Welcome to my blog

たけぽの「続・平常心是道」

ARCHIVE PAGE

archive: 2015年01月  1/2

送電鉄塔をゆく(32)~膝折線シリーズ1(2)「前途多難!?」

幸先よくスタートを切った膝折線、所沢市北部の畑作地帯を東に進みます。膝折線9号鉄塔は8号からあっという間、道路沿いででした。このくらい簡単にアプローチできるのが続くと楽なんですけどね。それでは運動不足解消にはならないか・・順光で撮れそうな細い道から鉄塔全体が収まるように撮って次へ。膝折線10号鉄塔も道路沿いで、9号から南に走って東に折れてまっすぐ行ったところでした。引込み線つきで柵なし鉄塔というの...

ヒメキンミズヒキ(姫金水引)

少し前(1月25日)に載せたキンミズヒキの花を小さく、疎らにした感じです。葉もよく似ていて、こちらは小柄なので「姫」とついているんでしょう。キンミズヒキと同じような時期に咲き、狭山丘陵ではおなじみです。・・が、何しろ小さいし咲き方が疎らなので被写体としては難しいです。花序だけ思い切りアップで撮るのがいいかもしれません。だけど単にショボいキンミズヒキのように見えてしまう!?【写真】ヒメキンミズヒキ(...

送電鉄塔をゆく(32)~膝折線シリーズ1(1)「久々の66kV」

性懲りもなく送電鉄塔シリーズです。今回は時間の都合もあって自宅から自転車で直接アプローチできるところに行ってきました。この送電線、膝折線は川越街道の新座付近で鉄塔を見かけるので、後半は市街地だなと思いつつ・・この青空だし、出かけるしかないでしょう。まずは水野線6号鉄塔です。2009年2月13日の日記(←クリック)に登場していて、当時は送電線シリーズは野草の「ついで」のころでした。巨大な矩形鉄塔で、...

パソコン改造記(起動用SSDの交換)

久々のパソコンねたです。今日は野草も鉄塔も登場しません。現在私が使っているPCは2011年1月に最低5年は使えるよう考えて作ったものです。当時は限られた予算でパフォーマンスを出したかったので、Windowsの起動ドライブは64GBのSSDにしました。4年使っていると残容量が不安になってきたし、大容量のSSDも安価になったので交換することにしました。Windows7マシン製作記(1) ← 詳しくはこちらWindows7マ...

シラヤマギク(白山菊)

毎年スミレと野菊は基本的に撮ったら必ず載せようと思っています。しかし2014年はこの花を忘れてました。野菊の中ではユウガギクに次いで早く咲く花だと思います。隙間の開いた舌状花もご愛嬌ですね。中心の管状花の色がすぐに褪せてしまうので、黄色いうちに撮っておかないと・・背景は薄暗い森だったので、白い花に露出をあわせると真っ黒になります。【写真】シラヤマギク(白山菊) キク科狭山丘陵には広く分布しています...

送電鉄塔をゆく(31)~京北線シリーズ5(7)「ゴーーーール!!」

DIY2日めのリザルトは明日ということで、まずは京北線の決着をつけておきます。腰痛い、肩痛い・・重労働でした。何とか工程表どおりに進捗してますが、さすがに明日は1日休憩しないと体が持たない。(笑)閑話休題。安行線と交差した京北線はまっすぐ京北変電所に向かって行きます。京北線152号鉄塔は畑の中でしたので近寄るのは遠慮しました。位置から言って、奥に見える赤白鉄塔が安行線20号鉄塔のはずです。さすがに...

キンミズヒキ(金水引)

狭山丘陵では群生していることも多いのですが、2014年は単発ものしか撮っていませんでした。黄色い五弁花はいかにも野生のバラ科らしいです。花のあとはアポロチョコレートみたいな形の種ができて、これはいわゆるひっつき虫というやつになります。しかし季節はずれもいいところですね。出来はさておきせっかく撮ったので載せておきましょう。【写真】キンミズヒキ(金水引) バラ科春の早い時期に葉を出し始めます。よく知ら...

送電鉄塔をゆく(31)~京北線シリーズ5(6)「何とかゴルフ!?」

昨日DIY三昧宣言をしてしまったので、今日は朝からホームセンターに行ってきました。ペンキ(下塗り用、上塗り用)、ローラーに刷毛、マスキング材その他一式を購入。夕方塗装する壁の洗浄を少しやってみたものの、作業の半分は洗浄作業に取られそうです。それはさておき京北線の送電線に沿ってわが自転車はさらに東に進みます。京北線148号鉄塔は狭い道に入ったところにあって、周囲は桜の木が植えてありました。落葉した冬...

ノボロギク(野襤褸菊)

小さくて目立たない花ながら、一年中どこかで咲いているように思います。これは真夏に撮ったものですが、寒さに強いのか真冬でも畑の隅っこで咲いていたりします。ほとんど野の花の咲かない真冬にだけ目立つ花かもしれません。たくさん花が咲いて、花後の綿毛が襤褸に見えるってことでしょうか。それにしてもボロって名前も気の毒ですよね。案外可愛らしいと思うんだけどなぁ。【写真】ノボロギク(野襤褸菊) キク科寒い時期の花...

送電鉄塔をゆく(31)~京北線シリーズ5(5)「首都高速川口線を越えて」

全体を5分割で追跡してきた京北線の鉄塔、番号がずいぶん大きくなってきました。ここで首都高速川口線を越えて、さらに東に進みます。終点の京北変電所は川口市と草加市に跨るような場所なので、いよいよ煮詰まってきた感が増幅されてきます。京北線144号鉄塔は首都高のすぐ脇にあって、周囲を完全に住宅に囲まれています。まるで城壁の中にあるようで、接近するには攻城砲でも使わないと無理かもしれません。それでも周囲をめ...

コシロネ(小白根)

2013年に見つけたコシロネを昨年も見に行ってみました。前年よりいくらか花が多かったので、時期的にはよかったようです。とはいえ茎を取り囲むように咲く花はごく小さいのですけど。コシロネはもともと狭山丘陵にあった植物ではないそうです。狭山湖や多摩湖の水は羽村付近の多摩川から引き込んでいるので、水路を通じて種が流れてきたのかもしれません。少し前に載せたヒメシロネは狭山丘陵に自生していたものとのことです。...

送電鉄塔をゆく(31)~京北線シリーズ5(4)「安行へ」

ここ何基かの鉄塔追跡はかなり迷走してしまいました。さらにこの先の数基の追跡はそれに輪をかけて右往左往して、ふくらはぎの筋肉増強に貢献したのでした。ほんのちょっと回り道をしたものの、京北線140号鉄塔に到達。建物越しに撮っているのはあまりにも近くからしか撮れなくてやむなくです。実際には鉄塔の直下まで行って、番号札を撮りました。この鉄塔付近はまだ畑も結構多いです。次の京北線141号鉄塔へは少々道を見誤...

キクイモ(菊芋)

ヒマワリの近縁種といわれると、なるほどそうかなと思わせる面構えです。芋のような塊茎ができて、健康食品としても売られています。しかしながら、要注意外来生物で、場所によっては増えすぎて在来の植物の生存を脅かしているとか。狭山丘陵でもあちこちで鮮やかな花を咲かせています。背丈が優に2mを超えるほど大きくなるので、相当生命力も逞しいんでしょう。駆除が必要なんじゃないかと・・塊茎は食べるとして。【写真】キク...

送電鉄塔をゆく(31)~京北線シリーズ5(3)「平衡感覚が!?」

1月3日は是が非でも終点の京北変電所まで行って、長い長い京北線に決着をつけたかったので先を急ぎます。京北線137号鉄塔は県道161号線の南、道路沿いに立っていました。逆光だし番号札だけ撮って反対側に回り込もう・・と、なんか変な絵です。普通、鉄塔と送電線はまっすぐ行くなら行儀よく同じ方向を向いているはず。でも鉄塔に対して送電線が斜めじゃないですか!?これはもう一度137号鉄塔に戻らなければ。下から見...

オトコエシ(男郎花)

狭山丘陵では夏の終わりから10月頃までどこかで咲いています。小さな花をたくさん集めた花序は、時間とともに広がっていくように思います。9月のお彼岸くらいの咲きっぷりがいちばん好きかな。これは9月末に撮ったので後半戦の花ですかね。なかなかきれいな咲き方でした。【写真】オトコエシ(男郎花) オミナエシ科かつて狭山丘陵にはオミナエシ(女郎花)が多くあったそうです。今見られるのはオトコエシばかり。どこかにひ...

送電鉄塔をゆく(31)~京北線シリーズ5(2)「新井宿」

快調なスタートを切った1月3日でしたが、やはりそう簡単には先に進ませてもらえませんでした。と、その前に京北線133号鉄塔は柵なしだったので結界画像を撮りました。京北線はたまに柵なし鉄塔があります。この鉄塔を過ぎると国道122号線、岩槻街道に出ます。右を見ても左を見ても横断歩道がない・・北に見える首都高の下に歩道橋があるようなのでそっちに迂回しました。民家も疎らな地域なので横断歩道がないのも仕方がな...

ナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒)

2年連続で花の時期に遅れてしまいました。この小さな樹木がある場所はわかっているんですが、行きたい時期にいけないことってあるんですよね。雨が降るとか、用事があるとか、体調が悪いとか。狭山丘陵にやたら多いコウヤボウキは秋が十分深まった頃に咲きます。でもよく似たナガバノコウヤボウキが咲くのはお盆を過ぎた頃。リンドウとツルリンドウくらいの時間差ですかね。【写真】ナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒) キク科...

送電鉄塔をゆく(31)~京北線シリーズ5(1)「決戦」

自転車に乗って尻が痛いだの腹が減っただの言いつつも、青い空を見ると誘われてしまうものです。2015年1月3日は前回京北線の鉄塔を辿った12月23日に勝るとも劣らない好天、新年早々決着をつけてやるぜっ!・・とまぁそれほどの意気込みでもなく、前回の轍を踏まないようスタート地点は最終目的地から戻りやすい場所を探しました。おお、いいところがあるじゃん、「道の駅川口・あんぎょう」。駐車場もタダだし、外環道の...

コヤブタバコ(小藪煙草)

必ず下向きに咲く花は、半日陰で撮ると必ず逆光で真っ黒く写ってしまいます。2014年は新兵器、レンズの先端に取り付けるリングライトを導入して解決しました。白色の発光ダイオードの色は素材への影響は少なそうです。色の調整はほぼ行っていません。多少明るさ、コントラストの調整は行ってますが。あまり使う機会はないですが、リングライトはあると便利です。【写真】コヤブタバコ(小藪煙草) キク科なぜかヤブタバコより...

送電鉄塔をゆく(30)~京北線シリーズ4(10)「今日はここまで」

おなかが空いたと思ったら、すでにお昼を過ぎていました。そろそろ3時間ほど自転車で走っているし、車はスタート地点に置いてあるので今まで走ってきた分だけ戻らないといけません。車の場所まで戻る距離が長いのって、帰ってからどっと疲れが出るんですよね・・ということで、京北線127号鉄塔。近付けそうな気がしなかったので少し距離がありましたが番号札も同じ場所で撮りました。ソニーのコンデジですが望遠がそこそこ効く...

イヌトウバナ(犬塔花)

残暑の頃、半日陰の湿ったところで見かける花です。狭山丘陵ではあんまり見かけないほうかもしれません。特に珍しいものではないと思います。花は白に近くていかにもシソ科という姿です。本家トウバナと比べるとはるかに大きな花ですが、野の花ですからささやかなものです。花の咲き方が疎らなのもいかにも野草っぽいかと。【写真】イヌトウバナ(犬塔花) シソ科こっちのほうがトウバナよりも圧倒的に大きいのに、なんでこっちが...

送電鉄塔をゆく(30)~京北線シリーズ4(9)「お尻が痛い、おなかが空いた・・」

2014年12月23日は好天に恵まれて特に寒さを感じることもなく、京北線91号鉄塔に始まってすでに30基ほど追跡してきました。目指す京北変電所は東京外環自動車道の南側ですが、まだわが自転車は北側にいて、時間的にもそろそろ撤収のタイミングを計らねばならなくなってきました。それに久々に走った自転車、お尻が痛くなってきました。京北線123号鉄塔は大きな鮮魚やさんの駐車場入り口から。クリスマス前の休日、ず...

メドハギ(筮萩)

花の時期を外してしまうことの多いメドハギ、2014年はいろんなところで出会いました。例年8月の後半に撮っていて、遅くても9月の上旬くらいです。これは9月半ばに撮ったので、今まででいちばん遅い時期だったかもしれません。いかにもマメ科らしい白い花を、かつて筮竹のようにつかわれたというまっすぐな茎にずらっと並べて咲かせます。上の写真の葉細かく枝分かれしているようで、こういうのはあまり見たことがないです。...

送電鉄塔をゆく(30)~京北線シリーズ4(8)「一直線」

京北線の送電線、このあたりはまるで定規で線を引いたようにまっすぐに鉄塔が並んでいます。道路も川もお構いなしにまっすぐなので、道の入り組んだ市街地はどっちに進めばいいか見当を誤るとものすごい無駄に走ることになってしまいます。幸い、次の京北線119号鉄塔は道路の向こう側に見えていました。東京ドームのミニチュアみたいなのが見えます。テニスコートらしいです。こういうインドアテニスコートも珍しいかもしれませ...

ツユクサ(露草)

これこそどこにでも咲いていて、これほど知られている野草も少ないのではないかと思うほど当たり前の花です。梅雨時から咲き始め、狭山丘陵では10月くらいまで咲いています。花の期間がかなり長い部類だと思います。花弁は3枚で、上に大きな2枚、下に白くて小さい1枚。雄しべは6本あって、柄が短くて鮮やかな黄色のは花粉を出さず、長く伸びた2本だけが花粉を出します。黄色いのはダミーの雄しべってことになりますが、何の...

送電鉄塔をゆく(30)~京北線シリーズ4(7)「川口市へ」

京北線の送電線を追いかけて自転車を東に走らせているうちに、川口市内に入っていました。だいぶ遠くに来てしまいましたが、なおも連綿と送電線は地平の彼方に続いています。相変わらずの住宅街で、狭い道の先に背の高い赤白鉄塔が忽然と姿を現しました。京北線115号鉄塔はスリムで背の高い鋼管鉄塔でした。鉄塔の間隔は一定ではなくて、近かったり遠かったりいろいろです。小さな川を渡って大きな通りに出て、また川沿いに進む...

ヒメシロネ(姫白根)

2014年7月の花のストックは非常に少なくて、これでおしまいです。6月から7月にかけて体調を崩していたのも獲物が少ない原因だと思います。何事につけても健康第一ですね。角ばった茎に細長い葉を対生し、葉の付け根に白い花を咲かせます。葉は一段ごとに90度ずつずれていて、真上から見たら十文字に見えるでしょう。小さな白い花、わずかに赤い模様が入ってます。【写真】ヒメシロネ(姫白根) シソ科咲き始めなのに花が...

送電鉄塔をゆく(30)~京北線シリーズ4(6)「東北本線」

自転車で走っていて障害物となるものはいろいろあります。越えるに越えられないのが川と線路・・わが自転車は東北本線の線路に到達しました。さてどっちに行けば線路の向こうに渡れるか。結局北側に見えた陸橋を越えて、幅100mある南浦和の車両基地を越えました。京北線111号鉄塔はJRの敷地内にあるので近寄れません。鉄塔は線路を渡る前に、番号札は線路を渡ってから撮りました。およそ800mの迂回です。位置的にはJ...

カラスビシャク(烏柄杓)

うちのあたりでは街路樹の植え込みに生えていることもあります。2014年の写真を見渡してみたら、この2カットしか撮っていませんでした。どこにでもある草は最近あまり撮らなくなってきました。マムシグサなどと同じく見えているのは仏炎苞という花序を包み込むものです。花の本体は仏炎苞を剥いてしまわないと見えません。させがにそれはかわいそうなのでやめておきましょう。【写真】カラスビシャク(烏柄杓) サトイモ科根...

送電鉄塔をゆく(30)~京北線シリーズ4(5)「市街地の苦労」

中山道を越えたわが自転車は、旧浦和市の市街地をさらに東進します。京北線107号鉄塔は児童公園の端に立っているものの敷地の東端で、下から見上げる以外はどうしても逆光になってしまいました。公園周辺をひとまわりするもいい場所がなく、下から見上げて・・道路はさほど入り組んだり袋小路になっていたりするわけではないのでその点はいいのですが、いかに建物の隙間を見つけるか。何しろ屋根越しにしか見えないので、鉄塔ご...