送電鉄塔をゆく(23)~京北線シリーズ3(5)「秋ヶ瀬迷路」

  • 2013/11/30 : 送電鉄塔
  • いよいよ荒川越えに挑むことになったわが自転車は、秋ヶ瀬橋を東へと向かいます。
    眼下には荒川が滔々と流れを横たえています。
    遠くから見たら小さな川に見えた荒川も、橋の上から見たら立派なものです。


    荒川


    何せ東京都民の水源ですからね。
    何とか渡りきって荒川の川っ縁に立つ京北線89号鉄塔に接近を試みるも、葦の茂みに行く手を阻まれて万事休す。
    自転車の変速機に草が噛み込むし、もうどうしようもない。

    鉄塔はゴルフの練習場の中にあるので、5番アイアン1本持ってくれば撮れるんですがそれもアホらしいし・・

    仕方がなく次の90号鉄塔に向かうものの川に行く手を遮られました。
    気がついたら京北線91号鉄塔の対岸じゃないですか。
    しかも道は行き止まりになってるし。


    京北線91号鉄塔


    かろうじて番号札が見えたのでここは到達ということにしておきます。
    結論を言っちゃうとここで時間切れだったので、91号鉄塔は次回足許までいけるかチャレンジすることにしましょう。
    で、問題は90号鉄塔。

    そっち方向からしきりにブラスバンドの練習らしき音が聞こえてくるのでいけるはす。
    ・・と、前を走るおばちゃ・・いやご婦人の自転車2台が道路右の葦原に吸い込まれていきました。
    行ってみたら、おお、橋があるじゃないですか。


    京北線90号鉄塔


    京北線90号鉄塔はどういうわけかこれだけ水色に塗ってあります。
    あまりにも明るかったので写真では白に見えるかもしれませんが、しっかりした水色です。
    足許に行ってみると遠目には木々に遮られて分からなかったものの、ここもお立ち台付きでした。


    京北線90号鉄塔


    やはり河川敷なので地盤が軟弱なんでしょうね。
    この先の行く手はJR武蔵野線にぶつかったし、時間も限度になったので三度目の京北線追跡はここで打ち切りにしました。
    最後に90号鉄塔のお立ち台の下から結界画像を撮って〆ました。


    京北線90号鉄塔@結界


    さて、次回は秋ヶ瀬から東にスタートです。
    秋ヶ瀬なら車を停めておける場所にも困らないし、ちょうどよかったです。
    時間の割には辿れた鉄塔が少なかったですが天気もよくて風もなく、気持ちのいい一日でした。

    もう一度、この冬のうちに先へ進んでみようかな・・

    2013年11月17日
    送電鉄塔をゆく(23) 完
    スポンサーサイト

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 鉄塔 送電線 京北線 写真 ポタリング サイクリング 荒川 秋ヶ瀬橋 武蔵野線

    ツルボ(蔓穂)

  • 2013/11/29 : 狭山丘陵の四季
  • 季節を遡りながら、今年載せそびれたを拾って載せています。
    やっぱり載せそびれてしまったのはよく見かけるが多いです。
    珍しいものとか思い入れのあるものを先に載せたいと思ってしまうからでしょう。


    ツルボ(蔓穂)


    9月は秋ののピークです。
    でも天気が悪いことが多いんですよね。
    このツルボも雨の降る寸前に撮った気がします。

    関東では梅雨時よりも秋の長雨のほうが雨量が多いと聞きました。

    写真
    ツルボ蔓穂) クサスギカズラ科
    日当たりのいい草地で群れになって出ています。
    たくさん出るところを覚えたので、毎年同じ場所で同じようなのを撮っているような・・
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/09/08 13:47:24
    Tv 1/400
    Av 3.5
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    20世紀の古い体系ではユリ科に分類されていましたが、ちょっと無理があるかな・・
    でもクサスギカズラ科といわれるとそいつぁ一体何者なんだと。
    代表的なものはアスパラガス・・う~ん、よく分からないけど近縁らしいです。


    ツルボ(蔓穂)


    これは、コスギゴケでしょうか。
    高さは2cmくらいだったと思います。
    一面にびっしりと生えていました。


    コスギゴケ?


    コケ類、シダ類、カヤツリグサ科の図鑑を揃えてはみたものの、まずどこからどうやってアプローチしたら調べがつくのか分からない。(笑)
    平凡社のシダ図鑑なんて2万円くらいする(ので借り物)のに、まったく宝の持ち腐れです。
    シダの写真ってどれも同じに見えませんか!?

    それがコケと来た日にゃまったくお手上げです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ツルボ 蔓穂 写真 狭山丘陵 野草 クサスギカズラ科 アスパラガス コスギゴケ

    送電鉄塔をゆく(23)~京北線シリーズ3(4)「荒川へ」

  • 2013/11/28 : 狭山丘陵の四季
  • 新河岸川を越えてからずいぶん苦労させてもらいました。
    一気に自転車の走行距離が伸びた感じです。
    近寄れそうで近寄れなかった大鉄塔、志木線46号(=京北線84号)鉄塔を撮って回れ右をしたらすぐそこに京北線85号鉄塔が聳えていました。


    京北線85号鉄塔


    京北線はかなり苦労が多いので、たまには楽させてもらわないと。
    鉄塔のすぐ脇を送電線に沿うように道がありました。
    その先には赤白の大きな鉄塔が控えています。

    しかし順光で撮れる場所は建材屋さん越しの場所しかありませんでした。
    鉄塔の立つ区画を1周(500mはある!)してみましたが、逆光じゃちょっと・・


    京北線88号鉄塔


    京北線88号鉄塔とありました。
    86、87号鉄塔は欠番です。
    群馬幹線も欠番が多かったですが、京北線も欠番があります。

    そのかわり、この大鉄塔は柵なしでした。


    京北線88号鉄塔@結界


    結界画像を撮ったら、すぐ近くに土手に昇る階段があったので自転車を引っ張りあげると、いよいよ荒川に出ました。
    しかもその先にはこんな光景が・・


    京北線89号鉄塔


    ちょっと分かりにくいですけどお立ち台に乗った赤白の大きな鉄塔の手前に荒川の流れがあります。
    あの鉄塔~京北線89号鉄塔~の下までいけるんでしょうか・・

    どうやらゴルフの練習場、いわゆる打ちっぱなしが鉄塔の向こう側一面に広がっているようです。
    何はともあれチャレンジあるのみ。
    とりあえずは秋ヶ瀬橋で荒川の向こう岸に渡らねば。


    荒川


    しかし秋ヶ瀬橋は全長1.2km、渡ってから荒川の流れまで橋に沿って延々と戻ってこなければならないのでした。
    道程ははるか遠いようです。

    2013年11月17日
    送電鉄塔をゆく(23) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 鉄塔 送電線 京北線 高圧線 写真 ポタリング サイクリング 荒川 秋ヶ瀬橋

    ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)

  • 2013/11/27 : 狭山丘陵の四季
  • 9月に撮ったの載せそびれです。
    これを載せるのは3年ぶりくらいで、毎度ピントがうまく合ってなかったり、がしょぼかったりでこれぞというのがありません。
    来年はこういうをビシッと撮れるようになるというのを目標に・・


    ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)


    アレチノギクやオオアレチノギクに似ています。
    ヒメムカシヨモギは白い舌状花がはっきりしているので分かりやすいように思います。
    とはいえごく小さななので、舌状花があるのも気づきにくいかもしれません。

    写真
    ヒメムカシヨモギ姫昔蓬) キク科
    時期的にはやや遅めだったと思います。
    もう少し早い時期に撮っておいたほうがよかった。
    「御維新草」という別名があるそうで、日本に入ってきたのはそういう時代ということです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/09/21 13:37:01
    Tv 1/100
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    これはもう・・大方花が終わっちゃってますかね。
    草全体をとると1m越えも普通なので上の写真よりちょっと引いたくらいのを。


    ヒメムカシヨモギ(姫昔蓬)


    道端にも咲いている雑草です。

    狭山丘陵某所で割と珍しい植物を見つけたので写真を撮っていたら、急にぼわっと煙が上がりました。
    原因はこいつを蹴飛ばしてしまったらしいです。


    タヌキノチャブクロ?


    形からするとタヌキノチャブクロの老菌ではないかと思いますがどうでしょう。
    かなりいい勢いで胞子の煙を噴き上げて驚かせてくれました。
    若い菌は食べられるそうですけど、他においしいものいっぱいありますからねぇ・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヒメムカシヨモギ 姫昔蓬 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ 舌状花 タヌキノチャブクロ

    送電鉄塔をゆく(23)~京北線シリーズ3(3)「新河岸川」

  • 2013/11/26 : 送電鉄塔
  • 京北線鉄塔を追って、なおもわが自転車は東を目指して走ります。
    京北線81号鉄塔新河岸川の河岸段丘の上にあり、周囲が住宅なもんで接近戦でモノにするしかありません。
    でも見上げて撮ったほうが空が青く写るので、これはこれで悪くない。


    京北線81号鉄塔


    この81号鉄塔のすぐ先が新河岸川に落ち込む崖になっていて、一気に眺望が開けました。
    おいおい、急に景色が変わったじゃないか・・
    どうやら荒川も間近で、秋ヶ瀬公園やらサクラソウの自生地の近くを通るようです、

    しかしちゃんと道や橋はあるんでしょうか。


    京北線82号鉄塔


    いちばん手前が京北線82号鉄塔で、手前に新河岸川が流れています。
    私の自転車は急坂を一気に下りて新河岸川の土手に駆け上り、82号鉄塔の真下に到達しました。
    直近で撮ったのもありますが写真が増えるだけなので省略します。

    次の京北線83号鉄塔へは土手の脇から狭い農道みたいなところを進み、どうにか鉄塔の足許が見えるところまで行けました。


    京北線83号鉄塔


    しかしこの鉄塔の先には名も知れぬ川が横たわっていて、しかも道も橋もありません。
    仕方なく来た道を戻り、82号鉄塔の前を抜けて長大な迂回路を取らねばなりませんでした。
    地図上では次の鉄塔まで直線で300mないくらいです。

    しかし自転車で走った距離は2kmをはるかに越えて、送電線からずいぶん離れたところを回り込むしかありませんでした。
    やっとたどり着いたら写真を撮れる場所は逆光で、近寄れそうもないしやむなし・・・


    京北線84号(志木線46号)鉄塔


    鉄塔のプレートには志木線46号とありますが京北線と併架で、京北線84号鉄塔にあたります。
    志木線も京北線と同じく南川越変電所が起点になっていて、京北線26号鉄塔付近で一度交差しています。
    2013年2月19日の日記(←クリック)に志木線20号鉄塔が登場しました。

    さてこの先は荒川が待ち受けているはずです。
    無事に先に進むことができるのか・・

    2013年11月17日
    送電鉄塔をゆく(23) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 鉄塔 送電線 京北線 高圧線 写真 ポタリング サイクリング 志木線 新河岸川

    スズメウリ(雀瓜)

  • 2013/11/25 : 狭山丘陵の四季
  • このは毎年載せているんですけど、なかなか難しいです。
    何しろ小さいし、茎の長い雌はちょっと風が吹くと揺れまくるし。
    まずは9月7日に撮った雄から。


    スズメウリ(雀瓜)@雄花


    スズメウリは雌雄で書きえの長さがまるで違うのですぐに分かります。
    雄花は花茎がごく短くて、ほとんど蔓にくっつくように咲いています。
    花弁の表面に細かい毛のようなものがありますね。

    写真
    スズメウリ雀瓜) ウリ科
    狭山丘陵ではごくありふれた蔓植物です。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/09/07 12:30:32
    Tv 1/60
    Av 5.6
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    こちらは雌花で、花にはすでに子房が膨らみかけています。
    ごく小さいです。


    スズメウリ(雀瓜)@雌花


    この雌花をきれいに撮りたいのだけど、なかなか思うようなカーブを描く花茎にめぐり合えません。
    これはきれいなほうでしたがピントが甘かった・・
    来年はモデルのおねいさんみたいに美しいラインの雌花を探してみましょう。


    スズメウリ(雀瓜)@実


    上の雌花と同じ日に撮ったスズメウリの実です。
    逆光だけどまぁこれはこれで。
    大きさは1cmあまりで色はプリンスメロンに似ています。

    赤や緑に染まるのは園芸品種で、スズメウリと名がついても別種です。

    昨日の日曜日は用事があって京王線の仙川(せんがわ)まで行ってきました。
    うちからだと1時間あまりで何と電車6本乗り継ぎです。(笑)
    それはいいとして・・行ってみたらこんなのが並んでるじゃないの!


    東京電力川世線50号鉄塔


    時間も自転車もなかったのでちょっとだけ追いかけてみました。
    そのうち載せるかもしれません。
    東京電力の川世線という送電線で、調べたところ川崎の南武変電所から世田谷区の千歳変電所を結んでいるようです。

    なるほど、川崎の「川」と世田谷の「世」で川世線ですか。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : スズメウリ 雀瓜 写真 狭山丘陵 野草 鉄塔 送電線 川世線 川世線50号鉄塔

    送電鉄塔をゆく(23)~京北線シリーズ3(2)「宮戸変電所と朝霞浄水場」

  • 2013/11/24 : 送電鉄塔
  • なおも京北線送電線は朝霞市内の市街地を行きます。
    このあたりは住宅の区画が細長く、一本道を間違うと鉄塔に接近できません。
    逆にうまく接近できると近すぎて撮りにくい・・

    京北線77号鉄塔は住宅に囲まれた鋼管鉄塔でした。


    京北線77号鉄塔


    そういえばこの日に追いかけ始めた73号鉄塔以来、鋼管鉄塔が続いています。
    こっちのほうが丈夫そうに見えるので、住宅街には安心のような気もしますが・・
    やっぱりL字鋼のほうが鉄塔っぽいかな。

    京北線78号鉄塔も同じく住宅に囲まれた鋼管鉄塔でした。
    ここはサイバーショットの面目躍如、超望遠が威力を発揮しました。


    京北線78号鉄塔


    写真の隅っこに入れてある鉄塔の番号札もこの鉄塔と同じ場所で撮りました。
    家と家の隙間に看板が見えたので望遠を伸ばして~。
    ここで撮っておかなかったら看板は撮れないところでした。

    この鉄塔をあとに、少し進むと埼玉らしい畑の広がる景色になりました。
    住宅街が続いたのでほっとします。
    次の鉄塔は・・おぉぉぉぉっ、かっこいいぞ!


    京北線79号鉄塔


    引込線つきの京北線79号鉄塔は赤白7段に塗り分けられた大鉄塔です。
    どうやら変電所があるようなので行ってみました。


    東京電力宮戸変電所


    東電の宮戸変電所とあります。
    おそらくこの一帯の住宅などに電力を供給している末端の変電所でしょう。
    末端の変電所の多くは66kV回線から引き込んでいるのですが、ここは154kVの京北線から引き込んでいます。

    次の京北線80号鉄塔も引込線付きでした。
    巨大な鉄塔が住宅と並んで立っているのも市街地ならではです。


    京北線80号鉄塔


    ここも京北線からの引き込みです。
    引き込み先にあるのは朝霞浄水場でした。
    地図を見ると・・東京都水道局朝霞浄水場って、ここは埼玉なのに!?

    そろそろ荒川が近いはずなので、取水は荒川からでしょうか。

    2013年11月17日
    送電鉄塔をゆく(23) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 鉄塔 送電線 京北線 高圧線 写真 ポタリング サイクリング 宮戸変電所 朝霞浄水場 HX50V

    ノブドウ(野葡萄)

  • 2013/11/23 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵ではごくありふれた蔓植物なんですが、なんだか久しぶりに載せる気がします。
    特に色付いた実を載せるのは何年ぶりのことか・・
    あまりにもありふれていると逆に載せなくなってしまいます。


    ノブドウ(野葡萄)


    名前はブドウと付きますが、同じブドウ科でもノブドウ属で、実や葉の付き方などが違っています。
    弁は5枚で、咲いてもすぐに落ちてしまうらしく、なかなか星型に開いているのがありません。
    この辺はヤブガラシに似ているかも。

    写真
    ノブドウ野葡萄) ブドウ科
    日本中でごく普通に見られるおなじみの雑草です。
    は地味ですが、実が美しいです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/09/07 12:42:13
    Tv 1/400
    Av 4.5
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    こちらがノブドウの実で、を撮るのが遅かったせいか同じ日にすでに実が色付いていました。


    ノブドウ(野葡萄)


    ノブドウの実がいろんな色に染まるのには理由があります。
    実に虫が寄生していて、いわゆる虫こぶになっているためです。
    この写真の端っこに緑色の実がありますよね。
    これはまだ虫に寄生されていないか、されても虫(幼虫)が活動していないせいて緑色なんでしょう。

    ノブドウの実はほぼ虫こぶ化しているので食用にはしません。
    そもそも味がまずくてとても食べられないそうですが・・

    よく見かけるキノコ。11月16日に撮りました。
    ヒイロタケでよいかと思います。


    ヒイロタケ


    今日は2年半ぶりくらいに狭山丘陵のダートコース(いつもの23.8kmコース)をマウンテンバイクで走ってきました。
    走り始めはどうにもペダルが重くて途中で引き返すことになるかと思いました。
    それでも何とか完走、鉄塔を追いかけない週末はマウンテンバイクで走ることにします。

    何しろ太っちゃいましたからね~。(笑)
    今夜はよく眠れそうです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ノブドウ 野葡萄 写真 野草 キノコ きのこ ヒイロタケ 虫こぶ

    送電鉄塔をゆく(23)~京北線シリーズ3(1)「青空キターーー!」

  • 2013/11/22 : 送電鉄塔
  • 快晴の休日ってすごく久しぶりな気がしました。
    前日の土曜日も好天で、狭山丘陵のリンドウが美しかったです。
    天気がいいとなると、この時期鉄塔追跡に行かねばなりません。

    今年の2月、新座市内の迷路のような市街地で力尽きた京北線の続きに挑戦してきました。


    京北線73号鉄塔


    市街地は鉄塔が見える位置が限られるので逆光もやむなし・・
    この日のスタートは京北線73号鉄塔です。
    引込線付きで、志木街道の脇に立っています。

    この日はスタート地点から6キロほど離れた三芳町まで車で行き、そこから自転車でアプローチしました。
    自転車で6キロならあっという間だし、何しろ志木から日曜日の夕方に所沢方面に向かうにはかなりの渋滞を覚悟しなければなりませんので、裏道で帰れる場所に車を置いておく作戦です。

    この鉄塔東武東上線志木駅から南西に300mほどの市街地のど真ん中で、道は狭いし車は多いし、やはりここまで車で来なくてよかったです。

    次の京北線74号鉄塔は一直線の道路の先に見えていました。


    京北線74号鉄塔


    道路の真上に高圧線が伸びているという光景も市街地ならではです。
    ビルの隙間をすり抜けるように送電線は東に向かいます。

    続く京北線75号鉄塔は志木駅のすぐ脇にありました。
    もっと近寄れたんですけど、写真は西武バスの車庫越しが撮りやすかったので、バスも入れて・・


    京北線75号鉄塔


    鉄塔の向こうにマンションがあって、その上を送電線が飛び越えていきます。
    15万4千Vだと送電線の真下でも建築できるんですよね。
    蛇足ながら、東上線の志木駅は志木市でなく新座市にあります。

    ここで東武線の下をくぐる歩行者・自転車用の通路を抜けて線路の反対側に出ました。
    で、この通路付近から朝霞市で、志木の街中を通ったつもりで志木市には一歩も踏み込んでいません。

    京北線76号鉄塔はすっかり住宅に囲まれて、いかにも住宅街の鉄塔です。


    京北線76号鉄塔


    う~ん、市街地の鉄塔は撮りにくいので早く郊外に出ないかな・・
    とはいえ志木駅周辺の面倒くさいところは突破できたということでまずまずのスタートじゃないでしょうか。
    何はともあれ空が青いのは喜ばしい。

    なお、この日のカメラはサイバーショット(HX50V)です。
    電池切れに備えて持っていったのはLUMIXだし、とても身軽でした。
    うん、鉄塔追跡の機材はこれでいこう。

    2013年11月17日
    送電鉄塔をゆく(23) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 鉄塔 送電線 京北線 高圧線 写真 ポタリング サイクリング 志木 東武東上線 HX50V

    ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)

  • 2013/11/21 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵では秋口になるとあちこちで見かけるです。
    個体数も多くて撮る機会は多いんですが、今年載せられそうなのはこれ1枚きりでした。
    なので、実が赤く色付いたら一緒に載せようと残してありました。


    ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)


    いかにもナス科らしい雄しべですね。
    反り返った弁の付け根にある黄緑色のドットがチャームポイントです。
    全体に毛が多くて、葉はアサガオに似ています。

    写真
    ヒヨドリジョウゴ鵯上戸) ナス科 有毒
    ナス科らしく果実にソラニンを含むので、ヒヨドリもこれは食べないんじゃないでしょうか。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/09/14 11:10:17
    Tv 1/320
    Av 4.0
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    で、赤い実です。
    実の色やつき方はヒヨドリジョウゴなんですが、なにか違う・・


    マルバノホロシ


    と思ったら葉の形がぜんぜん違っていて、こちらは子どもが絵に描くような葉っぱらしい葉の形をしています。
    何だろう!?
    結論はマルバノホロシと出ました。

    狭山丘陵ではまだマルバノホロシを見たことがありませんので、来年のシーズンにはぜひモノにしたいです。
    ヒヨドリジョウゴに似た紫色のが咲くはずです。
    しかしもう何もなかろうという時期に丘陵歩きをしていても、毎回何か見つかるのが面白いところです。


    クリタケ?


    これはクリタケかなぁ・・だったら食べられるんですが。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヒヨドリジョウゴ 鵯上戸 マルバノホロシ 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ クリタケ

    送電鉄塔をゆく(22)~群馬幹線シリーズ2(9)「早すぎた・・」

  • 2013/11/20 : 送電鉄塔
  • 前回載せた群馬幹線380号鉄塔の位置から先を見ると、送電線が山のほうに駆け上っていくのが見えました。
    今回はおそらくここで終わるんだろうなという予感のもと、次の鉄塔に向かいました。


    群馬幹線379号鉄塔


    群馬幹線379号鉄塔はまだ九十九川の近くに立っています。
    ここから先を見ると、4~5基の鉄塔が一直線に並んでいて、すんなりといけそうに見えてしまいますよね。
    なんだ、まだいけるじゃん。

    ・・と思いつつ自転車を押して急坂を登ったところに立つ群馬幹線378号鉄塔に到達して唖然としてしまいました。


    群馬幹線378号鉄塔


    何とまぁ藪の深いことか。
    11月はじめですから、まだ雑草ぼうぼうでどうにもなりませんでした。
    本格的な冬が来て、草がみんな枯れ果てて木の葉が落ちたら先に進めそうです。

    ちょっと時期が早すぎたようです。

    ということで、今回の群馬幹線追跡はこの378号鉄塔でおしまいです。
    柵なし鉄塔だったので、記念に結界画像を撮って〆ました。


    群馬幹線378号鉄塔


    一直線に並んで見えた鉄塔、帰宅して地図を見たら1基は完全にゴルフ場のど真ん中でした。
    しかも、Googleマップで高坂CCのコースを歩ける!
    たぶん次の377号鉄塔から望遠で撮れるでしょう。

    この丘を越えたら武蔵嵐山の平地に出るので、この先の鉄塔5基くらいが難所のようです。
    この冬のうちにもう一度行くかな・・

    天気はさておき、とりあえず足慣らしとカメラのテストという目的は果たせたので、めでたし、めでたし。


    岩殿観音(巖殿観音)案内図


    そうそう、ここは岩殿観音(巖殿観音)です。
    ・・っていってもそういうのがあるのは初めて知りました。
    かなり長い参道の奥に観音様があるようです。

    2013年11月3日
    送電鉄塔をゆく(22) 完

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 鉄塔 送電線 ポタリング サイクリング 群馬幹線 九十九川 原型鉄塔 岩殿観音 巌殿観音 高坂CC

    ツユクサ(露草)

  • 2013/11/19 : 狭山丘陵の四季
  • いまどきツユクサ!?という気もしますが、か弱そうに見えてなかなかしぶといです。
    さすがに11月になったら見かけませんが、狭山丘陵では10月まで余裕で咲いています。
    これは水色のもので、あまり見かけない色かも。


    ツユクサ(露草)


    ある特定の場所で藤色のツユクサ(←クリック)が咲くんですが、それとはちょっと違う色です。
    ツユクサは薬やら土壌の影響を受けやすいという話も聞いたことがあるので、何か原因物質があるのかもしれません。

    写真
    ツユクサ露草) ツユクサ科
    道端の普通の雑草ですね。
    でも、色のバリエーションはかなり多いらしいです。
    一般的な青以外のにはめったにお目にかかれませんが、ピンクもあるとか。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/10/06 13:48:56
    Tv 1/50
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    ということで、こちらは9月に撮ったノーマルタイプを。
    全体的に色が濃いですね。


    ツユクサ(露草)


    よく期の終わりになると色の抜けたようなが咲くもの(ミゾソバとか)もありますが、上のは単純に色が薄いだけということはなさそうです。
    来年もまた同じ場所に咲くかチェックしてみたいと思います。

    一昨日載せたリンドウの載せそびれを。
    この株は毎年定点観測しているもので、今年は開がやや遅めでした。


    リンドウ(竜胆)


    一昨日のリンドウは斜面から垂れ下がっていたり、もうひとつは地面を這うように伸びていました。
    でもこれは茎が直立して、その先端だけにが咲くんですよね。
    こういうタイプのリンドウ狭山丘陵で見たのはこれひとつだけなんですが、種類が違うんでしょうか。

    ずっとこれを「リンドウ」として載せてきましたが・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ツユクサ 露草 リンドウ 竜胆 写真 狭山丘陵 野草

    送電鉄塔をゆく(22)~群馬幹線シリーズ2(8)「迫り来る丘陵」

  • 2013/11/18 : 送電鉄塔
  • 群馬幹線送電線は思ったとおり九十九川沿いを北上していきます。
    景色はだいぶ山が近づいてきた気がします。
    山というよりは丘陵でしょうね。


    群馬幹線383号鉄塔


    群馬幹線383号鉄塔はとんがり帽子の昭和56年製でした。
    高さ38mと書いてありますから、154kV送電線鉄塔としては小さいほうではないかと思います。
    もう少し南で只見幹線と併走している区間の背の高い鉄塔と同じ送電線とは思えないくらい可愛らしい鉄塔が続いています。

    群馬幹線382号鉄塔原型鉄塔で、たぶん35mくらいでしょう。
    肝心の年月と高さの書いてあるプレートを撮ってませんでした。


    群馬幹線382号鉄塔


    う~ん、そこまで気が回らなかったなぁ・・惜しいことをしました。
    この冬のうちにもう一度くらい行きそうな気がするので、そのときにでも確認しましょう。

    群馬幹線381号鉄塔も原型鉄塔で、見える範囲では原型が続いているようです。
    鉄塔の間隔も狭いし、撮っては自転車のペダル漕ぎ、また撮っては進む、の繰り返し。


    群馬幹線381号鉄塔


    砂利道も自転車のタイヤを交換したおかげで苦にならなくなったし。
    ただ泥除けがついていないのでぬかるみは要注意なんですが。
    ここも気をつけないと泥はねだらけになりそうでした。


    群馬幹線380号鉄塔


    群馬幹線380号鉄塔は民家の奥にあって近寄れませんでした。
    この先、送電線は右のほうに折れて登っていくようです。
    いよいよ丘越えのコースになるんでしょうか。

    iPhoneの地図を見ると、行く手に「高坂CC」と書かれた広大な緑色が・・
    嫌な予感がする。

    2013年11月3日
    送電鉄塔をゆく(22) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 鉄塔 送電線 ポタリング サイクリング 群馬幹線 つくもかわ 九十九川 原型鉄塔 高坂

    リンドウ(竜胆)

  • 2013/11/17 : 狭山丘陵の四季
  • 11月はじめから咲いているのを確認していたリンドウ、ようやくちゃんと開いているのにめぐり合いました。
    どうもタイミングがよくなくて、曇りの日ばかりだったので開しているのはありませんでした。
    リンドウは陽が出て明るくならないと開きませんからねぇ・・


    リンドウ(竜胆)


    幸いにして今年はリンドウを多く見かけました。
    場所によっては根こそぎ持ち去られた(=盗まれた)ところもあったものの、まだ健在です。
    毎年観察している株があって、この週末にようやく開したので載せることにしました。

    写真
    リンドウ竜胆) リンドウ
    多くのリンドウは地を這うように茎を伸ばして何段かを咲かせます。
    でも、茎が直立して先端だけにをつけるのがあるんですよ。
    種類が違うんでしょうかね!?
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/11/16 11:39:30
    Tv 1/125
    Av 3.5
    ISO感度 500
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    昨年も「満を持して」なんて書いてましたが、今年も同じく。
    ここまでよく我慢しました。(笑)
    それにしても美しいです。


    リンドウ(竜胆)


    この美しさは野にあってこそ格別なものです。
    箱庭で咲いても魅力を感じるとは思えません。
    来年の秋もたくさん咲きますように。

    16日に植物の調査会があって、ただいまとあるシダの同定中です。
    大きな図鑑があるものの、どこからアプローチすればいいのか、そこから??状態です。
    キノコも撮ってきました。


    スッポンタケ


    スッポンタケがまとまって何本か出ていました。
    独特の臭気を放つので、姿がなくても近くにあることが分かります。
    タマゴの殻を割って伸び始めたら寿命は1日だそうです。

    しっかり立っているのは初めて見たかも。
    軸の部分は中華料理の食材になって、あんかけなかにするみたいです。
    フォト蔵に2枚ほど貼っておきます。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : リンドウ 竜胆 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ スッポンタケ

    送電鉄塔をゆく(22)~群馬幹線シリーズ2(7)「原型鉄塔@大正11年製」

  • 2013/11/16 : 送電鉄塔
  • 群馬幹線送電線はなおも九十九川沿いを北西に向かいます。
    九十九川の南岸は舗装してある自転車道路になっているものの、鉄塔のある北側は砂利道です。
    まぁしょうがない、普通のサイクリストは鉄塔なんて見に来ないし。


    群馬幹線387号鉄塔


    群馬幹線387号鉄塔はスリムで背の高い鉄塔でした。
    送電線はしばらく一直線に進んでいくのが見えます。
    ということは川とはお別れなのか!?

    次の群馬幹線386号鉄塔は小振りで独特の形状をしています。


    群馬幹線386号鉄塔


    調べてみたところ、この鉄塔が「原型鉄塔」で、何と大正11年建造だそうです。
    ということは、ここから下流の鉄塔はすべて建て替えられたもの、ということになりますか・・
    南川越変電所から辿って、初めて原型鉄塔の登場です。
    しかし長持ちするモンですねぇ。メンテナンスの賜物でしょう。


    群馬幹線385号鉄塔


    続く群馬幹線385号鉄塔で再び九十九川沿いに出ました。
    川沿いは道がまっすぐで楽なのでちょっとほっとしました。
    相変わらず鉄塔側は砂利道なんですが・・・

    しかしタイヤ交換の効果は絶大で、砂利道もまったく苦になりません。
    そういえば田んぼの畦道みたいなところも走りやすくてよかったです。
    お尻の痛くなるサドルは新しいのを注文してあるので、近日交換予定です。


    群馬幹線384号鉄塔


    群馬幹線384号鉄塔で九十九川沿いの道はどん詰まりでした。
    でも川の向きと送電線の向きからすると、もうしばらく川沿いを進みそうな感じです。
    川沿いに送電線があると追跡が楽なので、この先も土手を走れるように祈りつつ次の鉄塔へ・・

    空は相変わらずの鉛色だけど、雨が降る心配はなさそうでした。

    2013年11月3日
    送電鉄塔をゆく(22) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 鉄塔 送電線 ポタリング サイクリング 群馬幹線 つくもかわ 九十九川 原型鉄塔 大正

    コウゾリナ(顔剃菜、剃刀菜)

  • 2013/11/15 : 狭山丘陵の四季
  • 変わった名前のですよね。
    総苞の剛毛を見ると思わず剃りたくなる・・なんていう名前の由来だと面白いんですが。
    さすがにそれはないか。


    コウゾリナ(顔剃菜、剃刀菜)@春


    狭山丘陵では5月から6月にかけてがのピークです。
    ・・が、今年はその時期に撮りそびれてしまい、これは咲き始めの4月に撮ったものです。
    4月に咲いているのもやや早目かもしれません。

    写真
    コウゾリナ顔剃菜剃刀菜) キク科
    いかにもキク科らしいです。
    オニノゲシと同じか、こっちのほうががやや大きいくらいです。
    群生して咲いているときれいなものです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/04/12 13:49:53
    Tv 1/125
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    で、こちらが10月19日に見つけたコウゾリナです。
    ブタナはどこかしらで春から秋まで咲いていますが、コウゾリナが10月まで咲いているのも見かけないように思います。
    なかなかしぶといやつだな・・


    コウゾリナ(顔剃菜、剃刀菜)@秋


    これがあったので、春先のと並べて載せてみました。

    11月も中旬、寒くなりました。
    初秋に黄色いを咲かせていたノササゲの莢が紫色に色付いていました。
    下のほうに莢が爆ぜて青い豆が顔を覗かせています。


    ノササゲ


    やっと週末がきました。
    たいして働いてない気もするんですけど、もうへとへとです。
    明日は朝から調査会で狭山丘陵に繰り出すので早く寝なくっちゃ。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : コウゾリナ 顔剃菜 剃刀菜 写真 狭山丘陵 野草 ノササゲ 野大角豆 キク科

    送電鉄塔をゆく(22)~群馬幹線シリーズ2(6)「つくもかわ」

  • 2013/11/14 : 送電鉄塔
  • 群馬幹線を追う我が自転車は東武東上線を越えてなお北西に走ります。
    このあたりは一面田んぼのようで、すでに稲刈り後です。
    まぁ時期的には当たり前ですね。


    群馬幹線394号鉄塔


    群馬幹線394号鉄塔は柵なしでした。
    当然、結界画像もいただきましたが写真の枚数が多くなっちゃうので載せません。
    送電線は小さな川を越えて、しばらくはこの川に沿って伸びているようです。


    つくもかわ


    橋には「つくもかわ」という記載がありました。
    国土地理院の2.5万分の1地図にはしっかり「九十九川」の記載がありました。
    越辺川の支流のようですが、Yahoo地図にもGoogleマップにも名前が載っていません。

    さすが国土地理院、やるな。

    続く鉄塔九十九川を渡ってすぐのところにありました。


    群馬幹線393号鉄塔


    群馬幹線393号鉄塔のスタイルはどこかで見たような・・
    只見幹線の古い鉄塔がこんな形でした。
    この鉄塔も古そうに思えます。

    この先は見通しが利いて、川に沿っていけば順番に鉄塔を辿れそうです。
    次の鉄塔は・・・群馬幹線389号鉄塔!!
    出たよ、また欠番だ。


    群馬幹線389号鉄塔


    小さい鉄塔数基をこの大きい鉄塔に置き換えたんでしょうか。
    相変わらずの曇天のもと、砂利道を自転車で進みます。
    自転車のタイヤを太めにしたのは本当に大正解でした。

    今度はサドルを交換しようっと。


    群馬幹線388鉄塔


    群馬幹線388鉄塔も川沿いに建っていました。
    こんな具合に送電線沿いに道があるところは珍しいです。
    まだしばらくは「つくもかわ」に沿って走るようです。

    2013年11月3日
    送電鉄塔をゆく(22) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 鉄塔 送電線 ポタリング サイクリング 群馬幹線 東松山市 つくもかわ 九十九川 国土地理院

    ヒメイヌビエ(姫犬稗)?

  • 2013/11/13 : 狭山丘陵の四季
  • イネ科の植物はどうにも見分けが難しくて頭が痛いです。
    こんなのさ、そこいら中に生えてる雑草じゃん・・・
    と思いつつ、やはり正体を突き止めておきたいわけです。


    ヒメイヌビエ(姫犬稗)?


    きっとバッタがいなかったら撮らずにスルーしていたでしょう。
    イヌビエかと思いましたが生息地が湿地でも田んぼの周辺でもないし、これはヒメイヌビエじゃないかと。
    先日カヤツリグサ科の図鑑を買ったので、イネ科も買おうかな。

    写真
    ヒメイヌビエ姫犬稗) イネ科
    違っていたら訂正します。
    正直、確証ありません。
    でも他に該当しそうなのに行き当たらなかったのでとりあえず載せてしまいます。
    イヌビエ、ケイヌビエ、タイヌビエなんていうのもありますけど、どれでもなさそうに思えます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/09/21 14:27:38
    Tv 1/160
    Av 3.5
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    こんな具合にわんさか生えています。
    たいていの人は見向きもしない雑草で、草刈り隊に真っ先に刈られてしまいそうなタイプです。


    ヒメイヌビエ(姫犬稗)?


    イネ科とカヤツリグサ科は敬遠していましたけど、意を決してぼちぼち、おそるおそる載せてみます。

    息抜きのキノコを。
    これは山渓フィールドブックスで調べてみたけどわかりませんでした。
    いかにもキノコらしいキノコで、朽木の表面一面にびっしり生えているところもありました。


    きのこ


    これは大きめで、でも傘の大きさは1cmくらいです。
    切り株の割れ目から顔を出していました。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヒメイヌビエ 姫犬稗 イヌビエ 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ イネ科

    送電鉄塔をゆく(22)~群馬幹線シリーズ2(5)「デジャヴュ」

  • 2013/11/12 : 送電鉄塔
  • 続く群馬幹線399号鉄塔を目指して土手を登ると、その向こうには越辺川が横たわっています。
    ちょうど橋が架かっていて、399号鉄塔は川の向こう側に見えています。
    しかしここはいつか見た風景・・と思ったら、それは新古河線の鉄塔を追いかけたときに通った場所だったからでしょう。


    群馬幹線399号鉄塔


    空が青かったらよく映えたんだろうなぁ・・残念。
    広い国道407号線の横断歩道を渡って、次の鉄塔に向かいます。
    どうやら東武東上線の線路の手前にあるらしいですが、行けるのか・・

    しかしここも以前に来たような気がしてなりません。
    群馬幹線はまだ新坂戸変電所までしか追いかけてなかったはずです。


    群馬幹線397号鉄塔


    群馬幹線397号鉄塔は高さ36mという小柄な鉄塔でした。
    鉄塔の脇を抜ける道があって、しかも柵なし鉄塔だったので例によって記念の結界写真を・・
    群馬幹線は柵なし鉄塔が多いみたいです。


    群馬幹線397号鉄塔@結界


    次の鉄塔は線路の向こう側にあるけど、踏み切りでもあるんだろうか・・と思って先に進むと、こんな通路がありました。
    人と自転車くらいしか通れないでしょうね。
    この辺は砂利道だったので自転車のタイヤを少し太いのに交換しておいて正解でした。


    東上線の下をくぐる


    この通路、Googleマップにはしっかり載ってましたし、ストリートビューでも遠くのほうから見えました。
    へぇ、こんなところまでストリートビューで見えるんだ。びっくり。素直に。

    で、次の鉄塔は群馬幹線395号鉄塔でした。


    群馬幹線395号鉄塔


    ふたつ続けて偶数番の鉄塔が欠番になっています。
    もともとはもっと鉄塔の間隔が狭かったのかもしれません。
    でも397と395の間はせいぜい150mもないくらいなんですが・・

    欠番だらけの送電線をさらに北西に向かって追跡します。
    ・・しかしここ、いつか来たよ・・

    2013年11月3日
    送電鉄塔をゆく(22) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 鉄塔 送電線 ポタリング サイクリング 群馬幹線 東松山市 デジャヴ 東武東上線 ストリートビュー

    ノハラアザミ(野原薊)

  • 2013/11/11 : 狭山丘陵の四季
  • あちこちに咲くのですっかり撮った気になっていたら、ほんの数カットしか撮っていませんでした。
    おかげで載せそびれてしまいました。
    これは9月14日に撮ったもので、すでにが終わって種を飛ばしています。


    ノハラアザミ(野原薊)


    アザミの綿毛もなかなか美しいものです。
    9月のはじめくらいに咲き始めて11月に入ってもまだ咲いていますから、の期間は長いほうだと思います。
    でも美しいのはやっぱり咲き始めの頃ですかね。

    写真
    ノハラアザミ野原薊) キク科
    狭山丘陵でいちばん多いアザミだと思います。
    春に咲くノアザミはなぜか少なくて、群生地は一ヶ所しか知りません。
    ノハラアザミは丘陵の林縁にいっぱい咲きます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/09/14 14:44:16
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    これもノハラアザミでしょうねぇ。
    10月の終わりに撮ったもので、この写真だとよく分かりませんが総苞の棘が長くて横に開いています。
    トネアザミ化とも思いましたがどうやたノハラアザミの変異の範囲らしいです。


    ノハラアザミ(野原薊)


    10月末にこのくらい咲いていれば立派なもの。
    気温が下がるとが小さくなってくるようです。

    気温といえば今夜は北風びゅうびゅう、急激に寒くなりました。
    明日の朝の最低気温予想が4℃ということで、これは霜が降りる可能性のある温度です
    あわてて庭のハイビスカスを屋内に避難させました。

    月曜の夜にやる作業じゃありませんね・・疲れました。


    クコ(枸杞)の実


    珍しくクコの実が赤く色付いていました。
    花はいっぱい咲く(←クリック)のになぜか実を見たのは初めてです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ノハラアザミ 野原薊 クコ 枸杞 写真 狭山丘陵 野草 アザミ

    送電鉄塔をゆく(22)~群馬幹線シリーズ2(4)「新古河線との交差」

  • 2013/11/10 : 送電鉄塔
  • 今日(11月10日)は雨予報だったのでいろいろ用事を済まそうと思って予定をいれてしまいました。
    そしたら何これ、昼から青空見えてるじゃん。
    ・・と、天気予報に文句を言ったところで仕方がないのでとっとと群馬幹線の続きをいってみます。


    群馬幹線402号鉄塔


    群馬幹線402号鉄塔は赤い帽子です。何か意味あるんでしょうか。
    群馬幹線には多いです。
    いよいよ昨年追いかけた新古河線が接近してきました。

    この先の群馬幹線401号鉄塔で思い切り送電線の高度を下げて、新古河線の下をくぐっています。


    群馬幹線401号鉄塔


    背の低い矩形の鉄塔です。
    そういえばうちの近所で東大和線が只見幹線の送電線の下をくぐっている箇所も、こんな鉄塔があります。
    別の向きから見たほうが分かりやすいですね。


    群馬幹線401号鉄塔


    そしてまた群馬幹線400号鉄塔で元の高さに戻ります。
    この鉄塔の先は越辺川(おっぺがわ)の土手になっていて、ここまでが埼玉県坂戸市
    次回、送電線は越辺川を越えて東松山市に突入します。


    群馬幹線400号鉄塔


    今年の冬は新古河線の続きも追跡してみるつもりです。
    やはり50万ボルト幹線は迫力ありますからね。

    2013年11月3日
    送電鉄塔をゆく(22) つづく


    おまけのパソコンネタを・・

    続きを読む

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 鉄塔 送電線 ポタリング サイクリング 群馬幹線 新古河線 坂戸市 無線LAN ルーター 訳あり品

    ヤクシソウ(薬師草)

  • 2013/11/09 : 狭山丘陵の四季
  • 11月も半ばにさしかかろうかという時期になると、野のはすっかり寂しくなります。
    それでもしぶとく咲いているもあるものです。
    ヤクシソウが最後の力を振り絞るように咲いていました。


    ヤクシソウ(薬師草)


    本当はリンドウを撮りたかったんですけど、天気が予報以上に悪くて開していませんでした。
    そういえば先週の3連休も埼玉は晴れ間なしでしたけど、この土日もダメそうです。
    来週でも咲いているかな、リンドウ。

    写真
    ヤクシソウ薬師草) キク科
    ニガナの舌状を多くしたような感じで、大きさも同じくらいです。
    黄色いをこんもりとたくさん咲かせます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/11/09 13:01:53
    Tv 1/125
    Av 3.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    このももう終わりかけですね。
    今年一年の活動結果をまとめようと思っていますが、データベース化するのは思いのほか時間と手間がかかります。
    何せ1年で狭山丘陵の花だけで400種類撮りましたから・・


    ヤクシソウ(薬師草)


    これは一週間前の2日に撮りました。
    まだ勢いがあるかな・・

    ヤクシソウの脇に紫色の花がふたつ咲いているのを発見しました。
    これは・・狂い咲きのコスミレです。


    コスミレ(小菫)@狂い咲き


    スミレだけでなく、春に咲く花は似たような気候の秋に花を咲かせることがあるようです。
    特にツツジはよく見かけます。
    さすがにこの時期のスミレはパワー不足が否めないので、来年の4月に元気な姿を見せてもらいましょう。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤクシソウ 薬師草 写真 狭山丘陵 野草 キク科 小菫 コスミレ

    送電鉄塔をゆく(22)~群馬幹線シリーズ2(3)「欠番」

  • 2013/11/08 : 送電鉄塔
  • 北坂戸変電所を過ぎて、送電線は北北西に伸びています。
    次の鉄塔はずいぶん近くに見えていて、実際に行ってみたら本当にすぐでした。
    鉄塔鉄塔の間隔も、えらく長かったり近かったりいろいろです。


    群馬幹線408号鉄塔


    群馬幹線408号鉄塔は畑の中で、鉄塔の脇を抜ける道がありました。
    この鉄塔のすぐ下で番号札の写真を撮り、右に左に送電線を追いかけながら次の鉄塔に向かいました。
    次の鉄塔は広い駐車場の中にありました。


    群馬幹線407号鉄塔


    群馬幹線407号鉄塔は紅葉を背景に・・
    鉄塔ばかり気にしていたけど、木々はもう色付いているんですね。
    狭山丘陵よりもちょっと早めでしょうかね。

    地図を見ると向こう側の紅葉は坂戸市民総合運動公園の樹木らしいです。
    Googleのストリートビューで確認したら、この駐車場は運動公園のプールの駐車場でした。


    群馬幹線406号鉄塔


    広い道路を西に向かい、右折して北に向かうとほどなく群馬幹線406号鉄塔に到達しました。
    この辺はおおむね250mくらいの間隔で鉄塔が立っているようです。
    なので4基だと1kmってところですが道路は送電線どおりじゃないので軽く2倍以上走らねばなりません。

    番号札はサイバーショットの望遠でいただいて北に向かうと・・・
    おっとこれは広大な光景が広がってるじゃありませんか。


    群馬幹線404号鉄塔


    中央の赤白鉄塔は群馬幹線404号鉄塔です。
    ということは、405号鉄塔は存在してなくて、欠番になっています。
    群馬幹線は古い送電線なので、鉄塔の更新によってこういう欠番があちこちにできてしまったんじゃないかと思います。

    左右に横切っている送電線は50万ボルトの新古河線で、ここは今年2013年1月3日に追跡した場所です。
    思い出した、そうだ越辺川の手前なんだ。

    2013年11月3日
    送電鉄塔をゆく(22) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 鉄塔 送電線 ポタリング サイクリング 群馬幹線 新古河線 坂戸市 坂戸市民総合運動公園 写真

    シロダモ(白だも)

  • 2013/11/07 : 狭山丘陵の四季
  • 11月に入ったのに、黄色いを咲かせている木がありました。
    同行のSさんより、シロダモだと教えていただきました。
    こんなに寒くなってから咲くんですね。


    シロダモ(白だも)


    なかなか樹木のは気がつかなかったり分からなかったりすることが多いんですが、調べる手間が省けてしまいました。(笑)
    なお、野球のバットなんかに使うアオダモの木も狭山丘陵のあちこちにあります。
    なまえに「ダモ」と付くもののアオダモはモクセイ科なので近縁ということではなさそうです。

    写真
    シロダモ白だも) クスノキ科
    11月に入ってから咲く樹木のは少ないと思います。
    の咲いた翌年の秋に赤い実が熟すそうです。
    来年の秋には実が見られるといいんですが。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/11/02 12:31:48
    Tv 1/80
    Av 4.5
    ISO感度 800
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    それにしても今年は初めて撮ったが多い一年でした。
    これも当ブログには初登場です。
    あるのは分かっているけど花にめぐり逢っていない植物もまだまだあるので、丸8年あるいてようやく道半ばというところでしょうか。


    シロダモ(白だも)


    狭山丘陵は自転車でも行けるくらい近くて、水分とコンビニのおにぎり2個くらい持っていくと1日楽しめるので、お金もかからないし無駄なエネルギーも消費しないしいい道楽だと思っています。

    おまけのキノコを。
    ホウキタケにしてはえらく小さくて、幅が5cmくらいしかありませんでした。


    カレエダタケ?


    枝分かれした先端の様子を見ると鶏冠状になっているので、これはカレエダタケはないかと思いますがいかがでしょうか。
    寒くなってきて、キノコの季節もそろそろ終わりかな・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : シロダモ 白だも 写真 狭山丘陵 キノコ きのこ クスノキ科 カレエダタケ ホウキタケ

    送電鉄塔をゆく(22)~群馬幹線シリーズ2(2)「北坂戸変電所」

  • 2013/11/06 : 送電鉄塔
  • 群馬幹線414号鉄塔と413号鉄塔の間には林があって、どうやら迂回しないとだめそうでした。
    あとで地図を見たら近道があったんですが、地図を見ながらの鉄塔探索も面白みに欠けるので勘を頼りに北側から回り込みます。
    直線で150m先の鉄塔までの迂回コースは500m以上になりました。


    群馬幹線413号鉄塔


    反対側から群馬幹線413号鉄塔に接近しました。
    すらりと背が高い赤白鉄塔、背景が青空ならさぞ美しかったことでしょう。

    次の鉄塔も赤白で、だいぶ大きそうです。
    しかもかなり距離がありそうで、地図で調べたら直線で400mほどでした。
    当然送電線の下に道はなく、再度北側から迂回してアプローチしました。


    群馬幹線411号鉄塔


    周囲は新興住宅街という趣で、群馬幹線411号鉄塔は最近立ったばかりの住宅に囲まれていました。
    小学校に入ったくらいの子どもたちがたくさん遊んでいたので、住宅を買った人の年代がおおむね見当がつきます。
    私が家を買ったときも隣近所に子どもたちがいっぱいいたんですが、いつの間にか最年少のわが息子が高校2年生になってしまいました。

    ちなみに412号鉄塔は欠番でした。
    群馬幹線は欠番がおおいなぁ・・


    群馬幹線410号鉄塔


    続く群馬幹線410号鉄塔まではすんなり行けました。
    鉄塔の北側に道路があって、20mくらいのところまで近寄れます。
    ただし私有地(畑)の中なので、道路から番号札を撮って先に進みます。

    次の鉄塔は・・おお、ちょっと変わってる。
    頭でっかちの引込線つきです。


    群馬幹線409号鉄塔


    群馬幹線409号鉄塔は北坂戸変電所の構内にありました。
    おそらく、坂戸市あたりの住宅に電力を供給している末端の変電所でしょう。
    そういえば車を留めたのが東武東上線北坂戸駅近くのコインパーキングでした。

    近いのかな・・もう戻って来ちゃった。


    北坂戸変電所


    送電線はやや北に向きを変えて曇天の空に弧を描いて延びています。
    やや太いタイヤに交換した自転車も脚力も快調だし、先に進みましょう。

    2013年11月3日
    送電鉄塔をゆく(22) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 鉄塔 送電線 ポタリング サイクリング 群馬幹線 北坂戸変電所 写真

    リュウノウギク(竜脳菊)

  • 2013/11/05 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵野菊で最後に咲くリュウノウギクが見頃になりました。
    時期としては例年並みだと思いますが、今年はが小さくて数も少なめのようです。
    しかも株数も減っているように思えました。


    リュウノウギク(竜脳菊)


    舌状がふっくら丸みがあり、数も多くて見栄えがします。
    野菊のトリを飾るには相応しい風格を備えていると思います。
    しかし、数が減っているのは夏の暑さのせいか、それともこれも盗掘被害に遭っているのか・・

    このところリンドウがすっかり減ってしまったのが残念です。

    写真
    リュウノウギク竜脳菊) キク科
    今年はすでに送電線シリーズを始めてしまいましたがまだ季節のがあります。
    他の野菊と比べて、葉の形がまったく別物ですので見分けは迷わないと思います。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/11/02 13:37:21
    Tv 1/125
    Av 4.0
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    そんなことで今年載せられるのは1カットのみでした。
    これでは寂しいので11月2日に撮った季節モノ2点を載せておきます。
    まずはトキリマメ


    トキリマメ


    真っ赤な莢に黒い豆が2個入っています。
    はノササゲに似た黄色で、2012年7月24日に載せています(←クリック)のでお時間あればご覧ください。
    昨年はは見たものの豆は見ず、今年はを見そびれて豆をたくさん見ました。

    もうひとつはキノコで、これは見た目と生育場所からツチスギタケだろうと思います。


    ツチスギタケ


    キノコ採りのおじさんはこれを食べると言ってましたけど、「消化器系の中毒を起こす場合も多く、毒と考えたほうが無難」(山渓フィールドブックスより引用)だそうです。
    眺めるだけにしておきましょう。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : リュウノウギク 竜脳菊 写真 狭山丘陵 野草 トキリマメ ツチスギタケ キノコ 野菊

    送電鉄塔をゆく(22)~群馬幹線シリーズ2(1)「そしておじさんは北を目指す」

  • 2013/11/04 : 送電鉄塔
  • 11月に入って野草が姿を消してきました。
    ということは二毛作の当ブログとしては冬のテーマに移行するということです。
    ここしばらく運動らしい運動をしていなかったので、まずは足慣らしということで昨年の送電線シリーズのトリを飾った群馬幹線(←クリック)の続きを辿ってみました。


    群馬幹線417号鉄塔


    スタート地点はすっかりお馴染みになってしまった圏央道脇の新坂戸変電所です。
    走行開始は12時前、さて今日はどこまでいけるでしょうか。
    無理しない程度にいってみましょう。

    いきなり418号鉄塔が欠番で、最初の鉄塔は群馬幹線417号鉄塔でした。
    赤白で背が高いです。

    う~ん、天気予報は大はずれ、雨の気配はないけど晴れ間は期待できないようです。
    今回の目的は足慣らしの他に、新しく導入したサイバーショット(HX50V)のテストがメインです。


    群馬幹線416号鉄塔


    群馬幹線416号鉄塔。
    やっぱり青空がほしいなぁ。
    なお、メインのカメラは修理上がりのEOS40Dを持っていきました。

    サイバーショットは青空がどんな具合に写るか試したかったのでとても残念です。
    でも最初から超望遠の威力を発揮してくれました。
    遠くからでも鉄塔の番号札をバッチリ撮ることができました。


    群馬幹線415号鉄塔


    群馬幹線415号鉄塔は番号札が読み取れないくらいかすれていました。
    この写真はサイバーショットで撮ったものです。
    これなら40Dの出番がないかもしれません。

    あとは青空の写り方ですね。

    鉄塔追跡は自転車なので、走り始めは気持ちも体力も余裕があります。
    一応、どこから撮ろうか鉄塔周辺を行ったりきたりしてました。


    群馬幹線414号鉄塔


    群馬幹線414号鉄塔は畑の中なので接近できません。
    さて向こうに見えている赤白鉄塔に向かうわけですが。ここで右に行くか左に行くかで走る距離が大幅に変わります。
    迷っても仕方がないので右へ・・

    ここまで新坂戸変電所からの送電線の長さはおよそ1.2km。
    自転車で走った距離は倍以上になると思います。

    2013年11月3日
    送電鉄塔をゆく(22) つづく

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 鉄塔 送電線 ポタリング サイクリング 群馬幹線 新坂戸変電所 写真

    キチジョウソウ(吉祥草)

  • 2013/11/03 : 狭山丘陵の四季
  • 2週間前にちらほら咲き始めたキチジョウソウ、この連休に満開になりました。
    昨年は11月10日を過ぎてから満開になったので、今年は通常のタイミングに戻った感じでしょうか。
    昨日のキッコウハグマとほぼ同時期に開します。


    キチジョウソウ(吉祥草)


    去年、11月10日に撮った写真は天辺のがまだ開いてませんでした。
    今年は11月2日で先端まで開してます。
    艶のある濃い緑の葉に囲まれていて、しかも日陰なので写真に撮るのは一苦労です。

    写真
    キチジョウソウ吉祥草) クサスギカズラ科スズラン亜科
    上のほうのは雄で、下半分くらいが両性になっています。
    何でこういう構造なんでしょうね。
    花のあとには赤い実ができるそうですが、見たことがありません。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/11/02 14:25:50
    Tv 1/80
    Av 4.5
    ISO感度 1600
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    今年の冬は実をチェックしておきましょうか・・
    ツルアリドオシの実も撮ったことですし。


    キチジョウソウ(吉祥草)


    湿地のほとりにかなりまとまった数が咲いています。
    一斉に咲くとそこだけピンク色に染まっているように見えてみごとです。
    見るからに丈夫そうな植物ですね。

    たまにはこいつも登場させましょう。
    ホームセンターで簡単に棚が作れるような材木が安かったので買ってきて、タワーを作りました。
    一番高いところで1.8m近くあります。


    自家製猫タワー


    設置場所の都合上、が寝るにはちょっと狭いかな・・と思っていたらしっかり寝ています。
    となりにピアノがあって、そっちに行かないように薄いベニヤの化粧板でバリケードをこしらえたりしていたら結構な費用がかかってしまいました。
    やっぱり市販のタワーを買えばよかったかな!?

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : キチジョウソウ 吉祥草 写真 狭山丘陵 野草 ネコ アメリカンショートヘア

    キッコウハグマ(亀甲白熊)

  • 2013/11/02 : 狭山丘陵の四季
  • 非常に小さな風車のように見えるです。
    しかも、このはキク科の例に漏れず、ひとつのに見える頭は3つの五弁が集まってできています。
    つまり、5枚の羽根が3つつながって輪になって風車に見える、ということ。


    キッコウハグマ(亀甲白熊)


    狭山丘陵においては特段珍しい植物ではありません。
    でもこの、こうして開花するのは珍しくて、私が観察している場所でしか咲いているのを見たことがありません。
    他の場所では閉鎖花で、蕾からいきなり綿毛になって終わってしまいます。

    写真
    キッコウハグマ亀甲白熊) キク科
    例年どおり11月のはじめに咲きました。
    場所によっては一面に白い点々をちりばめたようになっています。
    すごく不思議ですが、特定の場所のしか咲かないように思えます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/11/02 14:21:52
    Tv 1/25
    Av 7.1
    ISO感度 1600
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    今日は予報よりも天気が悪くて林の中は薄暗くて弱りました。
    カメラの感度を上げてどうにかってところです。
    草全体の様子はこんなです。


    キッコウハグマ(亀甲白熊)


    葉が亀甲型なのでこの名前があります。
    私の観察によると、ある程度以上大きく育ってしまうと閉鎖花で終わってしまうように思われます。
    咲いているのは花茎の短めのものばかりでした。

    何じゃこりゃ!?
    ・・と言ってしまったキノコ
    多分ヒトヨタケ系だろうと予測しつつ。


    ササクレヒトヨタケ


    図鑑で調べたところ、ササクレヒトヨタケの幼菌のようです。
    傘が開く前のこの形のほうがきれいかな~。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : キッコウハグマ 亀甲白熊 写真 狭山丘陵 野草 キノコ きのこ ササクレヒトヨタケ

    アキカラマツ(秋唐松・秋落葉松)

  • 2013/11/01 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日に続いて9月に撮ったです。
    狭山丘陵の秋のは9月がピークで、10月に入るとだいぶ種類が減り、11月になったら数えるほどに減ってしまいます。
    というわけで時期の写真がなく、今日は9月に載せられなかったアキカラマツにしました。


    アキカラマツ(秋唐松・秋落葉松)


    いつぞや8月に訪れた北海道の釧路湿原あたりはアキカラマツだらけだった記憶があります。
    でも、狭山丘陵では非常に珍しい植物で、私の知る限りでは数ヶ所しかありません。
    ここは毎年撮っているところで、安定して咲いてくれます。

    写真
    アキカラマツ秋唐松秋落葉松) キンポウゲ科
    多くのキンポウゲ科と同様に弁がありません。
    派手さも華やかさもないけど、これはこれでいいものだと思います。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/09/14 11:02:29
    Tv 1/125
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    実はこのを撮った近くに立派な株がありました。
    しかし草刈りでものの見事にやられました。
    高校野球の選手の頭じゃあるまいし、刈り込めばきれいだと勘違いしているんでしょうかね。


    アキカラマツ(秋唐松・秋落葉松)


    今年初めて見つけたアマドコロも刈り取られてしまい、ちゃんと実ができたのか心配です。

    10月29日に載せたタカアザミ写真をもう一枚。
    これはサイバーショットではるか天辺に咲いた花を撮ったものです。


    タカアザミ


    う~ん、望遠の威力は認めるけどやっぱり暗いところは苦手なようです。
    それに何よりファインダーがないのはどうにも撮りにくい・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : アキカラマツ 秋唐松 秋落葉松 写真 狭山丘陵 野草 キンポウゲ科 タカアザミ

    ようこそ!
    カレンダー
    10 | 2013/11 | 12
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR