FC2ブログ

センリョウ(千両、仙蓼)

  • 2019/06/30 : 野の花
  • 今年もセンリョウが咲きました。
    ちょっと気が付くのが遅かったかもしれません。
    昨年と比べると、あまりきれいな状態ではないような・・


    センリョウ(千両、仙蓼)


    見てのとおりでといっても弁があるわけではなく、ごく地味です。
    緑色の丸い部分が雌しべ(子房)、白いのが雄しべの糸です。
    糸の下の部分が黄色くなっていて、これが葯ですね。

    【写真】
    センリョウ千両仙蓼) センリョウ科
    同じセンリョウ科ヒトリシズカの花をもっとシンプルにしたような姿です。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/30 11:35:30
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    わが家の庭の隅っこにいつのまにか生えていました。
    今年は昨年よりもだいぶ育って数が多くなった気がします。
    環境が適合するんでしょうかね。


    センリョウ(千両、仙蓼)


    すぐ脇にいつの間にか生えたクスノキがあるんですが、高さ4mほどになったところで枯れてしまいました。
    同じ場所のナツツバキも枯れたし、何かよくないものがあるんでしょうか・・
    アジサイヒサカキは元気に育っているので、センリョウも大丈夫かなと勝手に思っています。
    スポンサーサイト



    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : センリョウ 千両 仙蓼 センリョウ科 ヒトリシズカ アジサイ ヒサカキ クスノキ ナツツバキ

    バイカツツジ(梅花躑躅)

  • 2019/06/29 : 野の花
  • またしても週末になってしまいました。
    この時期らしいお天気と言ったらそれまでなんですけど、週に2日しかない週末ですから晴れてほしいものです。
    家でうだうだしていても仕方がないのでいつものフィールドへ・・


    バイカツツジ(梅花躑躅)


    そういえばバイカツツジの木があったのを思い出しました。
    期待どおり咲いていて、今年はちょっとの数が多いかなといった印象です。
    とはいえにぎやかに咲いているというのではありませんけど。

    【写真】
    バイカツツジ梅花躑躅) ツツジ科
    葉の陰に隠れて下向きに咲いています。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/29 10:26:51
    Tv 1/80
    Av 5.6
    ISO感度 1600
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    ちょっと角度を変えて撮ってみました。
    赤い模様がくっきりです。


    バイカツツジ(梅花躑躅)


    花弁が反り返るように開く姿は、いわゆるツツジのイメージではないですね。
    花の時期も梅雨時ですからツツジっぽくないです。
    雄しべが3本のように見えますが、上のほうにごく小さな雄しべが2本あって全部で5本です。


    バイカツツジ(梅花躑躅)


    写真にも写っていますが見えますかね!?

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : バイカツツジ 梅花躑躅 ツツジ科 ツツジ 梅雨 雄しべ 花弁 週末

    ヒメザゼンソウ(姫座禅草)

  • 2019/06/28 : 野の花
  • 2年ぶりに東京都北多摩地区のヒメザゼンソウ自生地に行ってきました。
    以前に数えたときよりも個体数が少ないように思いました。
    時期的には10日くらい遅かったからかもしれません。


    ヒメザゼンソウ(姫座禅草)


    狭山丘陵のヒメザゼンソウは埼玉県側が知られていますが、東京都側にもいくらかあります。
    以前はもっと多かったのが宅地開発でつぶれてしまったそうです。
    わずかに残ったものは大事に見守っていきたいものです。

    【写真】
    ヒメザゼンソウ姫座禅草) サトイモ科
    仏炎苞の高さは4~5cmくらいと小さいです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/23 9:37:13
    Tv 1/30
    Av 4.0
    ISO感度 6400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:絶滅危惧IA類(北多摩)
    埼玉県RDB2011:絶滅危惧IB類


    春、最初に葉が出て、のころには葉が枯れてしまいます。
    ザゼンソウが先なので、同属でも生態はずいぶん違うものです。


    ヒメザゼンソウ(姫座禅草)


    の左側に昨年の後にできた果実が見えます。
    ピントが合っていませんけど、雰囲気だけでも・・
    緑色でより大きく、ちょっとパイナップルみたいな形をしています。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヒメザゼンソウ 姫座禅草 サトイモ科 野草 仏炎苞 絶滅危惧 ザゼンソウ 宅地開発 パイナップル

    ヤブジラミ(藪虱)

  • 2019/06/27 : 野の花
  • いつの間にかヤブジラミの時期になりました。
    そういえばオヤブジラミも見た気がするんですが、どうやら撮らなかったようです。
    どっちも小さななので進んで撮ろうとは思いませんが・・


    ヤブジラミ(藪虱)


    ヤブジラミのほうが登場回数が多いです。
    結局、このの時期は被写体の種類が少ないんですよね。
    週末2日続けて雨が降ったら一発でネタ切れです。

    【写真】
    ヤブジラミ藪虱) セリ科
    セリ科らしい、小さくてしわくちゃなですね。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/22 13:00:37
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    をアップで撮ると、肉眼で見た以上に美しいかもしれません。
    草全体を見たらぱっとしませんが・・


    ヤブジラミ(藪虱)


    梅雨真っただ中、今週末で6月も終わりです。
    早いもので今年も半分終わってしまいました。
    今年やろうと思っていたこと、半分できているでしょうか・・


    ヤブジラミ(藪虱)


    そういえば Windows Update が延々と続いています。
    しょっちゅうブルースクリーンになってPCがダウンしてしまうので、今はアップデートを停止しています。
    まぁ安定して稼働してますね・・やっぱりエラー発生の犯人は Windows Update です。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヤブジラミ 藪虱 セリ科 野草 オヤブジラミ 被写体 週末 梅雨 ブルースクリーン

    イチヤクソウ(一薬草)

  • 2019/06/26 : 野の花
  • 今年はこのも見逃したかと思いましたが、何とか間に合いました。
    ちょっとした環境の違いが開時期に影響するようです。
    狭い範囲でも早く咲く場所あり、遅く咲く場所あり・・


    イチヤクソウ(一薬草)


    笹に埋もれるように3本の茎が立ち上がっていました。
    このくらい咲くと見栄えがします。
    それにしても小さな葉の割に立派なを咲かせることです。

    【写真】
    イチヤクソウ一薬草) ツツジ科イチヤクソウ亜科
    必要な栄養の一部を菌類に依存している部分的菌従属栄養植物
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    Tv 1/160
    Av 4.5
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:準絶滅危惧(北多摩)


    薄暗い林床などに咲いているので、葉があっても光合成にはあまり期待できそうにないですね。
    鉢植えでは菌類の補助が得られず、育ちません。


    イチヤクソウ(一薬草)


    おお、これはすごい、見ごたえ十分です。
    これだけまとまって咲いているのは久しぶりに見ました。
    遠くからでもはっきりとわかるくらい目立っています。


    イチヤクソウ(一薬草)


    これは別の場所で2週間前に撮ったものです。
    うつ向いて咲くは、何度見てもカブトガニに見えてしまいます。
    とても美しいなんですけどね。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : イチヤクソウ 一薬草 ツツジ科 イチヤクソウ亜科 野草 菌従属栄養植物 光合成 カブトガニ 絶滅危惧

    ヒメジョオン(姫女菀)

  • 2019/06/25 : 野の花
  • の種類が少ない時期だし、気まぐれでヒメジョオンを撮りました。
    ・・というくらい目もくれない雑草です。
    他に載せようと思っているのがあったんですが事情により今日はこれです。


    ヒメジョオン(姫女菀)


    道端に咲いているおなじみの雑草です。
    Wikipediaによると1個体にできる種子は47000以上、種子の寿命は35年だそうです。
    これじゃ蔓延りますね。

    【写真】
    ヒメジョオン姫女菀) キク科
    ハルジオンに似ていますが舌状がしっかりしているので頭だけ見ても見分けができます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/16 14:58:06
    Tv 1/320
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    そうそう、いつのまにか原っぱはハルジオンからヒメジョオンに入れ替わりました。
    こんな雑草にもなんだか季節を感じてしまいます。
    ですが日本の侵略的外来種ワースト100に数えられる厄介者です。


    ヒメジョオン(姫女菀)


    ここしばらく Windows Update が異常終了しまくって弱っていました。
    頻繁にブルースクリーンが発生して作業がしばしば中断していました。
    大規模な Windows Update のときにブルースクリーンが頻発する気がするのは私だけでしょうか。
    やっとのことでアップデート完了したので安定するかな・・

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヒメジョオン 姫女菀 キク科 野草 雑草 ハルジオン 日本の侵略的外来種ワースト100 Windows ブルースクリーン

    オカトラノオ(丘虎の尾)

  • 2019/06/24 : 野の花
  • 今年もオカトラノオが咲き始めました。
    昨年はこの時期だとたくさん咲いていたので、今年は一週間くらい遅いかもしれません。
    というより、昨年はずいぶん早く咲いたんだと思いますが・・


    オカトラノオ(丘虎の尾)


    草丈は1m近くになるものもあって大きめです。
    も見事な房になって咲くのでよく目立ちますね。
    当地では多く見られる植物です。

    【写真】
    オカトラノオ丘虎の尾) サクラソウ科
    序が虎の尾に似るのが名前の由来だそうですけど、虎の尾ってこんなでしたっけ。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/22 12:43:03
    Tv 1/125
    Av 4.0
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    交雑しやすい植物だそうです。
    ヌマトラノオとの交雑種であるイヌヌマトラノオらしきものはよく見かけます。
    歯切れが悪い言い方ですが、交雑しているかどうかは特徴が不明確なものもあって判断が結構難しいです。


    オカトラノオ(丘虎の尾)


    このを眺めつつ、6月9日に載せた正体不明のアレは何だったのか謎は深まるばかりです。
    ヌマトラノオだったらオカトラノオよりも後に咲くはずだし。
    ようやくオカトラノオが咲き始めたところですからねぇ。


    オカトラノオ(丘虎の尾)


    雨の中で傘を差しながら撮りました。
    雨粒をきれいにはじいていて、こういうのもたまはにいいものです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : オカトラノオ 丘虎の尾 サクラソウ科 野草 交雑 ヌマトラノオ イヌヌマトラノオ 雨粒

    クララ(眩草)

  • 2019/06/23 : 野の花
  • クララが見ごろを迎えたとのことなので見に行ってきました。
    昨年載せていないのはタイミングを外したからです。
    梅雨時は天候に恵まれないことが多いので仕方がありません。


    クララ(眩草)


    の合間のようなタイミングだったので濡れています。
    それにしてもものすごい数のですね。
    これほど多くのが必要なんでしょうか。

    【写真】
    クララ眩草) マメ科
    外来種を思わせる名前ですが在来種。有毒
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/23 10:54:27
    Tv 1/320
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    今日は大きな序がふたつ、満開でした。
    それ以外に中くらいのがひとつ、小さいのはまだこれから開というところでした。


    クララ(眩草)


    葉は奇数羽状複葉というやつで、いかにもマメ科らしいです。
    このが咲くとマルハナバチが飛び回っているんですが、今日は姿を見かけませんでした。
    やはりのせいでしょうね。


    クララ(眩草)


    おびただしい数の花を咲かせる割に、個体数は増えていません。
    全国的に数が減っているそうなのでもう少し増えてくれるといいんですけど。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : クララ 眩草 マメ科 野草 有毒 奇数羽状複葉 マルハナバチ 梅雨

    カンガレイ(寒枯藺)

  • 2019/06/22 : 野の花
  • 残念ながら雨の土曜日になってしまいました。
    不安定な天候というか、まぁこの時期らしいお天気かと思いますけど。
    降るときは降ってもらわないと困りますしね。


    カンガレイ(寒枯藺)


    そんな中、小降りになったタイミングを見計らてちょっとだけ歩いてきました。
    そういえばサンカクイカンガレイがあったはず・・
    で、これはどっちだったっけ!?と一瞬悩んでしまいました。

    【写真】
    カンガレイ寒枯藺) カヤツリグサ科
    小穂に柄がないのがカンガレイ、柄があったらサンカクイ
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/22 12:51:12
    Tv 1/125
    Av 4.0
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    雨がどんどん強くなって、傘を差しながら片手で撮りました。
    あぜ道もぬかるんできたし、早々に撤収しました。


    カンガレイ(寒枯藺)


    小穂から下が茎で上が苞葉といわれても、上下で違いはないような!?

    秩父の珍達そばがあまりにも熱かったので冷たいものを食べに長瀞へ。
    かき氷は阿左美冷蔵がよく知られていますが今や超有名になって平日でも混んでいて並ぶ気になれず・・


    天然氷


    長瀞付近では別のお店でも阿左美冷蔵の天然氷を使ったかき氷が食べられます。
    これは抹茶和三盆、赤いピッチャーに抹茶、その手前が和三盆、白いピッチャーが和三盆のシロップです。
    苦い抹茶にまろやかな和三盆がよく合います。
    大人のスイーツといったところか。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : カンガレイ 寒枯藺 カヤツリグサ科 野草 サンカクイ 苞葉 長瀞 天然氷

    ネズミモチ(鼠黐)

  • 2019/06/21 : 野の花
  • よく訪れる谷戸の林で、ふと見上げるとネズミモチが咲いていました。
    ああこんなところにもあったんだなと・・
    が咲いているか実ができているかしないと私には見分けられません。


    ネズミモチ(鼠黐)


    イボタノキ属の常緑低木で、なるほどイボタノキに似ています。
    4裂する冠は裂片が大きく反り返る感じですね。

    【写真】
    ネズミモチ鼠黐) モクセイ科
    つやのあるしっかりした葉はちょっと椿のようです。
    別名のタマツバキもこの辺からでしょうか。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/16 15:12:31
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 800
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    検索してみたら、ネズミモチの実のコーヒーって売っているんですね。
    別名のタマツバキから、玉椿コーヒーなんていう名前だったりします。
    以前に、戦時中はネズミモチの実をコーヒーの代用品にしたなんてどこかで読んだ記憶がありますが、今も売っているとは。


    ネズミモチ(鼠黐)


    ネズミモチの実は女貞子という生薬になるとのことなので、体にはよさそうですね。
    どんな味なのか興味深いですが、案外値段が高くて・・

    今日は秩父までラーメンを食べに行ってきました。


    珍達そば


    秩父鉄道の御畑駅近くの「だんござか珍達そば」の珍達そば700円。
    どっさり乗ったネギと豚バラ肉、ゴマ油の香り、そうめんみたいなストレート細麺と、ちょっと個性派ですが案外しつこくなくておいしいです。
    スープが熱々で舌を火傷したのかヒリヒリするような・・

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ネズミモチ 鼠黐 モクセイ科 イボタノキ 女貞子 タマツバキ コーヒー 秩父 珍達そば

    ホソバイヌビワ(細葉犬枇杷)

  • 2019/06/20 : 野の花
  • この時期はの種類が少ないなと思いつつ歩いていて、思い出しました。
    そういえばこんなのがあったっけ・・
    ちょうど嚢が付く時期で、盛り!?でした。


    ホソバイヌビワ(細葉犬枇杷)


    とはいえイチジク属ですから直接は見えません。
    嚢の中に納まっています。
    名前はビワでも見た目はイチジクですね。

    【写真】
    ホソバイヌビワ細葉犬枇杷) クワ科 イチジク
    イヌビワ変種で葉が細いもの。雌雄異株
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/16 15:20:10
    Tv 1/125
    Av 4.0
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    この木があるのを知ったのは2年前です。
    今年は過去と比べると嚢の数がすごく多いように思います。


    ホソバイヌビワ(細葉犬枇杷)


    小さなイチジクが鈴なりです。
    ちなみに私はイチジクがどうにも苦手で食べられません。
    ちょっと甘すぎるのと、食感のせいか!?


    ホソバイヌビワ(細葉犬枇杷)


    ホソバイヌビワも熟すと食べられるそうです。
    でも雄花嚢にはイヌビワコバチが寄生しているとのことなので、食べないほうがいいかも・・
    もちろん私は食べてみたいとか、まったく思いませんけど。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ホソバイヌビワ 細葉犬枇杷 クワ科 イチジク イヌビワ 変種 雌雄異株 イヌビワコバチ ビワ

    ヤブレガサ(破れ傘)

  • 2019/06/19 : 野の花
  • 今年もを見逃したか・・と思いましたが何とか残っていました。
    きれいに咲いているのは少なくて、結構探してやっとこれです。
    まずまずの咲きっぷりですかね。


    ヤブレガサ(破れ傘)


    いかにもキク科らしい頭花です。
    個々の小花オケラのそれによく似ている気がしますね。
    小花の間には冠毛がびっしりです。

    【写真】
    ヤブレガサ破れ傘) キク科
    春先、3月頃に芽吹いた葉がまさに破れ傘という姿です。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/16 14:18:19
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 1250
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    頭花をアップで見ると小花はすべて両性の筒状花で、花冠は5裂しています。
    日陰に咲く地味な花ですけど、これはこれでいいものです。


    ヤブレガサ(破れ傘)


    場所によっては絶滅危惧種になっている県もあります。
    当地ではところどころで見られますが、そんなにたくさんあるということもなく・・
    かといってぜんぜんないわけでもなく。


    ヤブレガサ(破れ傘)


    花茎は1mを超えるようなのもあって結構な大物です。
    ヤブレガサっぽい姿は4月5日の日記に載せています。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヤブレガサ 破れ傘 キク科 野草 頭花 小花 オケラ 冠毛 筒状花

    ヤマホタルブクロ(山蛍袋)

  • 2019/06/18 : 野の花
  • 一昨日にホタルブクロを掲載しましたが、仲よく並んでヤマホタルブクロも咲いています。
    どれがホタルブクロでどれがヤマホタルブクロかは、ぱっと見ではわかりません。
    強いて挙げると、ヤマホタルブクロのほうが紫が濃いめというくらい・・


    ヤマホタルブクロ(山蛍袋)


    の色は見分けの決定打ではなく、萼片を見ます。
    ヤマホタルブクロ萼片は短くて太く、萼片の間の付属体がありません。
    毎年これ以外の違いがないのかと見ていますが、なさそうに思えます。

    【写真】
    ヤマホタルブクロ山蛍袋) キキョウ科
    ホタルブクロの変種
    変種というほどの差異がないように思えますが、変種です。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/16 13:52:50
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    こちらは色の薄いヤマホタルブクロです。
    こうして見るとやっぱりの色では見分けられませんね。


    ヤマホタルブクロ(山蛍袋)


    毎年見ていてもうひとつ不思議なのが交雑です。
    ホタルブクロは虫媒花なので、ヤマホタルブクロと並んでいたら自然交雑種が出そうなんですが・・
    もしかしてこれはヤマホタルブクロだと思って撮っていたけど交雑種だった・・とか!?


    ヤマホタルブクロ(山蛍袋)


    気にして見ていますが、やっぱりホタルブクロとヤマホタルブクロでした。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヤマホタルブクロ 山蛍袋 キキョウ科 野草 ホタルブクロ 変種 萼片 交雑 虫媒花

    イモカタバミ(芋酢漿草、芋片喰)

  • 2019/06/17 : 野の花
  • ずいぶん久しぶりに載せた気がします。
    もともとは園芸用に持ち込まれたものが野生化しています。
    日本に入ってきたのは戦後だそうなので、古くからあるものではないんですね。


    イモカタバミ(芋酢漿草、芋片喰)


    鮮やかな色のをたくさん咲かせますから、野のっぽくないです。
    園芸用に持ち込まれて野生化してしまうものは結構多いので、ガーデニングは気を付けてやりましょう。
    近年は夏の猛暑で弱ってしまい、葉が枯れて夏眠しているとか。

    【写真】
    イモカタバミ芋酢漿草芋片喰) カタバミ科
    南米原産ながら、暑いのは苦手のようです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/02 13:13:49
    Tv 1/160
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    そういえば夏場は大きな葉も見かけなくなった気がします。
    ムラサキカタバミと違っての中心の色が濃く、葯が黄色いです。


    イモカタバミ(芋酢漿草、芋片喰)


    不覚ながら風邪をひいてしまいました。
    どうやら寒かった土曜日に外出したのがよくなかったようです。
    ちょっと免疫力が低下しているのかな・・


    タチドコロ


    5月20日に載せたタチドコロ、果実がたくさんできていました。
    このところ急に個体数が増えていますが、これだけ種ができたら繁殖しそうです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : イモカタバミ 芋酢漿草 芋片喰 カタバミ科 野草 園芸 猛暑 野生 タチドコロ

    ホタルブクロ(蛍袋)

  • 2019/06/16 : 野の花
  • 先週末は蕾だけだったホタルブクロが咲きました。
    昨年よりも一週間ほど遅いですが、平年並みくらいだと思います。
    まだ咲き始めで、蕾だけの個体も多かったです。


    ホタルブクロ(蛍袋)


    先々週と先週末はほとんど状況が変わっていないように見えました。
    この一週間で一気に咲いたようです。
    毎年決まった時期にきちんと咲く、正確なタイマーを持っているみたいですね。

    【写真】
    ホタルブクロ蛍袋) キキョウ科
    このホタルを入れて遊んだというのが名前の由来だそうです。
    ホタルだったら十分入りそうな大きさです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/16 14:01:25
    Tv 1/1000
    Av 4.0
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    毎度のことながら、ヤマホタルブクロとの見分けは萼をチェックします。
    萼片が細長くて萼片の間に反り返るような付属体があるか・・


    ホタルブクロ(蛍袋)


    萼片の形状だけでも見分けられそうに思います。
    今日、咲いていたはどれもこの薄い紫色ばかりでした。
    昨年はこの場所に白も咲いていたので、もう少ししたら咲くかもしれません。


    ホタルブクロ(蛍袋)


    雨が降って肌寒かった昨日とは打って変わって真夏のような暑さになりました。
    この時期は気候の変動が大きいし、体が暑さに慣れていないので結構疲れます。
    お昼から2時間半ほど歩いてすっかりバテてしまいました。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ホタルブクロ 蛍袋 キキョウ科 野草 ホタル ヤマホタルブクロ タイマー 真夏 気候

    ドクダミ(蕺草、十薬)

  • 2019/06/15 : 野の花
  • ごく当たり前に生えているのに、載せるのは8年ぶりです。
    の姿は悪くないんですけど、あまりにも増えすぎでしょう。
    この時期に丘陵を歩くとどこに行ってもこのばっかりの印象です。


    ドクダミ(蕺草、十薬)


    非常に繁殖力が強くて、地下茎のきれっぱしからも芽を出すそうです。
    当地では丘陵のかなり深い部分でも一面に咲いているような場所があります。
    さすがに駆除したほうがよさそうに思えますけど、どんなものか・・

    【写真】
    ドクダミ蕺草十薬) ドクダミ科
    弁のように見える白い部分は総苞で、は雄しべと雌しべのみ。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/08 13:39:17
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    ご存じのとおり非常に臭気が強いですね。
    抗菌作用、抗カビ作用のある成分の匂いだそうですが、やっぱり臭いです。


    ドクダミ(蕺草、十薬)


    中国では魚腥草というそうです。
    魚のような生臭さがある草という意味で、そうかも。
    野菜として売っているということなので、丘陵のも採って売っては如何!?


    ドクダミ(蕺草、十薬)


    私はちょっと遠慮しておきますけどね。
    何はさておきドクダミは増えすぎだなと、ニガニガしく眺めつつ歩いています。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ドクダミ 蕺草 十薬 ドクダミ科 野草 地下茎 中国 魚腥草 野菜

    ギンリョウソウ(銀竜草)

  • 2019/06/14 : 野の花
  • 毎年梅雨入り前にチェックしているで、いつの間にか定点観察になってしまいました。
    さて今年はどうか・・と期待して行きましたが残念な結果でした。
    年々個体数が減っているようです。


    ギンリョウソウ(銀竜草)


    今年見たのはわずかに6個くらいで、昨年の三分の一くらいに思えました。
    単にタイミングが悪かったのであればいいんですが・・
    すっかり消えてしまった場所もあるので少なからず心配です。

    【写真】
    ギンリョウソウ銀竜草ツツジ科シャクジョウソウ亜科
    必要な栄養を100%菌類に依存している菌従属栄養植物
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/08 13:03:05
    Tv 1/50
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    とはいえ今年久々に復活した場所もあるという情報をいただきました。
    見に行きたいんですがお天気がねぇ・・
    すでに6月中旬なので手遅れでしょうし。


    ギンリョウソウ(銀竜草)


    どうもこのところ栄養源を菌類に依存している植物に異変があるように思います。
    数が減っているものばかりでなく、増えているものもあります。
    温暖化で増えた菌、減った菌があるとかでしょうか・・

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ギンリョウソウ 銀竜草 ツツジ科 シャクジョウソウ亜科 野草 菌従属栄養植物 菌類 栄養 温暖化

    キササゲ(木大角豆)

  • 2019/06/13 : 野の花
  • この時期はの種類が少ないなと思いつつ歩いていたらキササゲが咲いていました。
    そういえばこのは今の時期でしたっけ。
    すっかり忘れていました。


    キササゲ(木大角豆)


    きれいに咲いていると思って撮りましたがそうでもなかった・・
    どうもきれいな部分にばかり意識が行っているようです。
    もうちょっと全体を見ないとね。

    【写真】
    キササゲ木大角豆) ノウゼンカズラ科
    中国原産の帰化植物落葉高木
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/08 13:32:04
    Tv 1/320
    Av 4.5
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    去年ののあとにできる実がたくさん残っていました。
    これがササゲの莢に似ているというのが名前の由来だそうです。


    キササゲ(木大角豆)


    長さは30cmほどもあるでしょうか、ずいぶんたくさんできています。
    この莢を熟す前に採取して乾燥すると梓実(しじつ)という生薬になります。


    キササゲ(木大角豆)


    大きな葉も特徴的ですね。
    中国では若い葉を食用にするんだそうです。
    どう調理して食べるんでしょうね。


    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : キササゲ 木大角豆 ノウゼンカズラ科 生薬 梓実 ササゲ 帰化植物 中国 落葉高木

    テイカカズラ(定家葛)

  • 2019/06/12 : 野の花
  • このも今年は見逃がしたかともいましたが、何とか咲いていました。
    蔓が樹木の高いところまで這い上がって、はるか見上げるようなところで咲いていることが多いです。
    写真のは倒木に蔓が絡んでいるので低い位置で咲いていました。


    テイカカズラ(定家葛)


    たぶん絡んでいるテイカカズラごと倒れたんでしょうね。
    おかげで目の位置でいっぱい咲きます。
    これを撮った日は雨上がりだったので、滴の重さでどのも垂れ下がっていました。

    【写真】
    テイカカズラ定家葛) キョウチクトウ科 有毒
    蔓性の常緑低木。フジとはちがって緩く絡みつくようです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/08 12:38:18
    Tv 1/200
    Av 4.0
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    この弁がまだ巻いているので咲いたばかりのようです。
    ソフトクリームみたいな蕾に、プロペラみたいなが巧みに格納されてます。


    テイカカズラ(定家葛)


    ジャスミンに似た芳香があるんですけど雨のせいか感じませんでした。
    ・・それとも鼻が利かないのか!?
    ヒサカキやクサギには敏感に反応するんですけどね。


    テイカカズラ(定家葛)


    ここ数日、梅雨寒といった気候が続いています。
    湿気も多いし、暑いよりはよっぽど過ごしやすくていいかもしれません。
    梅雨明けまであと1ヶ月と思うと結構長いですね。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : テイカカズラ 定家葛 キョウチクトウ科 有毒 梅雨 藤原定家 ソフトクリーム プロペラ ジャスミン

    ユキノシタ(雪の下)

  • 2019/06/11 : 野の花
  • 今年はのいい時期を見逃しました。
    丘陵のあちこちで咲くので、ちょっと油断してしまいました。
    6月2日だったら遅すぎではないと思いますが、今年は早目に終わったのか・・


    ユキノシタ(雪の下)


    に赤味がほとんどないので、最初はハルユキノシタかと思いました。
    でも根元からランナーを伸ばしているのでユキノシタです。
    当地のユキノシタはこの色ばかりで、上3枚の弁がピンクになっているのは見かけません。

    【写真】
    ユキノシタ雪の下) ユキノシタ科
    小さなですが個性的で印象に残ります。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/02 13:49:46
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 800
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    ユキノシタのピンクアントシアニンの色です。
    ちょっと調べてみたら、ユキノシタがアントシアニンを生成する「引き金」がいくつかあるそうで・・


    ユキノシタ(雪の下)


    当地ではアントシアニンを生成するスイッチが入る条件がないのでしょうかね。
    どこもかしこもこの色ですから。
    ほぼ日当たりのよくない場所に咲いているので、紫外線から身を守る必要がないのかもしれません。


    ユキノシタ(雪の下)


    だけでなく、葉の色素も少なくてほとんど赤味がありません。
    葉に生える毛が赤いくらいです。
    を横から見たらちょっと表情が違って見えますね。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ユキノシタ 雪の下 ユキノシタ科 野草 アントシアニン ハルユキノシタ ランナー ピンク 紫外線

    ウツボグサ(靫草)

  • 2019/06/10 : 野の花
  • 2015年の初登場依頼、毎年掲載しています。
    昨年は6月8日にちょうどいい咲き具合だったので、今年も同じ時期に行ってみました。
    今年はちょっと開が遅めのようです。


    ウツボグサ(靫草)


    特に珍しい植物ではないと思いますが当地ではあまり見かけません。
    今までに見つけたのは2ヶ所のみです。
    うち1ヶ所は工事中のようで今後どうなるか・・

    【写真】
    ウツボグサ靫草) シソ科
    花穂の形が矢を入れて背負う靫ににているところから。
    別名:夏枯草(カゴソウ)
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/08 14:13:10
    Tv 1/320
    Av 4.0
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    この日見つけた中で一番付きがよかったのがこれです。
    花穂全体にこれほどが咲いているのも少ないと思います。


    ウツボグサ(靫草)


    日当たりがいい場所のせいか紫色が濃いです。
    樹木が多くて日陰になる場所に咲いているのは色が薄いようです。
    紫外線から身を守るためにアントシアニンをたくさん作る・・ですかね!?


    ウツボグサ(靫草)


    ちょっと角度を変えて・・
    の形はいかにもシソ科らしいです。
    花が輪生して咲くのもシソ科には多く見られますね。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ウツボグサ 靫草 シソ科 野草 夏枯草 アントシアニン 花穂 紫外線 樹木

    イヌヌマトラノオ(犬沼虎の尾)?

  • 2019/06/09 : 野の花
  • 昨年も載せた正体不明のアレです。
    オカトラノオ属であることは間違いないのですが、同定できていません。
    オカトラノオでも、ヌマトラノオでも、ノジトラノオでもなく・・


    イヌヌマトラノオ?


    序のなびき方はオカトラノオっぽいです。
    葉はヌマトラノオにそっくりですが茎に細かい毛がびっしり生えているところはオカトラノオみたいです。
    また葉の付け根が赤くなっていないのでオカトラノオっぽくないし・・

    【写真】
    イヌヌマトラノオ?(犬沼虎の尾) サクラソウ科
    自然交雑種じゃないかと思いますが、今年も特定できずです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/08 14:23:18
    Tv 1/1000
    Av 4.5
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    オカトラノオ属は交雑しやすいそうなので、何か交じっているんでしょうね。
    DNA鑑定なんてできないので確かめるのは難しそうに思えます。


    イヌヌマトラノオ?


    をアップで見たらオカトラノオよりもヌマトラノオに近いかと。
    全体の特徴から推測するとヌマトラノオの血が濃いイヌヌマトラノオというところでしょうか。
    でも生育地は近くに湖があるとはいえ乾燥気味だしなぁ・・


    イヌヌマトラノオ?


    さらに謎なのが開時期がオカトラノオよりも早いところです。
    ノジとヌマの交雑種のノジヌマトラノオじゃないだろうし・・
    昨年の悩みは今年も解決せず、課題は来年(以降)に持ち越しです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : イヌヌマトラノオ 犬沼虎の尾 サクラソウ科 野草 オカトラノオ ヌマトラノオ ノジトラノオ 交雑 ノジヌマトラノオ

    ツルアリドオシ(蔓蟻通し)

  • 2019/06/08 : 野の花
  • もしかしたら見逃してしまったかな・・とおもったツルアリドオシを探しに行きました。
    タイミングが遅かったのか、咲いていたのはわずかにひとつだけでした。
    ここは雌しべが長い長花柱花しか見たことがない場所でしたが・・


    ツルアリドオシ(蔓蟻通し)


    雄しべ4本が突き出た短花柱花でした。
    そういえば長花柱花ばかり集まっている場所とは少し位置がずれています。
    ここにも短花柱花があったとは気づいていませんでした。

    【写真】
    ツルアリドオシ蔓蟻通し) アカネ科
    雌しべが長い長花柱花、雄しべが長い短花柱花の2種類があります。
    呼び名のとおり、雌しべが長い花、短い花ということです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/08 12:33:09
    Tv 1/125
    Av 4.5
    ISO感度 4000
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:絶滅危惧IA類(北多摩)


    この場所は長花柱花ばかりだと思っていたのでちょっと驚きです。
    今まで観察したところでは群落ごとに長花柱花短花柱花どちらかだけで、混じって咲いているのは見たことがありませんでした。
    ちょっとだけ位置がずれているので別群落なのかもしれませんが。


    ツルアリドオシ(蔓蟻通し)


    真っ白な花がちょっと黄ばんで見えたのは咲き終わりだからでしょう。
    来年はもう少し早いタイミングで見に行かねば。

    100mくらい離れた場所で長花柱花を発見しました。


    ツルアリドオシ(蔓蟻通し)


    ここはかつてゲリラ豪雨ですっかり流されたと思った場所です。
    ツルアリドオシは長花柱花どうし、短花柱花どうしの受粉はできないとのことです。
    以前この場所で赤い実を見つけましたが、両方の花がそろっていたのか!
    やっと謎が解けました。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ツルアリドオシ 蔓蟻通し アカネ科 野草 絶滅危惧 長花柱花 短花柱花 雌しべ ゲリラ豪雨

    ミゾコウジュ(溝香薷)

  • 2019/06/07 : 野の花
  • 毎年梅雨入り前に観察しているです。
    今年もかろうじて残っていたという感じでした。
    これが咲いていた場所はここ数年で個体数が激減してしまいました。


    ミゾコウジュ(溝香薷)


    以前咲いていた場所は3年くらい前にミゾコウジュごと草刈りされてしまいました。
    それ以前はちゃんと残してあったんですけどね。
    自然公園なのに、これでいいのか!?

    【写真】
    ミゾコウジュ溝香薷) シソ科
    湿地の植物で、当地ではかなり珍しいです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/02 13:02:13
    Tv 1/250
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:準絶滅危惧
    埼玉県RDB2011:準絶滅危惧
    環境省レッドリスト :準絶滅危惧


    前にも書いたと思いますが、これが咲いていた近くで立入禁止になっている場所があります。
    以前は希少植物があるためと書いてありましたが今は単に立入禁止だけです。
    今年その場所は草ぼうぼうになっています。


    ミゾコウジュ(溝香薷)


    はいかにもシソ科らしい形ですね。
    ヒメジソくらいのごく小さなは、どの個体でも疎らに咲いているだけです。
    もうちょっとにぎやかに咲いてくれてもいいかな・・


    ミゾコウジュ(溝香薷)


    関東地方、梅雨入りしてしまいました。
    どうやら今度の週末のお天気は良くないようです。
    これからしばらくは空模様を眺めながらの探しになりそうです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ミゾコウジュ 溝香薷 シソ科 野草 湿地 絶滅危惧 梅雨 自然公園 環境省

    コウゾリナ(顔剃菜、剃刀菜)

  • 2019/06/06 : 野の花
  • 今日は時間がないのでやっつけみたいな写真です。
    お馴染みのコウゾリナですが、久しぶりに撮ったと思ったらそうでもありませんでした。
    似たようなが多いので印象が薄いのかも!?


    コウゾリナ(顔剃菜、剃刀菜)


    タンポポよりも二回りほど小さな頭舌状花のみです。
    全体に剛毛が目立つので、似たようなが多くてもそれとわかりますね。
    実際に触っても結構な剛毛です。

    【写真】
    コウゾリナ顔剃菜剃刀菜) キク科
    外来種かと思いきや在来種だそうです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/01 12:11:14
    Tv 1/500
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    この手のは日の当たる場所で撮るもんじゃないですね。
    せめて少し影にすればよかったです。


    コウゾリナ(顔剃菜、剃刀菜)


    関東地方もいよいよ梅雨入りが近いようで週間天気予報は傘マークが並んでいます。
    次の週末は1日だけでも歩き回れるか・・
    この季節はネタ切れが心配です。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : コウゾリナ 顔剃菜 剃刀菜 キク科 野草 タンポポ 舌状花 梅雨 在来種

    ウツギ(空木、卯の花)

  • 2019/06/05 : 野の花
  • 時々見かけるなんですが2015年以来の登場です。
    そういえばこのことろ撮った記憶がないような・・
    今年はネタ切れ対策に撮った・・というのもあるんですが。


    ウツギ(空木、卯の花)


    とはいえ初夏を思わせる純白の爽やかなです。
    アップで見ると弁に厚みがあって、フェルトか発泡スチロールでできているようにも見えますね。

    【写真】
    ウツギ空木卯の花) アジサイ科
    卯の花の匂う垣根に・・と歌われますが芳香はないようです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/01 12:08:57
    Tv 1/250
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    場所柄、これは植栽かもしれません。
    特に園芸品種というわけではないと思うのですが、十分鑑賞に堪えられます。


    ウツギ(空木、卯の花)


    名前の由来は茎が中空であることだそうです。
    実際に枝を切ったり折ったりして確認したことはないですけどね。
    何とかウツギというのが結構ありますが、単にウツギといったらこれです。


    トウゲシバ


    見た目はあまりシダっぽくない、トウゲシバというシダ
    東京都のレッドデータブックでは北多摩地区はデータなしとなっています。
    でもあちこちにいっぱいあるんですよね。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ウツギ 空木 卯の花 アジサイ科 トウゲシバ シダ 初夏 フェルト 園芸品種

    ウメガサソウ(梅笠草)

  • 2019/06/04 : 野の花
  • 今年もウメガサソウが開したとの情報をいただいたので見に行きました。
    全体的に心なしかの数が少なめかな・・
    この株はとても立派で付きがよかったです。


    ウメガサソウ(梅笠草)


    高さ10cmほどで、名前は草ですが常緑小低木です。
    光合成はできるものの菌根菌から多くの栄養を得ている菌従属栄養植物です。
    最近でも盗掘被害が出ているようですけど、ウメガサソウ単独では育たないでしょう。

    【写真】
    ウメガサソウ梅笠草) ツツジ科シャクジョウソウ亜科
    当地では希少な植物で、個体数は減少傾向です。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/02 14:39:49
    Tv 1/125
    Av 5.6
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:絶滅危惧IB類(北多摩)
    埼玉県RDB2011:絶滅危惧II類


    前の年の後の実の残骸がまだ残っていました。
    こういうのが残っているところはイチヤクソウに似ているかな・・


    ウメガサソウ(梅笠草)


    はすべて下向きに咲くので写真には撮りにくいです。
    一番上の写真のはもうじき咲き終わりのため上を向きかかっているものと思います。
    まぁ、下向きに咲いているのを上から見てもかわいらしいですが。


    ウメガサソウ(梅笠草)


    自然は非常に巧みにできていて、小さな植物もそれ単体ではなく全体がシステムとして調和しているんだなと感じます。
    どこかに変調を来すとシステム全体に影響が及ぶのではないでしょうかね。
    来年もたくさん咲きますように。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ウメガサソウ 梅笠草 ツツジ科 シャクジョウソウ 小低木 常緑 絶滅危惧 菌従属栄養植物 菌根菌

    オオカモメヅル(大鴎蔓)

  • 2019/06/03 : 野の花
  • そろそろ咲いているだろうとオオカモメヅルを探しに行きました。
    咲いてはいたものの、まだ多くが蕾でした。
    昨年と比べたら5日くらい遅いかもしれません。


    オオカモメヅル(大鴎蔓)


    名前は「大」ですけどごく小さなです。
    せいぜい5、6ミリといったところでしょうか。
    ずい柱を取り囲むように濃い紫色の副花冠がいいアクセントになっています。

    【写真】
    オオカモメヅル大鴎蔓) キョウチクトウ科ガガイモ亜科

    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/02 13:56:13
    Tv 1/100
    Av 5.6
    ISO感度 1250
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    ごく小さなは、たいてい葉に隠れるように咲いています。
    おかげで非常に撮りにくいです。


    オオカモメヅル(大鴎蔓)


    3本のが笹に絡まって伸びていました。
    さすがに3本一緒だったらたくさんが咲きそうですね。
    時間があったらもう一度見に行くことにしましょう。


    オオカモメヅル(大鴎蔓)


    の先端はこんな感じで、蕾がたくさん見えます。
    は小さいですが葉が大きいので「大」カモメヅルということです。
    とはいってもそんなに大きな葉でもありませんが。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : オオカモメヅル 大鴎蔓 キョウチクトウ科 ガガイモ 野草 ずい柱 副花冠 アクセント

    ナルコユリ(鳴子百合)

  • 2019/06/02 : 野の花
  • このは2013年に生育地を確認して以来、初夏のレギュラーメンバーです。
    昨年はずいぶん早く咲きましたが、今年は平年並みといったところだと思います。
    わずかにのピークを過ぎていて、咲き終わりそうな個体もありました。


    ナルコユリ(鳴子百合)


    日当たりのいい、定期的に草刈りの入るようなところで見かけます。
    当地では数が少ない植物で、私の知る限り数か所といったところか・・
    今年は気候のせいか数がやや少なめで大物が少なかったかもしれません。

    【写真】
    ナルコユリ鳴子百合) クサスギカズラ科キジカクシ科
    筒状のは先端が六裂。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/01 11:40:26
    Tv 1/125
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    葉は互生、葉腋ごとに茎が出て5個前後のがぶら下がっています。
    それにしてもすごい数のですね。


    ナルコユリ(鳴子百合)


    花後には丸い実がたくさんできるんですが、これだけ花をつけないといけないものなのか・・
    発芽率が低いんでしょうかね。
    特に個体数が増えているというわけでもないし。


    ナルコユリ(鳴子百合)


    よく似たアマドコロはたった一度みただけで、探しているものの見つかりません。
    似たような姿なのに好む環境が違うんでしょうか。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ナルコユリ 鳴子百合 クサスギカズラ科 キジカクシ科 野草 アマドコロ 草刈り 日当たり 発芽

    サイハイラン(采配蘭)

  • 2019/06/01 : 野の花
  • 先週末は春日山城に行ったので丘陵歩きをさぼりました。
    おかげでサイハイランのいい時期を逃してしまったようです。
    が終わりかけのが多かったですが、何とか咲いているのを見つけました。


    サイハイラン(采配蘭)


    特徴的な細長い弁3つ、萼も3つです。
    どれが萼でどれが弁か、こうして見るとわかりにくいかもしれません。

    【写真】
    サイハイラン采配蘭) ラン科
    基本的に葉が1枚、茎1本です。
    たまに葉が2枚のものがあります。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/06/01 11:18:43
    Tv 1/125
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    地味なようでもアップで見たらそこはランのです。
    ずい柱、唇弁の紫色が鮮やかです。


    サイハイラン(采配蘭)


    たいていは日当たりのよくない林の中で咲いています。
    そんな場所なのに葉が1枚しかないですから、栄養菌根菌に依存していることは想像に難くないですね。
    部分的菌従属栄養植物なんて呼ばれています。


    サイハイラン(采配蘭)


    昨年見た白花の個体、今年もちゃんと咲いていました。
    真っ白というほどではないですが、軸も緑だし白花でいいでしょう。
    この色はめったに見かけません。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : サイハイラン 采配蘭 ラン科 野草 菌根菌 菌従属栄養植物 ずい柱 栄養 春日山城

    ようこそ!
    カレンダー
    05 | 2019/06 | 07
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR