キショウブ(黄菖蒲)

  • 2017/01/31 : 野の花
  • 鮮やかな黄色が美しい花です。
    なんとなく和風な雰囲気にも思えますが、歴とした要注意外来生物です。
    日本の侵略的外来種ワースト100指定種になっています。


    キショウブ(黄菖蒲)


    19世紀に観賞用として持ち込まれて広まったそうです。
    花はきれいですが繁殖力が強いのと在来種への遺伝的影響から駆除が必要な植物といっていいでしょう。
    狭山丘陵でも湿地一面に咲いているのを見たことがあります。

    【写真】
    キショウブ黄菖蒲) アヤメ科
    湿地の祝物ながら乾燥にも強いそうです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2016/05/14 11:40:19
    Tv 1/400
    Av 4.0
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    当ブログには2013年6月以来の登場です。
    いっぱい咲くせいかめったに撮りません。
    見た目はともかく、ここにあってはいけない植物だし・・


    キショウブ(黄菖蒲)


    増えすぎる前に処分しましょう。

    昨日の「秩父三十槌の氷柱」の続きをもう1枚。
    水面にきれいに写りこんでいて、川とは思えないほどです。


    秩父・三十槌の氷柱


    荒川の水は澄んでいてものすごくきれいでした。
    しかも冷たそう・・間違いなく冷たいですが~。
    スポンサーサイト

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : キショウブ 黄菖蒲 アヤメ科 要注意外来生物 侵略的外来種ワースト100 湿地 秩父 三十槌の氷柱 侵略的外来種 荒川

    秩父・三十槌の氷柱(みそつちのつらら)

  • 2017/01/30 : 旅行・お出かけ
  • 昨日フライングで豚みそ丼の写真を載せましたが、秩父に行った目的はこれです。
    最近、秩父方面は氷柱を観光のウリにしているようで、3ヶ所で見られます。
    そのうちのひとつがここで、場所は三峯神社のちょっと手前くらい。
    秩父といってもだいぶ奥地に入ります。(詳しい場所はググって・・)


    三十槌の氷柱


    こちらは天然の氷柱だそうです。
    日陰になっている場所なので溶けにくいんでしょうね。
    昨日(1月29日)は気温高めでしたが平地とはまるで気温が違います。
    氷柱の手前の川は荒川なんですけど、まるで鏡のようでした。


    三十槌の氷柱


    氷柱の下に行くな、というような注意書きがありました。
    これが落ちてきたら刺さりそうですね。
    実際、見ている前で一部の氷柱が落ちたので、氷の下に行くのは危なそう。

    ちなみにこちらは人工的に作ったエリアだそうで、三十槌の氷柱は半分が天然で半分が人口的に作ったものだそうです。


    三十槌の氷柱


    やっぱり天然ものがいいかな!?

    三十槌以外に芦ヶ久保小鹿野でこういうのが見られるんですけど、いずれも散水して作った人口の氷柱とのこと。
    天然ものが見たかっらた三十槌に行きましょう。
    この日は気温高めということでしたが、冷凍庫の中にでもいるような寒さでした。

    テーマ : 旅の写真
    ジャンル : 写真

    tag : 秩父 三十槌の氷柱 三十槌 氷柱 つらら 三峯神社 荒川 芦ヶ久保 小鹿野 豚みそ丼

    ニガナ(苦菜)

  • 2017/01/29 : 野の花
  • 舌状花が5~7個ほどの、非常にシンプルなです。
    毎年盛大に咲く場所があるんですが、2016年はタイミングを外してしまいました。
    ニガナの写真は3カットしか撮っていませんでした。


    ニガナ(苦菜)


    素朴で小さなですが、いかにも春らしいきれいな黄色です。
    この色はカメラ泣かせのようで、例によってホワイトバランス狂いまくり。
    補正したつもりですがどうでしょう。

    【写真】
    ニガナ苦菜) キク科
    小花5個が多いと思うんですが、上の写真のは6~8個が多かったです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2016/05/14 11:04:01
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    5月のも載せそびれが結構あります。
    とはいえ4月には遠く及ばずで、4月のの種類がいかに多いか再確認といったところです。


    ニガナ(苦菜)


    こちらのは舌状花がずんぐりしている気がしますね。

    今日は朝から秩父に行ってきました。
    飯能から正丸トンネルまで駅伝大会開催のため8:30から正午まで通行止めだって!?
    何とか規制直前に通過できて事なきを得ましたが、秩父に通じる2大ルートの片方を閉鎖するというのは大胆なような。
    迂回路がないですからね・・


    豚みそ丼


    写真は秩父名物になっているらしい「野さか」の豚みそ丼。(バラ肉のみ)
    炭火で焼いた豚肉のみそ漬けがご飯に合わないはずがなく、大盛りにすればよかったとちょっと後悔しました。
    ロースよりもバラ肉がおいしいかな。
    お昼時だったので外で50分待ちでしたが、今日は寒くなくてよかったです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ニガナ 苦菜 キク科 野草 舌状花 小花 秩父 野さか 豚みそ丼

    銚子電気鉄道2000形(その2)

  • 2017/01/28 : 鉄道写真
  • 1月14日に銚子電鉄デハ2001の写真を載せました。
    今日のはクハ2501で、デハ2001と2両編成になっている車両です。
    この車両も1962年製造で半世紀越えです。


    銚子電鉄クハ2501


    同じ時期の車両なんですが、こっちのほうが新しい印象を受けるのは前面のデザインのせいでしょうか。
    ヘッドライト周りなんか、かなり古めかしい感じなんですけどね。
    デハ2001とともに京王帝都電鉄から伊予鉄道に譲渡され、銚子電鉄で第三の人生を送っています。


    銚子電鉄クハ2501


    そういえば京王線のレールの幅(ゲージ)は1372ミリという特殊なもので、都電や東急世田谷線と同じです。(京王線に乗り入れている都営地下鉄新宿線も)
    1067ミリの伊予鉄道に持っていくときは同時期に廃車になった井の頭線の車両から台車を持ってきて交換したそうです。
    なるほどね。


    銚子電鉄クハ2501


    一番上の写真は銚子電鉄終点の外川駅で撮りました。
    坂道ばかりの外川の街中を少し歩いてからキャベツ畑を眺めつつ一つ手前の犬吠駅まで歩いて、回転寿司を食べてから帰途につきました。
    最後の写真は犬吠駅です。


    銚子電鉄クハ2501


    列車はおおむね1時間に1本なので、同じ車両が銚子と外川を行ったり来たりしているようです。
    帰りも行きと同じデハ2001クハ2501に乗りました。

    テーマ : 鉄道写真
    ジャンル : 写真

    tag : 銚子電気鉄道 銚子電鉄 クハ2501 デハ2001 伊予鉄道 京王帝都電鉄 外川駅 犬吠駅 井の頭線 京王線

    ヤマウルシ(山漆)

  • 2017/01/27 : 野の花
  • めったに撮らないなんですが2016年は撮っていました。
    ただしピントの位置がイマイチだったのでシーズン中に載せるのは没にした・・と記憶しています。
    ネタ切れ間近なのでやむなく掲載。


    ヤマウルシ(山漆)


    このくらい咲いたらかなりみごとなほうだと思います。
    とはいえ地味ですからぜんぜん目立ちません。
    秋の紅葉の地味さを補ってあまりあるみごとさです。

    【写真】
    ヤマウルシ山漆) ウルシ科
    のあとには小さな丸い実がたくさんできます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2016/05/14 10:21:56
    Tv 1/200
    Av 3.2
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    の成分は、ウルシに比べると十分の一程度で塗り物なんかには使えないようですね。
    でもヤマウルシの枝であちこちかぶれてしまったことがあります。
    特に春はウルシ成分が多いらしいので気をつけましょう。


    ヤマウルシ(山漆)


    当地の丘陵にはいっぱいあって、あちこちで見かけます。

    銚子電鉄の駅名はちょっと面白いです。
    ネーミングライツ、つまり駅名の命名権を販売しているということで・・


    銚子電鉄笠上黒生駅


    笠上黒生(かさがみくろはえ)駅は髪毛黒生(かみのけくろはえ)になってました。
    スポンサーはヘアケア商品を販売している会社だそうです。
    全10駅中8駅になにかしら別名がついて、本銚子はヒゲタ醤油、西海鹿島はお米屋さんかな。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヤマウルシ 山漆 ウルシ科 紅葉 銚子電鉄 ネーミングライツ 笠上黒生 ヒゲタ醤油

    送電鉄塔をゆく(40)のおまけ~北東京変電所の鉄塔(2)

  • 2017/01/26 : 送電鉄塔
  • ちょっと間が開いてしまいましたが、まだ続く北東京変電所鉄塔シリーズです。
    まずこちら、春日部線1号鉄塔です。
    大胆な腕金がいいですね。


    春日部線1号鉄塔


    この送電線は27万5千ボルトで、終点は京北変電所です。
    京北変電所といえばかつて京北線の150基近い鉄塔を追いかけでたどり着いたところです。
    北東京変電所京北変電所もうちから遠すぎて、この送電線は追いかけられそうにありません。


    東京北線3001号鉄塔


    続いて東京北線3001号鉄塔
    東京中線の鉄塔は2000番台で、こちら北線は3000番台です。
    東京東線というのもあって、これは4000番台の番号が振られています。
    さらに東京南線というのもあり、これは1番からの番号が振られているそうです。


    東京北線3002号鉄塔


    東京北線3002号鉄塔。
    左奥が春日部線1号鉄塔で右奥に河北線や東京中線の鉄塔が見えています。
    なかなか賑やかな変電所です。
    ちなみに東京北線の終点は千葉県の新野田変電所なので、これも追跡は無理かなぁ・・

    テーマ : 電柱や鉄塔
    ジャンル : 写真

    tag : 北東京変電所 東京北線 東京中線 東京南線 春日部線 京北変電所 京北線 鉄塔 送電線

    フタリシズカ(二人静)

  • 2017/01/25 : 野の花
  • ずいぶん控え目なですが味わい深いものがあります。
    2本の序のうち一方を静御前に、もう一方をその亡霊に見立てたのが名前の由来だそうです。
    とはいえ序2本というのは案外少なくて、3~4本のものが多いような気がします。


    フタリシズカ(二人静)


    この写真のは4本立っていますね。
    弁も萼もないは3本の雄しべが子房を抱くような形になっています。
    見た目はヤマノイモの雄に似ています。

    【写真】
    フタリシズカ二人静) センリョウ科
    当地の林間では多く見られます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2016/05/07 12:52:59
    Tv 1/400
    Av 3.5
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    こちらは・・う~ん、影に隠れてわかりにくいですが5本ですかね!?
    なかなか賑やかに咲いています。


    フタリシズカ(二人静)


    初めて見たときは感動しましたが、気がつくと案外いっぱい生えています。
    最近はあまり撮らなくなってしまいました。
    今シーズンは見つけたらきちんと撮ろうと思います。


    特急しおさい@銚子駅


    JR銚子駅にて、東京行きの255系特急しおさい
    昨日載せた半世紀前の銚子電鉄の電車と比べると隔世の感があるというか。
    好みでいうと銚子電鉄かなと・・

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : フタリシズカ 二人静 センリョウ科 野草 子房 静御前 ヤマノイモ 255系 特急しおさい

    銚子電気鉄道2000形

  • 2017/01/24 : 鉄道写真
  • 先週の土日のお出かけは土曜日は佐倉城と佐原に行き、さて日曜日はどうしようかという話になりました。
    そういえば銚子って何度も訪れているけど銚子電鉄って乗ったことないじゃん!?
    ということで銚子電鉄に乗ることになりました。


    銚子電鉄2001


    銚子電気鉄道2000形・・どこかで見たことがあるような。
    車内に型番のプレートが貼ってありました。
    もとは京王帝都電鉄デハ2070で1962年製造ですから余裕の半世紀越えですね。


    銚子電鉄2001


    1984年から伊予鉄道を走り、2009年に銚子電気鉄道に譲渡されたとのことです。
    1984年というと私が大学を出た年で、学校は京王線沿線にあったのでもしかしたら乗っていたかもしれません。
    この面構えはいかにも京王線っぽい。


    銚子電鉄2001


    この電車で銚子から終点の外川まで行きました。
    特にこれを見ようというのもなく、電車に乗っただけです。
    今様の電車に比べるとゆっくり走りつつも大きく揺れて、なんだか懐かしい雰囲気でした。


    銚子駅


    銚子電鉄銚子駅で発車待ちの2001。
    JRのホームの端っこに銚子電鉄のホームがちょこっとくっついています。

    テーマ : 鉄道写真
    ジャンル : 写真

    tag : 銚子電気鉄道 銚子電鉄 銚子駅 電車 デハ2070 京王帝都電鉄 伊予鉄道 銚子電気鉄道2000形 外川 京王線

    ハナイカダ(花筏)

  • 2017/01/23 : 野の花
  • ここ2年ばかり縁のない花です。
    そんなにいっぱい生えている木ではないようで、探していますが少ないです。
    これは雌花で毎年実ができます。


    ハナイカダ(花筏)


    雌雄異株なので近くに雄花が咲いていると思うんですが見かけません。
    かなり離れた場所では雄花を確認しているんですが、まさかそこから花粉が運ばれてくるとは考えられず・・
    今年の春も引き続き探索します。

    【写真】
    ハナイカダ花筏) ハナイカダ科
    ちょっと地味ではありますが、印象に残る花です。
    別名:ヨメノナミダ(嫁の涙)
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2016/05/07 13:02:12
    Tv 1/200
    Av 4.0
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    花を見るにはタイミングが遅すぎたようです。
    右側のは花弁が落ちてしまってますね。


    ハナイカダ(花筏)


    雄花は複数の花がまとまって咲くのでもうちょっと賑やかな感じです。
    2014年に載せていますので、こちら→クリックをご覧ください。

    昨日載せた佐倉城のおまけです。


    佐倉城


    軍隊の訓練を行っていた(佐倉連隊)そうで、こんなものが佐倉城址に残っています。
    飛び降り訓練用の階段で、高さは葯3mといったところでしょう。
    足を横向きにしないと登れないくらい狭い階段です。


    コンクリートでできているため、壊せないので残ったとのこと。
    こんな訓練を真剣にやっていたのかと思うと少々滑稽な気がします。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ハナイカダ 花筏 ハナイカダ科 雌花 雄花 ヨメノナミダ 雌雄異株 佐倉城 佐倉連隊

    佐倉城(日本100名城 No.20)

  • 2017/01/22 : 日本100名城
  • 1月21日に水郷方面に出かけたので、行きがけに佐倉城址に立ち寄りました。
    場所的には東京方面から行くと佐原に行く途中でちょっと寄り道するような感じになります。
    なのでいい機会でした。


    佐倉城本丸跡


    広い原っぱのように見えますが本丸跡です。
    生垣で囲ってある部分が三重の天守閣があった跡地で、案外狭いものでした。
    残念ながら当時の建物はなくて、空堀土塁が残っています。
    現在は広大な佐倉城址公園として整備されていて、往時はずいぶん立派なお城だったのだろうと想像させてくれます。


    佐倉城址


    雲ひとつない冬晴れで、城址からスカイツリーや富士山が見えるほどでした。
    風が強めだったのでよく見えたのかもしれません。
    なお城址公園に国立歴史民俗博物館があるんですが今回はお手洗いをお借りしたのみでした。


    日本100名城スタンプ


    日本100名城のうち千葉県にあるのは佐倉城のみです。
    これで埼玉県と千葉県は制覇ということになりました。
    さて次は小田原城かな!?

    テーマ : 史跡・神社・仏閣
    ジャンル : 写真

    tag : 佐倉城 城址 千葉 日本100名城 水郷 天守閣 空堀 土塁 佐倉城址公園 富士山

    水郷・佐原

  • 2017/01/21 : 旅行・お出かけ
  • 千葉県の佐原にやってきました。
    川沿いに古い建物が残っていて、小江戸なんて呼ばれています。
    以前から知ってはいたものの、訪れるのは初めてです。


    20170121212258c80.jpg


    こちらは醤油屋さんが始めた佃煮屋さん。
    しじみにするかあさりにするか、迷った挙げ句に両方購入。
    試食したら欲しくなっちゃいますね。


    佃煮


    倉敷あたりと比べると小ぢんまりしているかな!?
    そんなに人出も多くなくてのんびりした感じでした。

    ちょっと困ったのはお昼を食べるのにお店がなかなか見つからなかったこと。
    もう少し飲食店があっあらよかったかも。

    写真は帰宅したら貼り直します。
    本日は潮来で泊まりです。

    テーマ : 旅の写真
    ジャンル : 写真

    tag : 水郷 佐原 潮来 佃煮 千葉 醤油 小江戸 しじみ あさり

    送電鉄塔をゆく(40)のおまけ~北東京変電所の鉄塔(1)

  • 2017/01/20 : 送電鉄塔
  • どうにも見出しの文字数が多くなっていけません。
    うまくまとめる能力が欠如しているようにさえ思います。
    さて、東京中線を追って到達した北東京変電所には多くの送電線が出入りしていますので、変電所をひとまわりしてみました。


    河北3.4L線1号鉄塔


    最初は河北3.4L線1号鉄塔という、なんだかよくわからない名前の送電線鉄塔です。
    写真の奥に映っている赤白鉄塔東京中線2101号鉄塔で、すぐとなりの鉄塔です。
    ここから新古河変電所までということはちょっと遠いな・・


    河北3.4L線2号鉄塔


    河北3.4L線2号鉄塔は1号鉄塔のプレートが見えなかったので送電線の名前確認のために立ち寄りました。

    さらに河北3.4L線のとなりには河北1.2L線1号鉄塔が!!
    調べてみたらこれも新古河変電所までとのこと。
    たぶん河北線が全部で4回線で、そのうちの1番2番と3番4番ってことでしょうね。


    河北1.2L線1号鉄塔


    行きに1.2L線、帰りに3.4L線をたどれば、一気に2路線制覇になるかな!?
    ただしいずれも鉄塔40基以上らしいので一日では無理でしょうね。
    うちからだと高速道路代も馬鹿にならないのでここを追いかけることはないかなと思いました。

    tag : 鉄塔 送電線 東京中線 北東京変電所 河北1.2L線 河北3.4L線 新古河変電所 高速道路 赤白鉄塔

    ヒレハリソウ(鰭玻璃草)

  • 2017/01/19 : 野の花
  • かつてコンフリーという名前で健康食品として出回っていたそうです。
    私はまったく記憶にありませんが・・
    どうやら私が子どものころらしく、知らないはずです。


    ヒレハリソウ(鰭玻璃草)


    ピロリジジンアルカロイドという有毒成分を含み、長期間大量摂取すると肝臓障害をおこすそうです。
    ということで、現在コンフリーおよびコンフリーを含む食品の販売は禁止になっています。
    独特の姿のを眺めるくらいにしておきましょう。

    【写真】
    ヒレハリソウ鰭玻璃草) ムラサキ科
    おそらく健康食品として流行ったころの名残が野生化しているのでしょう。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2016/05/05 14:48:30
    Tv 1/320
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    渦巻のような序を伸ばしながら咲いていくのせいかの期間が長いです。
    巻散序はムラサキ科の特徴で、そこら中に生えているキュウリグサも同じ構造ですね。


    ヒレハリソウ(鰭玻璃草)


    大きいものは1m近くになります。
    葉も大きく、食用になれば結構食べごたえがありそうに思えます。
    丈夫で放っておいても大きくなるので健康食品として流行ったころは儲かったんでしょうね!
    なお日本のヒレハリソウオオハリソウとの雑種が起源だそうです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヒレハリソウ 鰭玻璃草 ムラサキ科 オオハリソウ 野草 健康食品 肝臓 アルカロイド コンフリー

    送電鉄塔をゆく(40)~東京中線シリーズ3(8)「北東京変電所」

  • 2017/01/18 : 送電鉄塔
  • 前回すでにネタをばらしてしまいましたが、ついに東京中線の最終鉄塔に到達しました。
    東京中線2101号鉄塔北東京変電所の構内に建つ鋼管鉄塔です。
    運よく金網の隙間から鉄塔の番号札が撮れました。


    東京中線2101号鉄塔


    東京中線の旅もこれにて終了です。
    思えば荒川、元荒川に行く手を阻まれて2度の出直し・・やはり川は最大の障害物でした。
    なにはともあれ、めでたし、めでたし。

    時間も早いし北東京変電所をひと回りしてみることにしました。
    この変電所にはたくさんの送電線が出入りしているようなので順番にチェックです。
    なにせ自宅からは遠くて次はいつ来られるかわかりませんから・・


    北東京変電所


    次回から何度かに分けてきた東京変電所に接続している送電線を載せようと思います。

    この変電所に隣接して太陽光発電所がありました。
    白岡太陽光発電所というそうで、1500kWの発電ができるそうです。
    埼玉県内にも結構あるんですね、メガソーラーって。


    白岡太陽光発電所


    最後にもうひとつ、これも一度載せた「伏越」というやつ。
    2101号鉄塔の真ん前にその伏越があって、用水路が立体交差しているのを目の当たりにすることができます。
    ただしどうにも写真の撮りようがなく(ドローンでもあれば上から撮れるんでしょうけど)、説明書きだけ載せておきます。


    上野田伏越
    上野田伏越 posted by (C)たけぽ


    画像クリックでフォト蔵の大きい画像が開けますので、文字が読みにくい場合はそちらをご覧ください。

    変電所を一周したらちょうどお昼になりました。
    近くにコンビニがあったのでおにぎりを購入し、車を置いてある柴山沼に戻りました。

    2017年1月5日 送電鉄塔をゆく(40) 完

    テーマ : 電柱や鉄塔
    ジャンル : 写真

    tag : 鉄塔 送電線 東京中線 白岡市 白岡太陽光発電所 伏越 上野田伏越 メガソーラー 北東京変電所 荒川

    ミミナグサ(耳菜草)

  • 2017/01/17 : 野の花
  • 2015年に続いて2016年もミミナグサの時期を外しました。
    かろうじて撮ったのが今日の2カットです。
    ちょっとタイミングが遅かったようです。


    ミミナグサ(耳菜草)


    外来種のオランダミミナグサは住宅街の道端に咲いています。
    こちらは自然度の高いところでないと見られないようですね。
    ハコベに似たはそっくりですが。

    【写真】
    ミミナグサ耳菜草) ナデシコ科
    茎が長いこと、茎や萼片が赤みを帯びることでオランダミミナグサと見分けることができます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2016/05/05 13:52:01
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    いくつかのサイトを検索したら、畑や道端で普通に見られるとありました。
    オランダミミナグサならそうですが、ミミナグサは少ないんですけど・・


    ミミナグサ(耳菜草)


    ハコベに似ていますが花弁の切れ込みが浅いです。
    ナデシコ科らしい姿かなと思います。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ミミナグサ 耳菜草 ナデシコ科 オランダミミナグサ 野草 ハコベ 花弁

    送電鉄塔をゆく(40)~東京中線シリーズ3(7)「久喜線」

  • 2017/01/16 : 送電鉄塔
  • 東京中線をたどる旅もいよいよ大詰めです。
    すでに周囲にはたくさんの鉄塔が見えていて、大きな変電所が近いことがわかります。
    時間に余裕があったので、一気にゴールせずにじっくり写真でも撮って・・


    東京中線2099号鉄塔


    東京中線2099号鉄塔はすぐとなりに久喜線4号鉄塔を従えています。
    こんなに近くに2基の鉄塔が並んでいるのもそう多くないかも。
    普通なら2099号鉄塔ひとつですべての送電線を受け持つんでしょうけど、久喜線の鉄塔には18本の送電線(6回線)が架かっています。
    これに加えて東京中線もとなると、相当高さのある鉄塔でないとダメそうですね。


    東京中線2099号鉄塔


    結界画像もちょとひねくれた角度で・・
    他の鉄塔が写るようなことはめったにない、というかこういうのは初めてです。

    東京中線2100号鉄塔は堂々たる姿の鉄塔です。
    赤白鉄塔には青空が似合うと言わざるを得ないですね。


    東京中線2100号鉄塔


    上の写真を撮った場所で回れ右をすると、もう北東京変電所のフェンスが見えています。
    ゴールも見えたし柵なし鉄塔だし、ここでも結界画像を撮っておきました。
    似たような写真ばかりなので載せませんけど。

    さて次はいよいよ75基目の最終鉄塔です。

    つづく

    テーマ : 電柱や鉄塔
    ジャンル : 写真

    tag : 鉄塔 送電線 東京中線 白岡市 青空 赤白鉄塔 変電所 久喜線 結界 ポタリング

    コナスビ(小茄子)

  • 2017/01/15 : 野の花
  • ナスビと名乗ってもサクラソウ科です。
    そういわれてみると、色はさておきオカトラノオなんかとよく似た形のです。
    ごくありふれた原っぱの雑草です。


    コナスビ(小茄子)


    とはいえかわいらしいなので毎年撮っています。
    は葉腋に2個くらい咲いていて、陰に隠れてあまり目立ちません。
    そのためいっぱいあるのになかなか気がつきませんでした。

    【写真】
    コナスビ小茄子) サクラソウ科
    あまり群生しているのを見たことがありません。
    尾根沿いの遊歩道わきにびっしり生えているのを見たきり、あとはちらほら。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2016/05/05 13:38:12
    Tv 1/80
    Av 5.6
    ISO感度 1000
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    茎の長いものがナガエコナスビで、それらしいのもたまに見つかります。
    コナスビナガエコナスビを種として分類しないようですが。


    コナスビ(小茄子)


    何ヶ所かで見つけましたがおおむねは2ずつ付いていました。
    名前の由来は後の実がナスに似るということらしいですが、あまり似ていないような・・
    実は5ミリほどの丸い蒴果です。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : コナスビ 小茄子 サクラソウ科 野草 雑草 ナガエコナスビ オカトラノオ 蒴果

    送電鉄塔をゆく(40)~東京中線シリーズ3(6)「姫宮落川」

  • 2017/01/14 : 送電鉄塔
  • 東北本線を越えて、送電線は市街地と水田地帯の境目をなぞるように東に延びています。
    東京中線2096号鉄塔はまたしても用水路のような川沿いにありました。
    この川はどこかで渡った川なのか、それとも初めて出合った川なのか・・


    東京中線2096号鉄塔


    あとで調べたら姫宮落川(ひめみやおとしかわ)という名前でした。
    下流で大落古利根川に合流し、中川を経て東京湾にいたる利根川水系の一級河川であるらしい。
    検索しているうちに川の名前を調べるサイトを見つけました。
    すべての川を網羅しているんじゃないかというくらいの緻密さで、こういうのっていったい誰が作るんでしょうね。

    高岩公園を抜け、県立白岡高校沿いの道を直進して東京中線2097号鉄塔へ。


    東京中線2097号鉄塔


    この鉄塔は生垣で囲われた市立老人福祉センターの中にあるようで、どうにも視界が利きませんでした。
    公共施設とはいえ入り込むのは憚られるので、生垣の隙間から写真を撮れる場所を探しましたがどうにもなりませんでした。
    結局生垣から少し離れればよい・・というごく単純にことに気がつくのに5分くらいかかってしまったような・・・

    押してだめなら引いてみろということで。


    東京中線2098号鉄塔


    田んぼとお寺をぐるっと迂回して難なく東京中線2098号鉄塔に到着。
    東のほうにはほかの送電線の鉄塔が見えて、変電所が近づいてる気配が漂ってきました。
    ゴールは思ったよりも近かったかな!?

    つづく

    テーマ : 電柱や鉄塔
    ジャンル : 写真

    tag : 鉄塔 送電線 東京中線 白岡市 東北本線 姫宮落川 大落古利根川 高岩公園 一級河川 利根川

    ツメクサ(爪草)

  • 2017/01/13 : 野の花
  • ありふれた雑草だというんですけど、当地では案外見かけません。
    以前に咲いていた場所を思い出して行ってみたものの見つからず、他の場所で咲いているのを見つけました。
    何度か見に行ってようやくを撮りました。


    ツメクサ(爪草)


    ツメクサといったらシロツメクサにムラサキツメクサ、コメツブツメクサといったマメ科を思い浮かべます。
    でもこれはナデシコ科、なるほどを見るとハコベノミノツヅリに似ています。
    すごく小さいですけど。

    【写真】
    ツメクサ爪草) ナデシコ科
    石畳の割れ目みたいなところに咲いていました。
    生育環境がよくないのかの数が少ないし、草自体も小さかった。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2016/05/03 14:49:24
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 1000
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    久々の当ブログ初登場です。
    同じような場所ばかり歩いているので、最近は初登場がめっきり少なくなってしまいました。


    ツメクサ(爪草)


    まだまだ気がついていないだけなんでしょうけどね。
    それにしても2016年は天候不順だったとはいえ不本意なシーズンでした。
    さて今年はどうでしょうか。

    このところ寒波襲来で寒いですが、どちらかというと穏やかな冬のように思えます。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ツメクサ 爪草 ナデシコ科 野草 雑草 ハコベ ノミノツヅリ シロツメクサ 初登場

    送電鉄塔をゆく(40)~東京中線シリーズ3(5)「東北新幹線と東北自動車道」

  • 2017/01/12 : 送電鉄塔
  • 送電線をたどって埼玉県白岡市内を東に進みます。
    今回のシリーズはぜんぶ白岡市内かと思ったら、2088号鉄塔と2089号鉄塔の2基は久喜市内でした。
    久喜と聞くと埼玉県南西部の住民からするとえらく遠くに来たなと感じてしまいます。


    東京中線2093号鉄塔


    東京中線2093号鉄塔はペンキ塗りたて的な鮮やかさの鉄塔で、東北新幹線の高架のすぐ脇にありました。
    新幹線と鉄塔の両方を撮りたいなと思いつつカメラの電源を入れていると下りの新幹線が通過していきました。
    鉄塔を撮り終って少し待っていたんですが、次の列車が来ないのでカメラをしまったら今度は上りの新幹線が・・
    間が悪い時ってこんなものです。


    東京中線2094号鉄塔


    東京中線2094号鉄塔は、またしても用水路脇でした。
    さらにその先には東北自動車道が横たわっています。
    川と鉄道と高速道路は反対側に抜けるのに苦労することが多いんですが、ここは鉄塔脇に橋があり、その先が高速道路下を抜けるトンネルになっていて苦労なしでした。


    東京中線2095号鉄塔


    東北自動車道の東側に出て少し南下すると東京中線2095号鉄塔に到達。
    高さ60mの原型鉄塔です。
    この鉄塔から50mほどで今度は東北本線の線路があるんですが、ここも鉄塔の近くに踏切がありました。
    線路、川、高速道路、線路と労せずして越えられるとはめずらしい。

    つづく

    テーマ : 電柱や鉄塔
    ジャンル : 写真

    tag : 鉄塔 送電線 東京中線 白岡市 原型鉄塔 東北新幹線 東北自動車道 東北本線 久喜市 高速道路

    ジシバリ(地縛り)

  • 2017/01/11 : 野の花
  • オオジシバリはあちこちで見かけるのに、このジシバリは少ないです。
    ブログ内の検索をしたらなんと4年ぶりの登場でした。
    ありきたりのだと思っているんですけど・・


    ジシバリ(地縛り)


    写真で見たら大きさが分かりにくいですね。
    セイヨウタンポポくらいのオオジシバリに比べたら半分くらいの大きさでしょうか。
    葉も小さいです。

    【写真】
    ジシバリ地縛り) キク科
    舌状花のみのシンプルな
    オオジシバリと比べると何ともか細い感じです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2016/05/03 14:36:30
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    何度か載せていますが毎回違う場所のです。
    去年あそこに咲いていたなと思って行ってみると、ないんですよ・・


    ジシバリ(地縛り)


    地面を縛るほど咲くということらしいんですけど、日当たりが悪いのか疎らな咲きっぷりでした。
    さて、今年のも咲くでしょうか。
    4月の載せそびれは全部載せきってしまったので、今日から5月編です。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ジシバリ 地縛り キク科 野草 オオジシバリ 舌状花 5月 セイヨウタンポポ

    送電鉄塔をゆく(40)~東京中線シリーズ3(4)「伏越」

  • 2017/01/10 : 送電鉄塔
  • 工場や川に行く手を阻まれた難所を突破し、しばし平和なサイクリングを楽しみます。
    東京中線2090号鉄塔は運送会社の駐車場越しに・・
    反対側の道路際からも撮れたんですが光線の向きが悪くて没です。


    東京中線2090号鉄塔


    小さなゴルフの打ちっぱなしを回り込むと用水路沿いの道に出ます。
    少し南下すると東京中線2091号鉄塔の正面に出ました。
    それにしてもこの辺は用水路が多い・・水田地帯ですからね。


    東京中線2091号鉄塔


    おもしろいのは河川の立体交差があちこちで見られること。
    川の下を用水路がくぐる「伏越」が白岡市内だけで8ヶ所あるそうです。
    すでに徳川吉宗の時代にこの辺りで多くの伏越が作られていたというのも結構驚き。

    目の前の用水路も少し下流で隼人堀川の下をくぐっています。
    鉄塔もいいけど用水路巡りというのも面白いかもしれませんね。


    東京中線2092号鉄塔


    東京中線2092号鉄塔は原型鉄塔でした。
    この鉄塔の先に東北新幹線の高架があるんですけど、見た目に送電線の高さがもうちょっと欲しいかなという感じです。
    さしあたって次に鉄塔を建て替えるとしたらこの鉄塔あたりかな・・

    つづく

    テーマ : 電柱や鉄塔
    ジャンル : 写真

    tag : 鉄塔 送電線 東京中線 青空 水田 用水路 伏越 白岡市 隼人堀川 サイクリング

    ヤクナガイヌムギ(葯長犬麦)?

  • 2017/01/09 : 野の花
  • 苦手にしているイネ科なんですが、勇気を振り絞って掲載します。(笑)
    まぁそのくらい分からないということで・・
    しかも撮ってから8ヶ月くらい塩漬け状態だったのでなおさらです。


    ヤクナガイヌムギ(葯長犬麦)


    さてこれはイヌムギなのかノゲイヌムギなのか、ヤクナガイヌムギなのか。
    して葯が垂れているのでイヌムギではなさそう。
    葉の幅が1cm以上あったのでノゲイヌムギは消えて残るはヤクナガイヌムギとなりましたが・・

    【写真】
    ヤクナガイヌムギ葯長犬麦)? イネ科
    同定に自信がないので「?」付きです。
    特徴的にはヤクナガイヌムギが一番ぴったりくるようです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2016/04/30 13:07:09
    Tv 1/800
    Av 3.5
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    あれこれ調べてみたら、ヤクナガイヌムギノゲイヌムギと誤同定していることが多いそうです。
    また春になったらどっさり生えるでしょうから、次回はしっかり観察しましょう。


    ヤクナガイヌムギ(葯長犬麦)


    雑草以外のなにものでもないという姿ですね。
    片っ端から葯が垂れさがっています。

    昨日からの雨がやんで少し暖かくなったので丘陵歩きに行ってきました。
    これといって見るものもなく(気付かず!?)、ひたすら歩いたので運動不足の解消という面ではよかったかも。


    ノダケ(野竹)


    今日は全国各地で成人式ですね。
    かくいうわが家の長男も本日成人式に行きました。
    行くのを面倒がって文句を言っていたくせに、行ってしまえば帰ってこない。(笑)
    相変わらずあちこちで騒ぎが起きているようですが、分別のある大人になってほしいものです。

    かといって、あまり物分かりがよすぎるというのもどうかと思いますが・・

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヤクナガイヌムギ 葯長犬麦 イネ科 野草 雑草 ノゲイヌムギ イヌムギ ノダケ 成人式

    送電鉄塔をゆく(40)~東京中線シリーズ3(3)「難所」

  • 2017/01/08 : 送電鉄塔
  • 前回掲載した2086号鉄塔までは順調に進んでいきましたが、その先は思いがけず難所でした。
    次の東京中線2087号鉄塔は某企業の敷地内にあり、鉄塔の手前には樹木が植わっていて番号札の確認ができません。
    さすがに勝手に敷地内に入り込むわけにもいかず、反対側に回ってみることにしました。


    東京中線2087号鉄塔と星川


    反対側に行こうと思ったら星川に出ました。
    送電線の下に建物はないはずなので、川沿いを送電線のところまで行ってみました。
    思ったとおり建物はなくて、金網越しに2087号鉄塔の全容を見ることができました。
    残念ながら番号札が見えなかったので塔頂のプレートで代用です。


    東京中線2087号鉄塔


    コンデジのレンズを金網に突っ込んで撮りました。
    日光の当たり方がよくないけどここはこれで満足しておきましょう。
    さて、次の鉄塔は星川の対岸です。
    地図で橋を探すと、600mあまり下流にありました。
    このくらいの距離なら幸運といっていいでしょう。


    東京中線2088号鉄塔


    結局、次の東京中線2088号鉄塔までは直線で300m弱のところを2kmほどの回り道になりました。
    相変わらず一面の田んぼで、どこに道があるのかもよく見えません。
    あとでGPSのログを見たら、見事に櫛の歯をなぞるようなルートで走っていました。


    東京中線2089号鉄塔


    続く東京中線2089号鉄塔は原型鉄塔でした。
    ここも田んぼの中なので送電線の高度が必要ないせいか、小さな原型鉄塔が残っています。
    写真手前から2089、2088、2087号鉄塔で、こうしてみるとわずかな距離なんですがずいぶん自転車のペダルを漕がされてしまいました。

    つづく

    テーマ : 電柱や鉄塔
    ジャンル : 写真

    tag : 鉄塔 送電線 東京中線 青空 田んぼ 白岡市 星川 原型鉄塔 GPS コンデジ

    タチシオデ(立牛尾菜)

  • 2017/01/07 : 野の花
  • 5月の連休前後に見かけるです。
    緑色のが球状の序を形成していて、ビジュアル的にはなかなか魅力的です。
    林の中の薄暗いところに咲いていることが多いのが難ですが・・


    タチシオデ(立牛尾菜)


    新芽が山菜として利用できるそうです。
    ただ群生することがないので収量は見込めず、他の山菜のついでに収穫するくらいとのこと。
    当地でもそんなにたくさんは見られません。

    【写真】
    タチシオデ立牛尾菜) サルトリイバラ科
    初期は自立していますが成長するにつれて植物らしくなります。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2016/04/30 14:21:51
    Tv 1/250
    Av 3.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    2016年のには盛大に咲いているのを見つけました。
    こんなにたくさん咲いているのは見たことがありません。


    タチシオデ(立牛尾菜)


    全部雄花で、5本くらいの個体がまとまって生えているようです。
    さすがに一本の茎からこれだけのを咲かせることはないです。
    この日はどこもかしこも雄花ばかりで、雌花は見つかりませんでした。


    タチシオデ(立牛尾菜)


    一週間ほど経ってから雌花を見つけました。
    どんな具合に実ができるのか、想像に難くないですね。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : タチシオデ 立牛尾菜 サルトリイバラ科 植物 野草 雄花 雌花

    送電鉄塔をゆく(40)~東京中線シリーズ3(2)「急上昇」

  • 2017/01/06 : 送電鉄塔
  • それにしても柴山沼埼玉県白岡市)付近の水田地帯を行く東京中線送電線の低さには驚きました。
    田んぼの上だし、60年前はこの高さで問題なかったのでしょうか。
    まぁ今も問題が発生していないからこの高さのまま運用されているんでしょうけど・・

    とはいえ27万5千ボルトの高圧送電線ですからねぇ。
    築60年の鉄塔だし、遠からず大きな鉄塔に置き換わるのでしょう。


    東京中線2084号鉄塔


    東京中線2084号鉄塔の高さはわずか36mの原型鉄塔で、奥に見える赤白の2085号鉄塔の半分以下の高さしかありません。
    36mといったら末端の6万6千ボルトの送電線の鉄塔の中でも小さい部類です。
    高さが40m以下のものはほとんどないように思います。


    東京中線2085号鉄塔


    次の東京中線2085号鉄塔の高さは88mもありました。
    送電線は一気に2倍以上の高さに急上昇していきます。
    この鉄塔が標準以上に高いのは、周囲に工場だか倉庫だかが立ち並んでいるせいか!?


    東京中線2086号鉄塔


    大きな倉庫のような建物の間を東に進むと東京中線2086号鉄塔に着きました。
    背の高い鉄塔だし、遠くからもよく見えて迷子になる心配なし。
    この鉄塔の高さは前のと同じく88mもあり、カメラに全景を収めるだけでも一苦労でした。

    ここまではまずまず順調、幸先の良いスタートです。

    つづく

    テーマ : 電柱や鉄塔
    ジャンル : 写真

    tag : 鉄塔 送電線 東京中線 柴山沼 白岡市 原型鉄塔 水田 田んぼ 急上昇 埼玉県

    トウバナ(塔花)

  • 2017/01/05 : 野の花
  • シソ科は小さいのが多いですが、その中でも特に小さいです。
    横幅が2ミリ、長さ5ミリといったところでしょうか。
    撮りにくいし目立たないしで咲いているのに気がつかないことも多いです。


    トウバナ(塔花)


    の付き方が疎らなのも撮りにくい一因になっているかも。
    ファインダー越しに見ると肉眼で見る以上にスカスカなんですよね・・

    【写真】
    トウバナ塔花) シソ科
    多年草なので毎年同じところで咲いています。
    人里でも見られる雑草
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2016/04/30 13:56:44
    Tv 1/80
    Av 5.6
    ISO感度 800
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    同属のイヌトウバナのほうが大きなが咲きます。
    あるいはこちらのほうがイヌと言われても仕方がなかったんじゃないか!?


    トウバナ(塔花)


    昨日載せた東京中線2082号鉄塔は至近距離から見上げたところでした。
    鉄塔全体が写っているのも載せておきます。
    この鉄塔の高さは48mと、新しい鉄塔と比べると低いです。


    東京中線2082号鉄塔


    一番下の送電線は鉄塔の真ん中より上にあるので、30m弱の高さがありそうです。
    送電線はピンと張っているのではなく、カテナリー曲線を描いて垂れ下がっているので、一番低いところが半分の高さになるとすると13~4m・・
    まぁ釣り糸が引っかかってもそんなに不思議ではないかもしれませんね。

    アングラーの皆さん、送電線に気をつけましょう。
    柴山沼送電線は27万5千ボルトの裸線です。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : トウバナ 塔花 シソ科 野草 雑草 イヌトウバナ 鉄塔 送電線 柴山沼

    送電鉄塔をゆく(40)~東京中線シリーズ3(1)「空飛ぶブラックバス」

  • 2017/01/04 : 送電鉄塔

  • 飽食の正月休みを過ごしてしまったので、余分なエネルギーを燃焼するべく自転車を車に積み込んで東京中線の残りの鉄塔を追跡してきました。
    天気も上々、ちょっと暖かすぎるくらいだけど鉄塔日和です。
    しかしスタート地点が遠くなりました・・今回は埼玉県白岡市柴山沼まで車でアプローチし、そこから自転車でスタートです。


    東京中線2081号鉄塔


    前回、元荒川越しに見えた東京中線2081号鉄塔柴山沼の駐車場からもよく見えました。
    中段の腕金が長い、時代を感じるデザインです。
    そういえば只見幹線の古い鉄塔もこんなスタイルでした。
    それにしても・・はるか遠くからずらりと並んだ鉄塔を全部たどってきたんだなぁとしみじみ思い返してみる。


    東京中線2081号鉄塔


    柵なしだし、記念の写真を撮りましょおね~♪
    昭和31年の鉄塔なのでもうじき新しい鉄塔に建て替わると思われます。
    残り少ない原型鉄塔です。


    東京中線2082号鉄塔


    東京中線2082号鉄塔は柴山沼の南端に建っていて、2081号鉄塔に行く際にこの鉄塔の脇を通りました。
    「魚つり送電線注意」って、柴山沼ブラックバスは空を飛ぶのか!?
    いくら原型鉄塔の背が低いとはいえ、釣り糸が送電線に接近することはなさそうに思いますけど・・


    東京中線2083号鉄塔


    東京中線2083号鉄塔も原型鉄塔でした。
    高さ45mは、上の写真に写っている赤白鉄塔と比べると30mも低いです。
    この鉄塔も昭和31年製で、還暦です。


    東京中線2083号鉄塔


    うゎうゎうゎ、飛び上がったら送電線に届くんじゃないの!?と思うくらい低いですね。
    実際には10mやそこらはあるんでしょうけど、ちょっとしたクレーンでもひっかけてしまいそうな高さです。
    27万5千ボルトの送電線でこんなに低いのは初めて見ました。

    2017年1月4日 つづく

    テーマ : 電柱や鉄塔
    ジャンル : 写真

    tag : 鉄塔 送電線 東京中線 柴山沼 ブラックバス 元荒川 白岡市 原型鉄塔 只見幹線 正月

    タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)

  • 2017/01/03 : 野の花
  • あまりにも小さななので、たいていはスルーしてしまいます。
    しているのはお昼ころの数時間だそうですが、私の活動時間にはぴったりです。
    おかげでいつでも咲いているようなイメージを持っています。


    タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)


    黄色いはカタバミです。
    カタバミのは1cmちょっとの大きさなので、タチイヌノフグリは3mmに少し足りないくらいでしょうか。
    比較用に撮ってみました。
     
    【写真】
    タチイヌノフグリ立犬の陰嚢) オオバコ科クワガタソウ属
    外来種で、道端の雑草。漢字で表記するとちょっと・・(笑)
    非常に小さなオオイヌノフグリのミニチュアみたいです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2016/04/30 12:57:40
    Tv 1/400
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    草はほぼ直立しているのが名前の由来だそうです。
    先端付近に咲くは花茎らしいものがなくて、まるで葉に埋もれるように咲いていますね。


    タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)


    たまに色違いのも見かけます。
    ピンクっぽい色のをよく見かけますが、こういう色の花なんでしょうか。
    青い花が退色したっていうことはないか・・


    タチイヌノフグリ(立犬の陰嚢)


    正月三が日が終わりました。
    毎日どこかしら出かけているのでなんだか慌ただしかったりします。
    あと2日ばかりお休みなので、ようやくゆっくりできそうな!?

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : タチイヌノフグリ 立犬の陰嚢 オオバコ科 クワガタソウ属 オオイヌノフグリ 外来種 雑草 野草 三が日

    コメツブツメクサ(米粒詰め草)

  • 2017/01/02 : 野の花
  • 何とかツメクサというのはいくつかありますが、その中で一番小さいです。
    小さいながらもよく見るとしっかりマメ科の姿をしています。
    鮮やかな黄色もなかなか。


    コメツブツメクサ(米粒詰め草)


    黄色は膨張色だそうで、要は大きく見えるということ。
    原っぱ一面が黄色く染まるほど咲くのに、マクロレンズ越しに見ると意外なくらいスカスカです。
    もっとびっしり咲いているように見えるんですけど、錯覚なんでしょうね。

    【写真】
    コメツブツメクサ米粒詰め草) マメ科
    きれいだけど小さすぎます。
    一昨日載せたチチコグサとのコラボです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2016/04/30 12:49:19
    Tv 1/400
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    これも見慣れたなのでスルーすることが多いです。
    いつでも撮れると思っていると、いつの間にか見ごろが過ぎちゃうんですよね。


    コメツブツメクサ(米粒詰め草)


    今日は一日出かけていたので少々くたびれました。
    高速道路首都高はだいぶ渋滞したようですが、都内の一般道は車が少なくて走りやすかったです。
    首都高の料金が値上がりしたので一般道の車が増えるかと思ったんですが、そうでもないんでしょうかね・・

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : コメツブツメクサ 米粒詰め草 マメ科 野草 チチコグサ マクロ 膨張色 高速道路 首都高

    ようこそ!
    カレンダー
    12 | 2017/01 | 02
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR