FC2ブログ

青春18きっぷ乗り鉄記(2019夏)(6)~県境

  • 2019/09/30 : 鉄道写真
  • 新津を出発した列車はしばらく水田地帯を行きます。
    2年前に新発田城、村上を訪れた際は晩秋でとっくに稲刈り後でした。
    今回はまさにこれから稲刈りという、一面黄金色の新潟平野です。


    米どころ新潟


    見えている範囲でどれくらいのお米が取れるんでしょうね。
    ・・なんて考えているうちに16:26に村上駅に到着しました。
    村上駅でわがキハ48は44分停車です。


    キハ48@村上駅


    ガラガラだった車内には時間とともに高校生の姿が増えてきました。
    ちょうど下校時間なんですね・・それで長いこと停まって時間調整しているのか!?
    17:10に発車するころにはだいぶ賑やかになりました。


    日本海


    村上駅を出るとほどなく鮭が遡上する三面川を渡り、羽越本線日本海に沿って北上します。
    9月になると日が落ちるのが早いです。
    夕方5時半くらいでだいぶ暮色が濃くなってきました。


    日本海の夕日


    山がストンと海に落ち込むような地形なので、線路は海と山の繋ぎ目みたいなところに敷いてあります。
    時折短いトンネルがあるものの、車窓からはずっと日本海が見えています。
    時間とともに空と海の色がどんどん変化していきます。


    府屋駅からガラガラ


    府屋駅で高校生全員が下車して、車内はガラガラになってしまいました。
    そうか、この駅が新潟県最後の駅で、次の鼠ヶ関駅は山形県なんだ。
    新潟県立高校は新潟県の生徒しか通えないので、県境の手前で全員下車してしまうんですね。

    (つづく)
    スポンサーサイト



    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 青春18きっぷ 乗り鉄 新津 新発田 羽越本線 村上駅 キハ48 日本海 府屋 山形県

    シソクサ(紫蘇草)

  • 2019/09/29 : 野の花
  • シソクサが咲いていると教えていただいたので見に行きました。
    田んぼや湿地に生育する湿生植物で、田んぼに多いようです。
    これも田んぼに咲いていました。


    シソクサ(紫蘇草)


    調べてみたら関東以西から東南アジアにかけて広く分布とありました。
    その割には東京都や埼玉県ではかなり希少な絶滅危惧種に指定されています。
    水田雑草自体が珍しいといえばそうだと思いますが。

    【写真】
    シソクサ紫蘇草) オオバコ科
    シソの香りがするのでこの名前があります。
    東南アジアでは食用にするみたいですが、おいしいんでしょうか。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/09/28 12:10:18
    Tv 1/400
    Av 4.5
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:絶滅危惧IA類(北多摩)
    埼玉県RDB2011:絶滅危惧IB類


    ブログ内をシソクサで検索してみたら、キクモしか出てきませんでした。
    同じオオバコ科シソクサ属なんですね。


    シソクサ(紫蘇草)


    ということで、久々の当ブログ初登場のでした。
    そうか、シソクサの名前はキクモで覚えたのか・・
    本家本元、ようやく登場です。


    シソクサ(紫蘇草)


    冠の内側に長い毛がびっしり生えていますが、この写真ではわかりにくいかもしれません。
    3枚が輪生する葉は鋸歯があってアメリカアゼナに似ているように思います。
    シソクサ・・う~ん、これは盲点だったかも。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : シソクサ 紫蘇草 オオバコ科 野草 湿生植物 絶滅危惧 シソ キクモ 田んぼ

    青春18きっぷ乗り鉄記(2019夏)(5)~新津駅

  • 2019/09/28 : 鉄道写真
  • ちょっと早めに新津鉄道資料館から新津駅に戻って、乗り継ぎ列車を待ちました。
    新津駅は車両工場があったり、羽越本線や磐越西線の起点になっていたり、鉄道の要衝です。
    そのためいろんな車両が見られたりするので案外退屈しません。


    新津駅


    これは新津に着いた時に停車していたGV-E400系ディーゼルカー。
    日本では珍しい電気式で、エンジンで発電機を回してモーターで走るタイプで、ハイブリッドではありません。
    新潟地区の気動車はこれが増えてくるらしいです。


    GV-E400@新津駅


    派手なカラーリングの485系「きらきらうえつ」がやってきました。
    2001年デビューで、この手の列車では歴史が古いですがこの9月で定期運用は終わりです。
    実物見られてよかった。


    きらきらうえつ@新津駅


    次にやってきたのは特急しらゆき、上越妙高発新潟行き。
    このあたりの特急ではおなじみのE653系です。


    特急しらゆき@新津駅


    普段見ることのない列車があれこれやってくるので飽きません。
    そうこうしているうちに、これから乗車する酒田行き普通列車(831D)がやってきました。
    キハ48の2両編成です。


    キハ48@新津駅


    本日のメインイベントというか、この日はこれに乗りに来たようなものです。
    新潟地区のキハ40系は2019年度で定期運用終了だそうですから、間に合ってよかった。
    電気式のGV-E400に置き換わるようです。


    キハ48の行先表示


    1981年製だそうですが、車体側面の行先表示は人手による差し替えです。
    反対側は車内から窓を開けて差し替えます。
    しかし80年代に新造の車両でもこんなだったのかと軽くびっくりです。
    15:08、山形県酒田に向けて出発進行。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 青春18きっぷ 新津 新潟 酒田 きらきらうえつ GV-E400 キハ48 キハ40 羽越本線 山形県

    ワレモコウ(吾亦紅)

  • 2019/09/27 : 野の花
  • 何とワレモコウは4年ぶりの登場です。
    何ヶ所かで咲くんですが、最近はご無沙汰でした。
    そういえば長いこと見ていなかったなと改めて思いました。


    ワレモコウ(吾亦紅)


    以前に咲いていた場所は毎年草刈りが入って見かけなくなってしまいました。
    もう消えてしまったかと思ったら、ちょっと離れた畑の近くで咲いていました。
    しかも結構な数で、毎年訪れている場所なのに気付いていなかったのかとびっくりです。

    【写真】
    ワレモコウ吾亦紅) バラ科
    吾もまた紅なり。確かにそうです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/09/23 13:11:37
    Tv 1/400
    Av 4.0
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    目立たない、地味ですが濃い紅がとてもシックで美しいです。
    自然の色ってすばらしいです。


    ワレモコウ(吾亦紅)


    これがバラ科!?と思わないでもないですが、バラ科です。

    ワレモコウは濃い紅と思っていますが、の色はピンクです。
    ちょうど咲き始めのがありました。


    ワレモコウ(吾亦紅)


    咲き終わると濃い紅色になるんですね。
    なので、ワレモコウのはこれです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ワレモコウ 吾亦紅 バラ科 野草 草刈り ピンク 紅色 地味 自然

    青春18きっぷ乗り鉄記(2019夏)(4)~新津鉄道資料館

  • 2019/09/26 : 鉄道写真
  • 長岡から乗った新潟行きで約1時間、13:36に新津駅に到着しました。
    ここでの乗り継ぎ列車は15:08なので、1時間半の待ち時間です。
    さすがに駅でうだうだ過ごすには長すぎなので寄り道することにしました。


    E129系@新津駅


    ネットで調べたら、新津鉄道資料館というのがありました。
    駅からちょっと離れていますが、無料のレンタサイクルが利用できるとのこと。
    片道2.2kmだそうで、まぁ10分くらいで着くだろうと・・


    新津鉄道資料館


    平坦な道で、ほぼ一本道でした。
    ギアなしのママチャリで楽勝です。
    何だか学校みたいな建物だと思ったら、もとは国鉄職員の訓練施設(新潟鉄道学園)の建物だったそうです。


    481系北越


    かつて大阪と新潟を結んでいた特急北越481系電車。
    このカラーリングがいかにも国鉄です。
    どんな車両にも似合う、非常に優れたデザインだと思っています。


    DD14ロータリー除雪車


    DD14はロータリー式の除雪車で、最近まで現役だったもの。
    雪のない埼玉県ではなじみのない車両です。

    屋外の展示車両はこれ以外に新幹線とSL(C57)がありました。


    展示車両


    屋内の展示も結構楽しめる鉄道の町・新津らしい施設だと思います。
    雨さえ降っていなかったら新津駅から自転車で行けるし、入館料も300円と安いし、1時間半の待ち時間にはちょうどよかったです。
    なお新津にはJRの車両工場があって、新潟地区でおなじみのE129系電車は新津で製造している地産地消!?です。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 青春18きっぷ 乗り鉄 新津 新津鉄道資料館 481系 E129系 新潟 レンタサイクル 国鉄 北越

    ナンバンギセル(南蛮煙管)

  • 2019/09/25 : 野の花
  • 今年は見逃がしたかと思ったら、別のを見に行った場所で咲いていました。
    そういえばここにも出ていたなと思いだしました。
    そんなに密度は濃くないですが結構な数が咲いていました。


    ナンバンギセル(南蛮煙管)


    そんな場所に枝打ちしたものか、木の枝が積みあがっています。
    ナンバンギセルは埼玉県では絶滅危惧種なんですが、管理者はここに咲くことを知らないのか・・
    もうちょっと何とかしたほうがいいんじゃないでしょうか。

    【写真】
    ナンバンギセル南蛮煙管) ハマウツボ科
    ススキなどイネ科の植物の根に寄生しています。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/09/21 12:58:31
    Tv 1/100
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    埼玉県レッドデータブック2011:絶滅危惧II類


    同じ植物でも場所によって開時期がだいぶ違います。
    気温や日当たり、湿気など環境の違いを敏感に感じ取るんでしょうね。


    ナンバンギセル(南蛮煙管)


    これも他のを撮ろうとしゃがみこんだら、足元でススキに埋まるように咲いていました。
    こんなにいっぱいあったとは・・去年も見たんだっけ。
    思い出せませんが、たくさん咲いていてよかったです。


    新しいスマホ(ASUS)


    スマホのバッテリーが寿命を迎えたので、買い換えました。
    今回のは内臓バッテリー5000mAの大容量だけあって電池に関してはかなり余裕です。
    リチウムイオン電池は高エネルギー状態が続くと劣化してしまうので、80%ちょっとまでの充電で使用中。
    さてこの使い方でどのくらいバッテリーの寿命が伸ばせるか、長期実験です。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ナンバンギセル 南蛮煙管 ハマウツボ科 野草 イネ科 ススキ 寄生 絶滅危惧 スマホ

    青春18きっぷ乗り鉄記(2019夏)(3)~国境越えは1日5本

  • 2019/09/24 : 鉄道写真
  • さらに北上すべく、水上長岡行きに乗り換えです。
    水上から上越国境を越えて越後方面に向かう列車は1日わずか5本しかありません。
    8:28には間に合わないし、13:40では遅すぎです。


    E129系@水上駅


    ということで9:45発の一択になってしまいます。
    この列車の時刻をベースにこの日の行程が決まりました。
    青春18きっぷでルートを組む場合、こういうボトルネックになるところから乗る列車を決めていかざるを得ません。

    水上を出発した列車は次の湯檜曽駅の手前から新清水トンネルに入ります。


    E129系@越後湯沢駅


    10:17に越後湯沢に到着し、13分停車です。
    なお新清水トンネルの中にある土合駅の様子は2017年9月24日の日記に載せてあります。
    そういえば国境の長いトンネルを抜けると、ちょっと景色の雰囲気が変わるんですよね。


    たんぼ


    これはもうじき長岡駅というところで、水田が多いです。
    新潟県内はどこに行っても田んぼです。
    4両編成のE129系電車は半分ちょっとの座席が埋まった状態で長岡駅へ。


    E129系@長岡駅


    11:48、長岡駅に到着しました。
    前回長岡を訪れたのが2年近く前で、時間が経つのは早いものだとびっくりです。
    乗り継ぎ時間が50分ほどあったのでランチタイム、そばを食べてエネルギー補充しました。


    長岡駅


    次は長岡発12:40の新潟行きに乗りました。
    それにしても、新潟はどこに行っても同じ色のE129系電車ばっかりです。
    どれがどこで撮った写真か、よくわからない・・


    新潟行き@長岡駅


    ということで、今回は同じような写真ばかりになってしまいました。
    上越線は長岡のひとつ手前の宮内駅までで、そこから先は信越本線になります。
    ここも2年前に乗った路線で、まだ目的地までの移動というところです。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 青春18きっぷ 上越線 水上 新清水トンネル 土合 長岡 越後湯沢 信越本線 新潟 国境

    ツリフネソウ(釣船草)

  • 2019/09/23 : 野の花
  • ツリフネソウが咲いている時期なので、たまに訪れる湿地に行ってみました。
    他にも気になる植物がありますし。
    今年は全般に開が遅めのが多いようですが、これはいつもどおりくらいでしょうか。


    ツリフネソウ(釣船草)


    は草のてっぺんから上に伸びた茎に吊るされるように咲いています。
    いちばん高いところでが咲くのでよく目立ちます。
    の姿もなんとなく舟っぽいし、名前のとおりの花だと思います。

    【写真】
    ツリフネソウ釣船草) ツリフネソウ科
    東京都の絶滅危惧種になっていますが、当地の湿地には多い植物です。
    別名:ムラサキツリフネ(紫釣船)
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/09/21 12:51:07
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:準絶滅危惧


    花の形は同属のホウセンカにそっくりです。
    こちらの方が花の「胴体」部分が大きいですね。


    ツリフネソウ(釣船草)


    ホウセンカと同様に種が熟すと弾けて飛び散ります。
    ・・といっても、その瞬間を見たことがないんですけどね。


    ツリフネソウ(釣船草)


    今年もいっぱい咲いています。
    同属のホウセンカはかなり丈夫で、こぼれ種で育ってしまいます。
    ツリフネソウも同様に丈夫な植物だといいんですが、どうなんでしょう。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ツリフネソウ 釣船草 ツリフネソウ科 野草 ホウセンカ ムラサキツリフネ 湿地 絶滅危惧 こぼれ種

    青春18きっぷ乗り鉄記(2019夏)(2)~利根川

  • 2019/09/22 : 鉄道写真
  • 高崎上越線水上行き8:24発に乗り換えです。
    右の「スワローあかぎ」は上野行きの特急で、「座ろう」が語源だそうです。
    全車指定席で、ネットで予約すると特急料金がちょっと割安ですが、使う機会はないかな。


    高崎駅


    高崎周辺の普通列車は115系が引退して211系ばかりになりました。
    通勤電車然としたロングシートはちょっと味気ないです。
    でも先頭車両と最後尾車両にはこんな席が!


    211系


    トイレの前だけどやむなし・・最後尾のここに座りました。
    外の景色が見えやすいんですよね。
    列車は高崎や前橋の市街地を抜け、渋川駅を過ぎたところで利根川を渡ります。


    利根川第一橋梁


    第一利根川橋梁は吾妻川との合流地点付近で、川幅が広くて浅そうです。
    ここから上越線利根川沿いを北上します。


    利根川第四橋梁


    第四利根川橋梁は津久田駅と岩本駅の間にある鉄橋で、だいぶ上流に来たなという雰囲気です。
    見えている鉄橋上越線の上りの線路です。


    利根川第五橋梁


    沼田駅のちょっと南の第五利根川橋梁の橋脚はかなり年季が入っているように見えます。
    列車に乗っていたら分かりませんが、結構高さがあるし大丈夫なのかなとか・・
    利根川を右に左に5回渡って、9:30に水上駅に到着しました。


    水上駅


    前回水上に来たときもこんなお天気たったなぁ・・
    今回は、まだまだここはアプローチの途中です。
    ちなみに東飯能から水上の次の湯檜曽駅までの運賃が2590円なので、そこで青春18きっぷ1日分の「元」を取ったことになります。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 青春18きっぷ 上越線 高崎 利根川 スワローあかぎ 乗り鉄 211系 水上 湯檜曽 鉄橋

    アブノメ(虻の目)

  • 2019/09/21 : 野の花
  • 東京都、埼玉県ともに絶滅危惧種となっているアブノメ、当地の田んぼにはいっぱいあります。
    でもが咲いているのになかなか出会えません。
    だいぶ歩いて、ようやくふたつばかり咲いているのを見つけました。


    アブノメ(虻の目)


    の大きさはせいぜい4~5ミリで、ごく小さいです。
    しかも田んぼの畔から稲の根元に生えている草を撮るので相当苦しい体勢になります。
    結局、ライブビュー機能を使い、腕を伸ばして撮りました。

    【写真】
    アブノメ虻の目) オオバコ科
    苦しい体勢で撮らざるを得なかったのでシャッター速度を速めて。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/09/16 13:30:38
    Tv 1/320
    Av 8.0
    ISO感度 1600
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2013:絶滅危惧IB類(北多摩)
    埼玉県RDB2011:準絶滅危惧


    個体数はいっぱいあるのにがごく疎らです。
    こんな具合にふたつのが隣り合って咲いているのは初めて見ました。


    アブノメ(虻の目)


    まぁ雰囲気だけということで。
    水田雑草の観察は稲刈りまでなので、期間限定です。
    もう1回くらい行けるでしょうか・・


    ヤマジノホトトギスが・・


    時々歩いている後ヶ谷戸の遊歩道、整備されてすっかりきれいになっていました。
    でも道の右側にあったヤマジノホトトギスがほとんどなくなったようです。
    左側のミヤマナルコユリもどうなったか・・
    整備はいいんですが、もうちょっとだけ周囲を見てもらえないものでしょうかね。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : アブノメ 虻の目 オオバコ科 野草 絶滅危惧 水田雑草 ヤマジノホトトギス ミヤマナルコユリ 期間限定

    青春18きっぷ乗り鉄記(2019夏)(1)~八高線から

  • 2019/09/20 : 鉄道写真
  • 北陸旅行に続いて青春18きっぷを使って出かけてきました。
    いったい何年ぶりかわからないくらい久々の、泊りがけの一人旅です。
    ま~ちょっと誰かを付き合わせるのが気の毒なくらいの旅でしたが・・


    西武秩父行き@飯能駅


    スタートは西武池袋線の飯能駅から西武秩父行きに乗りました。
    18きっぷで乗れないけど、西武沿線住民なのでいきなりJRとはいきません。
    ちなみに西武池袋線は池袋から吾野までで、飯能までではありません。
    沿線住民も意外と知らないトリビアでしょうね。


    高麗川行き@東飯能駅


    次の東飯能駅でJR八高線高麗川行きに乗り換えです。
    ここで青春18きっぷにスタンプを押してもらいました。
    中央線の快速と同じ233系・・いつも4両の八高線ですがこれは6両でした。


    高崎行きキハ110@高麗川駅


    高麗川八高線高崎行き、6:33発に乗り換えです。
    いつも2両編成の八高(北)線、この日はキハ110の3両編成でした。
    埼玉県内唯一の未電化区間で、県内ではこの路線が一番好きかな。


    明覚駅


    この看板はいつからあるんだろう、かなり古そうです。
    明覚駅あたりが八王子と高崎の中間地点だからこんなのがあるんでしょうね。
    今は明覚から高崎までは60分くらいなのでだいぶ早くなっています。
    また八王子まで直通する列車はなくなりました。


    キハ110@高崎駅


    高崎に近づくにつれて高校生がどんどん増えてきました。
    だから3両編成なんですね、地方路線の主役は高校生の通学需要か・・
    7:57に高崎駅に到着しました。
    右の高架は上越、北陸新幹線で、2日前にここを通ったような。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 青春18きっぷ 乗り鉄 飯能 八高線 高麗川 明覚 キハ110 一人旅 高崎 新幹線

    ヤマハギ(山萩)

  • 2019/09/19 : 野の花
  • いつもの尾根道をぶらぶら歩いていたらヤマハギが咲いていました。
    ちょっとが少ないな・・
    ということでいっぱい咲いているはずの場所を思い出したので行ってみました。


    ヤマハギ(山萩)


    まだ蕾が多かったですが、遠くからでも咲いているのが分かりました。
    涼しい日もあり、秋のも登場してきて夏が遠くなってきたなと・・
    そろそろ本格的な秋になってくれてもいいですが。

    【写真】
    ヤマハギ山萩マメ科
    秋の七草のひとつですが草じゃなくて落葉低木です。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/09/15 14:02:39
    Tv 1/500
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    このの形はマメ科以外の何者にも見えないですね。
    絵にかいたような豆のというか・・


    ヤマハギ(山萩)


    調べてみたら葉にジメチルトリプタミンという成分があるそうです。
    幻覚剤ですが、実際にそういう使い方ができるのかは知りません。
    ちなみに依存性や毒性は認められていない・・とのこと。


    ヤマハギ(山萩)


    葉の形もなかなかかわいらしいですね。
    アメリカでは19世紀に観葉植物として導入されたそうです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ヤマハギ 山萩 マメ科 秋の七草 ジメチルトリプタミン 幻覚剤 アメリカ 観葉植物

    北陸フリーきっぷ乗り鉄記(6)~ふたたび金沢

  • 2019/09/18 : 鉄道写真
  • 芦原温泉の温泉宿はJRの芦原温泉駅ではなく、えちぜん鉄道あわら湯のまち駅周辺にあります。
    私が泊まっていた宿も駅から歩けるくらいのところでした。
    金沢方面に行くにはJRに出ないといけません。


    えちぜん鉄道あわら湯のまち駅


    あわら湯のまち駅の案内所でJR芦原温泉駅行きのバスがあることを前日確認しておきました。
    時刻表を見たらJRの金沢行きの乗り継ぎ時間が1分しかありません。
    まず間に合わないだろうと思っていましたが・・


    金沢行き@芦原温泉駅


    改札口あたりで列車が来ますのアナウンスが聞こえました。
    路線バスががんばって(?)くれて金沢行きの普通列車に乗れました。
    電車の奥のクレーンは新幹線の駅の工事です。


    北陸新幹線工事中


    金沢に向かう車窓からはあちこちで工事中の北陸新幹線の高架が見えました。
    どこもかしこも一斉に工事中という感じです。
    敦賀までの開業は2023年、福井までは先行開業でしたっけ。


    金沢駅


    新幹線ができたら在来線が第3セクターになって青春18きっぷが使いにくくなるんだろうなとか、在来線が廃れないといいなとか思っているうちに金沢に到着。
    雨が降る中をバスで金沢城に向かいました。
    金沢城9月2日の日記のとおりです。


    はくたか566号


    金沢城に登城後、お昼を食べたりお土産を買ったりして13:56発のはくたか566号に乗りました。
    北陸新幹線はどれも同じ車両なのでちょっと変化に乏しいような!?

    ・・ということで大宮駅に戻ってきました。


    大宮駅


    2泊3日なんてあっという間です。
    今回はいけなかったところがたくさんあったので、いずれリベンジが必要です。
    次回は車で行くかな・・行った先での移動が結構大変でした。
    バスに乗る用にいつも小銭をたくさん用意してましたね。(笑)

    (完

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 芦原温泉 芦原温泉駅 えちぜん鉄道 あわら湯のまち 金沢 金沢城 北陸新幹線 時刻表 第3セクター はくたか

    ツルニンジン(蔓人参)

  • 2019/09/17 : 野の花
  • 過去の記録を紐解いてみたら、このを見るのは7年ぶりです。
    以前咲いていたところは全滅してしまったのでなくなってしまったかと思っていました。
    まだあったとは・・よかったです。


    ツルニンジン(蔓人参)


    この日咲いていたのは一輪だけでした。
    ひとつ咲いていてくれればそれで十分です。
    これだけでも十分存在感があります。

    【写真】
    ツルニンジン蔓人参) キキョウ科
    の内側の模様がお爺さんそばかすに似るということで「ジイソブ」とも。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/09/16 13:47:48
    Tv 1/80
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    お爺さんそばかすというのはよく分からないかな・・
    を真横から見たらこんなです。


    ツルニンジン(蔓人参)


    なんだかが危うげなようにも思えます。
    後の実がたくさんあったけど、来年ちゃんと芽を出すんでしょうか。
    この実、何度見ても私には「柿のヘタ」にしか見えませんが、如何でしょう。


    ツルニンジン(蔓人参)


    ひととおり観察したところ、まだがいくつかあったのでしばらく咲きそうです。
    これは生きながらえてほしいものです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ツルニンジン 蔓人参 キキョウ科 ジイソブ そばかす 柿のヘタ お爺さん

    北陸フリーきっぷ乗り鉄記(5)~えちぜん鉄道

  • 2019/09/16 : 鉄道写真
  • 福井駅付近で名物(らしい)のおろしそばをいただいてから東尋坊に向かいました。
    丸岡城からだったら東尋坊行きのバスがあるのでそれでもよかったんですが、乗り鉄的にはえちぜん鉄道は外せません。
    えちぜん鉄道の乗り場が分からずしばしうろうろ・・


    えちぜん鉄道福井駅


    工事中かと思いましたね。
    入り口の扉も閉まってますし、あまり駅っぽくないというか。
    ここで1日乗車券ひとり千円也を購入しました。


    えちぜん鉄道福井駅


    列車の左に見える壁の向こうは北陸新幹線福井駅で、工事は着々とすすんでいるようですね。
    三国港行きの列車は1両編成、のどかなものです。
    日曜日のせいか車掌さん・・かわいいアニメ声のおねいさんが案内や精算をしてました。


    えちぜん鉄道三国港駅


    終点の三国港駅まではおよそ50分ほどです。
    途中から小雨が降ってきて、三国港から東尋坊に行くバス待ちは雨宿りになりました。

    東尋坊は何年ぶりだろう、若いころ単車で来て以来かも。
    お土産物屋さんとかの雰囲気はあまり変わっていないように思いますが、道はきれいになったかな。


    東尋坊


    崖を覗き込んだらなかなか怖いですね・・特に高所恐怖症ってことはないですが。
    あれこれ見物したり、ソフトクリーム食べたり、雨も止んでよかったです。
    旅行に行くとなぜかやたらソフトクリーム食べたくなるんですが何ででしょう。


    えちぜん鉄道三国港駅


    ふたたびバスで三国港駅に戻ってえちぜん鉄道で宿泊地の芦原温泉に向かいました。
    古そうな木造の駅はいい雰囲気です。
    帰りの列車は2両編成で、これでホームいっぱいです。


    えちぜん鉄道三国港駅


    福井から三国港、折り返してあわら湯のまち駅まで乗ると運賃1040円、一日フリーきっぷのほうが40円だけ安いです。(笑)
    恐竜博物館も行ったら千円は激安ですね。
    ちなみに帰りの列車にも行きと同じアニメ声の車掌さんが乗っていました。

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : えちぜん鉄道 福井 恐竜博物館 三国港 東尋坊 ソフトクリーム おろしそば 乗り鉄 北陸新幹線 あわら湯のまち

    センニンソウ(仙人草)

  • 2019/09/15 : 野の花
  • もうとっくに咲き終わっただろうと思っていたセンニンソウに、思いがけず出会いました。
    しかもそう滅多に見られないくらいの見事な咲きっぷりです。
    たまにはこういうこともあるので楽しいです。


    センニンソウ(仙人草)


    水場に近いとか、日当たりがあまりよくないとか、いろんな条件が開時期に影響するんでしょうね。
    他の場所は咲き終わりそうなのにここは今が盛りです。
    ちょっと得した気分!?

    【写真】
    センニンソウ仙人草) キンポウゲ科 有毒
    弁はなく、雄しべ雌しべと萼という構成です。
    別名:ウマクワズ
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/09/14 9:58:07
    Tv 1/200
    Av 7.1
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    そういえば東尋坊の崖っぷちでも咲いていました。
    2週間近く前ですから、やはりここは開がずいぶん遅かったようです。


    センニンソウ(仙人草)


    下の写真が全体像で、はるか見上げるくらいの高さまで真っ白です。
    これだけ高密度にが咲くというのは、よほど栄養分に恵まれたんでしょう。
    以前にも訪れたことのある場所なんですが、これほど咲いているのは記憶にありません。


    センニンソウ(仙人草)


    今日も例によってお昼から歩きに行ってきました。
    しかし虫よけスプレーをかけて行くのを忘れるという大失態・・
    カメラを構えると途端にやぶ蚊が襲いかかってきて、餌食になりました。
    虫よけスプレーの威力は偉大です。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : センニンソウ 仙人草 キンポウゲ科 有毒 野草 東尋坊 虫よけスプレー やぶ蚊 ウマクワズ

    北陸フリーきっぷ乗り鉄記(4)~恐竜王国

  • 2019/09/14 : 鉄道写真
  • 2日目は金沢から福井方面に向かいました。
    最初の目的地は日本100名城のひとつ、丸岡城です。
    現存12天守のひとつですし、見ておかなければなりません。


    サンダーバード12号@金沢駅


    金沢駅からJR北陸本線の特急サンダーバード12号に乗車しました。
    北陸フリーきっぷは特急の自由席に乗り放題なので活用しましょう。
    かつては特急雷鳥、スーパー雷鳥って言ってましたが、変えなくてよかったんじゃないでしょうかね。


    サンダーバード12号@芦原温泉駅


    芦原温泉駅まで40分弱、サンダーバードを見送ると後ろは先頭車の形状が違ってました。
    次の各駅停車で丸岡まで行ってタクシーで・・と思っていたら芦原温泉駅からバスが出ているじゃないですか。
    バスの案内所に行くと9時半に丸岡城に行く直通バスがあるとのこと。


    恐竜博士@芦原温泉駅


    バス乗り場前のベンチに恐竜博士が座ってました。
    これって福井駅にあると聞いたんですが、ここにもあるんですね。
    写真撮ったりしているうちにバスが来ました。


    丸岡城に行くバス


    立派な観光バスなのに乗客2人だけとは贅沢というかもったいないというか。
    ひとり400円なのでタクシーよりも圧倒的に安いです。
    丸岡城までは20分あまり、丸岡城9月1日の日記に記載したのでここではスルーです。
    丸岡城からはJR福井駅まで路線バスで移動しました。


    福井駅


    福井はどこに行っても恐竜推しですね。
    JR福井駅前の恐竜広場には3体の恐竜のモニュメントがあって、日中は動いたり吠えたりしています。
    動画は載せませんけど、このときも動いていました。


    福井駅


    JR福井駅の建物も恐竜のイラストが描かれています。
    勝山市の福井県立恐竜博物館が人気のようですが、時間的にちょっと厳しいのでパス・・
    子ども連れだったら間違いなくコースに入れていたと思います。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 北陸フリーきっぷ サンダーバード 金沢 福井 芦原温泉 丸岡城 日本100名城 恐竜博士 恐竜博物館 恐竜広場

    アメリカタカサブロウ(亜米利加高三郎)

  • 2019/09/13 : 野の花
  • 夏の残骸みたいな暑さが続いていましたが、田んぼには水田雑草が増えてきました。
    稲刈りまでの間は楽しめそうです。
    おなじみのアメリカタカサブロウもあちこちで咲き始めました。


    アメリカタカサブロウ(亜米利加高三郎)


    おなじみの、と言いつつ3年ぶりの掲載のようです。
    見慣れてしまうとスルーしてしまうことが多いですね。
    いかにもキク科らしい、中心部に筒状、周囲に舌状の構成です。

    【写真】
    アメリカタカサブロウ亜米利加高三郎) キク科
    在来種のタカサブロウは見たことがないですが、単に見分けがつかないだけ!?
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/09/08 13:55:24
    Tv 1/320
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    葉に対してがずいぶん小さいです。
    これで十分機能するんでしょうね。


    アメリカタカサブロウ(亜米利加高三郎)


    今日は残暑も一服、ぐっと涼しく秋らしい空気になりました。
    ちょっとは秋めいてくるのかと思いきや、もうしばらく暑さが続くようです。
    そろそろ涼しくなってくれてもいいんですが、一気に秋が深まってしまいそうですね。


    海王丸


    新湊大橋の、あいの風プロムナード越ノ潟から眺めた海王丸
    どの角度から見ても美しいです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : アメリカタカサブロウ 亜米利加高三郎 キク科 野草 水田雑草 タカサブロウ 新湊大橋 海王丸 稲刈り

    北陸フリーきっぷ乗り鉄記(3)~日本3大・・

  • 2019/09/12 : 鉄道写真
  • 万葉線高岡市内に戻り、急患医療センター前停留所で下車しました。
    志の輔さんが高岡城の最寄り駅だと言うもんで・・
    降りたらもう高岡城址(古城公園)の森が見えていました。


    万葉線


    高岡城址は8月31日の日記に記載しましたのでそちらをご覧ください。
    城址から高岡駅に戻る途中に高岡大仏があるということで見に行きました。
    住宅街を歩きつつ、本当にこんなところにあるの!?と思っていたらそれは突然現れました。


    高岡大仏


    日本三大大仏のひとつだそうですが、奈良、鎌倉と比べるとちょっとコンパクトですかね。
    なお3番目については岐阜大仏説とか諸説あるようで、熾烈な3位争いが繰り広げられている!?
    この坐像は1933年開眼なので比較的新しいものですね。


    キハ47@高岡駅


    高岡駅は東西に第3セクターの「あいの風とやま鉄道」、北にJR西日本の氷見線、南にJR西日本の城端線が伸びています。
    キハ47は未電化の氷見線城端線の車両です。
    これに乗りたかったけど今回は見送りです。


    521系@高岡駅


    あいの風とやま鉄道でこの日の宿泊地である金沢に向かいました。
    富山から乗ったのと同じ2両編成の電車です。
    15:31発の金沢行きは空いていて座れました。


    521系@金沢駅


    16:10に金沢駅到着、40分ほどです。
    この電車の座席は転換クロスシートで、進行方向に向かって座れるので景色も見やすくていいです。

    いや~、金沢は久しぶりだな~。


    金沢駅


    え~、こんなんでしたっけ金沢駅。
    巨大な鳥居みたいなのは「鼓門」というそうですが、以前に見た記憶なし・・
    かつてアメリカの旅行雑誌で世界で最も美しい駅14選に日本で唯一選ばれたとか。
    知りませんでした。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 北陸フリーきっぷ 金沢 あいの風とやま鉄道 高岡 万葉線 521系 大仏 古城公園 氷見線 城端線

    シラヤマギク(白山菊)

  • 2019/09/11 : 野の花
  • 台風が持ち込んだ熱気のせいか、相変わらずの残暑が続いています。
    でもあちこちでシラヤマギクの姿を見るようになりました。
    今年も野菊の季節が始まったようです。


    シラヤマギク(白山菊)


    当地ではユウガギクとともに最初に登場する野菊です。
    舌状が味噌っ歯というか、不揃いなところがワイルドですね。
    これはこれで愛嬌があっていいなと思っています。

    【写真】
    シラヤマギク白山菊) キク科
    下の方の葉が幅広な心形をしているので見分けは容易だと思います。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/09/08 13:49:13
    Tv 1/320
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    たくさん咲くなんですけど昨年は載せていませんでした。
    いいのにめぐり会わなかったんだっけ・・


    シラヤマギク(白山菊)


    暑い暑いといいつつももう9月の中旬です。
    当地のの季節もあと2ヶ月足らずとなりました。
    秋ののピークですから、次の週末はしっかり歩くとしましょう。


    海王丸


    昨日載せた海王丸の舵輪です。
    帆走用の舵輪で、帆の状態を見ながら操作するのでデッキの船尾にあります。
    通常は舵輪の両側を2人で、しけの時は4人で操作するそうです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : シラヤマギク 白山菊 キク科 野草 野菊 ユウガギク 残暑 ワイルド 海王丸

    北陸フリーきっぷ乗り鉄記(2)~きっときと

  • 2019/09/10 : 鉄道写真
  • 万葉線の新町口駅から歩くこと7~8分のところに「川の駅新湊」という施設があります。
    観光船の乗り場があったり軽食が取れたりしますが、目的はレンタサイクルです。
    普通の自転車は3時間200円、電動アシストで300円とリーズナブル。


    電動レンタサイクル


    この値段なら迷わず電動ですね。
    すごく暑かったし正解でした、楽々走ります。
    自転車で東の方に1.5kmほど走って「新湊きっときと市場」へ。


    白えびづくし御膳


    「きっときと」は新鮮な、という意味だそうです。
    魚とか練り物とかいろいろありましたが持って歩けないので眺めるだけです。
    ちょうどお昼時だったので富山名物の白エビをいただきました。
    刺身にかき揚げ丼、白エビ入りのコロッケという白えびづくし御膳、2千円也。


    海王丸


    お腹いっぱいになったところでさらに東に走って帆船海王丸を見に行きました。
    昭和5年進水の商船学校の練習船が、ほぼ現役そのままの姿で公開されています。
    列車もいいですが帆船の美しさは格別ですね。


    新湊大橋


    海王丸の少し南に日本海側最大の新湊大橋があって、歩行者も渡ることができます。
    エレベーターで高さ47mの歩行者用通路「あいの風プロムナード越ノ潟」に登ると・・高いですね。
    海王丸を見下ろすことができます。
    この橋、写真だと大きさが分かりにくいかもしれませんが、2本の主塔の間隔は360mだそうです。


    万葉線


    とまぁひととおり巡ったので自転車を返して再び新町口駅から万葉線で高岡に戻ります。
    帰りは旧型のデ7070形がやってきました。
    1967年製で、冷房がないので窓全開です。


    万葉線


    万葉線、土日祝日は落語家の立川志の輔さんの車内放送で各駅を案内してくれます。
    ・・が、窓全開だと走行音が大きくてよく聞き取れませんでした。
    行きのトラムではよく聞こえたんですけどね。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 万葉線 レンタサイクル 川の駅新湊 新湊きっときと市場 白えび 海王丸 新湊大橋 あいの風プロムナード越ノ潟 富山 立川志の輔

    ウド(独活)

  • 2019/09/09 : 野の花
  • 台風接近中の日曜日に雨雲レーダーを見つつ、1時間ほどの雨雲の切れ間を狙って歩いてきました。
    天気予報も便利になったものですね。
    概ね予想どおりに雨が止んで、予想通りに次の雨がやってきました。


    ウド(独活)


    最初に目についたのがウドでした。
    まだ咲き始めで、5枚の弁と5本の雄しべが見えています。
    咲き始めの雄雌性期)のです。

    【写真】
    ウド独活) ウコギ科
    時は雄で、花弁と雄しべが落ちて花柱が発達し、雌花に変わります。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/09/08 13:04:20
    Tv 1/50
    Av 8.0
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    まだ咲き始めだし雌花(雌性期)はないだろうと・・
    おっと、ありました、すでに雌花になっています。


    ウド(独活)


    ちょっと小さくてわかりにくいかもしれませんが、それぞれの花に5本の柱頭が見えます。
    どうしたんでしょう、この花序だけ先走って咲いたんでしょうか。

    最後のはちょっとした大物です。


    ウド(独活)


    関東地方は強力な台風の直撃で深夜からずいぶん風雨が騒々しかったです。
    多くの鉄道が休止する中で地元の西武鉄道だけ朝から元気に走っていました。
    みんなと一緒に休もうよ、安全第一だし・・
    JRが動いていませんでしたが、途中でバスに乗り換えてすんなり通勤できてしまいました。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ウド 独活 ウコギ科 野草 雌性期 雄性期 雨雲レーダー 台風 天気予報

    北陸フリーきっぷ乗り鉄記(1)~富山へ

  • 2019/09/08 : 鉄道写真
  • 遅めの夏休みを取って、JR東日本の北陸フリーきっぷを使って北陸3県を巡ってきました。
    大人の休日俱楽部専用のきっぷで、往復の新幹線と北陸3県のJRおよび旧JRだった第3セクターが乗り放題です。
    もちろん日本100名城めぐりも目的で、登城した3城はすでに掲載済みです。


    かがやき503号@大宮駅


    スタートは例によって大宮駅から。
    7:46発のかがやき503号金沢行きに乗りました。
    途中の停車駅は長野のみで富山まで1時間46分です。
    北陸新幹線は初乗車かも。


    かがやき503号@富山駅


    9:32定刻に富山駅に到着しました。
    ますのすしか・・食べなかったなぁ。
    富山発9:42、あいの風とやま鉄道に乗り換えて高岡へ。


    あいの風とやま鉄道@富山駅


    結構混んでいて座れませんでした。
    2両編成ってちょっと短すぎじゃないですかね。
    20分ほどで着いちゃうのでどうってことないんですが。
    車両はJR西日本の521系交直両用電車。(クモハ521+クハ520)


    万葉線@高岡駅


    高岡で下車して、次は万葉線に乗り換えです。
    高岡市内は路面電車で、途中から専用軌道になります。
    これは乗客が少なくてゆったりのんびりでした。
    万葉線MLRV1000形は新潟トランシス製の超低床電車。


    庄川


    庄川の河口付近を鉄橋で超えていくあたりはあまりトラムっぽくないかも。
    お天気は晴れ、時間とともに暑くなってきました。
    万葉線の由来は大伴家持が越中国守としてこのあたりに赴任したところからとのこと。


    万葉線新町口駅


    高岡駅からおよそ40分で新町口駅に到着しました。
    海(富山湾)まで歩いて10分とかからないくらいのところです。
    とりあえず鉄道での移動は一旦ここまでで、ここからしばらくは「人力」での移動です。

    (つづく)

    テーマ : 鉄道旅行
    ジャンル : 旅行

    tag : 北陸フリーきっぷ 北陸新幹線 富山 金沢 あいの風とやま鉄道 高岡 万葉線 521系 大伴家持 ますのすし

    キクイモ(菊芋)

  • 2019/09/07 : 野の花
  • 残暑が続いているものの秋のが登場してくる時期になりました。
    8月23日に撮ったキクイモ、ちらほら咲き始めたところでした。
    2週間経ったので今頃は盛んに咲いていると思います。


    キクイモ(菊芋)


    この週末はフィールドに出たかったのですが事情によりお休みです。
    明日は台風が来るようなのでおとなしくしているしかなさそうです。
    風で背の高いキクイモがなぎ倒されてしまうかもしれません。

    【写真】
    キクイモ菊芋) キク科
    北米原産の外来種
    塊茎にイヌリンが含まれていて健康食品として売っています。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/08/23 14:04:34
    Tv 1/160
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    場所によってはキクイモ地域振興に利用しているところもあるようですね。
    当地にもいっぱいあるので何か利用したらどうでしょうか。


    キクイモ(菊芋)


    総苞の様子はこんな感じです。
    の中心部に筒状、周囲に舌状と、ヒマワリと同じ構造です。
    いかにもキク科らしいですね。


    ダイヤルモードインターフェースキャップ


    いつの間にかカメラのモードダイヤルの表示部分が取れてなくなっていました。
    ダイヤルモードインターフェースキャップなんていう名前だそうで、検索したらアマゾンで売っていました。
    注文したらほどなく発送済みの通知が来たものの、1週間経っても届かず・・
    10日ほどで台湾から謎のエアメールが届き、中にこれが入っていました。
    送料込みで2枚470円と怪しげな値段でしたが問題なく機能しています!?

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : キクイモ 菊芋 キク科 野草 外来種 健康食品 イヌリン モードダイヤル 地域振興

    仙台城(日本100名城 No.8)

  • 2019/09/06 : 日本100名城
  • 仙台城に登城するのはこれで三度目になります。
    前回だいぶ歩いたので、今回は日本100名城のスタンプをもらうのが主目的ということで・・


    仙台城


    前日まで涼しかったのに、真夏が帰ってきました。
    地下鉄の国際センター駅から歩いていきましたが、ずっと登り坂のせいもあって汗だくです。
    でも歩けば車やバスで行ったら見られない(立ち寄りにくい)ところも見られます。


    仙台城大手門隅櫓


    こちらは大手門隅櫓(復元)で、この交差点あたりに大手門があったはずです。
    戦災で焼失したそうで、惜しいことです。
    更に登ると本丸の石垣が見えてきます。


    仙台城本丸石垣


    立派なものですね。
    この上に伊達政宗の騎馬像があります。
    9月の平日ながら結構な人出で、一番上の写真に誰も写っていないのは奇跡的です。


    日本100名城スタンプ


    ということで日本100名城の進捗は38%となりました。
    一週間で北陸3城、東北1城と、上出来です。
    東北地方も残るは八戸の根城だけになりました。

    テーマ : 歴史・文化にふれる旅
    ジャンル : 旅行

    tag : 仙台城 日本100名城 大手門隅櫓 石垣 伊達政宗 真夏 国際センター 東北 北陸

    シシウド(猪独活)

  • 2019/09/05 : 野の花
  • 当地においては珍しい部類の植物だと思います。
    見られる場所は少なくて、どこにでもあるというものではありません。
    機会があって生育地のひとつに訪れることができました。


    シシウド(猪独活)


    とはいってもの時期はほぼ終わりで、かろうじてわずかに咲き残っていたくらいでした。
    個体数は増えているようなので、機会があったらまた見られるでしょう。
    ただ、暑い時期のなのでなかなか行ってみようという気にならないのですが・・

    【写真】
    シシウド猪独活) セリ科
    多年草で、一度開して結実すると枯れる一稔生草本
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/08/25 9:44:17
    Tv 1/80
    Av 5.6
    ISO感度 1000
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    これは大きな個体で、高さは2m以上ありそうでした。
    の数もものすごく多いです。


    シシウド(猪独活)


    また種をまき散らして増えるんでしょうね。
    周囲にはの咲いていない個体が多数あったので、来年あたりはいっぱい咲くんじゃないかと思います。
    あまり日当たりがよくない場所なのでどうかと思いましたが、たくさん育っていました。


    金沢城石川門の石垣


    金沢城石垣は非常に多彩で、いろんなのがあります。
    これは石川門の枡形で、左側が粗加工石積み、右側が切石積みになっています。
    明和2年(1765年)の改修時にこうなったとのことですが、なんで左右で違った積み方になっているのかは明確でないらしいです。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : シシウド 猪独活 セリ科 野草 一稔生草本 多年草 金沢城 石垣 石川門

    イヌトウバナ(犬塔花)

  • 2019/09/04 : 野の花
  • ひと目でシソ科とわかる姿をしています。
    特に珍しい植物ではないと思いますが、当地では特定の場所に偏っているようです。
    こんなところにイヌトウバナの群生が・・と思ったら以前見た場所の近くでした。


    イヌトウバナ(犬塔花)


    トウバナと比べるとも草もずっと大きいです。
    調べてみたらトウバナは剪刀草(セントウソウ)という生薬になるそうです。
    イヌトウバナは特に薬効がなさそうで、だからイヌ(否)なんでしょうね。

    【写真】
    イヌトウバナ犬塔花) シソ科
    多年草
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/08/25 10:31:21
    Tv 1/125
    Av 4.5
    ISO感度 640
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    いっぱい咲いていたのにいい写真が撮れず・・残念。
    新たな群生地を見つけたということで良しとしましょう。


    イヌトウバナ(犬塔花)


    咲いているが疎らなところはトウバナの仲間らしいです。
    のない空っぽの萼がやたら目立つのがトウバナ属の特徴でしょうかね。
    当地で咲くトウバナ属は他にクルマバナくらいだと思います。


    丸岡城の鬼瓦


    こちらは丸岡城鬼瓦です。
    鬼瓦といっても焼き物ではなく、石瓦と同様に石でできています。
    天守正面の鬼瓦は口を開けている「阿」、反対側が口を閉じている「吽」で、両方合わせて阿吽になっています。
    「吽」のほうは木が生い茂っていたり天守が石垣の近くに建っていたりで見えませんでした。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : イヌトウバナ 犬塔花 シソ科 野草 トウバナ セントウソウ クルマバナ 丸岡城 鬼瓦

    ダイコンソウ(大根草)

  • 2019/09/03 : 野の花
  • 昨日まで北陸三県を2泊3日で巡ってきました。
    新幹線と電車と路線バスを利用しましたが、便利なような不便なような・・
    ということで今日はお疲れ休みです。


    ダイコンソウ(大根草)


    8月半ばからダイコンソウが登場してきました。
    の咲き方が疎らなのでどうにも撮りにくいです。
    何だか図鑑の標本みたいです。

    【写真】
    ダイコンソウ大根草バラ科
    根生葉が大根の葉に似ているということで、大根とは何の関係もありません。
    多年草
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2019/08/18 14:23:44
    Tv 1/250
    Av 5.6
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    正面から見たら整った形をしていますね。
    完全に日の丸構図ですが・・


    ダイコンソウ(大根草)


    ダイコンソウを乾燥したものが水楊梅(すいようばい)という生薬だそうです。
    利尿・止瀉薬として効果があるとのこと。
    調べてみると案外薬効のある植物って多いものです。


    ダイコンソウ(大根草)


    朝から旅行中の写真をせっせとRAW現像していますが終わりそうにありません。
    整理できたら順次載せようかと・・野草ネタも残り少ないし。

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ダイコンソウ 大根草 バラ科 野草 大根 北陸 RAW現像 生薬 多年草

    金沢城(日本100名城 No.35)

  • 2019/09/02 : 日本100名城
  • 言わずと知れた加賀百万石、北陸の城で真っ先に思い浮かべるのはここでしょう。
    昨日は福井県の芦原温泉に泊まったので、帰りがけに金沢に立ち寄って日本100名城のスタンプをもらってきました。
    金沢城を訪れるのは2度目になります。


    金沢城


    金沢城址公園には前回と同じ石川門から入りました。
    この門は兼六園側にあってよく知られているので正面玄関かと思いきや、実は搦手門(裏門)です。
    左の石川櫓は1788年築で国の重要文化財になっています。


    金沢城


    反対側から見たらこんなです。
    裏側にひっそりと「重要文化財」なんていう看板が立っていたりします。
    内部は見ることができませんでしたが・・


    金沢城


    広くて見どころたくさんの金沢城、今日は本丸の写真を載せておきます。
    ・・どこが本丸!?
    いつも歩いている丘陵の林の中みたいなんですけど。


    金沢城


    立て看板の文字を拡大してみました。
    私のヘタな説明よりもこれをお読みいただいたほうが分かりやすいかと・・


    金沢城


    今日の金沢は時折ざっと雨が降るような不安定なお天気でした。
    幸い濡れることもなくひと通り見学してきました。
    これで日本100名城のスタンプは37個目、2泊3日で3カ所行けたら上出来です。

    テーマ : 歴史・文化にふれる旅
    ジャンル : 旅行

    tag : 日本100名城 金沢城 石川門 本丸 重要文化財 加賀百万石 金沢 芦原温泉 兼六園 搦手門

    丸岡城(日本100名城 No.36)

  • 2019/09/01 : 日本100名城
  • 北陸攻め2日目は金沢から特急サンダーバードで芦原温泉まで行き、バスで丸岡城に行きました。
    丸岡城現存十二天守のひとつで、松本城と並ぶ古さです。
    天守はちょっと小ぶりですけど。

    丸岡城

    もちろん天守にのぼることができます。
    お城の階段って急傾斜なのがおおいですが、ここはもうよじ登る感覚です。

    丸岡城

    ここまできたら階段じゃなくて梯子に近いです。
    ロープに掴まって登り降りしました。

    丸岡城

    瓦は焼き物じゃなくて石を削り出した石瓦というのは珍しいです。
    コンパクトなお城ですが歴史をしっかり感じることができました。

    丸岡城

    これで日本100名城スタンプ36個目となりました。
    福井県にはもうひとつ、一乗谷城があるんですが電車とバスではやや不便・・
    いずれ七尾城と合わせて訪れることにします。

    テーマ : 歴史・文化にふれる旅
    ジャンル : 旅行

    tag : 日本100名城 丸岡城 北陸 福井 スタンプ 一乗谷 七尾城 現存十二天守 松本城 石瓦

    ようこそ!
    カレンダー
    08 | 2019/09 | 10
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 - - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR