FC2ブログ

ナンバンハコベ(南蛮繁縷)

  • 2017/10/31 : 野の花
  • いよいよ時期の野草ネタがなくなってしまいました。
    なんだかんだ言いながらもネタを確保できたんですが、今年はダメそうです。
    これは9月の初めに撮ったもので、咲いていたのは一輪のみでした。


    ナンバンハコベ(南蛮繁縷)


    どこにあるか分かっていながら見に行けないのもつらいものです。
    ひとつでも咲いていてよかったですが・・
    まだいくつか蕾があったので、タイミングが悪かったのかもしれません。

    写真
    ナンバンハコベ南蛮繁縷) ナデシコ科
    姿は確かにハコベですが、かなり大きいです。
    独特の雰囲気があるというか・・
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/09/09 13:04:55
    Tv 1/50
    Av 4.5
    ISO感度 800
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    蔓が垂れさがって若い実がたくさんできていました。
    もうちょっと早く見に行ったらたくさん咲いていたんでしょうね。


    ナンバンハコベ(南蛮繁縷)


    明日は11月突入、今年も残り2カ月になりました。
    朝晩は気温も下がって、そろそろ冬支度を始めないといけないのかなと・・
    とりあえず暖房用の灯油を買いに行くとしましょう。
    スポンサーサイト



    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ナンバンハコベ 南蛮繁縷 ナデシコ科 野草 ハコベ 写真 11月 冬支度 灯油

    わたらせ渓谷鐵道(2)~終点まで

  • 2017/10/30 : 鉄道写真
  • わたらせ渓谷鐵道桐生駅から間藤駅まで44.1km、所要時間はおよそ1時間半です。
    列車は渡瀬川沿いを進み、まさに渓谷といった景色になってきました。
    白い岩は御影石だそうで、天気がよかったらどんな色に見えただろう・・


    御影石の渓谷


    こんな渓谷の景色がしばらく続きます。
    でも走る車内から写真を撮るのは難しいですね。
    線路わきに木が多いし、窓ガラスが汚れているし・・


    足尾駅


    終点の一つ手前は足尾駅です。
    かつてはJR(国鉄)足尾線だったんですよね、そういえば。
    ここでの車内アナウンスは、「終点の間藤まで行かれましても観光スポット等はございません。」だって。


    誰もいなくなった・・


    足尾駅を出たら車内はご覧のありさまです。
    しかし、わたらせ渓谷鐵道を全線制覇するためには行くしかない。
    終点の間藤駅に到着しましたが、本当に何もなさそう・・


    間藤駅


    ここまで来ると少し紅葉が進んでいるようでした。
    それにしても寒かった・・ので、何もない駅舎の中で駅弁タイム。
    神戸駅(ごうど)でお弁当屋さんが来て、この先行っても食べるところないよ~ということで購入しました。


    間藤駅


    やまと豚弁当にはわたらせ渓谷鐵道の路線図や列車のイラスト入りの手拭いがおまけに付いています。
    そういえば同じものを車掌さんが車内販売で売りに来ていたなぁ。


    駅弁


    残念ながらカモシカの姿は見られませんでした。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道の旅
    ジャンル : 旅行

    tag : わたらせ渓谷鐵道 桐生駅 間藤駅 足尾 渓谷 紅葉 御影石 足尾線 駅弁 カモシカ

    オオミゾソバ(大溝蕎麦)

  • 2017/10/29 : 野の花
  • またしてもの週末になってしまい、ブログネタは在庫放出になっちゃいました。
    この時期から載せそびれシリーズになってしまうと越冬できない!?
    しかし2週連続で台風来襲とは・・


    オオミゾソバ(大溝蕎麦)


    9月末に撮ったオオミゾソバ、もういちど撮りに行こうと思ってそれっきりになってました。
    ほんのちょっとタイミングが早くて開しているのが少なめでした。
    このは10月に入ったあたりがちょうどいいかもしれません。

    写真
    オオミゾソバ大溝蕎麦) タデ科
    葉やミゾソバにそっくりです。
    葉柄に翼があること、花被片の先端が尖っているところが違っています。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/09/30 11:10:44
    Tv 1/200
    Av 8.0
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    当地では、ミゾソバはいたるところで見かけます。
    でもオオミゾソバは少なくて、ちょっと珍しいです。


    オオミゾソバ(大溝蕎麦)


    ミゾソバに比べてが大きくて色が濃いので華やかな印象です。
    最初はやけに派手なミゾソバだななんて思っていました。
    真っ白のもあるんですが、この日は咲いているのがありませんでした。


    オオミゾソバ(大溝蕎麦)


    これは花被片の先端だけピンクのもの。
    このくらいの色合いのもいいものです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : オオミゾソバ 大溝蕎麦 タデ科 ミゾソバ 野草 花被片 台風 写真

    わたらせ渓谷鐵道(1)~群馬県制覇!

  • 2017/10/28 : 鉄道写真
  • お天気がとても不安な土曜日でしたが、群馬方面に行ってきました。
    今年何度か出かけた群馬県わたらせ渓谷鐵道だけ未踏破で残っていたところ、珍しく家内から「わたらせ渓谷鐵道行こう」とのリクエストがありました。
    どうやらTV番組で見たらしく・・


    わたらせ渓谷鐵道@桐生駅


    まずはわたらせ渓谷鐵道の起点となる桐生に行きました。
    車で行ったんですけど桐生に着いたら8:40を過ぎていました。
    何とか8:54の間藤行きに乗れまたしたが、結構焦った・・なにしろ列車の本数が少ないですから。


    わたらせ渓谷鐵道@相老駅


    前回は桐生から2駅目の相老駅で東武線に乗り換えたので、ここから先は未踏破です。
    今日は2両編成で乗客も多く、7割くらいの座席が埋まっている感じでした。
    紅葉にはまだ早いし台風は来ているし・・それでも皆さんいらっしゃるんですね。

    我々もですが・・


    わたらせ渓谷鐵道@大間々駅


    大間々駅では桐生行き列車との交換のため4分停車です。
    わたらせ渓谷鐵道の1日フリーパスを買ったので、ちょっと駅から出てみました。


    わたらせ渓谷鐵道@大間々駅


    桐生行きが来ました。
    前回乗ったのはこの車両でした。


    パスターレ


    今日は車掌さんが乗車していて、車内販売もやってました。
    こんなの買ってみましたが、これが意外とおいしいです。
    わたらせ渓谷鐵道ご乗車の際はお試しを。


    わたらせ渓谷鐵道@沢入駅


    渡良瀬川沿いをゆっくり走って沢入駅に到着しました。
    沢入(そうり)駅は群馬県最後の駅で、この先は栃木県に入ります。
    これで群馬県内134駅全部踏破しました。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道の旅
    ジャンル : 旅行

    tag : わたらせ渓谷鐵道 桐生 群馬県 栃木県 渡良瀬川 間藤 相老 大間々 紅葉 台風

    ヤブタバコ(藪煙草)

  • 2017/10/27 : 野の花
  • タバコと名がつくものの、煙草とは関係がありません。
    葉が煙草に似ているというのが名前の由来だそうです。
    そんなに大きな葉でもないのにタバコとはって思いますが・・


    ヤブタバコ(藪煙草)


    ガンクビソウが枝に一列に咲いているような姿です。
    そういえばガンクビソウキセル雁首に似ているというのが由来でした。
    コヤブタバコとか、キク科にはタバコと名の付く植物がいくつかあります。

    【写真】
    ヤブタバコ藪煙草) キク科
    当地では林縁で普通に見られます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/09/18 13:50:01
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 320
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    小さなの前に小さなクモがいました。
    狙っているのは小さなアリでしょうかね。


    ヤブタバコ(藪煙草)


    個々の頭をアップで見たらガンクビソウと見分けがつきません。
    が枝にずらっと並んでいたらヤブタバコ・・
    この草は全体の姿もちょっと面白いです。


    ヤブタバコ(藪煙草)


    地面から垂直に茎が伸びて、あるところでまるで雨傘が開くように水平に枝を伸ばします。
    このままの姿で枯れてしまうので、冬場に見るとその姿がよくわかります。
    ・・ということで、いよいよブログネタが品切れ寸前なんですが、また雨の週末らしいですね。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヤブタバコ 藪煙草 キク科 野草 ガンクビソウ コヤブタバコ 煙草 キセル 雁首

    ノブキ(野蕗)

  • 2017/10/26 : 野の花
  • 地味ななんですが、なぜか毎年撮ってアップしています。
    昨日載せたイシミカワなんて、もっと登場回数が多くてもよさそうに思いますが・・
    特にえこひいきする理由もないですが。


    ノブキ(野蕗)


    もっとたくさん撮ったような気がしたんですが、の写真はこれ1カットだけでした。
    ピントがやや甘くて眠い写真なので載せるのはちょっと気が引けます。
    ブログネタがほぼ払底してしまったので選り好みする余裕がなくなってしまいました。

    【写真】
    ノブキ野蕗) キク科
    キク科の例にもれず小が集まって頭を形成しています。
    の周囲が雌花、中心が両性花で、雌花だけが結実します。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/09/18 13:25:34
    Tv 1/40
    Av 7.1
    ISO感度 3200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    頭花の周囲を取り巻く雌花だけが結実するので、こんな実ができるんですね。
    棘の生えたズッキーニか、鬼の金棒か・・


    ノブキ(野蕗)


    いずれにしてもこの腺毛はベタベタくっつきそうですね。
    咲きかけの花あり、すでに結実しているのあり・・
    同じ場所でも育ち方が違うものです。


    ウスヒラタケ?


    このキノコウスヒラタケでしょうか。
    なんだかおいしそうに見えました。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ノブキ 野蕗 キク科 野草 雌花 両性花 ズッキーニ キノコ ウスヒラタケ

    イシミカワ(石実皮)

  • 2017/10/25 : 野の花
  • 当地では湿ったところならどこにでもあるというくらい普通の植物です。
    見慣れた植物のせいか、ここに載せるのは何と5年ぶりです。
    そんなに長いこと撮っていなかったっけ!?


    イシミカワ(石実皮)


    たぶんまったく目立たないのせいでしょうね。
    開いていてもせいぜいこのくらいで、せっせと探さないと見つからなかったりします。
    咲いていたら撮ろうなんて思っていると季節が過ぎて・・

    【写真】
    イシミカワ石実皮石見川石膠) タデ科
    三角形の葉に鋭い棘のある蔓と、ママコノシリヌグイに似ています。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/09/18 12:55:37
    Tv 1/80
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    が地味な分を実の美しさが補ってくれています。
    これは色付きつつあるところで、完全に青くなり切っていないのが混じっています。


    イシミカワ(石実皮)


    最終的にはコバルトブルーになるのですけど、私はこの状態の実が一番好きです。
    これを撮ってから1ヶ月ほど経過してしまったので、今はどうなっていることか。
    延々と降った長雨が恨めしい・・


    イシミカワ(石実皮)


    大型台風が去ったと思ったら、また週末に台風が来そうです。
    週末の天気は台風がいつどこで東に進路を変えるかが肝だとか。
    さてどうなることやら。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : イシミカワ 石実皮 石見川 石膠 タデ科 野草 ママコノシリヌグイ コバルトブルー 台風

    オオニガナ(大苦菜)

  • 2017/10/24 : 野の花
  • ここ数年、秋のレギュラーメンバーに定着しています。
    草丈が大きくて舌状だけのは色が鮮やかなせいかボリュームがあるように見えます。
    舌状のかずはそんなに多くはないと思うんですけど・・


    オオニガナ(大苦菜)


    タイミングが悪かったようで、まだ蕾があったものの開しているのはわずかでした。
    大半が咲き終わったもので、ちょっと残念・・
    まぁ今年も載せました、ということで。

    【写真】
    オオニガナ大苦菜) キク科
    大きなニガナと言われたら、そういう風に見えるかもしれません。
    いかにもキク科らしいです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/10/09 12:26:01
    Tv 1/640
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    毎年10月10日ころに撮っているので、今年も例年並みの時期みたいです。
    まーそれにしてもよくの続いた10月でした。


    オオニガナ(大苦菜)


    これだけ降ったら植物にも影響があるんじゃないかと思ってしまいますがどうなんでしょう。
    昨年のようにあちこちで土砂崩れが起きるほどではなかったとはいえ・・


    ツマグロヒョウモン(♀)


    ツマグロヒョウモン(♀)がやってきました。
    オオニガナと一緒に撮ろうと思ったら、花が隠れてしまいました。
    そんなに小さな花ではないんですけどね。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : オオニガナ 大苦菜 キク科 ニガナ 野草 ツマグロヒョウモン 絶滅危惧 湿地

    カントウヨメナ(関東嫁菜)

  • 2017/10/23 : 野の花
  • 超大型台風は朝の通勤時間にちょうどわが家の真上あたりにいました。
    でも雨は降っていませんでした。
    さすがに風はすごくて、野分のあしたこそをかしけれ、なんていう呑気な状況ではなく・・


    カントウヨメナ(関東嫁菜)


    いつもより早く家を出たら電車もあっけないほど普通に動いていて、いつもより早く職場に付きました。
    あと15分早く出ると電車も空いているようです。
    でもその15分がつらい・・朝はね。

    【写真】
    カントウヨメナ関東嫁菜) キク科
    湿地や田んぼなどの湿ったところで咲いています。
    ユウガギクほどたくさんは咲きません。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/09/30 10:50:39
    Tv 1/160
    Av 8.0
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    台風が通り過ぎてようやく晴れ間が出ました。
    ずっと雨続きでしたがようやく晴れる日が続くようです。
    心の中までカビが生えそうだったので、まずはよかった・・


    カントウヨメナ(関東嫁菜)


    雨続きのおかげでブログネタがなくなりました。
    とりあえず若干のストックがあるので、未掲載のものを載せていきます。
    冬場は鉄塔と乗り鉄記だけになっちゃうかも!?


    カントウヨメナ(関東嫁菜)


    コアオハナムグリでしょうか、ご馳走を独り占めという感じですね。
    気がつけば10月も下旬、秋のも残りわずかです。
    せっかく晴れても肉離れした脚がまだ痛く・・

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : カントウヨメナ 関東嫁菜 キク科 野菊 野草 台風 肉離れ ハナムグリ ユウガギク

    ときわ路パス乗り鉄記(8)~取手に帰還!

  • 2017/10/22 : 鉄道写真
  • 佐貫駅で関東鉄道竜ケ崎線の車両に乗り込んでみると・・
    なんだこれは、このつり革は!


    コロッケつり革


    ぶら下がっているすべてのつり革コロッケが付いています。
    竜ケ崎ご当地グルメなんですね、これは知らなかった・・
    もし竜ケ崎駅の近くで食べられたらここで夕飯でいいかなとか思っているうちに終点の竜ケ崎駅に到着しました。


    関東鉄道竜ケ崎駅


    しかし、駅から一歩出たら、なんだか暗くてよくわかりません。
    客待ちのタクシーが何台かいて、飲み屋らしいお店はあったものの、ここではコロッケと白いご飯にありつけないかなという感じでした。


    竜ケ崎駅


    折り返しの佐貫行きの発車まで3分しかないので、ここは即決。
    コロッケは断念しました。
    仕方がない、取手まで戻って何か食べよう・・


    常磐線佐貫駅


    佐貫発18:06上野行きでスタート地点の取手に戻りました。
    いやぁ、結構な長旅でした。
    かなり頑張りましたが鹿島臨海鉄道も水郡線も丸々残っています。
    茨城県、侮りがたし。


    取手駅


    駅の近くで食事をして帰宅の途につきました。
    さすがに取手まで来ると列車の本数が違います。
    時刻表を確認する必要がないくらい東京方面への列車が出ています。


    取手駅


    取手がゴール・・といいつつ、ここから常磐線、武蔵野線を乗り継いで自宅まで2時間ちょっとかかります。
    ときわ路パス、お値段の何倍も楽しませていただきました。

    さて、次はどこに行きましょうか。
    とりあえず左脚の肉離れが治らないとね・・

    (完)

    テーマ : 鉄道の旅
    ジャンル : 旅行

    tag : ときわ路パス 乗り鉄 関東鉄道 竜ケ崎 コロッケ 佐貫 取手 つり革 ご当地グルメ 茨城県

    ユウガギク(柚香菊)

  • 2017/10/21 : 野の花
  • 優雅じゃなくての香りと書きます。
    が咲く前の葉を揉むとのような香りがするってことなんですが・・
    私は青臭いだけにしか思えませんでした。


    ユウガギク(柚香菊)


    当地の野菊の中では開が一番早い部類です。
    数も多くてあちこちで見かけます。
    最近は少し減っているように感じていますがどうでしょうか。

    【写真】
    ユウガギク柚香菊) キク科
    よく目にするせいか、野菊といったらこのを思い浮かべます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/10/09 12:05:29
    Tv 1/250
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    このもちょっと時期が遅かったかなと思いましたが、次々咲くのでまだ大丈夫でした。
    枝分かれしてたくさんが咲きます。


    ユウガギク(柚香菊)


    このところの雨続きにふくらはぎの肉離れもあって、出かけようがありません。
    一体いつまで雨が続くんでしょうね。
    すごい台風が来ているようだし、丘陵のは大丈夫だろうか・・

    明日が出かけないといけない用事があって、よりによってなんでこの日なんだ!?と言ってみてもお天気ばかりはどうしようもありません。


    ユウガギク(柚香菊)


    こういうのもピント合わせる位置をちゃんと決めて撮らないと訳が分かんなくなっちゃいますね。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ユウガギク 柚香菊 キク科 野草 野菊 優雅 台風 肉離れ

    ときわ路パス乗り鉄記(7)~竜ケ崎へ

  • 2017/10/20 : 鉄道写真
  • 常陸太田から水郡線水戸に戻ったらもう4時前で、日が傾きかけていました。
    彼岸も過ぎたし陽が落ちるのも早いわけです。


    水郡線@水戸駅


    この日3度目の水戸駅に15:53に到着。
    ディーゼルカーを堪能した1日でしたが、快適さでいえばこのキハE130系が一番でした。
    運行会社の資金力が違いすぎるのか・・


    常磐線上野行き@水戸駅


    水戸発16:06の常磐線上野行きに乗ります。
    1両か、せいぜい2両編成の列車ばかりだったので常磐線の15両編成は異様に長く感じました。
    1両20mなので全長300mってことになりますか。


    土浦市付近


    この日は土浦あたりで花火大会があったらしく、途中から乗り切れないくらいの満員状態になりました。
    ほとんど土浦で降りちゃったので再び平和がよみがえり・・
    暮れなずむ土浦の町・・夕方5時過ぎです。


    常磐線佐貫駅


    佐貫駅17:18、ここで関東鉄道竜ケ崎線に乗り換えます。
    で、JR佐貫駅の案内看板に従って関東鉄道の駅に向かうと・・
    ええっ、ここで合ってるの、ラーメン屋の勝手口じゃないですよね!?


    関東鉄道佐貫駅へ・・


    なんだか裏口から入ったような感じでしたが建物の中に入ると普通の駅で、券売機あり改札あり・・
    竜ケ崎プラザホテルの建物の一角が駅舎になっているのでした。
    佐貫発17:37の竜ケ崎行きに乗ります。


    関東鉄道竜ケ崎線佐貫駅


    ここも1両だけのディーゼルカーで、途中に入地駅があって2つ目の竜ケ崎駅で終点、所要時間は片道7分ほどです。
    この日の最初のほうに乗った関東鉄道常総線(水海道~下館)の車両に似ています。
    ただひとつ、決定的に違うのは内装で・・

    (つづく)

    テーマ : 鉄道の旅
    ジャンル : 旅行

    tag : ときわ路パス 乗り鉄 水戸 水郡線 常磐線 佐貫 竜ケ崎 関東鉄道 土浦 ディーゼルカー

    メナモミ(雌生揉、雌菜揉)

  • 2017/10/19 : 野の花
  • アップで見るとものすごい数の腺毛があって、いかにもベタベタくっつきそうです。
    10月9日に撮りましたがはもう終わりかけでした。
    マクロで撮ると興味深い姿なので好きなのひとつです。


    メナモミ(雌生揉、雌菜揉)


    もうちょっと早い時期に見られたらきれいだったんでしょうね。
    だいぶくたびれた感じになっていました。
    個体数はたくさんあったもののが茶色くなっていたのが多かったです。

    【写真】
    メナモミ雌生揉雌菜揉) キク科
    よく似た植物でコメナモミというのがあります。
    アップで見たら見分けがつかないですが、開出毛の有無で見分けられます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/10/09 12:18:24
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    メナモミ茎に開出毛がびっしり生えているので見分けのポイントかと。
    それに図体も大きいし。


    メナモミ(雌生揉、雌菜揉)


    今年はの付きがよかったようで、見ごろのタイミングで撮れなかったのが惜しい・・
    コメナモミも同じ場所に咲いています。
    撮ったと思っていたら全部メナモミでした。


    味噌ぶた丼@秩父


    土曜日に秩父まで味噌ぶた丼を食べに行ってきました。
    今回は大盛りにしたら、やはりちょっと多かった・・
    ほとんど並ばずに食べられたのは天気が悪かったせいでしょう。
    炭火で焼いた味噌漬けの豚肉はクセになる味です。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : メナモミ 雌生揉 雌菜揉 野草 コメナモミ 開出毛 マクロ 秩父 味噌ぶた丼

    ときわ路パス乗り鉄記(6)~水郡線

  • 2017/10/18 : 鉄道写真
  • ひたちなか海浜鉄道を制覇後、常磐線で13:56に水戸に戻りました。
    このくらいで帰ってもいいところなんですが、この日は家族全員でかけているから晩飯食って帰れ指令が出ていました。
    もうちょっと遊べるな・・


    水戸駅@常磐線


    水戸から出ている路線は福島の郡山に行くJR水郡線と、鹿島神宮に行く鹿島臨海鉄道のいずれかです。
    本当は鹿島神宮に行きたいところでしたが片道1時間半はかかるし列車の本数も少ない・・
    水郡線常陸太田に行く支線があってこれならいけるかも!?


    水戸駅@水郡線


    ということで水戸発14:15の水郡線郡山行きに乗車しました。
    できれば郡山まで行きたいところですが片道3時間となると・・
    これは10月1日に掲載した水戸城(←クリック)を訪れた際に撮ったあの列車です。


    水郡線上菅谷駅


    まさか一週間後に乗ることになろうとは思いませんでした。
    水戸から6番目の上菅谷駅で常陸太田行き(左)に乗り換えです。
    これも同じキハE130系の2両編成でした。


    水郡線常陸太田駅


    乗り換えて5駅、15:08に常陸太田駅に到着しました。
    そうだよ、水郡線には太田支線があったんだよ・・
    常陸太田に行く支線には終点含めて5つの駅があるものの、全部1番線のみで列車がすれ違えるところが1ヶ所もありません。


    常陸太田駅


    なかなか立派な駅舎です。
    乗降客も水郡線の中では多いということなので、どこかで列車のすれ違いができるようにして本数増やせば利用客も増えるんじゃないでしょうかね。
    というのは甘い考えかな!?


    久慈川


    久慈川の鉄橋から。
    郡山に行く水郡線は奥久慈清流ラインなんていう愛称がつけられています。
    いずれそのうち、その清流を眺めに行くことにしましょう。

    時間が押してきたので常陸太田発15:14の水戸行きに乗って引き返します。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道の旅
    ジャンル : 旅行

    tag : ときわ路パス 乗り鉄 水戸 常磐線 水郡線 キハE130 常陸太田 郡山 久慈川 鹿島臨海鉄道

    ミゾソバ(溝蕎麦)

  • 2017/10/17 : 野の花
  • 当地では湿地田んぼの周辺など、湿っている場所ではどこにでも見られるといっていいくらいのです。
    その割にはきれいに開しているのに巡り会うことが少ないような・・
    美しいですが控え目に咲くところはいかにもタデ科らしいです。


    ミゾソバ(溝蕎麦)


    この秋はフィールドに出られるチャンスが少なくて、いっぱい咲いているのになかなか撮る機会がありませんでした。
    ミゾソバもそろそろ終わりなので、今年はもう撮れないかなと思っています。
    とりあえず咲いていてよかったです。

    【写真】
    ミゾソバ溝蕎麦) タデ科
    弁のように見えるのは萼です。
    蝋細工のようで美しいです。
    別名のウシノヒタイは葉の形が牛の顔に似ているところから。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/10/09 12:59:31
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    日が当たっているを撮るのは難しいんですけど敢えて・・
    他の2枚はちょっと影になっているところで咲いていたのものです。


    ミゾソバ(溝蕎麦)


    最後はお決まりの輪生して咲いているところを。
    もうちょっと花がたくさん並んでいるとよかったんですけど、今年はこんなものです。


    ミゾソバ(溝蕎麦)


    一昨日、不覚にも左ふくらはぎ肉離れ、やっちゃいました。
    幸いにして程度は軽かったものの、痛み止めやら何やら3種類ほど薬をもらって飲んでいます。
    今シーズンのフィールド復帰は絶望的か!?

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ミゾソバ 溝蕎麦 タデ科 ウシノヒタイ 野草 湿地 田んぼ 肉離れ ふくらはぎ

    ときわ路パス乗り鉄記(5)~ひたちなか海浜鉄道

  • 2017/10/16 : 鉄道写真
  • 常磐線勝田駅に12:32に到着、乗り継ぎのひたちなか海浜鉄道阿字ヶ浦行きの乗り換えには8分の余裕があります。
    勝田駅の改札の前に売店があったのでお昼ご飯を調達しました。
    12:40発阿字ヶ浦行きは1両編成のディーゼルカーでいかにものどかな雰囲気・・


    ひたちなか海浜鉄道@勝田駅


    と思ったら車内は満席、おばさま軍団がにぎやかです。
    そうか、みんな那珂湊おさかな市場に行くんですね。
    そういえば私は一週間前に車で訪れて、お寿司食べて魚をたくさん買ったのでした。
    思ったとおり、那珂湊駅で大方の乗客が降りてしまい、その先は静かなローカル線の佇まいになりました。


    キハ3710@阿字ヶ浦駅


    13:07、終点の阿字ヶ浦駅に到着しました。
    車両はキハ3710、み「3」、な「7」、と「10」の語呂合わせだそうです。


    阿字ヶ浦駅


    雨が止んで、いつの間にか青空が広がっていました。
    駅前にベンチがあったので、勝田駅で買ったおにぎりでお昼を済ませました。

    阿字ヶ浦駅の駅名標はこんなです。


    阿字ヶ浦駅の駅名標


    ひたちなか海浜鉄道の全10駅とも、それぞれの駅の特徴を取り入れたデザインの駅名標になっていて面白いです。
    鉄道会社のホームページで見られますのでここには載せませんが。


    高田の鉄橋


    鉄橋の先、道路の高架下に駅があります。
    2014年にできた高田の鉄橋駅で、この鉄橋の名前がそのまま駅名になっているのはなかなかユニークというか分かりやすいというか。

    阿字ヶ浦発13:19に乗って勝田駅に13:46に戻りました。


    勝田駅に戻ると・・


    到着とともにどどっと那珂湊方面に向かう乗客が乗りこんでいきます。
    でも戻ってくるときは那珂湊駅から乗ってきた人は少なかったんですけどね。
    まだ帰るには早い時間だったんでしょうか。

    すみませーん、通してくださーい、水戸行きの乗り換え時間が3分しかないんです。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道の旅
    ジャンル : 旅行

    tag : ときわ路パス 乗り鉄 ひたちなか海浜鉄道 勝田 那珂湊 阿字ヶ浦 おさかな市場 常磐線 キハ3710 駅名標

    タカアザミ(高薊)

  • 2017/10/15 : 野の花
  • 今年のタカアザミは小ぶりな個体ばかりでした。
    時には2mを超えるような大物もあるんですが、今年はちっちゃいなと思うものばかりで、どうしちゃったんでしょう。
    せいぜい1mくらいでの数も少なめに思えました。


    タカアザミ(高薊)


    このを見に行くタイミングとしては少々遅すぎでした。
    のいい時期にタイミングを合わせて見に行くというのは難しいですね。
    週末しか動けないのでなおさらです。

    写真
    タカアザミ高薊) キク科
    北海道長野県以北の本州に自生とのことです。
    東京では珍しい植物といっていいと思います。
    当地では2ヶ所で見ましたが、うち1ヶ所はここ数年姿を見ていません。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/10/09 12:28:36
    Tv 1/250
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    これは今年見た中ではまずまずの個体でした。
    とはいっても1mちょっとくらいでしたが。


    タカアザミ(高薊)


    寒冷な気候を好む植物のようなので、温暖化が進むと消えてしまうかもしれませんね。
    とりあえずを見ることができたのでよかったです。

    すでに大きな綿毛を飛ばしているのもありました。


    タカアザミ(高薊)


    よく見ると中心から放射状に伸びた毛には細かい毛がたくさん生えています。
    これで風を捉えて遠くに飛ぶんでしょうね。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : タカアザミ 高薊 キク科 野草 綿毛 温暖化 写真 北海道 長野

    ときわ路パス乗り鉄記(4)~SLもおか号

  • 2017/10/14 : 鉄道写真
  • 真岡鐵道を制覇したので茂木から折り返し、次の目的地に向かいます。
    そういえば真岡線にはこんな駅がありました。


    益子駅


    益子駅といえば益子焼、あの横川駅の峠の釜めしの釜は益子焼です。
    ちなみに益子焼のルーツは茨城の笠間焼だそうです。


    真岡駅


    真岡駅に10:47着で、発車は11:03と結構時間があります。
    行きに切り離した2両目を増結するのかと思ったらそういう気配はありません。
    下館方面からSLが来るのを待つのでした。


    真岡は栃木県


    時間があるので駅の外をぶらぶらしてみました。
    こんなのぼりがありました・・そうか、真岡も益子も栃木県でしたね。
    そもそも真岡鐵道の大半が栃木県内で、全線がときわ路パスの範囲になっているのはすごく得した気分になりました。


    SLもおか号@真岡駅


    下館方面からC12(66号機)がけん引するSLもおか号がやってきました。
    秩父鉄道のC58に比べると小さな機関車です。
    80年以上経っていますがとてもきれいに磨き上げられている感じです。


    友部行き@下館駅


    下館着11:26、水戸線の友部行き11:30発に乗り換えました。
    通勤電車風の車両なのでちょっと味気ないような・・


    勝田行き@友部駅


    終点の友部に12:08着、常磐線の勝田行き12:11発に乗り換えます。
    ここは接続時間3分、同じホームの反対側なので余裕の乗り換えでした。
    下館も友部もトイレにも行けないくらい接続抜群です。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道の旅
    ジャンル : 旅行

    tag : 乗り鉄 ときわ路パス 常磐線 真岡鐵道 SLもおか C12 益子焼 真岡 下館 水戸線

    ノハラアザミ(野原薊)

  • 2017/10/13 : 野の花
  • 当地でに咲くアザミといったら圧倒的にこのです。
    この時期はどこを歩いても一度ならずどこかで咲いているのを見かけます。
    他のアザミは生育地が限られていて、数もそれほど多くありません。


    ノハラアザミ(野原薊)


    これは10月に入ってから撮ったので、若干出遅れ感があります。
    もうちょっと早い時期に撮ったほうがよかったかもしれません。
    きれいに咲いているのを探すのに時間がかかりました。

    写真
    ノハラアザミ野原薊) キク科
    ここまで棘で武装しないといけないんでしょうかね・・
    はとても美しい色だと思います。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/10/09 12:08:40
    Tv 1/400
    Av 8.0
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    まとまって咲いていると見栄えがするんですが、これが限度でした。
    咲き終わっているも多かったです。


    ノハラアザミ(野原薊)


    最後の1枚は9月9日に撮ったものです。
    やっぱり早い時期ののほうがきれいかなぁ・・
    まだ咲き始めで、もう少し経ったら撮りなおそうと思いつつ10月になっちゃいました。


    ノハラアザミ(野原薊)


    今週も週末がやってきましたが、お天気がよくないみたいです。
    も後半に入るので一週動けないのはつらいんですけど、こればかりはどうにもなりません。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ノハラアザミ 野原薊 キク科 野草 ノアザミ アザミ 写真

    ときわ路パス乗り鉄記(3)~茂木へ、それと蕎麦畑

  • 2017/10/12 : 鉄道写真
  • 8:52に下館を出発した2両編成のディーゼルカーは9:18に真岡駅に到着しました。
    ここで5分停車、ちょっと長いなと思ったら「切り離すので前の車両に移ってください」とのこと。
    2両編成を1両ずつに切り離す作業を行うのでした。


    真岡駅


    切り離し作業完了!
    真岡線は基本的に1両だと思っていたので、2両編成はちょっと意外でした。
    真岡から終点の茂木までは1両だけで走っていきます。


    C12


    切り離した2両目を置き去りにして茂木に向けて出発~。
    たまたま隣にC12がいました・・昭和8年製だそうで、保守すると長持ちするものですね。
    客車の先にディーゼル機関車がついていて下館までけん引していき、折り返しはSLがけん引です。


    茂木


    下館から終点の茂木まで、片道の運賃は1030円でした。
    真岡線往復だけでおつりがくる「ときわ路パス」、やるな。


    モオカ14@茂木駅


    10:01に終点の茂木駅に到着しました。
    下館から1時間以上かかっているんですが、そんな気がしないです。


    茂木駅


    なかなか立派な駅舎です。
    茂木というとツインリンクもてぎというサーキットくらいしか思い浮かびません。
    歩いて行ける距離でもなく、先も長いので10:08発の下館行きで折り返しました。


    沿線のソバ畑


    関東鉄道に乗っているときから驚いたのは沿線にソバ畑がたくさんあったこと。
    蕎麦って茨城の名物だったんですか!?
    どこかでおいしい蕎麦が食べられたのかしらん・・

    (つづく)

    テーマ : 鉄道の旅
    ジャンル : 旅行

    tag : 乗り鉄 下館 ときわ路パス 茨城 関東鉄道 真岡 茂木 ツインリンクもてぎ 蕎麦 C12

    シロヨメナ(白嫁菜)

  • 2017/10/11 : 野の花
  • 今年も野菊の季節が来ました。
    そろそろシロヨメナが咲いているだろうと思って、毎年撮っている場所に行ってみました。
    一昨年に草刈りに遭いましたが、しっかり復活しています。


    シロヨメナ(白嫁菜)


    を見たらシラヤマギクにそっくりです。
    一番違うのは葉の形で、シラヤマギクは根元に近いほうの葉が丸っこいですがシロヨメナは細長くて鋸歯があります。
    今度の週末はノコンギクも咲いているかな・・

    【写真】
    シロヨメナ白嫁菜) キク科
    総苞の形状が円筒形なのも特徴のひとつかと。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/10/09 13:16:28
    Tv 1/500
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    昨年すごい群生地を覚えたんですが時間の関係上訪れることができませんでした。
    まーまたチャンスがあればということで。


    シロヨメナ(白嫁菜)


    野菊の仲間はよく似ているのが多いですが、幸か不幸か当地ではそんなに種類がありません。
    ポイント押さえれば見分けは大丈夫・・
    ですが他の場所に行ったらなんだかよくわからない、なんてことになりそうな。


    シロヨメナ(白嫁菜)


    もいよいよ後半戦突入の感が濃厚です。
    あれこれ撮りに行きたいところですが次の週末は雨の可能性が高いようで・・

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : シロヨメナ 白嫁菜 キク科 野草 野菊 シラヤマギク ノコンギク

    ときわ路パス乗り鉄記(2)~下館の乗り換えは・・

  • 2017/10/10 : 鉄道写真
  • 取手駅を6:58に発車した常総線の気動車は、定刻の7:30に水海道駅に到着しました。
    すでにとなりには次に発車する取手行きがスタンバイしています。


    水海道駅


    水海道下館行きに乗り換えました。
    接続時間は20分、まぁこのくらいの待ち時間があったほうがゆったりできていいです。
    写真もゆっくり撮れますしね。


    水海道発下館行き


    下館行きがやってきました。
    1両だけのディーゼルカーで、水海道から先は単線になります。
    やはり常磐線で東京方面に行く需要が圧倒的に多いんでしょうね、列車の本数もぜんぜん違います。


    キハ2401


    キハ2401ですか・・
    トランシスは車両を製造した新潟トランシス社で、鉄道車両ではおなじみの企業です。
    ・・マニアには、ですかね。(笑)

    水海道発7:50の下館行きは茨城の田園地帯をまっすぐ北上していきます。
    土曜日の朝だったので高校生が多かったですが、ここの学生さんはお行儀よかったです。
    みんな下妻で下車してしまいました。


    関東鉄道キハ2401@下館駅


    8:48に下館駅に到着、水海道から先のほうが2倍ありました。
    ここでJR水戸線を飛び越えて真岡鐵道に乗り換えですが、接続時間が4分しかありません。
    お手洗いを済ませてホームに走ったら発車寸前でした。


    モオカ14型@下館駅


    でも写真は撮りましたけど。
    しかし緑の市松模様ってのもなかなか大胆な・・
    真岡鐵道はかつてのJR真岡線で、いわゆる第3セクターってやつです。


    真岡鐡道


    まっすぐなレールが2本だけで電柱もありません。
    下館発8:52の茂木行きは2両編成のディーゼルカーでした。
    真岡鐵道は下館以外で他の路線に接続していないので、終点の茂木まで行ったら折り返しで戻ってくることになります。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道の旅
    ジャンル : 旅行

    tag : 関東鉄道 取手 水海道 ときわ路パス 茨城 下館 下妻 気動車 真岡鐵道 ディーゼルカー

    クコ(枸杞)

  • 2017/10/09 : 野の花
  • 3連休の3日目にしてようやくフィールドに出られました。
    期待していたが見つからなかったり、そういえばこんなもあったよねというのが咲いていたり・・
    クコもこの時期だっけと思い出しました。


    クコ(枸杞)


    いつも撮っている場所はが少なくて、咲いていたのは数本の枝先だけでした。
    なんだか萎れかけてるようなばかりでした。
    でも思いがけずちょっと離れたところでも咲いているのを見つけました。

    【写真】
    クコ枸杞) ナス科
    クコの実は非常に栄養価が高いそうです。
    そこそこの数が生えているんですが実ができているのはまだ見たことがありません。
    別名をウルフベリーゴジベリーとも。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/10/09 12:40:45
    Tv 1/250
    Av 4.5
    ISO感度 800
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    なかなかたくましい植物だそうで、徐々に群落が大きくなっているようです。


    クコ(枸杞)


    こちらのは今日見つけた場所で撮ったものです。
    前からあったのか、まだ小さな木だったので最近生えてきたのか・・
    小川のほとりで湿り気も多いし陽当たりもまずまず、これから大きくなるかなと期待しています。


    クコ(枸杞)


    鮮やかな赤紫色が美しいです。

    野菊が次々登場してきて、の花がピークを迎えています。
    10月下旬になると花の種類が一気に減るので次の週末に撮り溜めしておかねば~。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : クコ 枸杞 ナス科 ドライフルーツ ウルフベリー ゴジベリー 小川 野菊

    ときわ路パス乗り鉄記(1)~茨城へ

  • 2017/10/08 : 鉄道写真

  • 10月7日の土曜日、関東地方は前日からの雨が残る朝でした。
    雨じゃフィールドにも出られないしこれは乗り鉄だな・・ということで北関東攻略第3弾として茨城県の私鉄中心に行ってみることにしました。
    スタートは茨城県の玄関ともいえる取手駅なんですが、さてどうやって取手まで行くかが最初の問題です。


    初電で出発


    車で行くことも考えましたが、高速代や駐車場代を考えたら電車で行くのが一番安くて早くて楽という結論になりました。
    すっかりおなじみになった4:54の準急で池袋に行き、山手線で日暮里に出て常磐線に乗り換えると6:43に取手駅に行けます。
    予定どおり日暮里駅6:07発の水戸行きに乗車しました。


    水戸行き@日暮里駅


    取手駅に到着すると相変わらず雨が降り続いています。
    昼くらいには止むような予報ですが・・


    取手に到着


    まずは目当ての「ときわ路パス」という茨城県内の鉄道が1日乗り放題のきっぷを買いました。
    歳をとるというのは悪いことばかりではないようで、JR東日本の「大人の休日俱楽部」の会員になったら一般の500円引きの1650円です。
    これで茨城県内どこでも行けますからタダ同然といってもいいかも。


    ときわ路パス


    まずは関東鉄道常総線で下館を目指します。
    取手発6:58の水海道行きは2両編成のディーゼルカー(キハ2300)です。
    この路線に乗るのは2度目なんですが、前回は四半世紀も昔のことなのでディーゼルカーが走っていたことくらいしか覚えていません。


    関東鉄道キハ2300@取手駅


    水海道までは複線で、土曜日の朝でも1時間に5本と列車の本数は多いです。
    でもその先の乗り継ぎを考えるとこの時刻に乗るしかないという列車です。
    雨の中、ディーゼルエンジンが唸りをあげて水海道に向けて発車しました。

    そういえば以前は「水海道市」ってありましたが今は「常総市」なんですね。
    子どものころ地図を見て、なんでこんなところに「ほっかいどう」!?と読み間違えたのを思い出しました。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道の旅
    ジャンル : 旅行

    tag : 乗り鉄 取手 ときわ路パス 大人の休日倶楽部 茨城 関東鉄道 キハ2300 水海道 日暮里 常磐線

    キバナアキギリ(黄花秋桐)

  • 2017/10/07 : 野の花
  • 毎年撮っているですが、毎年このの色に悩まされます。
    どこで撮ってもこのの黄色がうまく写ってくれません。
    おそらく周囲と極端に違う色なのでカメラがうまく色を判断できないのでしょう。


    キバナアキギリ(黄花秋桐)


    当地では早いところは9月上旬から咲き始めます。
    生育する場所で開時期が若干違うようで、9月の半ばくらいに歩けばばどこかで出会う感じです。
    これは車のとおる道路わきで咲いているのを撮りました。

    【写真】
    キバナアキギリ黄花秋桐) シソ科
    シソ科としては大きい花です。
    独特な黄色に紫の蝶ネクタイが印象的です。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/09/24 12:29:19
    Tv 1/160
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:準絶滅危惧(北多摩)


    東京都のレッドデータブックに載っていますが、実態を調べたら絶滅危惧種から除外されるんじゃないか思っています。
    そのくらい当たり前に咲いています。


    キバナアキギリ(黄花秋桐)


    花付きのいいのを選んで撮ってみました。
    花の構造がなかな凝っていて、虫が花に入って蝶ネクタイを押すと上から雄しべが虫の背中に押し付けられるようになっています。
    その状態で別の花に行くと細く伸びた雌しべに花粉がつくということです。

    実際にマルハナバチが頭を突っ込んで雄しべが出ている写真をいつぞや載せたんですが・・


    真岡鐡道C12


    今日は雨ってことで、茨城県方面に乗り鉄に行ってきました。
    たくさん列車に乗りましたが、調子に乗りすぎて少々疲れ気味です。
    これは真岡鐡道のC12、詳しくはいずれ・・

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : キバナアキギリ 黄花秋桐 シソ科 野草 蝶ネクタイ レッドデータ 絶滅危惧 真岡鐡道 C12

    ヤノネグサ(矢の根草)

  • 2017/10/06 : 野の花
  • 先日アキノウナギツカミと並んで咲いているところを載せたヤノネグサです。
    花弁に見えるのはで、花びらはありません。
    アキノウナギツカミも同じくですが、こちらのほうがやや小さく、片が細くて花が星型に見えます。


    ヤノネグサ(矢の根草)


    いずれもタデ科イヌタデ属の植物で、似たようなところで似たような花が咲きます。
    アキノウナギツカミは大群生しますがこちらはそこまで増えないような・・
    田んぼの縁にちょろちょろっと生えていたりします。

    【写真】
    ヤノネグサ矢の根草) タデ科
    いわゆる水田雑草の一種で、湿ったところに咲きます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/09/30 11:46:59
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    見るからにタデ科らしい花ですね。
    細い茎が長く伸びて先のほうで分枝して小さな花が何個かずつまとまって付いています。


    ヤノネグサ(矢の根草)


    葉の形が矢じりに似ているところからこの名があるそうです。
    アキノウナギツカミの葉は茎を抱くように付きますがヤノネグサの葉には葉柄があるので、ここを見たら見分けは確実でしょう。


    ヤノネグサ(矢の根草)


    雨が降って寒い金曜日になりました。
    周囲で体調を崩す人が続出しています。
    気候変動が大きい時期ですから気を付けましょう。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヤノネグサ 矢の根草 タデ科 アキノウナギツカミ イヌタデ属 水田雑草 湿地 矢じり 葉柄

    ウド(独活)

  • 2017/10/05 : 野の花
  • 時折目にするなんですが、当ブログにはあまり載せていません。
    いかにもウコギ科らしい球状の序がかわいらしいんですけどね。
    右側の弁と雄しべがあるのが雄雄性期)で、弁と雄しべが落ちて雌しべが育つと左側の雌に変身します。


    ウド(独活)


    穴倉で育てた白くて柔らかいウドが東京名物になっています。
    東京ウドなんていうみたいです。
    うちのあたりに一面ウドの畑があって、たぶん東京ウドの苗になるんだろうななんて思いながら眺めています。

    【写真】
    ウド独活) ウコギ科
    だいぶ前に信州でヤマウドを採って食べたことがありますが、香り高くておいしかったです。
    さてこれはどうなんでしょう。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/09/24 12:37:49
    Tv 1/160
    Av 7.1
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    たまにウド畑をみけけるものの、これは自生のものだろうと思います。


    ウド(独活)


    全体はこんな感じで大柄な植物です。
    周囲に草が生えていてもよく目立っていました。

    京成西船駅にて。JR西船橋駅から歩いて行きましたけど、結構遠い・・


    停まる?


    停車?って聞かれたらむしろ戸惑うのでは!?
    普段は各駅停車しか止まらないので、なんでこの看板が必要なんでしょう。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ウド 独活 ウコギ科 ヤマウド 野草 雄性期 雌性期 京成西船 西船橋

    ニホンハッカ(日本薄荷)

  • 2017/10/04 : 野の花
  • ハッカが咲いたという情報をいただいたので見に行ってきました。
    咲いていましたがもうちょっと早く行けたらよかったようです。
    過去の記録を見ると9月末に見頃の年もあったので、今年はちょっと早めでしょうか。


    ニホンハッカ(日本薄荷)


    とりあえずこのくらい咲いていれば十分美しいです。
    アップで見ると茎を取り囲むようにが咲いて、いかにもシソ科らしいですね。
    上のほうにまだ蕾があるので、もうしばらく咲きそうな感じでした。

    【写真】
    ニホンハッカ日本薄荷) シソ科
    特に珍しい植物でもないと思いますが当地では見かけません。
    ワシュハッカ和種薄荷)とも。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/09/30 11:40:03
    Tv 1/200
    Av 8.0
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    ハッカの苗は普通に売っているので、これも栽培品の自然漏出かもしれません。
    とりあえず自力で毎年咲いているし、野草ということで。


    ニホンハッカ(日本薄荷)


    でっかいハエみたいなのがやってきました。
    種類は分かりません。
    メタリックなボディに剛毛(に見える)が強そうに見えます。


    ニホンハッカ(日本薄荷)


    やっぱりちょっとピークを過ぎているみたいですね。
    9月中旬をターゲットに見に行くとよさそうです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ニホンハッカ 日本薄荷 シソ科 ハッカ 薄荷 ワシュハッカ 和種薄荷 野草 ハエ

    アキノウナギツカミ(秋の鰻掴み)

  • 2017/10/03 : 野の花
  • 今年も蝋細工のようなを咲かせるタデ科植物が目立つ季節になりました。
    たまに出かける湿地アキノウナギツカミがびっしり生えています。
    これだけまとまって開しているのはかなり珍しいかも。


    アキノウナギツカミ(秋の鰻掴み)


    いつもきれいに開いているを探すのに苦労します。
    だいたい一ヶ所に3つくらい咲いていればいいかなというところでしょうか。
    ちょうど見ごろの開き具合です。

    【写真】
    アキノウナギツカミ秋の鰻掴み) タデ科
    は3ミリくらい、細長い茎を伸ばし、茎を抱くように葉が付きます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/09/30 11:40:03
    Tv 1/200
    Av 8.0
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    2本まとめて・・と思ったら、これは2種類のが写っています。
    右側の丸みのあるアキノウナギツカミ、左側のちょっと小さいのがヤノネグサ


    アキノウナギツカミ(秋の鰻掴み)


    よく似ていますが並べてみると花の大きさ、形が違います。
    ヤノネグサはフライングで登場になってしまいました。
    別途改めて掲載します。


    アキノウナギツカミ(秋の鰻掴み)


    湿地は一面こんな感じです。
    ミゾソバヤノネグサが混じっているんですけど、気を付けないとアキノウナギツカミだけかと思ってしまいます。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : アキノウナギツカミ 秋の鰻掴み タデ科 野草 湿地 ヤノネグサ ミゾソバ 蝋細工 植物

    ツリフネソウ(釣船草)

  • 2017/10/02 : 野の花
  • 咲き始めの頃に一度見に行って、ちょっと早いかな・・と思っているうちに時間が経ってしまいました。
    このももう後半というところだと思います。
    蕾もまだまだあるものの、傷んでいるが多かったです。


    ツリフネソウ(釣船草)


    毎年狭山丘陵の大谷戸湿地で撮っているんですけど今年は手の届くところにがなかったので別の湿地で撮りました。
    こちらで見られるのはこの色だけで、キツリフネは見たことがありません。
    どこかにあるという話は聞いた気がするんですけど・・

    【写真】
    ツリフネソウ釣船草) ツリフネソウ科
    湿ったところで生育します。
    別名:ムラサキツリフネ(紫釣船)
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2017/09/30 11:57:01
    Tv 1/200
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:準絶滅危惧


    いつも正面や横から撮っているので、ちょっと視点を変えて萼がよく見えるように上から撮ってみました。
    萼片3枚、弁も3枚・・この位置から見ても独特の姿です。


    ツリフネソウ(釣船草)


    紫色の天使の羽根みたいな!?

    ぶんぶん羽音が聞こえると思ったらホシホウジャクがやってきました。
    お、吸蜜してますね。


    ツリフネソウ(釣船草)


    口吻が長いので奥のほうの蜜も吸えそうです。

    最後は先日群馬に乗り鉄しに行ったときに見つけたキツリフネの群落を。
    車が行きかう国道から見下ろしたところにびっしり咲いていました。


    キツリフネ


    のところに降りられなかったのが残念・・
    嬬恋村にて。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ツリフネソウ 釣船草 ツリフネソウ科 ムラサキツリフネ キツリフネ 野草 絶滅危惧 嬬恋村 ホシホウジャク

    ようこそ!
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    季(とき)の花 2

    フツウの生活
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR