送電鉄塔をゆく(19)~新古河線シリーズ1(1)「新古河線は柵なし天国」

  • 2013/01/30 : 送電鉄塔
  • 一昨日で只見幹線の手持ちを全部載せてしまいましたので、今日からは1月3日に只見幹線を追いかけた帰り道に辿った新古河線、いってみます。
    「シリーズ1」としたのは何となく「2」がありそうな予感がするというだけで、まだ実際に「2」に出撃したわけではありません。
    この日は新坂戸変電所から只見幹線越辺川手前の422号鉄塔まで追いかけて、交差している新古河線新所沢変電所(鶴ヶ島市)まで戻るルートを考えていました。


    新古河線27号鉄塔


    ピカピカ閃光を放つ只見幹線423号鉄塔の脇にあって小さく見える新古河線27号鉄塔、これでも高さ92mです。
    背後の鉄塔が150m以上ある化け物なので比べる相手が悪いわけで、大鉄塔と呼ぶに十分な迫力があります。
    なお、新古河線は50万ボルトの超高圧で、茨城県境町の新古河変電所新所沢変電所を結んでいる幹線です。


    新古河線26号鉄塔


    新古河線26号鉄塔。
    田んぼの中で柵なしです。
    そういえばこの送電線の鉄塔は柵のないものが多く、50万ボルトにしては無防備な、しかし鉄塔好きにはたまらない送電線です。

    鋼管鉄塔の只見幹線とは違ってL字鋼ながら、どっしりとした重厚な構えの鉄塔群です。

    続く新古河線25号鉄塔も柵なしですが田んぼの中なので近寄れませんでした。


    新古河線25号鉄塔


    だんだん番号が小さくなっていくということは、新所沢変電所までの鉄塔数の見当がついてしまいますね。
    さて反対向きに茨城県まで行ったらどのくらいかかるでしょう。
    車で走ったら道程で65km、ざっと2時間半くらいでしょうか。

    自転車で一度に30基の鉄塔を追えれば5回シリーズくらいで行けそうな・・
    こりゃ定年退職するまでに何とか到達っていうくらいの距離ですな。
    只見幹線踏破に比べたらこっちは達成できそうな気がします。


    新古河線24号鉄塔


    広い田んぼの中の道は碁盤目状で、しかも見通しが利くので新古河線24号鉄塔までは順調にたどり着きました。
    これもそうですが、この先も大方の鉄塔に柵が施されていないのには驚きました。
    只見幹線なんて柵なし鉄塔はほとんどないんですけど、この差は何なんでしょうか。

    ここらへんは越辺川と並行に送電線が走っているので、川に行く手を阻まれることもなく自転車のペダルも軽快に~♪

    2013年1月3日
    送電鉄塔をゆく(19) つづく
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 新古河線 只見幹線 越辺川 新古河変電所 新所沢変電所 写真 鉄塔 送電線 サイクリング ポタリング

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    新しい旅

    新シリーズの始まりですね。
    どっしりとした構えでたっていますね。
    柵なしなんですねえ。
    いいですね。

    Re: 新しい旅

    野の花さん
    > 新シリーズの始まりですね。
    > どっしりとした構えでたっていますね。
    > 柵なしなんですねえ。
    > いいですね。
    ----
    以前から気になっていた送電線です。
    茨城まで150基弱らしいので、これなら何分割かで最後までいけるかもしれません。
    柵がないと写真もすっきりでいいです。
    こちらで柵がない鉄塔は珍しいくらいなんですが、この送電線は片っ端からないです。
    ようこそ!
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR