フモトスミレ(麓菫) スミレ科名前は「麓」ですが山...

タチツボスミレ(立坪菫)

狭山丘陵の春といえば真っ先に思い浮かべるのがこの花です。薄紫の花があちこちでたくさん咲いています。タチツボスミレが林道わきを彩るようになると春本番なんですが・・何度も書きますけど今年はどの植物も生育が遅いです。なにしろムラサキケマンがようやく咲き始めたところで、タンポポですらまだ花茎が短い状態ですからね。ゆっくり楽しませてもらえればありがたいんですが、ある日突然いっせいに咲きそうな気がします。【写...

センボンヤリ(千本槍)

一昨年来の課題になっていたセンボンヤリの春の花をようやく見つけました。秋の閉鎖花は何ヶ所かで見ていたものの、タイミングが悪かったのか春は空振りが続いていました。センボンヤリの開花情報をいただいたので、これは見に行くしかないでしょう。幸いなことに今日は息子の入学式(高校)があって、朝のうちは自由になる時間がありました。うちから一番近いセンボンヤリの群生地は・・菩提樹池か!!自転車で行けば15分くらい...

オトメスミレ(乙女菫)

毎年気になって観察にいっている植物がいくつかあって、オトメスミレもそのうちのひとつです。昨年も今くらいの時期に咲いていたので、4月7日の夕方に自転車で走りがてら偵察に行ってきました。そしたら3株ほど並んで咲いているじゃありませんか~。これぞという株に目星をつけて、念のためiPhoneで撮っておきました。早速今日の朝からカメラを持って一目散にオトメスミレの元へ・・しかし、ない・・ないぞ、昨日の夕方あった個...

ウグイスカグラ(鶯神楽)

小ぶりながらも鮮やかなピンクのラッパのような花が丘陵の林で輝くようです。樹木の花としては先陣を切って咲く花で、狭山丘陵では早い年は2月中から花を見かけることもあります。でも今年は3月半ばを過ぎてようやく咲いているのを見つけました。これを撮ったのは4月1日で、さすがにちょっと遅かったかもしれません。たくさん咲いていましたが、最初に咲く花にはエネルギーが一番たくさん充填されているように思えますので・・...

ミチタネツケバナ(路種浸け花、道種漬け花)

え~、こんなにいろんな花が咲き始めているのにミチタネツケバナかよ~!?って言われてしまいそうです。でも思ったよりきれいに撮れていたので今日はこれを・・小さくてきちんと開ききらない見栄えのしない花・・なんていったらかわいそうですね。その名のとおり道端に生えている雑草で、埃をかぶっていたりして余計に見た目の印象がよくありません。でもこの花はちょっと湿ったところで咲いていたせいか、とても瑞々しくてきれい...

カタクリ(片栗)

狭山丘陵のカタクリが咲きました。毎年撮ろうと試みていますが、なかなかいいタイミングでめぐり合えません。週末しか活動できない身としては運を天に任せるのみです。一週間前には蕾も見えなかったのに、4月1日はいい具合に咲いていました。お天気もよくて、日が当たっているカタクリを撮ったのは初めてなんじゃないかと・・明るいところで見ると、いっそう色鮮やかに見えますね。【写真】カタクリ(片栗) ユリ科狭山丘陵には...

シュンラン(春蘭)

この時期、毎年気になる花のひとつがシュンランです。今年も咲いているか、盗掘されていないか・・確認せずにはいられません。何ヶ所か定点観察していますが、今年はどこも花が咲いていました。この写真は昨年の3月28日に載せたのと同じ株です。シュンランも今年の目覚めは少し遅めかもしれません。寒かった冬のせいか花茎が細めで、いつもより頼りない感じがしました。【写真】シュンラン(春蘭) ラン科林の中で咲いているの...

コスミレ(小菫)

例年どおり4月はスミレ月間になりそうです。というか、スミレ月間にしてしまいます。(笑)狭山丘陵に咲くスミレは20種類近くあると思いますが、さて今年はそのうちいくつ載せられるでしょうか。コスミレは狭山丘陵では多く見られるスミレです。大きさや色合いがタチツボスミレに似ています。丘陵歩きを始めたころはタチツボスミレと見分けがつきませんでした。でも、さすがにもう騙されませんよ~。コスミレは雌しべの先端が太...

エイザンスミレ(叡山菫)

春の訪れが遅いとここしばらくで100万回くらい言った気がします。でも、さすがに4月になると咲くべき花が咲いてきますね。まずは毎年気になるエイザンスミレです。淡いピンクが実に美しいです。花も大きめなので見栄えがしますね。毎年同じ場所に探しに行くんですが、今年は思わぬところで見つけました。おお~、こんなところにも咲いていたとはっ!しかも周囲を見渡すとそこら中に散らばるように咲いてるじゃありませんか。毎...

ヒロハアマナ(広葉甘菜)

春です。やっと春が来たことを実感した一日でした。もう4月に入っているんですから、本当にようやくという感じです。昼間の気温は14℃くらいだったのでポカポカ陽気とは行かないまでも狭山丘陵を歩くと上り坂ではすぐに汗が出ます。さて今日はどんな野草が出迎えてくれるか。およその目星は付けて出かけましたけど、気になっていたのがアマナです。期待はしていなかったものの、最後の最後に訪れた場所でちらほら咲いていました...