Welcome to my blog

たけぽの「続・平常心是道」

ARCHIVE PAGE

archive: 2015年02月  1/1

送電鉄塔をゆく(34)~富士見線(1)「働いてない!?」

前シリーズの膝折線でちらっと登場した富士見線、1号鉄塔のジャンパ線が外れていて膝折線からの電力供給が途切れているのが気になって確かめに行ってきました。膝折線39号鉄塔から枝分かれしている(ように見える)富士見線からも枝線が2本出ていて、サブタイトルを「富士見線と愉快な仲間たち」にしようかとも思ったけど、さすがにちゃらけ過ぎているのでやめました。またしても柳瀬川の土手を自転車で走り、富士見線1号鉄塔...

アリタソウ(有田草)

だんだん2014年に撮った植物のストックが減ってきました。これはかろうじて花が咲いていたものです。特に珍しいものではないようですが、狭山丘陵では初めて見ました。中南米原産で、日本には江戸時代の初めに持ち込まれたそうです。調べてみたら虫下しの薬として佐賀県の有田で最初に栽培されたのが名前の由来とありました。しかしこういう植物がいつ渡来したかなんて、どうやって調べるんだろう。【写真】アリタソウ(有田草...

送電鉄塔をゆく(33)~膝折線シリーズ2(9)「膝折変電所」

膝折線と名のつく鉄塔は一昨日載せた53号鉄塔でおしまいです。でもまだその先に送電線が伸びているのでどこにつながっているのか確認しなければなりません。何しろ膝折線40号鉄塔で送電線が南北に分断されてますから、JR新座変電所に来ている電気の出所を確かめておかないと。53号鉄塔から送電線を追っていくと黒目川に向かって一気に坂を下っていきます。すると膝折線の送電線を受け止めている鉄塔がありました。朝霞線2...

ノダケ(野竹)

狭山丘陵の野草としては大型の部類だと思います。1.5mくらいの高さのは普通にあります。私は背が低いので、あまり大きくなられると写真が撮りにくくて困ります。(笑)あちこちに咲くんですが、人里近くはアシタバが混在していたりします。おお白花!・・と思ったらアシタバだったとか。セリ科でこんなに濃い紫色の花も少ないですかね。【写真】ノダケ(野竹) セリ科大きいといってもシシウドほど巨大化しません。ほどほどで...

送電鉄塔をゆく(33)~膝折線シリーズ2(8)「捻架鉄塔」

膝折線もだいぶ煮詰まってきました。あと一息です。膝折線51号鉄塔は畑の中にありました。住宅街といえども、ところどころに狭いとはいえないくらいの畑が広がっています。川越街道からちょっと入ったくらいのところなのに長閑なものです。高さ37mといったら送電鉄塔ではごく小柄な部類ですが、なんだか大きく見えるのは周りに比べるものがないせいか・・次の鉄塔は畑の向こう側なので、さて北から回るか南から回るか・・で、...

キカシグサ(きかし草)

2012年9月に狭山丘陵の某田んぼでたくさん咲いていたキカシグサ、2013年はなぜか見かけませんでした。単にタイミングが悪かったか見逃したか、あるいは草取りが入ったのか。2014年は2年ぶりに見かけたので載せておきます。残念ながらきれいな状態ではなく、泥水をかぶったあとのようでした。それでも花はきれいに咲いています。まぁ、水辺の花ですから仕方がないですね。【写真】キカシグサ(きかし草) ミソハギ科...

送電鉄塔をゆく(33)~膝折線シリーズ2(7)「新座警察署付近」

膝折線47号鉄塔までは川越街道の一本北側の道をまっすぐ走ればよかったんですが、さすがに住宅街でどこまでも一本道というのはありません。47号でT字路にぶつかったので北方向に迂回します。この辺は開発されたのが最近なのか道幅もあって自転車で走りやすいです。膝折線48号鉄塔は袋小路みたいなところにありました。背後はかなり大きな建物らしく、ここでUターンして北側から回り込み、新座警察署の前を通って一度川越街...

クワクサ(桑草)

2013年に撮ってましたが開花時期と微妙にずれていて花が写ってませんでした。2014年に撮りなおして再登場です。白い葯の雄花、赤紫の毛の生えた突起のような雌花が見えます。特に珍しいものではないと思いますけど、2013年に初めて撮りました。遠めに雰囲気がエノキグサに似ていたりするので見逃していたのかもしれません。雌雄そろって咲いているといっても地味ですし・・【写真】クワクサ(桑草) クワ科クワ科の一...

送電鉄塔をゆく(33)~膝折線シリーズ2(6)「市街地のほうが楽・・」

膝折線の送電線は前回の43号鉄塔からしばらく国道254号線(川越街道)に沿って南東に進みます。まず目指すは膝折線44号鉄塔です。植栽に囲まれている小さな鉄塔で、下半分が見えません。よって番号札を撮れませんでした。塔頂のナンバープレートも見当たらず・・やむなし。この鉄塔はまさに国道254号線に接して立っていて、以前から存在を知っている鉄塔でした。送電線が国道を横切っているので、私も横断歩道を渡って反...

ツルマメ(蔓豆)

ごくありふれたマメ科の植物で、狭山丘陵にはいっぱいあります。花は小さいながらも紫と白のコントラストがきれいです。1枚目のはちょっと色あせてしまっていたかな・・大豆の原種といわれています。花のあとにできる豆は枝豆のミニチュアみたいなので、豆の写真も載せられたらよかったんですが2014年は撮っていませんでした。2011年10月18日の日記(←クリック)に豆の写真を載せていますのでご興味あれば。【写真】...

送電鉄塔をゆく(33)~膝折線シリーズ2(5)「切れてる!」

若干枝分かれした送電線に後ろ髪を引かれる思いではありますが、まずは膝折線の本線を行ってみなければ話になりません。膝折線40号鉄塔は畑の中の何の変哲もないような鉄塔なのですが、なんだかおかしい。そうだ、ジャンパ線がついてないんだ!要するに、この鉄塔の右と左の送電線はつながってなくて、この鉄塔でスイッチオフになっているということです。よく見ると鉄塔の中ほどにケーブルみたいなものがぶら下げてあります。鉄...

クズ(葛)

秋の七草に数えられるクズ、狭山丘陵では8月中旬から咲き始めます。暑い時期に咲き始めるせいか、どうも秋の花という印象がありません。この写真は9月中旬に撮りましたが、もうちょっと早いほうがよかったように思います。春の七草とは違って秋の七草は観賞用ですが、クズに関しては食べるほうを連想してしまいます。甘党なので葛餅や葛切りが大好きです。狭山丘陵には相当はびこってますから、丘陵名物葛餅でも作って里山保全の...

送電鉄塔をゆく(33)~膝折線シリーズ2(4)「枝線」

このあたりでは柳瀬川が埼玉県と東京都の都県境になっています。橋の上からの景色を1枚、右側が東京都清瀬市、左側が埼玉県所沢市になります。橋を渡った南岸が清瀬水再生センターという施設で、北多摩地域の下水を処理して柳瀬川に放流しているそうです。橋の上から見た柳瀬川の水はきれいで、そういえば私が住んでいたころか浄化対応なんかしていたような気がします。ちなみに水再生センターの放水口はもう少し下流にありました...

ミチヤナギ(路柳、道柳)

これなんだろう・・と、ちょっと迷ってしまいました。調べてみるとミチヤナギ、ハイミチヤナギ、アキノミチヤナギと似たようなのが3種類出てきました。これは立ち上がっているし、葉は3cmくらい、葉の間隔もあいているのでハイミチヤナギではない・・花後の実は花被から先端がのぞいているくらい、草丈も20cmくらいだったのでアキノミチヤナギでもなさそう。それにアキノミチヤナギは海岸に生えるということで、狭山丘陵に...

送電鉄塔をゆく(33)~膝折線シリーズ2(3)「柳瀬川」

関越道所沢インターチェンジをかすめるように膝折線の送電線は南東に延びています。次の鉄塔は国道463号の向こう側だったので、国道の下を潜り抜けるアンダーパスを通って浦所街道を渡りました。地理が分かっている場所は効率よく先に進むことができるものです。膝折線36号鉄塔は国道のすぐ脇の狭い敷地に立っていました。足元から見上げるしか仕様がないけど、近寄れないよりいいかも。次の鉄塔は畑の向こうの雑木林の中にあ...

ダンドボロギク(段戸襤褸菊)

なんだかものすごく久しぶりに載せる気がしたので、検索してみたら2011年の10月に一度載せたきりでした。ダンドボロギクは昨年わが家のプランターでも花を咲かせていたので、どこにでもある雑草という印象です。でも、狭山丘陵ではあまり見かけないような・・気に留めていないだけなんでしょうけど。愛知県の段戸山で見つかったのでダンドボロギクというそうです。ノボロギクやベニバナゴロギクと同じく管状花だけの頭花なの...

送電鉄塔をゆく(33)~膝折線シリーズ2(2)「関越道所沢IC」

前回の31号鉄塔は関越自動車道のすぐ脇に立っていて、送電線は高速道路を飛び越えています。高速道路の反対側に出ないといけません。川や線路が鉄塔追跡時の障害物になるのですが、高速道路は反対側に出られる通路が結構あります。鉄塔のすぐ近くにこんな抜け道があって、反対側に出られました。膝折線32号鉄塔なんですが、30、31と見分けがつかないくらい似ています。鉄塔の背後に横たわっているのが関越自動車道で、車の...

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

今シーズンの開幕投手はやはりこの花になってしまいました。この時期だとオオイヌノフグリ以外ではホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ミチタネツケバナあたりがちらほら咲いている程度です。オオイヌノフグリもピークには程遠いので、例によってもう少し暖かくなったら撮りなおしましょう。今日の昼間は10℃を越えて散歩日和になりました。一番暖かそうな時間を選んで狭山丘陵を歩きに行ってきました。分厚い上着がなくても大丈夫、...

送電鉄塔をゆく(33)~膝折線シリーズ2(1)「なじみの場所から」

シリーズ1ではかなり苦戦した膝折線、途中で終わってしまうのも悔しいし、よく知った場所から続きが始まるので日を空けずに行ってきました。車は清瀬金山緑地公園の駐車場に置いて・・というところから懐かしい。この公園から歩いていけるくらいのところに小さなアパートを借りて結婚生活が始まって、6年ほどこの近辺に住んでいました。まずはスタート地点の膝折線28号鉄塔に向かいます。3.5kmほどの道のりを地図なしで行...

アレチウリ(荒れ地瓜)

「日本の侵略的外来種ワースト100」にランクインしている悪名高い植物です。被写体としては悪くないんですけど、放置はできません。幸い昨年はこれを撮った場所一面にはびこっていたアレチウリが一掃されました。見つけるたびに蔓の根元を切ったり引っこ抜いたりしているんですが、焼け石に水です。それでも何もしないよりはましかなと・・蔓は柔らかいので手で簡単に切ることができます。【写真】アレチウリ(荒れ地瓜) ウリ...

送電鉄塔をゆく(32)~膝折線シリーズ1(6)「堂々巡り」

一昨日掲載した膝折線22、23号鉄塔に接近する道を探すため、すでに同じ道のいったり来たりを繰り返していました。結局、工場や倉庫の外周に沿った道しかなくて、それ以上の接近は農作業用の道を行くしかないので断念しました。次の膝折線24号鉄塔も広大な区画の畑の中にあって、少しでも接近できるところを探すべく自転車を進めます。小さいほうが24号鉄塔で、赤白鉄塔は武蔵野連絡線(旧武蔵野線)。この畑を取り巻く道路...

サネカズラ(実葛)

昨シーズンはこの花には縁がなくて、撮ったのはこれひとつきりでした。鈴なりに実がなるサネカズラがあったんですが昨年はなくなっちゃったようです。赤くてつやのある実がたくさんできると見ごたえあるんですけどね・・花の真ん中に赤いお団子があるので雄花です。雌花は見そびれてしまいました。さて、今年は見られるでしょうか。【写真】サネカズラ(実葛) マツブサ科別名のビナンカズラ(美男葛)は樹液を整髪剤に使ったとこ...

送電鉄塔をゆく(32)~膝折線シリーズ1(5)「懐かしの中富線」

ほうほうの体で泥んこ地獄から脱出したあと、膝折線19号鉄塔の看板撮影にも失敗・・まぁこんなこともあるサと気を取り直して自転車をこぎます。そういえばさっきから膝折線より大きな見慣れた感じの鉄塔が見えています。おお、これは中富線、赤白のは中富線9号じゃありませんか。その手前の鋼管鉄塔が膝折線20号鉄塔で、ここで膝折線は分岐して枝線は中富線の鉄塔の下段に併架されて南下します。そうそう、思い出した。200...

ヤブラン(藪蘭)

8~9月の狭山丘陵ではおなじみのやつです。でもこの個体はずいぶんたくさん開花していました。ヤブランって開いている花が少ない印象だったんですが。これはきれいに咲きそろっているほうじゃないかと思います。下の写真に写っているほかの花序はぜんぜん開いてませんでした。このくらい開いていると、おお~いいじゃん、と思ってしまいます。【写真】ヤブラン(藪蘭) クサスギカズラ科スズラン亜科園芸用にも使われますね。斑...

送電鉄塔をゆく(32)~膝折線シリーズ1(4)「泥沼・・」

なおも膝折線の送電線は広大な畑の上を横切っていきます。一昨日の15号鉄塔と、この膝折線16号鉄塔は同じ畑の区画に立っていて、いずれも接近できませんでした。最寄の道路から来し方を望んで撮りました。センターラインのある道に出て少し東に進むと道路の南側を少し入ったところに膝折線17号鉄塔が見えました。周囲には住宅もあるし、道らしきものもあったので写真撮らせてもらいました。ここも冬場でないと木々に邪魔され...

ホソバヒメミソハギ(細葉姫禊萩)

田んぼに生えている雑草で、対生する葉の付け根に小さいながらも鮮やかなピンクの花を咲かせます。9月半ばに撮ったので咲き残りの花ってところですね。2014年は撮り損ねたと思っていたらしぶとく花が残っていました。この草、以前に比べてずいぶん増えた気がします。2009年に初めて見たときはちらほら生えているくらいだったのが昨年は田んぼのあぜの近くにいっぱいありました。熱帯アメリカ産だそうですから、温暖化によ...

送電鉄塔をゆく(32)~膝折線シリーズ1(3)「嵐の前の静けさ」

膝折線11号鉄塔で少々苦労したものの、その先少しの間は順調に進むことができました。道幅の広い県道126号線を越えて少し東に進むと膝折線12号鉄塔が見えます。ほとんど民家の庭先というような場所に立っていて、番号札にカメラを向けたら怪しまれるんじゃないかというくらい・・進めるところはどんどん進んでおかないと、いつ罠にはまるかも分からないので次の鉄塔に向かいます。膝折線13号鉄塔は畑のど真ん中に屹立して...

アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩)

気がついたら今日から2月だったんですね・・この花と同じく、季節はずれの「夏休み」だったので曜日も日付も気にしていませんでした。明日から現実に引き戻されてしまいます。ヌスビトハギと同属ながら花が大きくて鮮やかな色をしています。美しい花なんですが外来種なのであまり増えないように手入れが要りそうです。ただ、なくなってしまうのも寂しいですが。【写真】アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩) マメ科ヌスビトハギと同...