ヒサカキ(姫榊)~2012年の載せそびれ

  • 2012/12/31 : 狭山丘陵の四季
  • 2012年も大晦日を迎えました。
    わが家はお正月を迎える準備の追い込み段階です。
    私の準備は終わっているので、暢気にブログの更新など行っておりますが。


    ヒサカキ(姫榊)


    まずは今年1年、拙いブログにお付き合いいただきありがとうございました。
    新年も今年同様、狭山丘陵(と送電鉄塔)にこだわっていきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします。
    世の中、あれもこれも混乱して何も動かない1年だった印象ですが、その流れで(?)ゆるゆると年末の休暇を浪費しています。

    さて来年はどうなりますことやら。
    地に足をつけて流されないよう踏ん張って、三歩前進二歩後退でちょっとずつ前進していきましょうかね。
    狭山丘陵に関しては来年は行動範囲が狭まりそうで不安は少なくないんですけど・・

    【写真】
    ヒサカキ姫榊) サカキ科
    新エングラー体系ではツバキ科ですが、例によってAPG(第3版)に従った表記とします。
    どこにでもある低木なのに生態は謎が多い植物らしいです。
    3ヶ月後、が咲いたらじっくり観察して見ましょう。
    春のまでもう少しです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/04/01 13:14:00
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    今年1年の振り返りとして、2012年に狭山丘陵で撮ったの種類を数えてみました。
    結果、344種類で、そのうち今年初めて撮ったが28種類もありました。
    一体何年狭山丘陵を歩いているのか!?

    でもまだ見ぬのなんと多いことか。
    来年も新たな出会いに期待しましょう。

    そうそう、今年はオフのほうでいろんな方とご一緒する機会が増えたのが一番よかったです。
    具体的なことは挙げませんけど、皆さんお世話になりありがとうございました。

    も撮ってますが鉄塔もブログに載せきれないくらい撮ってました。


    東京電力川越線32号鉄塔


    ここに載せないと写真の整理も疎かになってしまい、一部どれがなにやら分からなくなってきています。
    この川越線もどこがどうだったか、もう思い出せない。(笑)

    今日は大晦日だし、早めに更新してだらけた暮れを堪能しようと思います。
    では皆さん、重ねてありがとうございました。
    来年もどうぞよろしくお願いいたします。

    よいお年をお迎えください。
    スポンサーサイト

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : 大晦日 ヒサカキ 姫榊 狭山丘陵 野草 送電線 鉄塔 川越線 正月

    送電鉄塔をゆく(17)~新坂戸線(5)「日差し」

  • 2012/12/30 : 送電鉄塔
  • 新坂戸線15号鉄塔から16号鉄塔に向かうには、目の前の東武東上線の線路を越えないといけません。
    線路の柵から左右を眺めていると、右側目測200m先を車が線路を越えていきました。
    踏み切り発見!


    新坂戸線16号鉄塔


    ずっと付きまとわれていた雲もどこかに行ってしまい、やっと陽が燦燦と降り注ぐ天気になりました。
    新坂戸線16号鉄塔は白亜の巨塔、ちょっと目が痛いくらいです。
    右側には小学校があって、残念ながら順光で鉄塔全体が見える場所はありませんでした。

    狭い道を抜けると次の新坂戸線17号鉄塔が見えます。


    新坂戸線17号鉄塔


    左側の壁は圏央道で、ここでまた送電線圏央道を飛び越えて北側に進みます。
    17号鉄塔まで行くとうまい具合に鉄塔脇に高速道路の反対側に抜けられる道がありました。

    鉄道は立体交差や踏切の間隔が長く、大きな川に至っては橋が数キロにひとつということも珍しくありません。
    その点、高速道路は反対側に抜けられる道が多く、良心的に思えてしまいます。

    新坂戸線17号鉄塔を間近に見上げてみると、左右非対称でかなりいけてます。


    新坂戸線17号鉄塔


    かっこいいな、空も青いし雲は白いし、ちょっと寒くて風が冷たいけど。
    個人的にはこういう感じの構造物が好みです。
    理由を聞かれても答えに窮してしまいますが、ごく感覚的なものです。

    圏央道の下をくぐって反対側に出ると一直線の道路わきに新坂戸線18号鉄塔がありました。
    すらりとしたスマートな鉄塔です。
    高さは88mもあるものの、新坂戸線にあっては低い部類です。


    新坂戸線18号鉄塔


    新坂戸線の送電線ができたのが平成6年だそうで、並行して走る圏央道よりも少々古いものです。
    ちなみに電力会社の公開資料によると、首都を取り巻く500kV送電線網の一番内側に当たる部分になります。

    う~ん、やっぱり鉄塔には青空!
    どうやら終点の新坂戸変電所に着くまでお日様の心配はなさそうです。
    これはまた日焼けしてしまうな、顔だけ・・

    2012年12月9日
    送電鉄塔をゆく(17) つづく

    テーマ : 日帰りお出かけ
    ジャンル : 旅行

    tag : 新坂戸線 送電鉄塔 送電線 鉄塔 サイクリング ポタリング 写真 50万V 圏央道

    ヤツデ(八手、八つ手)

  • 2012/12/29 : 狭山丘陵の四季
  • 暮れも押し迫ってから時季のを載せるとは想定外でした。
    12月28日に狭山丘陵の水道用地に柵を設置する工事が始まったというので見に行ってきたら、金網の向こう側にヤツデが咲いていました。
    手ぶらで帰るものアレだし、撮っておきますか・・


    ヤツデ(八手、八つ手)


    ・・ということで、この日はLUMIXしか持って行かなかったので金網に鏡筒を突っ込んで撮りました。
    こういう場合にコンデジは便利ですね。

    は雄性期の終わりで、雄しべと弁が落ちて雌性期に移行します。
    雄性期が終わると一時的に蜜が出なくなり、雌に変化したらまた蜜が出て虫たちを誘います。

    写真
    ヤツデ八手八つ手) ウコギ科
    他のが終わる頃に糖度50以上というものすごく甘い蜜を出して少なくなった虫を効率的におびき寄せます。
    といっても12月の終わりに咲くのはいくらなんでも遅すぎじゃない!?
    カメラ機種名 LUMIX DMC-LX3
    撮影日時 2012/12/28 14:15:34
    Tv 1/100
    Av 2.8
    ISO感度 80
    焦点距離 9.3 mm


    もうちょっとアップで見ると雄しべが茶色くなっているのが分かります。
    果たしてこの時期でも受粉できるものなのか?


    ヤツデ(八手、八つ手)


    名前は「八手」ですが葉は7つか9つの奇数に裂けます。
    偶数だと何か都合の悪いことでもあるんでしょうかね。
    ヤツデを見つけたら葉がいくつに裂けているか数えてみてください。

    さて、今年も残りあとわずか。
    28日の朝一番でサイボクハム本店に行って、毎年恒例の骨付きハムを今年も無事に入手できました。


    骨付きハム


    これでお正月を迎えられます。
    めでたし、めでたし。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤツデ 八手 八つ手 写真 狭山丘陵 野草 サイボクハム 骨付きハム アイスバイン

    送電鉄塔をゆく(17)~新坂戸線(4)「高速道路越え」

  • 2012/12/28 : 送電鉄塔
  • 新坂戸線11号鉄塔をあとに、12号鉄塔に向かいました。
    正面には関越自動車道が横たわっていて、どうにかして反対側に出ないといけません。
    見つけた道はふたつあって、ひとつは関越道の上を越える立体交差を乗り越える道、もうひとつは関越道の下をくぐる道です。


    新坂戸線12号鉄塔


    結局関越道の下をくぐる道を選んで、高速道路を越えたら正面に新坂戸線12号鉄塔が聳え立っていました。
    最短コースではありましたが、帰りに立体交差を超えたら鉄塔も含めてあたりを一望することができました。
    ・・が、時間が遅くて後の祭り。

    やっぱり楽な道ばかり選んじゃダメですね。
    でも、12号鉄塔はしっかり陽が当たって青空に映えているし、まぁいいか。

    しかし300m先の新坂戸線13号鉄塔に着いたらまた日陰でした。


    新坂戸線13号鉄塔


    灰色の鉄塔で日陰なんて、どうやっても暗く写ってしまいます・・
    背景の空はとてもきれいなのに残念至極。
    陽が差すのを暢気に待っているほど陽の長い時期ではないので、とっとと次に行きましょう。

    新坂戸線14号鉄塔までは約300m、ほぼ送電線に沿って道路があったのですぐに着いてしまいました。


    新坂戸線14号鉄塔


    気持ち、陽が当たってきたかな!?
    この鉄塔は竹林に囲まれているのか、番号札は確認できませんでした。

    進むにつれて圏央道が近づいてきました。
    終点の新坂戸変電所は圏央道のこっち側(北)なのに送電線は圏央道を跨いで南側に伸びています。
    高速道路を何度も越えるのは何で!?

    ・・と思ったら、答えは簡単でした。
    新坂戸線の送電線が先にあって、あとから圏央道ができたんでした。
    曲がっているのは高速道路のほうで、送電線はほぼまっすぐです。


    新坂戸線15号鉄塔


    圏央道の下をくぐって新坂戸線15号鉄塔に到着。
    やった、陽が当たってる!
    どうやら雲がようやく離れてくれたようで、この先は日差したっぷりそうでした。

    ・・が、15号鉄塔の向こう側は東武東上線の線路で、踏切はどこ!?
    高速道路は反対側に出られる道が多いけど、鉄道は踏み切りや立体交差の間隔が長いのよね・・・

    2012年12月9日
    送電鉄塔をゆく(17) つづく

    テーマ : 日帰りお出かけ
    ジャンル : 旅行

    tag : 新坂戸線 送電鉄塔 送電線 鉄塔 サイクリング ポタリング 写真 50万V 圏央道

    コバギボウシ(小葉擬宝珠)

  • 2012/12/27 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵のところどころで咲くんですが、これもまた今年撮りそびれたのひとつです。
    オオバギボウシに比べて個体数が少なく、なかなか見頃のにめぐり合いません。
    湿地や池の近くに多く、湿潤なところを好むようです。


    コバギボウシ(小葉擬宝珠)


    ほぼ真っ白なオオバギボウシに対して、コバギボウシは紫のストライプが鮮やかです。
    下から順に咲いていくところや蕾の形はそっくりです。
    でもこの蕾、擬宝珠に似ているかなぁ!?

    7月に咲くオオバギボウシに対してこちらは8月に咲くのは、交雑を避けるために開時期が違っているんでしょうか。

    写真
    コバギボウシ小葉擬宝珠) クサスギカズラ科リュウゼツラン亜科
    例によってAPG第3版に従った科名表示としています。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/08/25 8:58:20
    Tv 1/200
    Av 4.0
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    咲いた先から萎れていくようで、きれいなところだけ撮るのが難しいです。


    コバギボウシ(小葉擬宝珠)


    これは西武球場近くの菩提樹池のほとりで咲いていたもの。
    そこそこの数がまとまって生えてました。
    自宅のあたりでは壇に咲いているのを見かけることがあるんですが、おなじ種類なのか、園芸品種なのかよく分かりません。

    おまけは12月15日時点のコバギボウシ


    コバギボウシ(小葉擬宝珠)


    種になっても何となくの面影を残しているように思いませんか。
    最後の1枚だけLUMIXで撮影。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : コバギボウシ 小葉擬宝珠 オオバギボウシ 写真 狭山丘陵 野草 菩提樹池

    送電鉄塔をゆく(17)~新坂戸線(3)「鶴ヶ島JCTへ」

  • 2012/12/26 : 狭山丘陵の四季
  • 5号鉄塔から背負って走っている感のある雲の一群は、振り向くと相変わらずそこにあります。
    空のほかの場所には雲がないのに、お天道様のところだけなんで雲があるの!?
    それではいっそのこと、新坂戸線9号鉄塔は逆光で撮ってみる・・


    新坂戸線9号鉄塔


    車のディーラーの奥に建っているようでしたが、あとで地図を見たらどうやら鉄塔の脇を抜ける道があるようです。
    う~ん、気が付かなかった・・雲に気を取られていたせいか!?
    しかしせっかくの青空が台無しだなぁ。

    次の新坂戸線10号鉄塔は全身ねずみ色の地味な鉄塔でした。
    せめて陽が当たっていたら見栄えがするんですけど、残念です。


    新坂戸線10号鉄塔


    鉄塔が大きいので、随分先まで見えています。
    この分だとあと数基は日陰を余儀なくされそうです。
    雲をやり過ごしてしまおうかとも考えたものの、日の入りの早い時期だったので先を急ぎましょう。

    次の新坂戸線11号鉄塔は赤白の大鉄塔でした。


    新坂戸線11号鉄塔


    んんっ!?この位置から見ると鉄塔の柵が見えないけど、これは柵なしだろうか。
    果たして、鉄塔まで行って見るとみごとに柵のかけらもありません。
    そしたらお約束のこれをいただくしかないでしょう。


    新坂戸線11号鉄塔の結界


    さすがは50万V、いつぞやの岡部境線のシンプルな結界画像とは別物のようです。
    50万V鉄塔でも柵なしってあるんですね。

    ここで正面を見ると延々と障害物が横たわっています。
    右(南)にも何かあって通れそうにありません。
    車がやたらとおおいのは・・そうか、関越道と圏央道が交差する鶴ヶ島JCTの脇にいるってことですね。

    さて、どこから障害物を乗り越えましょうか。

    2012年12月9日
    送電鉄塔をゆく(17) つづく

    テーマ : 日帰りお出かけ
    ジャンル : 旅行

    tag : 新坂戸線 送電鉄塔 送電線 鉄塔 サイクリング ポタリング 写真 50万V

    テリミノイヌホオズキ(照実の犬酸漿)~2012年の載せそびれ

  • 2012/12/25 : 狭山丘陵の四季
  • 同定の難しい植物は数あれど、種類が少ないのにこれほど同定に悩む植物も少ないと思います。
    載せようかどうしようか迷いましたが、腹くくって載せてしまいます。
    これはテリミノイヌホオズキでどうだっ!!


    テリミノイヌホオズキ


    イヌホオズキ、オオイヌホオズキテリミノイヌホオズキ、アメリカイヌホオズキ
    狭山丘陵のイヌホオズキはこの4種類(のはず)として、の形状よりイヌホオズキとアメリカイヌホオズキは該当しません。
    イヌホオズキは弁がもっと幅広、アメリカイヌホオズキは弁が反り返らず紫がかった色。

    さて残るは2種類、どっちかというと・・

    写真
    テリミノイヌホオズキ照実の犬酸漿) ナス科 有毒
    狭山丘陵のあちこちで見られる悩ましい野草です。
    果実をばらして中身の種やらなにやらをほじくり出すと分かりやすいようですが、そこまでしなくても・・
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/08/19 11:49:47
    Tv 1/40
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    で、次のチェックッポイントなんですが、の付き方です。


    テリミノイヌホオズキ


    ごく若い実ができています。
    付け根を見ると一点から放射状(総状)に実がついていますよね。
    イヌホオズキ、オオイヌホオズキは散状(少しずつずれている)なので、消去法でいくとテリミノイヌホオズキが残ります。

    あと、実の形がややいびつでまん丸ではないのもテリミノイヌホオズキの特徴なので、まぁこれはいい確率であっているかなと・・
    あちこちのサイトを見て回ってましたが、明らかにアメリカイヌホオズキなのにオオイヌホオズキとあったり、間違った掲載がこれほど多い野草も珍しいように思います。


    テリミノイヌホオズキ


    と言いつつ私も間違えている可能性を否定できないけれど。
    でもこれがオオイヌホオズキならが小さすぎ。
    イヌホオズキなら弁細すぎ。
    アメリカイヌホオズキとは似ても似つかない。

    茎から突然伸びた花茎に花をつけるのも唐突感があり、面白いですね。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : テリミノイヌホオズキ 照実の犬酸漿 イヌホオズキ 写真 狭山丘陵 野草

    送電鉄塔をゆく(17)~新坂戸線(2)「雲との競争」

  • 2012/12/24 : 狭山丘陵の四季
  • 市民の森を抜けると畑の多い田園風景で、新坂戸線5号鉄塔がよく見えました。
    ・・でも暗いな・・と思ったら、ちょうど太陽のある場所に雲の帯がかかってました。
    鉄塔が大きいので先のほうまで見えるんですが、どうやらここ数基だけが日陰になっているようです。


    新坂戸線5号鉄塔


    空は青いのに鉄塔も畑も日陰で、晴れた日の景色っぽくありません。
    この鉄塔はグレー1色ですが、おそらく高さ90m以上はあると思います。
    次の新坂戸線6号鉄塔も日陰でした。

    5号鉄塔から直線で約300mと、鉄塔間も遠めです。
    でも鉄塔が大きいせいか、遠くにあるように見えないんですよね。


    新坂戸線6号鉄塔


    この鉄塔の先で国道407号線を越え、新坂戸線7号鉄塔に続く道を探します。
    いい具合に陽がさしてきたので順光で取れる場所に向かうと・・行き止まりか~。
    次の鉄塔も見えているのに・・

    7号鉄塔は近付けそうな道が見つからなかったので番号札はなしです。


    新坂戸線7号鉄塔


    来た道を引き返して7号鉄塔の建つ区画を3/4周して新坂戸線8号鉄塔へ。
    鉄塔の脇を通る道があるものの、何しろこの送電線の鉄塔は大きいのでひとつ手前の道から撮りました。
    ここも陽が当たっている・・いいぞ。


    新坂戸線8号鉄塔


    でも相変わらず雲の帯を背負って自転車を走らせてる状況に変わりはなく、雲の進行方向と送電線の方角がずれてくれるのを祈るのみ。
    ホント、振り向いたところの空にだけ、まとまった雲があるんですよ。
    他は青空なのに、このまま雲について来られたらどうしましょう。

    早よあっち行け、雲。

    2012年12月9日
    送電鉄塔をゆく(17) つづく

    テーマ : 日帰りお出かけ
    ジャンル : 旅行

    tag : 新坂戸線 送電鉄塔 送電線 鉄塔 サイクリング ポタリング 写真 50万V

    ガンクビソウ(雁首草)~2012年の載せそびれ

  • 2012/12/23 : 狭山丘陵の四季
  • の見た目や大きさは11月25日に載せたヤブタバコにそっくりです。
    でもガンクビソウは分かれた枝先にを付けるのみで、ヤブタバコのように枝にずらりとを並べることはありません。


    ガンクビソウ(雁首草)


    目立たないですけど、アップで見るとなかなか興味深いです。
    の中心部には両性が集まっていて、周囲を雌性花が取り巻いています。
    この写真は割と分かりやすいと思います。

    周りの細かいのが雌性花、黄色い棒が突き出ているところから内側が両性花です。
    ヤブタバコやコヤブタバコの花もおなじ構造なので、これはガンクビソウ属の特徴でしょうかね。

    写真
    ガンクビソウ雁首草) キク科
    命名はキセルの雁首に似ているところから。
    ガンクビソウ属はヤブタバコなど由来は違えど煙草に関連する名前になっているのが面白いです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/08/11 11:46:08
    Tv 1/50
    Av 5.6
    ISO感度 640
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    もうちょっと広い範囲で見たらこんな感じ。
    8月の狭山丘陵ではおなじみの花です。


    ガンクビソウ(雁首草)


    花の時期としてはヤブタバコよりも少し早いと思います。

    昨日載せた新坂戸線3号鉄塔を下から見上げると惚れ惚れするほどスゴイ、と書いてしまったので写真を探しました。
    2009年3月に撮っていたので死蔵してしまうのも惜しいし載せておきます。


    新坂戸線3号鉄塔


    小さく見える碍子も人の顔より大きいんですけど、スケール感がサッパリつかめませんね。
    人が登っていると大きさがよく分かるんですが。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ガンクビソウ 雁首草 ヤブタバコ 写真 狭山丘陵 野草 送電線 新坂戸線

    送電鉄塔をゆく(17)~新坂戸線(1)「祝・初50万V回線」

  • 2012/12/22 : 送電鉄塔
  • 季節はすっかり冬です。空気の透明度が違ってきました。
    風はちょっと冷たいけど、外に出て体を動かしましょう。
    12月9日、天気もまずまずという予報だったので、郊外に足を伸ばしました。


    新坂戸線1号鉄塔


    ということで、昨年から予定していた新坂戸線鉄塔を辿ってみました。
    新坂戸線新所沢変電所(といっても所沢のかなり北の鶴ヶ島市にある)と新坂戸変電所を結ぶ500kVの送電線です。
    以前に載せた安曇幹線(大猫鉄塔)も50万Vだったんですが、私が見に行ったときはすでに送電線が撤去済みだったので、稼働中の50万Vの鉄塔追跡はこれが初めてということになります。

    まずは新坂戸線1号鉄塔
    新所沢変電所内の北東にあって、1回線分だけこの鉄塔から変電所構内に接続しています。
    左右非対称の大鉄塔は、下を走る車が豆粒のように見えますね。

    次の新坂戸線2号鉄塔も新所沢変電所の中にあって、もう1回線はここから変電所に接続しています。
    奥に伸びている送電線が1号鉄塔につながっています。


    新坂戸線2号鉄塔


    送電線は4本一組(四導体)で、それが縦3組で1回線(三相交流)です。
    これは街中の電柱の天辺に張ってある配電線も同じく電線3本一組で、多くは6600Vの三相交流になっています。
    さすがに50万Vとなると碍子連も大きいし、鉄塔も聳え立つという表現がよさそうに思えます。

    続く新坂戸線3号鉄塔は圧巻の迫力で、超高圧送電線の向きをほぼ直角に折り曲げています。
    特に真下から見上げると惚れ惚れするような美しさ・・なんていうのは私だけかもしれないけれど。


    新坂戸線3号鉄塔


    ここまで3基は新所沢変電所構内にあって、一直線の道路沿いに建っています。
    とはいえ1号鉄塔と3号鉄塔の間はおよそ500mありますので、近いわけではありません。
    ここで東に向きを変えた送電線は、林の上を飛び越えていきます。

    雑木林の入り口には「市民の森」とありますので、林の中を横切っていけそうです。
    細い土道を抜けると、次の新坂戸線4号鉄塔に到着しました。


    新坂戸線4号鉄塔


    左の壁の向こうは砂利か砂の山になっていたので、そういう資材を取り扱う業者の敷地らしく、1ヶ所しかない鉄塔の番号札は撮れませんでした。
    何はともあれ赤白の大鉄塔は青空が似合います。
    この日も車に放り込んでいった折りたたみ自転車に乗り、使い古したEOS(KissDN)を首から提げてペダルも軽く走り出したのですが・・・

    2012年12月9日
    送電鉄塔をゆく(17) つづく

    テーマ : 日帰りお出かけ
    ジャンル : 旅行

    tag : 新坂戸線 送電線 鉄塔 ポタリング サイクリング 鶴ヶ島市 新所沢変電所 新坂戸変電所 折りたたみ自転車

    シロバナアキノタムラソウ(白花秋の田村草)~2012年の載せそびれ

  • 2012/12/21 : 狭山丘陵の四季
  • 今シーズンは白に縁のある1年でした。
    キツネノマゴの白にアカバナユウゲショウの白、おなじみのミゾソバの白
    中でも出色なのがこのシロバナアキノタムラソウかと思います。


    シロバナアキノタムラソウ(白花秋の田村草)


    アキノタムラソウは水色にやや紫が入ったような色が一般的です。
    対して白はその名のとおり完全に白、混じり気なしです。
    8年くらい狭山丘陵を歩いていて初めて見ました。

    場所は覚えたので、来年も咲くか確認したいものです。

    写真
    シロバナアキノタムラソウ白花秋の田村草) シソ科
    色以外はどこをとってもアキノタムラソウです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/08/11 11:29:56
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    アキノタムラソウって梅雨が明ける前から咲き初めて、11月の後半まで咲いているくらい花期が長いです。
    この白花も結構長いこと咲いていたようでした。
    普段あまり歩かない場所でしたので、やはり足しげく隈なく歩かないと遺憾なと思いました。


    シロバナアキノタムラソウ(白花秋の田村草)


    他にも来年が楽しみなのをいくつか見つけましたし・・

    クリスマスの連休ですね!
    もう今年も終わったも同然、気分はもう年末・お正月モードに切り替わってしまいそうです。
    ことしは大掃除をやるぞと小鼻を膨らませて息巻いている御大がおわしますのできっとこき使われるんだろうな・・


    のんきな連中


    昼寝中の息子とヘイスケ。
    どうでもいいけど無防備すぎ。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : シロバナアキノタムラソウ 白花秋の田村草 写真 狭山丘陵 野草 アキノタムラソウ アメリカンショートヘア

    送電鉄塔をゆく(16)~岡部境線6「繋がった・・」

  • 2012/12/20 : 送電鉄塔
  • 武蔵境の変電所から辿った岡部境線もあと3基で最下流部分を完走して、すでに追いかけ終わっている127号鉄塔から61号鉄塔までと繋がります。
    ただしこの送電線、埼玉県内でもいくつかのゴルフ場を縦断しているので、すべての鉄塔をカメラに収めることはできていません。
    先日の続きで岡部境線130号鉄塔です。


    岡部境線130号鉄塔


    看板に「前-境」とあるのは、前久保-武蔵境の略です。
    前久保は埼玉の毛呂山町、岡部はさらにその先です。
    送電線の名前は岡部境線ですが、ここはそのうちの前久保-武蔵境区間というわけで。

    61号鉄塔まではすでに踏破してますから、残る60基ほどを辿れば前久保に着いて、岡部までいくにはさらに多くの鉄塔を辿ることになります。

    130号鉄塔は住宅に囲まれていますが、周囲は畑でした。
    なんで鉄塔の周囲にだけ家が建っているの!?


    岡部境線129号鉄塔


    この日のラス前、岡部境線129号鉄塔は工事現場の中でした。
    相変わらずおなじ形の鉄塔が続きます。
    ちなみに岡部は埼玉県深谷市、高崎線の岡部駅付近ですから、あと数キロ行けば利根川を越えて群馬県です。

    いよいよこの日の最後、岡部境線128号鉄塔に到達しました。
    この鉄塔は公園の中に建っていて、休憩もできるし最後に訪れるにはちょうどいいです。
    最後は愛車もフレームに入れて・・


    岡部境線128号鉄塔


    惜しいな、晴れていたら紅葉もきれいだったでしょうに。

    とりあえずこれで岡部境線の前久保-武蔵境の下流部分90基近くを自転車と徒歩で踏破したことになります。
    北のほうに足を伸ばすかはまだ未定ながら、いずれ前久保までは行くような予感がします。
    その前にまだ訪れるべき鉄塔がいっぱいあるので、いつなることやら。

    何はともあれ、めでたし、めでたし。

    2012年12月2日
    送電鉄塔をゆく(16) 完

    テーマ : 日帰りお出かけ
    ジャンル : 旅行

    tag : 岡部境線 送電線 鉄塔 写真 JR東日本 サイクリング ポタリング 小平市 前久保 岡部

    クサギ(臭木)~2012年の載せそびれ

  • 2012/12/19 : 狭山丘陵の四季
  • 葉や茎がくさいのでこの名があるそうですけど、私はだけでも十分くさいと思います。
    香り自体はともかく、匂いが強すぎるんですよね。
    つんと鼻を突く感じです。


    クサギ(臭木)


    狭山丘陵ではあちこちにあって、の時期には姿が見えなくても存在が分かります。
    秋には萼が鮮やかな赤になり、その中に紺色の実ができて美しいです。
    今年どこかで撮ったと思ったんですが写真はありませんでした。

    写真
    クサギ臭木) シソ科
    えっ、シソ科!?と思われる方も多いと思います。
    ゲノム分析に基づくAPG植物分類体系(第3版)ではクマツヅラ科やゴマノハグサ科は大幅に見直されています。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/08/11 10:33:03
    Tv 1/100
    Av 4.5
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    きれいな弧を描いて伸びる蕊がチャームポイントですかね。
    紫色の葯もきれいだし。


    クサギ(臭木)


    ただ、このの強いにおいは得意ではないので、接近戦は私にとって少々つらいものがあります。
    クサギの咲く8月はの種類が少なくて、載せそびれたのはあまりありません。
    今年の載せそびれシリーズは例年と違って季節を逆戻りして行こうと思います。

    まだあったキノコ写真。(9/22撮影)
    遊歩道の真ん中にあったのでだいぶ砂をかぶってますが・・


    きのこ


    ひとつ5cmくらいだったと思います。
    このくらいずつまとまってあちこちに生えてました。
    今日は退屈な忘年会があって帰宅が遅かったので、種類の調査は後日ということで。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : クサギ 臭木 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    送電鉄塔をゆく(16)~岡部境線5「鈴木町2丁目」

  • 2012/12/18 : 送電鉄塔
  • 今日は題名に困るくらい当たり前の住宅街の中での送電線追跡です。
    この送電線鉄塔はおよそ150mから、せいぜい250mくらいの間隔で建っているので多少複雑な路地でも迷う確率は高くありません。
    ・・といいつつ岡部境線134号鉄塔は行き止まりの道から撮ったような気がします。


    岡部境線134号鉄塔


    この鉄塔から北上してちょっと大きな通りに出ると、すでに次の岡部境線133号鉄塔が見えています。
    う~ん、せめて晴れていたらなぁ。
    この鉄塔は縦長の番号札が撮れず、別に付いている注意書きみたいな看板の番号を撮っておきました。


    岡部境線133号鉄塔


    さらに鈴木町2丁目を北西方向に進みます。
    今までの鉄塔は南または南東方向から撮ったのが大半でした。
    日が当たっている間はそっちから撮るのが順光で、鉄塔が暗くならないのです。


    岡部境線132号鉄塔


    でもこれだけ曇ったら関係なし。
    岡部境線132号鉄塔は北西方向から今来た方角を向いて撮りました。
    送電線が老人ホームの真上を飛び越えています。

    さらに住宅街の狭い道を右に左にくねくねと曲がりつつ岡部境線131号鉄塔へ。
    ここは電柱や配電線、電話線を避けて近くから撮りました。
    このあたりの鉄塔はみんなおなじ形でおなじくらいの大きさで変化に乏しいのがやや退屈です。


    岡部境線131号鉄塔


    それもこの送電線の特徴だと思うんですけどね。
    たまにえらくレトロな鉄塔に出会うとうれしくなります。

    今日の4基はいずれも市街地にあって、何が困るって電柱とか配電線なんですよね。
    空がごちゃごちゃ汚いので地中化したら街の景色もすっきりするでしょう。
    鉄塔を撮るのに電柱が邪魔だというのもなんだか矛盾を孕んでいるように思いつつ、次回はこのシリーズの終点に到達の予定です。

    2012年12月2日
    送電鉄塔をゆく(16) つづく

    テーマ : 日帰りお出かけ
    ジャンル : 旅行

    tag : 岡部境線 送電線 鉄塔 写真 JR東日本 サイクリング ポタリング 小平市

    イヌコウジュ(犬香需)~2012年の載せそびれ

  • 2012/12/17 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵では特に珍しいでもないんですが、これまた今年はめぐり合わせが悪かったようです。
    の時期に雨が多かったせいか・・
    シソののように序を伸ばして咲くんですけどね。


    イヌコウジュ(犬香需)


    これから伸びるぞというところなのか、縮こまってさいているのか?
    ごく小さなですが淡いピンクがかわいらしいです。
    ナギナタコウジュに対して薬効がないのでイヌコウジュと呼ぶそうです。

    「イヌ」は「犬」でなく「否」なので、愛犬家の方はお気を悪くなさいませんように。

    写真
    イヌコウジュ犬香需) シソ科
    でも漢字は犬を当てるんですよね。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/09 13:43:39
    Tv 1/30
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    よく似たヒメジソとは萼の形が違います。
    イヌコウジュは尖っていて、ヒメジソはやや丸みがある・・って、ルーペで見ないと私には肉眼で確認するのはちょっと・・


    イヌコウジュ(犬香需)


    あとは序に細かい毛がいっぱい生えていたらイヌコウジュ、なかったらヒメジソというところでしょうか。
    イヌコウジュは花茎が白っぽく見えるくらい毛があります。
    これも何年かぶりに載せた割には出来よくありませんでした。

    来年はちゃんと咲いているのを探して撮ります。


    コクラン(黒蘭)


    11月の下旬にコクラン発見。
    見たいときに見つからず、花のないときに見つかります。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : イヌコウジュ 犬香需 写真 狭山丘陵 野草 黒蘭 コクラン ヒメジソ

    送電鉄塔をゆく(16)~岡部境線4「小平の鉄の壁」

  • 2012/12/16 : 送電鉄塔
  • 岡部境線139号鉄塔をあとに、ゴルフ場と小金井公園の間の道を延々と自転車で走り、先に進みます。
    若い時分はゴルフも多少は嗜んだのですが、改めてゴルフ場って広いなと感じてしまいました。
    ネットの向こう側に近寄れない138号鉄塔を眺めつつ・・


    岡部境線137号鉄塔


    一旦小金井街道に出てから北上すると、135号鉄塔の下を通りました。
    付近一帯は白い鉄の壁で囲われています。
    どうやら広い範囲で工事をやっているようです。

    138号鉄塔はともかく、137号鉄塔に向かってみよう・・

    延々と続く工事現場の壁に沿って走るものの、一向に137号鉄塔に近づけそうにありません。
    どうやら古い団地を取り壊しているようで、突然現れた大学の校門に行く手を阻まれて万事休す。
    上の写真は鉄壁越しに見えた岡部境線137号鉄塔の上半分です。

    岡部境線136号鉄塔も同様で、壁に囲まれた中にあって接近不可能でした。


    岡部境線136号鉄塔


    そのうち工事も終わって新しい団地でもできるんでしょうから、そのあとでこの2基は眺めに行くことにしましょう。
    今回追跡している送電線の区間は地図で見たら4キロたらずなのに、こういうことをしているので何倍もの距離を走ってしまいます。
    さっき通った岡部境線135号鉄塔に戻り、小金井街道から見上げて撮影。


    岡部境線135号鉄塔


    公園やゴルフ場や団地跡といった広々したところはここでおしまいです。
    この先は小平市内の市街地を行きます。

    時間とともに雲ご増えてきているようです。
    車に戻るまで持ちこたえてくれますようにと祈りつつ、自転車を漕ぎました。

    2012年12月2日
    送電鉄塔をゆく(16) つづく

    テーマ : 日帰りお出かけ
    ジャンル : 旅行

    tag : 岡部境線 鉄塔 送電線 JR東日本 サイクリング ポタリング 写真 小金井公園 小金井CC 小平市

    ミズヒキ(水引)~2012年の載せそびれ

  • 2012/12/15 : 狭山丘陵の四季
  • ミズヒキはタデ科のらしく、なかなか開しているのにお目にかかれません。
    これは今シーズン唯一、開しているのに出会ったときの1枚です。
    これ1カットしかありません。


    ミズヒキ(水引)


    十文字のの上半分が赤、下半分が白とみごとに分かれています。
    ミズヒキの名前の由来もここからでしょうね。
    林道脇など林の中でごく普通に見られます。

    ・・でも咲いているのが少ないし、賑やかに咲いているのは見たことがありません。

    写真
    ミズヒキ水引) タデ科
    ということで、毎度似たような絵しか残せません。
    雰囲気だけ察してください。
    のギンミズヒキもまとまって生えているところがありますが、今年はが開いているところに当たりませんでした。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/08 10:46:58
    Tv 1/60
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM
    露出補正 +1EV(RAW現像時)


    今年も余すところあと半年となしました。
    慌しくしているうちに年が明けちゃうんでしょうね。
    そろそろ今年の総括もしておきたいところです。

    今年はアケビの実を何度か見つけました。
    これは7月、青いバナナみたいなのが放射状に4個くっついています。


    まだ青いアケビの実


    この蔓には別に3個のもあったので、今まで見た中で一番の豊作です。
    続いて、こちらは10月に撮ったもの。
    少し紫色に色づいてきています。


    かなり熟したアケビの実


    実が割れるまでにはもうちょっと熟すのを待たないといけないようです。
    狭山丘陵には3種類のアケビがあって、蔓や花はたくさん目にします。
    でも、実ができているのってほとんど見たことがありません。

    アケビは雌雄異花で雌雄の花が一緒に咲くものの、自己受粉ができないのでほかの株の花粉が必要です。
    なかなか実ができないのはここが難しいんでしょうね。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ミズヒキ 水引 アケビ 写真 狭山丘陵 野草

    送電鉄塔をゆく(16)~岡部境線3「都立小金井公園」

  • 2012/12/14 : 送電鉄塔
  • 玉川上水と五日市街道を越えた岡部境線送電線小金井公園へと伸びていました。
    地図を確認すると、小金井公園の東半分に対角線を引くようにど真ん中を横切っています。
    この公園は小学生の頃からよく遊びに来ていた公園だったのに、送電線の記憶はまったくありませんでした。


    岡部境線142号鉄塔


    岡部境線142号鉄塔は公園南東の臨時駐車場脇にありました。
    平成7年補修とのことで、一昨日の143号と比べると今風のスタイルに見えます。
    でもこのスタイルで昭和14年の記載だけのもあるので、どこをどう補修したのかは分かりません。

    脚力の余力はまだ十分、自転車のペダルも軽く小金井公園内を北西に走ります。
    紅葉の時期ではありますがすっかり曇ってしまい、紅葉の色がくすんでしまってちょっと残念でした。


    岡部境線141号鉄塔


    小金井公園内2基目の岡部境線141号鉄塔はグラウンド脇にあって、珍しく鉄塔周囲に樹木がありません。
    園内には中富線も含めて7基の鉄塔がありますが、鉄塔全体が見えるのはこれだけです。


    岡部境線140号鉄塔


    続く岡部境線140号鉄塔は林の中でしたので、少し離れた高台から撮りました。
    小金井公園内にはおよそ200m間隔で4基の鉄塔が並んでいます。
    いずれも番号札に平成7~8年に改修と記載があって、鉄塔としてはおなじくらいの大きさで、同じようなスタイルです。


    岡部境線139号鉄塔


    小金井公園最後の岡部境線139号鉄塔はこれしか撮りようがなく・・
    公園とゴルフ場の境目にあって、送電線の先を辿るとゴルフ場の上を横切ってるじゃありませんか。

    プレーしている人がいるのにネット越しに鉄塔を撮るのも憚られたので138号鉄塔はパスしました。
    ちなみにゴルフ場は小金井CC、今は知りませんがバブルの頃は会員権の値段がべらぼうに高かった名門コースです。

    そんなゴルフ場を自転車で横切ったら、新聞の片隅に変なおじさんが逮捕されたとか面白おかしく載って変質者扱いされてしまうんじゃないかとくだらない想像をしつつ、ゴルフ場を迂回して次を目指しました。

    2012年12月2日
    送電鉄塔をゆく(16) つづく

    テーマ : 日帰りお出かけ
    ジャンル : 旅行

    tag : 岡部境線 鉄塔 送電線 JR東日本 中富線 サイクリング ポタリング 写真 小金井公園 小金井CC

    ヤマハギ(山萩)~2012年の載せそびれ

  • 2012/12/13 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵では珍しくもなんともないなんですけど、今年はめぐり合わせがよくなかったようです。
    雨にせかされてようやく2カットだけ撮ったのが今年の最初で最後でした。


    ヤマハギ(山萩)


    秋の七草のひとつに数えられるだけに、色鮮やかで目を引きます。
    このあたりで見られる秋の七草は、ほかにクズ~これはそこら中に~、尾(ススキ)、わずかにオミナエシといったところ。
    キキョウ、ナデシコ、フジバカマはお目にかかれません。

    写真
    ヤマハギ山萩) マメ科
    これぞマメ科というようなです。
    雨に洗われたもいいものです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/30 13:21:02
    Tv 1/40
    Av 5.6
    ISO感度 640
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    雨もまた楽しからずや・・なんて呑気なこと言える状態じゃなく、ささっと撮って退却した気がします。


    ヤマハギ(山萩)


    葉の色も悪くないですよ。
    かなり撥水性がありそうに見えますね。
    来年はもうちょっと盛大に咲いているのにめぐり合えますように。

    同じく9月末に撮ったキノコ
    まだありました、キノコ写真


    スクリューみたいなキノコ


    船のスクリューみたいな形ですけど、もともとこういうものなのか、傘が裂けたのか・・
    見た感じは痛んでなかったので、こういう格好のキノコなんでしょうね。
    名前は分かりません。

    どこかで似たような写真を見た覚えがあるので探して見たものの、行き当たりませんでした。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤマハギ 山萩 ハギ 写真 狭山丘陵 野草 キノコ 秋の七草

    送電鉄塔をゆく(16)~岡部境線2「いつか来た道」

  • 2012/12/12 : 送電鉄塔
  • いつか来た・・どころか、ついさっき東京電力中富線送電線を追いかけてきた道をほとんどそのまま戻っていきます。
    このあたり、武蔵野市と小金井市の市境あたりはふたつの送電線が併走しているのでした。


    岡部境線145号鉄塔


    ジグザグに曲がる住宅街の細い道を抜け、つい今しがた素通りした岡部境線145号鉄塔に戻ります。
    この鉄塔を越えると小金井市から武蔵野市に入ります。
    地図を見るとよく分かりますが、このあたりは市境が入り組んでいます。

    次の岡部境線144号鉄塔(左)は中富線58号鉄塔(右)と並んで立っています。
    この鉄塔の間に市境があって、岡部境線は小金井市、中富線は武蔵野市。


    岡部境線144号鉄塔


    こうして並んでいると、岡部境線に古めかしい渋さを感じてしまいます。
    何しろシンプル。

    で、144号鉄塔はこの日初めての柵なし!!
    ということでお約束の「結界写真」をいただきました。


    岡部境線144号鉄塔


    この先で玉川上水を渡り、続く岡部境線143号鉄塔へ。
    この鉄塔は植木屋さんの畑の中みたいなところにあって接近できませんでした。
    ・・が、あきらめずに裏側に回ってみると番号札が見えるじゃありませんか。


    岡部境線143号鉄塔


    しっかり昭和14年11月の文字が読み取れます。

    2012年12月2日
    送電鉄塔をゆく(16) つづく

    テーマ : 日帰りお出かけ
    ジャンル : 旅行

    tag : 岡部境線 鉄塔 送電線 JR東日本 中富線 サイクリング ポタリング 写真

    アゼトウガラシ(畦唐辛子)

  • 2012/12/11 : 狭山丘陵の四季
  • 前回載せたのがどうやら2008年らしいので、4年ぶりの登場です。
    いわゆる水田雑草で、名前もそれっぽいです。
    毎年探すんですが、時期がずれていたのか分かりませんが、今年は久しぶりに咲いているのを見ました。


    アゼトウガラシ(畦唐辛子)


    とはいっても雨の中であわてて撮ったので似たような絵ばっかりでした。
    これが一番の形が分かりやすいかな・・
    この狭山丘陵北側の水田で咲いていました。

    なぜか南側の田んぼでは見た覚えがなく、アメリカアゼナだらけだったように思います。

    写真
    アゼトウガラシ畦唐辛子) アゼナ科
    従来の体系ではゴマノハグサ科でしたが、ゲノム解析に基づくAPG植物分類体系(第3版)ではアゼナ科となっています。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/16 13:55:09
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    名前の由来は後の実の形が唐辛子に似ているということでしょう。
    この写真で、茎の左側に実ができているのが見えると思います。


    アゼトウガラシ(畦唐辛子)


    唐辛子のように見えなくもないですかね。

    まだキノコ写真があったので今日も一枚。
    ムササビタケでいいかと思います。


    ムササビタケかな


    朽木に群生していました。
    ヒトヨタケ科で可食とのことですが、あまり美味しそうには見えませんでした。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : アゼトウガラシ 畦唐辛子 水田雑草 ムササビタケ 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    送電鉄塔をゆく(16)~岡部境線1「終点からっておかしくないか!?」

  • 2012/12/10 : 送電鉄塔
  • 岡部境線鉄塔を追いかけるのは2010年1月16日以来です。
    このときは所沢方面から南下して西武新宿線の線路にぶち当たったところの127号鉄塔で追跡を終えました。
    ブログには中途半端に119号鉄塔まで載せていて、花の季節がきちゃったので続きはフォト蔵に載せたのでした。


    武蔵境変電所


    殺風景な写真でしかも逆光ですけど、ここはJRの武蔵境変電所です。
    岡部境線の終点で、信濃川のJRの発電所から来た電気はここからいくつかの方向に支線を伸ばしています。
    本来なら128号鉄塔から続きを追いかけて終点の変電所に至る・・はずが、なぜか中富線が先になっちゃいました。

    何でだろう!?頭の中はまず中富線の鉄塔を・・になってました。
    毎日朝晩岡部境線の下をくぐって通勤している馴染みの送電線なのに。


    岡部境線148号鉄塔


    で、これが岡部境線(前久保-武蔵境)の最終148鉄塔です。
    やった、とうとう最後まで来た・・じゃなくてここからさかのぼる。(笑)
    ちなみにこの送電線は東京電力のものではなく、JR東日本送電線です。

    雲も多くなってきたし、さっさと出発せねば。
    次の岡部境線147号鉄塔までは100mあまりで、道路わきにありました。
    どうやっても電柱やら何やらが入るので思い切って接近して・・


    岡部境線147号鉄塔


    背後の大きい鉄塔は中富線61号鉄塔です。
    ここで中富線の送電線をくぐって北北西に進みます。
    中富線とおなじ15万4千ボルトなのにすごいシンプルで古めかしい。

    なにせ昭和14年の鉄塔がまだ残っているようです。
    この鉄塔の番号札にも昭和14年の文字が刻んでありました。


    岡部境線146号鉄塔


    ジグザグに曲がる狭い道をいくと岡部境線146号鉄塔が見えました。
    しかしこんな細いL字鋼と送電線でJRの通勤電車が支えられているんですね。
    3.11の大地震の際に中央線が真っ先に動いたのもこの送電線のおかげだったのかなとおもいつつ、一路北へ・・

    2012年12月2日
    送電鉄塔をゆく(16) つづく

    テーマ : 日帰りお出かけ
    ジャンル : 旅行

    tag : 岡部境線 鉄塔 送電線 JR東日本 武蔵境交流変電所 サイクリング ポタリング 写真

    イヌトウバナ(犬塔花)

  • 2012/12/09 : 狭山丘陵の四季
  • 気にしていただったんですが、時期をはずして出遅れてしまいました。
    かろうじて咲き残っていたのを探してとったものの、の数が少なめです。
    希少植物っていうことでもないくせに、狭山丘陵では見かけません。


    イヌトウバナ(犬塔花)


    私の知っている場所は一ヶ所だけで、他のも一緒に撮れたらこまめに行くんですけどね・・
    いかにもシソ科らしい白に近い薄紫のが咲きます。
    トウバナはそこら中にあるのに、私が気づいていないだけなのか!?

    写真
    イヌトウバナ犬塔花) シソ科
    この写真では分かりにくいと思いますけど、萼に開出毛がたくさんあります。
    よって、イヌトウバナでOKでしょう。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/29 14:49:49
    Tv 1/60
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    花は胡麻粒くらいの大きさしいかない本家トウバナに比べて大きく、5mmくらいです。
    これは少々ピンボケ気味・・来年はもうちょっとたくさん咲いている時期にいけるよう、カレンダーにメッセージが出るようにセットしておきました。


    イヌトウバナ(犬塔花)


    今の時期はこの花の群落にオオハナワラビが群生しているはずなので、フユノハナワラビとともに探しに行ってみましょう。
    他に気になることもあるし。

    まだキノコ写真がありました。
    イヌトウバナとおなじ9月29日に撮ったものです。
    傘の裏がひだではなく小さな孔がいっぱいあるので、イグチ科でしょうか。


    イグチ科?


    片面だけ焼いたパンケーキみたいです。
    柄が割れてきていて、どうやら終わりかけのようでした。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : イヌトウバナ 犬塔花 トウバナ 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    送電鉄塔をゆく(15)~中富線シリーズ3の4「行きがけの駄賃」

  • 2012/12/08 : 送電鉄塔
  • この冬第一弾の送電鉄塔をゆくシリーズは今回でおしまいです。
    西武新宿線の花小金井付近から、JR中央線にぶつかったら終わりの予定でした。
    実はこの日はそこからが本番だったので、中富線のは鉄塔13基だけで追跡を終わりました。

    言わば行きがけの駄賃だったということです。


    中富線61号鉄塔


    中富線61号鉄塔は民家の奥で、勝手に入り込めそうにありません。
    番号札が撮れなかったけど、そこまでこだわらないのでとっとと先に進みます。
    だんだん空の雲が増えてきたし。

    ・・と、南のほうを見ると道路の先にJR中央線が見えていて、新宿方面に特急「あずさ」が走っていきました。
    時刻表で調べたらあずさ10号のようです。
    それにしても、今の特急ってこんなに停車駅が多いの!?というくらい停車するんですね。

    便利かもしれないけど、かつての急行「アルプス」より止まる駅が多いんじゃないですか?
    ま、それは余談として。


    中富線62号鉄塔


    中富線62号鉄塔は民家に隣接しているせいか、住宅側の腕金が短いです。
    154kVだったら真下に住宅があっても法律的には問題ないはずですけど、塔高40mはこの電圧にしては低いので民家の真上を避けるようにしているのかもしれません。

    ここから次の鉄塔までは歩いても1分ってところです。
    すぐそこに見えていて、100mはなさそうです。


    中富線63号鉄塔


    中富線63号鉄塔は園芸やさんの店舗の一部のようになってました。
    61~63号鉄塔は一本の道路沿いに建っていたのであっという間です。

    さて、残りの中富線はずっと住宅街の中を行くコースになります。
    あまり市街戦は得意(好み)じゃないので、中央線の向こう側はまたの機会ということにしておきます。
    もちろん、いつか中富線の最終鉄塔を訪れる日が来るのは間違いありません。
    行きがけの駄賃とはいえ、13基分は確実に前進しましたから。

    ひと休みして武蔵境をあとに、ふたたび花小金井を目指します。

    2012年12月2日
    送電鉄塔をゆく(15)完

    テーマ : 日帰りお出かけ
    ジャンル : 旅行

    tag : 中富線 送電線 鉄塔 自転車 ポタリング 写真 サイクリング

    ウド(独活)

  • 2012/12/07 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵では8月の下旬からが咲きます。
    丸い序はウコギ科の証、だけ見たらヤツデにそっくりです。
    ウド序の上のほうに両性、下のほうに雄をつけるそうなので、これは天辺ですから両性花でしょう。


    ウド(独活)


    花弁も雄しべもあるので、両性花といってもこの花は雄性期です。
    このあと雄しべと花弁が落ちて、雌性期に入り結実します。
    おなじウコギ科のヤツデも最初は雄花で、途中で雌花に切り替わるシステムで、しかも切り替わり時期は蜜を出さない(虫が来てもヤツデにはメリットがない)という念の入りようで・・

    さて、ウドはどうでしょう。
    ちょっと調べてみましたけど分かりませんでした。

    写真
    ウド独活) ウコギ科
    春先だったら香り高い山菜のヤマウドですが、花が咲いたら食べられません。
    白くて柔らかいウドは東京の特産で、ウドを穴倉で栽培したウドのもやしってところですかね。
    狭山丘陵付近に東京ウドの苗を作っている畑を時々見かけます。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/01 14:23:59
    Tv 1/50
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    育つと結構大きくなります。
    木本でなく草本ながら、人の背丈以上になるんじゃないでしょうか。


    ウド(独活)


    これもウド、ですよねぇ。
    山菜としてのウドは美味しいですが、大きく育つと役に立たないのでウドの大木なんていわれてしまいます。
    ちなみに私はヤマウドの皮のキンピラが好きかな・・(笑)

    おまけの1枚、キノコネタが少なくなったので今日は地梨です。


    地梨(クサボケ)


    要するにクサボケの果実ですね。
    春に花を撮った個体が結実していたので、色もきれいだし撮っておきました。
    ボケは花の数に比して実の数が少ないですね。

    わが家のボケも盛んに咲きますけど、実ができてもせいぜい3個くらいです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ウド 独活 ウコギ科 地梨 クサボケ ヤマウド 写真 狭山丘陵 野草

    送電鉄塔をゆく(15)~中富線シリーズ3の3「市街地ゲリラ戦」

  • 2012/12/06 : 送電鉄塔
  • 小金井公園を抜けたわが自転車は、玉川上水を越えて市街地に入り込みます。
    送電鉄塔って住宅に比べると不釣合いに大きくて、住宅街の狭い道路から写真に収めるのは案外難しいです。


    中富線58号鉄塔


    中富線58号鉄塔は細い遊歩道を入り込んだところにありました。
    電柱や梅林や住宅に阻まれて全体が見える場所がないので接近戦で上半分だけ。
    L字鋼を組み合わせた、中富線では標準的なスタイルだと思います。

    次の鉄塔はまるっきり住宅街の中で、鉄塔の建つ一区画を一周してみたものの、みごとに住宅に囲まれていました。
    やむなく建物の屋根越しに・・


    中富線59号鉄塔


    中富線59号鉄塔はパレオを巻いたように、中間部分だけネットが掛けてありました。
    補修工事でもするんでしょうか。
    他の場所でもたまに見かけるんですけど、作業をやっているのを見たことがありません。

    あっ、土日はお休みなのかな!?

    無駄に入り組んだ住宅街の迷路を自転車で右に左に送電線を目印に南東方向を目指して走ります。
    この辺は市境が入り組んでいて、57号、58号が武蔵野市、59号からは小金井市になります。


    中富線60号鉄塔


    中富線60号鉄塔で送電線が大きく向きを変えています。
    常に一方向に力がかかるせいか、この鉄塔はいかにも頑丈そうな鋼管鉄塔でした。
    ここは鉄塔真下に切り込んで見上げて撮ってみました。

    2012年12月2日
    (つづく)

    テーマ : 日帰りお出かけ
    ジャンル : 旅行

    tag : 中富線 送電線 鉄塔 自転車 ポタリング 写真 サイクリング

    オオニシキソウ(大錦草)

  • 2012/12/05 : 狭山丘陵の四季
  • 名前だけ聞いたらどんなにすごいなのか、横綱級の植物を想像してしまいます。
    ・・が、実物はものすごく小さくて、どこが大錦なんだかよく分かりません。
    さらに小さいコニシキソウというのがあって、それより大きいのでオオニシキソウなんでしょうかね。


    オオニシキソウ(大錦草)


    小錦といえば角界でも特に大きかったので、イメージと実物のギャップが大きいです。

    実のでき方がいかにもトウダイグサ科らしいですね。
    は雄しべひとつだけ、雌は雌しべひとつだけという最小構成で、まったく無駄がないというか、いかにも野のらしく合理的にできている印象です。
    肉眼で見たら白い点々くらいにしか見えませんが、マクロで撮ると意外とかわいらしいものです。

    写真
    オオニシキソウ大錦草) トウダイグサ科 
    トウダイグサらしく杯状序を形成します。
    でもいまひとつ形がはっきりしません。
    ヤハズソウとともに荒地を覆ってました。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/15 13:45:17
    Tv 1/80
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    周囲の葉はヤハズソウ。
    この写真はそれぞれのにピントがあっているんですけど、それでもこれだけ離れると単なる白い点にしか見えません。


    オオニシキソウ(大錦草)


    ちなみに狭山丘陵にはコニシキソウも咲きますが、今年はめぐり合わせがよくなくて撮れませんでした。
    なお、白い花びらのように見えるのは花ではありません。
    総苞の一部が発達したもので、腺体の付属体だそうです。

    今日のキノコは、これはカワラタケでよろしいでしょうね。


    カワラタケ


    倒木一面にびっしりと生えてました。
    確かに瓦のように見えるかもしれません。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : オオニシキソウ 大錦草 コニシキソウ 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ カワラタケ

    送電鉄塔をゆく(15)~中富線シリーズ3の2「小金井公園」

  • 2012/12/04 : 送電鉄塔
  • 一昨日載せた中富線54号鉄塔から都立小金井公園の中に入りました。
    中富線送電線は、小金井公園の東端を北西から南東に横切っています。
    続く中富線55号鉄塔も公園の木々の中に立っています。


    中富線55号鉄塔


    かすれて見えませんが、「平 4.6」という文字と53mの記載がありました。
    真下から見上げる53mは・・う~ん、首が痛い。
    この鉄塔はV字型の碍子で複導体の送電線を吊り下げている、中富線ではごくありふれたスタイルです。

    せっかく小金井公園まできて鉄塔ばかり見上げていても季節感もへちまもないので、色づいたイチョウを眺めつつ暫し休憩。


    東京都立小金井公園


    ちょっと雲が増えてきました。
    天気予報では天気が下り坂って話だったので先を急ぎましょう。
    次の中富線56号鉄塔も公園の中で、木々に囲まれて佇んでいます。


    中富線56号鉄塔


    ここはもう公園の南東の隅っこで、中富線57号鉄塔は公園の外にありました。
    鉄塔の向こうは五日市街道が走り、道路に沿って玉川上水が流れています。


    中富線57号鉄塔


    ここから先はまた追跡しにくい住宅街が続く模様・・
    公園の中は自転車も走りやすくてよかったんですが、またしても迷路の中に突入します。

    2012年12月2日
    (つづく)

    テーマ : 日帰りお出かけ
    ジャンル : 旅行

    tag : 中富線 送電線 鉄塔 サイクリング ポタリング 写真

    ケチヂミザサ(毛縮み笹)

  • 2012/12/03 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日は今シーズン初の送電鉄塔シリーズを載せましたが、今年撮ったでまだ掲載していないのがいっぱいあるので当面は1日交代で載せようと思います。
    で、今日はケチヂミザサです。


    ケチヂミザサ(毛縮み笹)


    わざと逆光で撮っているのは、開出毛が光ってよく分かるからです。
    狭山丘陵に生えているチヂミザサは有毛のタイプが多いらしく、無毛のチヂミザサはあまり見かけません。
    は初秋、ごらんのとおり目立ちません。

    雄しべが出ているのでかろうじて咲いているのが分かります。

    写真
    ケチヂミザサ毛縮み笹) イネ科
    後はひっつき虫になります。
    ベタベタと粘液でくっつくタイプなので、刺さるタイプのひっつき虫がつきにくいジーパンにもよく付きます。
    あっという間に裾がベタベタのゴワゴワになることもあります。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/09/08 10:43:10
    Tv 1/125
    Av 3.5
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    もう1枚、これもケチヂミザサ


    ケチヂミザサ(毛縮み笹)


    今年撮った写真を見直していたら、ありました。
    毛のないチヂミザサの写真が終わってますけど撮ってました。
    無毛のツルツルで、違いがはっきり分かります。


    チヂミザサ(縮み笹)


    チヂミザサを見つけたら、毛があるかないかをご覧になってください。
    なお、この差は「亜種」というくらいのもののようです。
    あえて別種とする必要なし、という説もあるようです。

    を載せたらキノコも1枚。
    小さなキノコが倒木にびっしり生えてました。


    キノコ軍団


    カワラタケではなさそうだし、何でしょう!?

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ケチヂミザサ 毛縮み笹 チヂミザサ 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ

    送電鉄塔をゆく(15)~中富線シリーズ3の1「花小金井から小金井公園へ」

  • 2012/12/02 : 送電鉄塔
  • 暦はもう師走、野の花もほぼ終わってしまったので当ブログの第二テーマである送電鉄塔を辿る旅に出かけました。
    第二テーマというよりは二毛作テーマと言ったほうが正確かもしれません。
    いきなり長距離は疲れるので、今シーズンの足慣らしとして2009年の10月と11月に25基ずつ徒歩で辿った東京電力中富線の続編です。


    中富線51号鉄塔


    2009年は秋津から北に向かって武蔵赤坂開閉所まで、南に向かって花小金井まで徒歩で移動だったので非常に疲れました。
    その後、幸いにして思惑通りに折りたたみ自転車を手に入れたので、今回は自転車を車に放り込んで花小金井まで行きました。
    ・・が、コインパーキングはどこも満車で、結局はスタート地点から2kmあまり先まで行ってようやく発見・・やれやれ。

    とりあえず前回の終着点である50号鉄塔を確認してから本日のスタート地点である中富線51号鉄塔に向かいました。
    てっきり西武線の線路の向こう側にあると思ったら手前だったのね・・

    ちなみに場所は西武新宿線の花小金井駅から田無駅方向に500mくらいの線路脇です。


    中富線52号鉄塔


    近くの踏切を渡って西武新宿線を越え、次の中富線52号鉄塔に向かいます。
    一帯はごく普通の住宅街で、袋小路や行き止まりに何度か行く手を阻まれつつ到着。
    天気は下り坂らしいですけど、かろうじて青空が見えています。

    続く中富線53号鉄塔も住宅街で、電柱とか多くて鉄塔が撮りにくいです。
    ここは完全に袋小路になっていて、大きく迂回することを余儀なくされました。


    中富線53号鉄塔


    次の鉄塔は林の中にあるようです。

    おっと、ここは都立小金井公園じゃありませんか。
    子どもたちがまだ小さいころに何度か遊びに来ました。
    それどころか、私が小学生の頃に遠足でも来たし、40年来おなじみの公園です。
    う~ん、この公園を高圧線が横切っていたとは気が付かなかったな・・


    中富線54号鉄塔


    ちなみに東京電力中富線は川越市の武蔵赤坂開閉所と世田谷区の千歳変電所を107基の鉄塔で結んでいる、15万4千ボルトの送電線です。
    やっと半分かぁ・・いつになったら千歳変電所にたどり着くやら。

    2012年12月2日
    (つづく)

    テーマ : 日帰りお出かけ
    ジャンル : 旅行

    tag : 送電線 鉄塔 サイクリング ポタリング 中富腺 写真 折たたみ自転車

    ようこそ!
    カレンダー
    11 | 2012/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR