FC2ブログ

コウゾリナ(顔剃菜、剃刀菜)

  • 2019/02/28 : 野の花
  • タンポポ頭花を少し小さくしたような感じです。
    盛んに枝分かれして多数の頭花を付けます。
    以前に比べて、最近数が減ってきているように思うのは気のせいでしょうか・・


    コウゾリナ(顔剃菜、剃刀菜)


    ぜんぜんないというわけじゃなくて、減ったんじゃないかなというくらいです。
    以前は林を背景にしていっぱい咲く場所があったんですが、今は1本もありません。
    珍しいものじゃないにしてもちょっと淋しいような・・

    【写真】
    コウゾリナ顔剃菜剃刀菜) キク科
    これは在来種だそうです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/05/20 12:11:55
    Tv 1/800
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    全体に剛毛があります。
    見ると思わず剃りたくなるからコウゾリナでしょうか。


    コウゾリナ(顔剃菜、剃刀菜)


    今日の関東地方は1日中でした。
    このところ周期的にが降っているのは春が近いということでしょうね。
    ずっと晴れて乾燥していたので恵みのかな・・
    スポンサーサイト



    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : コウゾリナ 顔剃菜 剃刀菜 キク科 野草 タンポポ 在来種 頭花

    ムラサキツメクサ(紫詰草)

  • 2019/02/27 : 野の花
  • 春から秋にかけて、原っぱでおなじみのムラサキツメクサです。
    ずいぶん長いこと咲いていて、いつでもが見られるんじゃないかとおもうほどです。
    おかげでめったに撮らないですね・・


    ムラサキツメクサ(紫詰草)


    昨年は珍しく気まぐれで撮ってあったので3年ぶりくらいに登場です。
    写真の出来はさておき、ピンクの縞模様が美しいですね。
    アップで見ると模様が入っていたり旗弁と竜骨弁の色が違っていたり、案外複雑です。

    【写真】
    ムラサキツメクサ紫詰草) マメ科
    たまに白セッカツメクサ)を見かけます。
    別名:アカツメクサ
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/06/24 13:33:55
    Tv 1/125
    Av 11
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    どっちかというとアカツメクサで覚えてましたが、和名はムラサキツメクサみたいです。
    ヨーロッパ原産で明治初期に牧草として持ち込まれたそうです。
    今やすっかり野生化した雑草ですが・・


    ムラサキツメクサ(紫詰草)



    ムラサキツメクサハーブとしても使われているとか。
    これは知りませんでした。
    どんな香りがするんでしょう!?

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ムラサキツメクサ 紫詰草 マメ科 野草 アカツメクサ セッカツメクサ 牧草 雑草 ハーブ

    キキョウソウ(桔梗草)

  • 2019/02/26 : 野の花
  • 名前のとおりキキョウの仲間で、もそれっぽい姿です。
    畑の脇に咲いている雑草で、多分それほど珍しいものでもありません。
    ちょっと前までわが家のとなりの月極駐車場にも咲いていたし・・


    キキョウソウ(桔梗草)


    といいつつ昨年は縁がなくてせいぜいこのくらいしか見かけませんでした。
    畑の雑草ですから抜かれてしまうことも多いと思います。
    咲いていたらラッキーくらいの感覚です。

    【写真】
    キキョウソウ桔梗草) キキョウ科
    自生地はカナダからアルゼンチンまでのアメリカ大陸・・ってちょっと広すぎ。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/06/09 12:52:19
    Tv 1/320
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    ダンダンギキョウなんていう別名があるそうです。
    横から見たら確かに段々にが咲いていますね。


    キキョウソウ(桔梗草)


    帰化植物ですし、あまり増えてもらっては困りますが、なくなってしまうのも寂しいし・・
    ほどほどに咲いてくれると一番いいんですけどね。
    雑草と呼ぶには色も形も惜しいものがあります。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : キキョウソウ 桔梗草 キキョウ科 野草 カナダ アルゼンチン 帰化植物 キキョウ 雑草

    フタリシズカ(二人静)

  • 2019/02/25 : 野の花
  • 当地の林には結構多い植物です。
    初めて見たときは結構感動してしまいましたが、すっかり見慣れてしまいました。
    の季節は5月、薄暗いところで群生していることが多いです。


    フタリシズカ(二人静)


    名前の由来は序を静御前とその亡霊に見立てたもの。
    でも序4本くらいのが多いので、亡霊だらけというところでしょうか。
    まぁしかし、地味ですね・・

    【写真】
    フタリシズカ二人静) センリョウ科
    同じセンリョウ科ヒトリシズカよりも更に地味です。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/05/05 14:28:48
    Tv 1/50
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    には弁がなく、3つの雄しべが丸い玉のようになっています。
    そういえばヒトリシズカもひとつのには雄しべ3本でした。


    フタリシズカ(二人静)


    今日も暖かい一日でした。
    夜の帰宅時ですらジャケットだけで十分でした。
    今週末あたりは一気に早春の花を期待してもいいのかな~!?

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : フタリシズカ 二人静 センリョウ科 野草 ヒトリシズカ 静御前 亡霊 早春 ジャケット

    オオアラセイトウ(大紫羅欄花)

  • 2019/02/24 : 野の花
  • 天気予報どおり土曜日の北風が収まって、穏やかな日曜日になりました。
    ここ一週間ほど暖かくなったのでオオアラセイトウが咲いているか見に行ってみました。
    期待通り咲いていましたね。


    オオアラセイトウ(大紫羅欄花)


    とはいえほんの何株か以外はまだ葉だけの状態でした。
    日当たりのいい石垣は温度が上がるようで、ここだけ春が来たような感じです。
    先週末は蕾もなかったので、一週間でだいぶ育ったみたいです。

    【写真】
    オオアラセイトウ大紫羅欄花) アブラナ科
    昨年は同じ場所で3月10日に開でしたから、今年はやや早目かと思います。
    別名:ハナダイコンショカッサイムラサキハナナほか
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/02/24 14:17:05
    Tv 1/400
    Av 4.0
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    他にも何ヶ所か早めに咲く場所があるんですけど、どこも葉っぱだけでした。
    やはり石垣に温められているんでしょうね。


    オオアラセイトウ(大紫羅欄花)


    咲いていたのはほんのちょっとだけでしたけど、春の色だなぁ・・と。
    この一輪だけでもこれから先は寒さに委縮するような日も少ないと思わせてくれる威力があります。
    今度の一週間でどれだけ春に近づくか、楽しみです。


    ウグイスカグラ


    ウグイスカグラも少しずつ増えてきました。
    これは茎の長いもので、15mmくらいあったと思います。
    花茎の先に子房が2個くっついていますが、たまにこういうのを見かけます。
    この植物は花茎の長短、花柱の長短など変異がありますけど、全部同じものなんですかね!?

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : オオアラセイトウ 大紫羅欄花 アブラナ科 野草 ハナダイコン ショカッサイ ムラサキハナナ ウグイスカグラ 石垣

    ヒメオドリコソウ(姫踊子草)

  • 2019/02/23 : 野の花
  • 今週は気温がガクンと一段階上がった感じでした。
    そろそろが何か登場しているかなと期待しつつ歩いてきました。
    まずはこの時期お馴染みのヒメオドリコソウが目につきました。


    ヒメオドリコソウ(姫踊子草)


    去年は3月3日に撮っていたので今年は一週間ばかり早いです。
    とはいえ日当たりのいいところでようやく咲き始めたくらいですが・・
    それでも十分にの気配を感じさせてくれます。

    【写真】
    ヒメオドリコソウ姫踊子草) シソ科
    ヨーロッパ原産の帰化植物
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/02/23 12:57:08
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    アップで見たら葉が毛深いですね。
    防寒装備・・でしょうか、寒さに強そうに見えます。


    ヒメオドリコソウ(姫踊子草)


    ありきたりの雑草ですけど毎年先に載せているレギュラーメンバーです。
    要は、他に咲いているがないんですけどね。
    そんな時期に咲くのでそこらの雑草も登場頻度が高くなります。


    カエルの卵


    休耕田の水の中にはカエルの卵が10ヶ所くらいありました。
    カエルたちも活動し始めたみたいですね。
    今日は強風注意報が出るくらい風が強かったので早々に撤収です。
    まぁ、ぼちぼち行きましょう。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヒメオドリコソウ 姫踊子草 シソ科 野草 雑草 カエル 帰化植物 強風注意報

    ムシクサ(虫草)

  • 2019/02/22 : 野の花
  • 2017年にコオニタビラコを撮ろうと思って出かけた田んぼで大発生していました。
    その前年まではコオニタビラコがいっぱい咲いていたのに、すっかり入れ替わってしまっていました。
    こいつがコオニタビラコを駆逐してしまったんでしょうか。


    ムシクサ(虫草)


    白いは四弁で雄しべ2本に雌しべひとつの構成です。
    同属のオオイヌノフグリと同じですね。
    そういえばの形も似ています。

    【写真】
    ムシクサ虫草) オオバコ科 クワガタソウ属
    水田など湿ったところを好みます。
    草丈はおおむね15cmくらいでした。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/04/14 14:12:02
    Tv 1/500
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    全体の姿はタチイヌノフグリを大きくして、を白くしたような感じです。
    この日はパチッと開いているがなかったのが残念でした。
    さて今年の春もいっぱい咲くでしょうか。


    ムシクサ(虫草)


    今週はだいぶ気温が上がって春めいてきました。
    もしかしたらこの週末は今年のを載せられるんじゃないかと淡い期待を持っています。
    天気もよさそうだし、いつものフィールドに出てみるとしましょう。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ムシクサ 虫草 オオバコ科 クワガタソウ属 野草 水田 コオニタビラコ オオイヌノフグリ

    スズメノテッポウ(雀の鉄砲)

  • 2019/02/21 : 野の花
  • 春の田んぼで元気いっぱいのスズメノテッポウです。
    こちらの田んぼではこの草が田んぼ一面に生えます。
    田んぼの養分がなくなってしまうんじゃないかと心配なような・・


    スズメノテッポウ(雀の鉄砲)


    難解なイネ科にあって、ひと目でそれとわかる数少ない植物です。
    特に暑い時期はイネ科雑草が多いので、いずれはわかるようになりたいんですけどね。
    なんというか、敷居が高い感じです。

    【写真】
    スズメノテッポウ雀の鉄砲) イネ科
    草笛になる、アレです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/04/08 14:28:57
    Tv 1/500
    Av 4.0
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    調べてみたら特に害になる草でもなく、かといって何かに役立つわけでもなく・・
    こんな水田雑草、普通の田んぼでは見られないでしょうね。


    スズメノテッポウ(雀の鉄砲)


    スズメノテッポウには水田型と畑地型があるそうで、少し生態が違っているみたいです。
    ご興味あればググってみてください。
    こちらで見られるのは水田型ということになりますか。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : スズメノテッポウ 雀の鉄砲 イネ科 野草 草笛 水田雑草 雑草 田んぼ 畑地

    キササゲ(木大角豆)

  • 2019/02/20 : 野の花
  • いつ見てもくどい顔つきのだなぁと思います。
    和風な感じじゃないなと思ったら、大陸原産の帰化植物でした。
    ササゲと名が付くもののマメ科じゃなくてノウゼンカズラ科です。


    キササゲ(木大角豆)


    数年前までたくさんが咲く大きな木があったんですが台風で倒れてしまいました。
    当地は固い関東ローム層の上にわずかな表土が乗っかっているような地層です。
    そのため樹木が深く根を張れず、強風で倒れてしまうことがよくあります。

    【写真】
    キササゲ木大角豆) ノウゼンカズラ科
    後に30cm以上にもなる細長い実ができます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/06/03 14:21:00
    Tv 1/320
    Av 8.0
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    大木が倒れて以来、近くにある小さい木のを撮っています。
    小さいせいか付きがよくないかもしれません。
    それとも単にタイミングを逸しただけ!?


    キササゲ(木大角豆)


    今日の関東地方は一気に気温が上がりました。
    ってこんな感じだったっけ・・と思うくらいで、昼間は上着要らずでした。
    いよいよが来るのかな~。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : キササゲ 木大角豆 ノウゼンカズラ科 ササゲ 帰化植物 関東ローム層 台風 樹木

    クサノオウ(瘡の王、草の黄)

  • 2019/02/19 : 野の花
  • 野のとしては大き目で、色も鮮やかなのでよく目立ちます。
    道端の、ごくありふれた雑草です。
    その割には毒性が強かったりしますが・・


    クサノオウ(瘡の王、草の黄)


    皮膚の弱い人はこの草に触れただけでかぶれることがあるとか。
    名前は湿疹などの皮膚疾患の薬として用いたところから・・
    とはいえ強毒性なので素人が手を出すべきものではなさそうです。

    【写真】
    クサノオウ瘡の王草の黄) ケシ科 有毒
    のピークは春ですが、秋までしぶとく咲いていることがあります。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/04/08 14:21:37
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    ケシ科といわれたらなるほどそんな感じのですね。
    離れて眺めているだけならなかなかいいかもしれません。
    何年か前から一面が黄色く染まるくらい咲く場所を覚えたので、時期にはその場所に見に行っています。


    クサノオウ(瘡の王、草の黄)


    気が付けば2月も後半になりますね。
    こののころまで1ヶ月とちょっとになりました。
    春はもうすぐそこ・・かな!?

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : クサノオウ 瘡の王 草の黄 ケシ科 野草 有毒 湿疹 皮膚疾患 雑草

    カキドオシ(垣通し、籬通)

  • 2019/02/18 : 野の花
  • 春にはおなじみのです。
    いかにもシソ科らしい姿のですね。
    小振りなが多いシソ科にあっては大きい部類だと思います。


    カキドオシ(垣通し、籬通)


    ありきたりななので、最近はめったに撮らなくなりました。
    よく見たらなかなかきれいななんですけどね。
    掲載するのは4年ぶりです。

    【写真】
    カキドオシ垣通し籬通) シソ科
    垣根を通り抜けるほど育つところから。多年草。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/04/15 16:04:46
    Tv 1/100
    Av 8.0
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    時期は早いほうで、条件のいいところでは3月半ばには咲いていると思います。
    さて今年はどうでしょうね。
    今日は少し暖かくなりましたけど・・


    カキドオシ(垣通し、籬通)


    全草を陰干ししたものが連銭草という腎臓結石や子どもの疳の虫などに効く生薬だそうです。
    さらに血糖降下作用から糖尿病治療への使用も期待されているとか。
    お茶にするとクセがなくておいしいらしく、そこらの雑草もなかなかやるじゃないか!

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : カキドオシ 垣通し 籬通 シソ科 野草 連銭草 生薬 糖尿病 雑草

    トキワハゼ(常盤爆、常磐黄櫨)

  • 2019/02/17 : 野の花
  • 春から秋まで、どこかしらで咲いている気がします。
    ほぼ一年中葉があって、果実が弾けるのでこの名前があるそうです。
    私は実が弾けるところを見たことがありませんが・・


    トキワハゼ(常盤爆、常磐黄櫨)


    の形はムラサキサギゴケにそっくりです。
    大きさはトキワハゼのほうがかなり小さいし、「翼」の部分の色も違うので見分けは難しくないと思います。
    なお多年草ムラサキサギゴケに対し、こちらは一年草です。

    【写真】
    トキワハゼ常盤爆常磐黄櫨) サギゴケ科
    APG体系第4版に従ってサギゴケ科と表記します。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/06/02 11:54:37
    Tv 1/160
    Av 8.0
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    このくらい咲いていたら賑やかな方でしょうね。
    ムラサキサギゴケのように一面にびっしり咲くということはないみたいです。


    トキワハゼ(常盤爆、常磐黄櫨)


    この週末はパソコンのハードディスク増設を行いました。
    PCの筐体内にはすでに4個のハードディスクが入っているので、ロジテック製の外付けHDDケースを買いました。
    とりあえず4TBのドライブをひとつだけ入れてあります。


    外付けHDDケース



    しかしデータはどんどん増えますね・・
    このケースに4個のハードディスクを入れられるので、あと3台増設できます。
    これで当分ディスク容量の心配はなくなりました。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : トキワハゼ 常盤爆 常磐黄櫨 サギゴケ科 野草 ムラサキサギゴケ 一年草 ハードディスク 多年草

    ウグイスカグラ(鶯神楽)

  • 2019/02/16 : 野の花
  • 野ののない季節なもので、しばらく昨年撮って載せそびれたのを順次載せています。
    さすがに季節外ればかり載せてもアレなんで、今咲いているを・・
    といってもおなじみのウグイスカグラですが。


    ウグイスカグラ(鶯神楽)


    ここ一週間は寒い日が続いていましたが、今日は少し暖かくなりました。
    いつものコースをひとまわりしたら、あちこちでウグイスカグラが咲いていました。
    まだほんの咲きかけですが、を待ちきれないので載せてしまいます。

    【写真】
    ウグイスカグラ鶯神楽) スイカズラ科
    の色や花茎の長さ、柱の長さに結構な変異があります。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/02/16 14:01:14
    Tv 1/250
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    冬場はまるで枯れ木みたいな姿です。
    それでも少し暖かくなるとしっかり芽吹いてきますから大したものです。


    ウグイスカグラ(鶯神楽)


    天気予報によると厳しい寒さの時期は脱出したようです。
    オオイヌノフグリの花も増え始めたし、少しの気配を感じるようになりました。
    オオアラセイトウはまだ花を確認できず・・


    ウグイスカグラ(鶯神楽)


    早いところでは暮れに咲いていたので、かなり寒さには強そうですね。
    そうはいっても花のピークはがきてから。
    花の盛りにもう一度撮って載せようと思います。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ウグイスカグラ 鶯神楽 スイカズラ科 花茎 枯れ木 オオアラセイトウ オオイヌノフグリ 季節外れ

    ツリバナ(吊花)

  • 2019/02/15 : 野の花
  • いつのころかツリバナの木のある場所を覚えました。
    何ヶ所かあるんですが昨年を見たのは1カ所だけでした。
    光の当たり方が厳しい場所でした。


    ツリバナ(吊花)


    名は体を表すといいますか、見事にが吊られてますね。
    自体はマユミニシキギに似ていますけど花茎の長さは特殊です。
    シンプルなですけど優美な咲き方ですね。

    【写真】
    ツリバナ吊花) ニシキギ科
    ニシキギマユミの花は四弁ですがこちらは五弁。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/04/28 12:48:00
    Tv 1/50
    Av 5.6
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    ごくごくシンプルな花は、子供が絵に描くような形です。
    丸い花弁がかわいいですよね。
    やっぱり何度見てもモビールに見えます・・


    ツリバナ(吊花)


    こちらも逆光でかなりつらいコンディションでした。
    これなら多少暗くても曇っているほうがよかったかも・・


    赤い実


    インフルエンザ明けの一週間はえらく長く感じました。
    結構寒かったのも疲れを感じた原因かもしれません。
    ようやく寒さから脱出のようで、ちょっとホッとしています。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ツリバナ 吊花 ニシキギ科 ニシキギ マユミ モビール 逆光 インフルエンザ 花茎

    トサノクロムヨウラン(土佐の黒無葉蘭)

  • 2019/02/14 : 野の花
  • 少し前まで、このクロムヨウランとされてきました。
    ごく最近、実はトサノクロムヨウランというクロムヨウランとは別の植物であることがわかったそうです。
    昨年、幸運にもを見る機会に恵まれました。


    トサノクロムヨウラン(土佐の黒無葉蘭)


    とはいえ咲いていたのはこれひとつだけで、他のは蕾のままでした。
    たったひとつでも開していてよかったです。
    それにしても・・限界の暗さでぜんぜんピントが合っていません・・

    【写真】
    トサノクロムヨウラン土佐の黒無葉蘭) ラン科
    名前のとおり葉がなく光合成ができない、菌従属栄養植物
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    Tv 1/20
    Av 8.0
    ISO感度 6400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    クロムヨウランとどこが違うのかというと、こちらはが開きます。
    単体で見たら、エンシュウムヨウランの花の色違いのように見えます。
    対してクロムヨウランは開花せず、閉鎖花のまま自家受粉します。


    トサノクロムヨウラン(土佐の黒無葉蘭)


    この花を撮った翌週にも見に行ったんですが咲いている花はありませんでした。
    今年はしっかり開いているのを撮りたいものです。
    自然相手ですから運を天に任せるしかないですけど・・

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : トサノクロムヨウラン 土佐の黒無葉蘭 ラン科 野草 クロムヨウラン 閉鎖花 エンシュウムヨウラン 菌従属栄養植物 光合成

    フジ(藤)

  • 2019/02/13 : 野の花
  • 当地は隠れたフジの名所だと思っています。
    年によっては丘陵の斜面一面にが咲くこともあって、絶好調の年は壮観です。
    2018年はどうも縁がなく残念・・美しいなので時期には見ておきたいものです。


    フジ(藤) 


    とはいえ里山フジだらけというのは手入れがよくない里山ということで・・
    フジだらけというのは、荒れた里山の象徴的なものだそうです。
    増えすぎないようにコントロールするということですかね。

    【写真】
    フジ) マメ科
    2018年は近寄って取れる場所に行きあたりませんでした。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/04/28 13:16:24
    Tv 1/200
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    こちらで見られるフジノダフジ野田藤)でよろしいかと思います。
    蔓の巻き方は上から見て右回りです。
    逆巻きのヤマフジは西日本のもので、関東には自生しないみたいですね。


    フジ(藤) 


    丘陵を歩くとそこらじゅうでフジの根っこが伸びているのを見かけます。
    後のもいっぱいできるし、生命力は相当強そうに思えます。
    適度に駆除して、共存共栄で楽しめるといいんですが。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : フジ マメ科 ノダフジ 野田藤 ヤマフジ 里山 生命力

    ソクズ(蒴藋)

  • 2019/02/12 : 野の花
  • めちゃめちゃ白いです。
    これ以上白いを知らないくらいの真っ白です。
    真夏のなので、直射日光が当たったら白トビを免れません。


    ソクズ(蒴藋)


    白さの秘訣は、に蜜を持たないのも一因かもしれません。
    ところどころに見える黄色くて丸いのが蜜腺で、とは別になっています。
    いつ見てもどこかの蜜腺にアリが取り付いています。

    【写真】
    ソクズ蒴藋レンプクソウ科
    蜜腺は英語で「nectary」ですか・・
    の蜜は「nectar」で、そういえばそんな飲み物がありましたね。
    調べてみたら、ネクターには神酒とかおいしい飲み物という意味もあるそうで・・
    別名:クサニワトコ草接骨木
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/07/01 12:41:56
    Tv 1/320
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    草丈は優に1mを超える大型の草本です。
    湿ったところを好むようで、小川に沿って大きな群落を作っています。
    これを撮った場所にはどっさり生えているものの、他の場所では見かけないというのが不思議です。


    ソクズ(蒴藋)


    ものの見事に白トビしてしまいました・・・
    垂直に伸びた茎は上部で枝分かれして複数の花序を付けています。
    そのせいか花の期間が長くて、7月初めから8月まで楽しませてくれます。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ソクズ 蒴藋 レンプクソウ科 野草 クサニワトコ 草接骨木 ネクター 神酒 白トビ

    シロバナサギゴケ(白花鷺苔)

  • 2019/02/11 : 野の花
  • の、翼のような部分が紫色のムラサキサギゴケはあちこちで見かけます。
    対してシロバナサギゴケは2ヶ所で見ただけです。
    さらに群生しているのは1ヶ所のみしか知りません。


    シロバナサギゴケ(白花鷺苔)


    なので毎年の時期に見に行っています。
    2017年はシロバナサギゴケの部分だけ残して草刈りしてありました。
    意識して刈っているんだな・・と思っていたら2018年は丸刈りでした。

    【写真】
    シロバナサギゴケ白花鷺苔) サギゴケ科
    ムラサキサギゴケ(単にサギゴケとも)の白品種。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/04/14 13:43:47
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    まぁ、刈られても毎年咲いているし、心配ないんでしょうけどね。
    2018年は早目に見に行ったので若干の密度が少なかったです。
    で、もう一度行ったら丸坊主になってましたね・・


    シロバナサギゴケ(白花鷺苔)


    旧来、ゴマノハグサ科に分類されていましたが、APG体系でハエドクソウ科に、さらに最新のAPG第4版でサギゴケ科に独立しました。
    ここでは最新の分類に従って表記することとします。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : シロバナサギゴケ 白花鷺苔 サギゴケ科 野草 ムラサキサギゴケ ゴマノハグサ科 ハエドクソウ科 APG サギゴケ

    東京近郊のローカル線探訪~JR久留里線

  • 2019/02/10 : 鉄道写真
  • インフルエンザもすっかり良くなったし、今日は家族もみんな出かけて誰もいない・・
    ということで千葉方面に小旅行に行ってきました。
    お目当てはJR久留里線です。


    久留里線@木更津駅


    久留里線はJR内房線木更津駅から房総半島の中心に向けて伸びるローカル線です。
    駅数14、路線の延長は32.2km、最高速度65km/hといたってのんびり。
    木更津駅13:01発の上総亀山行きに乗車しました。


    久留里線久留里駅


    13:46、久留里駅に到着しました。
    車両はキハE130水郡線と同じですが、こちらは全部ロングシートでトイレなしという久留里線スペシャルです。
    塗色も微妙に違ってます。(→水郡線



    久留里線久留里駅


    お隣のホームには久留里駅始発の木更津行きが発車待ちです。
    久留里線は列車の本数が少なく、木更津から終点の上総亀山まで直通運転する列車は1日5本のみです。
    特に午前中は木更津7:24発の次は13:01までなく、その間の列車は久留里止まりです。


    久留里線上総亀山駅


    14:08、終点の上総亀山駅に到着しました。
    終着駅ですが無人駅で、列車の運転士さんが改札を行います。
    発着する列車は1日8~9往復、ここまで乗ってきた人の大半は鉄ちゃんっぽいひとばかり!?
    みんな折り返しの木更津行きに乗っていたみたいです。
     

    久留里線上総亀山駅


    線路はここでおしまい、ぷっつり切れています。
    帰りは14:23発の木更津行きに乗りました。
    これを逃すと3時間ほど何もない駅で待たないといけないので・・
    子どものころから気になっていた久留里線、ようやく踏破しました。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 久留里線 久留里 上総亀山 木更津 内房線 キハE130 水郡線 小旅行 ローカル線 千葉

    ヌマトラノオ(沼虎の尾)

  • 2019/02/09 : 野の花
  • 当地では何ヶ所かの湿地で咲きます。
    でも、果たしてこれって純粋にヌマトラノオ!?と思うことも少なくありません。
    オカトラノオ交雑してイヌヌマトラノオなんていうのも出現しますし・・


    ヌマトラノオ(沼虎の尾)


    ここのは序がまっすぐだし、枝分かれもほとんどないのでヌマトラノオでよさそうです。
    アップでを見るとオカトラノオのように開ききっていないのが分かります。
    よく似ているようで並べてみたらだいぶ違います。

    【写真】
    ヌマトラノオ沼虎の尾) サクラソウ科
    オカトラノオが終わるころに咲き始めます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/07/08 13:38:13
    Tv 1/160
    Av 8.0
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    埼玉県RDB2010:準絶滅危惧


    オカトラノオとよく似ていますがこちらのほうがだいぶ小さいです。
    垂れない序は見た目の印象がだいぶ違うし、ヌマトラノオは乾燥した場所には生育しません。


    ヌマトラノオ(沼虎の尾)


    今日の埼玉地方、大雪予報でしたがほんのちょっと畑が白くなるくらいでおしまいでした。
    構えて準備していると肩透かしということも少なくないような気がします。
    月曜日も降るかもっていうことで、こっちでドカッと来たりして。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヌマトラノオ 沼虎の尾 サクラソウ科 野草 オカトラノオ 交雑 イヌヌマトラノオ 絶滅危惧 大雪

    ユウゲショウ(夕化粧)

  • 2019/02/08 : 野の花
  • そこいらの道端でも咲いている、普通の雑草です。
    とはいえ雑草らしからぬの色は名前のとおり艶めかしい・・ですかね。
    いかにも観賞用に持ち込まれたらしいです。


    ユウゲショウ(夕化粧)


    オシロイバナの別名がユウゲショウなのでちょっと紛らわしい名前です。
    そのためアカバナユウゲショウと呼ばれたり書かれたりすることが多いです。
    正式な和名はユウゲショウとのことなので、前回からこの記載にしました。

    【写真】
    ユウゲショウ夕化粧) アカバナ科
    南米原産の帰化植物
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/04/29 13:17:37
    Tv 1/400
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    名前からすると夜のという印象を受けますね。
    マツヨイグサ属でもありますし・・
    実際には朝とか日中でも元気に咲いているのを見かけます。


    ユウゲショウ(夕化粧)


    4月末だとの咲き始めなので直径2cmくらいの大きいが咲きます。

    インフルエンザ、お見舞いのコメントありがとうございました。
    すっかり良くなったのでこの連休は通常モードに戻れそうです。
    ・・と思ったら関東地方は大雪予報か!?

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ユウゲショウ 夕化粧 アカバナ科 野草 アカバナユウゲショウ オシロイバナ マツヨイグサ 帰化植物 インフルエンザ

    タカトウダイ(高灯台、高燈台)

  • 2019/02/07 : 野の花
  • うちから歩いて行けるくらいの場所に、ちょっとしたタカトウダイの群落があります。
    1m四方くらいの範囲に毎年タカトウダイがびっしり生えます。
    昨年は残念ながら天候の状況などによりタイミングを外してしまいました。


    タカトウダイ(高灯台、高燈台)


    すっかり伸び切ってしまっていました。
    見ごろは7月上旬くらいがいいと思うんですが、梅雨時で一番雨が多い時期です。
    その時期に天気がいいと他に見たいものがあって、こちらは見逃していました。

    【写真】
    タカトウダイ高灯台高燈台) トウダイグサ科 有毒
    杯状花序というトウダイグサ科に特徴的なの配置を見せます。
    ・・が時期が遅すぎてそれもよくわかりませんでした。(写真・下)
    名前のとおり背が高く、2mに迫るようなのもあります。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/07/29 11:32:42
    Tv 1/250
    Av 3.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    トウダイグサが畑の雑草で人里に多いのに対し、こちらは自然度の高いところで見られます。
    ・・なんて何度も書いていたんですが、車がガンガン走る道路脇にもありました。
    しかもアスファルトの割れ目みたいなところだったのでびっくり。
    案外たくましいんでしょうか。


    タカトウダイ(高灯台、高燈台)


    インフルエンザはほぼ復活、回復率で言ったら75%くらいの感覚です。
    試しに少し散歩に出てみましたが、あと一息というところです。
    土曜日は雪が降るらしいし、そこまでは引きこもりを決め込んでおきましょう。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : タカトウダイ 高灯台 高燈台 トウダイグサ科 有毒 トウダイグサ 杯状花序 野草 雑草

    オオニワゼキショウ(大庭石菖)

  • 2019/02/06 : 野の花
  • 昨年春に撮った写真を整理しながら思いました。
    春は野のの種類がべらぼうに多いなぁ・・と。
    まぁ、当たり前なんですが今更のように再認識しました。


    オオニワゼキショウ(大庭石菖)


    ニワゼキショウの仲間はどれも北米大陸からやってきた帰化植物だそうです。
    もちろんこれもそのひとつということですね。
    は小さめながら草丈が高いのオオニワゼキショウということです。

    【写真】
    オオニワゼキショウ大庭石菖) アヤメ科
    道端や街路樹の根元などでも見かけることがあります。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/04/29 13:03:04
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    をアップで見たらニワゼキショウの色違いといった趣ですね。
    この藤色は日本人好みの柔らかい色合いですかね。
    ニワゼキショウの中ではこの色が一番好みかもしれません。


    オオニワゼキショウ(大庭石菖)


    インフルエンザはどんどん回復していて、昨日は日中寝すぎてしまいました。
    おかげで昨夜はぜんぜん眠くならず、時差ボケみたいになっています。
    今日は日中睡眠取らずに時差ボケ矯正中・・

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : オオニワゼキショウ 大庭石菖 アヤメ科 野草 ニワゼキショウ ルリニワゼキショウ 帰化植物 北米大陸 時差ボケ

    イヌガラシ(犬芥子)

  • 2019/02/05 : 野の花
  • 季節的に新しいネタがないので2018年の載せそびれを漁って載せています。
    それもだんだん残りが心もとなくなってきました。
    残っているのは大事に使わないと・・


    イヌガラシ(犬芥子)


    ということで、ごくありきたりのイヌガラシです。
    春から秋までどこかしらで咲いている気がしますね。
    おかげでめったに撮らず、7年ぶりの登場です。

    【写真】
    イヌガラシ犬芥子) アブラナ科
    いかにもアブラナ科らしい姿です。
    田んぼや湿地の周辺など、湿ったところでよく見かけます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/08/18 13:23:55
    Tv 1/160
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    よく似たスカシタゴボウと比べると、長角果が長いです。
    また上のほうに向かって反り返っているので見間違うことはなさそうです。
    ごく普通の雑草ですけど、の色はなかなかいい黄色です。


    イヌガラシ(犬芥子)


    インフルエンザは昨日飲んだゾフルーザが大活躍のようで、かなり楽になりました。
    さすが新薬。
    熱も収まったし、いくらでも寝られます。(笑)
    家にいたら仕事もできないので、久しぶりに本でも読むかな・・

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : イヌガラシ 犬芥子 アブラナ科 野草 雑草 スカシタゴボウ 長角果 インフルエンザ ゾフルーザ

    ウスジロカントウタンポポ(薄白関東蒲公英)

  • 2019/02/04 : 野の花
  • 特徴はカントウタンポポなんですが、舌状花の色が薄いです。
    このに初めて気が付いたのは2008年でした。
    その後、数カ所で見たような気がします。


    ウスジロカントウタンポポ(薄白関東蒲公英)


    「見たような」というのは中途半端ですが、あまり気にしていなかったということで・・
    今年の春はこれも探してみようと思います。

    【写真】
    ウスジロカントウタンポポ薄白関東蒲公英) キク科
    ぱっと見に、明らかに色の薄いタンポポです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/04/08 12:58:37
    Tv 1/1000
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    こちらが普通のタンポポです。
    並べてみると色の違いが分かります。


    カントウタンポポとアリアケスミレ


    昨日の昼から熱が出て、たぶんインフルエンザだろうなと思いつつ、朝から病院に行ってきました。
    結果、A型陽性ということで、今週はお休みになりました。


    ゾフルーザ


    処方された薬はゾフルーザという新しい薬で、2錠を一度飲んでおしまい。
    こんな小さな薬で本当に効くんかい!?というくらい、見た目は頼りないです。
    でも少し楽になったかな・・がんばれ、ゾフルーザ!!

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ウスジロカントウタンポポ 薄白関東蒲公英 キク科 野草 タンポポ カントウタンポポ 舌状花 インフルエンザ ゾフルーザ

    ヤブラン(藪蘭)

  • 2019/02/03 : 野の花
  • 晩夏から初秋の林床でごく普通に咲いています。
    それゆえ、これもめったに撮りません。
    珍しくないと注目しなくなるというか。


    ヤブラン(藪蘭)


    小さなをずらっと並べていますけど、開しているのは少ないです。
    このくらい咲いていたら、まぁいいかなと思って今います。
    後にできる黒くて丸い実もなかなかきれいです。

    【写真】
    ヤブラン藪蘭) キジカクシ科クサスギカズラ科
    アスパラガスと同じキジカクシ科
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/08/25 10:16:17
    Tv 1/50
    Av 5.6
    ISO感度 800
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    今日は昼頃から突然の発熱で、38.5℃ほどありました。
    滅多に熱なんて出ないので、すごく苦しかったです。
    なんかもう、黄泉の国の入り口が見えた気がしましたね。


    ヤブラン(藪蘭)


    予防接種をしていてもインフルエンザにかかることがあるそうです。
    夜になってだいぶ楽になったので何もしないよりも軽く済んでいるということか・・
    インフルエンザの可能性が高そうなので、明日は朝から検査に行ってきます。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヤブラン 藪蘭 キジカクシ科 クサスギカズラ科 野草 アスパラガス インフルエンザ 予防接種 黄泉の国

    ムラサキケマン(紫華鬘)

  • 2019/02/02 : 野の花
  • こちらでは春先の代表的ななんですけど昨春は載せていませんでした。
    撮ったのはわずかに3カットで、あまり気に入らなかったというか。
    そこらじゅうで咲くって案外撮らないものです。


    ムラサキケマン(紫華鬘)


    とはいえ何度見ても不思議な形のです。
    どうしてこんな奇抜な形になったんでしょうね。

    【写真】
    ムラサキケマン紫華鬘) ケシ科 有毒
    こちらで見られるキケマン属はこれ(シロヤブケマン含む)とジロボウエンゴサクだけみたいです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/04/08 14:06:53
    Tv 1/125
    Av 8.0
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    蜜腺はのずっと奥、距の部分にあります。
    吸蜜のために虫が弁を押すとの中心のドームに収まっている雄しべと雌しべが飛び出す仕掛けだそうです。
    結構長いことこの花を見ていますが、そういう場面に遭遇したことがありません。


    ムラサキケマン(紫華鬘)


    今日は少し暖かかったのでいつものフィールドをひとまわりしてきました。
    すでにあちこちでムラサキケマンの葉が出ています。
    今年の開花は少し早いかもしれませんね。


    シュンラン(春蘭)


    シュンランの実を見つけました。
    先日載せたサイハイランの実に比べるとだいぶ大きくて、これひとつに一体何個の種が入っているのか・・
    ホコリのような種ですから数千、あるいは万の桁に行ってしまうかも!?

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ムラサキケマン 紫華鬘 ケシ科 有毒 野草 シュンラン ジロボウエンゴサク キケマン サイハイラン

    ナンバンギセル(南蛮煙管)

  • 2019/02/01 : 野の花
  • 当地では数が少ない植物なので毎年気にして見ています。
    昨年は天気の具合とかでどうも間が悪く、撮ったのはこの個体のみでした。
    を確認できたのは2ヶ所だけでした。


    ナンバンギセル(南蛮煙管)


    過去にもう2ヶ所で見つけていたんですが、いずれもここ数年は見かけません。
    途絶してしまったんだったら惜しいことです。
    いちばん瑞々しい色で咲いていた場所のがなくなってしまい、残念でなりません。

    【写真】
    ナンバンギセル南蛮煙管) ハマウツボ科
    光合成できないので、ススキなどに寄生しています。
    名前は南蛮ですが在来種で、万葉集に詠まれる「思い草」がナンバンギセルだといわれています。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2018/09/16 13:01:57
    Tv 1/125
    Av 4.0
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    埼玉県レッドデータブック2011:絶滅危惧II類


    今年はたくさん咲いてくれるといいんですけどね。
    あとはお天気・・9月はどうも雨が多くて見逃しが多いです。


    ナンバンギセル(南蛮煙管)


    相変わらずインフルエンザが猛威を振るっているようです。
    今週前半に体調を崩したので念のためにインフルエンザの検査を受けました。
    幸いなことに陰性でしたので、単なる風邪のようです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ナンバンギセル 南蛮煙管 ハマウツボ科 野草 ススキ 万葉集 思い草 寄生

    ようこそ!
    カレンダー
    01 | 2019/02 | 03
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR