マルバスミレ(丸葉菫) 

  • 2013/03/31 : 狭山丘陵の四季
  • どんよりと厚い雲に覆われて暗くて肌寒い日曜日でした。
    雨だけは免れたのでまだよかったですが、昨日の雨でスミレたちもなんだかくたびれてしまっているようでした。
    その中でいちばん元気いっぱいだったのがこれです。


    マルバスミレ(丸葉菫) 


    真っ白な弁にわずかに紫の縞が入っています。
    スミレの中ではが大きめで群生しているとなかなか見ごたえがあります。
    狭山丘陵では北側のほうが多いかもしれません。

    南側でも特に珍しいってことはないと思いますが。

    写真
    マルバスミレ丸葉菫) スミレ
    全体に毛のあるものないもの、側弁の付け根に有毛のもの無毛のものといくらかバリエーションがあります。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/03/31 14:26:29
    Tv 1/100
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    埼玉は寒い週末でした。
    めげずに2日とも出かけてそれなりの収穫があったものの、すでにこの時期で見逃したもあって、今年は昨年と違う意味で季節が読みづらいです。
    どのも早く咲いて、咲く順番が間違ってるんじゃないの!?と思うくらい。


    マルバスミレ(丸葉菫) 


    今日はスミレだけで8種類ほど撮ってきました。
    中にはかろうじて間に合ったものあり、何でもう咲いているんだよというのもあり、変なです。

    マルバスミレの特徴は白い弁、柱頭が三角形(カマキリの顔みたい)、地上茎なし、丸みがあって周囲に鋸歯のある葉、といったところでしょうか。
    このくらい見ておけば狭山丘陵では見間違うことはないと思います。


    マルバスミレ(丸葉菫) 


    最後にアップで1枚。
    気になっていたナガバノスミレサイシンの大群落はもう終わっちゃうだろうなぁ。
    土日しか動けないのに土日とも天気が悪いとお手上げです。

    まぁ天気のことは文句言ってもしょうがないので来年の楽しみができたってことで整理しておきましょう。
    スポンサーサイト

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : マルバスミレ 丸葉菫 ケマルバスミレ 写真 狭山丘陵 野草 スミレ

    アマナ(甘菜)

  • 2013/03/30 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵は冷たい霧雨の降る生憎の土曜日になってしまいました。
    今の時期だと晴れればカタクリもきれいなはず・・
    このアマナも晴れないとが開いてくれません。


    アマナ(甘菜)


    残念ではありますが開いてなくても美しいし、何より狭山丘陵に群生地があるということだけでもうれしいので載せてしまいます。
    今日はアマナの群生地を2ヶ所確認できたので、雨の中を歩いた甲斐があったというものです。
    これ以外にもいくつか収穫がありましたので、順次載せていこうと思います。

    ただし、相変わらず植物の盗掘が後を絶たないので場所は記載しません。
    狭山丘陵のどこか・・です。

    写真
    アマナ甘菜) ユリ科
    APG植物分類体系ではユリ科は細分化されていますが、アマナ属はユリ科に残っています。
    球根に甘みがあって食用になるのでアマナというそうです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/03/30 14:01:11
    Tv 1/160
    Av 5.6
    ISO感度 3200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2010:絶滅危惧II類(北多摩)
    埼玉県RDB2011:準絶滅危惧


    来週末、天気がよくて時間があったらダメもとでもう一度見に行ってみようかな・・


    アマナ(甘菜)


    別の場所ではアマナの葉は出ているものの、の付いているのはありませんでした。
    来春あたりは咲くかもしれないので期待しています。

    しかし外で何かするには寒い気候でした。
    帰りに食べた坦坦麺が五臓六腑に染み渡り、ようやく人心地がつきました。

    うちに帰ったらこやつの相手です。
    みんな出かけていたのでリビングでふて寝してました。


    丸見えだぜっ


    階段の一番下で、一応これでも隠れているつもりなのかな?
    いつも丸見えなんだけど。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : アマナ 甘菜 写真 狭山丘陵 野草 ねこ アメリカンショートヘア

    シロバナタンポポ(白花蒲公英)

  • 2013/03/29 : 狭山丘陵の四季
  • もともとは西日本に分布していただそうです。
    昨年は狭山丘陵以外でも、通勤時に道端でも咲いていました。


    シロバナタンポポ(白花蒲公英)


    岡山よりも西では当たり前に咲いているでしょうけど、埼玉辺りではまだ珍しい部類です。
    昨年撮った場所にまた出ているだろうと思ったら、しっかり3株ほど咲いていました。
    純白のタンポポというのも美しいんですけど、これが狭山丘陵で増えてしまうのは問題なしとは言えないでしょう。

    写真
    シロバナタンポポ白花蒲公英) キク科
    特徴としてはセイヨウタンポポに近いか・・
    総苞の形もどちらかというとセイヨウタンポポの形状に近いようです。
    単為生殖可能(染色体は5倍体)、荒地に強いとなると、徐々にテリトリーを拡大していきそうな気がします。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/03/20 14:20:53
    Tv 1/500
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    セイヨウタンポポ、アカミタンポポといった外来種は数は少ないものの春以外の時期にも咲いています。
    シロバナは日本のタンポポらしく春しか見たことありません。


    シロバナタンポポ(白花蒲公英)


    フォトジェニックななんですけど咲いている場所がちょっと・・
    もう少しだけ手前のほうに咲いてくれないものだろうか。

    先週末は千葉の養老温泉に行ってきました。
    房総一の名瀑布といわれる粟又の滝なんですが、水がほとんどなくて滝という風情ではありませんでした。


    粟又の滝


    風邪引きでヘロヘロ状態で、車1台に6人乗ってとなると運転も気を遣いますね。
    早々にチェックインしてあとはのんびりと風呂入って食っちゃ寝でひたすら休養しました。
    まぁ~よく眠れたこと。

    近場の温泉に行ってのんびり1泊っていうのもいいもんです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : シロバナタンポポ 白花蒲公英 タンポポ 蒲公英 写真 狭山丘陵 野草 粟又の滝 養老の滝

    タネツケバナ(種漬け花)

  • 2013/03/28 : 狭山丘陵の四季
  • 今年の1月27日に昨年撮ったタネツケバナを載せたので、わずか2ヶ月で2回も登場することになっちゃいました。
    こちろん、今回は今年咲いたです。
    3月20日時点で田んぼ一面に咲いていて、まさかこんなすぐにこのを撮るとはまったくの予想外でした。


    タネツケバナ(種漬け花)


    決して派手ではないけれど、一面に群生して咲くと美しいものです。
    昨シーズンはあんまり咲かなかったので、この春はだいぶ様子が違うのに驚きました。
    週末も近いし、スミレたちもいっせいに咲いてきたので、貴重な週末の過ごし方をじっくりと考えるとしましょう。

    写真
    タネツケバナ種漬け花) アブラナ科
    道端に咲くミチタネツケバナと比べるとがひとまわり大きく、弁がしっかりと開いています。
    タネツケバナの仲間は同定が難しいですが、今年はいくつか探してみたいものがあるので首尾よく撮れたら載せることにします。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/03/20 14:05:35
    Tv 1/1000
    Av 3.2
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    ミチタネツケバナの雄しべは4本で、タネツケバナのそれは6本。
    細かい違いがあるものです。


    タネツケバナ(種漬け花)


    ごく当たり前の田んぼの雑草ながら、毎年楽しみにしている花です。
    ところでコオニタビラコは咲いたかな?
    田んぼの土をこね回される前に撮っておかなくちゃ。

    なんてことはないスナップなんですが・・


    へいすけ


    ISO6400ながらノイズも少なく、6Dの高感度性能には恐れ入ります。
    色の出方もだいぶよくなって、調整の手間が軽くなったと思います。
    AFが貧弱といわれるものの、マニュアル主体の私にとってはあまり問題になりません。

    40Dは発売当日に買ったんですが、そのときとボディ価格で1万円しか違わないのにフルサイズで、コストパフォーマンスの高い1台だと思います。
    大きさも40Dと変わらないし、長時間山の中を持ち歩く身にはありがたいです。

    ただ、フルサイズで使えるレンズを2本しか持ってなかったので、そっちの買い足しでえらい出費をしましたが・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : タネツケバナ 種漬け花 写真 狭山丘陵 野草 水田雑草 ネコ アメリカンショートヘア EOS6D

    シュンラン(春蘭)

  • 2013/03/27 : 狭山丘陵の四季
  • この春はシュンランの開もだいぶ早くてびっくりです。
    今日の写真は3月16日に撮ったもので、昨年よりも半月ほど早いです。


    シュンラン(春蘭)


    これは今まで見たことのない場所で撮ったもので、昨年ののあとがガイコツのように残っています。
    これは結実した跡でしょうね。
    シュンランは結実する確率が低いらしく、こういう痕跡を見たのは初めてです。

    以前に比べて狭山丘陵シュンランは数が増えているような気がします。
    単に生息地を見つけたり教えてもらったりしているだけかもしれませんけど・・
    相変わらずシュンラン盗掘の対象なので、画像のExif情報はすべて削除してあります。

    GPS情報まで入っているため、咲いている場所がわかってしまいますので・・

    写真
    シュンラン春蘭) ラン科
    甘い香りがします。
    狭山丘陵でも食用にできるくらいあったそうですが、今や希少な植物になっています。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/03/16 15:35:12
    Tv 1/250
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    この株は5個くらいのが同時に咲いていました。
    あまり規模の大きな株を見ないので、5個は多いほうかも。


    シュンラン(春蘭)


    何ヶ所かで毎年の咲き具合を観察しています。
    今年もすべての株がをつけていました。
    少しは盗掘被害も減っているんでしょうか。

    こちらは毎年チェックしている林の中の株。


    シュンラン(春蘭)


    ま~それにしてもガードの固いだこと。
    外三弁は上と左右に広がるのはよしとして、2枚の副弁が花をガッチリガードしています。
    奥床しいけど、もうちょっと主張してくれてもいいんじゃないの、ランなんだし。

    花自体は弱々しい印象でしたけど、3つ咲いていたので元気にしているということでしょう。
    さて、今年は何種類の自生のランに出会えるでしょうか。
    これもまた楽しみなことです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : シュンラン 春蘭 ラン 写真 狭山丘陵 野草 盗掘

    コスミレ(小菫)

  • 2013/03/26 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵スミレの中では早い時期に咲く種類のひとつです。
    アオイスミレが咲き、相前後してタチツボスミレが咲き始め、程なくコスミレが開する、というタイミングかと思います。
    昨年は4月に入ってようやく撮っていましたが、今年は10日以上早く咲いていました。


    コスミレ(小菫)


    名前は「小」ですがはむしろ大きい部類です。
    何と比べて「小」なんでしょうね。
    毎年チェックしている群落があって、今年もだいぶ咲いてきました。

    次の週末あたりが見頃かなと思いつつ、別のスミレを求めて彷徨う予定ですが。

    写真
    コスミレ小菫) スミレ科
    色や形、大きさがタチツボスミレに似ています。
    葉ももやや長め、柱の先端がタチツボは棒状なのに対してコスミレはカマキリの頭のような形をしています。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/03/20 14:39:13
    Tv 1/80
    Av 4.0
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    3月20日時点の咲き具合はまだこの程度でした。
    今週は気温が低めなのでどれほど咲き進んでいるか、やや気がかりなところです。


    コスミレ(小菫)


    タチツボスミレほどではないにしろ、狭山丘陵には多い種類です。
    さて、今年もスミレの季節が来ました。
    20種類は載せたいところですが、さてどうなりますことか。

    今日のへいすけ。
    空き箱大好き小僧です。


    理想の箱を求めて・・


    こういうダンボールの空き箱が大好きで、見つけると必ず中に入ってみます。
    この箱は小さすぎて居心地が悪いらしく、すぐに飛び出してしまいました。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : コスミレ 小菫 スミレ 写真 狭山丘陵 野草 ねこ アメリカンショートヘア 段ボール箱

    ヒメカンスゲ(姫寒菅)

  • 2013/03/25 : 狭山丘陵の四季
  • 時期の早いで、3月の半ばから下旬に開します。
    の少ない時期なので毎年観察していますはが、昨年は3が25日にちょうどいいのを撮っていて、今年は3月17日にピークを過ぎたのを撮りました。
    なので今年は昨年に比べて10日から2週間くらい早く咲いたようです。


    ヒメカンスゲ(姫寒菅)


    早いのはいいんですが、今年はの時期が早すぎて開の予想がつきません。
    昨年は遅すぎてまったく予想できなかったので、随分極端に振れている感じです。
    今週は体調不要やら外出やらで狭山丘陵に行けなかったので、来週はガッツリといってみようと思います。

    とりあえず、次の週末に雨が降りませんように。

    写真
    ヒメカンスゲ姫寒菅) カヤツリグサ科
    カンスゲの仲間は他にも咲くようです。
    ヒメカンスゲは苞の基部が赤茶色の鞘状なっているのが特徴かと思います。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/03/17 14:07:30
    Tv 1/250
    Av 4.0
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    てっぺんの頂小穂と呼ばれる部分がいわゆる雄花で、触るとクリーム色の花粉がふわっと飛びます。
    その下にいくつかついている毛のようなものが雌小穂=雌花です。


    ヒメカンスゲ(姫寒菅)


    イネ科やカヤツリグサ科は小さい花がまとまって咲くケースが多く、花の集団を「小穂(しょうすい)」と呼ぶそうです。
    この個体は雌小穂がとてもきれいでした。

    今日のへいすけ。
    下に何か気になるものでもあるの!?
    落ちないでよ・・


    下が気になる・・


    昨日、今日と房総方面の温泉に行ってきました。
    風邪で体調は悪いし、天気は悪いし、それでも旅館の食事は完食し、風呂も夕方と翌朝入ったし、それなりに楽しんできました。
    温泉の効能(?)かよく寝たせいか、風邪も今日はだいぶ楽になりました。

    それにしてもこの2日、やたらめったら警察官の姿が目に付きました。
    春の交通安全週間は4月のはずだし・・
    スピード取締りもやっていたけど、何事もなく帰還できてよかったです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヒメカンスゲ 姫寒菅 写真 狭山丘陵 鉄塔 カヤツリグサ科 小穂 ねこ アメリカンショートヘア

    ヒメオドリコソウ(姫踊子草)

  • 2013/03/24 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵で真っ先に咲くのひとつです。
    在り来たりの雑草で、以前は湿った場所に咲く草と思ってあまりいい印象を持っていませんでした。
    でも、春の日を浴びた小さなはなかなか可愛らしいです。


    ヒメオドリコソウ(姫踊子草)


    早春のの盛り合わせというところで・・
    この春はスミレもどんどん咲いてきて、タイミングを逃さないように歩かないと季節が通り過ぎてしまいそうです。
    こういうときに宮仕えは自由が利かずに歯がゆい思いをしますね。

    今週は天気も悪いし出かける予定もあるので来週のお楽しみということで。

    写真
    ヒメオドリコソウ姫踊子草) シソ科
    小さなはホトケノザに似ています。
    葉には細かい毛がびっしり生えて、これで寒さに耐えられるのかも!?
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/03/09 13:43:16
    Tv 1/800
    Av 3.5
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    この投稿は予約で入れています。
    順調に行っていれば温泉でのんびりしている頃のはず。


    ヒメオドリコソウ(姫踊子草)


    さて、そろそスミレシリーズの準備に取りかからねば。
    今年の目標は20種類かな。

    上から目線のへいすけくん。


    上から目線


    階段の上の手摺りがお気に入りの場所のようです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヒメオドリコソウ 姫踊子草 写真 狭山丘陵 野草 ねこ アメリカンショートヘア

    タチツボスミレ(立坪菫)

  • 2013/03/23 : 狭山丘陵の四季
  • 昨年までとは打って変わって今年はたちの開が早いこと!
    うかうかしていたら全部時期を逃してしまいそうです。
    今日は出かけたかったんですが季節はずれの風邪を引いてしまい、一日休養していました。


    タチツボスミレ(立坪菫) 


    狭山丘陵といえばスミレスミレといえばまずタチツボスミレを載せないと落ち着きません。
    狭山丘陵を、というより日本を代表するスミレといっていいでしょう。
    淡い紫色のらしい色合いです。

    写真
    タチツボスミレ立坪菫) スミレ科
    、かなり早い時期から咲き始め、他のスミレたちが終わるくらいまで咲き続けています。
    ハート型の葉にまっすぐな棒状の柱で見分けは簡単だと思います。
    また、タチツボスミレには茎があります。
    この辺が「立ち」の名前の由来でしょうかね。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/03/16 13:52:46
    Tv(シャッター速度) 1/250
    Av(絞り数値) 4.0
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    もう少し経つとゴージャスに咲く大株も出現するんですけど待ちきれません。
    林道脇や半日陰の林床で咲いています。


    タチツボスミレ(立坪菫) 


    今週は身動きできない状態だったので、来週はゴリゴリ貪欲に走り回ってやろうと思います。
    風邪薬のせいか一日中意識朦朧状態の土曜日でした。

    片肘ついて思索に耽るへいすけ氏。
    一体何をそんなに考え込んでいるのか!?


    若きへいすけの悩み・・


    ・・なんていうはずはなく、単に肉球の手入れをしているだけでした。
    何となく考え事でもしているような絵になっちゃったので。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : タチツボスミレ 立坪菫 スミレ 写真 狭山丘陵 野草 ねこ アメリカンショートヘア

    アセビ(馬酔木)

  • 2013/03/22 : 狭山丘陵の四季
  • 突然訪れた感のある春に少々戸惑っております。
    ちょっと油断しました・・
    ここ数年というもの、春の訪れがえらく遅かったし、去年なんてフジのも咲かなかったし。


    アセビ、アシビ(馬酔木)


    まだ今シーズンは「初物」にお目にかかっていないので、掲載実績の少ないのを載せようと思います。
    おなじみのアセビアシビとも)です。
    先週末は狭山丘陵の何ヶ所かで咲いていました。

    いままではそんなにたくさんあるとは感じていなかったけれど、単にの時期が早いので見逃していただけかもしれません。
    この木は、ずっと園芸品種だと思っていました。

    写真
    アセビ馬酔木) ツツジ科 有毒
    庭木にしたり、公園にもよく植えてあります。
    名前のとおり、食べると馬でも酔ったように毒にあたるといいますから猛毒の部類でしょう。
    見た目は可愛らしいんですけどね。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/03/20 14:48:25
    Tv 1/80
    Av 4.5
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    どこかで似たようなを見たと思ったら、街路樹のドウダンツツジに似てますね。
    なるほどどちらもツツジ科ですか。


    アセビ、アシビ(馬酔木)


    林道の金網の向こう側に生えていたアセビですが、枝を金網の隙間から突き出してを咲かせていました。
    前回載せたのが2010年なので3年ぶりの登場です。

    今日のへいすけ。
    獲物を狙うときは目がまん丸になります。


    へいすけ


    へいすけが狙っているのは私の左手。
    へいすけを狙っているのは私の右手のカメラ。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : アシビ 馬酔木 アセビ 写真 狭山丘陵 ツツジ ねこ アメリカンショートヘア

    送電鉄塔をゆく(21)~群馬幹線シリーズ1(9)「4基の419号鉄塔」

  • 2013/03/21 : 送電鉄塔
  • 2012~13年冬の鉄塔シリーズは今回を以って大団円、また秋がうんと深まり木枯らしが吹くようになったら再開です。
    この次のシーズンはどこに行くにしてもスタート地点が遠いのが難点ですが・・
    群馬幹線第一弾の目的地、新坂戸変電所にようやく到達しました。


    群馬幹線420号鉄塔


    群馬幹線420号鉄塔は地図を見ると鉄塔に行ける道があるはずなのに探し方が悪いのか見つかりませんでした。
    なので番号札はなしです。
    青空に赤い帽子が鮮やかな鉄塔でした。

    群馬幹線送電線は、そら豆のような形の新坂戸変電所の縁をなぞるように進んでいきます。
    どういうわけか変電所に接続しないで、迂回して素通りなんですよ・・


    群馬幹線419-3号鉄塔


    群馬幹線419-3号鉄塔。
    出ました、枝番付き。しかも「その3」です。
    ここまで散々欠番にしておいて、ここで鉄塔数の帳尻を合わせるつもりか!?


    群馬幹線419-2号鉄塔


    群馬幹線419-2号鉄塔。
    新坂戸変電所の周囲を迂回する群馬幹線の鉄塔に沿って遊歩道のようになっています。
    植え込みがあったり、ベンチもあったかな・・


    群馬幹線419-1号鉄塔


    群馬幹線419-1号鉄塔。
    ここは鉄塔の番号札が植木で遮られていたので塔頂の番号札で。
    背後に変電所のマイクロ鉄塔が聳えています。

    新坂戸変電所のマイクロ鉄塔はすごく背が高くて、おそらく100m以上あるでしょう。
    50万Vの巨大な只見幹線や新坂戸線の鉄塔もあるし。

    いよいよ今回の最終鉄塔は・・


    群馬幹線419号鉄塔


    群馬幹線419号鉄塔・・・
    これで4基目の419号鉄塔です。
    群馬幹線はこの鉄塔で向きを北に変え、群馬・渋川へのはるかな道程が続きます。

    さて、私のほうは結構な距離を自転車で走ったし、ちょうど新坂戸変電所の正門前まで来たし、キリがいいので川越水上公園に引き返すことにしました。
    来シーズンはこの続きを行ってみましょう。
    願わくば、またこんな青空の日だといいのですが。

    無事に目的地に到達できて、まずはめでたし、めでたし。

    2013年1月27日
    送電鉄塔をゆく(21) 完

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 群馬幹線 写真 鉄塔 送電線 ポタリング 送電鉄塔 青空 新坂戸変電所

    ネコノメソウ(猫の目草)

  • 2013/03/20 : 狭山丘陵の四季
  • の目」の由来は実が割れたところが似ているところから来ているそうです。
    後の実を見たことがないので何ともいえません。
    の目というと、うちのへいすけの目がまん丸なので、そのイメージなんですが・・


    ネコノメソウ(猫の目草)


    今日は午後少しだけ時間ができたので急遽単車で出動してきました。
    そろそろスミレも種類によっては見ごろになっているはずだし、他のだって咲き始めているはずだし。
    で、遊歩道を歩きつつ湿地を見ると、ああこんなところにネコノメソウがあったんだ、と新たな発見。

    立っているとじわじわ水が染み出てくるのでさっさと撮って移動しました。

    写真
    ネコノメソウ猫の目草) ユキノシタ科
    ユキノシタ科はだいぶ内容が見直されて他の科に移ったり新しい科に分類されたりしてますが、ネコノメソウ属はユキノシタ科のままです。
    弁はなくて萼片4枚のみ、雄しべ4本。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/03/20 13:28:48
    Tv 1/50
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    野山北公園あたりは一面が黄緑に染まるくらい咲くんですけど、これを撮った場所は小さな群落でした。

    でも、ここにもあったんだと思うとちょっとうれしいかも。
    どこがなんだか分からないくらい目立たないながら、黄色から緑へのグラデーションが美しく、いかにもらしい色合いです。
    2012年は撮り損ねたようで、2年ぶりの掲載です。


    ネコノメソウ(猫の目草)


    こちらは本物の、へいすけ。
    いつもの場所で、いつものとおり尻尾をピンとあげてます。
    ネコノメソウの「猫の目」はこんな目じゃないと思いますけど、どうでしょう。


    へいすけ@すっかり成猫


    カメラ新調したので電球の下でもストロボなしで普通に撮れます。
    すげぇな、今のカメラは・・

    へいすけの1歳の健診に行ってきました。
    体重は5kgちょっと、すでに成猫なので仔猫用の栄養価の高いえさをあげると太ります、とのこと。
    人も年に一度は健診受けるでしょ、猫も年に一度は受けてください、だそうで。

    えっ、お母さんまったく受けてない!?市役所から通知来るでしょ!!
    ・・と奥さんが諭されて帰ってきました。
    だから、人間ドック受けて二人並んで鼻から内視鏡突っ込まれようよって誘ってるんですけどねぇ。

    私の誘い方がよくないのでしょうか。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ネコノメソウ 猫の目草 ユキノシタ科 写真 狭山丘陵 野草 アメリカンショートヘア

    送電鉄塔をゆく(21)~群馬幹線シリーズ1(8)「東坂戸団地」

  • 2013/03/19 : 送電鉄塔
  • いかん・・今年は春の訪れが早い、早すぎる。
    のんきに鉄塔シリーズに時間を費やしていたらスミレは咲くわ、シュンランは咲くわ、花の季節が始まってしまいました。
    かといって群馬幹線もここで打ち切れないので足早に完結しようと思います。


    群馬幹線426号鉄塔


    一昨日の427号鉄塔を越えると川越市から坂戸市に入ります。
    次の群馬幹線426号鉄塔はスリムな赤白鉄塔でした。
    遠くのほうに鉄塔がたくさん見えているのは、変電所が近いということです。

    この鉄塔から番号札の様子が変わり、いままで青で書いてあったのが白地に黒の文字になっています。
    この形のは青梅のほうでも見たような・・


    群馬幹線424号鉄塔


    425号鉄塔はまたしても欠番で、群馬幹線424号鉄塔は東坂戸団地の端っこにありました。
    ベンチもあるし、小休止にはちょうどいい。
    どうやらこの日の目的地である新坂戸変電所までたどり着けそうです。

    名前も分からない小さな川を越えたらすでに東坂戸団地を通り過ぎていました。


    群馬幹線423号鉄塔


    群馬幹線423号鉄塔は田んぼの中なので接近は断念しました。
    背後に、いつの間にか只見幹線が接近してきています。
    只見幹線434号鉄塔を右に見つつ群馬幹線422号鉄塔へ。


    群馬幹線422号鉄塔


    塔頂が赤く塗られています。
    群馬幹線の鉄塔ではよく見られるんですけど、どういう意味があるんでしょう!?
    他の送電線でも結構あって、かといって他の送電線と交差しているとかでもなく・・

    さあもうゴールは目と鼻の先、どうやら次回で今シーズンの送電鉄塔を行くシリーズは最終回になりそうです。


    群馬幹線421号鉄塔


    群馬幹線421号鉄塔。
    四方八方から送電線が集まってきています。
    あの林の向こう側には圏央道が横たわっていて、その先に新坂戸変電所があるはずです。

    自転車を漕ぐ太腿が少々だるくなってきたかな~!?

    2013年1月27日
    送電鉄塔をゆく(21) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 群馬幹線 写真 鉄塔 送電線 ポタリング 送電鉄塔 青空 東坂戸団地 只見幹線

    ウグイスカグラ(鶯神楽)

  • 2013/03/18 : 狭山丘陵の四季
  • 樹木のとしては特に早い時期に咲くので、毎年先のの少ない時期に載せています。
    暮れのうちから咲いている咲いている場所もあったそうで、きっと気温が高くなるような要素がある場所なのかもしれません。
    私はいつも同じ木を定点観察しています。


    ウグイスカグラ(鶯神楽)


    というのも、撮りやすいところにあるのと、が大きめではっきりした形に咲くこと、というくらいの理由なんですが。
    そういえばなぜか特定の場所のウグイスカグラだけはが大きいんですよ。
    別の種類ってこともなさそうだし、理由が知りたいものです。

    【写真】
    ウグイスカグラ鶯神楽) スイカズラ科
    スイカズラ科はAGP分類体系ではいろんな科に細分化されてしまったけど、ウグイスカグラスイカズラ科に残っています。
    後にできる赤い実は食べられるそうです。
    でも、鳥たちのために残しておきましょう。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/03/16 15:04:18
    Tv 1/250
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    いつもワンパターンの写真なので、今回は透過光でいってみました。
    普通に撮ったのも一枚載せておきます。


    ウグイスカグラ(鶯神楽)


    ヤマウグイスカグラ、ミヤマウグイスカグラなんていうのもあるらしいですけど、狭山丘陵のはウグイスカグラばかりのように思います。
    どうでしょうか。

    わが家で一番寝相の悪いやつ!!


    へいすけ@寝相わるすぎ


    無防備すぎ。
    世の中には敵が存在するということを教えてやらないといけないのか・・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ウグイスカグラ 鶯神楽 狭山丘陵 定点観察 スイカズラ科 透過光 ねこ アメリカンショートヘア

    送電鉄塔をゆく(21)~群馬幹線シリーズ1(7)「小畔川」

  • 2013/03/17 : 送電鉄塔
  • 入間川や小畔川付近の地理は、2年前に只見幹線の追跡を行ったときとほぼ同じ場所なのでよく覚えていて迷いません。
    ただ、あちこちでものすごく様子が変わっていて驚くんですが・・


    小畔川


    どこから3k?これって3kmの意味ですよね。
    小畔川の土手を下流方向に向かい、橋を渡って上流方向に折り返し、次の鉄塔に到達しました。


    群馬幹線434号鉄塔


    群馬幹線434号鉄塔
    またしても435号鉄塔は欠番です。
    視界を遮るものは少ないのに、もしかしたら435号鉄塔を通過しちゃったんでは!?という不安がなきにしもあらず。

    安定感を感じる鉄塔です。
    次は群馬幹線432号鉄塔で、またしても433号鉄塔は欠番でした。


    群馬幹線432号鉄塔


    4基続けて偶数番だったので、半分欠番ということは何となく群馬まで行けちゃうんじゃないかという気にしてくれます。
    ・・・と思っていた矢先の次の鉄塔には意表を突かれました。
    群馬幹線431号鉄塔でした。


    群馬幹線431号鉄塔


    小堤変電所という小さな変電所に群馬幹線の154kVを引き込んでいます。
    こういう末端の変電所には66kV送電線から取り込むケースが多いけど、この辺には工場もあるので群馬幹線から引き込んでいるんでしょうか。
    まぁどうでもいいけど。

    次の鉄塔は群馬幹線427号鉄塔・・って一気に3つも飛ばしちゃうのかよ!?


    群馬幹線427号鉄塔


    たぶん古い鉄塔を建て替えたときに数が減って番号を間引きしたんでしょうけど、どうにも法則性がなくていつも途中を見逃してしまったんじゃないかという不安に責め苛まれます。
    どうせなら全部新しく連番で振りなおせばいいのにねぇ。

    送電線の向きを変えて踏ん張る鉄塔の高さは45m。
    このあたりの群馬幹線では低い部類だけど、踏ん張らないといけないので低くなっているのか・・
    どうでもいいことを考えつつ、この鉄塔の先でわが自転車は川越市を脱出し、坂戸市に突入しました。

    2013年1月27日
    送電鉄塔をゆく(21) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 群馬幹線 写真 鉄塔 送電線 ポタリング 送電鉄塔 青空 小畔川 只見幹線

    ヒサカキ(姫榊)

  • 2013/03/16 : 狭山丘陵の四季
  • 靖国神社の桜が開した16日、すっかり春の陽気の狭山丘陵を歩いてきました。
    尾根道を歩いていると、来ましたよ、春の香りが。
    ヒサカキの独特なニオイです。


    ヒサカキ(姫榊)


    見た目はかわいいですが、このの香りは「匂い」というよりこっちの「臭い」でしょうね。
    言葉で表現するのは難しいですが、都市ガス臭なんていわれます。
    私としてはラーメン屋の勝手口のにおいかな。
    同行のFさんはラーメンの出汁のにおいとおっしゃってましたが、かなり近いです。

    かなりにおいが強い(というか、濃い)ので、姿が見えなくても近くに咲いていることを知ることができます。

    写真
    ヒサカキ姫榊) サカキ科
    このも早い開です。
    昨年は4月1日にとってましたから、2週間くらい早いです。
    うちの庭にいつの間にか生えていて、まだ見てないけど咲いているはず。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/03/16 13:37:28
    Tv 1/125
    Av 4.5
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    雄花と雌花があって、おおむね雌雄別の木になっています。
    ・・が、両性花があったり、完全に雌雄異株になっていなかったり、身近な植物なのにまだ謎の部分が多いそうです。


    ヒサカキ(姫榊)


    ちなみに今日のふたつはどちらも雄花です。
    雌花は小さくて撮りにくいんです。

    今日のへいすけ。
    かくれんぼ中です。たぶん、これで隠れているつもり。


    へいすけ@かくれんぼ中


    うにゃうにゃと変な声を出すので、最近私は「うにゃん」と呼んでいます。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヒサカキ 姫榊 写真 狭山丘陵 春の香り ねこ アメリカンショートヘア

    送電鉄塔をゆく(21)~群馬幹線シリーズ1(6)「なぐわし公園PiKOA」

  • 2013/03/15 : 送電鉄塔
  • 群馬幹線をさらに北上していくと、並行している只見幹線が心なしか接近してきているように思えます。
    この写真は寄りかかってきているようにも見えますけど、もちろん広角レンズの歪曲収差によるものです。
    群馬幹線440号鉄塔は私有地にあるようなので接近は断念しました。


    群馬幹線440号鉄塔


    またしても442号、441号は欠番です。
    これはもしかしたら思った以上に鉄塔の数が少なくて、最後まで行けちゃうんじゃない!?
    ・・なわけないか。

    群馬幹線439号鉄塔で西に向きを変え、背の高い只見幹線鉄塔脇をくぐり抜けて交差しています。


    群馬幹線439号鉄塔


    2年前にも見た光景だけど、壮観だなぁ。
    もちろん赤白の只見幹線のほうがずっと背が高いのだけれど、群馬幹線だって60m近くあるはずで、決して小さいほうではありません。
    すれすれで交差しているように見えて、結構なマージンを確保しています。

    次の群馬幹線438号鉄塔は引込線付きです。


    群馬幹線438号鉄塔


    この鉄塔の先は、2年前は広範囲で工事を行っていて、ものすごい迂回を強いられた場所です。
    でも今回は工事が終わっていて、すんなり通り抜けて小畔川の土手に出られました。
    写真右手に見える建物が「なぐわし公園PiKOA」とかいう施設で、これを作っていたんですね。

    となりにゴミの焼却場があるので廃熱利用のプールがあったり、スポーツ施設があるようです。
    迂回せずにまっすぐ通り抜けられたのと、なにより清潔なお手洗いを借りられたのがありがたい。

    ただしいい面ばかりではなく、小畔川の土手から見えた群馬幹線と只見幹線の交差している光景はこの施設に遮られて見えなくなってしまいました。
    まぁこんなことを嘆くのは100万人に1人いるかいないか。(笑)


    群馬幹線436号鉄塔


    次は群馬幹線436号鉄塔で、ここも437号が欠番になっていました。
    なにはさておき何に由来するのか分からない名前の施設のおかげでまっすぐ小畔川の土手まで到達できました。

    2013年1月27日
    送電鉄塔をゆく(21) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 群馬幹線 写真 鉄塔 送電線 ポタリング 送電鉄塔 青空 小畔川 只見幹線

    ホトケノザ(仏の座)

  • 2013/03/14 : 狭山丘陵の四季
  • 春先の定番、というか狭山丘陵付近では真冬でも咲いているのを見かけます。
    霜でコチコチに凍ったもそれはそれでいいんですけど、色もきれいだし春らしく撮りたいものです。


    ホトケノザ(仏の座)


    春の七草にも「仏の座」っていうのがありますがキク科のタビラコのことで、このホトケノザとは別物です。
    ですので、この草を食べないように・・苦くてまずいそうです。
    タビラコもたくさん咲く場所があるのできっと遠からず登場することになるでしょう。

    写真
    ホトケノザ仏の座) シソ科
    小さなながら凝った形をしています。
    狭山丘陵では秋にも咲いているのを見かけますが、春に気候が似ているからでしょうか。
    別名:三階草
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/03/09 12:18:12
    Tv 1/160
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    昨年も3月のはじめに撮っていて、ほんのちらほら咲いている程度でした。
    今年は賑やかに咲いています。


    ホトケノザ(仏の座)


    桜の開も早いらしいし、何年か振りでまともな時期に春が来てくれそうです。
    期待しちゃうな~。
    今週も週末が近いし、どんなが咲いていることか。

    今日のへいすけ。
    2日に一度でも載せるのは大変なんです。


    へいすけ@眠そう


    手を出したらペロペロと毛づくろいをしてくれました。
    やすりみたいなザラザラの舌の感触は独特です。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ホトケノザ 仏の座 写真 狭山丘陵 野草 三階草 ねこ アメリカンショートヘア

    送電鉄塔をゆく(21)~群馬幹線シリーズ1(5)「欠番だらけ」

  • 2013/03/13 : 送電鉄塔
  • ようやく川越の市街地を脱出したわが自転車は、田園地帯を北上します。
    やっぱりこういう広々したところを走りたいもんですよ。
    坂もないので走りやすいし。(笑)


    群馬幹線446号鉄塔


    群馬幹線446号鉄塔は小さな変電所の敷地にあって、下段の脇田線から引き込んでいます。
    このあたりの一般家庭などに配電している末端の変電所でしょう。
    ここは447号鉄塔じゃなくて446号鉄塔で、447号は欠番になっています。

    次の鉄塔群馬幹線444号鉄塔でした。
    またしても445号鉄塔は欠番になっています。


    群馬幹線444号鉄塔


    この鉄塔の先には入間川が横たわっています。
    土手の東屋で小休止、水分と糖分の補給をして雁見橋入間川を越えます。


    入間川(雁見橋付近)


    入間川の土手から群馬幹線443号鉄塔を見てびっっっくり!!


    群馬幹線443号鉄塔


    鉄塔の周囲に新しい住宅がこれでもかというくらい立ち並んでいます。
    2011年2月に同じ場所から撮った写真を再度掲載します。
    2年前の面影はかけらも残っていません。


    群馬幹線443号鉄塔(2011年2月当時)


    何にもなかったんですよ、2年前は。
    今回は鉄塔の番号札すら撮れませんでした。

    2013年1月27日
    送電鉄塔をゆく(21) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 群馬幹線 写真 鉄塔 送電線 ポタリング 送電鉄塔 青空 入間川 雁見橋 只見幹線

    オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

  • 2013/03/12 : 狭山丘陵の四季
  • この時期の狭山丘陵ではこののひときわ鮮やかなブルーが目を引きます。
    まさにわが世の春を謳歌しているって感じですね。
    他のがまだ少ない時期に、ここぞとばかりに咲き誇っています。


    オオイヌノフグリ


    去年は3月3日に撮っていたので、このに関しては昨年と大差ない開時期かもしれません。
    でも、他のはやや早めのようです。
    週末に少し撮ってきたので順次載せましょう。

    まだまだ載せそびれシリーズも残っていて、ほんとうに載せそびれになっちゃいそうですが。

    写真
    オオイヌノフグリ大犬の陰嚢) オオバコ科(APG3)
    植物の名前に「イヌ」とつくものは多いですが、大概は「否」の意味です。
    でもこれは「犬」。
    漢字で書いたらちょっと・・
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/03/09 13:00:07
    Tv 1/500
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    ごく当たり前の雑草ですが、一面に咲くとみごとなものです。
    ピークはまだこれからなので、びっしりと一面を埋め尽くす青いが撮れるといいんですけどね。


    オオイヌノフグリ


    今週末も狭山丘陵に出動する予定です。
    さてどんな花が出迎えてくれるでしょうか。

    今日のへいすけ。
    すまして猫をかぶっています。


    今日のへいすけ


    猫だけど・・・
    私の夕食後にひとしきりかくれんぼをして、飽きるとリビングに行っちゃいます。
    遊んでやってるんだぜ、なんて言ってたりして。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : オオイヌノフグリ 大犬の陰嚢 写真 狭山丘陵 野草 雑草 ねこ アメリカンショートヘア

    送電鉄塔をゆく(21)~群馬幹線シリーズ1(4)「只見幹線と併走」

  • 2013/03/11 : 送電鉄塔
  • 昨日は暴風が吹き荒れ、夏日を記録したかと思ったら一転真冬のような寒さになりました。
    油断は禁物、体調崩さないように気をつけましょう。
    花は咲き始めたものの本格的な春はもうちょっと先のようで、冬の名残の鉄塔シリーズの出番もまだありそうです。

    群馬幹線451号鉄塔川越西郵便局の少し北にあります。


    群馬幹線451号鉄塔


    写真水上公園通りの入り口から撮ったもので、この日のスタート地点である川越水上公園は目と鼻の先です。
    この先、左のほうから接近してくる送電線があります。
    只見幹線です。

    次の群馬幹線450号鉄塔まで行くと、ほぼ並行して北上していきます。


    群馬幹線450号鉄塔


    このあたりの只見幹線は2011年2月に追跡しているので2年ぶりということになります。
    当時は併走する群馬幹線も撮っておこうかと思いましたが、新坂戸変電所まで行けるか不安だったので横目で見つつあらためて訪れようと思ったのでした。

    群馬幹線449号鉄塔は高さ67mの赤白鉄塔で、東武東上線の線路脇に建っています。
    柵なしです。


    群馬幹線449号鉄塔


    電車と一緒に撮りたいと思っていると来ないんですよね・・・
    送電線に沿って見晴らしのいい冬枯れの田んぼの中を自転車で走ります。
    すると・・


    交差点注意


    軽トラ1台分くらいの道幅で、見晴らし抜群なのにこの表示って必要!?
    もしかして見通しが利きすぎて事故が多いんでしょうか。
    まぁどうでもいい。

    右が群馬幹線448号鉄塔、左は只見幹線。
    どっちも山奥の水力発電所の電力を首都圏に送電しています。


    群馬幹線448号鉄塔


    2年前はこの先で大規模な工事をしていて大迂回を強いられた場所ですけど、さてどうなっているでしょうか。

    2013年1月27日
    送電鉄塔をゆく(21) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 群馬幹線 川越 写真 鉄塔 送電線 ポタリング 送電鉄塔 青空 水上公園 東武東上線

    アオイスミレ(葵菫)

  • 2013/03/10 : 狭山丘陵の四季
  • ついにやってきました、スミレです。
    2013年シーズンの幕開けをアオイスミレで飾れることはこの上ない喜びです。
    なにしろまだセントウソウですらちらほら咲き始めたところですからね。


    アオイスミレ(葵菫)


    数日暖かい日が続いていたので、期待半分、偵察半分でアオイスミレの群生地にいってきました。
    行きがけは道の右側、帰りは反対側を目を皿のようにして集中します。
    たぶん仕事でもこんなに集中することは少ないというくらい。(笑)

    ほとんどの株は蕾だけかようやく咲き始めたところでしたが、帰りがけにいっぱい咲いている株を見つけました。
    ありがとう、謹んで撮らせていただきます。

    写真
    アオイスミレ葵菫) スミレ
    狭山丘陵のスミレでは最も早く咲く部類です。
    昨年は3月25日に撮っていますので、今年は2週間も早い開でした。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/03/10 13:57:58
    Tv 1/250
    Av 3.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    幅1cmくらいの小さなで、側弁が開かず前のほうに出ているのでなかなか撮りにくいです。


    アオイスミレ(葵菫)


    今日はこの一点狙いでしたので、暴風も吹き荒れているしとっとと帰りました。
    でも満足感十分です。
    タチツボスミレはあちこちで葉が大きくなり、アオイスミレもたくさん蕾が出ています。
    まであと一息かな。


    アオイスミレ(葵菫)


    スミレの魅力は小さいながらも健気に落ち葉を掻き分けてを告げるように咲いているところかな・・
    3枚目は以前はたくさんあったものの、金網の設置で姿を消してしまった場所で咲いていたものです。
    また逞しく子孫を増やしてくれますように。

    今日のへいすけ。
    自分のベッドのクッションを踏み踏みしています。


    ふみふみへいすけ


    とても機嫌よく喉をゴロゴロいわせて踏み踏みしています。
    これはお母さんのおっぱいを刺激して母乳が出やすくする行動からきているそうです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : アオイスミレ 葵菫 スミレ 写真 狭山丘陵 野草 ねこ アメリカンショートヘア

    送電鉄塔をゆく(21)~群馬幹線シリーズ1(3)「県道160号線」

  • 2013/03/09 : 送電鉄塔
  • わが自転車は艱難辛苦を乗り越えて川越市の住宅街をようやく脱出し、国道16号線を越えて一直線に伸びる県道160号線に出ました。
    しばらく群馬幹線鉄塔はこの県道沿いに建っています。
    鉄塔の間隔は200mあるかないかで、少なくとも5基くらいは一気に行けそうです。


    群馬幹線460号鉄塔


    群馬幹線460号鉄塔
    右側の道路が国道160号線で、振り返るとすぐ先の交差点からは国道16号線です。
    相変わらず空が青いな~。

    この写真には2つ先の鉄塔まで写っています。
    歩道を進めば迷うことなく到達できます。
    住宅街で苦しんだから、多少楽できる区間があっても罰は当たらないでしょう。


    群馬幹線459号鉄塔


    あっという間に群馬幹線459号鉄塔に到着しました。
    電柱やら信号機やら、余計なものが写り込んでいます。
    この辺も道路沿いにいろんな建物が立ち並んでいるので仕方がない。

    自転車通行可の歩道を安全運転でちんたら走ります。
    これじゃエクササイズにはならないな・・・

    次の鉄塔は赤白で、かなり高さがありそうです。
    自動車の教習所の前にありました。


    群馬幹線453号鉄塔


    群馬幹線453号鉄塔・・あ~また時空のねじれにはまったか~。
    要は458~454号鉄塔は欠番です。
    群馬幹線は歴史のある送電線なので、建て替え時に鉄塔の数が減った分をここで調整しているのでしょう。(注:勝手な憶測)

    赤白鉄塔には青空が似合います。


    群馬幹線452号鉄塔


    続く群馬幹線452号鉄塔まではちょっと距離があって、地図で見たら約300mと、他の鉄塔の間隔と比べて1.5倍あります。
    だったら他の鉄塔も300m間隔で建てたら鉄塔の数を減らせるじゃん!?
    なんでここは間隔が長いのか・・考えても分からないので先進みましょう

    この県道沿いの鉄塔はどうやらあと1基のようで、左のほうから只見幹線の送電線が接近してきています。
    以前に只見幹線を辿ったときにしばらく群馬幹線と併走していたのを思い出しました。

    この先はいつか来た道です。

    2013年1月27日
    送電鉄塔をゆく(21) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 群馬幹線 川越 写真 鉄塔 送電線 ポタリング 送電鉄塔 青空 国道16号線 県道160号線

    カキネガラシ(垣根芥子)~2012年の載せそびれ

  • 2013/03/08 : 狭山丘陵の四季
  • ひょろひょろと細い枝を四方八方に伸ばして、先っちょに黄色い四弁のが咲きます。
    アブラナ科の植物の中でも、見栄えのしないといわれても仕方がないかも。
    野草ですから彼らにとってもっとも合理的なを咲かせているんでしょうけど。


    カキネガラシ(垣根芥子) 


    きれいに撮ってあげたいんですけど、どこにピントを置けばいいのやら・・
    あんまり下のほうまで写すとやたら横に広がっているので先端部分だけにしました。
    このが咲くのはあと1ヶ月ちょっと先かな。

    写真
    カキネガラシ垣根芥子) アブラナ科
    これはこれでいいだと思うんです。
    もうちょっと目立ってくれたらなおよかったのに。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/05/12 13:22:32
    Tv 1/250
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    長い長い一週間が終わりました。
    詳しいことは書きませんが何だか随分すり減った気分です。
    明日は天気もよさそうだし、狭山丘陵でリフレッシュといきましょう。


    カキネガラシ(垣根芥子) 


    今日のへいすけ。
    なかなか撮らせてくれないので、じっと構えて・・


    へいすけ@3月9日で1歳


    その緑色の瞳にはこの世界がどんなふうに写っているのか。
    幸せかい?
    明日は満1歳の誕生日を迎えます。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : カキネガラシ 垣根芥子 写真 狭山丘陵 野草 ねこ アメリカンショートヘア

    送電鉄塔をゆく(21)~群馬幹線シリーズ1(2)「川越市の住宅街」

  • 2013/03/07 : 送電鉄塔
  • 群馬幹線送電線はなおも川越の住宅の上を跨いで伸びていきます。
    おかげで、どうしても住宅の屋根越しに撮らざるを得ません。
    ただ、番号札を写真の隅っこに入れられるというのは、鉄塔の真下とかごく近くまで行ったという証ではありますが。


    群馬幹線464号鉄塔


    群馬幹線464号鉄塔は接近できましたが逆光なのでやむなく反対側から。
    ここから川越駅までちょうど1kmという近さなので住宅が密集していても何の不思議もありません。
    ・・が、そこを群馬幹線送電線が突っ切っていきます。

    次の群馬幹線463号鉄塔は路地の突き当たりにあって、住宅街にしては全体が見やすいところにありました。


    群馬幹線463号鉄塔


    しかしまぁみごとに住宅に包囲されていますね。
    群馬幹線は古い送電線なので、鉄塔のほうが先にあったんでしょうけど。

    このあたりの鉄塔はおよそ200m間隔で立っています。
    200mなんてすぐそこと思ったら、住宅街はそうはいきません。
    入り組んだ道を行ったりきたり、鉄塔がよく見える場所を探します。


    群馬幹線462号鉄塔


    群馬幹線462号鉄塔は地下に送電線を引き込んでいました。
    どこに行くのかは確認しませんでしたが、川越駅周辺の商業施設か、西武新宿線あたりに給電しているのかもしれません。

    道路はこの鉄塔の場所で行き止まりだったので引き返し、次の鉄塔に向かいます。
    群馬幹線461号鉄塔は西武新宿線の線路の向こう側でした。
    随分と細長い鉄塔です。


    群馬幹線461号鉄塔


    この写真、今地図を見てもどこから撮ったのか思い出せない。(笑)
    川越市の斎場の入り口とかそのあたりだったような気がします。

    この鉄塔の向こうは脇田新町、国道16号線が直角に曲がっているところです。
    群馬幹線は国道16号とは無関係に北へと延々続いています。

    2013年1月27日
    送電鉄塔をゆく(21) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 群馬幹線 川越 写真 鉄塔 送電線 ポタリング 送電鉄塔 青空 国道16号

    オオジシバリ(大地縛り)~2012年の載せそびれ

  • 2013/03/06 : 狭山丘陵の四季
  • 2月24日に載せたジシバリとそっくりなです。
    写真だと違いが分からないくらいですが、オオジシバリはタンポポくらいの大きさで、ジシバリはずっと小型です。
    葉もオオジシバリのほうが大きいです。


    オオジシバリ(大地縛り)


    だから「大」なんでしょうけど・・当たり前か。
    狭山丘陵では田んぼの畔とか原っぱの隅っことか、あちこちで咲いています。
    色も大きさもカントウタンポポに似ているものの舌状がずっと少ないし、茎も細いので見間違うことはないでしょう。

    写真
    オオジシバリ大地縛り) キク科
    春らしい黄色です。
    あと1ヶ月もしたら咲き始めるかな。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/05/05 11:17:10
    Tv 1/2000
    Av 4.5
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    ここしばらく関東地方は暖かい日が続くようで、次の週末はもしかしたら何か咲き始めるかもしれません。
    期待はずれでガッカリしないよう、ほどほどに期待しつつ、本当はめちゃくちゃ期待していたりして。


    オオジシバリ(大地縛り)


    今日のへいすけ。
    好奇心旺盛で、息子もへいすけを見習うべきじゃないかと思うくらいです。
    今日は殺虫剤をしきりとくんくん・・・


    今日のへいすけ


    あんまりいいにおいはしないと思うけど・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : オオジシバリ 大地縛り ジシバリ 写真 狭山丘陵 野草 ねこ アメリカンショートヘア

    送電鉄塔をゆく(21)~群馬幹線シリーズ1(1)「この冬いちばんの青空」

  • 2013/03/05 : 送電鉄塔
  • 野草のオフシーズンにあちこちの送電線めぐりをしようと思っていたのだけれど、どういうわけか思うように動けませんでした。
    とうとうこの冬の送電線紀行で未掲載なのはこの群馬幹線のみとなりました。
    これは1月27日に辿ったので少し時間が経っちゃいましたけど、この冬いちばんの青空でしたので載せようと思います。


    群馬幹線468号鉄塔


    スタート地点は群馬幹線468号鉄塔です。
    昨年、京北線その1で南川越変電所の出口にある476号鉄塔から469号鉄塔までは追跡済みですので、その続きということで。
    群馬幹線469号鉄塔で90度南に向きを変えて伸びる京北線、その反対側からやってくるのが群馬幹線です。

    群馬県渋川市の金井水力発電所に端を発し、南川越変電所が終着点です。
    長大な送電線ながら、只見幹線よりも全線踏破の可能性は高そう・・
    とはいえ次が群馬幹線467号鉄塔ですから先はあまりにも長いですねぇ。


    群馬幹線467号鉄塔


    467号鉄塔は住宅街には珍しい柵なし鉄塔でした。

    この日は川越水上公園に車を置いて一旦スタート地点に南下してから北へと向かいました。
    北風を受けて南下したいところですがやはり源流を目指すという(ほとんど不可能な)目的に沿って走りたいもの。
    もちろん今回も自転車です。

    川越市内の住宅街が続きます。
    群馬幹線466号鉄塔はどうにか撮れる場所を見つけました。


    群馬幹線466号鉄塔


    それにしても空が青くて気持ちがいいです。
    寒さとトレードオフってところは止むを得ません。
    自転車で走っていると案外寒さを感じないものです。

    群馬幹線465号鉄塔は某企業の駐車場にあって、中には入れませんでした。


    群馬幹線465号鉄塔


    この先しばらくは川越の住宅街が続くようです。
    群馬幹線は15万4千ボルトなので送電線の真下にも住宅があり、見通しが利きません。
    早く広いところに出たいな・・


    2013年1月27日
    送電鉄塔をゆく(21) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 写真 送電線 鉄塔 サイクリング ポタリング 群馬幹線 京北線 送電鉄塔 只見幹線

    ヤブヘビイチゴ(藪蛇苺)~2012年の載せそびれ

  • 2013/03/04 : 狭山丘陵の四季
  • あまりにも当たり前な雑草のせいか、3年ぶりの登場です。
    日なたに咲くヘビイチゴに対し、ヤブヘビイチゴは半日陰を好むようで日当たりのいい場所では見かけません。
    そのくせ、ヘビイチゴよりも大きな苺ができるんですよね。


    ヤブヘビイチゴ(藪蛇苺) 


    食べても味も何もないのは変わりませんが。

    ヘビイチゴに比べると萼の下にある副萼片が大きいのと咲く場所が違うので見分けは容易でしょう。
    このを見ると、一時期はやった「エリマキトカゲ」を思い出してしまいます。
    日陰に咲く黄色いにおおきな襟巻きがあったらヤブヘビイチゴです。

    写真
    ヤブヘビイチゴ藪蛇苺) バラ科
    名前はイチゴ、実もイチゴに似ていますがキジムシロ属で、食用のイチゴ(オランダイチゴ属)とは別属です。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/05/05 11:25:00
    Tv 1/80
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    葉は三小葉、深い緑でなかなかいい色です。
    でもあんまりいい印象の植物ではないかな・・名前が「藪」に「蛇」ですもんね。


    ヤブヘビイチゴ(藪蛇苺) 


    ヘビイチゴと比べるとの密度が薄く、疎らに咲いていることが多いです。

    今日のへいすけは、一昨日とほとんど同じです。
    近寄ったらちょっと後ずさりして、2階に誘っているようです。


    へいすけ


    どうやら写真嫌いらしく、カメラを向けるとそっぽ向くようになっちゃいました。
    何かで気を引きながらでないと撮らせてくれません。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤブヘビイチゴ 藪蛇苺 ヘビイチゴ 写真 狭山丘陵 野草 ねこ アメリカンショートヘア

    送電鉄塔をゆく(20)~京北線シリーズ2(10)「迷宮の罠」

  • 2013/03/03 : 送電鉄塔
  • さて、わが自転車鉄塔追跡隊は新座市の市街地を進みます。
    一昨日載せた欠番のおかげで鉄塔の号数が一気に大きな数字になり、ともするとものすごく進捗したように感じてしまうけれど、それはマヤカシに過ぎません。
    京北線69号鉄塔は道路沿いにありました。


    京北線69号鉄塔


    車に気をつけながら、これが精一杯のところか・・
    ここからまた送電線は住宅の上を飛び越えて生きます。
    たどり着ける道はあるのか、それらしき方向に狭い道に入り込みます。

    込み入った迷路みたいなところでしたが、さすがに高さ59mだとよく見えます。
    京北線70号鉄塔は真下まで行けるものの、全体を撮るには障害物が多すぎました。


    京北線70号鉄塔


    とりあえず真下までいって番号札を撮ったのでよしとしましょう。

    この次の京北線71号鉄塔には参りました。
    大きな区画の中にあって、どこに行っても某電気株式会社の建物に視界を遮られてしまいます。
    同じところをいったりきたり、ものすごい時間と体力を消耗しつつ出た結論はここしか撮れる場所がない、ということ。


    京北線71号鉄塔


    すでに日が傾きかけていて、真下から見上げても逆光なんですよね・・
    ここも真下まで行って番号札を撮ったので到達記録として真っ黒けな写真を残しておきましょう。
    この鉄塔には打ちのめされた感がたっぷりです。

    時間的に車の修理も終わる頃だし、同じ場所をぐるぐる回るのも飽きたし、子どもに顔を覚えられてまた来たよみたいな目で見られるし、この日の追跡は京北線72号鉄塔で打ち切りにしました。


    京北線72号鉄塔


    実は3月2日にこの続きを追いかけようと思っていたものの、あまりの強風に心が折れて早々に計画を中止しました。
    できれば3月中に只見幹線か新古河線か京北線の続きをどれかひとつでいいのでやりたいと思っています。
    でももうブログには載せられないでしょうね。

    そろそろ春先の花が咲いてきそうですから。


    2013年2月3日
    送電鉄塔をゆく(20) このシリーズ完

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 京北線 送電線 鉄塔 送電鉄塔 写真 ポタリング 新座市 迷路

    コバノガマズミ(小葉の莢迷)~2012年の載せそびれ

  • 2013/03/02 : 狭山丘陵の四季
  • 撮った本人はコバノガマズミだと思い込んで(決め付けて)おりました。
    可能性としては高いんですが、どうもミヤマガマズミっていうやつもあるようで、条件的には狭山丘陵にあっても何の不思議もありません。
    とりあえずコバノガマズミってことで載せておきますけど、確認したらミヤマだったという可能性もありです。


    コバノガマズミ


    ガマズミコバノガマズミミヤマガマズミの違いをおさらいしたので、今年の5月には見極めてやりましょう。
    3種類とも見つかるといいんですけどね。
    ちなみにだけ見ても見分けはまず無理、チェックポイントは葉です。

    この写真ではどうにも判定できませんが、葉につやがあるのであるいはミヤマガマズミかもしれません。
    この春の課題ってことにしておきましょう。
    忘れなかったら載せます。(笑)

    写真
    コバノガマズミ(小葉の莢迷) レンプクソウ科
    ガマズミの漢字表記は「莢」+草冠つきの「迷」で、機種依存文字でエラーになります。
    先日載せたオトコヨウゾメの漢字表記も同じです。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/05/05 10:25:28
    Tv 1/100
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    蛇足ながら、「ミヤマ」と名がついても必ずしも山深いところにあるとは限らないようです。
    ミヤマガマズミ然り、それ以外にもミヤマナルコユリはじめいくつかそんな名前の狭山丘陵で見られます。

    しかし猛烈な風の吹き荒れる土曜日でした。
    できればうちから出たくないところでしたが、朝9時半に歯医者の予約をしていたのでいやいやながら出かけてきました。
    帰ってきてからは完全に引きこもり状態で過ごしています。

    今日のへいすけ。
    暗かったのでぶれちゃいました。相変わらすiPhoneです。


    今日のへいすけ


    これは遊んで欲しいときのポーズ。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : コバノガマズミ 小葉の莢迷 ガマズミ ミヤマガマズミ 写真 狭山丘陵 ネコ アメリカンショートヘア

    ようこそ!
    カレンダー
    02 | 2013/03 | 04
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR