ヒメザゼンソウ(姫座禅草)

  • 2012/06/30 : 狭山丘陵の四季
  • 今日で6月も終わります。
    早いもので2012年も後半に入るわけで、半年なんてあっという間ですね。
    今年前半の締めはやはりこれでしょう。


    ヒメザゼンソウ(姫座禅草)


    赤紫色の仏炎苞の高さが5cmほどの小さな姫様です。
    埼玉県内には狭山丘陵にしかないらしく、絶滅危惧種といわれればさもありなんと思います。
    昨年に比べての姿が少なかったようですが、数が減っていないといいんですけど。

    写真
    ヒメザゼンソウ姫座禅草) サトイモ科
    狭山丘陵のアイドル的存在といってもいいかも。
    姫様は姿を見られるのが恥ずかしいのか、そっぽを向いているばかりでした。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/24 15:23:21
    Tv 1/40
    Av 4.5
    ISO感度 640
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM

    埼玉県レッドデータブック2011:絶滅危惧IB類
    RDBには県内で確認できている個体数は100以下とありました。


    毎年6月10日前後に撮っています。
    そのつもりで出かけたら、今年はまだ葉がいっぱい残ってるじゃありませんか。
    見逃したら面白くないので、そのとき咲いていたほぼ唯一のを撮っておきました。


    ヒメザゼンソウ(姫座禅草)


    ヒメザゼンソウは葉が枯れてからが咲くんですが、6月10日時点では緑色の葉柄はまだしっかりしているようでした。
    こりゃ~今年の開は遅いなと思いつつ、2週間は間を空けすぎたかな・・

    梅雨に入って林のあちこちにに小さなキノコや大きなキノコが出現しています。


    小さいキノコ


    これはその小さい方。
    傘は1cmくらいで、針金みたいに細い脚でした。
    相変わらず菌類は名前が分かりません。

    ・・ちょっとネットで検索してみるかな。
    スポンサーサイト

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヒメザゼンソウ 姫座禅草 写真 狭山丘陵 野草 レッドデータブック キノコ

    ノリウツギ(糊空木)

  • 2012/06/29 : 狭山丘陵の四季
  • 野趣溢れるガクアジサイというところでしょうか。
    薄暗い林で真っ白なを咲かせていました。
    ガクアジサイと同じく、周囲に装飾、中心に両性が咲きます。


    ノリウツギ(糊空木)


    園芸種のガクアジサイのようにきれいに整っていないところも野のらしいです。
    狭山丘陵にはあちこちにアジサイが植えてありますが、林道脇にアジサイを持ち込むのもいかがなものかと思いますが・・
    だったらノリウツギにしましょうよ。

    写真
    ノリウツギ糊空木) アジサイ科
    北海道でサビタと呼ばれるのがこれです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/24 13:01:23
    Tv 1/125
    Av 3.5
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    この木はちょうど見頃というところでした。


    ノリウツギ(糊空木)


    いいだなぁ。

    日のあたる場所よりも林の中でひっそり咲いているほうが似合うかな・・
    蜜があるのか、虫たちがたくさん集まってきます。
    写真には写ってませんけど、大きなスズメバチがブンブン羽音を響かせながら飛びまわっていたので気が気ではありませんでした。


    ノリウツギ(糊空木)


    週末です。
    土曜日は天気がよさそうです。
    でも、病院2軒ハシゴしないといけません。ついでに床屋も行っちゃいましょう。

    日曜日は曇りのち雨ということなので、間が悪い週末になりそう・・
    雨が降る前に、朝一番で菩提樹池方面に出動してみようかと思います。
    梅雨時は週末しか活動できない身にはつらい季節です。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ノリウツギ 糊空木 サビタ 写真 狭山丘陵 野草

    ヘラオオバコ(箆大葉子)

  • 2012/06/28 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵では5月から6月にかけて、あちこちの原っぱを占領しています。
    ここも一面のヘラオオバコでした。
    オオバコは踏まれて強くなるそうですが、ヘラオオバコは踏まれるのには弱いそうです。


    ヘラオオバコ(箆大葉子)


    とはいえ散々蔓延るだけのエネルギーはたいしたものです。
    草刈りされても地面に広がるような葉は残り、10日もすると30cmほどの茎を伸ばして咲いています。
    これを撮った場所は意図的に刈り残しているようで、一面に終わりかけのヘラオオバコが揺れていました。

    写真
    ヘラオオバコ箆大葉子) オオバコ科
    ヨーロッパではハーブとして使うそうですので、食べられるんですね。
    背景の雰囲気を出したかったのでちょっとだけ絞り気味で。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/24 14:28:51
    Tv 1/250
    Av 4.5
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM

    は穂の下から咲いていくので、まるで火が燃えている途中のような姿です。


    ヘラオオバコ(箆大葉子)


    さすがに6月も下旬になると「燃えカス」ばっかりでちょうどいい頃合いのがちょっとしかありませんでした。
    ちらほらとネジバナも出始めていたし、そろそろ夏のの登場ですね。



    寝るんだったらもうちょっと静かなところで寝ようぜ・・


    どこでも眠るよ・・


    わが家で一番人通りの多いところであられもない姿をさらして寝ています。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヘラオオバコ 箆大葉子 オオバコ 写真 狭山丘陵 野草 アメリカンショートヘア

    ウマノスズクサ(馬の鈴草)

  • 2012/06/27 : 狭山丘陵の四季
  • ここ数年コンスタントに登場しているです。
    この間の日曜日にちらほら咲きかかっていたので、ちょっと早いかなと思いつつ撮っておきました。
    本当はもうちょっと盛んに咲いてからとは思ったんですが・・


    ウマノスズクサ(馬の鈴草)


    それにしても特異な形のですね。
    正確に言うと本体は見えてなくて、雄しべと雌しべは丸いドームの中にあり、ラッパのようなのは萼だそうです。
    植物としての生態も興味深いのですが長々書き連ねるのも面倒なのでここはWikipediaにお任せしましょう。

    写真
    ウマノスズクサ馬の鈴草) ウマノスズクサ科 有毒
    葉の形はちょっとアオツヅラフジに似てますかね。
    葉脈がきれいな模様を浮き上がらせています。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/24 13:52:16
    Tv 1/160
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    このラッパから出る匂いに誘われて、小さな蝿が中に入っていきます。


    ウマノスズクサ(馬の鈴草)


    とはいえ食虫直物なんじゃなくて、虫に粉を付けるためにしばらく閉じ込めておく仕掛けになっているのだそうです。
    ちなみに腐肉のような臭いだそうなので、あえて嗅ぎません・・
    いかにもハエ好みの香りなんでしょうね。

    きれいに咲いているはないかなとさがしていると・・

    おお、・・お、王蟲


    ジャコウアゲハ


    ・・じゃなくてジャコウアゲハの幼虫がいました。
    この手の生き物が苦手の方には申し訳ありません。
    でも模様がきれいだったし、せっかくウマノスズクサなので載せてしまいます。

    同じくらいの大きさのが2匹付いていました。
    成虫も大きいですけど幼虫も姿かたちを含めてなかなかの迫力です。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ウマノスズクサ 馬の鈴草 ジャコウアゲハ 王蟲 写真 狭山丘陵 野草

    ヤブレガサ(破れ傘)

  • 2012/06/26 : 狭山丘陵の四季
  • 春先に芽吹いてこれから葉を広げるぞ、という頃はまさに破れ傘の名に相応しい姿です。
    今年はその破れ傘をいっぱい見たのに、一枚も撮ってませんでした。
    と一緒に載せようと思っていたんですけど、どうやら初めて見たアカネスミレに気を取られてしまったようです。


    ヤブレガサ(破れ傘)


    キク科らしく複数の筒状が集まって頭を形成しています。
    リボンのないコウヤボウキという印象ですけどどうでしょう。
    薄暗い林の中でひっそり咲いている地味なながら、なかなか美しいと思います。

    でも、すぐに痛んじゃうんですよね・・

    写真
    ヤブレガサ破れ傘) キク科
    狭山丘陵には何ヶ所か群落があります。
    長く伸びた茎の先端にが咲くので揺れそうですが、林の中に咲くので風の影響を受けることは少ないです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/23 13:59:33
    Tv 1/40
    Av 7.1
    ISO感度 640
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    ヤブレガサは薄暗いところが大好きなようで、撮りにくいです。
    せめて林の縁とか、半日陰ぐらいのところにあるとうれしいんですけど。


    ヤブレガサ(破れ傘)


    それをいったらキノコも同じくで、およそ陽だまりの似合うキノコというのもイメージできません。
    入梅して湿度が上がったせいか、狭山丘陵キノコも増えてきました。


    キノコ


    腐りかかった枯れ枝によく見かける小さなキノコが生えてました。
    下の小さいのは幼菌でしょうか。
    キノコの名前は相変わらず分かりません。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤブレガサ 破れ傘 キノコ 写真 狭山丘陵 野草

    ヒナキキョウソウ(雛桔梗草)

  • 2012/06/25 : 狭山丘陵の四季
  • このを載せるのはずいぶん久しぶりな気がします。
    おそらく2009年以来、二度目の登場です。


    ヒナキキョウソウ(雛桔梗草)


    なんせ目立たないもので見逃していたんでしょう。
    よく歩く原っぱに点在していました。
    ひとつ見つけたのでしゃがみこんで周囲を眺めてみると、他の草に混じってあちこちに散在していました。

    ヒナキキョウソウキキョウソウに似ていますが、一番天辺しか開せず、2番目より下は閉鎖です。
    せめて3つ4つまとまって咲いていてくれたらよかったんですけどね・・
    も終わりかけのようだったので、きれいそうなのを探して撮ってみました。

    写真
    ヒナキキョウソウ雛桔梗草) キキョウ科
    地面からひょろりと伸びた茎の先端に紫のが一輪だけです。
    キキョウソウと違ってびらがほぼ平らになるくらいまで開きます。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/24 14:41:21
    Tv 1/160
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    たぶん、原っぱでピクニックを楽しんでいる人たちには私が何を撮っているのか分からなかったでしょうね。


    ヒナキキョウソウ(雛桔梗草)


    ま、こんな感じに弱々しそうに立ち上がって、風に揺られています。
    そのくせ荒地にも強そうで、草刈り後の原っぱでしっかり咲いていました。
    キキョウソウに負けず劣らず逞しいようで、花は見た目によりません。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヒナキキョウソウ 雛桔梗草 キキョウソウ 桔梗草 写真 狭山丘陵 野草

    クララ(眩草)

  • 2012/06/24 : 狭山丘陵の四季
  • 今年のクララは幹が折れたりしていたのでどうなるかと思ってました。
    そんなことは杞憂だったようで、ものすごい数のをずらりと並べています。
    昨年は序がえらく小さかったのに、今年の姿はどうしたものか。


    クララ(眩草)


    昨年は7月に入ってから撮ったので、少々遅かったんでしょう。
    残りものを撮った感じでした。
    今年は先週芽を確認していたので、咲き始めの勢いのいいところを撮れたようです。

    写真
    クララ眩草) マメ科 有毒
    根を噛むとくらくらするくらい苦いので眩草クララになったそうです。
    全草有毒ですが、さすがに粉や蜜には毒はないんでしょうね。
    蜂がからへと忙しそうに飛び回っていました。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/24 13:27:22
    Tv 1/320
    Av 8.0
    ISO感度 400
    レンズ EF70-200mm f/4L IS USM
    焦点距離 200.0 mm


    幹が折れても逞しく花を咲かせています。
    今年は草自体の勢いがなさそうに見えたのに、なかなか逞しいものです。


    クララ(眩草)


    このあたりは日当たりがよく、オカトラノオが早い時期に咲きます。
    あちこちにノカンゾウの蕾が付いてきたので、もうじき狭山丘陵の湿地がカラフルに彩られるでしょう。

    おまけは、チャメリーさんからリクエストをいただいたアメリカフウロの花後です。


    アメリカフウロの「お神輿」


    ゲンノショウコと同様、みごとにお神輿になってました。
    あまりにもありふれた雑草なので気に留めたこともありませんが、洋の東西を問わず!?種を落としたあとはお神輿になるみたいです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : クララ 眩草 苦参 オカトラノオ アメリカフウロ 写真 狭山丘陵 野草

    シャクジョウソウ(錫杖草)

  • 2012/06/23 : 狭山丘陵の四季
  • シャクジョウソウの開情報をいただきましたので、早速いってきました。
    上の写真は昨年咲いていたのと同じ場所で撮ったものです。
    今年はずいぶん疎らでしたので、まだこれから出てくるのかもしれません。


    シャクジョウソウ(錫杖草)


    去年の写真と比べると、去年のはほぼが咲き終わった状態だったということがわかります。
    今年はただいま開中、真ん中の黄色いのが雌しべでしょうか。
    昨年はここが茶色でしたからね・・

    写真
    シャクジョウソウ錫杖草) ツツジ科シャクジョウソウ亜科
    キシメジ属の菌類に寄生して養分を得ていて光合成はできません。
    腐生植物と呼ばれますが100%寄生に頼っているのでこの呼び方には違和感を覚えます。
    ・・と思って調べたら、「菌従属栄養植物」なんていう名前が提案されているそうです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/23 13:31:18
    Tv 1/20
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM

    東京都レッドデータブック2010:絶滅危惧II類
    埼玉県レッドデータブック2011:準絶滅危惧


    ここで以前オトメスミレの咲く付近でお会いした方に再会し、別の場所でシャクジョウソウがたくさん咲いているという情報をいただきました。
    他にも撮りたいがあったのでさっさとそれを撮って移動しました。
    その場所は、月に3回くらいは通っている場所でした・・


    シャクジョウソウ(錫杖草)


    おお~、あるある、以前から噂には聞いていましたが、本当にありました。
    この写真の上のほう、下のほうにそれぞれひとかたまりずつ、別の場所にも小さな群落ができていました。
    手軽にいける場所にこんなにあったとは驚きです。


    シャクジョウソウ(錫杖草)


    ギンリョウソウはひとつの茎にがひとつだけですが、シャクジョウソウは複数のをつけます。
    色もうっすら茶色っぽくて、ギンリョウソウのように純白というのではありません。
    ・・しかし暗くて撮りにくいなぁ・・


    シャクジョウソウ(錫杖草)


    何しろ相手は太陽光を必要としませんからね。
    ピントが合っているのかどうかも怪しげで、ホワイトバランスも狂いまくりです。
    たくさん撮ったもののこれぞというのがないので数で勝負の4枚掲載です。

    ちなみにすべて東京都内で見つけました。
    さて、狭山丘陵の埼玉側にもあるのか!?
    まだ見たことないんですよね・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : シャクジョウソウ 錫杖草 レッドデータブック 写真 狭山丘陵 野草 腐生植物

    コモチマンネングサ(子持万年草)

  • 2012/06/22 : 狭山丘陵の四季
  • 道端や田んぼの畦、湿地の縁なんかでよく見かけます。
    鮮やかな黄色のとんがった星型のですから、の多くない梅雨時には目立ちます。
    ここ数日、6月15日に撮ったを大体時間順に載せましたけど、このは合間を縫って何ヶ所かで撮りました。


    コモチマンネングサ(子持万年草)


    ベンケイソウ科らしい多肉植物です。
    同じ科にミセバヤなんていうのがありますけど、色は違えどの形はよく似ています。
    でも葉の様子はちょっと違っているんですよね。

    乾燥にはめっぽう強そうに見えて、湿気の多いところで咲いていることが多いようです。

    写真
    コモチマンネングサ子持万年草) ベンケイソウ科
    黄色い星型で、葉腋にムカゴをつけていたらコモチマンネングサです。
    名前の由来はムカゴをつけるから。
    狭山丘陵では麓の田んぼや道端でよく咲いています。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/15 15:30:20
    Tv 1/100
    Av 4.0
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    この、地面がまっ黄色に染まるくらい咲いているように見えても、ファインダー越しにみると思った以上に疎らです。
    黄色は膨張色なので、花が大きく見えるんでしょうか。


    コモチマンネングサ(子持万年草)


    コモチマンネングサは2年ぶりの掲載です。
    いくらでも咲いていると油断していると、気が付いたら花の時期が終わっていた・・というパターンだったような・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : コモチマンネングサ 子持万年草 ベンケイソウ科 ミセバヤ 写真 狭山丘陵 野草

    キキョウソウ(桔梗草)

  • 2012/06/21 : 狭山丘陵の四季
  • 6月15日の全行程で最後に撮ったのがこのキキョウソウでした。
    ま~よく忘れずに撮ったものだと思います。
    何しろいちど家に帰ってから思い出して駆け出したという具合で・・


    キキョウソウ(桔梗草)


    見た目は可憐なですが、生命力の逞しさは只者ではありません。
    砂利の駐車場という悪条件をものともせず、毎年撒かれる除草剤にめげることもなく、今年もたくさん咲いています。
    実はこれ、自宅のすぐそばの駐車場で撮りました。

    私の家は狭山丘陵の端っこの尾根に位置するので、広義に(都合よく)解釈して狭山丘陵、ということで。
    狭山丘陵でも麓の人里で咲いているのを見たことがありますが、ここ数年姿を見かけません。

    写真
    キキョウソウ桔梗草) キキョウ科
    夕方暗くなりかかっていたというのがあるかもしれませんけど、ホワイトバランス狂いまくりです。
    調整したもののちょっと青くなっちゃったかもしれません。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/15 17:03:50
    Tv 1/125
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    なかなか巧みな生態で、最初に閉鎖を付けて確実に子孫を残し、後半で写真のように開して遺伝子交換をするそうです。
    種には除草剤がきないんでしょう、おかげで毎年咲いてくれます。


    キキョウソウ(桔梗草)


    よく似たヒナキキョウソウ狭山丘陵で撮ったので、週末に記憶を辿って探しに行こうと思います。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : キキョウソウ 桔梗草 ヒナキキョウソウ 写真 狭山丘陵 野草

    テイカカズラ(定家葛)

  • 2012/06/20 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日のギンリョウソウで15日のハンティングは終わりのつもりでした。
    帰り道に少し回り道をしたら、なにやらジャスミンに似たほのかな香りが・・
    私が歩いている道の左手に、生垣のようにテイカカズラが咲いていました。


    テイカカズラ(定家葛)


    狭山丘陵ではあちこちで見かける植物なんですが、高い木の上のほうまで蔓を伸ばし、はるか上空で咲いているのばかりです。
    おかげで接近戦が可能なのは滅多にありません。
    急がば回れじゃないですけど、回り道もしてみるものです。

    これを撮った場所は珍しい植物が多いので、もうちょっと頻繁に訪れたほうがよさそうです。

    写真
    テイカカズラ定家葛) キョウチクトウ科 有毒
    名前は藤原定家にちなむものですけど、説明は省略します。
    Wikipediaあたりで分かりやすく解説していると思います。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/15 16:27:29
    Tv 1/30
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    時期が終わりかけで、きれいなのが少なかったのは残念でした。
    また来年、訪れてみることにしましょう。


    テイカカズラ(定家葛)


    台風4号は各地に被害をもたらしつつ、あっという間に駆け抜けていきました。
    おかげで今朝は台風一過、しかも台風が持ち込んでくれたと思しきむしむしジメジメの不快指数抜群の朝でした。
    まぁ傘も要らず電車も普通に動いていたので良しとしましょう。

    東京周辺でも昨日は電車が止まったり間引き運転になったり、私の職場でも帰宅難民がでたようです。
    次の台風はどうなんでしょう。
    今のところ週末の天気予報には太陽マークがふたつ並んでいるので、期待していいものか・・


    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : テイカカズラ 定家葛 藤原定家 写真 狭山丘陵

    ギンリョウソウ(銀竜草)

  • 2012/06/19 : 狭山丘陵の四季
  • 6月15日に撮ったを時間軸に沿って載せようという計画は、嗚呼勘違いによってもろくも崩れて去ってしまいました。
    でもナワシロイチゴがフライングしただけなので気にせず行きましょう。
    かろうじてナワシロイチゴの残りを撮ったあと、ギンリョウソウを探しに次のポイントに移動しました。


    ギンリョウソウ(銀竜草)


    例年、狭山湖北側の尾根にいっぱい出るんですが、今年はまだひとつも見かけません。
    昨年から雑木林の更新ですっかり樹木がなくなってしまったのが原因ではないかと思っています。
    昨年目を疑うほどに繁殖していたクチナシグサもちらほらでしたし、寄生植物は宿主を失って消えてしまったんでしょうか。

    かつての林は、いまやタケニグサの大群生地と化しています。

    写真
    ギンリョウソウ銀竜草) ツツジ科シャクジョウソウ亜科
    見た目どおり葉緑素を持たず、ベニタケ属の菌類に寄生しています。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/15 16:14:07
    Tv 1/25
    Av 4.0
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    そんなわけで、この日は丘陵南側の東京都内で探すことにしました。
    以前、ものすごい密度で出ていた場所があったので訪れてみました。
    記憶とはちょっと違った場所でしたが、やっぱりたくさんありました。


    ギンリョウソウ(銀竜草)


    昨年シャクジョウソウを撮った場所の近くだったので、シャクジョウソウも探してみたものの、この日は見つかりませんでした。
    その後開情報をいただいたので、次の週末に行ってみる予定です。


    ギンリョウソウ(銀竜草)


    紺色の雌しべ、黄色の葯が見えて、この位置から見るとギンリョウソウが高等植物であることがよく分かります。

    さて、今日は台風直撃の最中を帰宅しました。
    こんな日に宴会っていうのも何だか落ち着きません。
    幸いにして電車は普通に動いてましたので、被害は税込み210円の折畳み傘1本で済みました。

    明日の朝は仕事にいけるのかな~!?
    台風一過を期待したいところです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ギンリョウソウ 銀竜草 ベニタケ 写真 狭山丘陵 野草

    トリアシショウマ(鳥足升麻)

  • 2012/06/18 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日載せたナワシロイチゴの前にトリアシショウマを撮りに行ったんでした。
    記憶がいい加減で、写真を撮った順に見ていたら逆転しているのに気づいたもののもはや手遅れでした。
    6月15日のは撮った順に載せようと思っていたのに・・


    トリアシショウマ(鳥足升麻)


    去年初めて見つけたトリアシショウマ、今年はちょっと早めに咲いたようです。
    昨年は19日でいい感じでしたが、今年は15日にはもう盛りが過ぎていました。
    どれもこれも開が遅いのではなく、性質によって早かったり遅かったりするみたいですね。

    写真
    トリアシショウマ鳥足升麻) ユキノシタ科
    昨年は「?」付きで載せましたが、今年は「?」なしです。
    小さなには短い茎があって、同じ場所に咲くイヌショウマとは時期も姿も違います。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/15 15:01:04
    Tv 1/200
    Av 4.0
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    少し接近して撮るとこんなです。
    サラシナショウマをずっと小さくして、弓なりに反らせたような形です。


    トリアシショウマ(鳥足升麻)


    色は純白、真っ白です。
    名前の由来は若い芽が鳥の脚に似るところから。
    おいしい山菜のひとつということで、そういえばずいぶん前に斑尾で山菜取りをしたときに食べたのを思い出しました。

    単に「トリアシ」って呼んでました。
    炒め物にしていただきましたが、どんな味だったか!?
    もちろん、山菜採りは地元の方と一緒に許可を得て行ったものですので念のため。


    トリアシショウマ(鳥足升麻)


    風にたなびいているように見えますけど無風です。
    クセが付いたような格好で咲いているので、なんだか息子の寝癖を連想してしまいました。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : トリアシショウマ 鳥足升麻 トリアシ 写真 狭山丘陵 野草

    ナワシロイチゴ(苗代苺)

  • 2012/06/17 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日載せたイチヤクソウから、今度はナワシロイチゴを探しに移動しました。
    昨年、久しぶりに大きな株を見つけたので期待していましたが、今年はが見つかりませんでした。
    行ってみたら・・ほぼ終わりかけで、色がきれいだったのはこれひとつ。


    ナワシロイチゴ(苗代苺)


    周囲を見渡してみると、昨年撮った株がある場所の道の反対側にたくさんののあとを見つけました。
    そうか、反対側にもいっぱいあったんだ・・
    去年ここにあったからといって今年もあるとは限らないし、予断を持たずに周囲を探してみないといけませんね。

    写真
    ナワシロイチゴ苗代苺) バラ科
    田植えの頃に咲くキイチゴはこれくらいでしょうか。
    来年はもうちょっと早めに撮りたいです。
    別名:サツキイチゴサオトメイチゴ
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    ファームウェア Firmware Version 1.0.3
    撮影日時 2012/06/15 15:20:43
    Tv 1/30
    Av 5.6
    ISO感度 640
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    かろうじて残っていたは上の写真とこれだけでした。


    ナワシロイチゴ(苗代苺)


    びらは開かずに、しべを包み込むように立ち上がっています。
    の形は木苺っぽくないけどそこはバラ科、しっかり棘があります。
    引っかけて手首が傷になってしまいました。

    数年前までは岸田んぼの小川のほとりにも咲いていたのに、ここ数年見かけなくなりました。
    特に希少な植物ということもないと思うし、もっといっぱいあってもよさそうな植物なんですけどね。
    狭山丘陵ではあまり見かけません。

    で、この場所ではナワシロイチゴだけ撮って次のポイントに移動しました。

    箱入り息子。Photo by 娘。


    箱入り息子

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ナワシロイチゴ 苗代苺 サツキイチゴ サオトメイチゴ 木苺 写真 狭山丘陵 野草 子猫

    イチヤクソウ(一薬草)

  • 2012/06/16 : 狭山丘陵の四季
  • 垂直に伸びた茎に、白いがいくつか下向きに咲いています。
    小さな笠が段々に並んでいるような愛嬌のある咲き方なんですが、びらの中をみると不思議な造形を隠し持っています。
    この、下から見るとカブトガニをひっくり返したみたいな・・


    イチヤクソウ(一薬草)


    狭山丘陵ではあちこちに点在して咲いています。
    このは毎年定点観測をしている場所で、今年は4株ほど咲いていました。
    ・・が、残念なことにこの間目をつけていた芽をつけた2株のイチヤクソウは跡形もなくなっていました。

    人通りの多いところにある植物は根こそぎ盗られちゃうようです。
    小さな蕾をつけていたウメガサソウもなくなっていて、盗掘跡を確認するような丘陵歩きになっちゃいました。

    【写真】
    イチヤクソウ一薬草) ツツジ科シャクジョウソウ亜科
    半寄生植物のため、盗み取って持ち帰っても栽培は無理でしょう。
    でも次々盗まれるんですよね、困ったことに。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/15 13:27:54
    Tv 1/60
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    イチヤクソウは縦方向に花を展開するので、写真もたてアングルばっかりになっちゃいます。
    こちらは花の数が多かった別の株。


    イチヤクソウ(一薬草)


    今年は咲いていましたけど、来年は咲くかどうか分かりません。
    翌年の花期まで実が残っていたります。
    昨年、この場所は咲いていなくて別の場所で撮ったと記憶しています。

    さらに引いて・・こんな藪の中に咲いていました。
    寄生している宿主は何だろう!?


    イチヤクソウ(一薬草)


    このあと、別の場所ではもっとたくさんの花を咲かせているイチヤクソウを見つけました。
    でも時間が遅くなったので、そちらはあきらめて帰宅の途につきました。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : イチヤクソウ 一薬草 狭山丘陵 野草

    ノアザミ(野薊)

  • 2012/06/15 : 狭山丘陵の四季
  • これ、説明がなかったら何だか分からないかもしれません。
    初夏に咲くノアザミ、今年はようやく咲いているのを見つけました。
    なぜか春咲きのノアザミ狭山丘陵では少ないのです。


    ノアザミ(野薊)


    本日は月に一度の平日休みだったので、ピンポイントで狭山丘陵南側を巡ってきました。
    最初がノアザミで、そのあと単車で3ヶ所移動して、狙っていた獲物のうち八割方を仕留めてきたので上々でしょう。
    何しろ土日は雨予報なので、今日を逃すと来週までチャンスがないかもしれませんから。

    写真
    ノアザミ野薊) キク科
    毎年同じ場所で撮っているので、毎年似たような写真になっちゃいます。
    なので真上からいってみました。
    さて、来年はどうしましょう!?
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/15 13:12:40
    Tv 1/100
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    横から見たらこんな感じで、これならアザミだってひと目で分かります。


    ノアザミ(野薊)


    大きい株で、7~8個のが咲いていました。
    でもきれいだったのはこれひとつかな・・
    まだたくさん蕾があったので運がよければ見頃に当たるかも。


    ノアザミ(野薊)


    本日のミッションは上出来ながらの多い時期ではないので、移動距離と費やした時間の割には撮った種類は少なめです。
    なのでからへ蜜を求めて飛ぶ蜂のように、ぶんぶん単車のエンジンを唸らせて駆け回ってきました。
    さて、明日はどれを載せようかな。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ノアザミ 野薊 アザミ 写真 狭山丘陵 野草

    シロツメクサ(白詰め草、白詰草)

  • 2012/06/14 : 狭山丘陵の四季
  • ごく在り来たりのですけど、毎年載せている気がします。
    狭山丘陵にはシロツメクサが一面に咲く原っぱがあって、盛りのころはなかなかみごとです。
    今年は完全に出遅れてしまい、茶色くなっているのも多かったような・・


    シロツメクサ(白詰め草、白詰草)


    そんな中でも咲きかけのを探してみました。
    シロツメクサの原っぱは昨年までは草刈りが入ると丸坊主になっていたのに、今年は何ヶ所か刈らずに残っているところがありました。
    他の場所でも刈り残しを意図的に作ってくれているようで、雑草好きにはありがたい配慮だと思います。

    別に雑草の写真を撮るために残してあるわけじゃないとは思いますけど。

    写真
    シロツメクサ白詰め草白詰草) マメ科
    かつて輸入品の詰め物として使われていたので詰め草というそうです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/05/27 14:18:03
    Tv 1/800
    Av 4.5
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    そういえばシロツメクサってマメ科ですよね。
    のあとには豆ができるんでしょうか。
    レンゲは小さな莢に入った豆ができているのを見ましたけど。


    シロツメクサ(白詰め草、白詰草)


    梅雨です。今度の週末、関東は雨模様の予報です。
    幸いにして明日1日休みなので、気になるをいろいろ探してくる予定です。
    先週末に見つけた蕾が開いていてくれるといいのですが。

    今週は1日早く週末がやってきたので、一週間がすごく短かく感じました。
    ま~その分来週が忙しいんですけどね、きっと。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : シロツメクサ 白詰め草 白詰草 クローバー 写真 狭山丘陵 野草 梅雨

    ウメモドキ(梅擬)

  • 2012/06/13 : 狭山丘陵の四季
  • 春の草が終わって、この時期は樹木のが多く咲きますね。
    ウメモドキは毎年撮っているのひとつです。
    何せ毎年同じところに咲くので、時期さえはずさなければお目にかかれますから。


    ウメモドキ(梅擬)


    雌雄異株で、これは雄です。
    もすぐそばに咲いていましたが、今回はパスしました。
    樹木のって雌花のほうが目立たなかったり小さかったりすることが多いように思いますが、どうでしょう。

    写真
    ウメモドキ梅擬) モチノキ科
    花じゃなくて、葉や枝ぶりが梅に似ているということだそうです。
    梅の木ってこんなだっけなぁ!?
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/10 15:45:42
    Tv 1/50
    Av 5.6
    ISO感度 1000
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    梅といえば紅白、ということでウメモドキも紅白で載せておきます。
    これもウメモドキだと思うんですが・・


    ウメモドキ(梅擬)


    白というより淡いピンクですね。
    上の写真のがかなり濃い色なので、並べたら紅白に見えるでしょう。
    本当はこれを先に撮って、そういえば赤いのが咲いているはずだと思い出して上の花を撮りに行きました。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ウメモドキ 梅擬 雌雄異株 写真 狭山丘陵

    ムラサキツメクサ(紫詰草)

  • 2012/06/12 : 狭山丘陵の四季
  • シロツメクサが平べったく広がって咲くのに対して、ムラサキツメクサは大きなお椀を伏せたように盛り上がった株になっていることが多いです。
    狭山丘陵では特に珍しいということもなく、いつも訪れる原っぱにこれでもかというくらい咲いています。
    でもそういうのに限っていい時期を逃すんですよね・・


    ムラサキツメクサ(紫詰草)


    きれいなのをせっせと探しましたが時すでに遅しという感じでした。
    の数は多いものの半分茶色くなっているのも多く、ちょっと残念です。
    これは赤が強かったので、別名のアカツメクサのほうがぴったりかも。

    写真
    ムラサキツメクサ紫詰草) マメ科
    デンマークの国だそうです。
    別名:アカツメクサ赤詰草) 
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/02 14:17:43
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    シロツメクサと入り混じって咲いているところがありました。
    紅白のがおめでたい!?


    ムラサキツメクサ(紫詰草)


    でも、痛んでいるが多いなぁ。

    そういえば今日はサッカーのオーストラリア戦があったんですね。
    夜8時前の新宿は心なしか人通りがすくなかったのは、少なからずサッカー観戦の影響がありそうです。
    おかげで歩きやすかったです。

    結果は、引き分けですか。
    今、知りました。(笑)


    ホオノキ(朴)


    先日載せたホオノキを真横から撮ったのがあったので載せておきます。
    後の実も変わっているので、時期になったら載せましょうか。
    木の下を通るとそこいら中に落ちてます。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ムラサキツメクサ 紫詰草 アカツメクサ 赤詰草 シロツメクサ ホオノキ 写真 狭山丘陵 野草

    ホタルブクロ(蛍袋)

  • 2012/06/11 : 狭山丘陵の四季
  • もしかしたら咲いているかもしれないと思いつつ、ダメもとで昨年咲いていた場所に行ってみました。
    時期的にもちょっと早すぎるような気もするし・・
    と思ったら、おそらく最初の一輪が出迎えてくれました。


    ホタルブクロ(蛍袋)


    草むらから歩道のほうに枝を伸ばして、先端に立派なをぶら下げていたので遠くからもよく分かりました。
    蕾がたくさん付いていたので、しばらく楽しませてくれそうです。
    時間があったら次の週末にもう一度見に行くかも。

    今度の週末は事情により3連休なんです。

    写真
    ホタルブクロ蛍袋) キキョウ科
    園芸用にも人気のですね。
    狭山丘陵ではごく稀に見かけます。
    ヤマホタルブクロも咲くんですけど今年は出逢えるかどうか。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/10 14:33:53
    Tv 1/320
    Av 3.5
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    あわよくばノリウツギも撮れるかと思ってましたが、さすがにこちらは早すぎました。
    でももうじき咲きそうです。


    ホタルブクロ(蛍袋)


    なにしろひとつしか咲いてませんでしたから反対側からも撮ってみました。
    曇っているとどっちから撮っても影にならないので案外いいかも。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ホタルブクロ 蛍袋 写真 狭山丘陵 野草

    イボタノキ(水蝋の木)

  • 2012/06/10 : 狭山丘陵の四季
  • 過去の日記を紐解いてみると、イボタノキを載せるのは3年ぶりです。
    狭山丘陵では湿地の周辺など湿ったところでよく見かけるのに意外でした。
    そういえば最近撮った記憶がありません・・


    イボタノキ(水蝋の木)


    今日は全体の3割くらいが開している木を見つけました。
    付きもいいし、若くて元気な木のようです。
    ただ木の背が低く、草を掻き分けて撮るような位置に咲いていたので、撮るのはすごい格好になってしまいました。

    まさかイボタノキを撮るのに地べたに張り付くような姿勢になるとは思いもよりませんでした。

    写真
    イボタノキ水蝋の木) モクセイ科
    真っ白な漏斗状のは先端が4つに割れて、中にクリーム色のしべが見えています。
    ひとつのは長さが1cmあまりの小さなものです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/10 15:09:51
    Tv 1/60
    Av 7.1
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    イボタノキが咲いたということは、ネズミモチやセイヨウイボタも咲いているかな?


    イボタノキ(水蝋の木)


    最初に狙った房がこれでしたが、ファインダー越しに見たら結構痛んでました。

    今日はお昼から狭山丘陵を約3時間たっぷり歩いてきました。
    その割には成果は乏しく、よかったのは運動不足がいくらか解消したくらいです。
    以前ギンリョウソウがたくさん出ていた場所はすっかり木が伐採されてしまったので、当分だめでしょう。

    何ヶ所かでちらほら顔を出していたので、来週末はギンリョウソウを探しに行こうと思います。


    イボタノキ(水蝋の木)


    こちらは離れたところの房なので200mmで撮りました。
    撮ってみたらだいぶ花が落ちていて、肉眼で見るのもイメージが違ってました。
    でも背景の濃い緑が妙にきれいに思えたので・・

    そういえば、狭山丘陵を南北に縦断する林道でイタチかテンのような動物を見ました。
    何とか撮ろうと思ったんですがこちらの気配を先に読まれてしまい、しなやかに林の中に走り去っていきました。
    大きさや色からすると、たぶんニホンイタチじゃないかと思います。

    タヌキ以外の動物に出会うのは珍しいことです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : イボタノキ 水蝋の木 ネズミモチ ニホンイタチ 写真 狭山丘陵

    スイカズラ(吸葛、忍冬)

  • 2012/06/09 : 狭山丘陵の四季
  • この時期、狭山丘陵を歩いていると時折甘い匂いが漂ってきます。
    春先のヒサカキやこの時期のクリのも匂いで咲いているのが分かりますが、これらは「匂い」というより「臭い」と表記したほうがよさそうです。
    スイカズラは「匂い」でいいでしょうね。


    スイカズラ(吸葛、忍冬)


    これは上の弁にちょっと色が入っていてきれいでした。
    蕾は上下に開いて、上の弁は四裂しています。
    おかげで上下に細長く、しべが長く突き出ているので撮りにくいです。

    狭山丘陵ではいたるところで咲きますが、昨年はどういうわけか載せていませんでした。
    巡り会わせが悪かったんでしょう。
    この時期は雨が多いので、撮りそびれるも多くなってしまいます。

    写真
    スイカズラ吸葛忍冬) スイカズラ
    の蜜を吸うのが名前の由来で、甘味料としても使われていたそうです。
    冬の寒さに耐えるのでニンドウ忍冬)、時間が経つとが黄色くなるのでキンギンカ(金銀花)とも。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/02 13:12:37
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    金銀花らしく黄色くなっているのも一緒に撮ろうと探したものの、せいぜいこんなものでした。
    とりあえず雰囲気だけでも・・
    草のように見えて、じつは木本です。


    スイカズラ(吸葛、忍冬)


    今日は朝からずっと雨降りの土曜日になり、関東も梅雨入りしました。
    五月雨というよりは雨脚の強いしっかりした降りで、傘差しても外に出るのは憚られるような・・
    予定どおりちょっと本読んで、通院して、昼寝して、と遊んでました。





    動画初登場のわが家の暴れん坊将軍。
    毎日こんなバトルを繰り広げています。

    ちょうど生後3ヶ月、ひと月とは比べのにならないくらい大きくなり、体がしっかりしてきました。
    力も強くなってきたのでそろそろ甘噛みの癖をなくさないと・・
    と思いつつ明日も奇襲攻撃を受けて噛まれるんだろうな。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : スイカズラ 吸葛 忍冬 ニンドウ 金銀花 五月雨 写真 狭山丘陵

    コアジサイ(小紫陽花)

  • 2012/06/08 : 狭山丘陵の四季
  • 梅雨を前に、狭山丘陵コアジサイが見頃になりました。
    とはいえこれを撮ったのは2週間前なので、もう盛りを過ぎているかもしれません。
    園芸品種のアジサイに比べるとの時期が早くて、5月下旬くらいには丘陵のあちこちで咲いています。


    コアジサイ(小紫陽花)


    このもそうですが、咲き始めの頃が一番きれいだと思います。
    そういうのに出くわせばしめたものですが、週末しか活動できないと贅沢を言っていられません。
    この週末は雨が降りそうだし、降ったら梅雨入りだろうと思って今日はコアジサイにしました。

    写真
    コアジサイ小紫陽花) アジサイ
    園芸品種に比べるとごく小さなで、上の写真ので5cmほどです。
    装飾はなく、両性花のみです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/05/26 15:09:18
    Tv 1/100
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    ああ~、長い一週間だった~!!
    ・・と叫びたくなるような金曜日の夜です。
    一週間で一番幸せな時間かも。


    コアジサイ(小紫陽花)


    いや間違いなくそうです。
    明日は雨だし、ガッツリ寝てやるんだ。
    日曜日は曇り予報なので狭山丘陵に探検に行くとして、明日は寝て、本読んで、寝る。


    コアジサイ(小紫陽花)


    狭山丘陵のコアジサイはこの色が多いかなと思います。
    アップでみると分かりますけど、雄しべの軸の色なんですね。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : コアジサイ 小紫陽花 アジサイ 紫陽花 梅雨 入梅 写真 狭山丘陵

    ニワゼキショウ(庭石菖)

  • 2012/06/07 : 狭山丘陵の四季
  • 5月20日あたりから姿を見せていたニワゼキショウ、そろそろの時期も終わりでしょうね。
    今年は白いのはきれいに咲いていましたが、紫のはあまりいいのにめぐり会えませんでした。


    ニワゼキショウ(庭石菖)


    ルリニワゼキショウ、オオニワゼキショウと載せたので、最後のニワゼキショウで三兄弟揃い踏みとなりました。
    どれもよく似ているようで、それぞれ特徴が違っています。
    同じような時期に咲いて、交雑することはないんでしょうかね。

    特にニワゼキショウとオオニワゼキショウは同じ場所にいっぱい咲くので、中にはあいの子みたいなのがあってもよさそうに思うんですが。

    写真
    ニワゼキショウ(庭石菖) アヤメ科
    の寿命は1日という割にはいっぱい咲いています。
    蕾の数が多いんでしょうね。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/05/26 13:14:58
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    これは一番早く、5月20日に咲いていたものです。


    ニワゼキショウ(庭石菖)


    この時期はちらほらといったところでしたが、翌週は盛りになりました。
    一週間経つと景色が変わってしまいます。
    で、下のはさらにその次の週、6月2日に撮ったもの。


    ニワゼキショウ(庭石菖)


    白と紫が入り混じっているところを狙ったんですがどうにもきれいに咲いているのが少なくて断念しました。
    今年は紫色とは縁が薄かったみたいです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ニワゼキショウ 庭石菖 写真 狭山丘陵 野草

    モモイロシロツメクサ(桃色白詰草)

  • 2012/06/06 : 狭山丘陵の四季
  • 近頃は「ももクロ」なんていうんですか!?
    それは違うんですか・・そうですか。
    おじさんにはよく分かりません。


    モモイロシロツメクサ(桃色白詰草)


    桃色なのか白なのか、名前に両方入っているので紛らわしいです。
    桃色のシロツメクサっていう意味なんでしょう。
    狭山丘陵では真っ白なのと混在して咲いているところが多いみたいです。

    この日はこのを探しに行ったものの、少々時期が遅かったのかきれいなのが見つかりませんでした。
    色の濃いのは咲き終わりに近く、ちょっと残念。

    写真
    モモイロシロツメクサ桃色白詰草) マメ科
    シロツメクサの一品種だそうです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/05/27 14:09:27
    Tv 1/250
    Av 7.1
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    こちらは色が薄めながら、全体にピンク色でした。


    モモイロシロツメクサ(桃色白詰草)


    う~ん、先に白を載せたほうがよかったかなぁ。
    ももいろクローバーはなかなかかわいらしいです。

    寝ている写真ばっかりですが、あまりにも無防備なもので・・


    寝相悪し・・


    少し前に和室以外の出入りを自由にしたので、我が物顔で家中走り回っています。
    物陰に潜んでいて奇襲攻撃を仕掛けてくるので何度も蹴られてますが、そんなことにめげる気配はありません。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : モモイロシロツメクサ 桃色白詰草 ももクロ クローバー シロツメクサ 写真 狭山丘陵 野草

    ユキノシタ(雪の下)

  • 2012/06/05 : 狭山丘陵の四季
  • 5月はよく歩いて、思いがけずたくさん写真を撮りました。
    狭山丘陵ではゴールデンウィークを過ぎると春のが終わって、種類が少なくなるんですけどね。
    毎年同じようなところを歩いているせいか、効率よく獲物を探せるようになったのかもしれません。


    ユキノシタ(雪の下)


    入梅前に咲くユキノシタ狭山丘陵ではおなじみのです。
    上部に小さい3枚の弁、下に大きな2枚の弁ってなかなかユニークですね。



    写真
    ユキノシタ雪の下) ユキノシタ
    特にこのを撮ろうと思って出かけたわけではなく、たまたま群落の脇を通ったら咲いていました。
    期せずしていいタイミングだったようです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/05/26 15:34:37
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    石垣にびっしりと生えていて、真上に向かっていっせいに茎を伸ばしています。
    壁一面がユキノシタの花という感じでした。


    ユキノシタ(雪の下)


    ユキノシタも咲いたし、台風もきているようだし、いよいよ入梅でしょうか。
    今度の週末あたりはヒメザゼンソウが咲いているか!?


    ユキノシタ(雪の下)


    当地で咲くのは上の花弁が白地に模様が入ったようになっています。
    小さい3枚の花びらがピンクになるのもあるようですけど、狭山丘陵のはこのスタイルばかりです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ユキノシタ 雪の下 写真 狭山丘陵 野草

    ヒレハリソウ(鰭玻璃草)

  • 2012/06/04 : 狭山丘陵の四季
  • 名前もの姿も個性的ですね。
    コンフリーという名前で昭和40年代に健康食品として持ち込まれたのが野生化しているそうです。
    今は肝機能障害を起こすおそれがあるということで食品としての販売は禁止になっています。


    ヒレハリソウ(鰭玻璃草)


    狭山丘陵では何ヶ所かで咲いていて、特に珍しいものでもありません。
    ヒレハリソウって普通は紫色なんですけど、ひとつだけ白いを咲かせているのがありました。
    よく見ると、極端に色が薄い感じです。

    咲いてから時間が経って期の終わりになると白っぽいが咲くのを見たことがありますけど、まだまだ元気いっぱいのうちに白いが咲いているのは見たことありませんでした。
    人間で言えば若白髪みたいなもの!?

    写真
    ヒレハリソウ鰭玻璃草) ムラサキ科
    田んぼの周囲なんかで見かけるので、どっちかというと湿ったところを好むようです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/05/26 13:55:28
    Tv 1/100
    Av 7.1
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    これは白花のとなりに咲いていたもので、このくらいの色の花が普通かと思います。


    ヒレハリソウ(鰭玻璃草)


    昨年は載せていなかったのでタイミングを逸したんでしょう。
    体調も悪かったし。
    当たり前に咲いている花ほどいつでも撮れると油断して撮りそこなうかも。

    リビングのど真ん中で構わず寝ているチビすけ。


    最近はペェスケとか呼ばれてる


    いつかきっと誰かに踏まれるな、これは。
    うちに来て1ヶ月ちょっと経って1.6倍に膨らみました。
    もうしばらく小さいままでいいんだけどなぁ。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヒレハリソウ 鰭玻璃草 コンフリー 写真 狭山丘陵 野草 藤堂平助

    ルリニワゼキショウ(瑠璃庭石菖)

  • 2012/06/03 : 狭山丘陵の四季
  • 金環日食のあった5月21日に撮ったので、もう2週間も経ってしまいました。
    載せようと思いつつ機を逸してましたけど、昨日ちょっと話題になったので今日のお題にしました。


    ルリニワゼキショウ(瑠璃庭石菖)


    毎年同じ場所に見に行く(というより他で見たことがない)のですが、昨年と今年はが少ないようです。
    一昨年はたくさん咲いていたのに、これも春が遅かったせいでしょうか。
    翌週末にもう一度咲き具合を確かめに行ったら、21日よりさらにが減っていました。

    写真
    ルリニワゼキショウ瑠璃庭石菖) アヤメ科
    別名をアイイロニワゼキショウ藍色庭石菖)とも。
    ご覧いただいているモニターにはどんな色で表示されているのか、興味津々。
    北アメリカ原産の帰化植物だそうです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/05/21 13:14:29
    Tv 1/250
    Av 4.0
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    から突き出たしべと弁の先端のヒゲが特徴的です。


    ルリニワゼキショウ(瑠璃庭石菖)


    この週末あたりはそろそろ入梅かと思ったら、そうでもないようです。
    雨予報だったので午前中はディーラーで車の整備、午後は巨大ホームセンターに行くという雨天用の予定を立てたら午後遅くまでそこそこいい天気でした。
    これなら山に行けばよかったかな・・

    5月は連休後もガツガツ撮ったので、たまには休憩もいいかもしれません。


    田植え


    狭山丘陵の小さな田んぼは土曜日が田植えでした。
    申し込めば誰でも参加できます。
    ただし定員オーバーの場合は抽選のようですが。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ルリニワゼキショウ 瑠璃庭石菖 アイイロニワゼキショウ 藍色庭石菖 ニワゼキショウ 庭石菖 写真 狭山丘陵 野草

    ブタナ(豚菜)

  • 2012/06/02 : 狭山丘陵の四季
  • もし名前を知らずにこのを見たら、まさか豚菜なんていう名前だとは思いもよらないでしょうね。
    いかにもキク科らしい舌状だけの頭タンポポに近い黄色です。
    おかげで、晴れているとどうしても白トビならぬ黄トビ写真になっちゃいます。


    ブタナ(豚菜)


    いつもの田んぼに向かう途中にブタナ群落があって、行きは陽が差していたのでもうちょっと曇るかもしれないと期待しつつ後回しにしました。
    結局うちに帰るまで晴れたんですけどね・・
    ゴールデンウイーク頃から秋までどこかで咲いているしぶといです。

    写真
    ブタナ豚菜) キク科
    フランスでの呼び名 Salade de pore (豚のサラダ)を直訳して和名になったようですね。
    まぁ・・ブタナでいいか・・
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/06/02 15:03:35
    Tv 1/640
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF70-200mm f/4L IS USM
    焦点距離 200.0 mm


    アップで撮ってしまうとブタナなのかタンポポなのか、狭山丘陵に多いコウゾリナなのか分かりません。


    ブタナ(豚菜)


    タンポポと比べると茎がはるかに長く、コウゾリナのように盛んに枝分かれすることはありません。
    なので見分けは容易でしょう。

    毎年一面にブタナの咲く原っぱがあります。
    今年はが遅く、ブタナが咲く前にきれいさっぱり草刈り済みでした。
    しかし、先週その原っぱの脇を単車で通ったら、花茎がいっぱい伸びてるじゃありませんか。

    期待通り、今日は鮮やかな黄色が午後の日差しに輝くようでした。


    ブタナ(豚菜)


    ひょろりと背が高いので、風が吹くと金色に波打ってみごとなものです。
    人っ子一人いないブタナの大群落を独り占めしてきました。
    そういえば去年も草刈りに先を越されてこの群落を撮るのを諦めたんですが、あっという間に再生しちゃうんですね。

    去年もきっとこんな具合に再生していたんだろうなぁ・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ブタナ 豚菜 タンポポ コウゾリナ 写真 狭山丘陵 野草

    アメリカフウロ(亜米利加風露)

  • 2012/06/01 : 狭山丘陵の四季
  • 逞しい外来種の中でも躍進著しいように思います。
    いつの間にやらお隣の月極め駐車場の隅っこにも咲いていました。
    徐々に勢力範囲を広げているようです。


    アメリカフウロ(亜米利加風露)


    見慣れたなのでシーズン中には載せそびれてしまうことが多いんですが、この日はアメリカフウロの葉っぱが妙にかっこよく見えました。
    あちこちに生えているものの、きれいに広がった葉はあんまり見かけないような・・

    写真
    アメリカフウロ亜米利加風露) フウロソウ
    ゲンノショウコの仲間で、ゲンノショウコ同様に胃腸薬になるそうです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/05/21 13:34:15
    Tv 1/125
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM

    こちらは完全に葉っぱが主役で、はおまけの添え物のようです。
    そこらの雑草と侮れない・・


    アメリカフウロ(亜米利加風露)


    アメリカフウロとはぜんぜん関係ないお話。

    続きを読む

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : アメリカフウロ 亜米利加風露 ゲンノショウコ フウロソウ 写真 狭山丘陵 野草

    ようこそ!
    カレンダー
    05 | 2012/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR