FC2ブログ

セイタカアワダチソウ(背高泡立草)

  • 2018/11/30 : 野の花
  • あまりいい印象を持たない方が多い植物みたいです。
    大きな植物だし色が目立つし、一面にはびこるので威圧的なイメージのせいでしょうか。
    それとも何か悪い物質でも放出しているように見えるのか・・


    セイタカアワダチソウ(背高泡立草)


    確かに泡立つようにが咲きますよね。
    優秀な蜜源(=虫媒)で粉は飛ばないので直接の健康被害はなさそうです。
    ただし他の植物の生長を抑制する物質を出すので希少植物が近くにあったら駆除しなければならないでしょう。

    【写真】
    セイタカアワダチソウ背高泡立草) キク科
    どうもこういう黄色はうまく再現できません・・
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/10/08 13:28:16
    Tv 1/250
    Av 4.0
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    なお植物の成長を抑えるシスデヒドロマトリカリアエステルという物質は当のセイタカアワダチソウの成長も阻害するそうです。
    そのせいか増えたり減ったりしているように思います。

    をアップで見ると小さな頭花がびっしり並んでいます。


    セイタカアワダチソウ(背高泡立草)


    ひとつの頭花は周囲に10個あまりの舌状花と中心に数個の筒状花の集合体です。
    いったい一本の茎の上に何個の小花が咲くんでしょうね!?
    セイタカアワダチソウの生命力のすごさを見た気がしました。
    スポンサーサイト

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : セイタカアワダチソウ 背高泡立草 キク科 野草 シスデヒドロマトリカリアエステル 小花 舌状花 筒状花 頭花

    オオアラセイトウ(大紫羅欄花)

  • 2018/11/29 : 野の花
  • 今年の春の載せそびれです。
    早春に真っ先に咲くのひとつで、暖冬かどうかの目印にしています。
    2月20日くらいに咲いていたら暖かい冬かなと・・


    オオアラセイトウ(大紫羅欄花)


    さて今年の冬はどうだったんでしたっけ・・
    これは3月10日に撮っているのでまぁこんなものというところでしょうか。
    来春、このが咲くまであと3ヶ月です。

    【写真】
    オオアラセイトウ大紫羅欄花) アブラナ科
    名前がいっぱいあるのでどれが正式なのかと思って確認したら、和名はオオアラセイトウのようです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/03/10 14:03:33
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    早く咲き始めるとはいえ、ピークは3月後半とか本格的に暖かくなるころです。
    これは3月末の様子です。


    オオアラセイトウ(大紫羅欄花)


    これだけ咲くと春真っ盛を感じますね。
    諸葛孔明が戦時の野菜不足解消のために広めたのでショカッサイというようです。
    個人的にはハナダイコンですが。


    テイカカズラ


    オオアラセイトウだけでは季節感がなさすぎるので、ケサランパサランを・・
    じゃなくてテイカカズラの実が爆ぜて綿毛が出ていました。
    テイカカズラはいっぱいあるんですけど綿毛を見る機会は案外少ないです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : オオアラセイトウ 大紫羅欄花 アブラナ科 野草 ハナダイコン ショカッサイ 諸葛孔明 テイカカズラ ケサランパサラン

    ノコンギク(野紺菊)

  • 2018/11/28 : 野の花
  • 秋が深まるころにあちこちで咲くんですけど2年ぶりの登場です。
    何ヶ所かノコンギクの咲く場所を覚えているので、時期を外さなかったら必ず見ることができるんですけどね・・
    なぜか2017年は未掲載でした。


    ノコンギク(野紺菊)


    だけ見たらシロヨメナシラヤマギクに似ています。
    ノコンギクは総苞片の周囲が紫色になるのでを裏から見ればOKですね。
    総苞の形は釣鐘のようにテーパー状になっています。

    【写真】
    ノコンギク野紺菊) キク科
    舌状花の形や色に変異があるようです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/10/13 14:44:40
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 800
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    名前は「紺」ですけどほぼ白に見えます。
    開く前の舌状花は紫色に見えるものが多いです。


    ノコンギク(野紺菊)


    この群落の舌状花はどちらかというと細長いほうかな・・

    河津七滝のおまけ、猿田淵
    七つの滝をたどった、さらにその先にあります。


    猿田淵@河津七滝


    猿田彦命がここで大きなヤマメを釣ったのが名前の由来だそうです。
    結構深い淵になってますが、水が透明なので底までよく見えました。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ノコンギク 野紺菊 キク科 野草 シロヨメナ シラヤマギク 舌状花 河津七滝 猿田淵

    ヒロハノアマナ(広葉の甘菜)

  • 2018/11/27 : 野の花
  • 一気に季節をさかのぼって、今日は早春です。
    今年は3月10日に撮っていたので昨年よりも一週間くらい早めでした。
    そんなに暖かかったんだっけ!?なんて、思い出せません。


    ヒロハノアマナ(広葉の甘菜)


    来春も同じくらいに咲くんだったら、あと3ヶ月半ということになります。
    なんだ、春はもうすぐじゃないか・・なんて錯覚しそうです。
    まだ冬も来ていないのに。

    【写真】
    ヒロハノアマナ広葉の甘菜) ユリ科
    アマナに比べてやや葉が広く、葉の中心部が白っぽくなっています。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/03/10 12:01:20
    Tv 1/250
    Av 4.5
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    環境省レッドリスト絶滅危惧II類
    東京都RDB2013:絶滅危惧II類
    埼玉県RDB2011:絶滅危惧IB類


    環境省のレッドリストに載っていますから、結構な希少植物ですね。
    当地においてもかなり珍しいものです。


    ヒロハノアマナ(広葉の甘菜)


    をアップで見ると、葯の様子なんかユリのっぽいですね。
    ただ、葉の出方はあまりユリ科っぽくないですけど・・
    ユリ科は分解されてしまいましたが、アマナ属はユリ科のままです。


    ナルコユリの実


    5月20日にを載せたナルコユリの実が黒く熟していました。
    触ってみたわけではないですけど、見たところ柔らかそうです。
    の数もすごいですけど、全部実ができてしまうというのもすごいです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヒロハノアマナ 広葉の甘菜 ユリ科 野草 絶滅危惧 アマナ ナルコユリ レッドリスト 早春

    アイノコセンダングサ(合の小栴檀草)?

  • 2018/11/26 : 野の花
  • 八重咲のコシロノセンダングサが咲いているという情報をいただきました。
    見に行ってみると、白い小が見事にたくさんついています。
    は終わりかけでしたが、残っているのはどれも同じような頭でした。


    アイノコセンダングサ(合の小栴檀草)?


    さてこれはアイノコセンダングサなのかコシロノセンダングサなのか?
    コシロノセンダングサなら白いのは舌状で、よく見かけるのは丸っこい形のが多いです。
    でもこれはずいぶん切れ込んでいるし・・

    【写真】
    アイノコセンダングサ合の小栴檀草)? キク科
    「?」付きですが、白い小に雌しべが見えているのもあり、かなり不揃いなのでおそらくアイノコセンダングサではないかと思います。
    コセンダングサコシロノセンダングサ雑種で、周囲の筒状のいくつかが白くなっているもの。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/11/17 13:20:33
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 800
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    念のため、頭花を斜め横から撮った写真を載せておきます。


    アイノコセンダングサ(合の小栴檀草)?


    白い小花の中心に退化した雄しべらしいものが見えています。
    ・・う~ん、コシロノセンダングサかもしれません。
    アイノコセンダングサは以前にもそれらしいのを見たことはありますが・・


    アイノコセンダングサ(合の小栴檀草)?


    これだけ白い小花が大きくていっぱいあるのは見たことがありません。
    こいつらの仲間は変異が大きいようなので案外難しいです。
    頭花をひとつ持ち帰ってくればよかったと写真を見ながら思ってしまいました。


    釜滝@河津七滝


    河津七滝その7、釜滝(かまだる)。
    落差22mで水量も結構豊富、滝らしい滝でした。
    飛沫が飛んで滝の中ほどに虹がかかっていますが見えるでしょうか。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : アイノコセンダングサ 合の小栴檀草 キク科 野草 コシロノセンダングサ コセンダングサ 雑種 河津七滝 釜滝

    大阪周辺乗り鉄記(12)~阪堺電車

  • 2018/11/25 : 鉄道写真
  • 長々と載せ続けた当シリーズは今回でおしまいです。
    最後は浜寺駅前から阪堺電車阪堺電気軌道)で大阪に戻りました。
    だいぶ日が傾いて、薄暗くなってきました。


    阪堺電車@浜寺駅前駅


    駅というより停留所といったほうがぴったりきそうです。
    運賃は1回の乗車につきどこまで乗っても210円ですから終点まで乗ったら南海電車より安いですね。
    ただし所要時間はかなり長いですが・・


    阪堺電車@我孫子道駅


    浜寺駅前から出ているのは天王寺駅前行きなので、途中の我孫子道駅で恵美須町行きに乗り換えました。
    この駅での乗り継ぎには追加料金はかかりません。
    天王寺駅前行きが発車した直後に車庫から恵美須町行きの電車がやってきました。


    阪堺電車@恵美須町駅


    すっかり日が落ちてしまい、沿線の風景が見えなくなってしまいました。
    ま~、ここまで来る可能性は三分の一くらいと思っていたので・・
    終点の恵美須町は難波のちょっと南、歩いて行けるくらいの場所で、駅を出てすぐにこれが見えます。


    暗闇の通天閣


    あれれ、時間が早かったのか通天閣はライトアップしていない!?
    このあと大阪王将でご飯を食べてホテルに戻りました。

    ということで丸一日がんばってこんな感じです。
    それなりに面白かったですけど、さすがにくたびれました。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 乗り鉄 阪堺電車 浜寺駅前 我孫子道 天王寺 恵美須町 南海電車 通天閣 大阪 阪堺電気軌道

    カントウカンアオイ(関東寒葵)

  • 2018/11/24 : 野の花
  • 11月も後半、野のの季節はすっかり終わってしまいました。
    でもこんな時期でもをつけている植物があります。
    カントウカンアオイもそんな植物のひとつです。


    カントウカンアオイ(関東寒葵)


    半ば地面に埋もれるように咲いています。
    これはまずまずの株で、結構たくさんのを咲かせていました。
    この個体のは色が薄くて、ほとんど緑色に近いものでした。

    【写真】
    カントウカンアオイ関東寒葵) ウマノスズクサ科
    当地には多く見られる植物です。
    葉の模様や(というか)の色に変異が見られます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/11/24 9:53:18
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 6400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    この個体はの色が薄く、葉のつやが強いものでした。
    カントウカンアオイの葉って模様が入ってつやがないのが多いので、少数派だと思います。


    カントウカンアオイ(関東寒葵)


    もしかしたらランヨウアオイかも、なんていう話もありましたが葉の形がちょっと違うようですね。
    この時期に開花しているのでカントウカンアオイという結論です。
    花にフォーカスしているので葉ははっきり見えませんが、雰囲気だけってことで。


    フユイチゴ(冬苺)


    フユイチゴの実がきれいに色付いていました。
    ずいぶんたくさん実が付いているのが一面に生えていました。
    鳥はフユイチゴの実を食べないんでしょうか・・結構おいしいんですけど。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : カントウカンアオイ 関東寒葵 ウマノスズクサ科 野草 フユイチゴ 変異 ランヨウアオイ 少数派

    大阪周辺乗り鉄記(11)~ラピート

  • 2018/11/23 : 鉄道写真
  • 叡山電鉄の終点、出町柳は京阪の始発駅でもあります。
    特急淀屋橋行きに乗り換えて一気に大阪に戻りました。
    乗り継ぎ時間が短くて出町柳駅の写真はなくて、これは大阪京橋駅です。


    京阪特急@京橋駅


    ここでJRの大阪環状線に乗り換えました。
    東京の山手線みたいに環状運転ですが、他路線からの乗り入れもあって何種類かの車両が走っています。
    たまたま環状線用の新型車両(323系)が来ました。


    大阪環状線


    そういえば以前にJR中央線快速で走っていた201系の朱色の電車がまだ現役で走ってます。
    どっちかというとそっちに乗りたかったような・・

    まだ帰るには少々早いので、もう少し足を延ばしてみることにしました。
    次は新今宮駅で南海電鉄に乗り換えで関西空港・堺方面へ。


    ラピートβ


    関西国際空港行きの特急ラピートβがやってきました。
    見た目のインパクトはずば抜けてますね。
    全車両指定席で、この列車は満席とのことでした。


    新今宮駅


    ちょっと関空は遠すぎるので、次の関西空港行き急行に乗りました。
    南海電鉄はいつ以来か・・高野線沿線に親戚の家があって何度か行った記憶があります。

    堺で関西空港行きの各駅停車に乗り換えて浜寺公園駅で降りました。


    浜寺公園駅


    暗くなってきたのでここで大阪方面に折り返しですが、南海電鉄じゃなくて「チンチン電車」で〆にしようと・・
    阪堺電車の始発駅である浜寺駅前駅(停留所?)に向かいました。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 乗り鉄 大阪 京阪 京橋 大阪環状線 323系 南海電鉄 ラピート 関西国際空港 浜寺公園

    ツリフネソウ(釣船草)

  • 2018/11/22 : 野の花
  • 9月頃は天候不順なことが多く、2週間くらいフィールドに出られないこともあります。
    のいい時期を見逃してしまうものも少なくありません。
    今年はツリフネソウを見に行くのが少々遅くなってしまいました。


    ツリフネソウ(釣船草)


    すでに細長い種の莢がいっぱいついていました。
    そうか、ツリフネソウの実ってこんな形なんですね。
    気にして見たことがなかったかもしれません。

    【写真】
    ツリフネソウ釣船草) ツリフネソウ科
    湿地の植物で、当地ではあちらこちらで咲きます。
    別名:ムラサキツリフネ(紫釣船)
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/10/08 12:50:50
    Tv 1/320
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    三弁なんですけどどう数えたら3枚なのかわかりにくいですね。
    吊り下げられたフグ提灯みたいだし、くるっと丸まった距もかわいらしいです。


    ツリフネソウ(釣船草)


    ツリフネソウ科というと、お馴染みなのはホウセンカインパチェンスでしょうね。
    ホウセンカは、言われてみればツリフネソウに似ています。
    でもインパチェンスは・・の付き方は似ているか・・


    エビ滝@河津七滝


    河津七滝その6、エビ滝
    形がエビの尾びれに似ているというのが名前の由来らしいですが、どうですかね。
    落差は5mほど。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ツリフネソウ 釣船草 ツリフネソウ科 野草 ホウセンカ インパチェンス ムラサキツリフネ 河津七滝 エビ滝

    大阪周辺乗り鉄記(10)~叡山電車

  • 2018/11/21 : 鉄道写真
  • 烏丸御池駅からふたたび地下鉄烏丸線に乗り、終点の国際会館駅まで行きました。
    駅から外に出ると、すっかり郊外の景色でした。
    地下鉄に乗っているとどんなところを走っているのかぜんぜんわかりません。


    国際会館駅


    この駅は他の路線と接続していないので、岩倉川に沿って歩きました。
    天気もいいし、気持ちのいい散歩道です。
    ほんの少し紅葉が始まっているみたいでした。


    岩倉川の桜並木


    春は桜がきれいでしょうね。
    国際会館駅から10分ちょっと歩くと叡山電鉄岩倉駅に出ます。
    岩倉具視が都を逃れて隠棲していたのがこのあたりで、旧居が保存されています。


    岩倉駅@叡山電鉄


    ちょうど大河ドラマもやってますしね・・こんな長閑なところなんですね。
    京都中心部からそんなに遠くないですが、幕末だったらかなりの田舎だったでしょう。


    岩倉川@叡山電鉄


    出町柳行きの電車が岩倉川の鉄橋を超えてやってきました。
    う~ん、叡山電鉄は初めて乗るかも。
    鞍馬まで行ってみたいところでしたが貴船口の先がまだ災害復旧していませんでした。
    ※・・と思っていたらこの前日に復旧していたのを知りませんでした。(訂正と追記)


    出町柳駅@叡山電鉄


    終点の出町柳駅に到着しました。
    3番線までのホームがコンパクトに収まっています。
    御所の北東、鬼門の方角に当たり、鬼門除けの幸神社(さいのかみやしろ)なんていうのがあります。
    今回は鉄に徹するということで、次回訪れることに・・

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 乗り鉄 叡山電鉄 地下鉄烏丸線 烏丸御池 岩倉川 岩倉具視 岩倉駅 出町柳 幸神社 鬼門

    シロヨメナ(白嫁菜)

  • 2018/11/20 : 野の花
  • 今年の秋も毎年お馴染みの野菊たちが咲きました。
    このシロヨメナは毎年同じ場所で撮っています。
    今年も例年並みの咲きっぷりだったと思います。


    シロヨメナ(白嫁菜)


    10月上旬に咲き始めていたので、時期的にも昨年並みでした。
    場所によっては減ってしまったところがあるようです。
    夏の暑さが影響しているんでしょうか。

    【写真】
    シロヨメナ白嫁菜) キク科
    11月に入っても咲いていました。
    ただし筒状の色が黒っぽく変色していました。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/10/07 14:06:56
    Tv 1/250
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    いつも思いますが頭だけ見たらシラヤマギクにそっくりです。
    真横から見たらシロヨメナの総苞は寿司屋の湯飲みみたいな円筒形で、長めです。


    シロヨメナ(白嫁菜)


    一番わかりやすい見分けは葉の形状でしょうけど・・
    シロヨメナの葉は根っこに近いほうも細長いです。

    河津七滝その5、蛇滝(へびだる)。


    蛇滝@河津七滝


    ずっとスローシャッターだったのですが、これは速めで。
    滝周辺の柱状節理が蛇のうろこのように見えるのが由来だそうです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : シロヨメナ 白嫁菜 キク科 野草 野菊 シラヤマギク 湯飲み 河津七滝 蛇滝

    大阪周辺乗り鉄記(9)~JR奈良線

  • 2018/11/19 : 鉄道写真
  • 滋賀県内の京阪電車を堪能したので京都に戻りました。
    京阪京津線で御陵駅まで戻り、地下鉄東西線六地蔵行きに乗り換え。


    御陵駅


    この駅名は読めません・・京都の地名は難しいです。
    漢字変換は「みささぎ」でちゃんと出てきますが。
    御陵は天皇や皇后のお墓のことで、近くに天智天皇山科陵があります。


    地下鉄の六地蔵駅


    終点の六地蔵駅で地下鉄東西線完乗です。
    六地蔵駅はJR奈良線に接続しているので、今度はJRで京都に向かいました。
    同じルートを引き返すのは極力避けたいので・・


    みやこ路快速@六地蔵駅


    たまたま「みやこ路快速」がやってきました。
    編成が長いのでホーム目いっぱいで、無理やり写真撮りました。
    京都まで5駅ですが、停車するのは東福寺駅のみです。


    みやこ路快速@京都駅


    京都駅でふたたび地下鉄烏丸線に乗り換え・・
    なんかもう、同じところをぐるぐる回っています。


    地下鉄烏丸線@京都駅


    とりあえず地下鉄も撮ってみましたけど、コンデジではノイズっぽいです。
    竹田駅から乗った時とは違う形式の電車でした。


    烏丸御池駅付近


    東西線と交差する烏丸御池駅で下車してみました。
    地下鉄に乗っているとわかりませんけど、すごくいい天気です。
    こういう日は地上を走る列車に乗りたいもんです。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 乗り鉄 京都 御陵 天智天皇 地下鉄 東西線 六地蔵 烏丸線 みやこ路快速 奈良線

    コバノタツナミ(小葉の立浪)

  • 2018/11/18 : 野の花
  • よく訪れる場所でコバノタツナミが咲いているという情報をいただいたので見に行きました。
    コバノタツナミは当地では見たことがありません。
    しかも11月中旬に開!?


    コバノタツナミ(小葉の立浪)


    すぐに見つかりました。
    小さな丸い葉、小さな草丈、全体に細かい毛・・
    タツナミソウともオカタツナミソウとも違いますね。

    【写真】
    コバノタツナミ小葉の立浪) シソ科
    細かい毛が密生しているのでビロードタツナミとも。
    タツナミソウ変種という位置づけのようです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/11/17 13:04:35
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    はやっぱりダチョウの首みたいです。
    タツナミソウオカタツナミソウの中間くらいの色合いか・・


    コバノタツナミ(小葉の立浪)


    この時期の開は狂い咲きでしょうね。
    分布は伊豆半島以西なんていう記載も見つけました。
    果たしてこれは自生なのか、人為的に植えられたものなのか!?


    コバノタツナミ(小葉の立浪)


    まとまって咲いていて、小さな群落を作っていました。
    はもう終わる寸前というところでしょうか、連休だと終わっているかも。
    本来の開時期に再調査ということで、来春5月の宿題にしておきます。


    初景滝@河津七滝


    河津七滝その4、初景滝(しょけいだる)。
    これは滝らしい滝で、落差10mだそうです。
    この写真の右手に伊豆の踊子のブロンズ像がありました。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : コバノタツナミ 小葉の立浪 シソ科 野草 タツナミソウ オカタツナミソウ 変種 河津七滝 初景滝

    大阪周辺乗り鉄記(8)~びわ湖浜大津駅付近

  • 2018/11/17 : 鉄道写真
  • 石山坂本線も完乗したし、にしんそばも食べたので京都方面に引き返します。
    坂本比叡山口駅は金属っぽくて美術館の入り口のような!?


    坂本比叡山口駅


    石山寺行きは京阪電車っぽいカラーリングでした。
    京阪というとこの色のイメージなんですが、京阪本線の車両は全部塗色を変更したのですね。
    いまはもうこの色の電車はないらしく・・


    坂本比叡山口駅


    ちょっと目を離した隙にどんどん変わっていくなぁ。
    びわ湖浜大津駅まで戻って、地下鉄直通に乗り換えてなんですが、ちょっとだけ寄り道しました。
    この駅のすぐ西の交差点を歩道橋から見物です。


    びわ湖浜大津駅の交差点


    走っていくのは坂本比叡山口行きの電車で、この写真の奥のほうが京都方面です。
    道路の真ん中を、500mほどの区間だけ電車が走ってます。
    京都方面からやってくる電車を動画で撮ってみました。





    こんな電車が道路の真ん中を走っているのはここと江ノ電くらい!?
    それにしてもすごいカーブを曲がっていくもんです。
    なおこの場所で回れ右をしたらこんな景色でした。


    琵琶湖


    目と鼻の先が琵琶湖で、盛んに放水してました。
    天気がよくて空も湖も濃い青です。
    水のある風景っていいもんですね。


    京都方面行きの車窓


    さっきの交差点京都方面に向かう電車の最後尾から撮ったらこんな感じです。
    道路わきから見たほうが迫力あるかも・・
    これでよく事故が起きないもんだと感心してしまいます。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 乗り鉄 京阪電車 びわ湖浜大津 京阪石山坂本線 石山寺 京都 琵琶湖 動画 地下鉄 交差点

    コウヤボウキ(高野箒)

  • 2018/11/16 : 野の花
  • 当地には非常に多い植物で、10月になるとたくさん見かけます。
    カールしたリボンかカンナ屑みたいな弁が特徴です。
    ひとつの頭は十数個の小が集まっています。


    コウヤボウキ


    このは赤味がかなり濃いものでした。
    冠毛も赤味があるんですけどこの写真ではほとんど見えていません。
    枝先に頭をひとつつけるのが多いですが、これは3つ付いていました。

    【写真】
    コウヤボウキ高野箒) キク科
    高野山で箒の材料として使われたのが名前の由来です。
    古来、箒によく使われたようですね。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/10/13 14:42:06
    Tv 1/80
    Av 5.6
    ISO感度 800
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    これは11月に入ってから撮ったものですが、赤味が全然ありません。
    こういう真っ白なのもよく見かけます。


    コウヤボウキ


    当地では赤くないほうが多いように思いますが、どうなんでしょう!?

    秋が深まって咲くなので、虫がやってきます。
    特に多いのがこのガガンボです。


    コウヤボウキとガガンボ


    ものすごく小さな頭はほとんどが目みたいですね。
    こんな頭でも食べるものがどこにあるかわかっているんだ・・


    カニ滝@河津七滝


    河津七滝その3、かに滝(かにだる)。
    なんでカニなんでしょうね。
    河津七滝の「滝」の読み方は「だる」です。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : コウヤボウキ 高野箒 キク科 野草 高野山 冠毛 ガガンボ 河津七滝 かに滝

    大阪周辺乗り鉄記(7)~滋賀県の京阪電車

  • 2018/11/15 : 鉄道写真
  • 滋賀県まで来ちゃうと、もう大阪周辺って感じじゃないですね。
    だいぶ遠くまできました。
    東山から再び地下鉄の京阪京津線直通のびわ湖浜大津行きに乗って大津へ。


    びわ湖浜大津駅


    水色のスマートな4両編成の電車は地下鉄直通専用です。
    びわ湖浜大津駅で京阪石山坂本線に乗り換えますが、この駅は中間で、石山寺に行くか坂本比叡山口に向かうか・・
    結果、先に来た石山寺に乗りました。


    石山寺行き@びわ湖浜大津駅


    2両編成の電車は、なんかかわいらしいですね。
    京都市内のように混雑してなくて、のんびりとした雰囲気もよかったです。


    石山寺駅


    終点の石山寺駅に到着しました。
    駅の周辺には、びっくりするくらい何もなくて・・
    瀬田川にはカヌーがいっぱい浮かんでました。


    瀬田川


    周辺をぶらぶらしてから坂本比叡山口行きで折り返し。
    びわ湖浜大津駅を通り越して反対側の終点である坂本比叡山口駅に向かいました。


    坂本比叡山口行き


    これで滋賀県内の京阪京津線石山坂本線を制覇しました。
    坂本比叡山口駅付近の蕎麦屋でにしんそばを食べましたが、意外と安くておいしかったです。
    お腹が空いていたので写真も撮らずに食べてしまいました。


    坂本比叡山口駅


    東京周辺でこういう雰囲気の電車ってないかもしれません。
    強いてあげるなら東急世田谷線あたりでしょうかね。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 滋賀県 大津 東山 京阪京津線 びわ湖浜大津 石山坂本線 石山寺 坂本比叡山口 京都 にしんそば

    アキノキリンソウ(秋の麒麟草)

  • 2018/11/14 : 野の花
  • 季節のネタを全部載せ終わってしまいました。
    例年どおり載せそびれたのを順次載せていこうと思います。
    とりあえずは10月に載せられなかったアキノキリンソウから・・


    アキノキリンソウ(秋の麒麟草)


    大きな株は消えてしまいましたが、小振りなのは時々見かけます。
    これもずいぶん控えめな咲き方でした。
    同属のセイタカアワダチソウはものすごい勢いで咲いているんですけどね。

    【写真】
    アキノキリンソウ秋の麒麟草) キク科
    の形状はセイタカアワダチソウにそっくりです。
    中心部に両性の筒状花、周囲に雌性の舌状花という構成です。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/10/14 13:25:51
    Tv 1/500
    Av 4.0
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    鮮やかすぎるくらいの黄色ですね。
    EOSはどうもこの色が苦手みたいです。


    アキノキリンソウ(秋の麒麟草)


    手持ちで撮ったのでちょっとピントが甘かったです。
    やっぱり三脚据えて撮らないといけませんね。
    カメラだけ持って手軽に楽しみたいという気持ちもあるんですけど・・


    出合滝(河津七滝)


    河津七滝その2、出合滝(であいだる)。
    高さ2mの小さな滝で、ここで二つの流れが出会っています。
    このくらいの「段差」はいっぱいありそうでしたけど、ここは滝にカウントされていました。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : アキノキリンソウ 秋の麒麟草 キク科 野草 セイタカアワダチソウ 筒状花 舌状花 河津七滝 出合滝

    大阪周辺乗り鉄記(6)~嵐電北野線

  • 2018/11/13 : 鉄道写真
  • さて、嵐山からふたたび嵐電で引き返します。
    嵐電には四条大宮と嵐山を結ぶ本線のほか、支線(北野線)がありますので当然行きます。
    帷子ノ辻駅で北野白梅町行きに乗り換えました。


    嵐電・帷子ノ辻駅


    ちょっとやそっとでは読めないですね、「かたびらのつじ」です。
    北野線は単線区間も多くてローカル線っぽいです。
    季節によっては桜のトンネルになるようなところもあって、そういう時期に訪れたいものです。


    北野白梅町


    人混みが苦手なので静かな時期のほうが好きですが・・
    ということで嵐電もこれで制覇しました。
    なおこの車両は江ノ電カラーで、側面に江ノ電のマスコットキャラクターの絵がでかでかと描かれています。


    北野白梅町駅


    この付近には龍安寺金閣寺、北野天満宮があって、じっくり見たら半日くらいはかかりそうです。
    別の目的があったので帷子ノ辻駅に戻り、四条大宮行きに乗り換えて嵐電天神川駅で下車しました。


    嵐電天神川駅


    古そうな外観の車両ですけど1994年製のモボ21形。
    このあたりは路面電車になってますが、それにしてはプラットホームの位置が高いです。
    50cmくらいありそうですね。


    嵐電天神川駅


    ここから京都市営地下鉄東西線に乗り換えて京都市街を横断しました。
    大津方面に向かいましたが、東山でちょっとだけ寄り道です。


    平安神宮


    いいお天気でした。
    平安神宮の巨大な鳥居が一層大きく見えました。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 嵐電 嵐山 帷子ノ辻 北野線 北野白梅町 平安神宮 龍安寺 金閣寺 嵐電天神川 地下鉄

    フジバカマ(藤袴)

  • 2018/11/12 : 野の花
  • このをすっかり忘れていました。
    もしかしたらもう終わっているかとダメもとで行ってみました。
    遠目にはすっかり咲き終わっているようでしたが・・


    フジバカマ(藤袴)


    わずかにこれだけ咲き残っていました。
    これが今年最後のひとつだったようです。
    来年はもう少し早く見に行かないと。

    【写真】
    フジバカマ藤袴) キク科
    秋の七草のひとつでいい香りがします。
    古来、入浴剤のような使い方をしたとか。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/11/11 13:23:35
    Tv 1/80
    Av 5.6
    ISO感度 800
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:情報不足(北多摩)
    埼玉県RDB2011:準絶滅危惧
    環境省レッドリスト:準絶滅危惧


    とりあえず今年も咲いたようでよかったです。
    これもごくわずかしかない、希少な植物です。


    フジバカマ(藤袴)


    自生のフジバカマは全国的にも希少で、環境省のレッドリストにも掲載されています。
    当地で見られるというのはほとんど奇跡に近いかも。
    これは園芸種ではなく自生のものとのことです。


    大滝@河津七滝


    伊豆・河津七滝のひとつ、大滝(おおだる)。
    紅葉にはちょっと早すぎたみたいです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : フジバカマ 藤袴 キク科 野草 秋の七草 入浴剤 絶滅危惧 河津七滝 大滝

    山中城(日本100名城 No.40)

  • 2018/11/11 : 日本100名城
  • 静岡県内でまだ登城していなかった山中城に行ってきました。
    三島から箱根に向かう国道1号線沿いにあります。
    小田原城の支城で、もともとは武田信玄の侵攻に備えた北条氏の西側の守備拠点だったとのことです。


    西櫓跡@山中城


    西櫓という山中城の西端にある見晴らしのいい場所です。
    天気がよければ富士山がきれいに見えるはずなんですが、あいにく裾野しか見えませんでした。
    この櫓の周囲にはこんな堀が巡らせてあります。


    障子堀@山中城


    障子の桟のような構造なので障子堀と呼ばれています。
    現在は乾燥していますが、雨水を貯めて湿地のようになっていたらしいです。
    個々の穴ぼこは2mくらいの深さがあるので、水が溜まって泥濘地になったら攻めにくいでしょうね。


    畝堀@山中城


    こちらは畝堀、畝の高さは2mほどあります。
    よじ登るのは容易ではなさそうです。
    文化財なので堀の立入はできませんから、実証実験はできませんでした。


    日本100名城スタンプ


    豊臣秀吉の小田原攻めで落城(山中城の戦い)後に廃城となっているので北条氏時代の姿を残している貴重な史跡です。
    見ごたえ十分の名城でした。

    テーマ : 歴史・文化にふれる旅
    ジャンル : 旅行

    tag : 日本100名城 山中城 静岡 東海道 三島 箱根 小田原城 北条 山中城の戦い 障子堀

    カセンソウ(歌仙草)

  • 2018/11/10 : 野の花
  • 先日のリンドウで今シーズンの野のはとりあえず一段落です。
    これからは季節に載せそびれたを順次載せていこうと思います。
    来年の春までネタが持つか心配ではありますが・・


    カセンソウ(歌仙草)


    毎年ハラハラしながら見ているカセンソウが今年も咲きました。
    かなり過酷な環境に生育しているのでいつなくなってしまうかと気が気ではありません。
    小さな個体ながらそこそこの数があったので、今年は無事に乗り切ったかな。

    【写真】
    カセンソウ歌仙草) キク科
    当初はオグルマとの違いが分かりませんでした。
    いわゆる野菊というのとは少々雰囲気が違う!?
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/09/16 13:30:01
    Tv 1/640
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:絶滅危惧IA類(北多摩)
    埼玉県RDB2011:準絶滅危惧


    当地では非常に希少な植物です。
    ずっとこのを探していますが、これを撮った場所以外では見つかっていません。


    カセンソウ(歌仙草)


    なお2枚目と3枚目は10月中旬に咲いていたものです。
    お盆過ぎから咲き始めますから、の期間はまずまず長いですね。
    とはいえ後半になるとの勢いが弱いというか、張りがないというか、ちょっとくたびれ気味です。


    カセンソウ(歌仙草)


    なおカセンソウの名前の由来は不明とのことです。
    漢字表記は当て字らしく、どこからこの名前が来て、本来の意味は何なんでしょうか。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : カセンソウ 歌仙草 キク科 野草 オグルマ リンドウ 絶滅危惧 お盆 野菊

    大阪周辺乗り鉄記(5)~嵐電

  • 2018/11/09 : 鉄道写真
  • 京都市営地下鉄烏丸線で京都駅を通り過ぎ、四条駅で下車しました。
    四条通をまっすぐ西に歩いて、京福電気鉄道嵐山本線の四条大宮駅に向かいます。
    まずは嵐山に行こうと・・


    嵐電四条大宮駅


    通称「嵐電」というやつです。
    駅の外観はどこから電車が出るんだろうと思うような、普通のビルっていう感じです。
    500円の1日フリーきっぷを買いました。


    嵐電1日フリーきっぷ


    嵐電の料金システムは単純で、1乗車あたりどこまで乗っても220円です。
    なので3回以上乗る場合は1日フリーきっぷがお得ということになります。


    嵐電四条大宮駅


    嵐山行きの紫色の電車に乗りました。
    京都の街をゆっくりのんびり走っていきます。
    京都にはこういうのが似合うかもしれませんね。


    嵐山駅


    嵐山に到着しました。
    朝早かったせいもあってまだ観光客の数は少なく、静かでいい雰囲気でした。
    嵐山といったら渡月橋・・というステレオタイプな発想で・・


    渡月橋


    先日の台風で欄干が壊れたそうですが、この日はすでに修復済みのようでした。
    う~ん、紅葉の頃に来たかったですね。
    めちゃ混みでしょうけど。


    嵐山駅


    嵐山駅にはお店がたくさん入ってますが朝早かったのでどこもやってませんでした。
    まぁ、やむなし。
    この日は日曜日で天気もよかったし、このあとは相当混雑したんでしょうね。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 乗り鉄 京都 四条大宮駅 嵐電 京福電気鉄道 嵐山 渡月橋 京都市営地下鉄 四条通 フリーきっぷ

    リンドウ(竜胆)

  • 2018/11/08 : 野の花
  • 今年もリンドウが咲きました。
    野ののトリはやはりこのですね。
    色がきれいで大きくて、他を圧倒する迫力があります。


    リンドウ(竜胆)


    毎年観察してる場所のうち、2ヶ所で個体数の減少を確認しました。
    枯れたのか草刈りに遭ったのか、盗られたのか・・
    なくなってしまうようなことはなさそうですけど、ちょっと心配です。

    【写真】
    リンドウ竜胆) リンドウ科
    熊の胆よりも苦いので竜の胆ということのようです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/11/02 13:01:48
    Tv 1/400
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    これはちょうど見ごろの咲きっぷりでした。
    たまたま陽が当たったので透過光で・・


    リンドウ(竜胆)


    他の場所ではが痛み始めていたので、あと数日早く見に行ければよかったみたいです。
    まぁこのくらい咲いていてくれたらよしとしましょう。

    この日一番付きがよかったのがこれです。


    リンドウ(竜胆)


    アップで見るとあちこち傷んでいて、ギリギリセーフというタイミングでした。
    また来年のもたくさん咲いてくれることを祈りつつ、今年も自然の恵みに感謝

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : リンドウ 竜胆 リンドウ科 野草 熊の胆 透過光 自然 感謝

    大阪周辺乗り鉄記(4)~京都へ

  • 2018/11/07 : 鉄道写真
  • 大阪滞在中に1日だけ休みがあったので京都方面に行ってきました。
    まず近鉄大阪難波駅から奈良行きの準急に乗りました。
    通常、大阪から京都に行くのはJRか阪急か京阪を利用すると思いますが、あえて近鉄で。


    近鉄・大阪難波駅


    近鉄奈良線は沿線にいとこの家があったり、ちょっと懐かしい路線なのであえてこちら経由で・・
    奈良の少し手前の大和西大寺駅で京都行きに乗り継ぎできます。
    この車両はクロスシートで居心地がよかったな。


    近鉄・大和西大寺駅


    大和西大寺駅は鉄ちゃんには有名な駅です。
    近鉄奈良線京都線、橿原線が平面交差していて線路の配置がかなり複雑です。
    本当はホームの反対側のほうがより込み入っているんですが、わざわざ見に行くのも面倒だし時間がないので・・


    大和西大寺の平面交差


    左奥が大阪方面、特急列車が向かっているのが京都方面です。
    ここで京都行きの急行に乗り換えました。


    京都行き@大和西大寺


    大阪難波から1時間20分ほどで竹田駅に到着しました。
    一度下車して「京都・びわ湖チケット」という京都市営地下鉄と大津方面の京阪電車の1日フリーパスを買いました。
    京都はいろんなバリエーションのフリーきっぷを売っているのでどれを使うか迷ってしまいます。


    京都・びわ湖チケット


    今回は行ったことがない大津方面を訪れてみようってことにしました。
    とりあえず竹田駅から京都市営地下鉄烏丸線で京都の中心部へ~。


    京都市営地下鉄烏丸線@竹田駅


    烏丸線開業時から走っている一番古参の車両がやってきました。
    京都は何度来たかわからないけど地下鉄は乗ったことがないかな!?
    これで四条まで行きます。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 乗り鉄 大阪 大阪難波駅 近鉄 奈良線 京都線 大和西大寺 京都 竹田 烏丸線

    キチジョウソウ(吉祥草)

  • 2018/11/06 : 野の花
  • ここ数年、キッコウハグマキチジョウソウを見に行くのが11月の恒例行事になってしまいました。
    今年は例年に比べて若干の時期が遅めかもしれません。
    まだ蕾もあってちょうど見ごろというタイミングでした。


    キチジョウソウ(吉祥草)


    序の下のほうが両性花、上のほうが雄花という構成です。
    何でそういう配置なんでしょうね。
    というのはないんですね。

    【写真】
    キチジョウソウ吉祥草) クサスギカズラ科キジカクシ科
    自生のものは当地では珍しいです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/11/03 10:02:19
    Tv 1/100
    Av 4.5
    ISO感度 3200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    このが咲いたら野の花もいよいよ終わりです。
    春の花が登場するまで4ヶ月くらいと思うと、結構長いですね。


    キチジョウソウ(吉祥草)


    細長くて剛性感のある葉がいっぱいで、非常に撮りにくいです。
    花序よりもはるかに長くて幅もあり、かなり頑丈です。
    園芸用に、グランドカバーとして使われることがあるそうですが、さもありなん。


    キチジョウソウ(吉祥草)


    今年もたくさん咲いていましたが水場に近くて足場の悪いこと。
    最後の写真はレンズの前に葉っぱがあったようです。
    足元を気にしていて、気が付いていなかったんですよね・・

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : キチジョウソウ 吉祥草 クサスギカズラ科 キジカクシ科 野草 キッコウハグマ 両性花 雄花 グランドカバー

    大阪周辺乗り鉄記(3)~阪神電鉄制覇

  • 2018/11/05 : 鉄道写真
  • 神戸から阪急で梅田に戻ったところで、阪神電鉄なんば線武庫川線が未踏破でした。
    まぁ、時間も早いし、次はいつ来られるかわからないし、行っておくか・・
    ということで梅田から地下鉄で難波に行き、大阪難波駅から尼崎方面行きに乗りました。


    武庫川駅


    尼崎で各駅停車に乗り換えて3つ目の武庫川駅で武庫川線に乗り換えました。
    何ということもない駅なんですが、実は駅全体が川の上で、武庫川にかかる鉄橋にプラットホームが設けてあるようなスタイルです。
    暗くてわかりませんけど、駅の下には武庫川が流れています。


    武庫川団地前駅にて


    武庫川駅から約2km、終点の武庫川団地前駅に着きました。
    これで阪神電鉄も全線踏破となりました。
    めでたし、めでたし。


    武庫川団地前駅


    団地があるので降りる人も多いですね。
    途中に無人駅が2つあるだけの短い路線を2両編成の電車が走っています。
    位置的には西宮市の東南の端っこあたりです。


    阪神の各駅停車@尼崎駅


    さて、お腹もすいたし大阪に戻ろう。
    武庫川駅から梅田行きの各駅停車に乗って尼崎で急行に乗り換え、スタート地点の梅田駅に戻りました。


    梅田駅


    2000円のフリーパスをフル活用の1日でした。
    でもこのくらい使わないとお得感が感じられないかも!?
    とりあえず初日はこんなところで勘弁してやろう。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 乗り鉄 大阪 阪神電鉄 阪急 尼崎 武庫川 武庫川線 なんば線 難波 武庫川団地前駅

    キッコウハグマ(亀甲白熊)

  • 2018/11/04 : 野の花
  • 11月に入ったので例年どおりキッコウハグマを見に行きました。
    昨年はものすごくたくさん咲いていましたが今年はどうでしょう。
    昨年ほどではないにしろ、今年もたくさん咲いていました。


    キッコウハグマ(亀甲白熊)


    当地ではキッコウハグマは特に珍しい植物ではありません。
    でも開放花を咲かせる個体はあまり見かけないんですよね。
    なぜか特定の場所で毎年盛んに咲いています。

    【写真】
    キッコウハグマ亀甲白熊) キク科
    五弁の小3個で頭を構成しています。
    キク科の中でもっともシンプルな構造ではないでしょうか。
    モミジハグマ属多年草
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/11/03 10:23:50
    Tv 1/80
    Av 5.6
    ISO感度 1600
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    このくらいの密度で咲いていたので、昨年よりも若干少なめかもしれません。
    ただし結構な距離にわたってこんな具合にが並んでいます。


    キッコウハグマ(亀甲白熊)


    開放花が咲く環境の条件って何かあるんでしょうかね!?
    閉鎖花ばかりのところも多いように思います。
    以前にも書きましたが開放花を咲かせるのは10cmくらいの小さな個体ばかりで、大きい個体は閉鎖花ばかりのようです。


    キッコウハグマ(亀甲白熊)


    若いうちは遺伝子交換を行い、大きくなったら子孫を残すという役割分担ができているみたいです。
    それにしてもこの場所はいつ行っても10cmくらいの個体が多いのか!?
    なんだか不思議な植物です。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : キッコウハグマ 亀甲白熊 キク科 野草 モミジハグマ属 多年草 開放花 閉鎖花 遺伝子

    大阪周辺乗り鉄記(2)~山陽電鉄

  • 2018/11/03 : 鉄道写真
  • 姫路城の100名城スタンプをもらい、姫路名物の穴子を食してミッションコンプリート、山陽姫路駅に戻りました。
    山陽電鉄阪神電車のフリーパスを買っているので来たルートで引き返します。


    山陽姫路駅(山陽百貨店)


    百貨店の入り口が駅の入り口になっている感じです。
    若干わかりにくい入り口かな・・・
    阪神梅田行きの特急に乗りました。


    阪神梅田行き(阪神8000系)


    素直に帰っても面白くないし、次はいつ来れるかわからない。
    山陽電鉄は神戸と姫路を結ぶ本線のほかに支線がひとつあります。
    短い路線だし乗りつぶしておきましょう。


    山陽網干行き@飾磨駅


    特急で1駅、飾磨(しかま)駅で山陽網干(あぼし)行きに乗り換えました。
    この駅の構造は合理的で、上り下りの本線の間が支線の乗り場になっています。
    上り下りどっちからでも(どっちへも)階段を使わずに乗り換えできます。


    山陽網干駅


    山陽網干駅までは6駅、所要時間は15分あまり。
    3両編成のちょっと古めかしいデザインの電車でした。
    線路は単線で、いかにもローカル線っぽいです。


    山陽電鉄3600系@山陽網干駅


    これで山陽電鉄の全路線踏破となりました。
    めでたし、めでたし。
    ふたたび飾磨駅に折り返して阪神梅田行きの特急に乗り換えました。


    阪急梅田駅


    とはいえ来た道を帰るのは芸がないので、高速神戸駅で阪急電車の梅田行きに乗り換えました。
    高速神戸駅は地下駅だったこともあり、写真撮り損ねたので梅田駅に到着したところを・・
    みごとに阪急電車が整列していて、なかなか壮観です。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 大阪 乗り鉄 阪神電車 梅田 姫路 山陽電鉄 飾磨 山陽網干 支線 阪急

    リュウノウギク(竜脳菊)

  • 2018/11/02 : 野の花
  • 11月に入って、野のも終わりの時期を迎えました。
    たぶん咲いているだろうと思って見に行ったリュウノウギク、今年も咲いていました。
    以前に比べて見られる場所が減ってしまったのが残念です。


    リュウノウギク(竜脳菊)


    当地の野菊の中では一番遅くに咲きます。
    でも一番大きな、ふくよかなを咲かせます。
    最初に見たときは園芸品種かと思いました。

    【写真】
    リュウノウギク竜脳菊) キク科
    葉の形が独特で、見分けやすいと思います。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/11/02 13:03:09
    Tv 1/160
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    これから見られそうな野のはあと数種類といったところでしょうかね。
    この週末がラストチャンスかもしれません。


    リュウノウギク(竜脳菊)


    明日はキッコウハグマとキチジョウソウを見に行ってみようと思います。
    例年なら咲いている時期だと思いますが、ちょっと遅いかも・・
    あとはリンドウセンブリ、キヅタにヤツデくらいか。


    リュウノウギク(竜脳菊)


    大阪では早寝早起きの生活でしたが、だいぶ元の生活リズムに戻ってきました。
    生活時間が1時間半くらい早くなっていたので、軽い時差ボケみたいになっています。
    最近の研究では早起きは体に悪いそうですから、遅寝遅起きに戻そう!?

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : リュウノウギク 竜脳菊 キク科 野草 野菊 センブリ リンドウ 時差ボケ 早起き

    大阪周辺乗り鉄記(1)~姫路へ

  • 2018/11/01 : 鉄道写真
  • 大阪へは仕事で行ったんですけど、時間を見つけてちょっと出かけてきました。
    せっかく行くんだから楽しまないともったいないです。
    気軽に行けるほど近くもないし・・


    阪神梅田駅


    手始めに阪神電車姫路を目指しました。
    スタートは阪神梅田駅で、山陽電鉄直通の姫路行き特急に乗りました。
    阪神、山陽全線が1日乗り放題のフリーきっぷを購入。


    きっぷ


    値段は2000円なので姫路まで往復したら十分お得です。
    なおシーサイドと名前が付くチケットなんですが、案外海は見えません。
    神戸あたりは地下だし・・


    須磨海岸


    須磨あたりでようやく瀬戸内海が見えました。
    JRと並行して走っています。
    逆光だけど天気がよくて海がきれいでした。


    明石海峡大橋


    世界最長の吊り橋である明石海峡大橋が見えました。
    走っている車窓から写真を撮るのはすごく難しくて、真ん中にワイヤーが・・
    まぁ雰囲気だけってことで。


    山陽姫路駅


    梅田から1時間40分で山陽姫路駅に到着しました。
    姫路城までは徒歩15分くらいで行けます。
    青空に真っ白なお城がまぶしいくらいでした。


    姫路城


    3年ぶりに訪れた姫路城、目的は日本100名城のスタンプをもらうことです。
    姫路といえばお城と穴子です。
    ちょっと遅い昼に穴子丼を食べましたが、あまりの空腹に写真も撮らずに食べてしまいました。
    アナゴは瀬戸内海に限ります。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 大阪 乗り鉄 阪神電車 阪神梅田 姫路 山陽電鉄 須磨 神戸 明石海峡大橋 姫路城

    ようこそ!
    カレンダー
    10 | 2018/11 | 12
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR