セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)

  • 2017/05/05 : 野の花
  • 5月の大型連休もあと2日を残すだけになってしまいました。
    スミレもムラサキケマンもほぼ咲き終わって、セリバヒエンソウ盛りです。
    狭山丘陵では至るところで咲いていて、すっかり侵略されてしまった感があります。


    セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)


    大陸原産の外来種で、国内で野生化している唯一のデルフィニウムです。
    分布域は関東から東海あたりということですが、繁殖力旺盛なので広がっていくんでしょうね。
    色も姿も魅力的ですけど当地では少々増えすぎてしまったようです。

    【写真】
    セリバヒエンソウ芹葉飛燕草) キンポウゲ科 有毒
    デルフィニウムの語源はイルカ(ドルフィン)だそうです。
    蕾の形がイルカににているていうんですけど、いかがでしょうか。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/05/05 14:09:57
    Tv 1/160
    Av 4.0
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    を正面から見たのと真横から見たのではだいぶ印象が異なります。
    奥行きのある、立体的な造形です。


    セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)


    ありふれただし、毎年撮っているので今日はスルーしようと思っていました。
    しかしやたらめったら咲いているんですよね・・
    場所によってはセリバヒエンソウ一色になってますし、そろそろ本格的に駆除しないといけないタイミングじゃないでしょうか。


    セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)


    ・・といいつつ、都立自然公園に咲いているなので手が出せないんですけど。
    わがもの顔で咲いていると、そのうち痛い目に遭いますよ。
    スポンサーサイト

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : セリバヒエンソウ 芹葉飛燕草 キンポウゲ科 野草 外来種 デルフィニウム イルカ 有毒 連休

    ようこそ!
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR