フデリンドウ(筆竜胆)

  • 2012/04/30 : 狭山丘陵の四季
  • 春に咲く小さなリンドウの仲間です。
    さしずめ4月の狭山丘陵のアイドルってところでしょうか。
    ここ2日ばかり、あちこちのフデリンドウを見て回りました。


    フデリンドウ(筆竜胆)


    この、以前は狭山丘陵には滅多にないものだと思ってました。
    でも探してみるとあちこちにあるもんです。
    今日もかなりまとまった数のフデリンドウの群落を見つけました。

    近くにもうじき咲きそうなキンランが数株あったので、連休後半はそっちを狙いに行ってみようと思います。

    上の写真はまったく予想外の場所で咲いていたものです。
    撮っている最中に2回も通りかかった人に声をかけられました。
    撮り終わったところで落ち葉や枯れ枝で軽くカモフラージュしておきました。

    写真
    フデリンドウ筆竜胆) リンドウ科
    曇りや雨の日は開しないんですが、今日はギリギリセーフくらいの明るさだったようです。
    これ以上雲が厚かったら咲いてなかったでしょう。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/30 14:07:46
    Tv 1/50
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    これは昨日、狭山丘陵の北側で撮ったものです。


    フデリンドウ(筆竜胆)


    今年はわんさか咲いているような株はほとんど見かけません。
    時期を逸したのか・・例年ならもうそろそろの時期が終わっているころかも。
    いくつかまとまって咲いているのがあったものの、柵の向こう側で60ミリでは如何ともしがたく・・

    単車で出かけたので200ミリはお留守番になりました。
    柵から身を乗り出して転落しそうになりながら撮ったのがこれです。
    トリミングしてやっとこのくらい。


    フデリンドウ(筆竜胆)


    200ミリがあったらバッチリだったんですけどねぇ。
    この春はフデリンドウも遅れているようなので、連休後半にいいのが残っていたら撮り直ししましょう。
    スポンサーサイト

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : フデリンドウ 筆竜胆 野草 狭山丘陵 写真

    スミレ(菫)

  • 2012/04/29 : 狭山丘陵の四季
  • 何とかスミレっていうのではなく、「スミレ」と呼ばれるのはこれです。
    マンジュリカっていうやつですね。
    満州産の、という意味だそうです。


    スミレ(菫)


    狭山丘陵で見かけるスミレの仲間で紫色のを付けるのは昨日載せたアメリカスミレサイシンが一番数が多いと思います。
    マンジュリカは特定の場所にまとまって咲いているようで、適した環境というのがあるんでしょうね。
    今日はマンジュリカとアリアケスミレ、ヒメスミレがたくさん咲く場所に行ってきました。

    もちろんターゲットはこのスミレです。
    先週も撮ったんですが、肌寒かったせいか咲いているのが少なかったので出直してきました。
    が、このところの初夏のような陽気に一気に咲いたのか、もう終わりかけのようにも見えました。

    【写真】
    スミレ() スミレ科
    いい紫色なんですが、写真で再現するのは難しいです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/29 15:41:52
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    この一週間でどの個体もだいぶ大きな株に育ったようです。
    の数がぜんぜん違ってました。
    周囲の草も、一気に伸びて先週の日曜日とは景色が変わって見えるほどです。


    スミレ(菫)


    今日は家を出たのがすでに午後3時近かったので、足早に狙った獲物だけを 撮ってきました。
    本当は午後丸ごとガッツリと歩こうと思ったんですけど、想定外の用事ができてしまいました。
    原因は、この子。

    わが家の新入りです。


    わが家の新入り


    吾輩は猫である、名前はまだない・・ってところです。

    アメリカンショートヘアシルバータビー、男の子です。
    生後1ヵ月半とちょっとくらいで、体重はまだ480gしかありません。
    今日は見に行くだけだと思っていたら、連れて帰ってくることになっちゃいました。

    ちょっと不安そうな表情かな!?
    いきなり知らないところに連れてこられたんだから落ち着かないでしょう。
    一週間ほどケージの中で慣らすということなので、今はかごの鳥ならぬかごの猫です。

    しかし子猫っていうのはかわいいもんですね。
    実家で猫を飼い始めたころを思い出しました。

    名前が決まってないのでとりあえず「へいすけ君」って呼ばれてます。
    名前は家族の公募で決める予定ですが、誰の案も決め手に欠けるだろうと思っているので、このまま「へいちゃん」になっちゃいそうな気がします。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : スミレ マンジュリカ 狭山丘陵 仔猫 アメリカンショートヘア シルバータビー

    アメリカスミレサイシン(亜米利加菫細辛)

  • 2012/04/28 : 狭山丘陵の四季
  • むしろビオラ・ソロリアという名前のほうが通りがいいのかもしれません。
    アメリカスミレサイシンって、なんだかしっくりこない名前ですよね。
    いろんなものがつなぎ合わさっているような感じで・・


    アメリカスミレサイシン(亜米利加菫細辛)


    ビオラ・ソロリアパピリオナケア」・・って、舌噛みそう。
    狭山丘陵で咲く紫色のスミレで一番多いのがこれだと思います。
    どこに行っても咲いているといっていいくらい蔓延しています。

    外来種で、もともと園芸用だったのが野生化しているそうですから、これがあまり増えるのもどうかと。
    華やかなのはいいんですけど、同じばっかりになっちゃうのも味気ないですからね。

    【写真】
    アメリカスミレサイシン亜米利加菫細辛) スミレ
    もともと園芸品種らしく大き目のです。
    ビオラ・ソロリアには何種類か色や模様が違うのがあって、狭山丘陵には4~5種類あるらしいです。
    私は3種類しか見たことありません。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/21 14:55:49
    Tv 1/125
    Av 3.5
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    もうひとつはビオラ・ソロリアスノープリンセス」というやつ。
    雪というほど真っ白でもないですかね。


    アメリカスミレサイシン(亜米利加菫細辛)


    緑の原っぱ一面に咲いているのは、確かに雪のようにみえないこともありません。
    ま~でも、白さでいったらオトメスミレのほうが透明感が高くて勝りますね。
    乙女は優美、プリンセスはグラマラスな印象です。

    大型連休初日です。
    いきなり初夏が来たような陽気でした。
    残念ながら今日は仕方がない用事が3つもあって一日つぶれてしまいました。

    明日は今日の分まで取り返すぞ~!

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : アメリカスミレサイシン 亜米利加菫細辛 ビオラ・ソロリア パピリオナケア スノープリンセス オトメスミレ スミレ 狭山丘陵

    ヒトリシズカ(一人静)

  • 2012/04/27 : 狭山丘陵の四季
  • 毎年4月になると気になるのひとつです。
    手軽に見られる場所に咲いてくれるので、毎年見ることができます。
    そのせいか、一度撮っちゃうと安心してしまい、訪れなくなってしまうんですが・・


    ヒトリシズカ(一人静)


    このが咲く4月中旬は1年で一番多くのが咲く時期なので、一度撮ったをもう一度撮るのは稀です。
    それよか、まだ撮ってないに時間とエネルギーを使いたい・・
    何しろ週末しか動けないし、雨が降ることも多いですからね。

    写真
    ヒトリシズカ一人静) センリョウ科
    静御前が吉野山で舞う姿に見立てた命名で、ヨシノシズカ吉野静)という別名があるそうです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/15 16:27:07
    Tv 1/125
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    ヒトリシズカは群生して咲きますから「一人」という名前よりもヨシノシズカのほうが相応しいようにも思えます。


    ヒトリシズカ(一人静)


    このあと4枚の葉がほぼ水平になるまで開きます。
    この写真くらいの、まだを半ば覆うくらいのころが奥床しくてお気に入りです。
    ヒトリシズカが終わると同じ場所に近縁種のフタリシズカが咲きます。

    ようやくスミレたちが咲き始めたと思ったら、もう大型連休に突入ですね。
    1ヶ月なんてあっという間です。
    幸い連休前半は天気もよさそうだし、まだ撮ってない花を探しに行くとしましょう。
    残念ながら明日は丸一日用事で埋まったので、明後日のお楽しみですが。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヒトリシズカ 一人静 ヨシノシズカ 吉野静 写真 狭山丘陵 野草

    アカフタチツボスミレ(赤斑立坪菫)とヒゴスミレ(肥後菫)

  • 2012/04/26 : 狭山丘陵の四季
  • 葉脈に赤紫の斑が入ったタチツボスミレを毎年探しています。
    大体どのあたりに咲いているのかは覚えてますが、なかなかきれいな斑入りのが見つかりません。
    今年はそこそこきれいに斑が入ったのをみつけましたので今日はこれを。


    アカフタチツボスミレ (赤斑立坪菫)


    自体はまるっきりタチツボスミレです。
    葉の形もそのものですけど、葉脈の色だけが違います。
    普通のタチツボスミレとは少し違ったDNAを持っているんでしょうね。

    葉が大きく育つにつれて斑の色が薄くなっていくように思うんですけど、どうでしょうか。

    写真
    アカフタチツボスミレ赤斑立坪菫) スミレ科
    狭山丘陵では多く見られるところ、まったくないところがあるので、これもタチツボスミレの亜種なんでしょう。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/15 14:56:19
    Tv 1/80
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    今日はもうひとつ、スミレを。
    狭山丘陵ヒゴスミレ肥後菫)が咲いているという情報をいただき、撮ってきました。
    とはいえこれは4月5日の画像です。


    ヒゴスミレ(肥後菫)


    宮城県以南に分布ということですから狭山丘陵に咲いていても不思議はありません。
    これは道路わきの石垣とアスファルトの間に咲いていたし、道路の向かいのお宅にはがあふれてましたから、このお宅のだったのか・・・
    まぁでも自力で成長して開しているんだと思います。

    そのうち山の中にも進出してくるかもしれません。
    ぜひとも山の中で咲いているところに遭遇したいものです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : アカフタチツボスミレ 赤斑立坪菫 ヒゴスミレ 肥後菫 タチツボスミレ 立坪菫 写真 狭山丘陵

    ヒメスミレ(姫菫)

  • 2012/04/25 : 狭山丘陵の四季
  • 何とまぁ小さなスミレでしょう。
    の大きさは1cmくらい、でも姿かたちはまさにスミレです。
    葉はヘラ状で細長く、まるでスミレマンジュリカ)のミニチュアみたいです。


    ヒメスミレ(姫菫)


    とても小さいので、他の草の間に埋もれるように咲いています。
    そんななので、咲いているにもかかわらず最近まで気が付いていない場所がいくつもありました。
    この写真の場所のそのうちの一ヶ所です。

    この写真だとの大きさが伝わりませんよねぇ・・

    写真
    ヒメスミレ姫菫) スミレ
    植物の名前で「ヒメ」と付いたら大概は「小さい」という意味です。
    その点においてヒメスミレの命名は当を得たものでしょう。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/22 14:11:59
    Tv 1/160
    Av 3.5
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    こちらは4月15日に撮ったもの。
    一番最初にこのを見つけた場所です。
    右端にスギナが写っているのでいくらか大きさの見当がつくかもしれません。


    ヒメスミレ(姫菫)


    ここは芝生の原っぱで、休みの日は子供たちが走り回り、家族連れがお弁当を広げているようなところです。
    おかげで結構な数が踏まれているんですが、芝生に埋もれるくらいですから気が付かないのも仕方がないでしょう。
    それでも毎年咲いてくれますから、見た目によらず逞しいようです。

    気が付けばの4月ももう終わりですね。
    この時期でまだ載せていないスミレがいくつかあります。
    何とか連休までに載せ切りたいんですが、ほかにもネタがあるし・・

    贅沢に悩める、いい季節になりました。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヒメスミレ 姫菫 スミレ 写真 狭山丘陵 野草 マンジュリカ

    モミジイチゴ(紅葉苺)

  • 2012/04/24 : 狭山丘陵の四季
  • まさか4月の後半になってこのを載せるとは思ってもみませんでした。
    大概4月にはいるとあちこちで真っ白なをまっすぐな枝にずらっと並べて咲いているのに、今年はちらほら咲いているくらいです。


    モミジイチゴ(紅葉苺)


    せいぜい2mなくらいの低木ながら、いっせいに純白のを咲かせると、そこだけパッと明かりがついたように見えます。
    でも今年はそういうのを見かけないんですよね・・
    時期を逸してしまったのか、咲いてはいるもののの数が少ないです。

    昨年も遅かったですがこんなに少なくはなかったような・・
    この春はいろんなの登場が遅いんですが、特にこれは顕著なようです。

    写真
    モミジイチゴ紅葉苺) バラ
    狭山丘陵に自生する何種類かの木苺で一番最初に咲きます。
    今年はイチゴの出来も少ないかもしれません。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/21 16:06:29
    Tv 1/125
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    美しい花にはがある・・


    モミジイチゴ(紅葉苺)


    さすがはバラ一族らしいです。
    モミジイチゴの花はみんな下向きに咲くので持ち上げてみたりするんですが、不用意に触ると痛い目にあいます。
    こちらは4月15日に撮ったものです。

    そういえばわが家の庭の木苺も盛んに咲いているけど、イチゴはみんなヒヨドリの餌食になるんだろうなぁ。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : モミジイチゴ 紅葉苺 キイチゴ 木苺 写真 狭山丘陵 バラ

    イチリンソウ(一輪草)

  • 2012/04/23 : 狭山丘陵の四季
  • 4月15日に蕾がたくさん付いているのを確認していたイチリンソウ、この前の週末は予想どおり見ごろを迎えていました。
    昨年は4月29日に撮っていて、いよいよの時期も終わりかという段階でした。
    今年はいい頃合に見にいけたようです。


    イチリンソウ(一輪草)


    狭山丘陵ではほとんど見かけません。
    同じキンポウゲ科のニリンソウはあちこちに咲くんですけどね。
    ・・そういえばニリンソウはまだ撮ってませんでした。

    これだけまとまって咲く場所はかなり貴重です。
    すぐそばにはジュウニヒトエの群落もあるんですけど、こっちはまだ咲いていませんでした。

    写真
    イチリンソウ一輪草) キンポウゲ科
    野のとしては例外的に大きくて優雅です。
    ちなみにびらに見える部分は萼で、弁はありません。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/21 13:35:35
    Tv 1/400
    Av 3.5
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    ニリンソウと同じく、初夏には地上部分は姿を消してしまいます。
    これもスプリング・エフェメラルのひとつです。


    イチリンソウ(一輪草)


    そういえばサンリンソウっていうのもあるそうですね。
    見たことないんですけど、狭山丘陵にもあるんでしょうか。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : イチリンソウ 一輪草 ニリンソウ 二輪草 サンリンソウ 野草 写真 狭山丘陵

    アリアケスミレ(有明菫)

  • 2012/04/22 : 狭山丘陵の四季
  • スミレの季節が始まったのがついこの間だと思っていたのに、もうアリアケスミレが咲く時期になりました。
    アリアケスミレが咲くと、もうじきスミレの季節も終わって初夏に向かうはずです。
    しかし今日の埼玉は花冷えといってもいいくらいの涼しさ・・というより肌寒さでした。


    アリアケスミレ(有明菫)


    狭山丘陵で咲くスミレの中では一番遅い時期に開する種類のひとつです。
    他のが軒並み開時期が遅れているのに、アリアケスミレは遅れているというほどではありません。
    本当はアリアケスミレをスミレシリーズのトリにしたかったんですが、まだ撮っていないスミレのあるので今年に限っては逆転しています。

    とはいえ生育状況はいまひとつで、草の大きさも例年より小さくての数も少ないです。
    来週末あたりになるともうちょっと元気に咲いているんじゃないかと期待しています。

    【写真】
    アリアケスミレ有明菫) スミレ科
    真っ白な弁に紫の縞模様が美しいです。
    昨年覚えた大きな群落は今年も元気に咲いていました。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/22 13:15:59
    Tv 1/160
    Av 3.5
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    葉の形や草全体の大きさはスミレ(マンジュリカ)に似ています。
    開花時期も大体同じくらいで、近くにマンジュリカも咲いていました。
    まぁこれは追々ということで。


    アリアケスミレ(有明菫)


    それにしても今年はいつまで経っても涼しいですね。
    すでに4月も20日を過ぎて、もうじき大型連休が来るとは思えません。
    特に今日は朝から今にも降り出しそうな雲行きで春の暖かさはまるで感じませんでした。

    どうにか3時ころまで降らなかったので、昨日行きそびれた場所に行ってきました。
    去年みたいに4月中旬に雪が積もるようなことはないにしても、この時期でヤマザクラがほらこんなに・・


    まだお花見できそう・・


    まだお花見ができそうです。
    もう咲いていてもおかしくない花を探してみたものの玉砕したし、ぽつぽつと水滴が落ちてきたので早々に帰還しました。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : アリアケスミレ 有明菫 スミレ マンジュリカ 狭山丘陵 花冷え

    ジュウニヒトエ(十二単)

  • 2012/04/21 : 狭山丘陵の四季
  • このは、どういうわけか撮ったからには載せずにはいられません。
    ずっと見たいと思っていてようやく見つけたなので、印象がつよかったんでしょう。
    とりあえず載せておかないと落ち着かない、みたいな・・(笑)


    ジュウニヒトエ(十二単)


    今日は午後から3時間ほど狭山丘陵のお決まりのコースを歩いて、途中5ヶ所ほどでジュウニヒトエの生育状況を確認してきました。
    あるもんですねぇ。
    最近増えているのか、何年も同じところを歩いているので見つけた場所を積み上げているだけなのか。

    いずれにしてもたくさんあるのは喜ばしいことです。

    写真
    ジュウニヒトエ十二単) シソ科
    狭山丘陵では早いところで先週あたりから咲きはじめています。
    毛が密生してますけど、保温のためか?
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/21 15:54:36
    Tv 1/80
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    この写真は最後に訪れた群落で撮りました。
    面白いことに、これを撮った場所は谷の斜面で、他の生育地と比べていちばん日当たりの悪い場所なんです。
    ここ以外はまだ開していなかったので、ジュウニヒトエにとってこの場所の環境が一番適しているということでしょうね。


    ジュウニヒトエ(十二単)


    先週末は下から1/3くらいしか開していませんでしたが、今日は見ごろになってました。
    他の場所では次の週末あたりまで待たないといけないかもしれません。

    シソ科キランソウ属だけあって、個々のキランソウの色違いのようです。
    そういえば早い時期から咲いているはずのキランソウがようやくあちこちで咲き始めました。
    今年はどうなってるんでしょう!?

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ジュウニヒトエ 十二単 写真 狭山丘陵 野草 キランソウ

    オオアラセイトウ(大紫羅欄花)

  • 2012/04/20 : 狭山丘陵の四季
  • ショカッサイ(諸葛菜)、ハナダイコン花大根)、ムラサキハナナ紫花菜)にシキンサイ(紫金菜)と、いったいいくつの名前を持っているんでしょうか。
    私はハナダイコンで覚えましたが、皆さんは!?
    そしてどれが正式名称なんでしょう。


    オオアラセイトウ(大紫羅欄花)


    どこかでオオアラセイトウが正式だというのを見た気がするんですけど、思い出せません。
    まぁいいか・・
    線路わきの土手なんかにたくさん咲いていて、毎朝の通勤時に電車の車窓から眺めています。

    【写真】
    オオアラセイトウ大紫羅欄花) アブラナ科
    狭山丘陵では早い年は2月中に咲き始めます。
    今年は3月の後半だったのでこの花もだいぶ遅かったです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/15 14:03:18
    Tv 1/250
    Av 4.5
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    そういえば興味深いニュースを見ました。
    太陽の活動が不活発になる兆しがあるとか。
    朝日新聞には「太陽が冬眠?」なんていう見出しになっていました。


    オオアラセイトウ(大紫羅欄花)


    確かYahooにも記事が出ていたと思うのでご覧になった方も多いと思います。
    地球が低温期に入る可能性があるということです。
    このところの冬の寒さには直接関係ないんでしょうけど、温暖化温暖化と騒いでいたと思ったら今度はプチ氷河期が来るぞなんていう声も・・

    太陽の活動は10年ほど観測を続けないとどうなるのか分からないようです。
    二酸化炭素の温室効果と相殺してバランスが取れるといいのかも・・なんていうのは甘い考えですね。


    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : 諸葛菜 ハナダイコン 花大根 ムラサキハナナ 紫花菜 シキンサイ オオアラセイトウ 大紫羅欄花 狭山丘陵

    ナガバノスミレサイシン(長葉の菫細辛)

  • 2012/04/19 : 狭山丘陵の四季
  • 以前は狭山丘陵の最奥地である金堀沢(現在立ち入り禁止)に見に行ってましたが、ちょっと前に手軽な場所に大群落があることを知ってから手間なく撮れるようになりました。
    このところ毎週末観察に行っていて、ようやく咲きそろってきたので撮ってきました。


    20120415_nagaba1.jpg


    このスミレは淡い紫色と白の2種類が咲くようです。
    私が撮りに行った群落では両方同時に咲くのでいい場所を覚えました。
    上の写真が紫で、下のが白です。

    写真
    ナガバノスミレサイシン長葉の菫細辛) スミレ
    湿った場所を好むようで、沢の近くとかでよく見かけます。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/15 15:15:23
    Tv 1/80
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    先の尖った細長い葉と太くて丸い距が特徴です。
    このスミレは見分けやすい部類でしょう。


    20120415_nagaba2.jpg


    輪郭がはっきりしたっていう印象なんですが、どうでしょう。

    今週もあと1日で楽しい週末がやってきます。
    日曜日は雨の予報みたいなので、土曜日のうちに効率よく狭山丘陵を巡回せねば・・
    この時期は特に多くのが登場するので、できれば土日2日とも活動したいところなんですけどね~。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ナガバノスミレサイシン 長葉の菫細辛 写真 狭山丘陵 野草 スミレ

    ヤマザクラ(山桜)

  • 2012/04/18 : 狭山丘陵の四季
  • このところスミレばかり続いていたので、たまには違うを載せることにします。
    狭山丘陵が多いということもあって否応なく視界に飛び込んできます。
    丘が淡いピンクに染まっている景色というのもいかにもらしくていいものですね。


    ヤマザクラ(山桜)


    先週末は狭山丘陵ヤマザクラが見ごろで、どこも結構な人出でした。
    見がしたいというのはが美しいというのもさることながら、の到来を実感したいということなのかななんて思ったりします。
    私の場合はいろんなスミレを撮りつつを噛みしめるわけですが。

    写真
    ヤマザクラ山桜) バラ科
    狭山湖の周辺だけでも2万本くらいあるそうです。
    密集していたら相当なものでしょうけど、あちこちに散在して咲いています。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/15 14:11:43
    Tv 1/160
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    ヤマザクラが咲くとともに赤い若葉が出ているのも魅力的です。
    見慣れたソメイヨシノとはちょっと違ってワイルドな感じとでもいいましょうか・・


    ヤマザクラ(山桜)



    ヤマザクラの開も遅かったとはいえさすがに撮るには遅かったかも。
    一昨年は4月3日に見ごろでしたから10日ほども遅かったということになりますか。

    何はともあれ今年も本格的なが来て、めでたし、めでたし。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤマザクラ 山桜 サクラ 写真 狭山丘陵 ソメイヨシノ

    ケマルバスミレ(毛丸葉菫)

  • 2012/04/17 : 狭山丘陵の四季
  • ふくよかな丸みのあるを咲かせるスミレです。
    タチツボスミレよりもひとまわり大きなは真っ白なので、咲いているとすぐに分かります。
    一週間前は葉だけでしたが、この間の週末はもう盛りでした。


    ケマルバスミレ(毛丸葉菫)


    まとまった数のを咲かせる株も多いので、なかなか見栄えがいいです。
    ちょっと前に載せたオトメスミレと比べると丸っこいだなと思います。
    それと、しわのあるびら。

    洗いざらしのボタンダウンシャツみたいです。
    気取りのないカジュアルな感じに思えます。

    写真
    ケマルバスミレ毛丸葉菫) スミレ科
    花の真ん中を見ると、雌しべの先端がカマキリの頭のように三角形なのがわかるでしょうか。
    タチツボスミレ、オトメスミレはここがまっすぐな棒状になっています。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/15 10:22:33
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    ケマルバスミレは葉の表面などに有毛のもので、毛がないのをマルバスミレというそうです。
    下の写真の葉にはほとんど毛がないように見えるんですが、これはマルバなのか・・


    ケマルバスミレ(毛丸葉菫)


    さらに左右の花びら(側弁)の付け根に毛がありますね。
    ここに毛があるのをヒゲマルバスミレというみたいです。
    最初の写真の花には側弁の毛がないので、ケマルバスミレかなと・・

    ああ~、何だかややこしいなぁっ!!
    全部まとめてマルバスミレでいいってことにしましょうよ。

    ちなみに上の写真狭山丘陵の北側(埼玉県)で、下の写真は南側(東京都)で撮りました。
    片っ端から調べているわけじゃないのでいい加減なことはいえませんが、マルバスミレは狭山湖の南北でわずかに違っているのでは・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : 写真 狭山丘陵 野草 ケマルバスミレ 毛丸葉菫 マルバスミレ 丸葉菫

    タカオスミレ(高尾菫)

  • 2012/04/16 : 狭山丘陵の四季
  • 毎年4月の上旬に、狭山丘陵のとある場所でタカオスミレがたくさん咲きます。
    この時期になると気になって見に行ってますが、ご多分にもれずこのも開がだいぶおそいようです。
    しかも前日の雨に強かに打たれたのか、きれいに開いているのはありませんでした。


    タカオスミレ(高尾菫)


    でも来週見にいける保証もないし、色がよかったので載せてしまいます。
    タカオスミレヒカゲスミレの変種で、葉の表面がこげ茶色なのが特徴です。

    あと、ここのタカオスミレ全体に赤っぽい縞が入っています。
    ヒカゲスミレってもっと白っぽいだという印象があるんですけど、どうでしょう。
    そういえば狭山丘陵では緑色の葉のヒカゲスミレって見たことありません。

    写真
    タカオスミレ高尾菫) スミレ科
    葉の表側だけ茶色いのをハグロスミレなんていうこともあるようです。
    さてこれはどうでしょう。
    埼玉緑の森博物館でもタカオスミレとなってましたので、ここではタカオスミレってことで。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/15 10:33:52
    Tv 1/60
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    日曜日は狭山丘陵のあちこちを駆け回ったうちの、ここが朝の1ヶ所目でした。
    いくつか狙っていたがあったんですが、残念ながらウリカエデはすでに終わってました。


    タカオスミレ(高尾菫)


    しつこいようですけど、今年は本当に春の訪れが遅いです。
    4月の中旬になってようやくモミジイチゴが咲いたとか、記憶にありません。
    この時期の道端の主役のはずのムラサキケマンも少ないし・・

    とはいえ楽しみなの蕾もいくつか確認してきました。
    次の週末にはあんな花こんな花が咲くかもしれません。
    楽しみなことです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : 写真 狭山丘陵 野草 タカオスミレ 高尾菫 ヒカゲスミレ ハグロスミレ

    アカネスミレ(茜菫)

  • 2012/04/15 : 狭山丘陵の四季
  • 少し前にアカネスミレの開情報をいただき、ずっと気になっていました。
    先週末に咲いているはずの場所に行ってみたものの見つけられず、本日再挑戦してきました。
    行ってみたら、先週歩いたはずの場所に3株並んで咲いているじゃありませんか・・


    アカネスミレ(茜菫)


    今回はまったく苦労せずに見つかりました。
    何ででしょうね・・先週は咲いていなかったのか・・
    教えていただいた場所とは少し違っていたので、ここ数日で咲いたものかもしれません。

    その後付近を探索すると、別の場所にも3つくらいありました。
    狭山丘陵のほかの場所でこのスミレを見たことがないので、この場所限定なんでしょうか。
    少なくとも希少なであることは間違いないでしょう。

    これでこの春3つ目の当ブログ初登場のです。
    もう400種類は載せているはずなんですが、おそるべし狭山丘陵

    写真
    アカネスミレ茜菫) スミレ
    赤みが強い感じがします。
    側弁の毛がふさふさで全体的に毛深い印象でした。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/15 15:38:36
    Tv 1/125
    Av 3.5
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    これは上の写真とは少し離れた場所に咲いていたもの。
    今日見つけた中では一番きれいでした。
    でも地面すれすれで、杭があったりして三脚が使えず、カメラを地面に置いて撮りました。


    アカネスミレ(茜菫)


    昨日は雨で身動きできなかった分、今日は朝から走り回りました。
    行きたい場所が7ヶ所あったんですがさすがに全部は無理です。
    朝から1ヶ所、午後は単車の機動力を生かして5ヶ所巡ってきました。

    ピンポイントで狙いを定めて行ったので、あちこち動き回った割に獲物は少なめでしたが・・
    でも単車で走るのが気持ちいい季節になりました。
    おかげで移動も苦になりません。

    最後に全体が分かるのを載せておきます。


    アカネスミレ(茜菫)


    葉柄が長くて立ち上がってますね。
    の色といい葉の様子といい、他の種類とはちょっと違います。
    これで狭山丘陵に咲くスミレは全部網羅したかな!?

    いやいや油断禁物、まだあるかもしれません。
    個人的にはあって欲しいところです。
    ということで、今週も大方スミレのを載せることになると思います。

    末筆ながら情報をいただいたかずさん、sage55さん、ありがとうございました。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : 写真 狭山丘陵 野草 アカネスミレ 茜菫 スミレ

    ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)

  • 2012/04/14 : 狭山丘陵の四季
  • 淡い紫色が春らしいです。
    光の当たり方で微妙に色が違って見えます。
    個体によって若干色合いが違うんでしょうけど。


    ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)


    それにしても、いつ見ても変わった形をしたです。
    こういうスタイルになった合理的な理由があるんでしょうけど、凡庸な想像力では及びもつきません。
    葉の形も独特で、が咲くずっと前からジロボウエンゴサクだと分かります。

    写真
    ジロボウエンゴサク次郎坊延胡索) ケマンソウ科
    狭山丘陵ではあちこちに咲きます。
    太郎坊はスミレのことで、名前からするとこちらが弟分ということになります。
    このところ兄貴分が続いたので今日は弟の方を~。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/08 14:04:08
    Tv 1/200
    Av 7.1
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    狭山丘陵で見ることのできるケマンソウ科のはこれ以外にムラサキケマン、亜種のシロヤブケマン、ユキヤブケマンといったところだと思います。


    ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)


    もう少し西の方、飯能市の正丸峠あたりに行くと全体が美しい黄色のキケマンが結構咲いているんですが、狭山丘陵ではまったく見かけません。
    どこかに咲いているのか、ぜんぜんないのか・・

    それはそうと、春先の早い時期に咲くムラサキケマンがようやく咲きかけの状態です。
    これほどムラサキケマンを見かけない春も覚えがありません。
    さすがにこの週末はあちこちで咲いているはずですが・・

    今日の埼玉は一日中雨が降り続いていました。
    明日は今日の分まで取り返すべく、朝から出動する予定です。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ジロボウエンゴサク 次郎坊延胡索 写真 狭山丘陵 野草 ムラサキケマン キケマン

    ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)

  • 2012/04/13 : 狭山丘陵の四季
  • ニオイタチツボスミレはここ2年ばかりタイミングをはずしていました。
    先週末はようやく咲きはじめというのに2ヶ所でめぐり合いましたので、ちょっと早いかなと思いつつも撮っておきました。


    ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)


    タチツボスミレと比較するとだいぶ小ぶりのです。
    弁が丸っこくてはっきりした赤紫が愛らしいですね。
    ぐっと上に折れ曲がった「距」の形が独特です。

    ちなみに上の写真は自転車でセンボンヤリを撮りに行った菩提樹池で撮りました。
    カゴも荷台もない自転車なので、ミニ三脚をリュックに入れていきました。

    写真
    ニオイタチツボスミレ匂立坪菫) スミレ
    時期はタチツボスミレよりも少し遅めです。
    名前は匂いと付くんですけど、私には匂いが識別できません。
    匂います!?この・・
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/09 9:43:01
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    蕾がどんどん持ち上がってきていますから、これからたくさん咲きそうです。
    こちらは8日に別の場所でさいていたもの。


    ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)


    もしどこかでたくさん咲いているのに出会ったら撮り直すこととしましょう。

    待ちかねた週末です。
    でもまた雨の土曜日になるようです。
    どうもよくないですね・・このところ週末は1日しか活動できていません。

    ということですでに日曜日の行動計画を策定中です。
    明日の目標は・・ま~床屋に行くってところですかね。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ニオイタチツボスミレ 匂立坪菫 スミレ 写真 野草 狭山丘陵

    ノジスミレ(野路菫)

  • 2012/04/12 : 狭山丘陵の四季
  • 4月になって狭山丘陵のスミレが続々登場してきました。
    8日の日曜日は某所でかなり深追いをして時間をロスしてしまいましたが、ノジスミレが咲いているはずなので毎年咲く場所に探しに行きました。
    日が長くなったとはいえ、午後4時になると谷間は日陰になっちゃいますね。


    ノジスミレ(野路菫)


    予想通り昨年と同じ場所で、枯れ草に身を隠すようによれよれのが咲いていました。
    いつ見てもノジスミレってシャキッとしない感じですね。
    まぁそれが愛嬌でもあるんですけど。

    写真
    ノジスミレ野路菫) スミレ科
    狭山丘陵ではそれほど多くないけど、特に珍しいものでもないか・・
    田んぼの畦とか人里近くに多いです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/08 16:00:42
    Tv 1/320
    Av 4.5
    ISO感度 640
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    ノジスミレって荒地にも強いんでしょうか。
    上の写真を撮るちょっと前に、丘陵の麓の街でアスファルトの割れ目に咲いているのを見つけました。
    他の場所でも盛んに咲いているのを見たので、見た目以上にタフなのかもしれません。


    ノジスミレ(野路菫)


    ノジスミレの葉は細長いです。
    早い時期に咲くアオイスミレタチツボスミレコスミレケマルバスミレなどは丸っこい葉が多くて、開時期の遅いマンジュリカやアリアケスミレの葉は細長いヘラ状です。
    ノジスミレやナガバノスミレサイシンはその中間くらいの感じですけど、開時期と葉の形って何か関係があるんでしょうか。

    どうでもいいけど。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ノジスミレ 野路菫 写真 狭山丘陵 アオイスミレ タチツボスミレ コスミレ ケマルバスミレ アリアケスミレ

    フモトスミレ(麓菫)

  • 2012/04/11 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵スミレの季節を迎えました。
    もう、そこかしこにスミレスミレスミレです。
    タチツボスミレやコスミレにやや遅れて、小さなフモトスミレが咲き始めました。


    フモトスミレ(麓菫)


    わずか1cmほどのですが白地に紫色の網目模様が鮮やかです。
    葉の緑が濃いのもの白さを引き立てているんじゃないかと思います。
    まだ咲き始めのフモトスミレ、見ごろは次の週末あたりでしょうか。

    写真
    フモトスミレ麓菫) スミレ科
    名前は「麓」ですが山の中で咲いています。
    とはいえ狭山丘陵は高いところでもせいぜい200m弱ですから、どこに行っても麓みたいなものかもしれませんけど。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/08 13:15:27
    Tv 1/400
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    これは半端に日陰になっているのでどうしようかと思いましたが、1枚じゃ寂しいので載せてしまいます。


    フモトスミレ(麓菫)


    今シーズンは三脚を新調して臨んでいます。
    さらに、マクロ用に新兵器を導入しました。
    Velbonの「V4-unit」というやつです。

    どういうものかを言葉で説明するのは少々厄介なんですが、要は三脚の中心に伸縮可能なアームが付いていて、上下にも自由に動くというものです。
    アームの先端に自由雲台が付いているので、縦アングルだとカメラが地面に付くまで低い位置で固定できます。


    V4ユニット


    ちなみにレンズの先にフモトスミレが咲いています。

    かなりしっかりしたものでガタつきとかはありません。
    この間の日曜日は丸一日これを使って撮りましたが、三脚を使って撮れる範囲がぐんと広がりました。
    ま~これで手抜き防止になるかな。(笑)

    欠点は三脚が重くなることでしょうね。
    およそ600gの重量増は一日持って歩くと重いなと感じてしまいます。
    とはいえかなり使えそうなので、今年はこれをフル活用するつもりです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : フモトスミレ 麓菫 写真 狭山丘陵 野草 V4-unit V4ユニット スミレ

    タチツボスミレ(立坪菫)

  • 2012/04/10 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵の春といえば真っ先に思い浮かべるのがこのです。
    薄紫のがあちこちでたくさん咲いています。
    タチツボスミレが林道わきを彩るようになると春本番なんですが・・


    タチツボスミレ(立坪菫)


    何度も書きますけど今年はどの植物も生育が遅いです。
    なにしろムラサキケマンがようやく咲き始めたところで、タンポポですらまだ茎が短い状態ですからね。
    ゆっくり楽しませてもらえればありがたいんですが、ある日突然いっせいに咲きそうな気がします。

    写真
    タチツボスミレ立坪菫) スミレ
    狭山丘陵、というよりは日本を代表するスミレといってもいいのではないかと思います。
    この時期の狭山丘陵はどこに行っても見ることができるといってもいいくらいたくさん咲いています。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/08 9:16:30
    Tv 1/160
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    スミレは種類が多くて、狭山丘陵だけでも20種類くらいは見られるかと。
    タチツボスミレの特徴は柱の先端が千歳飴みたいにまっすぐの棒状になっているところですかね・・


    タチツボスミレ(立坪菫)


    あとは茎があって丸っこいハート型の葉だったらタチツボスミレでOKでしょう。
    一昨日載せたオトメスミレの特徴もタチツボスミレと同じです。
    ただしオトメは弁が白く、の後ろに突き出た「距」が紫色を帯びています。

    ここにきていろんなスミレが咲き始めたので、明日以降も数日はスミレ三昧でいってみましょうか。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : タチツボスミレ 立坪菫 スミレ 写真 狭山丘陵 野草 オトメスミレ

    センボンヤリ(千本槍)

  • 2012/04/09 : 狭山丘陵の四季
  • 一昨年来の課題になっていたセンボンヤリの春のをようやく見つけました。
    秋の閉鎖花は何ヶ所かで見ていたものの、タイミングが悪かったのか春は空振りが続いていました。
    センボンヤリの開情報をいただいたので、これは見に行くしかないでしょう。


    センボンヤリ(千本槍)


    幸いなことに今日は息子の入学式(高校)があって、朝のうちは自由になる時間がありました。
    うちから一番近いセンボンヤリの群生地は・・菩提樹池か!!
    自転車で行けば15分くらいの場所で、1時間もあれば行って帰ってくることができます。

    狭山湖南側の群生地では葉っぱも見えなかったのでどうかと思いつつ行ってみると、なんと一面に(とはいえ疎らに)たくさん咲いているじゃありませんか。
    こんな近くに咲いていたとはねぇ。
    秋の「槍」を見つけてあった場所なので期待どおりでよかったです。

    ということで、この春2つ目の当ブログ初登場のです。
    春先からなかなか調子がいいです♪

    写真
    センボンヤリ千本槍) キク科
    別名:ムラサキタンポポ
    舌状は白ですが、裏面に少し紫色が入っています。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/09 9:37:54
    Tv(シャッター速度) 1/400
    Av(絞り数値) 7.1
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    しかし小さなです。
    高さはせいぜい7~8cm、頭花の直径は1.5cmといったところでしょう。


    センボンヤリ(千本槍)


    筒状花の周囲を舌状花が取り巻いていて、いかにもキク科らしい花ですね。
    ちなみに秋の閉鎖花2010年11月11日の日記に写真を載せていますので、お時間あればご覧ください。
    高さは3~40cmあって、写真の蕾のような形からいきなり綿毛になります。

    それにしても面白い生態ですね。
    春の小さな開放花と秋の背が高い閉鎖花が同じ植物とは思えません。
    なお、春の花は結実する確率が非常に低く、秋の花は(自家受粉だし)ほぼ確実に結実するそうです。

    調べてみたところ、秋の閉鎖花は総苞の中で小さな花が咲いて受粉するとありました。


    センボンヤリ(千本槍)


    たくさん咲いていたといってもこんな感じです。
    春は花茎を延ばす確率が低いということなので、今年は当たり年だったのかもしれません。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : センボンヤリ 千本槍 ムラサキタンポポ 写真 狭山丘陵 野草 閉鎖花 菩提樹池

    オトメスミレ(乙女菫)

  • 2012/04/08 : 狭山丘陵の四季
  • 毎年気になって観察にいっている植物がいくつかあって、オトメスミレもそのうちのひとつです。
    昨年も今くらいの時期に咲いていたので、4月7日の夕方に自転車で走りがてら偵察に行ってきました。
    そしたら3株ほど並んで咲いているじゃありませんか~。


    オトメスミレ(乙女菫)


    これぞという株に目星をつけて、念のためiPhoneで撮っておきました。
    早速今日の朝からカメラを持って一目散にオトメスミレの元へ・・
    しかし、ない・・ないぞ、昨日の夕方あった個体が!!

    オトメスミレ狭山丘陵ではとても希少で、濁りのない白い弁が非常に美しいです。
    おかげでよく目立つので盗られてしまったようです。
    掘ったあとはちゃんと埋め戻して、ご丁寧に落ち葉までかけてありました。

    とりあえず残り2株は生き残ったようです。
    この写真の個体には落ち葉をかけておきましたが、風が吹いたらそれっきりでしょう。

    写真
    オトメスミレ乙女菫) スミレ
    箱根の乙女峠で見つかったのが名前の由来だそうです。
    タチツボスミレの変種で、弁が白く距が紫色であること以外の特徴はタチツボスミレと同じです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/08 9:09:29
    Tv 1/320
    Av 3.5
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM

    ん~、この株のは完全に白いです。
    の真ん中に紫の縞が入っているのも見かけます。


    オトメスミレ(乙女菫)


    で、下の写真が昨日はあったのに今朝なくなっていたオトメスミレ by iPhone。
    の密度が高かったのでこれを撮りたかったなぁ。


    オトメスミレ(乙女菫)


    金網がいかにも無粋ですが、こうも盗掘が多いと仕方がないかなと思ったりもします。

    今日は朝からオトメスミレだけ撮って、午後は狭山湖南側を歩いてきました。
    何人かの方とお話しましたが、いずれも話題は今年はの時期が遅い、盗掘が多いの2点でした。
    このオトメスミレもいつまで見られることやら。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : オトメスミレ 乙女菫 写真 狭山丘陵 野草 スミレ 盗掘

    ウグイスカグラ(鶯神楽)

  • 2012/04/07 : 狭山丘陵の四季
  • 小ぶりながらも鮮やかなピンクのラッパのようなが丘陵の林で輝くようです。
    樹木のとしては先陣を切って咲くで、狭山丘陵では早い年は2月中からを見かけることもあります。
    でも今年は3月半ばを過ぎてようやく咲いているのを見つけました。


    ウグイスカグラ(鶯神楽)


    これを撮ったのは4月1日で、さすがにちょっと遅かったかもしれません。
    たくさん咲いていましたが、最初に咲くにはエネルギーが一番たくさん充填されているように思えますので・・・
    やっぱり咲きはじめを狙うべきだったかなぁ。

    写真
    ウグイスカグラ鶯神楽) スイカズラ科
    春の到来を確認するのひとつで、当ブログでは春先のレギュラーメンバーです。
    狭山丘陵では林の中で多く見つけることができます。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/01 13:02:04
    Tv 1/400
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    この花は色が濃い目でした。
    薄いピンクのも見かけますので、花の色は濃淡あるみたいです。


    ウグイスカグラ(鶯神楽)


    待ちに待った土曜日でしたが、朝から娘のスーツを買いに行ったり、病院に行ったりしているうちに夕方になっちゃいました。
    せっかくの休日ながら、なかなか思うように時間が作れないものです。

    とてもカメラを持って出かけられる時間ではなくなってしまったので、久しぶりに自転車で走りに行くことにしました。
    そのついでに気になる花をチェックしてきたのは言うまでもありません。

    果たしてしっかり咲いていました。
    明日はピンポイントで朝駆けしてきます。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ウグイスカグラ 鶯神楽 写真 狭山丘陵 野草

    ミチタネツケバナ(路種浸け花、道種漬け花)

  • 2012/04/06 : 狭山丘陵の四季
  • え~、こんなにいろんなが咲き始めているのにミチタネツケバナかよ~!?
    って言われてしまいそうです。
    でも思ったよりきれいに撮れていたので今日はこれを・・


    ミチタネツケバナ(路種浸け花、道種漬け花)


    小さくてきちんと開ききらない見栄えのしない・・なんていったらかわいそうですね。
    その名のとおり道端に生えている雑草で、埃をかぶっていたりして余計に見た目の印象がよくありません。
    でもこのはちょっと湿ったところで咲いていたせいか、とても瑞々しくてきれいでした。

    ミチタネツケバナをちょっとだけ見直しました。

    写真
    ミチタネツケバナ路種浸け花道種漬け花) アブラナ科
    寒さに強く、他の植物に先駆けて花を咲かせます。
    仲間のタネツケバナが田んぼ一面を白く染めるころには花の盛りをとっくに過ぎています。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/01 14:19:19
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    ミチタネツケバナ(路種浸け花、道種漬け花)


    過去の日記から、この花を最初に撮った日を並べてみます。
    2007年  3月 4日
    2008年  2月23日
    2009年  2月 8日
    2010年  2月21日
    2011年  3月 5日

    今年はずば抜けて遅く、4月1日です。
    ここまで撮らずに待ったという点を割り引いても例年になく遅いと思います。

    アブラナ科つながりでおまけの1枚。
    さてこの葉っぱはなんでしょうか?


    白菜


    正解は白菜です。
    私の母親が白菜の軸を水に漬けておいたもので、葉だけでなく花芽も出てました。
    今頃は菜の花そっくりな黄色い花を咲かせていると思います。
    これはiPhoneで撮りました。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ミチタネツケバナ 路種浸け花 道種漬け花 白菜 写真 雑草 狭山丘陵

    カタクリ(片栗)

  • 2012/04/05 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵カタクリが咲きました。
    毎年撮ろうと試みていますが、なかなかいいタイミングでめぐり合えません。
    週末しか活動できない身としては運を天に任せるのみです。


    カタクリ(片栗)


    一週間前には蕾も見えなかったのに、4月1日はいい具合に咲いていました。
    お天気もよくて、日が当たっているカタクリを撮ったのは初めてなんじゃないかと・・
    明るいところで見ると、いっそう色鮮やかに見えますね。

    写真
    カタクリ片栗) ユリ科
    狭山丘陵には何ヶ所かの群生地があります。
    ここは目と鼻の先が住宅地で、よくこんなところに咲いているもんだと思ってしまいます。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/01 14:29:09
    Tv 1/400
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    スプリング・エフェメラルっていったら真っ先に思い浮かべるのがこのです。
    地上に現れているのは1ヶ月あまりで、一年の大半を土の中で過ごすそうです。
    まさに儚い春という呼び名がぴったりです。

    発芽からが咲くまで8年ほど要するのは、光合成できる期間が短いからでしょうね。


    カタクリ(片栗)


    いままで見に行った中では今年が一番きれいに咲いていたように思います。
    日差しがないとが開かないので、天気がよかったのが幸いでした。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : カタクリ 片栗 写真 狭山丘陵 野草 スプリング・エフェメラル 儚い春

    シュンラン(春蘭)

  • 2012/04/04 : 狭山丘陵の四季
  • この時期、毎年気になるのひとつがシュンランです。
    今年も咲いているか、盗掘されていないか・・確認せずにはいられません。
    何ヶ所か定点観察していますが、今年はどこもが咲いていました。


    シュンラン(春蘭)


    この写真は昨年の3月28日に載せたのと同じ株です。
    シュンランも今年の目覚めは少し遅めかもしれません。
    寒かった冬のせいか茎が細めで、いつもより頼りない感じがしました。

    写真
    シュンラン春蘭) ラン科
    林の中で咲いているので、日が当たっているのは珍しいかも。
    草刈りで葉をバッサリ切られた株も今年は復活していました。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/01 14:07:14
    Tv 1/200
    Av 4.5
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM

    ジジババ」なんていう別名もあるそうです。
    由来はWikipediaあたりに詳しいので、ここでは省略します。


    シュンラン(春蘭)


    今週はいかにも春らしいネタが続きます。
    明日もぜひ春らしいのを載せましょう。
    いいですねぇ、春は!!

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : シュンラン 春蘭 写真 狭山丘陵 野草 ジジババ

    コスミレ(小菫)

  • 2012/04/03 : 狭山丘陵の四季
  • 例年どおり4月はスミレ月間になりそうです。
    というか、スミレ月間にしてしまいます。(笑)
    狭山丘陵に咲くスミレは20種類近くあると思いますが、さて今年はそのうちいくつ載せられるでしょうか。


    コスミレ(小菫)


    コスミレ狭山丘陵では多く見られるスミレです。
    大きさや色合いがタチツボスミレに似ています。
    丘陵歩きを始めたころはタチツボスミレと見分けがつきませんでした。

    でも、さすがにもう騙されませんよ~。
    コスミレは雌しべの先端が太くなってますが、タチツボはまっすぐなんです。
    葉の形も違いますし。

    ・・とか言いつつ、タチツボスミレだと思って撮った写真のうちひとつがコスミレでしたが。

    写真
    コスミレ小菫) スミレ科
    この個体はの色が濃い目でした。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/01 13:49:36
    Tv 1/500
    Av 4.0
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    葉の形がタチツボより長くて、やや細長いハート型です。
    びらもちょっと細長いかな!?


    コスミレ(小菫)


    この写真狭山丘陵を歩き始めて、初めてコスミレと認識した記念すべき!?場所で撮ったものです。
    毎年同じ場所で、落ち葉を押しのけて咲いています。

    さて、次の週末はどのスミレを狙いましょう。
    時期的にはオトメ、ケマルバ、フモト、ノジスミレあたりでしょうかね。
    タカオスミレはまだちょっと早いかも。

    今日の関東地方はまるで台風襲来です。
    仕事もそこそこ定時に切り上げてさっさと帰ってきました。
    あちこちで電車が止まってましたが、西武線はなかなかしぶといです。

    ほぼダイヤどおりの2分遅れでした。
    それにしても新宿のビル風のすさまじいこと!
    動画を撮ろうと思ったんですがとてもそんな余裕はありませんでした。

    ようやく昨秋の台風の被害から復旧したので、この風で狭山丘陵の倒木が増えてなければいいんですけど。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : コスミレ 小菫 写真 狭山丘陵 野草 スミレ

    エイザンスミレ(叡山菫)

  • 2012/04/02 : 狭山丘陵の四季
  • 春の訪れが遅いとここしばらくで100万回くらい言った気がします。
    でも、さすがに4月になると咲くべきが咲いてきますね。
    まずは毎年気になるエイザンスミレです。


    エイザンスミレ(叡山菫)


    淡いピンクが実に美しいです。
    も大きめなので見栄えがしますね。

    毎年同じ場所に探しに行くんですが、今年は思わぬところで見つけました。
    おお~、こんなところにも咲いていたとはっ!
    しかも周囲を見渡すとそこら中に散らばるように咲いてるじゃありませんか。

    毎年、どころか少なくとも月に3回は歩いている尾根道なので、咲いていれば昨年まで気づいていないはずはないんですが・・・
    呆気に取られたというか、狐につままれたようなとでもいうか。
    それほど多くないスミレなので、増えてくれると素直にうれしいです。

    写真
    エイザンスミレ叡山菫) スミレ
    細かく切れ込んだ葉が特徴的です。
    スミレの仲間ではこういう葉は少なく、国内では3種類だけだそうです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/01 13:40:40
    Tv 1/640
    Av 3.5
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    とはいえ、まだ葉も小さくてようやくが咲いたところといった感じでした。
    もう少し葉が育てばふくよかなを咲かせるかな。


    エイザンスミレ(叡山菫)


    個体数は多かったものの、どの株もこのくらいの咲きっぷりでした。
    次の週末あたりはもっと多くのを咲かせていると思います。
    それにしても・・エイザンスミレがこれほどまとまって咲いているのを見たことがないというくらいの数でした。

    誰かが種をまいたのか、たまたま生育条件がよかったのか!?

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : 写真 狭山丘陵 野草 エイザンスミレ 叡山菫 スミレ

    ヒロハアマナ(広葉甘菜)

  • 2012/04/01 : 狭山丘陵の四季
  • 春です。
    やっと春が来たことを実感した一日でした。
    もう4月に入っているんですから、本当にようやくという感じです。


    ヒロハアマナ(広葉甘菜)


    昼間の気温は14℃くらいだったのでポカポカ陽気とは行かないまでも狭山丘陵を歩くと上り坂ではすぐに汗が出ます。
    さて今日はどんな野草が出迎えてくれるか。
    およその目星は付けて出かけましたけど、気になっていたのがアマナです。

    期待はしていなかったものの、最後の最後に訪れた場所でちらほら咲いていました。
    そうか、ここにあったのか。
    カタクリと同じ場所に咲くことが多いらしいので、群生地を2ヶ所ほど訪れてみました。

    このアマナ、よく見ると葉の中心に白い筋があります。
    さらに、花茎に苞が3個見えてますね。
    ということはヒロハアマナ(ヒロハノアマナ)でよろしいかと思います。

    【写真】
    ヒロハアマナ(広葉甘菜) ユリ科
    日本固有種で、分布は関東から中国四国地方あたりまで。
    ヒロハノアマナ(広葉の甘菜)ともいうらしいです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/01 15:02:23
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF70-200mm f/4L IS USM
    焦点距離 200.0 mm

    もちろん当ブログ初登場です。
    なかなか幸先のいいスタートを切りました。
    ただ株数が少なくて疎らだったことと、開花具合がいまひとつだったのがちょっとだけ残念ですが、場所は覚えたのでそのうちいいところに巡り会えるでしょう。


    ヒロハアマナ(広葉甘菜)


    ユリ科アマナ属はこれとアマナの2種類だそうです。
    こうなるとアマナの方も見てみたいものです。
    花茎の苞が2個ならアマナだそうなので、来週末にもう一ヶ所カタクリの群生地を訪ねてみましょう。

    これ以外にも今日はいろいろ撮ってきました。
    1年で一番野草の花が多い4月ですから、さすがにもうネタ切れの心配はないでしょうね。
    あとは週末のお天気さえよければ・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    ようこそ!
    カレンダー
    03 | 2012/04 | 05
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR