Welcome to my blog

たけぽの「続・平常心是道」

ARCHIVE PAGE

archive: 2015年04月  1/1

ヒカゲスゲ(日陰菅)

・・でよいですよね。カヤツリグサ科は相変わらず苦手です。スミレを載せ終わったのにブログの季節を進められませんが、載せたことのないものは載せておきたいもので。葉の緑色が鮮やかでしたので撮ってみました。狭山丘陵ではよく見られる植物だそうです。よく似たホソバヒカゲスゲというのもあるそうですが、こちらは茎が葉に埋もれるぐらい短いということなので違いますね。【写真】ヒカゲスゲ(日陰菅) カヤツリグサ科違って...

タチツボスミレ(立坪菫)の仲間たち

そろそろ今年のスミレに終止符を打たないと、後がつかえてきました。かなり幸せな状態になっているということでもありますけど。昨日の続きで、これはマルバタチツボスミレでよいかなと・・マルバタチツボスミレはタチツボスミレとニオイタチツボスミレの交雑種で、出現する頻度は高いです。花の色はタチツボスミレですが距の形状はニオイタチツボスミレ、葉も丸みがあって全体的にニオイタチツボスミレのほうに近いと思います。周...

ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)

よい香りがするっていうんですけど、私の鼻の感度がよくないのか感じません。咲いてすぐなら強く匂うんでしょうか。いかに香しいのか味わってみたいものです。タチツボスミレは早い時期に咲きますが、こちらはどちらかというと遅い時期のほうが多く見かけるようです。地上茎があって特徴はタチツボスミレに似ています。色はマンジュリカほどではないにしろ濃いめの紫、花弁も花自体も丸みがあります。【写真】ニオイタチツボスミレ...

スミレ(菫)

何とかスミレという、スミレの前に何も付かない「スミレ」がこれ。紛らわしいので学名の Viola mandshurica からマンジュリカと呼んでいます。一般的にそう呼ばれることが多いようですね。ガツンとパンチ力のある紫色です。花の中心(唇弁)の白っぽい部分が大きかったり小さかったり、多少変異があるようです。これは紫色の部分が多いほうじゃないかと思います。【写真】スミレ(菫) スミレ科マンジュリカは満州産のという意味...

ムラサキコマノツメ (紫駒の爪)

もう4月も終わろうとしているのにまだスミレを載せ切れていません。とりあえずこの春に見たスミレはひととおり載せておきたいと思っています。本日はピンクがきれいなムラサキコマノツメを。ニョイスミレの色違いで、葉が馬蹄形になるところからの命名だそうです。白い花ばかりのニョイスミレの群落が続いたと思ったら、いくつもまとまってピンク色が登場しました。小振りながらもきれいなものです。【写真】ムラサキコマノツメ ...

ミドリタチツボスミレ(緑立坪菫)

昨年はじめて見たミドリタチツボスミレを今年も見に行ってきました。タチツボスミレの品種だとか、ウイルスによる奇形だとか、先祖返りだとか諸説あるようなので要チェックです。果たして昨年と同じ場所に、同じように咲いていました。永続的に出たり一度限りだったりとのことですが、昨年に続いて同じ場所に何株か散在していたので、ここのは永続型かもしれません。また来年の春、同じように咲いているか確認したいものです。【写...

ニガイチゴ(苦苺)

モミジイチゴに少し送れて咲くニガイチゴ、しわくちゃな花弁が木苺の花らしいです。木苺の花らしい、と感じるのはわが家の木苺の花がしわくちゃだからかもしれません。ごく見慣れた花ですけど雨上がりは一味違います。関東地方は雨の多い春だったような気がしますけど、しばらく天気が続きそうです。スミレの花もおおかた終わってしまい、そろそろ初夏の花が登場するはず。明日から載せそびれているスミレを一気に載せようかなぁ、...

セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)

スミレの花が終わりそうになると、狭山丘陵のあちこちでたくさん咲きます。特段珍しくもなんともない植物なんですが、先日ちょっと変わったのを見つけましたので載せておきます。まずはノーマルタイプから。セリのような葉という名前ながらキンポウゲ科です。確かに鳥か虫が飛んでいるような姿にも見えますね。【写真】セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草) キンポウゲ科中国からやってきた帰化植物。分布は関東から東海にかけてだそう...

ハナイバナ(葉内花)

この花を載せるのは二度目だと思います。前回載せたのとは違う場所で撮りました。すごく小さな花だし、色や形や大きさがキュウリグサに似ているのでつい見逃してしまいます。花の中心部にある副花冠が白っぽい色をしています。キュウリグサならここが黄色ですので違いが分かりやすいのではないでしょうか。たまたま隣に咲いていたニョイスミレを入れて撮りましたので、大きさの見当がつくかと思います。【写真】ハナイバナ(葉内花...

イチリンソウ(一輪草)

ニリンソウを載せたら次はイチリンソウを載せましょう。普段の年ならニリンソウが先に咲いてイチリンソウがあとで咲くのですが、今年は同じ時期に咲いています。ニリンソウが遅いのか、イチリンソウが早いのか!?野の花らしからぬ大きさで、堂々たるものです。一輪で十分な存在感というか。花弁のように見える萼の裏側がほのかに紫色なのもまたよいです。【写真】イチリンソウ(一輪草) キンポウゲ科狭山丘陵ではあちこちに散在...

ニリンソウ(二輪草)

この時期の季節の進みは本当に早くて、週末だけではまったく追いつかないです。ニリンソウも早春を飾る可憐な花ながら、なかなか出番を得られず・・それにしても、今年はニリンソウも花が少なかったです。例年なら湧き立つように咲く群生地なんですが、今年は花が疎らでした。本当に4月の半ばなのか!?とわが目を疑いたくなるくらいです。毎週チェックしていた花なのでピークを外したってことはないとはないはずだし。【写真】ニ...

アリアケスミレ(有明菫)

3日連続のスズメシリーズのおかげで、スミレの出番がすっかり奪われてしまいました。例年どおりといえばそれまでなんですが、いつものスミレを載せておかないと落ち着かないというか・・スミレシーズンもほぼ終焉に向かいつつあり、すで後半戦です。アリアケスミレが咲き始めたというので、先週見に行ってみました。雨上がりだったせいか開花しているのがなく、16日に出直して撮ってきました。原っぱ一面に白いスミレが広がって...

スズメノエンドウ(雀野豌豆)

スズメシリーズ3日目はあまりにも小さな花なのでつい敬遠してしまうスズメノエンドウです。咲いているかどうか、近くが見えにくくなってきましたのでファインダー越しに確認しました。これだけ小さいとどうしようもなく撮り難いです。花の幅2ミリあるかどうかってところですかね。でもしっかりマメ科らしい形をしています。花のあとにはちゃんと豆ができますが、スズメが食べるかどうかは知りません。【写真】スズメノエンドウ(...

スズメノヤリ(雀の槍)

スズメシリーズ第二弾はスズメノヤリです。昨日の鉄砲に今日の槍と物騒な名前が続きますけど、この槍は毛槍のこと。センボンヤリなんかと同じ由来です。イグサ科というのはちょっと意外性があるかも。ぱっと見はイネ科のように思えます。でも花の姿がイネ科っぽくないんですよね。【写真】スズメノヤリ(雀の槍) イグサ科狭山丘陵では桜が散るころがこの花の見ごろです。周りの白いのは散った桜の花びらです。カメラ機種名 Canon...

スズメノテッポウ(雀の鉄砲)

春の田んぼ一面を埋め尽くす鉄砲部隊はこの時期意気盛んなようです。狭山丘陵の田んぼは水田雑草が豊富で、スズメノテッポウもこれでもかというくらい咲いています。イネ科なので花が咲いているのかどうかも分かりにくいですが、オオバコの花みたいに葯が見えています。名前の由来は推して知るべしで、スズメは小さいという意味、花穂を鉄砲に見立てたもの。でもスズメというほど小さいとは思えませんけどね。スズメにしてみたらバ...

ヒメスミレ(姫菫)

ごくごく小さい、だけど濃い紫色が鮮やかなスミレです。初めて見たのは狭山丘陵南側の里山民家前の芝生でした。地面すれすれに目線を落としてみると、紫色の点々が見えて、なんだろうと思ったらこの花でした。その後はあちこちで咲いているのを見つけました。あまりに小さいので気がつかなかったんでしょうね。一面に咲いているようなところもあります。今年は若干時期を逸してしまったのかきれいなのを探すのが大変でした。【写真...

ニョイスミレ(如意菫)

狭山丘陵のスミレの中では一番遅い時期に盛りを迎える種類です。・・が今年は3月中に見かけたと思ったらその後はあまり勢いがないような。今年のスミレ全般にいえることですけど、どうも昨年に比べて数が少ないみたいです。気候の影響なのか昨年の反動なのかよく分かりません。時期的には今くらいからがピークじゃないかと思います。ごく小さな花ながら一面に咲くととてもきれいです。【写真】ニョイスミレ(如意菫) スミレ科花...

コオニタビラコ(小鬼田平子)

先週の土曜日はお昼前に雨が上がったので急いで3ヶ所ばかりめぐってきました。・・って書きましたけど、そのうちの目的のひとつがこの花です。たぶん見ごろなんじゃないかなと期待しつつ。果たしてタイミングバッチリというところでした。以前に比べてかなり増えているように見受けられます。ただ、数年前に咲いていた場所から少し移動したかも。【写真】コオニタビラコ(小鬼田平子) キク科春の七草の「仏の座」はこの草の葉で...

コクサギ(小臭木)

ここしばらく菜種梅雨と呼ぶに相応しい天候が続いていました。しかし今日、日曜日だけは晴れたのでお弁当を持って狭山丘陵に出撃です。目的はスミレだったのですが昨年と比べてどうも数が少ない・・スミレも撮ったものの、「コクサギの花がさいていますよ」と教えていただいたのでまずはそれを。何しろ当ブログ初登場ですから最優先です。これは雄花で、4つの黄色い葯が目立ちます。【写真】コクサギ(小臭木) ミカン科樹木の花...

シロバナタンポポ(白花蒲公英)

昨日から降っていた雨はお昼前に止んだので、これは出かけるしかないとカメラを持って狭山丘陵に出動してきました。数日寒かったとはいえあれやこれやと花が咲いています。特に急激に増えてきたのがタンポポでした。シロバナタンポポは西日本の花で、広島あたりから西が主な生息地のようです。狭山丘陵でも何ヶ所かで咲くのでチェックしていますが、これを撮った場所は昨年の倍くらいの数に増えていました。緑の原っぱに真っ白の花...

カントウミヤマカタバミ(関東深山傍食)

毎年気にしてみているのですが、思うように花のタイミングに合いません。今年ももう花の時期は終わってしまったか。運がよければ少し残っているか・・去年は4月13日でかろうじて残っていたくらいなので、今年は終わっているでしょうね。とはいえ今年は去年よりはいい状態で見ることができました。晴れないと花が開かないので天気次第というのも悩ましいです。また来年のお楽しみということで・・【写真】カントウミヤマカタバミ...

タカオスミレ(高尾菫)

ヒカゲスミレの変種で、花の時期に葉がこげ茶色です。こういう色の葉を持ったスミレをほかに見ないせいか、独特の雰囲気を醸し出しています。今年は先週末からいっせいに咲き始めました。花の盛りはそんなに長くないかもしれません。見るなら次の週末あたりまでかと思います。私の知る限り狭山丘陵で見られるのは限られた場所だけです。【写真】タカオスミレ(高尾菫) スミレ科高尾で見つかったのでタカオスミレ。花茎を見るとな...

チゴユリ(稚児百合)

まだ4月に入ったばかりなのにもうチゴユリが咲いているよ・・なんていっていたら今朝の埼玉はみぞれ交じりの雪で、午前中は雪になって少し積もったそうです。私が帰宅する頃にはかけらも残っていませんでしたが。先週末、ハイビスカスの鉢植えを屋外に出そうとして、また寒くなるというので思いとどまりました。ハイビスカスは雪をかぶったら葉が全滅してしまうので危うく枯らしてしまうところでした。さすがに寒の戻りもここまで...

モミジイチゴ(紅葉苺)

花曇りなんていう言葉があります。調べてみると花の咲く頃の薄曇り、明るい曇りの日のこととあります。野の花を撮るにはそういう天候のときがいい具合に撮れるので、花を撮るには好適な日と言ってもいいかもしれません。しかしこの花には青空が似合います。明るい春の日差しと空の青さによく映える花と言い切っちゃいましょう。そういうところでこの花を見ると、春爛漫を感じてしまいます。【写真】モミジイチゴ(紅葉苺) バラ科...

マルバスミレ(丸葉菫)

狭山丘陵ではおなじみの白いスミレです。花の色がきれいで丸い花弁が愛らしく、そこそこ大きいので見栄えがします。狭山丘陵のあちこちでいい具合に咲いてきました。狭山丘陵で見られるのはケマルバスミレと呼ばれるもののようです。しかも側弁の付け根に有毛のヒゲケマルバスミレと呼ばれるものがほとんどで、側弁に無毛のものは少数派です。私は専門家ではないのでなんともいえませんが、観察している限りではマルバ、ケマルバ、...

ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)

小さな花ながらユニークな形をしているので毎年楽しみにしています。去年は花全体がピンク色の(←クリック)を載せました。ということで今年はノーマルタイプを載せておきます。ノーマルといっても花の先端部分の紫が赤っぽかったり青っぽかったり、若干の違いがあります。狭山丘陵では3月末くらいからあちこちで咲き始めます。今年もいっせいに咲き始めました。【写真】ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索) ケシ科太郎坊はスミ...

タチツボスミレ(立坪菫)

関東地方は今日からしばらく曇りや雨の日が続く予報になっています。いわゆる菜種梅雨というやつですね。催花雨ともいいますので、この雨が野の花を育ててくれると期待しましょう。毎年タチツボスミレはアオイスミレの次くらいに載せています。でも今年はだいぶ遅くなりました。いつもの年と比べて、どうもスミレの花が少ない気がするんですよね。この週末はスミレ攻めだっ!なんて意気込んでいたのに軽~く肩透かしを食らってしま...

コスミレ(小菫)

早春のスミレで、アオイスミレに次いで咲くくらい早いです。タチツボスミレも早いほうですがいい勝負かなと。昨年は3月21日撮っていますので、今年も大差ないようです。コスミレの側弁の付け根に毛があるものをヒゲコスミレなんて呼ぶそうです。狭山丘陵のコスミレは多少なりとも有毛で、まったく毛がないものは今年まだ見ていません。スミレは変異が大きいので、その範囲という話もあります。【写真】コスミレ(小菫) スミレ...

ノジスミレ(野路菫)

狭山丘陵のスミレの中では早い時期に咲くほうだと思います。この花もまだ早いかな、と思いつつ昨年咲いていた場所に行ってみました。やはり時期が早かったようで、咲いていたのはこれ一株だけでした。アイロンのかかっていないシャツみたいな花だな、なんて思ったりします。カジュアルというか、ちょっとよれよれというか。もし口が利けたら、せっかく咲いているのにそんないわれようもないだろうとでも言い返されそうです。【写真...

センボンヤリ(千本槍)

まだちょっと早いかな~と思いつつ、センボンヤリの春の花を探しに行ってみました。やっぱり早かったか・・と思ったら、小さな花がポツリポツリさいています。ふたつ咲かせていたのはこれだけで、ほかは花ひとつずつでした。今年は春が早いかなと思ったら、種類や場所によるようです。昨年は4月5日に撮っていたので、この花に関しては昨年と同じくらいの時期が見ごろになるんじゃないでしょうか。3月中にニョイスミレが咲いたり...