FC2ブログ

パソコン製作記2020(3)~まとめと感想

  • 2020/01/22 : パソコン関連
  • 新しい自作パソコン、一週間かけてデータの移行とかアプリのインストールとかやって、なんとかメインで使えるようになりました。
    まだハードディスクの移植とかブルーレイドライブの移行とかやることが残っていますが・・
    そういえばASRockのマザーボード、基盤にLEDが仕込んであって、稼働中は七色に色が変わって光っています。
    ケースに入れたら見えないので、私にとっては意味がありません。
    最近は見せるPCというのがあって、いろんなものが光るらしいです。


    STEEL LEGEND


    使ってみての感想は、Windowsの起動とシャットダウンがものすごく早くなってイライラしなくなったのがうれしいです。
    処理自体も早いとは思いますが、EOS Kiss M のRAWデータの現像はCPU85%くらい使っていていくらか早いくらい。
    新しい一眼でガシガシRAW現像するならパワフルなマシンが必要と思います。
    言わずもがなですがHDDにI/Oが発生する処理は何やっても遅いのはやむなし。
    パフォーマンス的には、私の使い方なら十分でしょう。


    パーツリスト


    今回作ったPCのパーツリストです。
    価格は税込みで、マザーボードとメモリーは延長保証とか交換保証込みです。
    2万5千円分をポイントで賄ったので持ち出し10万円ってところですね。
    反省点としてはメモリーを16GBにしてRyzen7にすればよかったかなというところくらいです。


    ブタナ


    ひとつ感じたのが、音楽流すと意外と音質がいいこと。
    ニチコン製ファインゴールドシリーズオーディオコンデンサ使用なんて謳っているのは伊達ではないのかな。
    言わずもがなですが、(安い)パソコンとしてはという前置き付きですけど聞き流すには十分。
    Pentium166MHzのころから使っているDIATONEのスピーカー、しょっちゅう片方聞こえなくなるのでついでに買い替えました。

    命名、「宝くじ2号」です。
    昨年9月にロト6で3等が当たり、当選金(29万ちょっと)が原資になってます。

    1月20日にブタナが咲いていました。
    やっぱり暖かいのかな・・
    スポンサーサイト



    テーマ : 自作パソコン
    ジャンル : コンピュータ

    tag : 自作パソコン ASRock Windows RAW現像 HDD Ryzen ニチコン Pentium ロト6 ブタナ

    ようこそ!
    カレンダー
    12 | 2020/01 | 02
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    季(とき)の花 2

    フツウの生活
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR