リンドウ(竜胆)

  • 2014/10/31 : 狭山丘陵の四季
  • いよいよ、というかとうとう今年もリンドウを載せる日が来ました。
    奇しくも10月最終日、なんだか今シーズンの終了みたいな気分です。
    天気はよかったのですが完全に開ききっている感じではなかったので、どこかで見つけたらもう一度載せるかもしれません。


    リンドウ(竜胆)


    いつの間にか背景も秋らしい色になってきました。
    時期の遅い狭山丘陵の紅葉も徐々に始まりつつあるようです。
    ここにもホソヒラタアブが・・リンドウめがけて一直線に飛んでます。

    写真
    リンドウ竜胆) リンドウ科
    一年の大トリはやはりこので。
    これは地面を這ったり斜面に垂れ下がったりして何段もを咲かせています。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/26 13:42:05
    Tv 1/125
    Av 8.0
    ISO感度 500
    レンズ EF70-200mm f/4L IS USM
    焦点距離 200.0 mm


    ほかに茎が直立し、先端だけにが咲くタイプのもあります。
    同じ種類とは思えないくらい違うんですが、どちらも普通にリンドウなんでしょうか。


    リンドウ(竜胆)


    斜面の上から見下ろして撮ってみました。
    やっぱりホソヒラタアブがいますね。
    それにしてもリンドウの青はきれいだなぁ。


    リンドウ(竜胆)


    少し気が早いですけどこの連休で今年撮ったの整理をしてみようと思います。
    果たして何種類撮ったか!?
    明日からは載せ切れなかったを順次載せていこうと思います。
    スポンサーサイト

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : リンドウ 竜胆 リンドウ科 ホソヒラタアブ 写真 狭山丘陵 野草

    センブリ(千振)

  • 2014/10/30 : 狭山丘陵の四季
  • 激ニガのセンブリ茶の、あのセンブリです。
    リンドウ科だけあってその姿は何となくリンドウのが開ききったような感じにも思えます。
    白地にストライプの弁が洒落てますね。


    センブリ(千振)


    日当たりのよいところで大きな株がたくさんを咲かせていました。
    狭山丘陵で見たのはほんの数ヶ所だけです。
    東京都、埼玉県とも絶滅危惧種に指定されていて、私の見る限り減少傾向です。

    写真
    センブリ千振) リンドウ科
    千回振り出しても(煎じても)苦いのでセンブリ
    蜜腺を舐めてみる機会があったので試してみましたが、楊枝の先ほどでも苦いこと!
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/19 13:41:00
    Tv 1/1250
    Av 3.5
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:絶滅危惧IA類(北多摩)
    埼玉県RDB2011:絶滅危惧II類


    ニギヤカに咲くのもいいけれど、日陰でひっそりと咲いているのもまた奥床しくてよいです。
    このが咲いていた場所は以前に比べて個体数が少なかったです。
    もしかしたら見に行くのが少し早かったのかもしれません。


    センブリ(千振)


    早いもので明日で10月も終わりです。
    狭山丘陵の野のもおおよそ終わり、すっかり晩秋の様相になってきました。
    この週末には今シーズン最後に確認したい花があるのに天気が悪いようで、どうなりますことやら。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : センブリ 千振 リンドウ科 センブリ茶 絶滅危惧種 写真 狭山丘陵 野草 晩秋

    リュウノウギク(竜脳菊)

  • 2014/10/29 : 狭山丘陵の四季
  • 今年ももうこのを載せる季節がやってきましたか・・
    晩秋の野菊は野のの最後を飾るには相応しい姿です。
    今年は少し早めに見に行ったせいかの数が少なかったのが気がかりです。


    リュウノウギク(竜脳菊)


    葉の形に特徴があって、今年載せたどの野菊とも似ていません。
    園芸品種でこういう形の葉のキクがあったように思います。
    リュウノウギクも園芸品種といっても通用するくらい立派です。

    写真
    リュウノウギク竜脳菊) キク科
    野菊の最後を飾るのがこのです。
    何ヶ所か姿を消した場所があるのが残念です。
    目立ちますからねぇ。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/26 12:14:56
    Tv 1/80
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    この時期に写真を撮ると写ってしまうことが多いガガンボ君。
    ホソヒラタアブとこのガガンボはどこに行っても登場します。


    リュウノウギク(竜脳菊)


    まぁべつに悪さするわけじゃないですし・・
    それにしても細い脚だこと。
    これだけ細かったら1本くらいなくなっていても気が付かない!?

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : リュウノウギク 竜脳菊 野菊 キク科 ガガンボ 写真 狭山丘陵 野草

    キヅタ(木蔦)

  • 2014/10/28 : 狭山丘陵の四季
  • 珍しいではないんですけど3年ぶりに撮りました。
    ここのところどうもタイミングが合わなかったようです。
    10月に入ってから咲き始めて、のピークはこれからというところか・・


    キヅタ(木蔦)


    ヤツデやウドと同じウコギ科で、似たような球形の序をたくさんつけます。
    色はかなり渋好みの人向きでしょうか。
    私は悪くないと思います。

    写真
    キヅタ木蔦) ウコギ科
    同じウコギ科ヤツデの蜜は糖度50以上だそうです。
    キヅタにも虫が来るのでかなり糖度が高いのでしょう。
    ヤツデと同じく最初は雄で、弁と雄しべが落ちて雌花に移行します。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/19 9:27:29
    Tv 1/400
    Av 3.2
    ISO感度 1250
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    常緑なので落葉樹に絡んでいると冬場は枯れ木にキヅタの緑がよく目立ちます。
    英名は「Japanese ivy」だそうです。


    キヅタ(木蔦)


    珍しく低いところで咲いている花を見つけました。
    いつも望遠で撮るところですけど、今回はマクロで撮れました。
    左が雄性期の花、右が雌性期の花。


    虫食い


    スケルトンの葉っぱ。
    涼しくなってきましたねぇ・・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : キヅタ 木蔦 ウコギ科 ivy ヤツデ 写真 狭山丘陵 野草

    ヤマハッカ(山薄荷)

  • 2014/10/27 : 狭山丘陵の四季
  • 毎年撮っては載せているなんですが、どうもうまくいきません。
    がすごく小さいのと、立体的な造形であることが原因だと思います。
    とりあえず今回はまぁまぁマクロっぽいかなと・・


    ヤマハッカ(山薄荷)


    名前はハッカですけど芳香はありません。
    が咲いた姿がハッカに似ているのでこう呼ばれているんじゃないか的な説明をあちこちで読みました。
    9月28日(←クリック)にニホンハッカを載せていますので比べてみてください。

    似ているかなぁ!?

    写真
    ヤマハッカ山薄荷) シソ科
    先端が尖っていて、キツネの顔っていうイメージです。
    いかにもシソ科らしい咲き方ではあります。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/26 12:33:28
    Tv 1/100
    Av 7.1
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    の期間が長くてあちこちで咲いています。
    今回はの色がきれいな青で、まさに見頃というのに出会いました。
    見た目どおりの色を出すのは至難の業ですね。


    ヤマハッカ(山薄荷)


    難しい色です。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤマハッカ 山薄荷 ハッカ 薄荷 ニホンハッカ シソ科 写真 狭山丘陵 野草

    カントウカンアオイ(関東寒葵)

  • 2014/10/26 : 狭山丘陵の四季
  • 他のたちが姿を消す頃に登場するカントウカンアオイ
    見えているのは萼で、の本体は白い縁取りのある穴の中にあります。
    ほぼ地面すれすれか、半ば埋まった状態で咲いています。


    カントウカンアオイ(関東寒葵)


    今日はターゲットのが2種類だけだったので、これはおまけで撮りました。
    そういえば去年は載せてなかったな・・と思いつつ、葉の根元を見たらまだ萼筒が緑色のが集まって咲いていました。
    ちょっと土をよけないと見えないところもあって、素手で触るのはやだなと思いつつ・・

    写真
    カントウカンアオイ関東寒葵) ウマノスズクサ科
    狭山丘陵にはたくさんありますが、少し南の多摩丘陵にはほとんどないそうです。
    ごく近い場所でも見られる植物が違うみたいです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/26 12:59:54
    Tv 1/20
    Av 4.5
    ISO感度 1600
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    というのも、狭山丘陵でツツガムシが確認されたという情報をいただきました。
    すべての個体がツツガムシ病の病原菌を持っているわけではないそうですが、用心に越したことはありませんから。
    時期的に今頃が多いようですので狭山丘陵にお出かけの際はお気をつけください。


    カントウカンアオイ(関東寒葵)


    葉の様子も入れて見ました。
    ほぼ地面近くにがあります。
    種に有機物(エライオソームという)が付いていて、これを食べるアリに運ばせるためでしょう。

    でもアリってかなり高いところに咲く花の蜜なんかも取りに行けるので、ここまでしなくてもっていう気がしないでもないないですが~。


    きのこ


    昨日のと同じキノコでしょうか。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : カントウカンアオイ 関東寒葵 カンアオイ 寒葵 きのこ 写真 狭山丘陵 野草 キノコ

    コウヤボウキ(高野箒)

  • 2014/10/25 : 狭山丘陵の四季
  • ああもうコウヤボウキが盛んに咲く季節になったか・・
    このが丘陵の林間にあふれ出すと狭山丘陵の季節も残りわずかだなと感じざるを得ません。
    かんな屑のような・・なんていったら失礼でしょうかね。


    コウヤボウキ(高野箒)


    キク科らしく、小が10個あまり集まって頭を形成しています。
    管状花だけで舌状花はなく、リボンみたいなのは管状花の裂片だそうです。
    花後の綿毛もなかなかきれいなものです。

    写真
    コウヤボウキ高野箒) キク科
    狭山丘陵には非常に多い花で、どこに行っても見かけます。
    キク科の木本というのは少数派かと思います。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/18 11:05:32
    Tv 1/60
    Av 5.6
    ISO感度 2000
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    今日は仕事が想定外に長引いて帰りが遅くなってしまいました。
    なのでほとんど義務的に更新のみ。


    コウヤボウキ(高野箒)


    明日は曇りの予報ですが今週唯一の休みなのでちょっとだけ丘陵に出ようと思います。
    時期も時期だしピンポイントで狙いを定めて行ってきます。
    さて、思ったような成果が得られるでしょうか。


    キノコ


    姿のいいキノコが並んでました。
    今年はキノコをあまり撮らなかったなぁ。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : コウヤボウキ 高野箒 キク科 きのこ 管状花 写真 狭山丘陵 野草 キノコ

    シロヨメナ(白嫁菜)

  • 2014/10/24 : 狭山丘陵の四季
  • 今年は見かけないな~と思っていたシロヨメナ軍団に思いがけず出会いました。
    いきなりの裏側の写真ですが、総苞の形状を見るのがいちばん分かりやすいかということで。
    緑色の筒状です。


    シロヨメナ(白嫁菜)


    去年の写真を見たら、やはり似たような横から撮ったのを載せていました。
    どうも野菊は裏側から撮ったのを載せてしまいたくなるようです。
    もうちょっと工夫しないとね・・

    写真
    シロヨメナ白嫁菜) キク科
    だけ見たらシラヤマギクに似ています。
    シラヤマギクとは葉の形がまるで違うので間違うことはないと思います。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/19 12:37:45
    Tv 1/80
    Av 5.6
    ISO感度 800
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    正面から。
    葉はぱっと見でノコンギクに似ていますかね・・鋸歯があって。


    シロヨメナ(白嫁菜)


    は舌状の揃ったシラヤマギクという感じでしょうか。
    大きさも同じくらいで、管状がすぐに色あせてしまうところも似ているかも。


    シロヨメナ(白嫁菜)


    さて、週末です。
    が、明日は事情によって丘陵に出られません。
    日曜日一発勝負なので狙いを定めて行ってみたいと思います。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : シロヨメナ 白嫁菜 野菊 シラヤマギク 総苞 キク科 写真 狭山丘陵 野草

    ツルグミ(蔓茱萸)

  • 2014/10/23 : 狭山丘陵の四季
  • グミの仲間も少ないながら狭山丘陵でいくつか見つかりました。
    春に咲くナツグミと、秋が深まって咲くツルグミナワシログミ
    そういえば2013年10月13日にツルグミとして載せたのはナワシログミの誤りでしたので訂正します。


    ツルグミ(蔓茱萸)


    ということで、初登場ってことになりました。
    ナワシログミもあとにも先にも昨年一回見たきりですから、あれも初登場には変わりはありません。
    ぽろぽろと見たことないが登場してきます。

    写真
    ツルグミ蔓茱萸) グミ科
    ナワシログミとはの形が微妙に違って、こっちのほうが細身です。
    葉の裏の色も違っていて、並べてみたらなるほど違うもんだと・・
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/19 13:57:33
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    の時期は10~11月といいますから樹木のでもかなり遅い部類だと思います。
    翌年の春に実が熟すというのも気が長いというか。
    越冬して身が引き締まっておいしいのかも!?


    ツルグミ(蔓茱萸)


    今年はミゾソバがすごい勢いで咲いていて、湿地を圧倒している感がありました。
    他の植物にもいくらか影響を及ぼしているという話も聞きました。
    きれいに咲いていたのがたくさんあったので、しつこくもう一度だけ載せておしまいにします。


    ミゾソバ(ウシノヒタイ)


    これも被が尖っているタイプ。
    の色が鮮やかで葉の緑によく映えます。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ツルグミ 蔓茱萸 ナワシログミ ミゾソバ 溝蕎麦 グミ 写真 狭山丘陵 野草

    ノコンギク(野紺菊)

  • 2014/10/22 : 狭山丘陵の四季
  • 春のスミレと秋の野菊は撮ったら載せるというのが当ブログのルール化しつつあります。
    野のが減ってくる時期ですし、姿に惹かれるというのもあります。
    スミレに比べたら野菊は種類が少ないのであっという間に載せ終わってしまうのですけど。


    ノコンギク(野紺菊)


    すっかりおなじみのノコンギク、名前は紺ですがどう見ても白いですね。
    ユウガギクに比べるとやや小振りです。
    狭山丘陵では比較的多いほうだと思います。

    写真
    ノコンギク野紺菊) キク科
    当地の野菊は種類が少ないので見分けは慣れれば・・
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/04 13:57:32
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    真横からみると総苞の形がよく分かります。
    釣鐘型をしているのと、総苞片の先端がやや紫色になるかと・・これはそうでもないですけど。
    あとは冠毛があること。


    ノコンギク(野紺菊)


    する前の状態もなかなかきれいです。
    下の写真の状態だと舌状が紫色に見えますが、開いてしまうと白なんですよね。
    広がると色も拡散して薄くなってしまうんでしょうか。


    ノコンギク(野紺菊)


    これは総苞片に紫色の縁取りがあって、いかにもノコンギクといった感じです。
    時期的に、最後の野菊が咲く頃かと思います。
    リュウノウギクとリンドウが咲くと狭山丘陵の野のもほぼ終焉ですかね。

    春まで自転車で鉄塔追跡の旅を計画中。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ノコンギク 野紺菊 野菊 写真 狭山丘陵 野草 キク科 シオン属

    サラシナショウマ(晒菜升麻)

  • 2014/10/21 : 狭山丘陵の四季
  • 2年ぶり3度目の登場のサラシナショウマです。
    狭山丘陵には少ないながらも自生していて、まれに出会います。
    しかし早すぎたり遅すぎたり、いい時期っていうのがありませんでした。


    サラシナショウマ(晒菜升麻)


    今回はバッチリ、ほぼ最高のタイミングだったと思います。
    まずは葉も含めた全体像から。
    このはどうみても試験管ブラシだなぁ・・

    写真
    サラシナショウマ晒菜升麻) キンポウゲ科
    茹でて水にさらして食べるので晒菜だそうです。
    キンポウゲ科というと有毒というイメージですが、ニリンソウなど食用になるものもいくらかあります。
    カメラ機種名Canon EOS 6D
    撮影日時2014/10/19 10:42:11
    Tv1/160
    Av3.2
    ISO感度400
    レンズEF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:準絶滅危惧(北多摩)


    こちらは序の先端をアップでいってみましょう。
    サラシナショウマには雄と両性があります。
    さてどれがどっちでしょう。


    サラシナショウマ(晒菜升麻)


    よく分かりませんね・・・(笑)
    雌しべの本数も定まった数ではないようですが、咲き終わったを観察してみるとおおむね3本のものばかりでした。
    最後は大物です。


    サラシナショウマ(晒菜升麻)


    この3本は相当立派なものでした。
    自重に耐えられないのか、倒れていました。
    これほど立派なは群馬の山の中で見て以来、10年ぶりくらいかも。

    狭山丘陵にもこんな大物が咲くとは驚きました。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : サラシナショウマ 晒菜升麻 キンポウゲ科 試験管ブラシ 写真 狭山丘陵 野草

    クルマアザミ(車薊)

  • 2014/10/20 : 狭山丘陵の四季
  • 大きな総苞片がまるで襟巻きのようです。
    私だったらエリマキアザミと命名しちゃうかな!?
    秋の狭山丘陵ではお馴染みのノハラアザミ変種だそうです。


    クルマアザミ(車薊)


    いくつか咲いていた中で、これがいちばん立派な襟巻きでした。
    このエリマキ、じゃなかったクルマアザミの総苞片は、遅く咲くものほど大きくなるそうです。
    咲き始めの頃はあまり目立たず、気が付かないで見過ごしているのかも。

    写真
    クルマアザミ車薊) キク科
    4年ぶりの登場です。
    以前に見つけた場所に毎年探しに行ってますが見つからず、思わぬところで見つかりました。
    カメラ機種名Canon EOS 6D
    撮影日時2014/10/19 11:37:23
    Tv1/640
    Av4.5
    ISO感度100
    レンズEF100mm f/2.8L Macro IS USM


    これはエリマキがまだ控えめです。
    だけ見たらノハラアザミと見分けがつきません。


    クルマアザミ(車薊)


    最後に咲き終ったやつを。
    これがいちばん総苞片の様子が分かりやすいかと。
    この姿だけ見たら、何じゃこりゃ!?と思いますね。


    クルマアザミ(車薊)


    そういえば今年は本家のノハラアザミを載せていませんでした。
    撮ってあるんですけど、初秋はが多いので載せそびれています。
    こっちは越冬ネタ(別名:皮下脂肪ネタ)になりそうです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : クルマアザミ 車薊 ノハラアザミ アザミ 変種 写真 狭山丘陵 野草

    ナンテンハギ(南天萩)

  • 2014/10/19 : 狭山丘陵の四季
  • 緑色の草原の一角を赤紫色に染めている一群のがありました。
    もう10月も半ばを過ぎているのになんだろう!?
    今日の調査会で見つかったで、ナンテンハギでした。


    ナンテンハギ(南天萩)


    調べてみたら期は6~10月とありました。
    日当たりもよかったし条件に恵まれていたのでこの時期まで咲いていたのでしょう。
    特に珍しいものではないようですが、初めて見るでした。

    写真
    ナンテンハギ南天萩) マメ科
    葉が南天に似て、が萩に似るというところから。
    若い葉は小豆菜といって食用になり、飛騨高山地方では販売しているそうです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/19 11:33:34
    Tv 1/100
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    当然のことながら当ブログ初登場です。
    狭山丘陵では見かけたことがないので、少ないものだと思います。


    ナンテンハギ(南天萩)


    今日は月に2回の調査会で、ぜんぶで7種類ほど写真を撮ってきました。
    この時期に1日7種類というのは多いほうだと思います。
    成果はぼちぼち載せていくことにします。


    ナンテンハギ(南天萩)


    調査会ご参加の皆さんお疲れさまでした。
    いろいろ発見があって楽しい一日でした。
    かなり歩いたのでちょっと疲れましたが・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ナンテンハギ 南天萩 小豆菜 マメ科 写真 狭山丘陵 野草

    キチジョウソウ(吉祥草)

  • 2014/10/18 : 狭山丘陵の四季
  • 今年は秋のの開が早いのでキチジョウソウはどうなっているだろう!?
    ・・と偵察に行ってきました。
    が、偵察では終わりませんでした。


    キチジョウソウ(吉祥草)


    いちばん開が早い場所はほぼ見ごろでした。
    某湿地に割と広く分布しているのですが、写真を撮れる場所は限られています。
    見に行っておいてよかった・・来週末だとちょっと遅いかもしれません。

    写真
    キチジョウソウ吉祥草) クサスギカズラ科スズラン亜科
    過去の記録を辿ってみると10月末から11月はじめに撮っていました。
    10月18日に見ごろというのは少なくとも過去7年間では最速です。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/18 11:29:26
    Tv 1/100
    Av 3.2
    ISO感度 1600
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    長く伸びた葉はかなりしっかりしていて、しかもたくさん生えています。
    その中に10cmあまりの序が立っています。
    どうやっても葉っぱをよけることができず、隙間から撮らざるを得ません。


    キチジョウソウ(吉祥草)


    真ん中あたりから上が雄で下のほうが両性という面白い構造です。
    写真が小さいのでわかりにくいかもしれませんが、上のほうの花には雌しべが見えません。

    水辺が近くてたくさん咲いていても足場が確保できず、撮れるのは限られてしまいます。


    キチジョウソウ(吉祥草)


    苦労の割には思うように行かず・・
    水辺の近くは水温が開花時期に影響するようです。
    これを撮った場所以外はまだほとんど咲いていなかったので、今しばらく花を楽しめるかもしれません。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : キチジョウソウ 吉祥草 クサスギカズラ科 スズラン亜科 写真 狭山丘陵 野草

    アキノキリンソウ(秋の麒麟草)

  • 2014/10/17 : 狭山丘陵の四季
  • 10月も半ばになって稲刈りが終わると水田雑草もなくなってしまい、毎年この時期に登場するは決まってきてしまいます。
    アキノキリンソウもこの時期のレギュラーメンバーの一員です。
    以前、超大物を見つけた場所に行ってみるも陰も形もなく、昨年と同じ場所で撮りました。


    アキノキリンソウ(秋の麒麟草)


    昨年と同じ場所ってことは毎年決まって咲くということです。
    こういうのを見ると、ああ今年もちゃんと咲いていたかと思って妙にほっとします。
    他の場所でもたくさん咲いているのを見つけましたが、どれも小さな株ばっかりでした。

    写真
    アキノキリンソウ秋の麒麟草) キク科
    何ヶ所かチェックしているんですが、ここ数年で2ヶ所ばかり姿を見なくなりました。
    その代わり、こんなところにもあったのか、というような発見も。
    ベンケイソウ科のキリンソウに似て秋に咲くというのが名前の由来だそうです。
    辿って行ったらキリンソウの名前の由来は諸説あって定まっていないらしい・・
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/12 13:26:01
    Tv 1/100
    Av 4.0
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    の形はセイタカアワダチソウに似ています。
    何個か集まった管状の周囲を10個くらいの舌状が取り巻いています。


    アキノキリンソウ(秋の麒麟草)


    週末がやってきました。
    埼玉も朝晩は涼しくなって、ここ数日は肌寒いくらいの日もありました。
    これから一気に秋が深まっていくんでしょうねぇ。


    アキノキリンソウ(秋の麒麟草)


    明日はキッコウハグマの様子を見に行ってこようかな。
    まだ咲いていないとは思いますが、キチジョウソウも偵察してきます。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : アキノキリンソウ 秋の麒麟草 キク科 キリンソウ 写真 狭山丘陵 野草

    ノササゲ(野大角豆)

  • 2014/10/16 : 狭山丘陵の四季
  • 去年の秋はそこら中で咲いていたノササゲ、今年はあまり見かけませんでした。
    写真を撮るチャンスが一度しかなくて、あまりパッとしないので載せずに放ってありました。
    そしたら先週末、紫色に色付き始めたノササゲの実を発見・・気が付かないだけで咲いていたんですね。


    ノササゲ(野大角豆)


    きれいな黄色が印象的で、マメ科の中では気にっています。
    これは金網のフェンスに絡みついて咲いていたもので、殺風景な檻のようにも見える水道用地の柵も蔓植物には無駄ではないようです。

    写真
    ノササゲ野大角豆) マメ科
    当たり年とそうでない年があるように思えます。
    今年の狭山丘陵はどうもが少なかったんじゃないかと・・どうでしょう。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/09/20 13:48:07
    Tv 1/100
    Av 3.2
    ISO感度 1250
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    鞘の色はもうちょっと濃い紫色になるかな・・
    冬になると中からマットな紺色の豆が出てきます。


    ノササゲ(野大角豆)


    この豆は10月12日に撮ったもので、を撮った3週間後です。
    を撮ったときにはすでに緑色の豆ができていたので、今年は早めに咲いたのかもしれません。
    去年は9月20日くらいでちょうどよかったのだけど・・


    ノササゲ(野大角豆)


    葉の上にが乗っかって咲いているのがありました。
    葉は3枚一組の三小葉です。
    きれいに整った三角形なので、葉だけでそれと分かります。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ノササゲ 野大角豆 マメ科 三小葉 写真 狭山丘陵 野草 蔓植物

    ハナタデ(花蓼)

  • 2014/10/15 : 狭山丘陵の四季
  • たくさん生えている割には登場回数の少ない植物です。
    早い話が撮りにくいってことです。
    林縁などあまり明るくないところに疎らにが咲いていて、どうも見栄えがしないというか。


    ハナタデ(花蓼)


    ハナタデというよりも別名のヤブタデ藪蓼)のほうがしっくり来ます。
    も小さいし、何でハナタデと呼ばれているのかいつも不思議に思います。
    でもこのくらい密生しているといくらか見られますかね。

    写真
    ハナタデ花蓼) タデ科
    イヌタデに似ていますがが疎らです。
    イヌタデは日当たりのいいところを好みますがハナタデは日陰で湿ったところに生えています。
    別名:ヤブタデ藪蓼
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/11 14:11:45
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    これは1本だけだったけどカメムシがいたので撮ってみました。
    野草を撮っていると虫もたくさん写り込みます。
    特にハナアブたちは人が何していてもお構いなしにやってきます。


    ハナタデ(花蓼)


    連中も命がけなんでしょうけどね。

    この時期、狭山丘陵のところどころで色付いたホオズキの実を見かけます。
    これって野生なんでしょうか。
    栽培品と比べるとふたまわりほども小さいかも。


    ホオズキ(鬼灯、酸漿)


    以前に花も撮った気がしますが・・来年は花を撮って載せたいものです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ハナタデ 花蓼 ヤブタデ 藪蓼 ホオズキ カメムシ 写真 狭山丘陵 野草

    カントウヨメナ(関東嫁菜)

  • 2014/10/14 : 狭山丘陵の四季
  • 淡い紫の舌状がなんとも涼しげなです。
    時期的にちょっと遅いかなと思ったら、そうでもなかったみたいです。
    いつもの湿地で、他の草に隠れるように咲いていました。


    カントウヨメナ(関東嫁菜)


    ユウガギクのようにまとまってどっさり咲いているのを見たことがありません。
    あまり枝分かれせず、大きめのを咲かせます。
    他の場所でも小川のほとりなんかで咲いていたので、湿ったところを好むようです。

    写真
    カントウヨメナ関東嫁菜) キク科
    ここで咲くのはみんなこの色です。
    ノコンギクが真っ白だったり、野菊の種類を見分けるのにの色は当てにできません。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/12 13:04:58
    Tv 1/200
    Av 4.0
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    咲き終わったヒメジソとミゾソバのコラボで。


    カントウヨメナ(関東嫁菜)


    毎年載せていますが、10月半ばになるとの種類が急に減ってくるせいです。
    あと残るはあれとこれと・・数えられるくらいになったかな。

    さて、お騒がせの台風ですが、当地は昨夜大雨が降ったものの朝には天気が回復していて、何事もなく仕事に行けました。
    ただ一日中強めの風が吹いていたくらいでした。


    紅白ミゾソバ


    この秋一度載せたミゾソバウシノヒタイ)ですが、いつもと違う場所に行ってみました。
    ここのは被が細めで先端が尖っています。
    左に赤みの強い個体、右はほぼ白花・・色も極端です。

    同じミゾソバ、同じ狭山丘陵でも場所によって色や形が少し違っているのが興味深いです。
    こちらはシャープな感じで別の花みたいです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : カントウヨメナ 関東嫁菜 野菊 ユウガギク ミゾソバ ウシノヒタイ 写真 狭山丘陵 野草

    オオニガナ(大苦菜)

  • 2014/10/13 : 狭山丘陵の四季
  • 先週末にはまだ咲いていなかったオオニガナを見に行きました。
    なんだかもう咲き終わりのような様相です・・
    咲いていないと思っていたんですけど、すでに咲いていたのか!?


    オオニガナ(大苦菜)


    春に咲くニガナに比べると、草もも大きいです。
    の大きさや見た目はオオジシバリに似ていると思います。
    地面からまっすぐ伸びた茎が上部で分枝し、オオジシバリに似たをたくさん咲かせるので見応えがあります。

    写真
    オオニガナ大苦菜) キク科
    閉じかかったが多かったのは見に行った時間が遅かったのか・・
    いずれにしてもピークのタイミングを外したことには変わりなし。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/12 13:17:02
    Tv 1/400
    Av 4.0
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:絶滅危惧IA類(北多摩)
    埼玉県RDB2011:絶滅危惧IA類


    こんな感じで咲いていました。
    昨年は全体的に開していたので今年はちょっと残念でした。


    オオニガナ(大苦菜)


    太くてしっかりした(ように見える)茎の上に大きながたくさん咲くのが独特の姿です。
    来年はいい時期に当たるといいんですけどね。
    また来年の開花まで楽しみにして過ごしましょう。


    オオニガナ(大苦菜)


    ただいま接近中の台風に耐えてくれるか。
    2週連続の台風、このブログを書いている頃には四国を通過中のようです。
    予報を見ると当地は今日の深夜に再接近なので、当初の予報よりだいぶ早い時間に来るんですね。

    長居をしないでさっさと行っちゃってください。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : オオニガナ 大苦菜 ニガナ オオジシバリ 絶滅危惧 キク科 写真 狭山丘陵 野草

    オクモミジハグマ(奥紅葉白熊)

  • 2014/10/12 : 狭山丘陵の四季
  • 昨年よりも一週間ほど遅い時期に見に行ったのでもう終わっているかと思ったら、案外きれいに咲いていました。
    今年の秋のは早く咲くものもあれば遅いのもあるようで、時期が読めません。
    とか言いつつも毎年載せているので、どこかしらで咲いているのにめぐり会うわけですが・・


    オクモミジハグマ(奥紅葉白熊)


    白熊(はぐま)はヤクの尾の毛で作ったお坊さんの払子の飾りとか毛槍なんかのことです。
    ホッキョクグマとは何の関係もありません。
    リボンのような小弁を見立てたということでしょう。

    写真
    オクモミジハグマ奥紅葉白熊) キク科
    3つの小でひとつの頭を形成します。
    キッコウハグマなどと並んでキク科の頭としては最小構成かなと・・
    モミジハグマ変種とのことですが、「奥」のほうが低地で見られるようで、どういう基準の命名なんだか。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/12 12:18:00
    Tv 1/60
    Av 4.5
    ISO感度 1600
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    狭山丘陵には何ヶ所か群生する場所があって、ここ数年はもっぱらここという場所に行ってきました。
    花つきのいいのが横倒しになっています。


    オクモミジハグマ(奥紅葉白熊)


    キク科の小花は五弁花だということが分かるでしょうか。
    大きさは違いますけどキッコウハグマの花に似ています。
    う~ん、あと数日早く見に行ければよかったかも。


    オクモミジハグマ(奥紅葉白熊)


    全体像はこんなです。
    かなり早い時期から花茎を伸ばすのですが、いつ咲くんだろうと待っていてもなかなか咲いてくれません。
    油断していると時期を逃すし・・

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : オクモミジハグマ 奥紅葉白熊 モミジハグマ 変種 白熊 ヤク 写真 狭山丘陵 野草

    アズマヤマアザミ(東山薊)

  • 2014/10/11 : 狭山丘陵の四季
  • 薄暗い林の中で淡い色のを咲かせています。
    狭山丘陵アザミではいちばん地味な存在かもしれません。
    ちょうどの見頃ながら、群生地は幽寂とした趣です。


    アズマヤマアザミ(東山薊)


    2008年から毎年載せています。
    というのも、この時期(10月中旬)になると野のがめっきり少なくなってくるからでしょう。
    まだ載せ切れていない秋のも多いんですが、まずは撮れたてほやほやのから。

    写真
    アズマヤマアザミ東山薊) キク科
    なんというか、枯れた感じとでも言えばいいのでしょうか。
    渋くていいです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/11 13:55:39
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 2000
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    今日は結構な距離を歩きましたけどさほど時間はかかりませんでした。
    要するに、写真を撮っている時間が短い・・ということ。
    オケラのを確認し、カセンソウが無事にたくさん咲いているのを確認し、ひたすら歩いて最後にアズマヤマアザミで〆ました。


    アズマヤマアザミ(東山薊)


    分布は中部地方から東北南部あたりまでだそうです。
    西日本に分布するヤマアザミに対して「東」ヤマアザミ
    個体数は増えているようで、群生地はだいぶ広がっていました。


    アズマヤマアザミ(東山薊)


    台風接近中・・関東地方の予報では13日から雨で14日は暴風雨とのこと。
    明日は秋の花を求めて狭山湖一周コース行ってきます。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : アズマヤマアザミ 東山薊 ヤマアザミ アザミ 写真 狭山丘陵 野草

    ミゾソバ(溝蕎麦)

  • 2014/10/10 : 狭山丘陵の四季
  • この時期、狭山丘陵の湿地の多くはこのに占領されています。
    タデ科の中では大きめで色鮮やか、しかも開している率が比較的高いので見栄えがします。
    毎度お馴染みながら、毎年必ず撮ってしまいます。


    ミゾソバ(溝蕎麦)


    今年はいいところに行き当たったようで、モデル選びに迷いました。
    このくらい咲いていると華やいで見えますね。
    葉の緑を背景にピンクが映えるです。

    写真
    ミゾソバ溝蕎麦) タデ科
    葉の形が牛の顔に似るので「ウシノヒタイ」の別名も。
    しかし何で牛の顔じゃなくて額なんでしょう。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/04 12:07:46
    Tv 1/160
    Av 4.0
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    が吸蜜にきています。
    ツマグロ・・じゃないな、この模様はヒメアカタテハか。


    ミゾソバとヒメアカタテハ


    どのくらいの蜜があるのか知りませんが、これだけ咲いていたらお腹いっぱいになるでしょうね。

    稀に純白のミゾソバが咲きます。
    毎年同じところで咲くので、そういうDNAを持っているのだと思います。
    台風接近中だそうなので、天気が悪くなる前に見に行ってこようか・・


    ミゾソバ(溝蕎麦)


    していない、蕾だか閉鎖花だかも先端がピンクでこれも捨てがたい。
    花の直下、花茎に赤い腺毛があります。

    さて3連休、大型台風の行方が気になります。
    速度が遅いようで、被害が出ないことを祈るばかりです。
    関東地方は13日から14日にかけてということらしいですが、どうなることか。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ミゾソバ 溝蕎麦 ウシノヒタイ タデ科 ヒメアカタテハ 写真 狭山丘陵 野草

    イボクサ(疣草)

  • 2014/10/09 : 狭山丘陵の四季
  • 弁の先端だけちょっと紫色になっているのが洒落てます。
    最近あまり見かけなくなったように思うのは時期がずれているのか。
    それともツユクサの仲間だから私の見に行く時間にはもう咲き終っているのか。


    イボクサ(疣草)


    よく行く田んぼで見かけたので撮っておきました。
    昨年は載せていないので、ここしばらく縁がないみたいです。
    以前たくさん咲いていた場所は草ぼうぼうになっちゃったし・・

    写真
    イボクサ疣草) ツユクサ科
    名前と姿のギャップが大きいです。
    葉の汁がイボに効くというのが名前の由来だそうですが、本当に効くのかは知りません。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/09/21 12:56:04
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    ひとつしか咲いていないと撮りようもなく・・
    これはちょっと赤味があってきれいなでした。


    イボクサ(疣草)


    以前に一度載せたツリフネソウ、いつも撮っている場所とは違うところできれいに群生していました。
    手入れがいいようで、もしかしたら狭山丘陵でいちばんみごとな群生地になるかもしれません。
    ちなみに東京都です・・どうも埼玉県の湿地は荒れてるなぁ。


    ツリフネソウの群落


    全体的には終わりかけでした。

    さて今週もあと一日がんばったら3連休です。
    この週末も大型台風襲来ですか・・しかも18号より強力らしく、また雨の週末なんでしょうかね。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : イボクサ 疣草 ツユクサ科 ツリフネソウ 写真 狭山丘陵 野草 湿地

    ユウガギク(柚香菊)

  • 2014/10/08 : 狭山丘陵の四季
  • 秋本番、野菊の季節になりました。
    ユウガギクは開時期が早くて、残暑の頃から咲き始めています。
    のピークは今頃か、ちょっと過ぎちゃったかも。


    ユウガギク(柚香菊)


    あちらこちらに真っ白でこんもりとした群落が出現しています。
    若い葉を揉むと柚に似た香りがするっているんですが、う~ん、ですねぇ・・
    絵に描いたような野菊です。

    写真
    ユウガギク柚香菊) キク科
    狭山丘陵野菊ではこれがいちばん多いかと思います。
    見慣れたですけど、毎年一度は載せておかないと。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/04 12:34:01
    Tv 1/100
    Av 4.5
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    ハナアブたちも忙しそうに飛び回っています。
    の季節ももうそんなに長くはないですから。


    ユウガギク(柚香菊)


    白つながりで、真っ白なキノコを。
    これはドクツルタケの幼菌でしょうか。
    まだ傘が開いてなくて、まるいツボが見てとれます。


    ドクツルタケの幼菌?


    ドクツルタケなら最強クラスの猛毒菌で、1本食べたらあの世行きです。
    内臓が崩壊して相当悲惨な死に方をするそうです。
    白いキノコには手を出すな・・というか素人のキノコ狩りは危険。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ユウガギク 柚香菊 野菊 キク科 ドクツルタケ 写真 狭山丘陵 野草 キノコ

    ヤナギタデ(柳蓼)

  • 2014/10/07 : 狭山丘陵の四季
  • 蓼食う虫も好き好きのヤナギタデです。
    葉に辛味があって薬味なんかに使われますね。
    鮎の塩焼きに酢なんて、下戸でも食べたいなぁと思ったりします。


    ヤナギタデ(柳蓼)


    で、過去の投稿を検索してみましたが・・
    ない、ない、出てこない。
    FC2の検索は空振りする記事があるんですけどGoogleでもヒットしませんでした。

    もしかして当ブログ初登場!?

    写真
    ヤナギタデ柳蓼) タデ
    田んぼの雑草です。
    よく似たボントクタデというのもあって、こちらは辛味がなくて役に立たないので「凡篤」というそうだ。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/04 11:59:11
    Tv 1/100
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    これは迂闊なことでした。
    ボントクタデは何度か載せた気がするんですけど、ヤナギタデは載せた記憶がない・・


    ヤナギタデ(柳蓼)


    被が五裂または四裂で、ボントクタデには四裂は見られないそうです。
    をひとつずつ見て行くと四裂と五裂があります。
    なんだか疎らについているも、ボントクタデよりよっぽどニギヤカかも。


    ヤナギタデ(柳蓼)


    アップで見るはいかにもタデ科らしいですね。
    この時期の湿地や田んぼはタデ科のがこの世の春とばかりに咲いています。
    秋ですけど。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤナギタデ 柳蓼 タデ 蓼食う虫 ボントクタデ 写真 狭山丘陵 野草

    オケラ(朮)

  • 2014/10/06 : 狭山丘陵の四季
  • このは初めて見て以来毎年載せていると思います。
    最初はえらく珍しいだと思いましたが、何年も狭山丘陵を歩いていると、案外見つかるものです。
    ただ、が咲くか蕾が付くかどっちかでないと見逃してしまいますが・・


    オケラ(朮)


    こちらは雄花で、毎年定点観測している場所です。
    ずっと雄株しかないと思っていたら、昨年近くに雌株を見つけました。
    やはり雌雄が近くにないといけません。

    写真
    オケラ) キク科
    とはいえ狭山丘陵では数が少ない植物だと思います。
    9月末の時点ではまだ咲きはじめで、蕾のほうがはるかに多かったです。
    雌雄異株
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/09/28 12:00:44
    Tv 1/160
    Av 5.6
    ISO感度 800
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:絶滅危惧II類(北多摩)


    こちらが雌花で、昨年気が付いた場所のもの。
    魚の骨のような苞葉は雌雄同じですね。


    オケラ(朮)


    この株は開時期がほかよりも早いようで、だいぶ咲いていました。
    10月4日に別の群生地に行ったらまるっきり早すぎだったので、次の連休あたりが見頃かもしれません。


    オケラ(朮)


    大型の台風18号、足早に駆け抜けていってしまいました。
    今朝は5時前に目が覚めたので、ええぃそのまま出勤してしまえ!
    ・・と台風が来る前に家を出てしまいました。

    電車は普通に走っていたし、そんなに力まなくてもよかったかも。
    用心するに越したことはないけど、ちょっと張り切りすぎました。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : オケラ キク科 雌花 雄花 雌雄異株 写真 狭山丘陵 野草

    タカアザミ(高薊)

  • 2014/10/05 : 狭山丘陵の四季
  • ちょっと前から咲き始めていたタカアザミがだいぶ咲き進んできました。
    そろそろ載せてもいいかな・・と。
    背の高い草なのでなかなか撮りにくいです。


    タカアザミ(高薊)


    休耕田の土を掘り返したら出てきたそうで、以前生えていたものの種が土中で眠っていたのでしょう。
    ということは、狭山丘陵のあちこちにある湿地を掘り起こしたら面白いものが出てくるかもしれません。
    キショウブに埋め尽くされたあの湿地や、カナムグラに覆われたあの湿地とか。

    写真
    タカアザミ高薊) キク科
    分布は長野以北とのことで寒冷地を好むようです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/04 12:13:57
    Tv 1/160
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    狭山丘陵においてはこれを撮った場所を含めて3ヶ所で生育を確認しました。
    探せばもっとたくさんありそうに思えます。


    タカアザミ(高薊)


    このくらい咲いたら盛りといっていいでしょうね。
    今年のタカアザミは大型の個体がなくて、どれも小振りというかほっそりした印象です。
    このはもうしばらく咲くかな。

    こちらはもう咲き残りというところ。
    場所によっては10月4日でもちらほら咲いていましたが、さすがにもう終わりです。
    これは9月28日にニホンハッカの近くで撮りました。


    ヒガンバナ


    台風接近中ということで、丸一日雨降りの日曜日になってしまいました。
    いくらか写真の整理ができたのが成果といえば成果か・・でも外に出られないとなんだか物足りないです。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : タカアザミ 高薊 アザミ キク科 ヒガンバナ 彼岸花 写真 狭山丘陵 野草

    アキノウナギツカミ(秋の鰻掴み)

  • 2014/10/04 : 狭山丘陵の四季
  • 狭山丘陵の湿地や小川のほとりにはいっぱい咲きます。
    その割には登場回数が少ないかもしれません。
    が小さくて撮りにくいし、タデ科らしく開しているの数が少ないせいもあります。


    アキノウナギツカミ(秋の鰻掴み)


    今日はそこそこよく開いているにめぐり会いましたので久々に撮ってみました。
    ミゾソバやママコノシリヌグイに似た蝋細工のようなです。
    ただちょっと小さすぎるのが惜しい。

    細長い葉が茎を抱きます。

    写真
    アキノウナギツカミ秋の鰻掴み) タデ科
    一本だけだと見栄えがね・・標本みたいになっちゃいました。
    右側の黒っぽい毛はタヌキの尻尾、じゃなくてチカラシバの穂です。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/04 13:24:45
    Tv 1/200
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    のアップ。
    ごく小さくて丸っこい。


    アキノウナギツカミ(秋の鰻掴み)


    風がなかったからよかったものの、吹かれた日にゃ撮れたものではありません。
    茎に細かい棘があるので、この草を使ってウナギを掴んだ!?
    そういえばウナギなんて長いこと食べていない気がします。


    アキノウナギツカミ(秋の鰻掴み)


    小さな虫が結構やってくるので、それなりに蜜があるんでしょうね。
    台風と秋雨前線の影響で、明日の日曜日は雨模様とのこと、今日は急ぎ足で3ヶ所歩いてきました。
    成果は・・う~ん、一週間分のブログねたは仕込んだかなというところ。

    強力な台風接近中とのことで、被害が出ないことを祈ります。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : アキノウナギツカミ 秋の鰻掴み タデ科 チカラシバ 写真 狭山丘陵 野草 蝋細工

    マツカサススキ(松毬薄)

  • 2014/10/03 : 狭山丘陵の四季
  • 先週、狭山丘陵の調査会で教えていただいたものです。
    ススキっていうけどどう見てもカヤツリグサ科にしか見えないよなぁ・・
    と思ったらやっぱりカヤツリグサ科です。


    マツカサススキ(松毬薄)


    さくさくっと2カットばかり撮っておきました。

    調べてみたら東京都、埼玉県ともレッドデータブックに載っていました。
    確かに狭山丘陵では見たことがない、というか存在すら知らなかったです。
    これは小さな松毬がたくさん集まっているようにも見えるので覚えやすそうですね。

    写真
    マツカサススキ松毬薄) カヤツリグサ科
    9月15日に載せたヌマガヤツリ(←クリック)並みに大型の草でした。
    絶滅危惧種ならもうちょっと丁寧に撮っておけばよかった、といったところで後の祭り。
    当ブログ初登場。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/09/27 11:10:40
    Tv 1/1000
    Av 2.8
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:絶滅危惧II類(北多摩)
    埼玉県RDB2011:準絶滅危惧


    ごちゃっとかたまって数株生えていました。
    期が8~10月ということなので、ちょうどの時期のはず。
    でも咲いているんだかどうなんだかよく分かりません。


    マツカサススキ(松毬薄)


    もうちょっとアップで撮っておけばよかった。

    こちらはハタケシメジでしょうかね。
    だったら食べられるんだけど。


    ハタケシメジ?


    これだけあったらお鍋一回分くらいにはなりそうです。
    食べたことありませんが、おいしいんでしょうか。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : マツカサススキ 松毬薄 カヤツリグサ科 ヌマガヤツリ 写真 狭山丘陵 野草 キノコ ハタケシメジ

    ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)

  • 2014/10/02 : 狭山丘陵の四季
  • このは開期間が短いのでいいときに当たるかどうかは運次第です。
    毎日通えれば盛りのところが見られるんでしょうけど、週末しか動けない身としてはどうにもなりません。
    9月20日の、咲き始めの一輪。


    ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)


    葉腋に3つずつくらい蕾が付いていて、ひとつのの寿命は2日くらいだそうですから、せいぜい10日か2週間くらいで咲き終わってしまうかと。
    できればこの4日くらいあとに見に行ければずらっと並んだが見られたでしょう。
    昨年はみごとに一列に並んだを見ることができたんですが・・

    写真
    ヤマジノホトトギス山路の杜鵑草) ユリ科
    野の花としては大きめで、独特の姿に惹かれます。
    ただし立体的な花なので写真に撮るのは難しいです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/09/20 14:28:47
    Tv 1/40
    Av 5.6
    ISO感度 1000
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:準絶滅危惧(北多摩)


    こちらは一週間後の9月27日の花です。
    萎れた花も多かったものの、3~4個の花が咲いている個体が多かったです。
    わずかに時機を逸した・・というところですかね。


    ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)


    また来年に期待しましょう。

    わが家の庭に深紅の花を咲かせるボケの木があります。
    植木鉢に植えてあるんですが、このところ異様に元気がいいと思ったら根っこがみごとに鉢を突き抜けていました。
    見ると4つばかり咲いていました。


    ボケ(木瓜)


    いつ植えたか忘れるくらいのものですが、こんな時期に花が咲いたのは初めてじゃないかと思います。
    季節はずれのボケの花も悪くない。
    春先には玄関の前が真っ赤に染まります。

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ヤマジノホトトギス 山路の杜鵑草 ホトトギス 木瓜 ボケ 狂い咲き 写真 狭山丘陵 野草

    ようこそ!
    カレンダー
    09 | 2014/10 | 11
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR