オカトラノオ(丘虎の尾)

  • 2014/06/30 : 狭山丘陵の四季
  • 梅雨時に狭山丘陵の各所でたくさん咲きます。
    どうも夏のの印象があるのは、いつも蒸し暑い中で撮っているせいかもしれません。
    今年もあちこちで白いをたくさんつけた序をたなびかせています。


    オカトラノオ(丘虎の尾)


    梅雨時は野草の種類が少ない・・と思っていたら、昨年の6月には58種類も撮っていました。
    今年は出かける機会が極端に少なかったのでオカトラノオといえども貴重なモデルさんです。
    まだ週初めだけど、次の週末の計画を練ることにします。

    ・・とはいえ空模様頼みではありますが。

    写真
    オカトラノオ丘虎の尾) サクラソウ科
    もうオカトラノオの季節か・・1年経つのが早いです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/06/21 10:25:04
    Tv 1/160
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    このは群落をつくって咲きます。
    大抵の群落では序が同じ方向になびいているんですが、ここは四方八方を向いているようでした。
    下の写真は6月29日に撮ったものです。


    オカトラノオ(丘虎の尾)


    葉の付け根に赤みを帯びるのと序の垂れ具合で見分けは簡単だと思います。
    そういえば以前にもしかしたら絶滅危惧種のノジトラノオではないか!?と思ったのを見かけましたが、もう何年も見ていません。
    やはりあれもオカトラノオだったんだろうか・・
    スポンサーサイト

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : オカトラノオ 丘虎の尾 サクラソウ科 梅雨 写真 狭山丘陵 野草

    イワガラミ(岩絡み)

  • 2014/06/29 : 狭山丘陵の四季
  • 梅雨時ののせいか、どうもうまくタイミングが合いません。
    狭山丘陵ではあまり見かけないほうだと思います。
    先週、開情報をいただいたので朝から見に行ってみました。


    イワガラミ(岩絡み)


    残念ながらは終わっていて、周囲の装飾が残っているのみでした。
    イワガラミは他の樹木にを沿わせて上に登っていきます。
    上から下までチェックしましたが、両性は咲き終わってしまったようです。

    写真
    イワガラミ岩絡み) アジサイ科
    掲載は2008年以来かと思います。
    性の素朴なガクアジサイといった趣です。
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2014/06/29 8:59:21
    Tv 1/80
    Av 4.0
    ISO感度 800
    レンズ EF70-200mm f/4L IS USM
    焦点距離 200.0 mm


    このは東京都の水道用地内にあるため、道から柵越しにしか見ることができません。
    そのため、望遠の利くAPS-Cの40Dに200ミリを取り付けて持参しました。
    もちろん6Dと三脚も持っていったので重かったこと・・


    イワガラミ(岩絡み)


    撮ってみたら6Dに200ミリでも何とかなったんじゃないかと思いました。
    今日の2枚はいずれも40Dで撮ったものです。
    まだまだ現役でいけそうですね。

    う~ん、これも先週行っておくべきだったか・・これだけ雨が降ったら出かけるチャンス自体が少ないので困ります。
    さすがに咲き終わりのイワガラミだけでは寂しいので、昨年の7月下旬に群馬県の玉原高原で咲いていたを載せておきます。


    イワガラミ(岩絡み)@玉原高原


    標高1300m以上あるとさすがに花の時期もまるで違いますね。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : イワガラミ 岩絡み アジサイ科 玉原高原 写真 狭山丘陵 梅雨

    オオバジャノヒゲ(大葉蛇の髭)

  • 2014/06/28 : 狭山丘陵の四季
  • 梅雨時のの少ない時期に薄暗い林の中でたくさん咲きます。
    昨年撮ったのを今年の3月に載せているので、今年2度目の登場になっちゃいました。
    でもこれは今年のですから・・


    オオバジャノヒゲ(大葉蛇の髭)


    はみんなうつむいて咲いています。
    日陰に咲いていて写真に撮るのは結構難しい部類かもしれません。
    後にできる瑠璃色の実がとても美しいです。

    写真
    オオバジャノヒゲ大葉蛇の髭) クサスギカズラ科スズラン科
    日本固有種だそうです。
    狭山丘陵の林の中で咲くといったらこれとヤブランを思い浮かべます。
    さてどっちが多いか!?
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/06/21 10:04:28
    Tv 1/80
    Av 4.5
    ISO感度 800
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    地面すれすれからを見上げてアップで撮ってみました。
    独特な形の雄しべですね。
    こうしてみるとこの花も悪くないかな。


    オオバジャノヒゲ(大葉蛇の髭)


    今日は梅雨時らしいしとしと五月雨の一日でした。
    明日の午前中は曇りという予報に変わったし、すっかり忘れていた通院日だったので丘陵への出動はできませんでした。
    明日は大丈夫かな~!?

    降らなかったらラッキーというくらいのノリで気楽にいってみたいと思います。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : オオバジャノヒゲ 大葉蛇の髭 写真 狭山丘陵 野草 クサスギカズラ科 スズラン科 日本固有種

    トリアシショウマ(鳥足升麻)

  • 2014/06/27 : 狭山丘陵の四季
  • 東京でも奥多摩まで行くと特に珍しい植物でもないようです。
    しかし狭山丘陵では非常に珍しい植物で、めったに見かけません。
    このもしばらく体調を崩しているうちに終わる寸前になってました。


    トリアシショウマ(鳥足升麻)


    今年の序は昨年にくらべて大きめだったので、時期には見応えがあったでしょう。
    一週間前にちょうど見頃だったそうで、惜しいことをしました。
    週末しか動けない身としては一度チャンスを逃すと1年待たなければなりません。

    写真
    トリアシショウマ鳥足升麻) ユキノシタ科
    今年も咲いていてよかったです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/06/21 8:39:16
    Tv 1/200
    Av 4.0
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    アップで見たら残っているもヨレヨレです。(笑)
    まぁここまで粘って咲いていてくれただけありがたいと思って、謹んで撮らせていただきました。


    トリアシショウマ(鳥足升麻)


    ようやく週末がやってきました。
    残念なことに天気予報は土日両方とも傘マークで、梅雨らしいお天気のようです。
    せめて半日だけでも雨が止んでくれるとありがたいんですけどねぇ・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : トリアシショウマ 鳥足升麻 ユキノシタ科 梅雨 写真 狭山丘陵 野草 週末 天気予報

    ムラサキシキブ(紫式部)

  • 2014/06/26 : 狭山丘陵の四季
  • 終わりかけのものが多かった先週末に撮ったの中で、これは時期のといってよいでしょう。
    大体いつも6月20日前後に撮っているのでちょうどいい季節だと思います。
    あちこちに咲いているんですが、その割にはあまりきれいなのがなかったような・・


    ムラサキシキブ(紫式部)


    小さなピンクのに鮮やかな黄色の葯が目立ちます。
    狭山丘陵にはヤブムラサキも少なくないんですがこの日はめぐり合いませんでした。
    の時期はちょっとだけヤブムラサキのほうが早いんでしたっけ。

    写真
    ムラサキシキブ紫式部) シソ科
    例によってAPG第3版に従った分類です。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/06/21 9:12:27
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    園芸用にムラサキシキブという名前で売られているコムラサキに比べると、実が疎らで大きさも不揃いです。
    野趣あふれるってところでしょうか。
    バタバタしているうちにムラサキシキブの色付く季節が来ちゃうんでしょうね。


    ムラサキシキブ(紫式部)


    まっすぐ伸びた枝の途中に、唐突に一群のが咲いていました。
    200mm持っていけばよかったかな。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ムラサキシキブ 紫式部 ヤブムラサキ コムラサキ 写真 狭山丘陵

    ユキノシタ(雪の下)

  • 2014/06/25 : 狭山丘陵の四季
  • 昨年に引き続き、今年も6月中旬を過ぎてから撮りました。
    もうこれ以上遅いと撮れないくらい遅かったです。
    これも何とか残っていてくれてよかった。


    ユキノシタ(雪の下)


    ユキノシタといったら、上の3枚の小さい弁がピンクのイメージなんですけど、狭山丘陵ユキノシタはどこに行ってもこの色です。
    最初はハルユキノシタかと思ってしまいました。
    でもやっぱりユキノシタですね。

    写真
    ユキノシタ雪の下) ユキノシタ科
    狭山丘陵ではあちこちで群生しています。
    そのくせ撮る機会がなかったりして・・
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/06/21 8:59:33
    Tv 1/40
    Av 4.0
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    次の週末もお天気が悪そうで困りました。
    せめて半日でも丘陵を歩けたらいいんですけど。
    まぁぼちぼちいきましょう。


    ユキノシタ(雪の下)


    ここ2日ばかり東京周辺はゲリラ豪雨や積もるほどの雹が降ったり、えらく不安定なお天気です。
    私は傘を持ち歩いて重たい思いをしたものの一度も使いませんでした。
    それはそれで運がよかったんでしょう。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ユキノシタ 雪の下 写真 狭山丘陵 野草 ハルユキノシタ ゲリラ豪雨

    イチヤクソウ(一薬草)

  • 2014/06/24 : 狭山丘陵の四季
  • もう終わっちゃったかなと思っていたイチヤクソウ、かろうじていくつか残っていました。
    の時期が若干遅い場所もあるのですけど、そこまで回りきれないので終わりかけでもやむなしです。
    咲いていただけよかったです。


    イチヤクソウ(一薬草)


    先日載せたシャクジョウソウなどと同じツツジ科シャクジョウソウ亜科、つまり何かに寄生している植物で自力では生きていけません。
    それを知ってか知らずか、この植物は盗まれることが多いです。
    鉢植えにしても育たないのに、枯らせるために犯罪を犯すんでしょうか。

    写真
    イチヤクソウ一薬草) ツツジ科シャクジョウソウ亜科
    そこそこ立派な葉があるので光合成で事足りるように見えるものの、半寄生植物として知られています。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/06/21 9:22:14
    Tv 1/80
    Av 3.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:準絶滅危惧(北多摩)


    を下から見ると、湾曲した太い雌しべと茶色い雄しべが見えて、ひっくり返したカブトガニみたいです。
    ちなみに雄しべは10本くらいだそうですが、先端が分かれているのでもっと多く見えますね。


    イチヤクソウ(一薬草)


    狭山丘陵では割と見かける植物ですが、目に付くところに咲いているものはいつの間にか消えてなくなっていることがあります。
    まさかいまどき煎じて薬にしている人もいないでしょう。
    もし掘り返している人を見かけたら110番通報をお願いします。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : イチヤクソウ 一薬草 寄生植物 半寄生植物 シャクジョウソウ 写真 狭山丘陵 野草

    ホタルブクロ(蛍袋)

  • 2014/06/23 : 狭山丘陵の四季
  • 土曜日に大群落で撮ったのは全部ヤマホタルブクロだと思って写真を眺めていたら、何枚か萼片の形が違うのが混ざってました。
    萼片が細長く、萼片の間に反り返った付属体が確認できます。
    これは「ヤマ」のつかないホタルブクロですね。


    ホタルブクロ(蛍袋)


    ホタルブクロヤマホタルブクロの違いは萼を見るしかないようです。
    危うく見逃してぜんぶヤマホタルブクロで載せてしまうところでした。
    土曜日に見た大群落は2種類のホタルブクロが混在していました。

    しかしこれって交雑しないんでしょうか。

    写真
    ホタルブクロ(蛍袋) キキョウ科
    萼片が幅広で短めのヤマホタルブクロに対し、細長いです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/06/21 10:52:50
    Tv 1/320
    Av 4.5
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    昨日はアップで1枚、ちょっと引いたのを1枚載せようと思っていたら、アップは2カットともホタルブクロ、引いたのは2枚ともヤマホタルブクロでした。
    う~ん、集中力落ちてるなぁ・・
    そうだ、薬の副作用のせいだ、ということにしておこう。(笑)


    ホタルブクロ(蛍袋)


    期せずして2種類のホタルブクロを撮ってました。
    だけ見ても違いは(私には)分かりません。
    萼片以外に違いってあるんでしょうかね・・

    いずれにしても身近な場所に大群落とは灯台下暗しというか目から鱗というか。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤマホタルブクロ 山蛍袋 ホタルブクロ 蛍袋 写真 狭山丘陵 野草 キキョウ科

    ヤマホタルブクロ(山蛍袋)

  • 2014/06/22 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日、3週間ぶりに狭山丘陵を歩いて、帰りがけにsage55さんにお会いしました。
    近くでホタルブクロがたくさん咲いているはずとのことでしたので行ってみました。
    なんといつも歩いている場所で、私は蔓植物に気を取られていてホタルブクロに気づいてなく・・一体何年ここ歩いているんだ!?


    ヤマホタルブクロ(山蛍袋)


    太くて短い萼片、萼片の間に付属体がないのでヤマホタルブクロでよいと思います。
    それにしてもこんな大群落があったとは・・いつも歩く道とほんのわずかな距離なのに。
    観察力が足りないのか、何もなかろうと決め付けていたのか。

    写真
    ヤマホタルブクロ山蛍袋) キキョウ科
    ホタルブクロとは萼片の形状が異なります。
    狭山丘陵ではヤマホタルブクロのほうが多く見かけるように感じます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/06/21 10:49:58
    Tv 1/250
    Av 4.0
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    白い、紫の、ま~こんなにあったとは驚きです。
    山の中を歩いていてホタルブクロに出会うとかなり感激してしまうんですが、これだけあると呆気に取られるというくらい・・
    sage55さん、ご案内いただきありがとうございました。


    ヤマホタルブクロ(山蛍袋)


    この白いのもヤマホタルブクロ・・ここのは全部ヤマホタルブクロかな。

    今日は昨夜からの雨が午後まで残ったので外出できずに写真の整理をしていました。
    で、ヤマホタルブクロばかりかと思って眺めていたら、おや!?
    ・・ということで、続きは明日にします。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤマホタルブクロ 山蛍袋 ホタルブクロ 蛍袋 写真 狭山丘陵 野草

    シャクジョウソウ(錫杖草)

  • 2014/06/21 : 狭山丘陵の四季
  • 3週間ぶりに狭山丘陵を歩いてきました。
    体調がようやく半日くらい歩いても大丈夫な状態に戻ってきています。
    しかしこの3週間のギャップは大きく、あれこれ見たかったがみんな終わっていました。


    シャクジョウソウ(錫杖草)


    とはいえこれから咲くだっていっぱいあるわけで、今日は昨年のデータを基にいくつか目星をつけて歩いてきました。
    そのうちのひとつがこのシャクジョウソウです。
    昨年と同じ場所を2ヶ所チェックしてきたところ、一ヶ所は去年より早くてが終わりかけ、もう一ヶ所は個体数が各段に少なかったです。

    写真
    シャクジョウソウ錫杖草) ツツジ科シャクジョウソウ亜科
    キシメジ属の菌類に寄生し、必要な養分の100%を菌類に頼っている菌従属栄養植物
    ということは菌類の生育がよくないのでしょうか。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/06/21 11:11:02
    Tv 1/125
    Av 3.5
    ISO感度 2500
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:絶滅危惧II類(北多摩)
    埼玉県RDB2011:準絶滅危惧


    よく似たギンリョウソウに比べて、狭山丘陵では圧倒的に少ないです。
    そういえばギンリョウソウもここ2年ほど少ないんですが、こちらも菌類(ベニタケ属)に寄生しているので、同じような理由で少ないのでしょうか。


    シャクジョウソウ(錫杖草)


    ギンリョウソウと異なる点は、一本の茎に複数のが咲くこと。
    柱の先端の色も違います。
    もう一ヶ所別の場所で撮ったのがこれで、もうが終わる寸前でした。


    シャクジョウソウ(錫杖草)


    とりあえず今年も見ることができたのでよしとしましょう。

    3週間ぶりの狭山丘陵、蒸し暑かったものの丘陵仲間ともあちこちで遭遇できたし、急に体調がよくなったような気分になりました。
    フィールドに出られるのはうれしいなぁ!!

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : シャクジョウソウ 錫杖草 写真 狭山丘陵 野草 ギンリョウソウ 菌従属栄養植物 腐生植物 絶滅危惧

    セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)

  • 2014/06/20 : 狭山丘陵の四季
  • 去年載せていないようなので今日はこれを。
    中国原産で、日本国内では唯一野生のデルフィニウムだそうです。
    独特な形の美しいですけど、狭山丘陵では少々増えすぎたみたいですね。


    セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)


    この狭山丘陵野草を撮り始めたころに名前を覚えました。
    道で出会った方から何かイベントがあるとかでパンフレットのようなものをもらった際に教えていただきました。
    短くない名前なのにすっと覚えられてしまって、そんなに印象的だったのかな!?

    写真
    セリバヒエンソウ芹葉飛燕草) キンポウゲ科
    狭山丘陵の林道脇は、春先はセントウソウ、ムラサキケマン、セリバヒエンソウと主役が移り変わって行く感じです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/05/11 12:43:47
    Tv 1/80
    Av 5.6
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    デルフィニウムは英語で言うとdolphin=イルカです。
    蕾の形がイルカに似ているってことらしいんですが、いかがでしょう。


    セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)


    言われてみればそんなふうにみえなくもないか。

    今日もわが家のはリビングを独り占めしています。
    しかし暑いせいか知らないけど無防備すぎやしないか!?


    無防備・・


    天敵がいないとこうなるんでしょうね。

    さて、明日の狭山丘陵地方は曇りのようです。
    朝から出動してみますか、久しぶりに。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : セリバヒエンソウ 芹葉飛燕草 写真 狭山丘陵 野草 デルフィニウム アメリカンショートヘア

    ナツハゼ(夏黄櫨、夏櫨)

  • 2014/06/19 : 狭山丘陵の四季
  • ツツジ科ってこういう釣鐘型のが結構ありますね。
    おなじみのドウダンツツジしかり、ブルーベリーもそう。
    わが家のブルーベリー、今年は枯れる寸前だったせいかが咲きませんでした。


    ナツハゼ(夏黄櫨、夏櫨)


    毎年チェックしている木があって、今年も5月中旬に見に行きました。
    今年はの付きがよかったんですけど、色はみんな緑色でした。
    赤く染まるととても美しいんですけどね。

    この木は毎年見ているのにが赤くなったのを見たことがありません。

    写真
    ナツハゼ夏黄櫨夏櫨) ツツジ科
    のあとには黒っぽい実ができて、食べられます。
    ブルーベリーの5倍のアントシアニンを含むそうです。
    ツツジ科スノキ亜科でブルーベリーも同じ仲間です。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/05/18 12:26:49
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 1250
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    植木屋さんで売っている木のようなので、うちにも1本・・いやいや、もう植える場所がない。


    ナツハゼ(夏黄櫨、夏櫨)


    こちらの序はほんのちょっとだけ赤味が入ってました。
    同じ木でも場所によって少し色が違うのかな・・
    ちなみにわが家のブルーベリーは鉢の土を入れ替えたり専用の肥料を入れたりしたら息を吹き返しました。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ナツハゼ 夏黄櫨 夏櫨 写真 狭山丘陵 ツツジ科 ブルーベリー ドウダンツツジ

    オトコヨウゾメ(男莢蒾)

  • 2014/06/18 : 狭山丘陵の四季
  • このところガマズミ3兄弟なんていって載せてましたが、ひとつ忘れてました。
    いちばん最初に咲くオトコヨウゾメです。
    ヨウゾメというのはガマズミのことで、序が小さいけどこれも仲間にいれておかないと。


    オトコヨウゾメ(男莢蒾)


    これはかなり密に咲いているほうだと思います。
    よく見かけるのはの間に隙間がありますから。
    狭山丘陵では半日陰の林縁などでよく咲いています。

    写真
    オトコヨウゾメ男莢蒾) レンプクソウ科
    実が渋くて食べられないので「男」と名付けられたとか。
    食えないやつ、にしては可憐すぎるかも。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/04/19 12:16:52
    Tv 1/500
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    ということで4兄弟にしておきましょうか。
    ちょっといびつなは愛嬌があります。
    私は赤ちゃんの手を連想してしまいます。


    オトコヨウゾメ(男莢蒾)


    残念ながらちょっとピンが思ったところにきてなくて、少々眠たい写真になっちゃいましたが他にないので・・
    「オトコ」ってネーミングとイメージが合わないのように思えます。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : オトコヨウゾメ 男莢蒾 ガマズミ 写真 狭山丘陵 レンプクソウ科

    ガマズミ(莢蒾)

  • 2014/06/17 : 狭山丘陵の四季
  • 4月中に咲き始めるコバノガマズミミヤマガマズミが終わる頃、入れ替わりに咲きます。
    狭山丘陵ガマズミ3兄弟は似ていますがそれぞれしっかり特徴がありますね。
    ガマズミの時期が遅くて葉が大きく丸っこい。


    ガマズミ(莢蒾)


    白というよりちょっとクリーム色っぽいですかね。
    撮った時間が遅かったので少し赤みを帯びて写ったので調整しました。
    去年も載せたガマズミ3兄弟、今年も揃って登場です。

    写真
    ガマズミ(莢蒾) レンプクソウ科
    ガマズミ3兄弟、個々のはそっくりです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/05/25 16:12:56
    Tv 1/320
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    これはあまりきれいじゃないけど、1枚じゃ淋しいので・・


    ガマズミ(莢蒾)


    また撮れるから・・と思っていたらこのあと体調崩してそれっきりです。
    次の週末には復帰したいところですけど、どうなることやら。
    とりあえずブログの更新ができるようにはなりました。

    更新しようにもネタがないんですけどね~。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ガマズミ 莢蒾 コバノガマズミ ミヤマガマズミ 写真 狭山丘陵 レンプクソウ科

    コバノガマズミ(小葉の莢蒾)

  • 2014/06/15 : 狭山丘陵の四季
  • 昨日に引き続いてガマズミの仲間です。
    狭山丘陵ではガマズミと名のつく木の中ではこれが多いように思いますがどうでしょうか。
    場所や年によって異なりますが、4月下旬ののイメージです。


    コバノガマズミ


    個々のは昨日のミヤマガマズミにそっくりです。
    こちらのほうがやや小振りですかね・・
    場所によっては木全体が真っ白に見えるくらい咲くものもあります。

    写真
    コバノガマズミ小葉の莢蒾) レンプクソウ科
    ガマズミの2文字目の漢字は草かんむりつきの「迷」です。
    PCの環境によっては文字化けして表示されるかもしれませんが、そういう文字です。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/05/03 10:09:14
    Tv 1/160
    Av 8.0
    ISO感度 1600
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    の盛りには賑やかに咲きます。


    コバノガマズミ


    今日は朝から少し歩いてみるつもりだったんですが、思ったより体調が悪くてやめました。
    どうやら薬の副作用っぽくて、夕方になると復活します。
    副作用の少ない薬のはずなんですけど、困ったものです。


    くつろぎすぎ・・


    リビングのど真ん中で寝ているのんきなやつ。
    このくらいリラックスできればねぇ・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : コバノガマズミ 小葉の莢蒾 ガマズミ 写真 狭山丘陵 アメリカンショートヘア

    ミヤマガマズミ(深山莢迷)

  • 2014/06/14 : 狭山丘陵の四季
  • ようやく訪れた梅雨の中休み、朝から青空が見えるというのはいいものです。
    出かけるにはいい天気なんですが少々体調に不安があるので休養です。
    時間はあるので春に載せそびれたを・・


    ミヤマガマズミ(深山莢迷)


    葉の先端が細く尖っていること、写真ではよく分かりませんが1cmくらいの葉柄があるのでミヤマガマズミでよろしいかと思います。
    名前は深山ですが里で見かける植物です。

    写真
    ミヤマガマズミ深山莢迷) レンプクソウ科
    コバノガマズミより葉が大きくて、ガマズミよりもの時期が早いです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/04/26 13:21:21
    Tv 1/320
    Av 4.0
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    去年も載せていますが少しタイミング的に遅かったようです。
    今年はちょうどいい時期に当たったように思いますがどうでしょう。
    ほぼ同じ時期に撮っているのでやはり今年はが遅めだったようです。


    ミヤマガマズミ(深山莢迷)


    もともと暑いのは苦手じゃないんですが、今年はどういうわけか堪えます。
    エルニーニョで涼しい夏という予想もありますが、せめて猛暑にならないことを祈りたい気分です。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ミヤマガマズミ 深山莢迷 ガマズミ 写真 狭山丘陵

    オオジシバリ(大地縛り)

  • 2014/06/10 : 狭山丘陵の四季
  • 梅雨の大雨でネタ切れ状態です。
    加えてあまり体調がよくないせいもあってなかなか更新できずにいます。
    とはいえいくらか楽になってきたので少し前のネタですがたまには更新しておきましょう。


    オオジシバリ(大地縛り)


    ちょうどタンポポくらいの大きさで、同じく舌状のみながらこちらは一重です。
    遠くから見るとタンポポに見えます。
    地面を縛るほど咲くというのが名前の由来のようですが、以前あった大群落は最近見かけなくなってしまいました。

    写真
    オオジシバリ大地縛り) キク科
    小振りなジシバリというのもあります。
    ジシバリ狭山丘陵ではちらほら見かけるくらいです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/05/06 13:09:48
    Tv 1/320
    Av 4.0
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    次の週末は晴れて暑くなるようです。
    出かけたいのはやまやまですが、今週末はちょっと動けないかも。
    朝の涼しいうちに、調子よかったら近所を歩いてみようかと思っています。


    オオジシバリ(大地縛り)


    タンポポと同じく、五弁の小が多数集まって頭を形成しています。
    見紛うことなくキク科

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : オオジシバリ 大地縛り タンポポ 写真 狭山丘陵 野草 ジシバリ キク科

    ツクバネウツギ(衝羽根空木)

  • 2014/06/07 : 狭山丘陵の四季
  • このとはどうも縁が薄いらしく、気が付いたら咲き終っていることが多いです。
    何ヶ所か場所は覚えているのにおかしなものです。
    今年も見損ねたか・・と思ったら、期せずしてを見つけました。


    ツクバネウツギ(衝羽根空木)


    生育場所によって開時期が若干違うようで、5月3日だったら少し遅めのように思います。
    昨年は4月20日での盛りを過ぎていましたが、これはまだ咲きかけで、の左側に緑色の蕾が見えます。
    一ヶ所に2個ずつを咲かせます。

    【写真】
    ツクバネウツギ衝羽根空木) スイカズラ科
    この状態では分かりませんが、花の中をみると軸の長い雄しべとその半分くらいの長さしかない雄しべの2種類が入っています。
    花のあとに残る萼片が羽根つきの羽根に似るのが名前の由来。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/05/03 10:19:27
    Tv 1/100
    Av 4.0
    ISO感度 1000
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    梅雨入りしたと思ったらいきなりの大雨攻撃です。
    新しいネタは尽きてしまったので春に撮った花を引っ張り出して載せようかと思います。


    ツクバネウツギ(衝羽根空木)


    しばらくうっとうしい空模様が続くようですね。
    梅雨時は花の種類も少ないし、本当にネタ切れになってしまうかもしれません。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ツクバネウツギ 衝羽根空木 狭山丘陵 スイカズラ科 ウツギ

    ニワゼキショウ(庭石菖)

  • 2014/06/06 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵のあちこちに咲くのでいつでも撮れると思っていたら、ものの見事にこれっきりでした。
    まさに油断大敵、この春は一回限りのチャンスになってしまいました。
    気が付けば入梅して大雨ですし・・


    ニワゼキショウ(庭石菖)


    おまけに体調不良も重なって、思うように動けません。
    更新がなかったら休養しているんだな・・と思ってください。
    少し回復してきてはいるのですが、本調子には程遠いです。

    写真
    ニワゼキショウ庭石菖) アヤメ科
    白も撮ったんですが載せるのを憚られる出来栄えなので今日は1枚きりです。
    ニワゼキショウ、オオニワゼキショウ、みんな草刈りにやられました。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/05/24 13:36:23
    Tv 1/160
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    土曜日も大雨らしく、静養するにはちょうどいいかも。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ニワゼキショウ 庭石菖 写真 狭山丘陵 野草 アヤメ科 大雨

    クサヨシ(草蘆、草葦)

  • 2014/06/05 : 狭山丘陵の四季
  • ほとんど訳が分からないのに近いイネ科にあって、かろうじてそれと分かるもののひとつです。
    これでが咲いているんですが、遠目には分かりませんね。
    すっと伸びた茎の先にを咲かせてずらっと並んでいるかのようです。


    クサヨシ(草蘆、草葦)


    以前にも載せたことがありますが、そのときの写真は今見たらお世辞にもきれいとは言いがたい・・
    これはまずまずきれいに並んでいてくれました。
    このくらいの密度で生えているのがいちばん見栄えがいいかもしれません。

    写真
    クサヨシ草蘆草葦) イネ科
    狭山丘陵では5月の
    夏にはとっとと枯れてしまうらしく、その点イネ科らしくない。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/05/26 13:52:19
    Tv 1/500
    Av 2.8
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    アップだとこんな感じ。
    葯が見えているのでかろうじてが咲いているんだと分かります。


    クサヨシ(草蘆、草葦)


    気温が上がってきて夏草の茂る季節になってきました。
    主にイネ科でしょうね。
    さてこれは・・オオスズメノカタビラ、かな。


    オオスズメノカタビラ?


    イネ科はカヤツリグサ科以上に難解で、まだ手が出ません。
    まずはカヤツリグサ科なんですが、こちらはそろそろ季節的に終わりかと。

    それにしても今日の絵ヅラはえらく地味になっちゃいました。

    さて週末。
    どうやら大雨みたいです。
    体調悪いのでゆっくり養生せよということでしょう。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : クサヨシ 草蘆 草葦 オオスズメノカタビラ イネ科 写真 狭山丘陵 野草 夏草

    コウゾリナ(顔剃菜、剃刀菜)

  • 2014/06/04 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵では5月、梅雨に入る前くらいにたくさん咲きます。
    昨年は10月まで咲いていたのがあって、どこかで細々といつまでも咲いているブタナといい勝負かもしれません。
    しかしはその時期に見ておかないと・・


    コウゾリナ(顔剃菜、剃刀菜)


    本当はミミナグサを探しに行ったんですけどすでに咲き終わっていたので盛んに咲いているコウゾリナを撮っておきました。
    明るいところで鮮やかな黄色いを撮るのは難しいものです。
    まだまだカメラのホワイトバランスは完全には程遠いかなと思わざるを得ません。

    写真
    コウゾリナ顔剃菜剃刀菜) キク科
    総苞の剛毛が特徴的です。
    思わず剃ってあげたくなるような!?
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/05/25 12:36:44
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    あちこちに咲くもののこれほど密生するところもそんなに多くはないと思います。
    横にずらっと並んで咲いていたので縦方向に撮ってみました。
    案外ちゃんと開いているが少ないですね・・


    コウゾリナ(顔剃菜、剃刀菜)


    アップで見たら舌状だけの以下にもキク科らしいです。
    これもひとつの小は五弁で、35個前後の小花が集まって頭花を形成するのが標準的なようです。
    写真で数えても・・・う~ん、大体そんなものかな!?


    コウゾリナ(顔剃菜、剃刀菜)


    埼玉県地方もいよいよ入梅かと思われます。
    週末も天気が思わしくなく、それ以上に体調がすぐれないのでもしかしたらネタ切れになってしまうかもしれません。
    今月は毎日更新は難しそうです。

    だんだんマンネリ化してきているのが否めないので、ちょっと新企画を考えてみましょうか・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : コウゾリナ 顔剃菜 剃刀菜 写真 狭山丘陵 野草 キク科

    ミヤマシラスゲ(深山白菅)

  • 2014/06/03 : 狭山丘陵の四季
  • 5月3日にきれいに咲いているスゲを見つけました。
    天辺の雄小穂がきれいに広がり、その下の雌小穂盛りといった感じです。
    しかしこの時点では何だか正体が分かりませんでした。


    ミヤマシラスゲ(深山白菅)


    場所ははっきり覚えていたので、一ヵ月後に果胞の様子を見に行ってきました。
    ・・というより、ついでで通りかかったんですが。
    結果はおなじみのミヤマシラスゲでした。

    写真
    ミヤマシラスゲ深山白菅) カヤツリグサ科
    果胞がびっしり隙間なく並んで、ソーセージみたいな形をしています。
    また、果胞が垂れ下がらないのが特徴だそうです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/05/03 8:54:02
    Tv 1/125
    Av 3.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    で、これがから一ヵ月後の様子。


    ミヤマシラスゲ(深山白菅)


    名前は深山ですけど里にも生えています。
    狭山丘陵では普通に見かけるスゲで、過去にも二度ばかり載せています。
    でもを載せるのは初めてで、いままではのあとの果実ばかりでした。


    ミヤマシラスゲ(深山白菅)


    の時期ってこんな姿なんですね。
    水浸しの湿地というより、やや乾燥気味のところに多いようで、これも林道脇のちょっと湿った日陰にありました。
    これが生えていると湿地はおわり(乾燥している)といわれているそうです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ミヤマシラスゲ 深山白菅 スゲ カヤツリグサ科 写真 狭山丘陵 野草 果胞 小穂

    ヤセウツボ(痩靫)

  • 2014/06/02 : 狭山丘陵の四季
  • どうです、いかにも邪悪そうな面構えじゃありませんか。
    さすがは要注意外来生物に名を連ねるだけのことはあります。
    しかも100%他の植物に寄生するあつかましさ。


    ヤセウツボ(痩靫)


    ・・とかいいつつ、この手の植物には妙に惹かれてしまうものがあります。
    4本ばかり出ていたものの2本は完全に咲き終わっていて、が残っていて写真に撮れそうなのはこれだけでした。
    狭山丘陵で見たのはこれが2ヶ所目です。

    写真
    ヤセウツボ痩靫) ハマウツボ科
    昨年も書きましたが要注意外来生物寄生植物・・不法入国の窃盗団みたいなもんですね。
    でも、このはなんだかカッコいい。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/06/01 7:54:02
    Tv 1/80
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    すでに下の方のは茶色くなっていて、先端部分だけが咲き残っていました。
    昨年は6月1日にいい具合に咲いていたので今年は早めに咲いたようです。
    また来年、気をつけて探してみましょう。


    ヤセウツボ(痩靫)


    駆除しないといけないのかもしれませんが、方法はあるんでしょうか。

    おまけの1枚はウバタマムシ
    こちらは東京都RDB2013で準絶滅危惧、埼玉県も準絶滅危惧になっています。


    ウバタマムシ


    いわゆるタマムシみたいな虹色の輝きはありませんけど、これはこれで・・
    ゴキブリに似ているとか言わないでください。
    私の腕を這い登ってきましたから。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤセウツボ 痩靫 ハマウツボ科 寄生植物 要注意外来生物 写真 狭山丘陵 野草 ウバタマムシ

    エンシュウムヨウラン(遠州無葉蘭)

  • 2014/06/01 : 狭山丘陵の四季
  • いきなり真夏がやってきたような猛暑でした。
    昨年は5月25日に開を確認しているエンシュウムヨウラン、今年は地生ランの類は一週間ほど開が遅れているので今日あたり咲いているはずという予想で出かけてきました。
    ほぼ思惑通りです。


    エンシュウムヨウラン(遠州無葉蘭)


    名前のとおり遠州で見つかり、最近では愛知、静岡以外でも見つかっています。
    昨年、茨城県でも確認されているので、分布範囲の北限はいまのところ茨城県南部くらいのようです。
    であれば狭山丘陵で見つかっても不思議はありません。

    写真
    エンシュウムヨウラン遠州無葉蘭) ラン
    ムヨウランの仲間でよく似た種がありますが、このに関してはエンシュウムヨウランの特徴をしっかり具備しています。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/06/01 11:28:34
    Tv 1/80
    Av 5.6
    ISO感度 1600
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    その名のとおり葉を持たず、光合成はできません。
    地中の菌類に依存して生息しています。
    現時点では栽培技術はなく、たとえ山から持ち帰っても育てることはできません。


    エンシュウムヨウラン(遠州無葉蘭)


    現時点では東京都、埼玉県の最新版レッドデータブックに掲載はありません。
    次回発行版には載る可能性があるのかなと思っています。
    決してどこにでも咲く植物というわけではありませんので。


    エンシュウムヨウラン(遠州無葉蘭)


    舌弁の毛が白いです。
    ほかにも特徴があるんですがここでは割愛。
    それにしても暑い一日で、余裕の30℃越えでした。

    tag : エンシュウムヨウラン 遠州無葉蘭 写真 狭山丘陵 野草 ラン

    ようこそ!
    カレンダー
    05 | 2014/06 | 07
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR