Welcome to my blog

たけぽの「続・平常心是道」

ARCHIVE PAGE

archive: 2016年02月  1/1

送電鉄塔をゆく(37)~芳野台線(3)「さらに道路沿い」

芳野台線は6号鉄塔から先は道路沿いなので追跡が楽でどんどん進めました。あまり苦労がないのもさみしい、なんて言っているとそのうちドツボにはまるんです。素直に幸せだと思っておきましょう、人生苦あれば楽あり。芳野台線10号鉄塔、すらりと背が高く見えます。実際にはそれほど高くはなくて、40mとありました。12階建てのマンションくらいかとおもいますので、決してちいさな構造物ではないですけど、鉄塔としては大き...

送電鉄塔をゆく(37)~芳野台線(2)「道路沿い」

芳野台線は1号、2号は接近できず、4号、5号は工事に阻まれ、6号は川の向こう・・という具合にスタートは少々苦労しました。6号鉄塔から先はしばらく道路沿いに並んでいたので一気に進捗状況が改善しました。芳野台線7号鉄塔は6号鉄塔から道路沿いに200m、楽勝です。この鉄塔もモノポールで、道路と田んぼの間に立っているところをみると普通の鉄塔を建てるスペースがなかったんでしょうかね。果たしてどちらが低コスト...

ヤマウグイスカグラ(山鶯神楽)

この冬は暖冬かと期待したらさにあらず、どうも植物の出足はよくないみたいです。見かける花はどこに行っても今年すでに載せたものばかりでした。アオイスミレが一輪だけ咲いていましたが、撮るのはもう少しあとにしましょう。今年はすでにウグイスカグラを何度か載せていますが、改めてヤマウグイスカグラとして載せておきます。ウグイスカグラ全体に無毛に対し、ヤマウグイスカグラは細かい毛が目立ちます。2月22日に掲載した...

送電鉄塔をゆく(37)~芳野台線「指扇線の枝線その2」

乗りかかった船というか、毒食らわば皿までというか、指扇線の送電線から枝分かれしている送電線は全部追いかけてやろうということにしました。あっけなく終わった上福岡線の次は指扇線44号鉄塔から分岐する芳野台線です。昨日載せた上福岡線がJR川越線の南古谷駅付近で終わっていたので、そこから芳野台線4号鉄塔まで移動です。もっと遠いかと思ったら案外近くて、後で地図を見たら3.5kmほどでした。ちなみに3号鉄塔ま...

送電鉄塔をゆく(37)~上福岡線「もうおしまい!?」

指扇線の枝線その1、上福岡線の続きです。この日は指扇線のもうひとつ枝線である芳野台線も追いかけたかったのでとっとと先に進みます。7号鉄塔から見えた次の鉄塔はなかなか個性的です。上福岡線8号鉄塔に接近してみると・・同じような方向から送電線がいっぱいつながっています。あれれ、この鉄塔でおしまい!?冷静に見たら7号鉄塔から受け取った送電線を右下と手前の二方向に分けて送り出しています。右下には道路の反対側...

ミチタネツケバナ(路種浸け花、道種漬け花)

この時期、2月に咲いている野の花といったらごく限られていますね。狭山丘陵のあちこちで咲き始めているのがミチタネツケバナ。すごくきれいとかいうんじゃないですけど、小さな花に冬の寒さに抗って咲いているような力強さを感じます。タネツケバナと比べると花がしっかり開かない、棒状の種が茎と平行という見た目の違いがあります。雄しべの本数も違うんですけど、今日載せた写真ではいったい何本あるのか分かりません。4本な...

送電鉄塔をゆく(37)~上福岡線「直角」

指扇線の枝線その1、上福岡線の続きです。前回(2月21日)書いてしまいましたが、上福岡線は1号鉄塔から一直線に南に同じような鉄塔がきれいに並んでいます。2号鉄塔から5号鉄塔まではすべてコンクリートのお立ち台に乗っていて、下を用水路が流れています。さらに全部赤帽子・・上福岡線5号鉄塔は4号とそっくりながら、送電線を碍子連を介して引っ張るような耐張型というタイプで、これまでの送電線を吊り下げるスタイル...

ホトケノザ(仏の座)

早春の定番、どころか真冬でも霜に凍りながら咲いていることだってあります。狭山丘陵では晩秋から春本番まで、どこかで咲いています。そうそう、これを載せていませんでした。春先の超定番、載せない年はないです。何しろ他に花らしい花も咲いてないですから、選択の余地がありません。・・なんて、別に嫌っているわけじゃないんですよ。【写真】ホトケノザ(仏の座) シソ科三段に咲くので三階草とも。春の七草のホトケノザはキ...

送電鉄塔をゆく(37)~上福岡線「指扇線の枝線その1」

指扇線のメインルートは先日完結しました。しかし指扇線から枝分かれしている送電線は未追跡のままで、送電線の名称を確認しただけです。指扇線系統は制覇しておこう・・ということで、昨日の嵐の余韻が残る中を自転車漕いできました。目指すは上福岡線と芳野台線ですが、まずは手前の上福岡線から。2月4日に載せた上福岡線1号鉄塔、今回は国道16号線を渡ったところで撮ってみました。すこし雰囲気が違って見えるような・・指...

送電鉄塔をゆく(36)~指扇線シリーズ2(11)「三橋線の鉄塔へ」

圏央道に隣接した新坂戸変電所を出発した指扇線を辿って、大宮までやってきました。指扇線の鉄塔は一昨日載せた64号鉄塔でおしまいなんですが、送電線は(一見)まだ先に延びているように見えます。実際には坂戸から来た送電線は64号鉄塔で電気的には切れているんですけど。指扇線64号鉄塔で分岐している(ように見える)枝線の先には小さな植田谷線1号鉄塔が送電線を受け止めています。この鉄塔は三橋総合公園の中にあって...

ヒメオドリコソウ(姫踊子草)

日当たりのいい、暖かい場所ですでに咲き始めていました。2月前半で咲いているのは少し早めな気がしますけどどうでしょうね。数は少ないながら、寒さに耐えて咲いています。ネタに困ったときのヒメオドリコソウ頼みということで。早春の大定番、レイバンのサングラス並みの定番です。しかし撮るには少し早かったかな・・【写真】ヒメオドリコソウ(姫踊子草) シソ科もう少ししたら一面を埋め尽くすくらい咲くところもあります。...

送電鉄塔をゆく(36)~指扇線シリーズ2(10)「三橋総合公園」

指扇線の鉄塔を辿ってさらに東進すると、地名が指扇から三橋に変わりました。あらら、指扇は通り過ぎちゃうのね・・指扇線61号鉄塔はやや逆光気味ながら開けている東側から撮りました。午後になって少し雲が出て、鉄塔の写りが暗くなってきました。いつもいつでも晴れているというのは望むべくもないので、雲の形も楽しむとしましょう。鉄塔は送電線を横から引っ張るような耐張型で、背が低いものでした。狭い道を200mほど東...

ナズナ(薺)

急に暖かくなったかと思うと真冬の寒さに戻ったり、変動が激しいですね。今風に「ボラティリティが高い」とか、そんな表現にしておきましょうか。全体的に見たらやはり暖冬傾向なんだと思います。ナズナも寒さに負けず、早い時期から咲いています。とはいえ瑞々しさとかそういう面でいったら春本番には敵いませんけど。時期が時期で他に咲いている花もなく、登場させてしまいました。【写真】ナズナ(薺) アブラナ科ぺんぺん草で...

送電鉄塔をゆく(36)~指扇線シリーズ2(9)「住宅街の縁・・」

指扇線の送電線はなおも東に向かって淡々と伸びています。本格的な住宅街かと思ったら、畑作地と住宅街の境目くらいのところで、畑が散在しているのどかなところです。私の家のあたりの景色に近いかなぁ・・指扇線57号鉄塔は三方を道路に囲まれたようになっていて全体がよく見えました。この鉄塔はV字型の碍子連で送電線を吊り下げています。ごく一般的なスタイルなんですが、指扇線の鉄塔では少数派みたいです。きれいに区画さ...

オオアラセイトウ(大紫羅欄花)

これという当てもなく、散歩のつもりで出かけた狭山丘陵で一輪だけオオアラセイトウが咲いていました。春、多くのほかの花よりも早い時期に咲くんですけど、さすがに2月前半に咲いているのは早いと思います。たったひとつだけでしたが、ちょっとだけ春の雰囲気でした。一昨年は大雪の影響か、3月中旬にようやく咲き始めたことを思うとずいぶん気の早いことです。とはいえ次々春の花が登場してくるという雰囲気はぜんぜんありませ...

送電鉄塔をゆく(36)~指扇線シリーズ2(8)「指扇変電所」

JR指扇駅付近から本格的な市街地に突入しました。朝の通勤時間帯でも新宿まで直通で45分くらいで行けますから、通勤圏内でしょうね。少なくともわが家よりは近いような・・ただし電車の本数が少ないのと、埼京線は混雑がひどいらしいですが。指扇線53号鉄塔は指扇駅から約200mほど南の、住宅街の東南角に立っていました。なかなかいい立地じゃないですか、駅近だし。でも電柱やら配電線やら障害物が多くて鉄塔の姿を捉え...

コハコベ(小繁縷)

本当にどこにでも生えているありふれた雑草ですね。雄しべの本数が少ないこと、茎が紫色を帯びていることからミドリハコベではなくコハコベです。ブログ内を検索してみたら前回載せたのが2010年でしたので6年ぶりです。そのくらいネタが枯渇しているということでもありますが・・でもたまには載せておきましょう。この時期咲いている貴重な花ですし、小なりとはいえナデシコ科の可憐な花ですから。【写真】コハコベ(小繁縷)...

送電鉄塔をゆく(36)~指扇線シリーズ2(7)「指扇駅」

国道16号線の上江橋を渡ると、それまでの田園風景が一変して住宅街になりました。橋の上から送電線の伸びている方向を眺めると、ひたすら住宅が連なっています。う~ん、市街地かぁ・・これは苦戦しそうだ。指扇線50号鉄塔は畑に面したところに立つ小柄な鉄塔でした。ここから先が本格的な市街地になります。小さな団地を横切ると小さな公園があって、隅っこのほうに次の鉄塔があります。でもその前でおじさんたちがしゃがんで...

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)

いよいよ昨年撮り貯めたブログネタが払底してしまいました。今日は祝日だし、お天気もいいので狭山丘陵に出動です。とはいってもこの時期ですから花なんて咲いていても限られたものです。期せずして昨年の2月11日と同じオオイヌノフグリです。誰よりも早く咲いて繁殖してしまう作戦なんでしょうね。この冬は暖かいといわれていたのが普通の寒さになったものの、例年よりオオイヌノフグリの花が少し多いような気がしました。【写...

送電鉄塔をゆく(36)~指扇線シリーズ2(6)「日本最長」

入間川西岸の土手で軽く糖質を摂取したところでさらに指扇線の鉄塔を東に辿ります。ここは入間川が荒川に合流する地点のわずかに北で、国道16号線に架かる橋の上から合流地点がよく見えます。橋の名前は上江橋(かみごうはし)といって全長約1.6kmあり、河川に架かる一般国道の橋では日本最長なんだとか。送電線は橋の少し北で入間川と荒川を越えているので、必然的にこの橋を渡ることになります。入間川を越えたあたりの橋...

ノササゲ(野大角豆)

2015年はあまりきれいに咲いているのにめぐり合えず、載せそびれてしまいました。思えば2年連続で花の量や状態がよくなかったように思います。2013年はものすごくいっぱい咲いたんですけど。ノササゲにも表年と裏年があるのか、はたまた夏の暑さでバテてしまったのか。いずれにしても年によって花の咲き方にばらつきがあるようです。さて2016年はどうでしょうか。【写真】ノササゲ(野大角豆) マメ科豆の莢が紫色、...

送電鉄塔をゆく(36)~指扇線シリーズ2(5)「迷走」

一昨日掲載した指扇線44号鉄塔で分岐した送電線を受け止めているのは水色のモノポールでした。一般に環境調和(型)鉄塔なんて呼ばれているスタイルです。鉄塔は見えているんですが手前に川があって容易に接近できそうにありません。とにかくそれらしい方向に行ってみよう・・と入間川の堤防沿いを北上しました。が、すっかり通り過ぎてしまい、もうひとつ先の鉄塔まで行ってしまいました。芳野台線2号鉄塔・・そうか、この枝線...

ヤブマメ(藪豆)

北海道から九州まで日本全国の広い範囲に分布しているありふれた植物です。狭山丘陵でも普通に見られるおなじみの花です。でも旗弁の青紫がとてもきれいに思えて、毎年撮っています。花の時期は9月、これが咲き始めると秋だなと思う花のひとつです。毎年花の時期に載せているように思うんですけど、2015年は載せそびれていました。たまにはそんなこともあります。【写真】ヤブマメ(藪豆) マメ科2014年はこれの白花を載...

送電鉄塔をゆく(36)~指扇線シリーズ2(4)「枝分かれ」

接近を断念した40号鉄塔をあとに、指扇線41号鉄塔を目指して走ります。行く手を林に遮られたので北のほうに迂回して回りこみました。残念ながら41号鉄塔も私有地の中らしく、接近できませんでした。電力会社の巡視員であれば問題なく接近できるんでしょうけど、一般人がやったら不法侵入になってしまいますので、ここは遠目から眺めるのみ。番号札は40号に続いて塔頂の番号を流用しました。指扇線42号鉄塔はセンターライ...

カラスノゴマ(烏の胡麻)

2014年に続いて2015年も花のきれいな時期を逸してしまいました。かろうじて咲いていたというところですかね・・以前たくさん咲いていた場所が駐車場になってしまったのが残念です。・・なんていいつつ、無料なので私も利用しているのですが。花が葉の下に咲くのでなかなか撮りにくい相手です。花の数が少ないと見逃してしまいそうです。【写真】カラスノゴマ(烏の胡麻) アオイ科アオイ科といわれると、なんとなくそんな...

送電鉄塔をゆく(36)~指扇線シリーズ2(3)「赤帽子と上福岡線」

昨日も載せた指扇線37号鉄塔が特徴的だったので、お立ち台の下をくぐってみたり車が来ないのを見計らって結界画像を撮ってみたり、時間をかけすぎてしまいました。この辺から送電線は道路とは無関係に田んぼの上を越えて行きます。次の鉄塔に行くルートはもちろん37号鉄塔で分岐した先の鉄塔経由です。指扇線から枝分かれした送電線の最初の鉄塔は上福岡線1号鉄塔で、国道16号線に接して立つ赤帽子の鋼管鉄塔でした。地図を...

ヤナギタデ(柳蓼)

これは2014年に初めて気がつきました。ずっとボントクタデと見誤っていたんだと思います。一度気がついてしまえば見分けられるようになるのも不思議なもんです。これを撮ったときはしっかりヤナギタデであることを確認しました。葉の先端をすこし千切って噛んでみました。舌の先がしびれるような辛さがあります・・おお、結構きますね。【写真】ヤナギタデ(柳蓼) タデ科蓼食う虫も好き好き、葉をかじってみれば納得の味です...

送電鉄塔をゆく(36)~指扇線シリーズ2(2)「赤帽子とお立ち台」

日曜日は指扇線の送電線に沿って4時間ほど自転車で走りました。パッドの入った自転車用のインナーパンツをはいていたんですけど結局お尻が痛くなってしまいました。少しは効果があるんでしょうけど・・33号鉄塔の前の道をさらに直進すると指扇線34号鉄塔です。5基の鉄塔が一直線の道路沿いに並んでいるのでここは楽勝でした。お、34号鉄塔は赤帽子ですね。続く指扇線35号鉄塔も赤帽子でした。周囲は田んぼばっかりという...

コナギ(小菜葱)

田んぼでは嫌われ者の雑草ですが、青紫の花の色がとてもきれいです。直射日光が当たるより、少し影になっているほうが色の深みが感じられます。花としては駆除してしまうには惜しい色合いです。一般の田んぼであれば窒素を吸収してしまうので即刻駆除でしょうね。狭山丘陵の田んぼは学習用だったりするので水田雑草がしっかり残っています。田んぼの少ない地域に豊富に水田雑草が見られるというのもおもしろいものです。【写真】コ...