キクモ(菊藻)

  • 2012/11/30 : 狭山丘陵の四季
  • 水田が極めて少ない埼玉県南西部にあって、水田雑草はとても貴重です。
    キクモは9月頃に小さなピンクのを咲かせます。
    今年は畦から少し離れたところに咲いていたので、これで精一杯でした。


    キクモ(菊藻)


    本当はもうちょっと寄って撮りたいところですが、稲穂が実ってくる時期ですから田んぼに踏み込むわけにはいきません。
    キクモは熱帯魚やさんなんかでも売っていますが、これは東南アジア産の栽培品だそうです。
    そういうのが田んぼに逸出すると交雑してしまい、遺伝子的な独立性が保てなくなってしまいます。

    もともと狭山丘陵にない植物は持ち込まないよう、くれぐれもお願いします。
    まぁ、モラルに訴えても無駄でしょうけど。

    写真
    キクモ菊藻) オオバコ科シソクサ目(旧:ゴマノハグサ科)
    を撮るにはちょっと遅かったかもしれません。
    水の中だと葉が糸のようになり、地上部分はこんな具合です。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/16 14:02:47
    Tv 1/60
    Av 8.0
    ISO感度 400
    レンズ EF70-200mm f/4L IS USM
    焦点距離 200.0 mm

    埼玉県レッドデータブック2011:準絶滅危惧


    キクモは載せられるのがこれ1枚きりだったので、とっとと1日1キノココーナーに切り替えます。
    サルノコシカケ科でしょうけど、なんだか分かりません。
    薄くてきれいな半円形です。


    サルノコシカケ科の何か


    見た目は老菌なんですけどどうなんでしょう。
    サルノコシカケ科も似たようなのが多くて悩ましいこと。

    昼寝中のヘイスケ。
    最近はここがお気に入りの昼寝スポットらしいです。


    昼寝中


    古新聞置き場で、満杯になったら紐で結わいてリサイクル行きです。
    最近は猫が昼寝できるだけのスペースを取っておかないといけなくなりました。
    それにしても、いつも変な場所で寝ています。
    スポンサーサイト

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : キクモ 菊藻 サルノコシカケ科 ネコ 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    ヤブラン(藪蘭)

  • 2012/11/29 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵の林の中ではごく普通に見られるです。
    時期は8月の終わりから9月中旬くらいかと思います。
    あまりにも当たり前に咲いているので、開時期も気にしなくなってしまいました。


    ヤブラン(藪蘭)


    去年は載せていないようなので今年は載せておきましょう。
    雫のついたヤブランは雨に洗われたようできれいです。
    しかしこのも開しているのが少ないですね。

    ちゃんと開いているのを探すのに苦労します。

    写真
    ヤブラン藪蘭) クサスギカズラ科スズラン亜科(ユリ科)
    園芸用でもおなじみで、都心にある私の職場の植え込みでも咲いています。
    名前はランですがラン科ではありません。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/01 13:48:28
    Tv 1/30
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    毎年たくさんのを咲かせる大株があります。
    ヤブランって林の下草のイメージですけど、ここは日当たりがよくてなんだか場違いのような・・


    ヤブラン(藪蘭)


    やはりしっとりと湿気のある林の中のほうが似合うように思います。
    今頃は黒くて丸い実をたくさんつけているはずです。

    今日のキノコは・・うう~ん、ウスヒラタケでしょうか。
    だったら美味しいキノコです。


    ウスヒラタケ?


    裏はややクリーム色でひだがたくさんあります。
    結構な数が群生していました。
    見た目のとおり柔らかくしなやかなキノコでした。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤブラン 藪蘭 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ ウスヒラタケ

    ハシカグサ(麻疹草)

  • 2012/11/28 : 狭山丘陵の四季
  • 秋の初めにごく小さな白いを咲かせます。
    マクロレンズ越しに見ると真っ白でとてもきれいです。
    でも小さくて小さくて、とてもピントあわせが大変・・


    ハシカグサ(麻疹草)


    が咲き終わると葉に麻疹のような斑点ができるのでハシカグサ
    ・・っていうんですけど麻疹に罹ったところを見たことがありません。
    がなくなったらただの草、なんていったらかわいそう!?

    狭山丘陵にはそこかしこにあるんですけどね。

    写真
    ハシカグサ麻疹草) アカネ科
    真っ白なは3~4mmってところですかね。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/09 13:58:15
    Tv 1/25
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    誰がつけたか知りませんけど、へんな名前をもらったものです。


    ハシカグサ(麻疹草)


    さて今日のキノコも私にはなんていう種類なんだか分かりません。
    朽木の断面にたくさんくっついてました。
    傘のような格好ですけど、縦に繊維が入っているように見えます。


    ナゾのキノコ


    それとも針のようなのがいっぱい集まっているのか・・
    キノコも多彩で面白いとはいえ、種類多すぎます。


    狭山丘陵の紅葉


    寒くなりましたねぇ。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ハシカグサ 麻疹草 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ 紅葉

    シュウカイドウ(秋海棠)

  • 2012/11/27 : 狭山丘陵の四季
  • 園芸用にも人気のあるで、庭先で咲いている姿をよく見かけます。
    狭山丘陵の林の中でも一面をピンクに染めるほど咲く場所があり、まず栽培逸出とみて間違いないでしょう。
    他のシュウカイドウ科の植物(いわゆるベゴニア)と違って耐寒性があり、狭山丘陵でも球根で越冬します。


    シュウカイドウ(秋海棠)


    毎年おなじ場所で撮ってますけど、どうも数が増えているような気がします。
    かなり生命力旺盛のようだし、わが家でも植えてみようか!?
    野にあっては少々場違いなくらいな華やかさです。

    写真
    シュウカイドウ秋海棠) シュウカイドウ
    江戸時代初期に中国から観賞用に持ち込まれたそうです。
    別名:ヨウラクソウ瓔珞草
    以上、Wikipediaより引用。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/09 14:21:19
    Tv 1/50
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    う~ん、やはり視力の衰えか、ピントが甘いなぁ・・


    シュウカイドウ(秋海棠)


    今日も1日1キノコ
    も1日1ですけど。
    これは何でしょう、キクラゲ系だとは思いますが鮮やかな黄色っぽいオレンジです。


    黄色いキクラゲみたいなやつ


    種類の同定はきっといつかできるようになるでしょう・・
    はてさて、乾燥しかかったハナビラダクリオキンか、あるいはコガネニカワタケか。
    それとももっと別の種類なのか!?

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : シュウカイドウ 秋海棠 ヨウラクソウ 瓔珞草 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    ツルボ(蔓穂)

  • 2012/11/26 : 狭山丘陵の四季
  • 秋口に日当たりのいいところで群生しているのを見かけます。
    一度咲いている場所を覚えちゃうと毎年おなじ場所に行ってしまいます。
    これも毎度おなじみの場所で、定点観測化しつつあるような・・


    ツルボ(蔓穂)


    今年は数が多くて、こんなにいっぱい咲いていたっけ!?と思うほどでした。
    残念なことにツルボを撮りはじめたら俄かに雨が降り出し、大慌てで撮って退却しました。
    今年の初秋はよく雨に祟られて、撮りそこなったがいっぱいあります。

    写真
    ツルボ蔓穂) クサスギカズラ科(ユリ科)
    例によって科名はAPG分類体系に従います。
    日当たりのいいところを好むということですが、林の中で咲いているのを見かけることもあります。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/16 13:31:17
    Tv 1/320
    Av 3.5
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    こっちはもう何となく雰囲気だけ・・・
    一面ツルボだらけでした。


    ツルボ(蔓穂)


    寒くなってきましたね。
    朝、駅まで自転車で走るのがつらくなってきました。
    それでも林の中ではキノコが残っています。

    では、本日の1日1キノコ


    ツヤウチワタケ


    形状や生えている場所からツヤウチワタケでよろしいでしょうかね。
    薄っぺらいキノコです。
    この手のキノコは寒さに強そうで、11月の終わりでもあちこちで見かけました。

    こちらは11月24日に狭山丘陵にて。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ツルボ 蔓穂 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ ツヤウチワタケ

    ヤブタバコ(藪煙草)

  • 2012/11/25 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日あたりもまだ姿を見かけたのでそれほど季節はずれでも・・
    やっぱりもう遅いですね。
    狭山丘陵では9月くらいが見頃です。


    ヤブタバコ(藪煙草)


    見ごろといってもの盛りでこんなものですからまるで目立ちません。
    通常は垂直に伸びた茎からほぼ水平にまっすぐな枝を伸ばして葉腋にをずらりと並べて咲かせます。
    これはどういうわけか真上のほうに枝を伸ばしていました。

    こんなでもちゃんと蜜があるのか、しきりにアリが登ってきています。

    写真
    ヤブタバコ藪煙草) キク科
    ガンクビソウがまっすぐな枝にたくさん並んでいるような姿です。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/22 14:41:26
    Tv 1/80
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    は筒状だけで舌状花はありません。


    ヤブタバコ(藪煙草)


    当ブログには2年ぶりの登場です。
    これもあまりにもいっぱいあるのでついスルーしてしまう花のひとつです。
    この次はもうちょっと丁寧に撮ろうっと。

    さて11月もいつの間にか下旬になりました。
    狭山丘陵の花もリンドウがあちこちに咲いている以外はしぶとく咲き残っているものくらいになりました。
    代わりにいろんな木に実ができています。


    マンリョウ(万両)


    昨日、丘陵の林を歩いて一番鮮やかだったのがマンリョウかな。
    実の数が多いですね。
    名前も景気がいいし、つやのある実の色も美しいです。

    こちらはもうほとんど実が落ちてしまったカラタチバナ
    別名「百両」で、私はこっちの名前で覚えています。


    カラタチバナ(百両)


    花を7月15日に掲載しています。
    ・・が、この個体はその後盗掘に遭い、持ち去られてしまいました。
    勝手に外から植物を持ち込んで植える人もいるし、どっちも困ったものです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤブタバコ 藪煙草 マンリョウ カラタチバナ 写真 狭山丘陵 野草 ガンクビソウ

    タイワンホトトギス(台湾杜鵑草)?

  • 2012/11/24 : 狭山丘陵の四季
  • 今日は朝から狭山丘陵に出かけてきました。
    普段行かないところでしたのでいくらか期待しつつ、でももうの時期じゃないしなぁ・・
    何かひとつくらい咲いていて欲しいという思いが通じたのか、こんなのが咲いてました。


    タイワンホトトギス(台湾杜鵑草)?


    ホトトギスの仲間ですね、間違いなく。
    そもそもホトトギスなんて種類が少ないのですぐに分かるだろうと調べてみたら、この形状のホトトギスタイワンホトトギスくらいしかないようです。

    ただ、名前のとおりタイワンホトトギスは暖かいところので、国内では沖縄方面にしか自生しないとのこと。
    しかも環境省のレッドリストで絶滅危惧IA類(CR)にリストアップされています。

    素直に考えるとこれはタイワンホトトギスと何かの交配種(園芸用)で、近所の壇から脱走して野生化しているものじゃないかと・・
    さすがに狭山丘陵タイワンホトトギスが自生しているということはないと思います。

    写真
    タイワンホトトギス台湾杜鵑草) ユリ科
    純粋なタイワンホトトギスではなさそうに思えます。
    でも、色や模様はタイワンホトトギスっぽいんですけどね。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/11/24 10:05:46
    Tv 1/80
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ SIGMA 17-70mmF2.8-4.5 DC MACRO
    焦点距離 70.0 mm


    日の丸構図ですけどアップでもう1枚。
    今日はマクロレンズじゃなくてシグマの標準ズームで撮りました。


    タイワンホトトギス(台湾杜鵑草)?


    周囲に民家もないし、脱走者だとしても自生しているようなので載せておきます。

    さてもうひとつ、今日は見慣れないものを見つけました。
    果実や葉の特徴からヨウシュチョウセンアサガオでしょう。
    他の場所でを見たので、狭山丘陵に蔓延しているのであれば由々しき事態です。


    ヨウシュチョウセンアサガオ


    砂利の荒れ地もなんのその。
    熟した種があったので、少し持って帰りました。
    来年首尾よくが咲いたら載せることにします。

    今日歩いた場所はフユイチゴがたくさん実をつけていました。
    フユイチゴの群落・・というよりどこもかしこもフユイチゴだらけです。
    残念ながら、果実が熟すのはもう一息待たないとだめそう。


    フユイチゴ


    歩きながら時々口にしましたが、まだ酸っぱいのが多かったです。
    その他調査中の植物とキノコがありますので追々載せるということで。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : タイワンホトトギス 台湾杜鵑草 ホトトギス フユイチゴ ヨウシュチョウセンアサガオ 写真 狭山丘陵 野草

    ユウガギク(柚香菊)

  • 2012/11/23 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵ではもっとも多く見られる野菊で、の期間も長いです。
    こういうのに限って気が付いたら撮ってませんでした・・っていうのが多いです。
    今年は特に少なくて、ほんの数カットしかありません。


    ユウガギク(柚香菊)


    見た目は賑やかに咲いているように思っても、撮ってみたら案外疎らな感じになっちゃいました。
    この場所で以前撮ったのを都下某市の広報誌の裏表紙に使っていただきました。
    当時はもっといっぱい群生していましたが、今はワルナスビの侵略で随分減ってしまったようです。

    写真
    ユウガギク柚香菊) キク科
    葉をちぎって揉むと柚の香りがするというんですが、青臭いだけのような。
    の頃には柚の香りはなくなっているそうですので遅かったのか!?
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/15 14:59:04
    Tv 1/800
    Av 4.5
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    白い舌状に黄色い筒状という、いかにも野菊らしい野菊です。


    ユウガギク(柚香菊)


    この時は望遠レンズを使いたかった・・・
    やっぱりマクロと望遠でカメラ2台体制にしないと咄嗟の動きが取れません。
    EOS6Dの値段が落ち着くのを待って、それまでに宝くじが当たって。(笑)

    今日のキノコは切った枝先に生えてました。


    枝先のキノコ


    イボタケやツブイボタケにしては表面が滑らか過ぎるような。
    何が特徴で、どこが見分けのポイントなのか・・・

    (#`Д´)ノノ┻┻;:'、・゙

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ユウガギク 柚香菊 野菊 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    オオイヌタデ(大犬蓼)

  • 2012/11/22 : 狭山丘陵の四季
  • イヌタデといったらおなじみの赤まんまで、地面に近いところで咲いていますね。
    対してオオイヌタデは高さ1mくらいになって、たくさんの穂をぶら下げます。
    これは狭山丘陵南側の里山民家手前で咲いていたもの。


    オオイヌタデ(大犬蓼)


    これが群生していた場所は最近道路の舗装工事がありました。
    以前、林道の拡幅工事があった際にも工事の翌年にそれまでなかったオオイヌタデがあちこちに生えていました。
    砂利に混じったり、車にくっついたりして簡単に広まってしまうようです。

    あまり増えて他の植物に危害を及ぼさないといいんですけどね。

    写真
    オオイヌタデ大犬蓼) タデ科
    有史以前にやってきた史前帰化植物といわれています。
    狭山丘陵では人里近くでよく目にします。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/09 15:25:49
    Tv 1/1000
    Av 3.5
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    見た目の姿は悪くないかな・・
    華やかっていうのとはまるで縁遠いけれど。


    オオイヌタデ(大犬蓼)


    岸田んぼの里山民家手前の湿地脇で盛んに咲いていましたが、こんなところにこんなにいっぱいあったけなぁ・・と思いつつ眺めてました。
    何か工事があるとそれまで見たことがない植物が登場してきて、ある意味興味深いです。

    今日もキノコをひとつ。
    テングタケ科だと思いますがいまひとつこれだっ!と言える根拠がない・・


    テングタケ科?


    柄が白くて太めで上から下までおなじ太さ、マントはほとんどなくて傘一面に小さな突起のようなイボがあります。
    う~ん・・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : オオイヌタデ 大犬蓼 イヌタデ 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ テングタケ科

    ジュズダマ(数珠玉)

  • 2012/11/21 : 狭山丘陵の四季
  • 子どものころ、黒く熟した硬い実をおもちゃにしていたのを懐かしく思い出します。
    狭山丘陵あたりならたくさんあってもよさそうなのに、長いことお目にかかれませんでした。
    昨年、いつも歩いている遊歩道の脇に群生しているのを見つけました。


    ジュズダマ(数珠玉)


    大柄な草なのになんで気が付かなかったのか!?
    となりにキクイモのみごとな群落があって、そっちに気を取られていたからでしょうか。
    キクイモはパッと目立つし、ジュズダマはえらく地味だし、そんなこんなで気づかなかったのかも。

    写真
    ジュズダマ数珠玉) イネ科
    玉の先にぶら下がっているのが雄で、左の玉の先に見える白い毛の生えたのが雌の柱頭だと思います。
    イネ科で雄と雌が分化しているのは珍しいそうです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/30 13:11:54
    Tv 1/30
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    ごちゃごちゃといっぱい咲いていますけど、あんまりっぽくないですね。


    ジュズダマ(数珠玉)


    このところ9月のを載せています。
    秋の花のピークなのでかなりの種類が咲きます。
    9月の載せそびれを全部載せたら季節を逆戻りしていきましょうかね・・

    さすがに9月の花も季節はずれなので、この時期の写真も載せておきます。


    ノササゲ(野大角豆)


    紫色の莢が爆ぜて鮮やかな水色のが飛び出しています。
    ノササゲって、爆ぜた直後はこんなに明るい色だったんですね。
    真冬になると鞘が茶色くなって、は紺色になります。

    このままの状態で冬まで残り、が落ちそうで落ちないのがちょっと不思議。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ジュズダマ 数珠玉 写真 狭山丘陵 野草 ノササゲ

    ノブキ(野蕗)

  • 2012/11/20 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵では林道脇なんかに普通に生えています。
    私にとっては今使っているカメラで最初に撮ったなので若干の思い出があります。
    もうちょっと早めに載せようと思ってましたが、どうもピンが甘くて載せるのをためらってました。


    ノブキ(野蕗)


    キク科の例に漏れず、複数の小さなが集まって頭を作っています。
    の周囲に雌、中心部に両性が咲いて、雌花だけが結実します。
    それゆえに花後の実は軸を中心に放射状にできるわけです。

    葉の形は違うもののフキと名がつくだけあって葉柄は可食だとか。
    でも私はフキはあまり好かんのですよ・・

    写真
    ノブキ野蕗) キク科
    葉は周囲に緩い鋸歯のあるハート型。
    狭山丘陵では9月から10月にかけて咲きます。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/15 14:20:35
    Tv 1/15
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    花が咲いたあとは小さなキュウリのような、鬼の金棒のような実ができます。
    先端の突起が粘着質で、いわゆるひっつき虫ですね。


    不揃いのノブキたち


    普通、ノブキの実はおなじ大きさの実が放射状にできるんですが、これは大小さまざまでえらく不揃いでした。
    それもまた面白いかなと思いつつ、きれいに並んだ実は放っておいてこっちを撮ってみました。

    さて、本日の1日1キノコは白い漏斗状のキノコです。
    こういう形のキノコも案外多いもので、ぜんぜん気づいていませんでした。


    白いキノコ


    相変わらず名前は分かりません。

    キノコねたもそろそろ底をついてしまいそうです。
    さすがにこの時期になるとスッポンタケが目立つくらいで他のは見かけなくなりました。
    来シーズンは菌類ももうちょっとお勉強してみましょう。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ノブキ 野蕗 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)

  • 2012/11/19 : 狭山丘陵の四季
  • 今日は季節を少し遡って初秋のヒヨドリジョウゴです。
    これもあちこちに咲いているのでもうちょっと咲きっぷりのいいのがあるだろう・・なんて思っていると撮りろびれてしまいます。
    今シーズンは今日の2カットのみでした。


    ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)


    雄しべがナス科のらしい形です。
    弁の付け根にある緑色のドットがチャームポイントかな。
    これがあるのとないのですっかり印象が変わってしまうでしょうね。

    写真
    ヒヨドリジョウゴ鵯上戸) ナス科 有毒
    全草にソラニンを含むので、さすがのヒヨドリもこれは食べないのでは!?
    今は真ん丸い真っ赤な実ができています。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/09 14:27:31
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    思い返せば今年も初めて見るもあれば、撮りそこなったも多く、トータルで見たらまぁこんなものかなというシーズンでした。
    寒くなって真っ白な富士山もよく見えるようになったし、そろそろ鉄塔を追いかける旅に出かけましょうかね・・


    ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)


    ヒヨドリジョウゴは葉の形が独特で、が咲いてなくてもそれと分かります。

    今日の1日1キノコは悩ましいベニタケの仲間です。
    たぶんドクベニタケかなと思いますが、似たようなのが多くて肉眼での判別は難しいようです。


    ドクベニタケ?


    このところ電気製品が立て続けに壊れています。
    玄関のドアホンをモニターつきに取り替え、ガスの給湯器も風呂に湯が張れなくなって新品に交換、リビングの照明もインバーターが壊れてLEDのシーリングライトに交換・・・

    で、今度は電気ポット。
    蓋の内側についている内蓋を留めているネジ受け3本が全滅し、内蓋が固定できなくなりました。
    熱でプラスチックが劣化したんでしょう。

    それとも、猫がキッチンカウンターに飛び乗るのに踏み台替わりにしているので、それで壊れたのか!?
    とまれ、あまり高価なものでなくてよかった・・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヒヨドリジョウゴ 鵯上戸 ドクベニタケ 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    コセンダングサ(小栴檀草)

  • 2012/11/18 : 狭山丘陵の四季
  • すでに11月も半分過ぎてしまい、野のもすっかり姿を消しました。
    そんな中でまだ元気に咲いているコセンダングサ
    これには生半ではない生命力を感じます。


    コセンダングサ(小栴檀草)


    今日は風が強くて、狭山丘陵には出かけないつもりでいました。
    しかしやんごとなき理由で一昨日と同じコースを歩くことにしました。
    出かけたからには手ぶらで帰ることはできません。

    ここまで咲き続けているコセンダングサに敬意を表して2枚ばかり。

    写真
    コセンダングサ小栴檀草) キク科
    は筒状だけのシンプルで飾り気のない、いかにも雑草らしい姿です。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/11/18 13:35:32
    Tv 1/320
    Av 4.5
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    結局昨日歩いたコースの半分で切り上げることができ、久しぶりに岸田んぼに行くことにしました。
    田んぼの奥の湿地にツルウメモドキのきれいな実ができるので撮りに行ったものの、時間が遅くて薄暗かったのでスルーしました。


    コセンダングサ(小栴檀草)


    今日出かけた理由は、カメラバッグに入っていたはずのアングルファインダーのケースがなくなっていたからです。
    いつも適当に突っ込んでしまうので、飲み物を取り出したときか、撮影時にバッグがひっくり返って落っこちたかのどっちかと見当をつけ、一昨日写真を撮った場所と飲み物を飲んだ場所を探してみることにしました。
    最初はスッポンタケを撮った場所です。

    おおっと、一昨日は影も形もなかったところに立派なのが一本登場してるじゃありませんか。


    スッポンタケ


    横倒し状態ながら無傷なのでこれで満足しましょう。
    それにしてもこのキノコは臭いな・・
    現物を見た以上、一度中華料理屋に行って食べてみなくては。

    念のため他にスッポンタケが出てないか、付近の検索をしてシダの葉をめくると・・


    ・・あった!!


    ・・あった!
    昨日の雨でぐっしょり濡れてますが間違いありません。
    こんなケースはどうでもよかったんですが、中にマグニファイアつきのアイピースが入れてあったんです。
    買うと4千円以上するので探しに行ったというわけです。

    オリンパス製で、アイピースに2枚のレンズが組み込んであってファインダーの画像が1.2倍の大きさで見えるので、視力の衰えた私には必需品です。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : コセンダングサ 小栴檀草 スッポンタケ 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ アイピース

    キンミズヒキ(金水引)

  • 2012/11/17 : 狭山丘陵の四季
  • バラ科らしい黄色い五弁をずらりと並べて咲かせます。
    今シーズンはなぜか惹かれる咲きっぷりのがなくて撮らずにいました。
    もうの時期が終わる、という頃にキンミズヒキのエックス攻撃炸裂!


    キンミズヒキ(金水引)


    これだけ咲いていたら撮っておかないわけにはいきません。
    盛りの2本ががっぷり四つに組み合ってます。
    秋ってなんだか寂しげな季節ですけど、ここだけはパッと明るい雰囲気でした。

    写真
    キンミズヒキ金水引) バラ科
    狭山丘陵では場所によっては7月中に咲き始め、9月中くらいはどこかで咲いています。
    タデ科のミズヒキとは何の関係もありません。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/15 13:25:39
    Tv 1/100
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    群生していたりぽつんと咲いていたり、いろいろです。
    のあとには三角形の種ができて、鉤型の突起があって洋服にくっつきます。
    いわゆるひっつき虫ってやつですね。


    キンミズヒキ(金水引)


    キンミズヒキのひっつき虫はフックで引っかかるタイプなのでまだ許せます。
    今の時期はチヂミザサとヌスビトハギのひっつき虫であちこちベタベタになってかないません。
    粘着性のやつはたちが悪いです。

    さて、はその後どうなった!?なんていうコメントもあったので、久しぶりにヘイスケ君の登場です。
    11月8日で満8ヶ月、だいぶ大きくなりました。


    ヘイスケ(別名:食い意地張り男)8ヶ月


    やんちゃ盛りでうちの息子よりよっぽど好奇心旺盛です。
    最近は2階のベランダの手すりの上がお気に入りで、外を眺めています。
    ・・が、何があったのかズルッと滑って庭に転落しました。

    平然とアジサイの植え込みあたりを歩いているのでなんともなさそうです。
    実家で飼っていたも2階のベランダから平気で飛び降りてましたから心配ないでしょう。
    外出用のワクチンを打ってないので連れ戻しに行くと・・・


    ステンレスの竿が~!


    おおお、ステンレスの物干し竿がもののみごとに曲がってます。
    人力で元に戻すのはおよそ不可能です。
    竿の上に飛び降りたんだろうか・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : キンミズヒキ 金水引 写真 狭山丘陵 野草 アメリカンショートヘア シルバータビー 物干し竿

    アキノタムラソウ(秋の田村草)

  • 2012/11/16 : 狭山丘陵の四季
  • 本日現在(2012年11月16日)まだわずかに咲き残っていたのであながち季節はずれのということもない・・
    というのはちょっと苦しい言い分でしょうね。
    名前は秋の、ですが夏のという印象です。


    アキノタムラソウ(秋の田村草)


    たいていは梅雨明け前から咲き始め、夏場に盛んにをつけます。
    まだ夏も来てないのにいきなり「秋の」っていうのはないだろう・・と思いつつ撮っています。
    秋になると勢いが衰えるようで、名前は考え直したほうがいいんじゃないかなぁ。

    写真
    アキノタムラソウ秋の田村草) シソ科
    いかにもシソ科らしい序で、薄い紫色のが輪生します。
    の期間が長くて、夏の初めから秋が深まるまでどこかで咲いています。
    狭山丘陵ではおなじみの花です。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/29 13:44:59
    Tv 1/15
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    調べてみたら「ケブカアキノタムラソウ」なんていうのに行き着きました。
    腺毛が多くて毛深い・・っていったらこれがまさにその条件に当てはまります。
    もっとも、狭山丘陵で咲くアキノタムラソウはみんなこのタイプみたいですが。


    アキノタムラソウ(秋の田村草)


    別に区別する必要ないという意見もあるようだし、変異の範囲ということで片付けてしまいましょう。
    こちらは7月28日に撮りました。

    さて、本日の1日1キノコスッポンタケです。
    スッポンタケのタマゴは10個以上見つけてあったもののなかなかご本尊が登場してくれませんでした。
    今日行ってみたら2本出てました。


    スッポンタケ


    残念なことにこれは柄の真ん中で折れてしまってました。
    柄は竹輪みたいに中空なので、手ごろな木の枝を拾って柄の穴に突っ込んで、隣に落ちていた上半分を乗せてみました。
    なので柄の真ん中に線がはいってます。

    ちょっとズルしました。(笑)
    ですので、折れる前はおよそこんな姿だったんだな、という参考程度にご覧ください。

    スッポンタケは1日で萎えてしまうので、このくらいの再現は許容範囲ということでお願いします。
    もう1本は萎えて折れ曲がってました。
    たった2本だけしか生えてなかったのに、周囲には異臭が立ち込めてました。

    なお、もうひとつタマゴの皮が剥け始めて先っぽが見えているのがあったので、じきににゅにゅっと伸びてくるでしょう。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : アキノタムラソウ 秋の田村草 スッポンタケ 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    ヤハズソウ(矢筈草)

  • 2012/11/15 : 狭山丘陵の四季
  • 珍しくもなんともないなんですが、当ブログにはようやく3回目の登場です。
    地べたに広がるように生えていて、原っぱを歩くときに普通に踏んじゃってます。
    踏みつけには強い草なので、そのくらいではへこたれないでしょう。


    ヤハズソウ(矢筈草)


    の形はいかにもマメ科らしいです。
    ただ、がすごく小さいのが玉に瑕かな・・
    色も悪くないんですけどね。

    写真
    ヤハズソウ矢筈草) マメ科
    狭山丘陵のとある場所に一面に生えています。
    そういえば、マメ科のですからのあとには豆ができるんでしょうね。
    見たことがない・・
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/15 13:37:09
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    名前の由来は、葉を引きちぎると矢筈の形に切れるところから。
    ・・で、矢筈って何!?


    ヤハズソウ(矢筈草)


    矢の端っこの部分で、弓の弦に番えるところのことです。
    「番える」は「つがえる」ね、念のため。
    へぇ、こんな読み方するんだ・・知りませんでした。

    葉脈がV字型に入っているので、そういう形に裂けるのは想像に難くありません。
    今度行ったらやって見ましょう。

    しぶとく続く1日1キノコ
    これだけ多いとキノコ専業でもやっていけそうな気すらしてきました。


    キノコ


    ただし、相変わらす名前が分からないので困りものです。
    ドーム型のきれいな傘に白い柄なので調べたらすぐ分かると思ったんですけどねぇ・・
    左下にぼんやり写っている小さいのは幼菌かと。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤハズソウ 矢筈草 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    タコノアシ(蛸の足)

  • 2012/11/14 : 狭山丘陵の四季
  • 気にしていただったんですが今シーズンは完全にタイミングを外しました。
    どうにか咲いていたものの、撮ろうと思ったら雨がザァザァ降ってきて、空が真っ暗になりました。
    というわけで、写真も薄暗い陰気な感じになっちゃいました。


    タコノアシ(蛸の足)


    とはいえ環境省レッドリストに載っている希少種ですからあえて載せてしまいます。
    ちょうどタコが逆立ちしたような序で、なかなかいい命名だと思いますがどうでしょう。
    秋には赤く色づいて「ゆでだこ」みたいな草紅葉になります。

    写真
    タコノアシ蛸の足) タコノアシ
    湿地に咲いていて、近寄れません。
    暗いし雨降ってるし、ピントが合ってるのかどうかも怪しく・・
    来年は8月のうちに見に行くことにします。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/01 15:38:17
    Tv 1/30
    Av 5.6
    ISO感度 1000
    レンズ EF70-200mm f/4L IS USM
    焦点距離 189.0 mm

    環境省レッドリスト:準絶滅危惧
    東京都レッドデータブック2010:準絶滅危惧


    過去の記録を見ても、大体8月下旬に撮ってました。
    見に行くのが遅かったんですね。


    タコノアシ(蛸の足)


    9月のはじめは雨に祟られたような記憶が・・
    東京近辺では梅雨時より秋雨のほうが雨量が多いそうです。
    台風も来ますからね。

    まだ続く1日1キノコ
    これは色形、傘の裏側にひだが見えないところからするとイグチ科かと。


    コガネヤマドリ?


    コガネヤマドリあたりじゃないかと思うんですけどどうでしょう。
    この手も似たようなのが多くてよく分かりません。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : タコノアシ 蛸の足 コガネヤマドリ イグチ科 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    ノササゲ(野大角豆)

  • 2012/11/13 : 狭山丘陵の四季
  • きのう、とうとうリンドウを載せてしまったので、今シーズンの野のはほぼおしまいになりました。
    しかしながら当ブログは1日に1種類しか載せていません。
    の多い時期は必然的に載せ切れないのがでてしまいます。


    ノササゲ(野大角豆)


    というわけで、毎年リンドウを載せたあとは春に遡って「載せそびれシリーズ」で冬場を乗り切っているわけです。
    そうすると大概夏の終わりのを載せたくらいで翌年の春が来てしまうので、秋のの登場機会が減ってしまいます。
    ・・と前置きが長くなりましたが、要するにこの秋に載せそこなったを載せて行きますよ、ということです。

    写真
    ノササゲ野大角豆) マメ科
    淡い黄色が美しいです。
    花のあとに紫色の莢に入った豆ができ、冬になるとマットな紺色の豆がこぼれます。
    狭山丘陵での花の時期は8月下旬から9月。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/10/06 15:00:00
    Tv 1/320
    Av 3.2
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    そうそう、紫色の莢がきれいなんです。
    それを撮って花と一緒に載せる目論見がみごとに外れました。
    何度か見かけたのになんで撮らなかったんだろう!?


    ノササゲ(野大角豆)


    明日以降もこの秋に載せられなかった花を載せようと思います。

    今日も1日1キノコ
    これはカレバハツかな・・確証はないですけど。


    カレバハツ?


    11月に入ったらキノコもめっきり減ってきました。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ノササゲ 野大角豆 カレバハツ 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    リンドウ(竜胆)

  • 2012/11/12 : 狭山丘陵の四季
  • 満を持して、リンドウの登場です。
    10日の土曜日は、狭山丘陵の3ヶ所のリンドウを巡ってきました。
    歩いて回れる範囲なんですが、ちょっとずつ違っているように思えます。


    リンドウ(竜胆)


    まずはこのの場所にまっしぐらに歩きました。

    最初のリンドウは、もう7年くらい毎年気になって見に行っている場所です。
    このリンドウは茎が立ち上がって、先端だけに蕾が付きます。
    色は薄く、は大きめで、狭山丘陵で見たリンドウで一番野生的な印象を受けました。

    これが自生種なのかな、とか思いつつ、金網越しに眺めています。

    写真
    リンドウ(竜胆) リンドウ科
    晩秋を飾るの代表格でしょうね。
    このを撮ると、今シーズンの野のも終焉を迎えた気がします。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/11/10 12:12:05
    Tv 1/25
    Av 8.0
    ISO感度 1000
    レンズ EF70-200mm f/4L IS USM
    焦点距離 200.0 mm


    続いて、2番目の場所へ。
    ここのはかなり青みが強く、茎が地を這うようです。


    リンドウ(竜胆)


    上の花が咲いている場所から歩いて20分ほどかと思います。
    これはもしかしたら人の手で植えられたものなのか・・
    狭山丘陵に植物を持ち込む人も少なからずいるので、すべて自生種ということもなさそうです。

    さらにもう一ヶ所、2番目のリンドウから5分あまりの場所に行ってみました。
    ここのリンドウはちょっと紫色っぽいです。


    リンドウ(竜胆)


    光の加減か、咲き終わりの頃だからか・・
    3つとも少しずつ違っているように見えるんですよね。
    なお、今年のリンドウは少なめでした。

    盗掘被害に遭っていなければいいのですが。

    恒例の1日1キノコは、これはノウタケの一種だと思います。


    ノウタケ


    ノウタケは以前にも載せましたが、あまりにもみごとに割れているので再登場です。
    胞子を飛ばすために表面が割れたんでしょうか。
    見た目は焼けすぎてひびの入ったパンみたいです。

    中は真っ白できれいだし、キノコっぽくないですよね。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : リンドウ 竜胆 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ ノウタケ

    キチジョウソウ(吉祥草)

  • 2012/11/11 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵では10月の終わりくらいに咲き始め、11月上旬に見頃になることが多いようです。
    今年は11月10日にこの状態だったので、ここ6年で一番遅い開状況だと思います。
    それにしても、随分寒くなってから咲くもあるもんですね。


    キチジョウソウ(吉祥草)


    このの咲く場所にはいつも自転車で行くので、重い三脚は持たずにミニ三脚を持っていきます。
    おかげで撮れるアングルはおのずと制限を受けてしまいます。
    晴れていても、とても手持ちで撮れる明るさではありません。

    写真
    キチジョウソウ吉祥草) クサスギカズラ科スズラン亜科
    旧体系ではユリ科とされていましたが、ゲノム分析に基づくAPG分類体系では記載のとおりです。
    葉の様子はユリの仲間っぽくない印象で、ヤブランに似ているように思います。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/11/10 9:01:09
    Tv 1/13
    Av 4.5
    ISO感度 640
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    立派な葉に対して序が小さく、葉に埋もれているのでよく見えません。


    キチジョウソウ(吉祥草)


    日陰は得意でも乾燥が苦手で、小川のほとりに並んで咲いています。
    は下半分が両性、上のほうは雄しべだけの雄花という構造で、調べてみたところ十分な量の両性花を咲かせると省エネのために余分は雄花にするそうです。
    野の花も驚くようなメカニズムが秘められていて興味深いものです。

    花後に美しい赤い実ができるそうですが見たことがありません。
    今シーズンは見に行ってみましょう。

    今日の1日1キノコはちょっと弱々しい感じで、地面から生えていました。


    キノコ


    撮ったのは10月6日なので、この時期はもう姿を消しているかもしれません。
    名前は追々調べるということで・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : キチジョウソウ 吉祥草 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    キッコウハグマ(亀甲白熊)

  • 2012/11/10 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵には相当数のキッコウハグマがあります。
    でも、どういうわけか開するのが非常に少なく、大方が閉鎖のまま綿毛になってしまいます。
    しかし、一ヶ所だけ開率が高い場所があります。


    キッコウハグマ(亀甲白熊)


    とはいえ昨年はわずか数輪のみで、一昨年に関しては毎週通って開ゼロでした。
    その前の年は一面に咲いていたのに、気象条件のせいかそれ以外に要因があってのことなのか、見当が付きません。
    今年は10月末で開ゼロだったのでダメかと思ったら、ここにきていっせいに開しました。

    ざっと数十株ほどが花をつけていたようです。(ごく感覚的な数字)
    範囲が広いので疎らな咲き方でしたが、これだけ開花したのは3年ぶりです。

    写真
    キッコウハグマ亀甲白熊) キク科
    非常に小さいながらも凝った意匠で美しいです。
    小さな五弁花が3個集まって風車のような頭花を形成しています。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/11/10 8:52:35
    Tv 1/13
    Av 5.6
    ISO感度 800
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    草全体の様子はこんなです。
    これで高さ10cmに及びません。


    キッコウハグマ(亀甲白熊)


    葉の形が亀甲型なのでこの名があります。
    この写真ではよく分かりませんね・・
    2個同時に開花していたのは、隈なく探してこれひとつでした。


    キッコウハグマ(亀甲白熊)


    他の場所で開花しているのは、狭山丘陵を8年ほど歩いていますが一度もお目にかかったことがありません。
    ちなみに場所は・・これは書いても差し支えないかな・・西武ドーム近くの菩提樹池です。
    一時期は開発で潰されてしまうような話があったものの、保全することが決まったそうで、よかったよかった。

    キッコウハグマの花を探していたら、こんなのを見つけました。
    緑の迷彩模様のガがいるんですね。


    ケンモンミドリキリガ


    昆虫は詳しくないので自信はありませんけど、ケンモンミドリキリガ(剣紋緑切蛾)というやつのようです。
    櫛のような触覚がないので雌だと思います。
    こうしてみるとガもなかなか美しいものです。

    ということで、今日はキノコはお休み。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : キッコウハグマ 亀甲白熊 写真 狭山丘陵 野草 ケンモンミドリキリガ

    シロバナミゾソバ(白花溝蕎麦)

  • 2012/11/09 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵のとある場所に、純白のを咲かせるミゾソバがあります。
    ネットで検索してみたら「シロバナミゾソバ」と呼ぶらしく、ミゾソバの白品種とありました。
    数年前に見つけて、昨年も載せています。


    シロバナミゾソバ(白花溝蕎麦)


    単に色が白いだけではなく、の形も違っています。
    ピンクのミゾソバは丸っこいびら・・じゃなくて萼なのに、白は先が尖って細めの萼です。
    ミゾソバの亜種と認識していますが、どうなんでしょう。

    シロバナミゾソバは咲き始めから真っ白で、最後まで白いままです。
    中心部は少し黄色っぽく見えます。

    写真
    シロバナミゾソバ白花溝蕎麦) タデ科
    毎年同じ場所に出るし、こういう花を咲かせる種類だと思うので、ミゾソバとは分けて載せることにします。
    (というか、ネタ切れ寸前・・)
    狭山丘陵ではかなり珍しい部類の花です。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/10/13 13:20:30
    Tv 1/250
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    ミゾソバは咲き始めの頃は鮮やかなピンクですが、花の終わりの時期には色が不鮮明になって、白っぽくなります。
    でも、それとは違うんですよね。
    凛として白いんです。


    シロバナミゾソバ(白花溝蕎麦)


    明日の土曜日は晩秋の花2種類を捜しに行くつもりです。
    これで今シーズンの花もおおむね終わりでしょう。
    おそらく週明けからは載せそびれシリーズ2012を始めねばならないようです。

    今日のキノコは、これは何でしょう。


    これもキノコであろう・・


    ひとつの軸に複数の傘が付いているように見えたんですけど。
    ドクササコ・・でもないような。
    今日も同定できないキノコです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : シロバナミゾソバ 白花溝蕎麦 ミゾソバ 狭山丘陵 写真 野草 キノコ きのこ

    コシロノセンダングサ(小白の栴檀草)

  • 2012/11/08 : 狭山丘陵の四季
  • 不揃いな白い舌状がご愛嬌です。
    コセンダングサの仲間はいくつか咲きますけど、やはりこれが一番「」らしいかと・・


    コシロノセンダングサ(小白の栴檀草)


    秋の遅い時期まで咲いているとはいえ、だいぶ数が減ってきているようです。
    日に日に気温が下がっていく予報ですし、今度の週末あたりで秋のも撮り納めになるかもしれません。
    リンドウとキチジョウソウ、それに気になるスッポンタケ。

    これだけ撮れれば今シーズンはいいかな。

    写真
    コシロノセンダングサ小白の栴檀草) キク科
    少しいびつなところが憎めないやつです。
    ただし、ひっつき虫は最悪ですけど。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/11/03 13:29:52
    Tv 1/640
    Av 3.5
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    ということで、コセンダングサのひっつき虫も載せましょう。


    コセンダングサのひっつき虫


    先端にV字型の針があり、刺さったら抜けないように逆向きの棘があります。
    セーターやスウェットに刺さると実に厄介な代物です。
    この日もいつの間にやら5、6本突き刺さっていました。

    恒例の1日1キノコ
    これはエセオリミキでいいでしょうかね・・


    エセオリミキ?


    写ってませんがひだの様子などからエセオリミキだと思います。
    言うまでもありませんが、自信はありません。
    もしエセオリミキなら食べられます。

    美味しいかどうかは知りませんが。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : コシロノセンダングサ 小白の栴檀草 コセンダングサ エセオリミキ 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    ヤマハッカ(山薄荷)

  • 2012/11/07 : 狭山丘陵の四季
  • 秋もいよいよ深まり、秋のも終盤を迎えました。
    ということは当ブログもネタ切れ近し・・ということです。
    今日は今シーズンまだ載せていなかったヤマハッカを。


    ヤマハッカ(山薄荷)


    このも大方は咲き終わっていて、ほんのわずかに咲き残っていたのを撮りました。
    なんだか落穂拾いのようです。

    色はとてもきれいで、形はキツネの顔のようにも見えます。
    この秋も何度か撮ったものの、出来栄えはなんだかなぁ~というのばかりでした。
    11月まで咲いていてくれたことに敬意を表して載せておきましょう。

    写真
    ヤマハッカ山薄荷) シソ科
    ハッカと名がつくものの香りはありません。
    の色は濃いのや薄いの、青っぽいのなど若干変異があります。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/11/03 14:41:04
    Tv 1/30
    Av 5.6
    ISO感度 800
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    最盛期には随分長い序をつけるんですが、さすがに11月になるとこれが精一杯というところか・・


    ヤマハッカ(山薄荷)


    このもあちこちに咲いているのでいいのがあったら撮ろうと思いつつ撮りそびれたクチです。

    性懲りもなく1日1キノコ
    こんなに撮っていたとは我ながらびっくりです。


    湿地のキノコ


    このキノコの名前は・・・調べてません。(笑)
    ハナからギブアップ、敵前逃亡です。
    小さな湿地のほとりに並んでいました。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤマハッカ 山薄荷 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    ヤクシソウ(薬師草)

  • 2012/11/06 : 狭山丘陵の四季
  • 時期の遅いながら、タイミングを逸してしまいました。
    どこにでも咲いている・・と思って油断したのが敗因か・・
    この時期になると野のが一気に減るので貴重ななんですけどね。


    ヤクシソウ(薬師草)


    舌状だけのシンプルなで、春に田んぼで咲くコオニタビラコの花に似ています。
    ・・というか、ニガナとか舌状花だけのキク科の花ってみんなこんな感じですけど。
    大きい株になると70cmくらいのボール状にびっしりと花を咲かせていることもあります。

    写真
    ヤクシソウ薬師草) キク科
    この花も11月に入って終わりかけのようです。
    花びらのように見えるひとつひとつが小さな花で、10個くらいの花が集まってひとつの頭花を形作っています。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/11/03 15:23:15
    Tv 1/40
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    花びらの先端が5個に分かれていて、5本に裂くことができます。
    舌状花ひとつが実は五弁花になっているということです。
    ちなみにタンポポも同じ構造です。


    ヤクシソウ(薬師草)


    まだまだ続く1日1キノコ
    今日のキノコはサルノコシカケの仲間でしょうか。


    石膏みたいなキノコ


    まるで石膏でできた作りもののようですよね。
    大きさは、幅が12~3センチか、もうちょっと大きかったかもしれません。
    いくつも並んで生えていました。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤクシソウ 薬師草 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    リュウノウギク(竜脳菊)

  • 2012/11/05 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵で最後に咲く野菊、リュウノウギクが見頃になりました。
    最後を締めくくるに相応しく、大きくてふくよかなフルボディの野菊です。
    園芸品種とは一味ちがった華やかさがあります。


    リュウノウギク(竜脳菊)


    ノコンギクやシロヨメナなんかもまだ咲いていますけど、破格の迫力です。
    リュウノウギクが咲き、リンドウが咲いたら狭山丘陵の花の時期も終わりが間近・・
    次の週末はリンドウに出会えるといいんですが。

    【写真】
    リュウノウギク(竜脳菊) キク科
    狭山丘陵での開花時期は例年10月下旬、見頃は11月にのはじめくらいでしょうか。
    他の野菊に比べて咲く場所が少ないです。
    今年は去年撮った場所に行ってみたら、陰もも形もありませんでした。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/11/03 14:27:56
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    舌状花はほぼ白ですが、ほんのわずかに紫が入っているか・・
    開きかけの花はかなり赤みが強いので、その名残かもしれません。


    リュウノウギク(竜脳菊)


    写真左上の奥のほうのが咲きかけです。
    ノコンギクも蕾のうちは紫なのに、面白いですねぇ。

    本日のキノコはこれ。
    見返してみるとイグチ科らしきキノコは載せていないので、イグチっぽいのを。


    イグチ科だと思いますが


    このキノコは大概4~5本の大きいのが絡み合うように折り重なって生えています。
    傘の裏側にひだがなくて穴ぼこがいっぱいあいていますのでイグチかと。
    キニガイグチの老菌あたりでしょうか。

    確証はまったくありませんけど。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : リュウノウギク(竜脳菊)

    トネアザミ(利根薊)?

  • 2012/11/04 : 狭山丘陵の四季
  • ノハラアザミによく似ているものの、総苞の棘がかなり鋭く、広がるようになっています。
    しかも蕾のうちからトゲトゲです。
    狭山丘陵の秋咲きのアザミはずっとノハラアザミだと思ってましたが、どうもちょっと違う気がしてきました。


    トネアザミ(利根薊)?


    これは11月3日に撮ったもの。
    ちょっと前ならノハラアザミで片付けてしまうところですが、どうも違うようです。
    10月1日に載せたノハラアザミと比較してみると、総苞の棘の違いがよく分かると思います。

    写真
    トネアザミ利根薊) キク科
    ・・のように思うんですけどいかがなものでしょうか。
    ノハラアザミに似ていますが、の時期は遅め。
    総苞の棘が鋭く、開出していたり反り返ったりそしています。
    秋が深まるにつれてこのタイプが増えているような・・
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/11/03 13:11:28
    Tv 1/250
    Av 3.2
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    あまり自信がないところなので、タイトルは「?」つきです。
    これは上の写真の近くで見つけた蕾です。


    トネアザミ(利根薊)?


    やっぱりノハラアザミとは違うような・・
    ノハラアザミは上向きに咲きますけど、トネアザミは横向きに咲くことが多いとか。
    晩秋に咲くアザミは注意深い観察が必要なようです。

    今日は午後から壊れたインターホンの交換をしました。
    今までは電話の受話器みたいな古めかしいのが付いていたのを、今はこれが当たり前になったモニターつきに替えました。


    モニターつきドアホン


    これは室内の親機。うまいこと付きました。
    門の脇に取り付けたドアホンも今までより高い位置につけたので、かがまなくてもよくなったと思います。
    本体以外の取り付け費用はざっと500円ってところです。
    今まで使っていた配線や電源がほぼそのまま使えたので簡単でした。

    とりあえずこれで懸案事項をひとつ解決。

    さらに、例によって本日のキノコを・・
    これもなんだか分かりません。


    キノコ


    色や大きさ、形はどら焼きの皮に似ています。
    もののみごとに丸くて雨傘を開いたがごとく均等な曲線で傘が盛り上がってました。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : トネアザミ 利根薊 ノハラアザミ ドアホン キノコ 写真 狭山丘陵 野草

    センブリ(千振)

  • 2012/11/03 : 狭山丘陵の四季
  • 毎年チェックしている場所のセンブリが今年も咲きました。
    日当たりがあまりよくないせいか、草もも小振りです。
    まだ蕾もだいぶあったし、咲き初めて間もない様子です。


    センブリ(千振)


    場所によっての時期が違うようで、尾根の日当たりのいいところはが終わってました。
    今日は晩秋のを何ヶ所か巡り、歩いた距離が長かったものの成果はいまひとつというところ。
    でもとりあえず6種類ほど撮ったので、この時期としては悪くないかも。

    残念なのはスッポンタケが相変わらずタマゴのままだったことか・・

    写真
    センブリ千振) リンドウ科
    リンドウの仲間はどれも苦いようですね。
    センブリも咲いたし、来週はリンドウが咲くかな・・
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/11/03 15:14:21
    Tv 1/60
    Av 4.0
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM

    東京都レッドデータブック2010:絶滅危惧IA類(北多摩)
    埼玉県レッドデータブック2011:絶滅危惧II類


    今日は朝から用事があって、午後もガス給湯器交換工事の契約に行ったりしていたので、歩き始めがすっかり遅くなりました。
    もうちょっと早い時間に撮っておかないといけないようです。
    来週もこのの咲くあたりに用事があって出かけるので、もう一度寄ってみようと思います。


    センブリ(千振)


    この場所のセンブリは弱々しいのばっかりなので、毎年咲いているか心配しています。
    今年も例年並みの数が出ているようでよかった。

    懲りずに今日もキノコをひとつ。


    キノコ


    名前は相変わらず分かりません。
    ただ、キノコであることだけは分かります。
    今日もキノコがあったら撮ろうと思ってましたが、11月に入って急激にキノコが姿を消しているようです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : センブリ 千振 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ 絶滅危惧

    イヌタデ(犬蓼)

  • 2012/11/02 : 狭山丘陵の四季
  • このを載せるようになると季節のもネタが尽きてきたなという感じです。
    明日の土曜日は晩秋のを求めてさまよい歩くつもり。
    でも朝は寒いって言ってましたね・・


    イヌタデ(犬蓼)


    このところインターホンやガス給湯器が立て続けに壊れて、修理やら工事の契約にも行かねばならないので、週末は走り回ることになりそうです。
    引っ越してから15年以上経ってますので、あちこちガタもこようというものです。
    しかし壊れるときは何でまとめていくつも壊れるんでしょうね。

    とはまったく関係ありませんけど。

    写真
    イヌタデ犬蓼) タデ科
    タデ科の例に漏れず、ごく控えめに咲いています。
    いくつかが開いているのが見えるでしょうか。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/10/20 14:58:38
    Tv 1/320
    Av 4.5
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    赤まんまってやつですね。
    さすがにままごとはしたことないのでこれをおもちゃにした記憶はないですが・・


    イヌタデ(犬蓼)


    どこにでも生えている雑草ですけど、まとまって生い茂っているとそれなりにきれいです。

    さて、今日も悩ましいキノコです。
    名前が分からないので茶色くて平べったいキノコと呼んでおきます。


    茶色くて平べったいキノコ


    おおきさは10cmくらいて傘は平ら、ひだは白っぽくて細かいです。
    ちょっと脆そうな感じかなと。
    名前はきっとそのうち分かるでしょう。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : イヌタデ 犬蓼 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ タデ科

    メナモミ(雌なもみ)

  • 2012/11/01 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵某所で、この秋メナモミがえらいことになってました。
    こんなに生い茂っていたんでしたっけ!?
    高さ2mくらいあるんじゃないかというくらいのがいくつもありました。


    メナモミ(雌なもみ)


    毎年メナモミやコメナモミを撮る場所なんですが、こんなに巨大かつたくさん生えているのは見たことがないような・・
    迫力ではタカアザミに負けないくらいです。
    ただ、は小さくて目立ちませんが。

    写真
    メナモミ雌なもみ) キク科
    相変わらずどんな漢字を当てるのか分かりません。
    のうちからすでにベタベタ引っ付きそうな雰囲気満載ですね。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/10/07 13:58:37
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    メナモミっていうのもあるんですが、この秋は撮りそびれました。
    だけ見たらメナモミと区別するのは困難です。
    ポイントはメナモミの茎には開出毛がびっしり生えているのに対し、コメナモミはほとんどありません。


    メナモミ(雌なもみ)


    引き続き今日もキノコをひとつ。
    特徴のある傘だし、すぐに種類が分かると思ったんですがギブアップです。
    大きさは4~5cm、小さな川の脇一面に生えてました。


    一見おいしそうなキノコ


    いかにもキノコらしい形です。
    見た目から察するに、食べられそうに思います。
    しかも美味しい部類のような・・で、冥土行きの片道切符だったりして。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : メナモミ 雌なもみ 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    ようこそ!
    カレンダー
    10 | 2012/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR