FC2ブログ

本州横断弾丸乗り鉄記(5)~ゆうゆうあぶくまライン

  • 2018/12/31 : 鉄道写真
  • 郡山から磐越東線でさらに東に進みます。
    磐越東線は列車の本数が少なく、郡山からいわきまで行く列車は1日にわずか5本しかありません。
    なので乗り継ぎ時間30分というのは奇跡的な短さです。


    キハ111@郡山駅


    もちろん磐越東線の時刻に合わせて予定を組んだからなんですが。
    やってきた車両はキハ111+キハ112の2両編成で、埼玉の八高線と同じです。
    15:12、いわきに向けて出発進行。


    石灰岩の鉱山


    沿線は石灰岩が多く、前世紀はセメント工場もあって貨物列車も走っていたそうです。
    すっかり削られた山は石灰岩の鉱山で見学会もあるらしく、行ってみたいかも。
    なお磐越東線の愛称はゆうゆうあぶくまラインですが阿武隈川に沿っているわけではありません。


    菅谷駅


    この付近にはあぶくま洞入水鍾乳洞といった鍾乳洞があるのも石灰岩質の地層のおかげでしょう。
    それ以外に沿線で有名なのは三春滝桜なんていうのがあります。
    いずれも列車で行くのはちょっと不便かな・・


    川前駅


    16:15頃に川前駅で郡山行きと列車交換・・なんかもう夜の雰囲気です。
    いわゆるワンマン運転なので降車時は一番前のドアのところで運賃精算します。
    後ろの車両に乗っていて危うく降り損ないそうなった人がひとり、降り損なった人がひとり・・反対方向の列車まで1時間半あったけど大丈夫だったのか。


    江田駅~小川郷駅間・・たぶん


    夕方4時半であたりはすっかり暗くなってしまいました。
    外の様子がよくわからないのでカメラの感度をISO10000まで上げて当てずっぽうでシャッター切ったらこんなのが写ってました。
    デジカメの性能おそるべし・・
    カーテンかぶって写真撮っていた変なおっさんは私です。

    ・・というわけで2018年最後の更新となりました。
    皆様よいお年をお迎えください。
    スポンサーサイト



    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 郡山 磐越東線 ゆうゆうあぶくまライン いわき キハ111 あぶくま洞 入水鍾乳洞 三春滝桜 石灰岩 阿武隈川

    サルトリイバラ(猿捕茨)

  • 2018/12/30 : 野の花
  • 蔓性で丸くてつやのある葉が特徴的です。
    柏の木がない西日本では本種の葉で柏餅をつくるそうです。
    しっかりした葉は表面が滑らかで、葉がしやすそうですね。


    サルトリイバラ(猿捕茨)


    もしかしたら柏の葉よりもこちらのほうが適しているかもしれません。
    そこら中にいっぱいあるし、栽培も楽そうです。
    関東でも作って売ってみたら如何!?

    【写真】
    サルトリイバラ猿捕茨) サルトリイバラ科
    蔓性の半低木で雌雄異株
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/04/07 12:47:50
    Tv 1/160
    Av 5.6
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    よくサンキライなんて呼ばれます。
    本来のサンキライドブクリョウ(土茯苓)というやつで、塊茎が山帰来という生薬になるものだそうです。
    同じサルトリイバラ科ながら別物なんですか・・


    サルトリイバラ(猿捕茨)


    サルトリイバラの蔓には棘があってサンキライは棘なしです。
    この写真の蔓には棘らしいのが写っていませんが、サンキライ!?
    まさかね。


    ツルリンドウ(実)


    何もない時期だと思いつつ、運動不足解消もかねてフィールドに出てみました。
    小さなツルリンドウののあとに大きな実ができていました。
    新しい芽が出るといいな。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : サルトリイバラ 猿捕茨 サルトリイバラ科 雌雄異株 サンキライ 山帰来 ドブクリョウ 生薬 柏餅

    本州横断弾丸乗り鉄記(4)~宝の山!?

  • 2018/12/29 : 鉄道写真
  • 喜多方から会津盆地の田園をまっすぐ南下し、30分足らずで会津若松駅に到着しました。
    会津若松駅前には白虎隊像と赤べこがあって、駅舎の色合いは会津若松城と同じです。
    駅名が書いてなくてもどこだかわかりそう・・


    会津若松駅


    喜多方ラーメンを食べたので、会津若松での乗り継ぎ時間は25分ほど。
    どこにも行けませんね、さすがに。
    駅の売店で「武者せんべい」なるものをお土産に買いました。


    キハ40とE721系@会津若松駅


    左のキハ40から右の郡山行きに乗り換えです。
    郡山行きはE721系の4両編成となかなかゴージャスでした。
    予想どおりゆったり過ごせてよかったです。


    磐梯山


    会津若松を出発すると列車は左右に大きく蛇行しながら走っていました。
    急勾配の区間なんでしょうね。
    ♪会津磐梯山は宝の山よ、笹に黄金がなりさがる・・と民謡にうたわれてますが、笹に黄金とはいったい何のことかわかっていないそうです。
    まぁこの車窓の眺めは宝の山でしょうけど。


    E721系@郡山駅


    14:43に郡山駅に到着しました。
    21時間前に山形新幹線でこの駅を通ったばかりです。
    水郡線で郡山に来た時、次は磐越西線と思っていたのでそれが叶ってよかったです。


    東北本線@郡山駅


    左が福島行き、右が新白河行きの東北本線普通列車ですが、どっちにも乗りません。
    郡山駅での乗り継ぎは30分待ちとこれまた中途半端です。
    ちょこっと写真を撮ったくらいで、乗り継ぎ列車を待ちました。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 喜多方 会津若松 会津盆地 磐越西線 キハ40 E721系 磐梯山 郡山 東北本線 ラーメン

    イヌタデ(犬蓼)

  • 2018/12/28 : 野の花
  • ごくありふれた雑草です。
    子どもがままごとのおもちゃにする赤まんま・・なんていうのはもう遠い昔の話でしょうか。
    半日陰のハナタデに対し、こちらは日当たりのいい場所を好むようです。


    イヌタデ(犬蓼)


    しているのが多いところを撮ろうと思いましたがこれが精いっぱいでした。
    タデ科らしいといいますか、ごく控えめです。
    さてどれが蕾でどれが後なのか!?

    【写真】
    イヌタデ犬蓼) タデ科
    案外きれいなんですけどほとんど注目されない・・かな。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/10/08 13:49:46
    Tv 1/250
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    小さなには柱3本と雄しべ8本が収まっているそうです。
    あまりに小さくて肉眼で確認するのは無理そうですね。


    イヌタデ(犬蓼)


    あまりにもありふれていることもあり、今年撮ったのはこの2カットのみでした。

    いよいよ今年も残り3日になりました。
    勤め人の方は今日が仕事納めという方も多いでしょうけど、私は1日フライングで正月休みに突入しました。


    骨付きハム


    ということで今年もサイボクハムに行って、毎年恒例のジャンボ骨付きハム(アイスバイン)をゲットなんやぜ!!
    これで今年も正月が迎えられる!?
    さてこれは猫が小さいのか、ハムが大きいのか・・

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : イヌタデ 犬蓼 タデ科 野草 雑草 正月 赤まんま 骨付きハム サイボクハム

    本州横断弾丸乗り鉄記(3)~喜多方

  • 2018/12/27 : 鉄道写真
  • 新潟を出発して2時間ちょっと、お昼の時間が近づいてきました。
    もともとは会津若松に立ち寄る予定でしたが、お腹が空いて喜多方ラーメンが食べたくなってしまいました。
    時刻表を調べると喜多方着が11:39で、12:35発の会津若松行きがあるじゃないですか。


    キハ110@喜多方駅


    ということで急遽喜多方駅で下車することにしました。
    駅前にラーメン屋さんが1軒あるようなので、1時間あったら余裕でしょう。

    とはいえ磐越西線は列車の本数が多くないので乗り遅れないようにしないと・・


    喜多方駅


    喜多方を訪れるのは3度目なんですが、駅ってこんなだったっけ・・
    思い出せないのも無理はなく、過去に来たときは車でした。
    で、駅前の櫻井食堂で「秘伝醤油蔵ラーメン」を発注です。


    秘伝醤油蔵ラーメン


    ラーメン刻みショウガというのは珍しいですね。
    でもこのショウガはいい、すごくさっぱりと食べられました。
    おいしかったです、ごちそうさまでした。


    キハ40@喜多方駅


    喜多方発12:35の会津若松行きはキハ40の2両編成でした。
    かなり古い車両で、ドアを乗客が手で開けるタイプです。
    このドアを開けるのがまた重くて、すごい力が要りました。


    会津磐梯山


    ま~しかし、好きな車両なので何でも許せてしまいます。
    喜多方と会津若松の間には駅が5つあって、うち4つは朝夕2本ずつと昼に1本の5往復しか停まりません。
    新潟方面からくる列車が停まるのは塩川駅のみで、その他は通過です。
    時間的にもほぼ高校生の通学用という感じかな・・


    キハ40@会津若松駅


    13:01に会津若松駅に到着しました。
    会津若松城のスタンプをもらいに行きたかったんですけどラーメンの誘惑に負けました。
    お城は駅からちょっと離れているので1時間半で行ってくるのは厳しいのであきらめたというところですが・・

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 喜多方 ラーメン 櫻井食堂 会津若松 キハ40 新潟 塩川駅 刻みショウガ 時刻表 磐越西線

    モミジイチゴ(紅葉苺)

  • 2018/12/26 : 野の花
  • このが咲くと今年も春が来たなと感じます。
    純白で、野のとしては大きめのですから、そこだけスポットライトが当たっているように見えることもあります。
    あと3ヶ月もしたら丘陵のあちこちで咲くはず。


    モミジイチゴ(紅葉苺)


    モミジイチゴの木はたくさんあるんですけど、今年撮ったのはわずかに今日の2カットのみでした。
    まぁこんな年もあります。
    青空にも曇り空にも似合う、来春咲いたらどう撮りましょうか。

    【写真】
    モミジイチゴ紅葉苺) バラ科
    のあとには濃いオレンジ色のイチゴができます。
    あっさりした甘さで、野生のキイチゴとしてはおいしいと思います。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/03/25 13:34:52
    Tv 1/250
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    のピークにはちょっと早いタイミングでした。
    今年の見ごろは3月終わりくらいだったみたいです。


    モミジイチゴ(紅葉苺)


    どの花も下向きに咲くのとあまりにも白いので背景を選ばないと・・
    今年の春はこの花ですら載せそびれてますから、ちょっと乗り鉄し過ぎだったか。

    磐越西線の車窓から。


    阿賀野川


    撮影時間からすると新潟県と福島県の県境のちょっと新潟寄り、豊実駅付近の阿賀野川です。
    これだけの水量ですから流域に多くの発電所があるのも頷けます。
    この川の持つエネルギーの何パーセントくらいを電気として取り出せるんだろう!?

    tag : モミジイチゴ 紅葉苺 バラ科 キイチゴ イチゴ 乗り鉄 磐越西線 阿賀野川 新潟県

    本州横断弾丸乗り鉄記(2)~森と水とロマンの鉄道

  • 2018/12/25 : 鉄道写真
  • 新潟駅の2番ホームで待つことしばし、会津若松行きの列車が来ました。
    JR東日本ではおなじみの気動車、キハ110の3両編成でした。
    快速の表示がありますけど折り返しは普通列車です。


    キハ110@新潟駅


    平日だし、9:19新潟発ということもあってか乗客は少ないです。
    あられ、おせんべいで有名な亀田製菓のある亀田なんかを経て新津までは信越本線です。

    新津駅にこんな車両が・・新しい山手線の車両が停まっていました。


    E235系@新津


    新潟にもE235系!?と一瞬思ったけど何のことはない、新津にはJR東日本の車両工場があるんでした。
    これは出来立てほやほやの山手線です。

    新津から先は磐越西線、「森と水とロマンの鉄道」なんていう愛称があるらしく・・


    キハ110の車内


    新津駅を出たら車内はガラガラで、景色のいいほうに時々移動して・・
    のんびりできてすごくいいです。
    小雨が降ってましたが乗り鉄には大した問題じゃありません。


    阿賀野川


    その愛称のとおり列車は阿賀野川に沿って東に向かいます。
    いつも左右どちらかに阿賀野川が見えています。
    さすがに紅葉は終わりみたいですね。


    阿賀川


    福島県に入ると名前が阿賀川に変わりますけど同じ川です。
    これはたぶん只見川との合流地点のちょっと下流くらいだと思います。
    水量たっぷりです。


    会津盆地


    福島に向かうにつれて天気がどんどんよくなって、会津盆地に入ったら晴天です。
    遠くに見えるのは磐梯山だろうな~。
    お昼前でお腹すいた・・そうだ、あれ食べよう。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 乗り鉄 森と水とロマンの鉄道 磐越西線 新潟 会津若松 キハ110 阿賀野川 阿賀川 磐梯山 亀田製菓

    アメリカイヌホオズキ(アメリカ犬酸漿)

  • 2018/12/24 : 野の花
  • このは3年ぶりの登場です。
    当地で咲くイヌホオズキの仲間は何種類かありますが、これが一番多いと思います。
    さすがは外来種


    アメリカイヌホオズキ(アメリカ犬酸漿)


    イヌホオズキの仲間はよく似ていて見分けが難しいです。
    一時期いろいろ調べてみたものの、フィールドでは相変わらず迷います。
    でもこれだけは間違えないかな・・

    【写真】
    アメリカイヌホオズキアメリカ犬酸漿) ナス科 有毒
    他のイヌホオズキ弁は反り返るように開きますが、これは水平くらいまでしか開きません。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/10/14 13:47:57
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 1000
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    小さいけれど淡い紫色のはかわいらしいです。
    撮った時期が遅かったせいかほとんど白に近いくらいでした。


    アメリカイヌホオズキ(アメリカ犬酸漿)


    の時期の後半になると色が薄かったり白くなったりするものをよく見かけます。
    思いつくのはヒレハリソウとかミゾソバとか・・
    を咲かせるのにはそれだけ多くのエネルギーを必要とするということでしょうか。


    マンチカン


    わが家の新入り、マンチカンの女の子の「あんこ」です。
    もうじき生後3ヶ月でまだまだ小さいけれど元気いっぱいです。
    先代のへいすけ君が半年ほど前に病気で天国に行ってしまったので、この子には元気で長生きしてほしいです。
    今後たまに登場するかもしれません。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : アメリカイヌホオズキ アメリカ犬酸漿 ナス科 有毒 野草 イヌホオズキ 外来種 ミゾソバ マンチカン

    本州横断弾丸乗り鉄記(1)~新潟へ

  • 2018/12/23 : 鉄道写真
  • 大人の休日俱楽部パスを利用して初冬の東北に3日行ってきました。
    パスは4日間乗り放題なので、あと1日分が残っています。
    さてどのように有効活用するか!?ということで弾丸ツアー決行です。


    E4系@大宮駅


    日帰りで本州縦断は無理ですが、横断なら行けそうです。
    日本海の水を汲んで太平洋に注いでみました的なアレであります。
    大宮発7:26の上越新幹線Maxとき303号に乗車し一路新潟へ向かいました。


    虹@長岡


    長岡付近できれいなのアーチがかかってました。
    新潟方面は雨の予報でしたが長岡までは日差しがあって、案外いい天気!?
    それはそうとE4系Maxって近くで見たらとぼけた顔してますね。


    長岡駅


    せっかくの2階建て新幹線なので2階席をリザーブしました。
    これは長岡駅ですけど、かなり高いところからホームを見下ろす感じです。
    車窓の眺めもいいですよ。


    新潟平野


    冬枯れの水田が広がる先に見えるのは弥彦山でしょうか。
    米どころらしい風景です。
    天気予報どおり新潟に近づくにつれて天気が悪くなってきました。


    E4系@新潟駅


    大宮からおよそ1時間半で新潟駅に到着しました。
    こうしてみると2階建ての新幹線はボリュームたっぷり、これが240km/hで走るんですから大したもんです。

    新潟駅での乗り換えは、9:19発の信越本線・磐越西線経由の会津若松行きです。


    新潟駅


    1年ぶりの新潟駅ですが、在来線ホームが高架になってすっかり新しくなっていました。
    そういえば昨年来た時は盛んに工事していたんでした。
    新潟といえばE129系電車、どこ見てもこればっかり。
    なお乗り継ぎがよくて日本海の水を汲みに行く時間がありませんでした。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 大人の休日俱楽部パス Maxとき 上越新幹線 新潟 長岡 日本海 太平洋 弾丸ツアー E4系

    シロバナタンポポ(白花蒲公英)

  • 2018/12/22 : 野の花
  • 西日本に多いといわれるシロバナタンポポ、当地でもわずかに見ることができます。
    一昨年は別の場所でも確認していましたが、昨年からは一ヶ所しか見られなくなってしまいました。
    もともとここのものではないので、なくなっても仕方がないのかも・・


    シロバナタンポポ(白花蒲公英)


    朝鮮半島に多いケイリンシロタンポポカンサイタンポポの交雑種だそうです。
    ということであれば西日本に多いのもわかる気がします。
    せっかくこちらでも咲いたので、カントウタンポポに影響ないくらいに咲いてくれればいいんですが。

    【写真】
    シロバナタンポポ白花蒲公英) キク科
    セイヨウタンポポと同様、単為生殖ができます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/03/31 14:42:38
    Tv 1/640
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    舌状は見事なくらいに真っ白ですね。
    柱頭や葯がしっかり黄色いので、ちょっと離れると薄い黄色くらいに見えたりします。


    シロバナタンポポ(白花蒲公英)


    さて来春はどうなっているでしょうか。

    今年は暖冬なのか、12月16日にちらほらが咲いているウグイスカグラの木がありました。
    毎年見ている木で昨年や一昨年のこの時期には咲いていませんでした。


    ウグイスカグラ


    暖冬というより、秋が暖かかったので咲いているのか・・

    暮れに強烈な寒波が来て寒くなるみたいですね。
    お手柔らかにお願いしたいものです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : シロバナタンポポ 白花蒲公英 キク科 野草 単為生殖 ケイリンシロタンポポ カンサイタンポポ カントウタンポポ セイヨウタンポポ

    初冬の東北乗り鉄記(9)~山形

  • 2018/12/21 : 鉄道写真
  • 新庄山形新幹線つばさに乗り換えて45分ほどで山形に到着しました。
    今回の旅行の最後の目的地です。
    35年ぶりに訪れた山形城址の様子は12月3日の日記のとおりです。


    つばさ@山形到着


    この日が月曜日だったのでどこもかしこも閉館日でした。
    日本100名城のスタンプを設置している3つの施設で開館していたのは山形市郷土館のみ。
    明治11年にできた建物で、山形市内から移設したものだそうです。


    山形市郷土館


    建物の中から見たのが下の写真で、上から見たらドーナツのような形状です。
    擬洋風なんていうらしく、洋風っぽく建ててみました的なアレでしょうか。
    しかし西南戦争のころにこんな建物作っていたとは。


    山形市郷土館


    ちなみに病院として建てられたもので、霞城公園内(山形城址)にあり、入館無料です。

    無事に日本100名城のスタンプをもらって山形駅に戻しました。
    埼玉への帰還は新庄発東京行きの山形新幹線つばさで~。


    つばさ@山形駅入線


    今回初めて「大人の休日俱楽部パス」を利用しましたけどかなりお得、東京から青森まで新幹線で1万6千円以上しますからそれだけで元が取れます。
    難は利用できる時期が梅雨時とか冬とか・・


    奥羽本線の車窓


    ちなみに山形新幹線といいつつ、福島から新庄までは奥羽本線の在来線特急という位置づけです。
    つばさはグレーの車体のイメージでしたがとっくの昔にE3系に変わってましたね。


    山形新幹線@大宮駅


    ということで大宮駅に到着しました。
    2泊3日だったので「大人の休日俱楽部パス」が1日分余っています。
    この翌日、無駄なく使うべく出かけたのは言うまでもありません。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 大人の休日俱楽部パス 山形市郷土館 山形新幹線 新庄 山形城 つばさ 日本100名城 霞城公園 奥羽本線 山形

    ヤクシソウ(薬師草)

  • 2018/12/20 : 野の花
  • ひとつひとつの頭は春に咲くニガナみたいです。
    あるいは、舌状の数からするとハナニガナのほうが似ていますかね。
    の季節は全然違いますがそっくりです。


    ヤクシソウ(薬師草)


    一株当たりのの数はヤクシソウのほうが圧倒的に多いと思います。
    7~80cmほどの黄色いボールのように咲いていることもあります。
    直径1cmほどの小さなもたくさん集まると見ごたえがあるものです。

    【写真】
    ヤクシソウ薬師草) キク科
    このが咲くと野の花の季節は終盤です。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/10/14 13:35:59
    Tv 1/250
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    キク科オニタビラコ属だそうで、そういえばオニタビラコの花もよく似ています。
    オニタビラコも春の花ですけど。


    ヤクシソウ(薬師草)


    以前に比べてヤクシソウの大株に出会うことが少なくなりました。
    気候の変動なのか、あるいは木や笹が生い茂って日当たりが悪くなったのか・・

    今年もあと10日ほどになっちゃいましたね、早いもんです。


    カシワバハグマ


    この期に及んでキッチンの換気扇が壊れてしまいました。
    レンジフードも交換で、えらい出費になっちゃいました。
    レンジフードが大掃除の対象外になったのはありがたいけど・・
    最後はカシワバハグマの綿毛。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヤクシソウ 薬師草 キク科 野草 オニタビラコ ニガナ ハナニガナ 大掃除 換気扇

    初冬の東北乗り鉄記(8)~新庄

  • 2018/12/19 : 鉄道写真
  • 大曲で秋田発新庄行きの奥羽本線各駅停車に乗り換えました。
    田沢湖線と同じ701系電車ですけどレールの幅がこちらは狭いです。
    このあたりでは701系の2両編成が標準みたいです。


    大曲駅


    1時間に1本、2両編成の電車で間に合ってしまうというのはちょっと寂しいかな・・
    もう少し利用者が増えて列車の本数が多くなったらいいんですが。
    かつては特急が走っていた奥羽本線大曲新庄間は普通列車だけになってしまいました。


    奥羽本線


    田んぼの中にまっすぐの線路、列車は結構な速度で走ってます。
    この日は15分くらい遅れていたせいかもしれません。
    新庄の乗り継ぎに間に合えばいいけど。


    横手焼きそば@秋田


    途中の横手で途中下車してB級グルメ横手焼きそばを食べたかったのですが列車の本数が少ないのでパス。
    これは秋田で食べた横手焼きそば、まぁおいしかったです。


    新庄駅


    若干遅れて終点の新庄駅に到着しました。
    ここで奥羽本線の線路が途切れていて、列車の先で行き止まりです。
    その向こうは山形新幹線が走るのでレールの幅が広く、大曲方面から来た列車は全部新庄止まりです。


    山形新幹線@新庄


    ここで山形新幹線つばさに乗り換えて山形に向かいました。
    新庄は始発駅なので余裕で自由席に座れると思っていたら案外座席が埋まっていてびっくり。
    甘く見たらいけませんね・・座れたのでよかったですが。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 大曲 奥羽本線 新庄 横手焼きそば 701系 山形新幹線 つばさ 横手 B級グルメ 山形

    ネコノメソウ(猫の目草)

  • 2018/12/18 : 野の花
  • 早春らしい、淡い緑が美しいです。
    きれいに咲いていると思って撮ったら、たくさん砂を被ってました。
    すぐ脇を人が頻繁に歩くようなところにあったので仕方がないですが。


    ネコノメソウ(猫の目草)


    弁はなくて4つの萼片に囲まれた中に柱頭2本と雄しべ4つです。
    ちょっと小さすぎてよくわかりませんね。
    野のらしく至ってシンプルです。

    【写真】
    ネコノメソウ猫の目草) ユキノシタ科
    東京都、埼玉県とも絶滅危惧種になっていますが、当地には結構あります。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/03/25 14:28:22
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:絶滅危惧II類(北多摩)
    埼玉県RDB2011:準絶滅危惧


    湿地などの湿ったところに生育します。
    以前は武蔵村山市の学習田の周辺にどっさりあったんですけど、最近すっかり減ってしまいました。
    春先に一面が淡い緑に染まるのがとてもきれいだっただけに残念です。


    ネコノメソウ(猫の目草)


    とはいえあちこちにあるので、なくなってしまうことはなさそうですけど。
    あと3ヶ月ほどでまた見られることでしょう。

    これだけだと季節はずれすぎるので、この時期のも・・


    ノササゲ


    金網に絡みついたノササゲの青い豆がとても美しいです。
    今年は残念ながらを撮りそこないました。
    秋の長雨のころに咲くので、見逃してしまうことが多いです。


    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ネコノメソウ 猫の目草 ユキノシタ科 野草 絶滅危惧 ノササゲ 秋の長雨 湿地 武蔵村山

    初冬の東北乗り鉄記(7)~3日目も晴れ

  • 2018/12/17 : 鉄道写真
  • 翌12月3日もきれいな青空が広がる好天でした。
    やはり日ごろの行いでしょうね。わはは。
    ゆっくりと朝ご飯を食べてから、角館発10:00の田沢湖線各駅停車で大曲へ。


    角館駅


    このあたりではおなじみの701系電車の2両編成が来ました。
    田沢湖線秋田新幹線が走るのでレールの幅が新幹線と同じです。
    1996年に列車を1年間止めて、在来線の1067ミリから新幹線の1435ミリにレールを全とっかえ(改軌)しています。


    こまち@角館


    秋田方面から東京行きのこまちがやってきて、角館大曲行きと行き違いです。
    新幹線と普通の電車が同じ線路で列車交換というのも不思議なような・・
    新幹線の線路を走っていると小さく見えるこまち、ここで見るとボリュームありますね。


    田沢湖線の車窓


    いい天気だな~。
    このあたりも一面田んぼ、作っているのは「あきたこまち」でしょうね。


    701系@大曲


    ほんの20分ほどで終点の大曲駅に到着しました。
    ここで1時間近く乗り継ぎの待ち時間があります。
    奥羽本線の列車はおおむね1時間に1本、それで55分待ちって乗り継ぎ悪すぎです。


    大曲駅


    しかし55分待ちってすごい中途半端です。
    何か見物に行くには短すぎるし、お土産見るには長すぎるような・・
    結局半分くらいは待合室でTV見て過ごしました。


    大曲駅の花火


    大曲は花火が有名だそうです。
    駅前に巨大な花火のオブジェがあったりします。
    花火伝統文化継承資料館なんていうのが最近できたようですけど、1時間ではとても行けそうにありません・・

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 角館 田沢湖線 新幹線 改軌 大曲 こまち 秋田 花火 701系 奥羽本線

    ハナタデ(花蓼)

  • 2018/12/16 : 野の花
  • 秋になると林縁などの半日陰にいっぱい咲きます。
    あまり見栄えがしないというか、地味なのと撮りにくいのとで毎年敬遠しています。
    今年は気まぐれで撮ってみました。


    ハナタデ(花蓼)


    の付き方はイヌタデをまばらにしたような感じですね。
    イヌタデと同属(イヌタデ属)といわれるとなるほどと思ってしまいます。
    イヌタデと違って葉の先端がすっと尾状に細くなっているんですけど、分かりにくいでしょうかね。

    【写真】
    ハナタデ花蓼) タデ科
    別名のヤブタデ藪蓼)のほうがそれっぽい名前のような気がします。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/10/13 14:54:22
    Tv 1/160
    Av 5.6
    ISO感度 1250
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    寄ってみましたけど、タデ科らしく開しているのは少ないです。
    は非常に小さくて弁がなく、ピンクの部分は萼です。


    ハナタデ(花蓼)


    最近、この大きさの被写体を撮るのが本当につらくなってきました。
    寄る年波というか年相応というか・・

    12月も半ばになると、フィールドに出てもなかなかこれっていうものがありません。


    オケラ(朮)


    ふと目についたのがオケラの綿毛でした。
    そういえばこの辺りにもうちょっとあるはず・・と探したら全部で4株ありました。
    藪に埋もれていたので花の時期に気が付かなかったようです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ハナタデ 花蓼 タデ科 野草 イヌタデ ヤブタデ オケラ 藪蓼 寄る年波

    初冬の東北乗り鉄記(6)~角館

  • 2018/12/15 : 鉄道写真
  • 秋田駅付近でお昼を食べてから秋田新幹線こまち角館に移動です。
    思えば、初こまちでした。
    新幹線もなかなか乗る機会がないのですが、今年の秋から冬にかけては8回も乗りました。


    秋田駒ケ岳@大曲付近


    12月2日も気持ちのいい快晴で、大曲駅の手前で雪をいただく秋田駒ケ岳がきれいに見えました。
    その右、木に隠れてますが岩手山も見えているようです。
    12月にこれだけ晴れたら超ラッキーでしょうね。


    こまち@角館


    40分あまりで角館駅に到着しました。
    慌てて撮ったらカメラの感度設定がおかしく、ぶっ飛びまくり・・
    こまちも鼻が長いですね。


    角館駅


    角館駅前のコインロッカーにリュックを放り込んで身軽に散策です。
    武家屋敷まで歩くとちょっと距離があるので、鉄道旅ならこれがおすすめです。

    角館あたりなら少しは雪があるかと思ったらそうでもなく、名残の紅葉がきれいでした。


    角館武家屋敷通り


    角館といったら武家屋敷しか思い浮かびません。
    上の写真は武家屋敷通りのいちばん端っこからの眺めで、両側に古い建物が並んでいます。
    公開していたりしてなかったり、普通に生活している家があったり・・


    石黒家


    こちらは石黒家、時期が時期なので宅の周囲は雪囲いの板ですかね。
    観覧は有料ですが丁寧に説明してくれます。
    囲炉裏に火が入っていたのでちょっと休憩。


    石黒家の囲炉裏


    観光客の多い時期ではないでしょうし、しかも日曜日の午後ということもあってか人が少なくて静かでした。
    中国人観光客らしき人だけは大声で呼びあってましたが・・
    この日は角館近くの温泉に投宿、2日続けてきりたんぽ鍋をいただきました。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 秋田新幹線 こまち 秋田 大曲 秋田駒ケ岳 角館 武家屋敷 石黒家 囲炉裏 紅葉

    タネツケバナ(種漬け花)

  • 2018/12/14 : 野の花
  • 春先の常連さんなんですが今年は載せていませんでした。
    まだ寒いくらいの時期から咲き始めて、3月下旬くらいになると田んぼ一面に咲いています。
    いわゆる水田雑草です。


    タネツケバナ(種漬け花)


    よく似たミチタネツケバナと同じような時期に咲きます。
    が大きいのと、弁4枚、雄しべ6本で見分け可能だと思います。
    またタネツケバナのほうが湿ったところを好むようで、乾燥した場所ではほとんど見かけません。

    【写真】
    タネツケバナ種漬け花) アブラナ科
    このが咲いたら種もみを水に漬けて田植えの準備を始めたというところから。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/03/31 14:58:13
    Tv 1/1000
    Av 4.0
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    例年、2月下旬にちらほら見かけるようになり、1ヶ月くらいすると田んぼ一面が真っ白になっていたりします。
    個々のを見たらどうってことないんですが、このくらい咲いたらみごとなもんですね。


    タネツケバナ(種漬け花)


    このあと田起こしの際に土に鋤きこまれてしまうので、見られる期間はそんなに長くないかも!?


    赤れんが郷土館


    秋田の赤れんが郷土館(旧秋田銀行)、カウンターがいかにも銀行っていう感じですね。
    外は好天ながら建物の中は案外暗くて写真撮りにくかったです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : タネツケバナ 種漬け花 アブラナ科 野草 ミチタネツケバナ 水田雑草 田起こし 田植え 秋田

    初冬の東北乗り鉄記(5)~秋田

  • 2018/12/13 : 鉄道写真
  • ようやく秋田に到着しました。
    この日は朝6時半くらいに地元の駅を出発してますから、ここまで12時間半です。
    移動距離はおよそ900kmといったところか・・


    リゾートしらかみ(ブナ)


    これはリゾートしらかみ(橅)のカウンターを車外から撮ったものです。
    走行中は一升瓶が並んでいて、地酒が飲めるようでした。
    海側にカウンター席があって、コーヒーやお酒を飲みながら五能線の風景を楽しめるってことですね。


    夜の秋田駅


    午後7時、完全に夜ですね。
    お腹がすきました。
    秋田といったらきりたんぽ鍋というステレオタイプな発想です。(笑)


    きりたんぽ鍋


    ご飯を棒に巻いて焼いた「たんぽ」を切って鍋に入れるからきりたんぽですか。
    切らないと「きりたんぽ」じゃないそうです。
    また秋田ではセリを根っこまで食べるそうで・・食べてみましたが特段違和感ありませんでした、意外と。


    秋田市民俗芸能伝承館


    翌日は朝から秋田市民俗芸能伝承館へ。
    秋田といったら竿灯という、これまたワンパターンの発想です。
    一番小さい子供用の竿灯を試させてもらいましたが、片手で持ってバランスとるのはかなり難しいもんですね。


    赤れんが郷土館


    こちらは赤れんが郷土館、かつての秋田銀行本店だった建物です。
    石造りの暖炉があったり、重厚な感じの建物でした。
    このあと日本100名城のひとつ久保田城に登城、ぜんぶ徒歩で移動できる範囲なので待ち時間なし、効率的です。


    こまち@秋田駅


    この日は秋田市内と角館の見物ってことで、移動は秋田から角館まで秋田新幹線で40分のみです。
    大人の休日俱楽部パスをフル活用でほんの40分でもこまちの指定席で移動という、ちょっと贅沢ですかね。
    とはいえ在来線の本数が少なすぎて新幹線を使わざるを得ないというのも本当ですが。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 大人の休日俱楽部パス リゾートしらかみ 秋田 きりたんぽ 竿灯 秋田市民俗芸能伝承館 赤れんが郷土館 秋田銀行 こまち 秋田新幹線

    アレチウリ(荒れ地瓜)

  • 2018/12/12 : 野の花
  • 多くの外来植物の中でも、特に質の悪いのがこれじゃないかと思います。
    どんどん蔓を伸ばして大きな葉を広げます。
    日差しを遮って他の植物を枯らすという凶悪な奴です。


    アレチウリ(荒れ地瓜)


    一時期ごっそり刈られた場所にまたしても復活していました。
    一度や二度刈り取ったくらいではびくともしないようですね。
    各地で問題になっているのもわかります。

    【写真】
    アレチウリ荒れ地瓜) ウリ科
    侵略的外来種ワースト100のうちのひとつで、みつけたら駆除すべきもの。
    北米原産の外来種
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/10/13 15:14:36
    Tv 1/200
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    蔓をたどっていったら実ができていました。
    毛がいっぱい生えていますね。


    アレチウリ(荒れ地瓜)


    ちょっと太く見えるのが棘で、細くて鋭く、結構硬いので不用意に触れると指に刺さったりします。
    これを撮った時に指に刺してしまい、痛い思いをしました。
    英語名は「トゲのあるキュウリ」だそうで、なるほどです。


    アレチウリ(荒れ地瓜)


    大きい葉を隙間なく広げていて、これでは影になる植物はたまったものではありません。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : アレチウリ 荒れ地瓜 ウリ科 野草 侵略的外来種ワースト100 外来種 キュウリ 北米 駆除

    初冬の東北乗り鉄記(4)~千畳敷

  • 2018/12/11 : 鉄道写真
  • 列車はしばらく海沿いを進んで、午後4時前に千畳敷駅に到着しました。
    駅の目の前に千畳敷海岸が広がっています。
    その昔、津軽の殿様が千枚の畳を敷いて宴を催したというのが謂れだそうで・・


    千畳敷駅に到着


    この駅でリゾートしらかみ4号は15分停車です。
    早速海岸に降りてみました。
    少し風がありましたが雪が止んでくれてよかったです。


    千畳敷海岸


    左の大きな岩は大仏岩というやつかな。
    見る向きによっては大仏が座っているように見えるということですけど、よくわからなかった・・
    写っている人はみんなリゾートしらかみの乗客です。


    JR五能線千畳敷駅


    駅前にイカ焼きを売っているお店があって、下車するや否や食欲を刺激する匂いが漂ってきました。
    時間が遅かったせいか売り切れらしく、食べられませんでした。
    拷問に等しいですね。


    リゾートしらかみ@千畳敷駅


    外にいると寒いので早めに列車内に撤収しました。
    15分で十分です。

    季節的に夕方4時を過ぎると一気に暗くなって、ほどなく何も見えなくなりました。


    リゾートしらかみ@東能代駅


    17:59、五能線の起点である東能代駅に到着しました。
    この駅で進行方向が逆になり、奥羽本線に入って秋田に向かいます。
    列車内に戻ったら乗客全員立ち上がってシートの向きを変えていました。


    リゾートしらかみ@秋田駅


    18:56、終点の秋田駅に到着しました。
    なかなか快適な列車でしたが、もう少し日の長い季節に乗るか早い時間に乗ったほうが景色が楽しめると思います。
    弘前から4時間半、結構乗りごたえがあります。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 乗り鉄 リゾートしらかみ 五能線 弘前 秋田 千畳敷 東能代 津軽 大仏岩 奥羽本線

    ノダケ(野竹)

  • 2018/12/10 : 野の花
  • 昨日は久しぶりにいつものフィールドを歩いてみました。
    何かあてがあって歩いたわけでもなく、時期も時期だしもなかろう・・
    と思って帰る直前にこんなを見つけました。


    ノダケ(野竹)


    12月9日にノダケが咲いているのを初めて見ました。
    当地では9月のですから、まだまだ暖かい時期のです。
    どうしたことか2株並んでが咲いていました。

    【写真】
    ノダケ野竹) セリ科
    草丈は1mを超え、人の背丈ほどになることもあります。
    の様子とか、セリ科シシウド属というのもわかる気がします。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/12/09 13:56:53
    Tv 1/100
    Av 8.0
    ISO感度 1250
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    草全体はこんな感じです。
    さすがに9月のころと比べたら弱々しいように思います。


    ノダケ(野竹)


    小春日和に誘われて返り咲きでしょうか。
    温暖化の影響とかでなければいいんですけど。
    日当たりのいい暖かそうな場所ではありましたが・・


    ノダケ(野竹)


    こちらは本来の花の時期である9月に撮ったものです。
    写真ではわかりにくいですが花序の大きさがずっと大きいです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ノダケ 野竹 セリ科 野草 シシウド 返り咲き 小春日和 温暖化 花序

    初冬の東北乗り鉄記(3)~リゾートしらかみ4号

  • 2018/12/09 : 鉄道写真
  • 弘前発14:30、秋田行きのリゾートしらかみ4号に乗りました。
    この日のメインイベント的なアレです。
    これに乗りたくて青森に来たといっても過言ではありません。


    リゾートしらかみ4号@弘前駅


    リゾートしらかみ青森秋田をおよそ5時間かけて走る快速列車です。
    快速なので運賃と500円の指定席券のみで乗ることができます。
    海のすぐそばを走るので車窓の風景もすばらしく、超人気になってます。


    リゾートしらかみ(橅)


    全車指定席で座席間が広く、足元に荷物を置いても余裕があるくらいでした。
    窓の位置が低いので眺望もばっちりです。
    リゾートしらかみの車両は橅(ブナ)編成、青池編成、くまげら編成の3編成があって、今回は一番新しい橅編成に当たりました。


    リゾートしらかみ@川部駅


    弘前から青森方向に引き返し、川部駅で再び向きを変えて五能線に入ります。
    川部駅で7分停車なので列車全体が見えるところを探して・・
    HB-E300系、ディーゼルハイブリッドの4両編成です。


    リゾートしらかみ(橅)の先頭車両


    座席は先頭車両の前から3列目で、海側ではなかったもののまずまずです。
    先頭車両の一番前は展望室になっていて、乗車記念スタンプなんかも置いてあります。
    左手に岩木山を望みつつ、このスペースで語り部による津軽弁の昔話(2話)なんていうイベントがあって、これはすごくよかった。


    岩木山


    五所川原駅(40年ぶり!)に着くころには雪がやんでいました。
    このあたりの沿線はどっちを向いてもリンゴ畑といった感じです。
    リンゴが実るころに乗るのもいいでしょうね。


    もうすぐ千畳敷


    鯵ヶ沢を過ぎると列車は海岸沿いを走るようになります。
    埼玉は海がないのでこういう景色が見られるだけでもうれしいです。
    午後4時近くなって少し暗くなってきました。
    雲が多いので日本海に沈む夕日は見られそうにありません・・

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 乗り鉄 リゾートしらかみ HB-E300 五能線 弘前 青森 秋田 五所川原 岩木山 ハイブリッド

    ヒサカキ(姫榊)

  • 2018/12/08 : 野の花
  • こちらの丘陵にはたくさんあります。
    そのせいか、わが家の庭にもいつの間にか生えていて、毎年雌雄のを咲かせています。
    たぶん鳥が種を落としていったのでしょう。


    ヒサカキ(姫榊)の雄花いっぱい


    が咲くと独特の芳香(というか臭気)が漂ってきます。
    春先に丘陵の林を歩いていると臭ってきて、姿が見えなくてもが咲いているのが分かります。
    春の到来を告げる匂いではありますが、近寄って嗅ぎたいものではないかな・・

    【写真】
    ヒサカキ姫榊) モッコク科サカキ科
    白っぽいが大半ですが、中には赤紫を帯びたが咲くものもあります。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/03/17 15:00:19
    Tv 1/160
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    非常に小さな花が枝の下に並んで咲いています。
    下からのぞき込むように撮らなければならないので案外難しいです。
    毎度同じような絵になってしまうと思いつつ、今回もいつもどおりでした。


    ヒサカキ(姫榊)の雄花


    一般的には雌雄異株と言われているようですが、それほど単純ではないようです。
    目につくのは雄花が多く、時々雌花を見かけるくらいの印象です。
    両性花を咲かせたり、雌しべのある雄花、雄しべのある雌花なんていうのも見られるということなので、来春は観察してみましょう。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヒサカキ 姫榊 モッコク科 サカキ科 雌雄異株 両性花 雄花 雌花 臭気

    初冬の東北乗り鉄記(2)~弘前

  • 2018/12/07 : 鉄道写真
  • 新青森で最初の目的地である弘前に行くため、奥羽本線に乗り換えました。
    ちょうどいいタイミングで弘前行きの快速列車に接続しています。
    ・・が、10分ほど遅延していてホームでの待ち時間が長く感じました。


    701系@新青森駅


    東北地方ではおなじみの701系、さすがに青森、新青森弘前間は利用者が多いとみえて5両編成でした。
    秋田や山形あたりは2両編成が普通ですし。
    しかし降ってるな~、雪。


    701系@弘前駅


    30分あまりで弘前に到着しました。
    相変わらず雪が降っていて、天気予報どおりです。
    でもものすごく寒いっていうほどでもなく、風もそんなになく・・


    弘南鉄道


    弘前駅構内のはずれに2両編成の電車が停まってました。
    弘南鉄道の黒石行きで、ヘッドマークに雪が付いて何も見えなくなっているところを見ると、結構降ったんでしょうね。
    乗ってみたいけど今回はパス。


    弘前城二の丸南門


    駅前で軽く昼を食べてからタクシーで弘前公園に向かいました。
    弘前公園弘前城)は12月1日の日記(←クリック)のとおりです。
    名残の紅葉に雪が積もって、これはこれでいいものです。
    こちらは弘前城二の丸南門。


    アップルパイ@ホテルニューキャッスル


    雪の中を歩き回ってくたびれたし、昼食が物足りなかったので弘前公園近くのホテルニューキャッスルの喫茶室でアップルパイを食べました。
    さすがは産地だけあっておいしいリンゴがたっぷりです。
    これで300円は安いかも。


    弘前駅


    ホテルの前に弘前駅行きのバス停があるのもポイント高いです。
    しかも10分おきに100円バスがやってきます。
    余裕をもってJR弘前駅に戻れました。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 大人の休日俱楽部 東北 乗り鉄 新青森 弘前 弘前城 弘前公園 ホテルニューキャッスル アップルパイ リンゴ

    ヒメジソ(姫紫蘇)

  • 2018/12/06 : 野の花
  • 毎年決まった場所で白いを咲かせます。
    シソ科らしい序なんですが、いつ見ても開している数が少ないんですよね。
    よく似たイヌコウジュをずらっと並べていることもあるんですが。


    ヒメジソ(姫紫蘇)


    イヌコウジュとの差異は萼片上部の尖り方が鈍い、茎に毛がないなど。
    の色もヒメジソのほうが白いように思います。
    よく似ていても明確な違いがあるものです。

    【写真】
    ヒメジソ姫紫蘇) シソ科
    ちょっと湿ったところを好むようです。
    これは休耕田の縁に咲いていました。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/10/07 12:52:47
    Tv 1/160
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    いつも思いますがもう少しにぎやかに咲いてくれたらいいんですけどね。
    これだけ咲かせたら花としての任務を全うできるということなんでしょう。


    ヒメジソ(姫紫蘇)


    寒くなってきても案外キノコがたくさんあります。
    これはシロツチガキでしょうか、当地ではごく普通に転がっています。
    手に取ってみたら根っこみたいなのも何もなくて、地面の上に置いてあるような感じでした。


    シロツチガキ?


    今年も残り3週間とちょっとになってしまいました。
    今日は年末の買い出し第一弾でコストコに行ってきましたが欲しかったものはほとんどなく・・
    どうも品揃えが不確実で、日本のお店に慣れていると少なからず違和感あります。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヒメジソ 姫紫蘇 シソ科 野草 イヌコウジュ 休耕田 キノコ シロツチガキ コストコ

    初冬の東北乗り鉄記(1)~東北新幹線

  • 2018/12/05 : 鉄道写真
  • 年齢を重ねるというのは悪いことばかりではないみたいです。
    以前から気になっていたJR東日本の「大人の休日俱楽部パス」を使って初冬の東北をめぐってきました。
    一万五千円で4日間乗り放題、新幹線や特急の指定席も6回使えるので相当お得ですから使わない手はありません。


    はやぶさ49号


    大宮駅から東北新幹線、8:06発のはやぶさ49号に乗車しました。
    前7両が秋田新幹線、うしろ10両が新青森行きのはやぶさです。
    こうしてみると「鼻」が異様に長いですね。


    東北新幹線E5系


    写真撮ってから乗るのは難しいので、これは1本前のはやぶさ3号です。

    この日の東北北部の天気は雪っていう予報でした。
    時期が時期なので一定覚悟はしていましたが・・


    虹


    もうじき仙台に着くというところで青空にきれいな虹がかかっていました。
    雨上がりだったんでしょうかね。
    とりあえず仙台は好天みたいです。


    雪景色


    岩手県に入ったらだんだん白いものが見えるようになってきました。
    これは北上駅と盛岡駅の間で、うっすらと雪化粧をしています。
    盛岡駅の屋根も白くなっていて、外は寒そうです。


    盛岡駅


    11:11、終点の新青森駅に到着しました。
    大宮から3時間ちょっとかかるのでやっぱり青森は遠いです。
    外に出ると雪が降っていて空気が冷たくて、北国に来たな~という感じでした。


    E5系@新青森


    前回東北新幹線に乗ったときは八戸までだったのが函館まで延伸してますから、思えばずいぶん久しぶりなことです。
    指定席を取るのも自宅のパソコンやスマホでできるし、すごく便利になりました。
    これなら新幹線もいいかなと思うものの、まともに料金払って乗るにはちょっと高すぎるような・・

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 大人の休日俱楽部 東北 乗り鉄 東北新幹線 はやぶさ 新青森 盛岡 仙台 秋田新幹線 新幹線

    セントウソウ(仙洞草)

  • 2018/12/04 : 野の花
  • 早春に先頭を切って咲くなので毎年の季節に載せていました。
    今年は鉄ってばかりいたので載せそびれていました。
    もうじき(すでに!?)冬だし、その先の春を思いつつ・・


    セントウソウ(仙洞草)


    当地では3月上旬に咲き始めて、中旬過ぎくらいがのピークかと思います。
    3月下旬になると伸びすぎてあまりきれいじゃないです。
    この写真のころが見ごろの終わりくらいでしょうかね。

    【写真】
    セントウソウ仙洞草) セリ科
    先頭草」という表記もあるようで、仙洞よりもしっくりきます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/03/25 13:27:35
    Tv 1/80
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    セリ科らしい、ごく小さながたくさん咲きます。
    あまりにも小さいのでピント合わせしていると目の奥が痛くなってきます。
    年のせいか小さいものを見るのが本当につらくなってきました。


    セントウソウ(仙洞草)


    ということで春を感じるとともに自分の年齢も感じさせてくれるです。
    この冬は暖冬のようなので来春はいつもより早めに咲くかもしれませんね。
    まずはちゃんとした冬が来てくれるのが一番ですけど。


    弘前城丑寅櫓


    弘前城丑寅櫓
    江戸時代初期の遺構だそうで、風雪に耐えてよくその姿をとどめています。
    それにしても・・今見ても寒いです。(笑)
    今日は師走らしからぬ異様な温かさで、ほんの3日前の雪の寒さが信じられないくらいでした。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : セントウソウ 仙洞草 セリ科 野草 先頭草 早春 暖冬 弘前城 丑寅櫓

    山形城(日本100名城 No.10)

  • 2018/12/03 : 日本100名城
  • 東北日本100名城めぐり第3弾は山形城に登城しました。
    山形城を訪れるのは二度目で、前回は35年前ですからほとんど覚えていません。
    だだっ広い公園で、何もないという印象でしたが・・


    本丸一文字門@山形城


    こちらは本丸一文字門で、この先が本丸です。
    1998年から2014年にかけて石垣、大手橋、高麗門・土塀の復元工事を行ったそうなので、前回来た時にはなかったんですね。

    下は二の丸東大手門で、ふたつの門で枡形門を形成しています。


    二の丸東大手門@山形城


    これも1991年完成ということなので、やはり前回来た時にはなかったものでした。
    35年前は何もなかった印象というのもあながち間違ってはいなかったかも!?
    なお山形城も冬季はあちこち閉鎖になっていて本丸にも入れませんでした。


    山形城スタンプ


    ま~、冬はも降りますし、観光客も多くないのでやむなしでしょうか。
    今日の山形は好天で風もなかったのでまったく寒さを感じませんでした。
    鉄道+歩きですから、昨日今日とお天気に恵まれて幸運でした。

    テーマ : 歴史・文化にふれる旅
    ジャンル : 旅行

    tag : 日本100名城 山形城 東北 本丸一文字門 二の丸東大手門 本丸 枡形門 山形 鉄道

    久保田城(日本100名城 No.9)

  • 2018/12/02 : 日本100名城
  • 弘前から秋田に移動し、今日は久保田城に登城しました。
    佐竹氏二十万石の居城で、秋田駅から歩いて10分ほどと鉄道旅でも訪れやすい場所にあります。


    久保田城御隅櫓


    久保田城には天守閣石垣もなくてで代用していたそうです。
    御隅は鉄筋コンクリートの復元で資料館になっています。
    残念ながら冬季は閉館とのことで中には入れませんでした。


    久保田城表門


    昨日の弘前の雪が嘘のようにきれいな青空に恵まれました。
    午前中は秋田市内をぶらぶら見物してから秋田新幹線角館に行って武家屋敷をぶらぶら・・
    よく歩きましたがこれも好天の賜物でしょう。
    スマホでの更新はかなり辛いので詳しくは別途ということで。


    久保田城


    テーマ : 歴史・文化にふれる旅
    ジャンル : 旅行

    tag : 日本100名城 久保田城 秋田 天守閣 石垣 弘前 秋田新幹線 角館 武家屋敷

    ようこそ!
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR