オトコエシ(男郎花)

  • 2012/09/30 : 狭山丘陵の四季
  • 8月に咲き始めたオトコエシの期間が長くて今も咲いています。
    むしろ今くらいがピークなのかも・・
    いつも咲き始めを撮っているのですが、今回は満を持して撮りました。


    オトコエシ(男郎花)


    ・・というほどのこともなく、今日の午後は台風の接近で急に雨が降ったので雨宿りついでに撮ったのがこのです。
    派手さはないですが小さなが賑やかに咲いていました。
    背の高い草なので今日の台風で倒れてなければいいんですけど。

    写真
    オトコエシ男郎花) オミナエシ科
    狭山丘陵では割とよく見かける植物です。
    咲き始めはお盆の頃かと・・
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/30 12:14:12
    Tv 1/30
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    台風の余波か、今日は思ったよりも早く雨が降り、フィールドに着くや否や一雨当たりました。
    すぐにあがったのでひとまわりしてを探していると俄かに大粒の雨が!!
    これに当たったらカメラは水没必至ですので急いで木陰に駆け込みました。


    オトコエシ(男郎花)


    う~ん、3時くらいまでは持ちこたえるかと思ったのに。
    小降りになったところを見計らって早々に帰宅しました。
    しかし今日に限って何で単車で出かけたのか・・

    狭山丘陵を北側に出たら青空が広がってました。
    濡れずにすんだのはよかったですが、せいぜい標高180mの小さな丘も侮れませんね。


    コトヒラシロテングタケ?


    傘についているかさぶたの様子から、コトヒラシロテングタケ琴平白天狗茸)の幼菌ではないかと思います。
    食毒不明とのことですが、白いキノコは有毒が多いのでたぶん毒キノコでしょう。
    スポンサーサイト

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : オトコエシ 男郎花 コトヒラシロテングタケ 琴平白天狗茸 キノコ きのこ 写真 狭山丘陵 野草

    ボントクタデ(ぼんとく蓼)

  • 2012/09/29 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日のハナタデに続いてすげえ久しぶりシリーズの第2弾・・ってほどのこともないですけど、5年ぶりのボントクタデです。
    狭山丘陵ではところどころで見かけるんですが、巡り会わせが悪いのか開しているのにめぐり合いませんでした。
    じゃ、今日のはきれいに咲いていたのかというとそうでもないんですが・・


    ボントクタデ(ぼんとく蓼)


    穂が頭を垂れるのが特徴的です。
    は昨日のハナタデよりもだいぶ大きいですが数が少なくて開しているのがあまりません。
    白っぽいのが咲いているかなと・・

    写真
    ボントクタデぼんとく蓼) タデ科
    ポントクタデとも。
    香辛料に遣うヤナギタデのように辛味がなくて役に立たないので、愚か者「ぼんとく」という名前になったというのが通説のようです。
    ちなみに私の持っている広辞苑には「ぼんとく」という言葉は載ってませんでしたので、よく似た言葉が転訛したのではないかと思います。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/29 14:18:34
    Tv 1/30
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    をアップで撮ると、いかにもタデ科らしいです。


    ボントクタデ(ぼんとく蓼)


    薄暗い林の中だったのでブレなかっただけよかったとしておきましょう。
    今日はこのところご無沙汰していた場所に行ってみました。
    予想どおり花は少なくて、その代わりキノコがいっぱいありました。

    まるできのこの山という感じです。
    帰宅して写真をPCにダウンロードしたら花よりもキノコ写真のほうが種類が多く、まるでキノコ狩りに行ったようでした。
    その中でも特にインパクトの強かったのがこいつ。


    ナゾのキノコ


    辛味大根の上にナッツ入りのクッキーでも乗せたような形をしています。
    実はこれ、地面から引っこ抜かれて転がっていたので植えなおしました。
    軸がまるで小ぶりな大根みたいな形でした。

    名前は検索しましたが分かりません。
    近くに似たようなのがゴロゴロありましたが、同じなのか違うのかも??でした。
    当分おまけのキノコシリーズが続きそうです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ボントクタデ ぼんとく蓼 ポントクタデ キノコ きのこ 写真 狭山丘陵 野草

    ハナタデ(花蓼)

  • 2012/09/28 : 狭山丘陵の四季
  • このを載せるのはすっごい久しぶりです。
    検索してみたらなんと2007年以来5年ぶりでした。
    別に珍しくもなんともない植物なんですけど・・


    ハナタデ(花蓼)


    狭山丘陵の林の縁に普通に見られるなんですが、早い話が「撮りにくい」わけです。
    毎年同じようなばかり載せているのもアレなのであえて今日は久々のを選びました。
    タデ科らしく、きれいに開している花はわずかです。

    写真
    ハナタデ花蓼) タデ科
    林の縁など半日陰のところで群生しています。
    びっしり生えているんですが、花が小さくて疎らなので撮りにくいです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/22 13:43:48
    Tv 1/50
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    こうしてみるときれいなピンク色なんですけど。


    ハナタデ(花蓼)


    これからしばらくはタデ科の花も多く咲く時期です。
    昨年は閉鎖花ばっかりだったミゾソバがきれいに咲いてくれるとうれしいんですが。
    先週はまだ蕾もありませんでした。

    明日はどうかな!?

    「寄り添うキノコ」シリーズ第3弾。


    寄り添う変なきのこ


    見返してみたら3日連続でふたつのキノコが寄り添って生えている写真をのせることになりました。
    これは少々太めで、大きさは・・小ぶりな大福餅くらい・・っていってもピンときませんよね。
    コメディアンの某バナナマンの某氏に似ているので、勝手に「ふたごのひむらさん」と命名しました。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ハナタデ 花蓼 キノコ きのこ 写真 狭山丘陵 野草

    シラヤマギク(白山菊)

  • 2012/09/27 : 狭山丘陵の四季
  • いよいよ季節は野菊の秋を迎えます。
    狭山丘陵でも何種類かの野菊が咲き、毎年悩みながら観察しています。
    似たようなのが多くてぱっと見ただけだとこれは何だ!?と思ってしまいます。


    シラヤマギク(白山菊)


    で、これはシラヤマギク
    狭山丘陵で最初に咲く野菊はユウガギクで、その次がこれでしょう。
    秋口に咲きます。

    舌状が歯抜けなのと、茎の下のほうの葉がえらく幅広なのでここを見ればまず見間違えないと思います。
    狭山丘陵には何十種類もの野菊が咲くわけでもないし、ひととおり撮ったらずらっと並べて特徴を比べて見ましょうか・・

    写真
    シラヤマギク白山菊) キク科
    最初はシロヨメナと区別がつきませんでしたが、葉を見れば一目瞭然でした。
    そろそろカントウヨメナあたりも登場しているかな・・
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/15 14:32:35
    Tv 1/50
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    近くに咲いていた別の株のは、舌状が短くて丸っこいです。


    シラヤマギク(白山菊)


    真ん中の筒状の色がちょっとくすんだ感じなので、少し遠めに見たほうがきれいかもしれませんね。
    さて、週末が近づいてきました。
    今週は野菊を探しにいきましょうか・・


    寄り添う・・


    小さなキノコが寄り添うように生えてました。
    午後3時を過ぎた頃で、もう夕方みたいな雰囲気でした。
    そういやお彼岸も過ぎちゃったんですねぇ。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : シラヤマギク 白山菊 野菊 キノコ きのこ 写真 狭山丘陵 野草

    ヤブマメ(藪豆)

  • 2012/09/26 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵のあちこちで小さな紫色のヤブマメが咲いています。
    もうこのの咲く季節か・・なんて思うゆとりもなく、季節は容赦なく秋が深まっていくようです。
    もう9月も終わりですもんね。


    ヤブマメ(藪豆)


    マメ科らしい三小葉をつけた蔓を伸ばし、マメ科らしい蝶型のを咲かせます。
    ほぼ毎年載せているのはネタがどこにでもあるから、ではなくてこのが好きだからです。
    先端の紫のところが妙にきれいで・・

    写真
    ヤブマメ藪豆) マメ科
    写真ばかりで、豆の莢は一度も撮っていない(少なくとも載せていない)ようです。
    次々いろんなが咲く季節になったので、つい他のに気を撮られてしまいます。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/22 13:36:46
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    ヤブマメは地中にも実ができて、食用になります。
    そのためツチマメ土豆)という別名があります。
    アイヌの言葉で「アハ」と呼ばれ、食べられていたそうです。

    ・・ということは狭山丘陵ヤブマメの根にも実ができているんでしょうね。


    ヤブマメ(藪豆)


    さて、次の週末はどんな花が姿を現すやら。
    そろそろ難題の野菊シリーズも始まっているし、秋は菊ですかね。
    それとキノコも。


    白っぽいキノコ


    相変わらず名前が分かりません。
    反り返るような傘は歯応えがありそうに見えます。
    なんだかキクラゲっぽい食感を想像してしまいました。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤブマメ 藪豆 ツチマメ 土豆 アハ キノコ 写真 狭山丘陵 野草

    ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)

  • 2012/09/25 : 狭山丘陵の四季
  • 毎年開が楽しみなのひとつです。
    一週間ほど前に蕾が葉腋にずらっと並んでいたのでもう咲いている頃かなと思って見に行ってみました。
    の盛りの一歩手前というところで、一株に多くても4輪ほどでした。


    ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)


    そこそこ群生しているのでどれを撮ろうか物色していたら、えらく紫色の斑点が多いのがありました。
    同じ場所に咲いているほかのと比べて飛びぬけて色が濃く見えます。
    毎年同じ場所で撮ってますが、こんなに紫色が濃いのは初めてかもしれません。

    写真
    ヤマジノホトトギス山路の杜鵑草) ユリ科
    ピーク時にはひとつの株に10個以上を咲かせているのも見かけます。
    ひとつのの寿命は2日ほどだそうです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/22 14:33:42
    Tv 1/30
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    近くに紫の斑点がえらく少ないのがありました。


    ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)


    同じ花か!?と思うくらい印象が違います。
    白っぽいのは、これはこれでいいものですけど。
    これもだいぶ蕾が付いていたので、今頃は盛んに咲いているかな・・

    最後にどアップで。


    ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)


    見るほどに不思議な構造をしています。
    調べてみたら、花びらの折れたところに紫色の斑紋が入るのがヤマジノホトトギスの特徴だそうです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤマジノホトトギス 山路の杜鵑草 写真 狭山丘陵 野草

    カラスノゴマ(烏の胡麻)

  • 2012/09/24 : 狭山丘陵の四季
  • 秋口に狭山丘陵のところどころで黄色いを咲かせています。
    弁が微妙に捻れているようで、船舶のスクリューを連想してしまいます。


    カラスノゴマ(烏の胡麻)


    この株はかなり大きくてたくさんが咲いていました。
    でもは枝先にひとつずつで、みんなうつむいて咲いているのでえらく疎らに咲いているようにしか見えないんですよね・・
    もうちょっとにぎやかに咲いているのを撮る方法はないものか。

    【写真】
    カラスノゴマ烏の胡麻) アオイ科
    従来の体系ではシナノキ科になっていますが、例によってAPG分類体系に従ってアオイ科(シナノキ属)と表記しておきます。
    のあとに細長い実ができるんですけど、種がゴマに似ているんでしょうか?
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/15 15:36:34
    Tv 1/200
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM



    カラスノゴマ(烏の胡麻)


    今日も滝のような夕立が来ました。
    都心は夕方、うち(埼玉)のあたりは夜9時半くらいからどどどっと降りました。
    このところ雨が多いせいかちょっと前までの猛暑が嘘みたいです。

    秋のが次々登場しているのでどれから載せようかと思いつつ、去年載せてないのから順に・・
    でもケチだから一日に2種類は載せません。(笑)


    小さなキノコ


    キノコもずいぶんたくさん出てきたので、毎日ひとつずつ載せていこうと思います。
    これはよく見かける平べったくて小さいやつ。
    大概コロニーを作ってまとまって生えてます。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : カラスノゴマ 烏の胡麻 アオイ科 シナノキ科 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    アレチウリ(荒れ地瓜)

  • 2012/09/23 : 狭山丘陵の四季
  • かの悪名高きアレチウリも、被写体としては悪くありません。
    丸くまとまって咲いているのが雌で、雄は総状に咲きます。
    雌雄異です。


    アレチウリ(荒れ地瓜)


    いわゆる特定外来生物ってやつで、「日本の侵略的外来種ワースト100」に堂々のランクインです。
    ワースト100のうち維管束植物は26種類なので、そこに入っているということはかなり凶悪ということです。
    大きな葉を広げながら蔓を伸ばし、他の植物を日照不足にしてしまいます。

    狭山丘陵では減っているように思いますが、駆除しているんでしょうね。

    写真
    アレチウリ荒れ地瓜) ウリ科
    各地で大規模に駆除活動が行われている植物です。
    が、一株で数千個から万単位の種をつけるそうで、掃討作戦も大変でしょう。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/22 14:26:29
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    こちらは雄です。


    アレチウリ(荒れ地瓜)


    ということで、撮影ついでに蔓の根元をぶちぶちと引きちぎってきました。
    焼け石に水かもしれませんが、多少の効果はあると信じつつ。
    茎は柔らかいので手で簡単にちぎれます。


    アレチウリ(荒れ地瓜)


    そろそろイシミカワの実も色づき始めました。
    暑さから開放された週末で、体のほうも一息ついた感じです。
    明日は今日より+7℃ということで、体調に気を遣いましょう。


    キツネノチャブクロ


    林の中にとげのような突起がある丸い物体を発見。
    これはホコリタケでいいでしょうかね。
    食べられるらしいですが他においしいものいっぱい売ってますから眺めるだけで十分です。

    キツネノチャブクロなんていう別名があるそうです。
    今日も一日雨が降ったし、狭山丘陵のキノコはもっと増えそうです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : アレチウリ 荒れ地瓜 特定外来生物 侵略的外来種 ホコリタケ キツネノチャブクロ 写真 狭山丘陵 野草

    アキノノゲシ(秋の野芥子)

  • 2012/09/22 : 狭山丘陵の四季
  • この夏、東日本は記録的な猛暑だったそうで、秋のも少々遅れ気味のようです。
    今日は朝のうちは雨で、Tシャツ1枚では涼しいくらいでした。
    少し秋らしい気候になってきたので、秋らしいを。


    アキノノゲシ(秋の野芥子)


    このところ雨が多かったせいか、朝の雨のせいか、アキノノゲシも濡れてくたびれ気味でした。
    その中できれいそうなのを選んで・・これは真横からアップだなと。
    しかしこの、微妙なクリーム色を再現するのが難しいです。

    写真
    アキノノゲシ秋の野芥子) キク科
    背が高い草なので遠くからでもよく目立ちます。
    たくさん蕾をつけてたくさんが咲いてたくさん種ができるはずなのに、野を満たすほど増えません。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/22 14:20:14
    Tv 1/200
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    いつものパターンでお昼から出かけてきました。
    歩くコースはいつもとちょっと違うコースにしたので何か面白いものが見られるかと期待しましたが、レギュラーメンバーのお出迎えでした。


    アキノノゲシ(秋の野芥子)


    ただこのところの雨のおかげで狭山丘陵も水分が行きわたったのか、キノコ軍団がそこら中に陣取ってました。
    フォト蔵でキノコ写真というフォーラムも作っちゃったし、名前も分からないけどちょこちょこキノコも撮って回りました。
    たくさんを撮ったつもりだったのに、今日はキノコ写真のほうが種類が多かったです。


    雨後の筍のように・・


    今のところキノコ図鑑を買うほど入れ込んでいるわけでもないし、名前はネットで調べてみます。
    何種類撮ったか数えてもいませんけど、順次載せてみたいと思います。

    涼しい夜です。
    虫の声が聞こえます。
    Tシャツ1枚で過ごしてます。

    肌寒いです・・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : アキノノゲシ 秋の野芥子 キノコ きのこ 写真 狭山丘陵 野草

    ヒメキンミズヒキ(姫金水引)

  • 2012/09/21 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵には多い植物なんですが、なかなか撮りにくい難物です。
    キンミズヒキほどゴージャスに咲かないし、あまり枝分かれもしないでスカスカな状態で生えていることが多いです。
    この日はの終わりかけの時期のせいか、付きのいい株が多かったです。


    ヒメキンミズヒキ(姫金水引)


    どんなでも咲き始めの頃が一番美しいと思ってますが、一部例外があるようです。
    これもそのひとつで、少し時間が経ったほうが枝分かれしての数が増え、いくらか見栄えがいいように思います。
    ・・とはいえ、写真に撮ってみるとやっぱりちょっと寂しいですかね。

    写真
    ヒメキンミズヒキ姫金水引) バラ科
    キンミズヒキと比べるとだいぶ小振りのです。
    金も図引きは序が弓なりにしなうことがおおいですが、ヒメキンミズヒキはまっすぐです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/15 14:10:09
    Tv 1/30
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    こんな具合に。


    ヒメキンミズヒキ(姫金水引)


    こんなにいっぱい花が咲いているのは見たことがないかもしれません。
    でもこの枝1本きりで、周りには何もなくて殺風景ですが・・
    そんなわけで毎年撮りながらも気に入らず、3年ぶりの登場となりました。


    ヒメキンミズヒキ(姫金水引)


    今週も週末がやってきました。
    この週末の最高気温は25℃ということなので、いくらか秋らしい空気を感じられそうです。
    ゆるゆると明日の散策コースを考えつつ、金曜日の夜の幸福に浸っています。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヒメキンミズヒキ 姫金水引 キンミズヒキ 写真 狭山丘陵 野草

    ツリフネソウ(釣船草)

  • 2012/09/20 : 狭山丘陵の四季
  • 夏の初め、ピンクのチダケサシに埋め尽くされた湿地で赤紫のツリフネソウが見頃を迎えました。
    昨年は9月10日くらいに一面に咲いていたので、今年は少々遅めのようです。
    これも猛暑の影響でしょうかね。


    ツリフネソウ(釣船草)


    ツリフネソウの仲間は葉の下にが咲くのが多いんですが、この草は天辺から茎を伸ばしてをぶら下げます。
    おかげで写真には撮りやすいです。
    何せ障害物がありませんから。

    写真
    ツリフネソウ釣船草) ツリフネソウ
    別名:ムラサキツリフネ(紫釣船)
    お馴染みのホウセンカがツリフネソウ科です。
    も似ていると思います。
    狭山丘陵では北側の湿地で多く咲きますが、南側には少ないようです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/16 14:47:51
    Tv 1/60
    Av 6.3
    ISO感度 100
    レンズ EF70-200mm f/4L IS USM
    焦点距離 200.0 mm


    こんな感じに一面赤紫に染まってます。


    ツリフネソウ(釣船草)


    狭山丘陵にはこの色のツリフネソウばかりで、キツリフネは見たことがありません。
    数年前に北海道に行ったときに咲いているのを初めて見ました。
    分布範囲は広いようなんですが、狭山丘陵にはないんでしょうかね。


    ツリフネソウ(釣船草)


    最後にどアップで・・
    中はおおむね空洞のようです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ツリフネソウ 釣船草 ムラサキツリフネ チダケサシ キツリフネ 写真 狭山丘陵 野草

    ゲンノショウコ(現の証拠)

  • 2012/09/19 : 狭山丘陵の四季
  • 当ブログ開闢以来・・というとあまりにも大げさですが、毎年登場・皆勤賞のゲンノショウコです。
    狭山丘陵ではあちこちで咲くのでネタには事欠かないというのが本音だったりします。
    ここ数年は東日本では珍しい赤が咲く場所を覚えたので、めでたく紅白揃えて載せられます。


    ゲンノショウコ(現の証拠)


    狭山丘陵で咲くゲンノショウコは大部分が白で、ややピンク色のもあるんですが種類が違うんでしょうか。
    フウロソウ科のもよく似ているので見分けが怪しげです。
    でもこれはゲンノショウコ

    写真
    ゲンノショウコ現の証拠) フウロソウ科
    狭山丘陵において赤いゲンノショウコはかなり珍しいです。
    車の走る道端に咲いていたので、きっと西日本から来た車に種がくっついていたんでしょう。
    六道山公園の原っぱでも赤いのを見たことがありますが、ここ数年見かけなくなりました。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/15 15:32:23
    Tv 1/320
    Av 7.1
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    狭山丘陵の標準色はこちら。


    ゲンノショウコ(現の証拠)


    最近は外来種のアメリカフウロが勢力拡大中ながら、ゲンノショウコもたくさん咲いています。
    さて、白とピンクは別物なのか、場所によって色が違うのか・・
    今度の週末の丘陵歩きでは気にして見ておきましょう。


    ゲンノショウコ(現の証拠)


    今日はヘイスケ(猫)が去勢手術を受けました。
    朝、病院に連れて行って夕方戻ってきたときにはもう立派なタマタマはありません。
    まぁ元気にしているので心配はなさそう。

    すでに体重3.6kg、うちにやってきた当時の480gの弱々しさは片鱗もないけど、相変わらずやんちゃ坊主です。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ゲンノショウコ 現の証拠 アメリカフウロ 写真 狭山丘陵 野草

    アカバナ(赤花)

  • 2012/09/18 : 狭山丘陵の四季
  • 土曜日は狭山丘陵南側の定番コースをまわってきました。
    いくつか気になるがあって、このアカバナもそのひとつです。


    アカバナ(赤花)


    検索してみたら3年ぶりの登場でした。
    ミゾソバに埋もれるように咲いているんですけど、まだミゾソバがそれほど大きくなっていなかったので見つけやすかったです。
    前回は日当たりがよすぎましたけど、今回はに日が当たる瞬間をひたすら待ちました。

    とはいえ5分くらいですけどね。(笑)

    写真
    アカバナ赤花) アカバナ
    は淡いピンクっぽい紫色・・表現が難しいですね。
    秋になると葉や茎が赤くなるので赤花というそうで、花が赤いわけではありません。
    もっとも、色の濃い花が咲く個体もあるようですが。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/15 15:05:20
    Tv 1/250
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    そうそう、アカバナの近くにホオノキがあって、以前に花の写真を載せました
    で、その後の姿です。
    まずは8月19日の写真


    ホオノキ(青い実)


    実は十分に大きくなって、12~3センチというところだと思います。
    全身トゲトゲで、ぜってぇ手ェ出すな!とでも言いたげです。
    さらに1ヵ月後の9月15日になると・・


    ホオノキ(赤い実)


    赤く色づいていました。
    でも、完熟にはまだまだです。
    次回は熟れ熟れのところを載せようと思いますので、しばし待ちましょう。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : アカバナ 赤花 ホオノキ ミゾソバ 写真 狭山丘陵 野草

    フユイチゴ(冬苺)

  • 2012/09/17 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日のキカシグサを載せたときに、当ブログ初登場を優先して掲載と書いておきながら、まだ載せてないがありました。
    少々時期に遅れてしまい咲いているのを見つけるのが手間でしたが、何とか間に合ったようです。


    フユイチゴ(冬苺)


    何ヶ所か狭山丘陵の群落を確認しています。
    うち1ヶ所は防火設備の工事か何かで消えてしまいました。
    埼玉県立自然公園になっているのでそういう設備も必要なんでしょうけど、少し周囲の環境に配慮して欲しいものです。

    写真
    フユイチゴ冬苺
    夏の終わりにが咲いて、寒くなる頃に実が熟します。
    実の味はおいしいとのことです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/09 15:11:34
    Tv 1/20
    Av 4.0
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM

    来年はもうちょっと早い時期に見に行きましょう。
    やぶ蚊も増えていたし・・


    フユイチゴ(冬苺)


    昨日、今日と不安定な天気が続いています。
    晴れていると思ったら急に強い雨が降って、また晴れる・・の繰り返し。
    昨日はフィールドに出ているときだけ雨に降られたし、今日は出動せずに植物の分布図を書いていました。

    生育場所(というか撮影場所)が限られているのでどうしても地図の書き込みが集中してしまいます。
    これは最初からPC上でやったほうがよかったかも・・


    ヘラオモダカ


    昨日訪れた田んぼで咲いていたヘラオモダカ
    毎年何株かさくんですが、こんな大株は記憶にありません。
    願わくば個体数が増えて欲しいところです。

    しかも畦の上とか、近寄れる場所で。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : フユイチゴ 冬苺 写真 狭山丘陵 野草 ヘラオモダカ キカシグサ

    キカシグサ(きかし草)

  • 2012/09/16 : 狭山丘陵の四季
  • 不安定なお天気の中を、狭山丘陵北側の田んぼまで水田雑草を探しに行ってきました。
    タイミング悪く撮る直前に雨が降ったのでどうかなと思いつつ畦を歩いていると、多肉っぽい植物があちこちにあります。
    緑の葉にピンクの節がきれいじゃありませんか。


    キカシグサ(きかし草)


    よく見たら節じゃなくて小さなが咲いているんでした。
    この田んぼ、もう8年くらいは歩いてますけど、こんなのあったっけ・・

    調べてみたらキカシグサという水田雑草で、8月17日に載せたホソバヒメミソハギと同じミソハギ科なんですね。
    なるほど葉の付け根に小さながついています。
    でも、いくらなんでも小さすぎ。

    泥田の中に踏み込むわけにも行かず、まずは全体像から。
    ピンクの点々がみんなです

    写真
    キカシグサきかし草) ミソハギ科
    調べてみたところ名前の由来がはっきりせず、漢字の表記はないようです。
    当ブログ初登場ということで他のに優先して載せます。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/16 14:09:03
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF70-200mm f/4L IS USM
    焦点距離 200.0 mm


    雨後の畦に這い蹲るようにして無理やり撮ったのがこれ。
    かろうじての形が分かるでしょうか。


    キカシグサ(きかし草)


    ホソバヒメミソハギと同様、小さな弁が4つついています。

    立ち姿を見ると、葉の長さが違うものの、対生する葉が各段90度ずつずれてつくこと、葉の付け根に小さな花が咲くことなど、よく似ています。
    葉の形なんかはぜんぜん違いますけどね~。


    キカシグサ(きかし草)


    もっとも、全体を見るとスベリヒユか何かのようにも見えますけど・・

    天気も悪いし早々に切り上げ、ツリフネソウの群落に立ち寄って帰りました。
    自宅に向かって走り出すと、車のフロントガラス越しに青い空が広がってました。
    間が悪いときなんてこんなものです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : キカシグサ きかし草 ホソバヒメミソハギ 水田雑草 写真 狭山丘陵 野草

    クズ(葛)

  • 2012/09/15 : 狭山丘陵の四季
  • 秋の七草のひとつですけど、どっちかというと暑い時期のというイメージです。
    まだ咲いていますがの時期は明らかに終盤で、写真撮るにはいくらなんでも遅すぎたようでした。


    クズ(葛)


    アップで見ると色や模様が先日載せたアレチヌスビトハギに似ていますね。
    色はこちらのほうが濃くて、赤紫色に中心の黄色が目立ちます。
    いかにもマメ科らしい形のです。

    写真
    クズ) マメ科
    狭山丘陵ではどこに行っても蔓延りまくっています。
    アレチウリは見かけなくなりましたけど、クズもそろそろ駆除が必要なのでは!?
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/15 13:00:36
    Tv 1/100
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    ちょっと面白いのを見つけました。
    天辺に最後のが咲いて、咲き終わった下のほうには豆ができています。


    クズ(葛)


    最終的には毛むくじゃらの莢ばかりになります。
    半ばで半ば豆になっているというのは見たことがないかもしれません。

    今日は狭山丘陵南側のいつものコースを巡ってきました。
    ちらほらと秋のや、その気配が漂い始めています。
    たまにバラバラと雨が降ったり、遠くでゴロゴロ嫌な音が響いたりしつつも、夏の終わりを感じてきました。

    あれこれ撮ってきましたので、追々ということで。


    クズ(葛)


    これは岸田んぼの奥で咲いていたクズの花。
    9月の初めの、花の真っ盛りはこんなでした。
    これくらいまとまって咲いていると見応えがあります。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : クズ 秋の七草 マメ科 写真 狭山丘陵 野草

    ナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒)

  • 2012/09/14 : 狭山丘陵の四季
  • コウヤボウキといったら秋も深まった頃のという印象です。
    でもこのナガバノコウヤボウキは夏のお盆の時期に咲きます。
    ナガバ君はお暑いのがお好きなのでしょうか。


    ナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒)


    8月の半ばくらいは咲いているも少ないので、他のがない時期に咲いて虫をより多く集めようという魂胆なんでしょうかね。

    コウヤボウキにそっくりです。
    コウヤボウキは今年伸びた枝の先に咲くのに対し、ナガバノコウヤボウキは前年に伸びた枝に束生する葉の中心に咲きます。
    似ているようで結構違いがあるものです。

    写真
    ナガバノコウヤボウキ長葉の高野箒) キク科
    狭山丘陵ではたまに見かけるくらいでそれほど多くはないと思います。
    でも珍しいかといったらそんなこともないか・・
    なおキク科ではありますが木本で、草ではありません。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/08/19 10:20:42
    Tv 1/30
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    こんな具合に、枝に並んで葉に取り囲まれて咲いています。


    ナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒)


    相変わらず8月のを載せてますが、それも今日までかも。
    明日からは秋のが登場するはずなので、他にも載せたい花がないわけじゃないですけど今日は夏の名残を。

    ナガバノコウヤボウキの近くに咲いていた赤くて小さな花。


    ハゴロモルコウソウ


    葉が細く分かれているのでルコウソウかと思ったら、葉の先端をなぞると丸くなります。
    どうやらルコウソウとマルバルコウソウの交雑種であるハゴロモルコウソウってやつみたいです。
    毎年ナガバノコウヤボウキと同じくらいの時期に近くで咲いています。

    これは人が持ち込んだのかなぁ・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ナガバノコウヤボウキ 長葉の高野箒 コウヤボウキ 高野箒 ハゴロモルコウソウ 写真 狭山丘陵 野草

    サネカズラ(実葛)

  • 2012/09/13 : 狭山丘陵の四季
  • 別名をビナンカズラともいいますが、サネカズラのほうがとおりがいいでしょう。
    百人一首にも登場する「逢坂山の実葛・・」のアレです。
    狭山丘陵のとある場所に結構な数が生えているんですが、不思議ときれいに咲いているのに出くわしません。


    サネカズラ(実葛)


    中心が赤いのが雄です。
    これはスポットライトが当たっているようできれいでした。
    でも高いところで咲いていたので、200mmでとってやっとこんなもの。

    写真
    サネカズラ実葛) マツブサ科
    樹液を整髪剤に使ったのでビナンカズラ美男葛)だそうです。
    実が赤く色づくのが楽しみです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/08/19 11:04:52
    Tv 1/80
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF70-200mm f/4L IS USM
    焦点距離 200.0 mm


    も咲いていたので載せておきます。


    サネカズラ(実葛)


    これは少々ピントが甘いので、こんなか~とか言いつつ流してください。
    床はすでにサネカズラの実を思わせる形です。
    その後ぶらぶら歩いていると道端のフェンスにサネカズラが絡んでました。

    葉をめくってみると、雄が・・


    サネカズラ(実葛)


    なんか無理やり撮った感じです。
    なかなか手の届くところで咲いてくれないもので。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : サネカズラ 実葛 ビナンカズラ 美男葛 百人一首 写真 狭山丘陵

    アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)

  • 2012/09/12 : 狭山丘陵の四季
  • 北米原産の帰化植物で、どうってことない雑草のくせにここ数年縁がありませんでした。
    雑草なんて書いちゃいましたが、はとてもきれいです。
    少し前に載せたフジカンゾウもよく似ています。


    アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)


    フジカンゾウもこのヌスビトハギ属ですから似ているのも不思議はないですね。
    のあとにひっつき虫ができるのも同じです。

    ブログ内を検索してみたら前回載せたのは実に2008年ですから4年ぶりの登場で、ちょっと・・いや、大いにびっくり。
    そんなに撮ってなかったのか・・
    今年も咲き終わり寸前でしたが、どうにかきれいそうなのを見つけました。

    ツルリンドウにこだわり過ぎて他が疎かになっちゃったかな・・

    写真
    アレチヌスビトハギ荒地盗人萩) マメ科
    埼玉緑の森博物館の前にいっぱい咲いていました。
    前からここにあったんでしたっけ・・まぁいいや。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/09 13:20:17
    Tv 1/125
    Av 4.0
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    で、これが後のひっつき虫です。


    アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)


    ベタベタしていて、衣服によくくっつきます。
    ヌスビトハギは豆2個なんですが、こっちは4~5個と多いです。
    ・・って、まじまじ見たのは初めてかもしれません。

    は鮮やかなピンクですが咲き終わると青っぽい色になってました。


    アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)


    本家ヌスビトハギに比べてはるかに大きな花なので撮りやすいです。
    さて来年もたくさん咲くでしょうか。
    さすがにこいつは草刈隊の餌食になるでしょうね。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : アレチヌスビトハギ 荒地盗人萩 ヌスビトハギ 帰化植物 写真 狭山丘陵 野草 フジカンゾウ ひっつき虫

    ナンバンギセル(南蛮煙管)

  • 2012/09/11 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵にはこのが何ヶ所かで咲きます。
    いつも丘陵南側の決まった場所で撮るんですが、今回は埼玉県側で撮りました。
    心なしかこちらのほうが色鮮やかに見えます。


    ナンバンギセル(南蛮煙管)


    難をいえば樹木の陰に隠れているので暗いことと、手の届かないところで咲いていることが多いことです。
    これを撮った1週間前には足許で咲いていたものの、折からの雨でヘロヘロ状態でした。
    先週確認しておいた蕾がこれで、思惑通り咲いていてくれてよかったです。

    写真
    ナンバンギセル南蛮煙管) ハマウツボ科
    光合成ができず、ススキなどイネ科の植物に寄生しています。
    でもススキもヨシも写ってませんね。
    近くの湿地から根っこが来ているんでしょうか。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/09 13:55:16
    Tv 1/20
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF70-200mm f/4L IS USM
    焦点距離 121.0 mm

    埼玉県レッドデータブック2011:絶滅危惧II類


    以前に載せましたけど、花の中をのぞくと面白い光景が見られるんですけどねぇ。
    残念ながら遠すぎて(とはいっても1mちょっと)無理でした。


    ナンバンギセル(南蛮煙管)


    適度に湿気がある場所のせいか、艶やかな色をしています。
    乾燥している場所だと色あせた感じに見えるんですけど、いかがでしょう。
    この場所は数は少ないですが個体が大きくて色が鮮やかです。

    来年もまた咲きますように。

    相変わらずキノコの名前は分かりません。
    モノクロームな色調ですがこれでも天然色です。


    相変わらず名前が分からない・・


    今週末までは暑い日が続くようですね。
    そろそろ秋風が吹いてくれてもいいんですが。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ナンバンギセル 南蛮煙管 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    ツルリンドウ(蔓竜胆)

  • 2012/09/10 : 狭山丘陵の四季
  • お盆過ぎからせっせと探していたツルリンドウ、ようやく咲いているのをみつけました。
    とはいっても時間が遅かったせいか、閉じかかっているようにも思えます。
    少なくとも開ききっている状態ではないですね・・残念ながら。


    ツルリンドウ(蔓竜胆)


    この株はだいぶ前から目をつけていたのに、いつ行っても蕾ばかりでした。
    同じ場所にあと2本ばかり蕾の付いた蔓があったものの開はしていません。
    毎週見に行くのも疲れちゃったので、今年はこれで撮ったということにしよう・・

    他にも気になっていたを(とりあえず)押さえたので、大収穫の週末になりました。

    写真
    ツルリンドウ蔓竜胆) リンドウ科
    きれいなです。
    今年は巡り合わせが悪かったようで、また来年の晩夏に期待しましょう。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/09 14:59:02
    Tv 1/10
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM

    東京都レッドデータブック2010:絶滅危惧II類(北多摩)


    ということで、今日載せられるのは1枚のみです。
    このところ3枚ペースくらいで写真を載せているので1枚きりでは寂しい気がして、何かないかと過去の写真を物色していたら室堂ミヤマリンドウがありました。


    室堂のミヤマリンドウ(深山竜胆)


    タテヤマリンドウがいっぱい咲いていて、最初はタテヤマリンドウの紫のだと思ってました。
    でもよく見たらの中に斑点がないので、これはミヤマリンドウでしょう。
    狭山丘陵のフデリンドウよりはひとまわり大きなでした。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ツルリンドウ 蔓竜胆 深山竜胆 ミヤマリンドウ 写真 狭山丘陵 野草 室堂

    マヤラン(摩耶蘭)

  • 2012/09/09 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日はこのを探しに行きました。
    しかし探すどころかいきなり咲いていたのでちょっと拍子抜けするくらいでした。
    探しはトレジャーハンティングっぽくて探し回るのも楽しいんですが。


    マヤラン(摩耶蘭)


    ・・なんていったら贅沢ですね。
    まずは咲いていてくれてよかったです。
    いかにも野生のランのらしく、質素ですが美しいです。

    写真
    マヤラン摩耶蘭) ラン科シュンラン属
    神戸の摩耶山で見つかったのが名前の由来だそうです。
    葉はなくて、緑色の茎には葉緑素を持つそうです。
    菌類に寄生して生活する菌従属栄養植物というやつで、マヤランだけを採取しても栽培はできません。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/08 9:09:32
    Tv 1/100
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM

    環境省レッドリスト:絶滅危惧II類


    この日一番きれいに咲いていたはこれかなと・・


    マヤラン(摩耶蘭)


    この日の探索では別のランの情報、これから咲く、昨日載せたキツネノマゴの白花など、いろいろネタを仕入れることができました。
    たまに普段と違う場所を歩いてみるのもいいものです。
    それにしても、狭山丘陵侮りがたし。


    キノコ


    このところの雨であちこちにキノコ出現。
    なぜかキツネノハナガサだらけでした。
    この煎餅みたいなキノコの名前は分かりません。

    なお、昨日載せたキノコはベニヒダダケというらしく、食菌とのことです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : マヤラン 摩耶蘭 絶滅危惧 キノコ 写真 狭山丘陵 野草

    シロバナキツネノマゴ(白花狐のまご)

  • 2012/09/08 : 狭山丘陵の四季
  • 今日は朝から行ったことのない狭山丘陵の南東側にいってきました。
    目的は別ので、そちらは首尾よく見ることができました。
    その後、林の中を歩いていると足許に白くて小さなが・・


    シロバナキツネノマゴ(白花狐のまご)


    これはどう見てもキツネノマゴですが、が真っ白です。
    キツネノマゴは稀に白があるそうで、私は初めて見ました。
    びらの模様はしっかりキツネノマゴですね。

    写真
    シロバナキツネノマゴ白花狐のまご) キツネノマゴ
    今年はいろんな花の白花に縁があるようです。
    ピンクのは街中でも道端や公園に咲いている、在り来たりの雑草です。
    普通の色のはこちら → 2011年11月13日の日記
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/08 11:04:26
    Tv 1/60
    Av 5.6
    ISO感度 640
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    調べてみたら除草剤の影響で白い花が咲くことがあるそうです。
    でも万が一にもそんなものを使うはずのない場所なので、疑う必要はないでしょう。
    マクロレンズの限界に挑戦。


    シロバナキツネノマゴ(白花狐のまご)


    何だかこっちをにらみつけているようです。
    ちょっと暗めだったので写真がノイズっぽいかも。
    少し離れた場所にもあったので、この写真を撮った周辺には一定分布しているのかもしれません。

    このところ少し雨が降ったおかげか、今日はキノコもたくさんありました。
    特に多かったのがキツネノハナガサ。
    繊細で美しいキノコですが、以前に西武ドーム近くで撮った個体をしのぐものがなかったので撮りませんでした。


    きれいなキノコ


    これは色が非常にきれいでした。
    傘の表面に細い筋のようなものが見えます。
    菌類の名前は相変わらずわかりませんので、きれいなキノコということで・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : シロバナキツネノマゴ 白花狐のまご キツネノマゴ 狐のまご キノコ 写真 狭山丘陵 野草

    コヤブタバコ(小藪煙草)

  • 2012/09/07 : 狭山丘陵の四季
  • 地味なながら当ブログには登場頻度の高いです。
    ひとつには真夏のの少ない時期に咲くことと、どういうわけかこのが好きだからです。


    コヤブタバコ(小藪煙草)


    の大きさは1.5cmくらいか、大きいのは1円玉くらいありそうに思えます。
    小さなが多数密集してひとつの頭花を形作っているのはキク科の証明。
    中心部に両性花、周囲に雌性花という配置も何か合理的な理由があるんでしょうね。

    写真
    コヤブタバコ小藪煙草) キク科
    ヤブタバコの花に比べたらはるかに大きいのに、なんでこっちが「小」なのか!?
    コスミレも大きめの花を咲かせるし、悩まないことにしよう。
    狭山丘陵にはよく似たサジガンクビソウというのも多いです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/08/19 10:41:53
    Tv 1/13
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    狭山丘陵を歩き始めた頃は全部コヤブタバコだと思ってましたが、どうやらサジガンクビソウと半々くらいのように思えます。


    コヤブタバコ(小藪煙草)


    これはコヤブタバコの生え際。
    サジガンクビソウは花の時期に根生葉が残っています。
    また、茎には長めの開出毛があるはずですがこれは細かい産毛みたいなのだけです。

    ということで、これはコヤブタバコという判断になります。


    コヤブタバコ(小藪煙草)


    葉の形も違うので慣れたらすぐに見分けができるんですが、でも似すぎ。
    双子と言われたら信じるかも。(嘘)

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : コヤブタバコ 小藪煙草 サジガンクビソウ 写真 狭山丘陵 野草

    コボタンヅル(小牡丹蔓)

  • 2012/09/06 : 狭山丘陵の四季
  • ワレモコウを撮りに行ったときに、そういえば近くにコボタンヅルがあったのを思い出して寄り道してみました。
    まさにの盛りで、いちばんいい時期に出くわしたようです。
    毎年同じところで撮ってますけど、これほどたくさん咲いていたのを見たことがないかも。


    コボタンヅル(小牡丹蔓)


    といいつつ最初は控えめに。
    センニンソウボタンヅルとよく似ています。
    センニンソウの葉は鋸歯なしでが大きく、ボタンヅルは葉が3小葉、コボタンヅルは2回3出複葉(小葉9枚で一組)というところが見分けのポイントかと。

    まぁセンニンソウはひと目で分かるとして、ボタンヅルコボタンヅルは少なからず迷います。

    写真
    コボタンヅル小牡丹蔓) キンポウゲ科
    で、これはさいたま緑の森博物館にもコボタンヅルとして写真があったので大丈夫でしょう。
    昨年はきれいに揃った2回3出複葉の写真を載せました。

    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    ファームウェア Firmware Version 1.0.3
    撮影日時 2012/08/26 12:31:54
    Tv 1/1600
    Av 3.5
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    そういえばボタンヅルの蔓を見つけてあったのに見に行っていません。
    今頃咲いているかな・・
    日曜日に行けたらいいんですが、ネコの6ヶ月健診もあるし。


    コボタンヅル(小牡丹蔓)


    このところの雨でやられちゃってるかもしれません。


    コボタンヅル(小牡丹蔓)


    朝夕は少し涼しくなって過ごしやすくなってきました。
    もう夏が終わっちゃうのかと思うと寂しいような、ちょっとほっとするような。
    野には秋のが登場してきました。

    これから1ヶ月ほどは毎週末せっせと狭山丘陵に出動したいと思います。
    秋ののピークがやってきます。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : コボタンヅル 小牡丹蔓 センニンソウ ボタンヅル 写真 狭山丘陵 野草

    ツリガネニンジン(釣鐘人参)

  • 2012/09/05 : 狭山丘陵の四季
  • この間の日曜日に、雨の間隙を突いて出かけたはずの狭山丘陵で大雨に降られながら意地で撮った白いツリガネニンジン
    土日ともに降られちゃいましたが、特に日曜日は出鼻をくじかれてあっという間に撤退を余儀なくされました。
    ま、あきらめるときは潔くということで。


    ツリガネニンジン(釣鐘人参)


    ツリガネニンジンは濃い紫から真っ白なのまで色の変異が大きいようです。
    2010年に北海道の野付半島で咲いていたのは別のかと思うくらい紫でした。
    北海道のツリガネニンジンはどこも色が濃かった印象です。

    これは白といって差し支えないでしょう。
    手ぶらで帰るのは癪なので傘差しながら泥道に三脚立てて撮りました。

    写真
    ツリガネニンジン釣鐘人参) キキョウ科
    風が吹いたら涼やかな音色が聞こえそうです。
    生憎雨に打たれてちょっと哀れでしたが、恵みの雨ということで。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/02 14:06:26
    Tv 1/100
    Av 4.0
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    こちらは8月に狭山丘陵の別の場所で撮ったものです。


    ツリガネニンジン(釣鐘人参)


    お盆を過ぎた頃はずいぶん盛んに咲いていました。
    丘陵の南側で咲いているのは薄い紫色が多いようです。
    このくらいの色が標準でしょうかね。


    ツリガネニンジン(釣鐘人参)


    ちょっと前まで西武球場近くのユネスコ村駐車場脇の道端に真っ白なツリガネニンジンがずらっと並んで咲いていました。
    車の窓からもよく見えたんですが、道路工事のおかげで根こそぎ消えてしまいました。
    たぶん狭山丘陵随一の白いツリガネニンジン群落だったと思うんですが・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ツリガネニンジン 釣鐘人参 写真 狭山丘陵 野草 ユネスコ村

    ツユクサ(露草)~藤色

  • 2012/09/04 : 狭山丘陵の四季
  • 藤色のツユクサをみつけました。
    というか、以前に見かけた場所で探していて、いくつか見つけることができました。
    近くには普通の青いのも咲いていたので、こういう色の遺伝子を持っているんでしょうか。


    ツユクサ(露草)


    ツユクサ弁の色は変異が大きくて、白やピンクもあるようです。
    こちらで見つけたのはこの色と、もう少し紫っぽいのを以前に撮った気がします。
    淡い色のツユクサもまたいいものです。

    写真
    ツユクサ露草) ツユクサ
    お昼になると大方が萎んでしまうので、朝のうちに・・
    休日は午前中に買い物に行くことが多いので、朝から撮りに行ける機会は少ないです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/08/26 10:51:39
    Tv 1/125
    Av 4.0
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    出来はさておき、比較用にノーマルタイプも載せておきましょう。


    ツユクサ(露草)


    そこいらの道端でなんぼでも咲いてますよね。
    名前はツユクサながらの期間が長くて、秋になってもあちこちで咲いています。

    こちらは黒部ダムでの記念撮影
    いつも家内が子どもたちに指示を出してよく分からないポーズをとります。
    これ、なんか意味あるの!?


    黒部ダムにて


    のんきにこんな写真撮ってますが、この場所は高さ180mほどの断崖絶壁の上です。
    ダムの反対側から見たらこんな感じで、コンクリの絶壁の上のほうに「フ」の字型に展望用の階段が取り付けてあります。


    こんなところの階段で撮りました・・


    階段の上にいるより、反対側から見たほうが怖いかも。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ツユクサ 露草 黒部ダム 記念撮影 断崖絶壁 写真 狭山丘陵 野草

    ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)

  • 2012/09/03 : 狭山丘陵の四季
  • これから秋に向けて似たようなタデ科のがいくつか咲きます。
    ミゾソバアキノウナギツカミヤノネグサなどなど。
    その中で飛びぬけて早く姿を見せるのがママコノシリヌグイです。


    ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)


    小さな蝋細工のようなは実に美しいんですが、咲き方が疎らなので撮りにくさでいったらワレモコウといい勝負かと。
    比較的の少ない時期に咲くせいか、ほぼ毎年登場しているおなじみさんです。
    さて、今年は去年より少しは進歩しているか!?(ウデの話)

    写真
    ママコノシリヌグイ継子の尻拭い) タデ科
    可憐なとは裏腹に、蔓には鋭い棘があります。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/08/19 12:33:19
    Tv 1/50
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    葉っぱの脇に顔を出しているのを撮ろうとしたら、お客さんがやってきました。


    ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)


    このハナアブ(ホソヒラタアブかな?)は突然被写体の中に飛び込んでくることがよくあります。
    あまり人を恐れないんでしょうかね。
    ちなみにこの葉はママコのであありません。念のため。


    ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)


    土日の雨のおかげで今日は涼しい朝でした。
    ちっとは秋に向かっているんでしょうね。
    八百屋のオヤジに「スイカはこれで食い納めだぜ!」と言われて買ったスイカも食べつくしたし。

    何はさておき冷房のない書斎の居心地がよくなったのはありがたい。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ママコノシリヌグイ 継子の尻拭い ミゾソバ アキノウナギツカミ ヤノネグサ 狭山丘陵 野草 写真

    ツルマメ(蔓豆)

  • 2012/09/02 : 狭山丘陵の四季
  • この時期の狭山丘陵にいっぱい咲いている小さな豆の花。
    どこにでもある雑草ですけど紫と白の色合いが美しいです。
    難をいえば、花が小さすぎることかな・・


    ツルマメ(蔓豆)


    昨日の土曜日に引き続いて、断続的に降っては止んでの日曜日になりました。
    降るときは夕立みたいな土砂降りで、時折雷鳴も聞こえてきました。
    雨が上がったところを見計らっていつもの湿地に行ったら一番奥で驟雨に遭遇・・

    栗の木の下でしばらく雨宿りしたものの止みそうになく、小降りになったところで撤退しました。
    でも、来週末はこの時期らしい花がいくつか撮れると思います。
    今日の獲物はわずかですが無駄足にはならずに済んだようです。

    写真
    ツルマメ蔓豆) マメ科
    晩夏から初秋に狭山丘陵のいたるところで咲きます。
    大豆の原種だそうで、花のあとには枝豆そっくりの豆ができます。
    ただし小さいですけど。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/01 14:47:00
    Tv 1/80
    Av 7.1
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    ヒナタイノコヅチとのコラボで・・というか、ヒナタイノコヅチに絡み付いています。


    ツルマメ(蔓豆)


    ヒナタイノコヅチも今が盛りと咲いています。
    これもちゃんと花が咲くので、いいのがあったら次回の週末にでも。

    しかし豪雨の波状攻撃には参りました。
    週末2日ともですから痛いところです。
    でもこれで丘陵もかなり潤ったでしょう。

    ・・なんていっていると、利根川水系は水不足のおそれって、報道遅いよ。


    立山の吾亦紅


    立山・室堂ワレモコウ
    今日は雨のおかげで暑さを忘れる一日でした。
    それだけはよかったかも。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ツルマメ 蔓豆 ヒナタイノコヅチ 枝豆 室堂 ワレモコウ 写真 狭山丘陵

    フジカンゾウ(藤甘草)

  • 2012/09/01 : 狭山丘陵の四季
  • このところ雨が降らない降らないと言っていたら、今日は朝から降ったりやんだり、驟雨の一日でした。
    おかげで狭山丘陵の干上がった小川に流れが戻り、湿地も少しは潤ったようです。
    すっかり干しえび化してしまったザリガニは元には戻らないでしょうけど。


    フジカンゾウ(藤甘草)


    そんな天候の中、雨の隙をついて狭山丘陵に出動していきました。
    もうじき咲き終わりそうな気になるもあるし、ツルリンドウの蕾がどうなったかも気になるし。
    まずはフジカンゾウですが、雨に打たれての形がよく分かりません。

    でも咲き終わりそうなので撮っておきました。
    いつも撮っている場所には2株あって、どっちもは終わりかけでした。
    周囲を探してみると・・おお、咲いているのが3~4本あるじゃないですか。

    小さな群落になっていたんですね。
    気が付かなかった・・

    写真
    フジカンゾウ藤甘草)  マメ科
    の形はアレチヌスビトハギに似ていて、房状にが咲きます。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/01 14:35:18
    Tv 1/60
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    いつもの田んぼをひとまわりしたところで滝のような雨が降ってきました。
    ちょうど車に戻ったところだったので運がよかったです。


    フジカンゾウ(藤甘草)


    このあとタコノアシを求めて移動したんですが、雨は強くなるばかり・・
    しばらく待っても止みそうにないので、小降りになったところでビニール傘をさしながらえいやっと撮ったら「えいや」なりの出来栄えでした。(泣)
    これももうが終わりそうです。

    帰り道は歩道まで冠水するほどの大降りで、潤うどころか土砂崩れしないか心配になるくらいでした。

    そういえばちょっと前からわが家の庭に放置同然になっているプランターにこんな花が2輪ばかり咲いていました。


    不意の訪問者


    花全体が白くてやや下を向いて咲くので、シンテッポウユリでしょうか。
    植えた覚えがないので、どこからどうやってうちのプランターに来たのか・・
    また来年も咲いてくれるとうれしいなぁ。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : フジカンゾウ 藤甘草 シンテッポウユリ 驟雨 タコノアシ 写真 狭山丘陵 野草

    ようこそ!
    カレンダー
    08 | 2012/09 | 10
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR