オオニワゼキショウ(大庭石菖)

  • 2012/05/31 : 狭山丘陵の四季
  • が大きいわけじゃなくて、草丈が大きいのでオオニワゼキショウだそうです。
    ニワゼキショウって背の低いですけど、こちらは茎が長いです。
    でもは小ぶりなんですよね。


    オオニワゼキショウ(大庭石菖)


    おかげで風が吹くと撮りにくいの何のって、たまったもんじゃありません。
    ひたすら風止み待ちでだいぶ時間かかりました。
    狭山丘陵では特定の場所にかたまってたくさん咲いています。

    ニワゼキショウほど広い範囲には分布していないかもしれません。
    ニワゼキショウは白と紫の2種類が咲きますけど、こちらはこの色だけです。

    写真
    オオニワゼキショウ大庭石菖) アヤメ科
    いつも歩く場所に咲いているのに、どうやら昨年は載せていません。
    撮りそこなったんだっけ・・
    カメラ機種名 Canon EOS 40D
    撮影日時 2012/05/26 13:04:40
    Tv 1/250
    Av 4.5
    ISO感度 100
    レンズ EF-S60mm f/2.8 Macro USM


    いっぱい咲いているようでも写真に撮ってみると案外疎らなものです。
    が小さいせいでしょうか。


    オオニワゼキショウ(大庭石菖)


    目立つではないものの、ごく淡い紫色が美しいです。
    これを撮った翌日に同じ場所を通ったので撮り直そうと思ったら、の数がぐっと減っていました。
    なので撮影は断念・・


    オオニワゼキショウ(大庭石菖)


    毎年オオニワゼキショウばかりずらっと並んで咲く場所があります。
    これを撮った日に行くか、翌日行くか迷った挙句に2日ともこの場所に行きました。
    26日に行っておいてよかったです。

    27日だったら花の数は半分くらいでしたから。
    野草は一期一会、見頃のいい時期ってほんのわずかかも。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : オオニワゼキショウ 大庭石菖 ニワゼキショウ 庭石菖 写真 狭山丘陵 野草

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    まとめtyaiました【オオニワゼキショウ(大庭石菖)】

    花が大きいわけじゃなくて、草丈が大きいのでオオニワゼキショウだそうです。ニワゼキショウって背の低い花ですけど、こちらは茎が長いです。でも花は小ぶりなんですよね。おかげで...

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    マクロがほしい・・

      この花をみると小学校の頃の校庭を思い出します
      ちいさくてなんてかわいい花なんだと
      地べたにしゃがみこんでよくみていたなー♪

      名前を知ったのは大人になってから
      背の高いのとちっこいのとの正確な名前がわかったのは
      いまここでデス(笑)

      ニコンのマクロいつかきっと!
      
      

    おはようございます。

    野の花は一期一会、本当にそうですね、見つけたときがチャンスですね、
    先日行った湿原の公園でも咲いていましたが、風で揺れてブレブレ、
    もう一度と思っているのですが間に合うかな。

    オオニワゼキショウ

    この花、本当に名前と姿がアンバランスで・・・
    でも可愛いから許しちゃいましょう。
    これもあれも今年も見損ねています。
    さて、今頃というと何を探しましょうか?
    コアジサイはまだ間に合いますか?
    サイハイランは?
    と・・・もうずいぶんご無沙汰してしまいました。

    Re: マクロがほしい・・

    たんこさん
    >   この花をみると小学校の頃の校庭を思い出します
    >   ちいさくてなんてかわいい花なんだと
    >   地べたにしゃがみこんでよくみていたなー♪
    >
    >   名前を知ったのは大人になってから
    >   背の高いのとちっこいのとの正確な名前がわかったのは
    >   いまここでデス(笑)
    >
    >   ニコンのマクロいつかきっと!
    ----
    そうですか~、このブログも少しはお役に立てたということでしょうか。
    たった1日の命の花だと思うと余計に愛らしく感じます。
    私の小学校にはなかったです・・
    マクロは1本持っておくといいと思いますよ。
    最近、SIGMAあたりのマクロも評判がいいみたいです・・

    Re: おはようございます。

    チャメさん
    > 野の花は一期一会、本当にそうですね、見つけたときがチャンスですね、
    > 先日行った湿原の公園でも咲いていましたが、風で揺れてブレブレ、
    > もう一度と思っているのですが間に合うかな。
    ----
    そうなんですよ、ここで逃がしたら来年まで待たないといけないかと思うと
    チャンスを逃したくないものです。
    再チャレンジ、お天気に恵まれるといいですね。

    ニワゼキショウの仲間は

    受粉したら即しぼみますから、翌日花が減っていたのはそのためだと思います。受粉させなければ数日は咲いているらしいですが…それは野草であったらまず無理でしょうから。

    TBさせていただきたかったのですが、FC2ブログ持ってないので無理みたいですね。

    Re: オオニワゼキショウ

    sage55さん
    > この花、本当に名前と姿がアンバランスで・・・
    > でも可愛いから許しちゃいましょう。
    > これもあれも今年も見損ねています。
    > さて、今頃というと何を探しましょうか?
    > コアジサイはまだ間に合いますか?
    > サイハイランは?
    > と・・・もうずいぶんご無沙汰してしまいました。
    ----
    あれれ、レスを入れたはずなのに入ってませんでした・・
    狭山丘陵のニワゼキショウの仲間で一番小さな花なのに名前は一番大きいですね。
    今日(2日)はまだサイハイランは見頃のが結構あったし、コアジサイも咲いてました。
    あとは・・イチヤクソウが何ヶ所かでつぼみを見つけたのでもうじき咲くでしょう。
    ウメガサはもうちょっと先か・・

    Re: ニワゼキショウの仲間は

    LimeGreenさん
    > 受粉したら即しぼみますから、翌日花が減っていたのはそのためだと思います。受粉させなければ数日は咲いているらしいですが…それは野草であったらまず無理でしょうから。
    >
    > TBさせていただきたかったのですが、FC2ブログ持ってないので無理みたいですね。
    ----
    ニワゼキショウの仲間は基本的に一日花ですね。
    毎日いっぱい咲きますから、蕾もたくさんつくんだと思います。
    雨が降ったあととか気温が低かったとか、ちょっとした条件で違ってくるんでしょうね。
    FC2は他のサービスからのTBはできないみたいです。

    ルリニワゼキショウではありません

    私のブログのニワゼキショウ属の花についての回答を、こちらに書かせていただきますね。というのは、去年も同じようなコメントをいただいたので、きちんと回答した方がいいかな、と思いまして…。

    以下自分のブログコメントの返答からコピペです。
    **********

    >こちらでルリニワゼキショウって呼んでるやつですね。
    違いますよ♪


    東部に咲くニワゼキショウ属の花だけでもざっと4種あって、そのどれもが紫~青ですね。
    Sisyrinchium montanumとSisyrinchium mucronatumは花の柄が分かれて出ないタイプで、Sisyrinchium angustifolium(ルリニワゼキショウ)とSisyrinchium atlanticumが花の柄が分かれて出るタイプです。写真見れば一目瞭然ですが、柄が分かれて出ていないでしょう? なのでまずルリニワゼキショウではありません。後は実際に観察しないと分からないでしょうが、葉っぱと茎が平たかったので、おそらくSisyrinchium montanumだろうと見当をつけました。

    **********

    というわけで、和名の分からない(多分ない)花なのです。

    Re: ルリニワゼキショウではありません

    LimeGreenさん
    > 私のブログのニワゼキショウ属の花についての回答を、こちらに書かせていただきますね。というのは、去年も同じようなコメントをいただいたので、きちんと回答した方がいいかな、と思いまして…。
    >
    > 以下自分のブログコメントの返答からコピペです。
    > **********
    >
    > >こちらでルリニワゼキショウって呼んでるやつですね。
    > 違いますよ♪
    >
    >
    > 東部に咲くニワゼキショウ属の花だけでもざっと4種あって、そのどれもが紫~青ですね。
    > Sisyrinchium montanumとSisyrinchium mucronatumは花の柄が分かれて出ないタイプで、Sisyrinchium angustifolium(ルリニワゼキショウ)とSisyrinchium atlanticumが花の柄が分かれて出るタイプです。写真見れば一目瞭然ですが、柄が分かれて出ていないでしょう? なのでまずルリニワゼキショウではありません。後は実際に観察しないと分からないでしょうが、葉っぱと茎が平たかったので、おそらくSisyrinchium montanumだろうと見当をつけました。
    >
    > **********
    >
    > というわけで、和名の分からない(多分ない)花なのです。
    ----
    ご丁寧にありがとうございます。
    もしこちらで咲いているのを見つけたら、間違いなくルリニワゼキショウで済ませてしまうと思います。
    今日はそのルリニワゼキショウを載せましたけど、もしかして別種だったりして。
    だとしても見分けがつきませんけど。
    Wikipediaによるとニワゼキショウ属はすべて北米原産で、70~150種類あると書いてありました。
    一体そのうちのどれくらいがこっちに来ているのか!?
    今日載せたのがルリニワゼキショウでなかったら、それはそれでエキサイティングなんですが。
    ようこそ!
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR