FC2ブログ

タマノカンアオイ(多摩の寒葵)

  • 2013/05/18 : 狭山丘陵の四季
  • ついに、ようやく、とうとう、やっとのことでタマノカンアオイとご対面となりました。
    の時期には若干遅めかもしれませんが、咲いたばかりの鮮やかな紫色のもあり、十分すぎるくらいに楽しませてもらいました。


    タマノカンアオイ(多摩の寒葵)


    狭山丘陵に多く生息するカントウカンアオイは晩秋にを付け、長いこと(というか萼筒)が残っています。
    対してタマノカンアオイは5月頃に咲き、咲き終わると萎れてしまいます。
    そのためを見ることのできる期間は長くはありません。

    また、ありかが分かった途端に盗み採られてしまう、もっとも盗掘被害に遭いやすい植物のひとつでしょう。
    そんなわけでめったにお目にかかれない植物です。

    写真
    タマノカンアオイ多摩の寒葵) ウマノスズクサ科
    ギフチョウの食草ですが、狭山丘陵でギフチョウの繁殖記録はないそうです。
    本家多摩丘陵でも数が減っているらしく、いつまで持ちこたえるか・・
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/05/18 10:18:00
    Tv 1/200
    Av 3.5
    ISO感度 3200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2010:絶滅危惧IA類
    埼玉県RDB2011:絶滅危惧IA類
    環境省レッドリスト:絶滅危惧II類


    葉にはカントウカンアオイよりもややつやがあって美しいです。
    少なからずマニアがいるのも十分理解できるんですけどね。
    でも、山から盗掘してきたものを嬉々として箱庭で育てるというのは私には理解できません。
    山で盗らずに園芸やさんで買って育てて愛でましょう。(ランなどは盗掘品多数らしいけど)


    タマノカンアオイ(多摩の寒葵)


    これは葉に斑が入っているタイプ。
    の白い部分が変色しているので、咲き終わりが近いのでしょう。

    カントウカンアオイと同様に、タマノカンアオイの葉も変化に富んでいます。
    こんなにはっきりした斑入りのも見つけました。


    タマノカンアオイ(多摩の寒葵)


    たまにカントウカンアオイでもつやのある葉を見つけることがあるので、種類の判定は花を見ないと(私には)特定できません。
    今日はタマノカンアオイ以外にも以前からぜひみたいと思っていた花を見ることができました。
    天気もよかったし、青葉も目にまぶしく、気持ちのいい一日を過ごせました。


    タマノカンアオイ(多摩の寒葵)


    蛇足ながら、持ち帰ったのは写真と満足感のみです。
    野草は野にあってこそ魅力を発揮するものだということを改めて認識しました。
    また来年の春の再会が楽しみです。
    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : タマノカンアオイ 多摩の寒葵 カンアオイ 絶滅危惧種 写真 狭山丘陵 野草

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    タマノカンアオイ

    こういう花があるのが不思議ですね。
    見られてよかったですね。

    盗掘されてしまう花たちのことを思うと辛いですね。
    せっかく花開いたのに誘拐されて身売りされているような気がします。
    どうも集団で昼間観察しておいて人の来ない時間帯に来ているのではないかと思います。

    タマノカンアオイ

    すごい!!!
    よく、見つけられましたね。
    いいですねえ、葉も花も。
    これに、ご対面となると、それは感動ですね。

    園芸店は購入する人がいるから、山野草を購入する。
    園芸店が購入するから盗掘してでも、山野草を手に入れる。
    と、いうこともあるかもわかりませんね。

    とすれば、園芸店で購入しても盗掘に一役買っていることになりそうですね。

    タマノカンアオイ

    うらやましい・・・これは絶対見たい植物です。
    他の丘陵では盗掘がひどく毎年減っていると・・・
    そのうち、フェンスで囲われて近くで見れなくなるかもですね。

    手に取るな、やはり野に置け蓮華草と言う詩がありますが
    まさにその通りですよね。
    実際の意味合いは違いますが。
    カワラナデシコさえ30年前には普通に咲いてたのに・・・

    Re: タマノカンアオイ

    sage55さん
    > こういう花があるのが不思議ですね。
    > 見られてよかったですね。
    >
    > 盗掘されてしまう花たちのことを思うと辛いですね。
    > せっかく花開いたのに誘拐されて身売りされているような気がします。
    > どうも集団で昼間観察しておいて人の来ない時間帯に来ているのではないかと思います。
    ----
    生態も興味深いものがあります。
    植物って動かないでじっとしているのに、非常に精巧にできた生き物だと感心してしまいます。
    今年は特にキンランの盗掘がひどかったです。
    最近、キンランの生態がある程度わかってきたのが原因かもしれません。
    何にせよどうしても独占したい人がいるってことでしょう。
    相変わらず野草愛好家を名乗る盗掘集団が動き回っているのは間違いないです。

    Re: タマノカンアオイ

    野の花さん
    > すごい!!!
    > よく、見つけられましたね。
    > いいですねえ、葉も花も。
    > これに、ご対面となると、それは感動ですね。
    >
    > 園芸店は購入する人がいるから、山野草を購入する。
    > 園芸店が購入するから盗掘してでも、山野草を手に入れる。
    > と、いうこともあるかもわかりませんね。
    >
    > とすれば、園芸店で購入しても盗掘に一役買っていることになりそうですね。
    ----
    まぁ。どこにでもあるっていうものじゃないですからね。
    花も美しいですが、葉のつや、色もすばらしいです。
    当地でも園芸品店に野草を売って小遣い稼ぎをしていた人たちがいたそうですが、今はもうそういうことはほとんどないそうです。
    ただ、園芸品店に栽培技術がない野草も売ってますから、よくて地権者から買い取ったか、そうでなければ出所は盗品でしょう。

    Re: タマノカンアオイ

    かずさん
    > うらやましい・・・これは絶対見たい植物です。
    > 他の丘陵では盗掘がひどく毎年減っていると・・・
    > そのうち、フェンスで囲われて近くで見れなくなるかもですね。
    >
    > 手に取るな、やはり野に置け蓮華草と言う詩がありますが
    > まさにその通りですよね。
    > 実際の意味合いは違いますが。
    > カワラナデシコさえ30年前には普通に咲いてたのに・・・
    ----
    これも野にあるから生命力を感じ、美しいと思うんです。
    園芸採取なんて聞こえのいい言葉がありますが、実態は窃盗ですから。
    多摩丘陵から高尾山あたりは開発と盗掘ですっかり減ったそうです。
    そう思うと、狭山丘陵にあること自体が奇跡的です。
    どこにあるかは口が裂けてもいえるものではありません。

    タマノカンアオイ

    こんにちは

    タマノカンアオイ、楽しませて頂きました。

    盗掘に関しては、私もいつも憤りを感じていますが、
    有効な対策が思い当たらない・・・
    なにかいい対策はないですかね?

    Re: タマノカンアオイ

    hik16さん
    > こんにちは
    >
    > タマノカンアオイ、楽しませて頂きました。
    >
    > 盗掘に関しては、私もいつも憤りを感じていますが、
    > 有効な対策が思い当たらない・・・
    > なにかいい対策はないですかね?
    ----
    盗掘に関してはもはやモラルに訴えても無駄で、犯罪として取り締まるしかないでしょう。
    みんな年配者ですからなおさら情けないです。
    欲望の権化と言ってやりましょう。
    こういう大人が若いやつを育てるわけですから、親を選べない若者が気の毒です。
    親の顔ならぬ子どもの顔が見てみたい、なんて思うこともあります。

    ロマンの花

    はじめまして。ネットは苦手でほとんど書き込みをすることはないのですが、タマノカンアオイのことを調べているうちに通りかかりました。
    野草好きです。50年近く前子どもの頃に住んでいたところが野草の宝庫で(一輪草、稚児ユリ、カタクリ、アマナ、シュンラン、キンラン、ジュウニヒトエ、イカリソウ、ウラシマ草 ヒトリシズカ、名前は書きつくせないほどありますが、それらが春になると順々とたった、2㎞四方の所に咲き乱れているところでした)それ以来野草の一ファンですが、住宅開発ですべてはなくなってしまいました。ところが、このタマノカンアオイだけは、ある丘の開発から外れた林の奥の下に、多分(というのは私有地なので大人になった今では堂々とは入れない・・・)今でも大量に群生しているはずです(少なくとも昔の数はすごかった)。このタマノカンアオイは1万年に1㎞しか移動しないという繁殖力の弱さで知られているそうです(昔の郷土史の受け売りです)。私はそんな花だけが開発の手を逃れて残ったところにある種のロマンを感じています。

    Re: ロマンの花

    > はじめまして。ネットは苦手でほとんど書き込みをすることはないのですが、タマノカンアオイのことを調べているうちに通りかかりました。
    > 私はそんな花だけが開発の手を逃れて残ったところにある種のロマンを感じています。
    ----
    はじめまして、書き込みありがとうございます。
    当地、狭山丘陵は今も記載いただいた花がみられる野草の宝庫です。
    ただこちらも同じく宅地開発や盗掘で希少な植物は減少しつつありますが、自然公園として保護されているので奇跡的に生き延びています。
    こちらのタマノカンアオイはかなり珍しくて、ごく限られた場所にしかありません。
    長い年月をかけて営々と咲き続けて安住の地を見つけたんだなと思うと感慨無量です。
    10年あまり野草の写真を撮っていますが小さな花の中に小宇宙を見るようで、そういう面でもロマンのようなものを感じてしまいます。
    ようこそ!
    カレンダー
    12 | 2020/01 | 02
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR