ツルアリドオシ(蔓蟻通し) 

  • 2013/07/10 : 狭山丘陵の四季
  • 以前から一度見てみたいと思っていたツルアリドオシ、今年はいいタイミングでめぐり合うことができました。
    白いラッパ状のは先端が4つに裂けて開き、必ず2つ一組で咲きます。
    どのを見ても必ず2個が対になって咲いているのがユニークです。


    ツルアリドオシ(蔓蟻通し) 


    以前から丘陵の何ヶ所かで咲くと聞いていましたがようやく対面できました。
    も小さいけれど草丈も小さく、か弱そうな印象です。
    この写真を撮ってからすでに1ヶ月経ってしまいました。

    今度は実を見に行かなくちゃなりません。

    写真
    ツルアリドオシ蔓蟻通し) アカネ科
    アリドオシの別名を一両といいますが、これも一両でいいのでは!?
    十両がヤブコウジ、百両がカラタチバナ、千両に万両と、これで狭山丘陵一両から万両までを見ることができました。
    ただしセンリョウはどうも園芸種の漏出のように思われますが。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/06/09 11:30:10
    Tv 1/60
    Av 5.6
    ISO感度 2000
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    東京都RDB2010:絶滅危惧IA類(北多摩)、準絶滅危惧(西多摩)


    この写真ツルアリドオシの特徴がよく分かると思います。
    は2つなんですが、もののみごとにの付け根は一体化しています。


    ツルアリドオシ(蔓蟻通し) 


    はふたつなのに実はひとつしかできず、実の天辺にはつたつの花のあとが残る・・なんていわれたらもう見に行くしかありません。
    子房が合着するといいますが、すでに花の時点でひとつになっているように思います。
    花をふたつ咲かせるのは、きっと何か合理的な理由があるに違いありません。

    もしかしたらこの先の進化の過程で花がひとつになってしまうのか!?
    そんな遠い未来まで咲いていてほしい花です。


    ツルアリドオシ(蔓蟻通し) 


    アリドオシは低木なのに対し、ツルアリドオシは草本で、地を這うように伸びるのが名前の由来でしょうね。
    蔓というほど長いのはなかったものの、これはちょっと蔓っぽいですかね。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ツルアリドオシ 蔓蟻通し アリドオシ 一両 写真 狭山丘陵 野草

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    ツルアリドオシ

    お花は純白なのですね。
    ふしぎな構造をしていますね。

    ツルアリドオシ

    これも感動しましたね~不思議な花です。

    Oさんがおっしゃってましたが、今年はツルが全然伸びてないと。
    普通なら這いずりまわってるのに・・・と
    やはり気温のせいだったのでしょうか。

    Re: ツルアリドオシ

    野の花さん
    > お花は純白なのですね。
    > ふしぎな構造をしていますね。
    ----
    真っ白というか、やや黄味かかっているかもしれません。
    この花の構造は本当にミステリアスです。
    でも必ず理由があるはず・・

    Re: ツルアリドオシ

    かずさん
    > これも感動しましたね~不思議な花です。
    >
    > Oさんがおっしゃってましたが、今年はツルが全然伸びてないと。
    > 普通なら這いずりまわってるのに・・・と
    > やはり気温のせいだったのでしょうか。
    ----
    草丈がすごく小さくて、とても蔓というほどではなかったですね。
    来年また同じ場所を見に行ったらもっと這い回って花もいっぱい咲いているかもしれません。
    今年は雨が少なかったり猛暑だったり、異常ですよね。
    これが当たり前になってしまうのかもしれませんが。

    ツルアリソオシ

    多分、見た時はまだ走りだったのではないでしょうか。
    咲き始めでつるがまだ伸びていなかった様な気がしました。
    別の所で見たのは結構伸びていましたし花に毛が生えていました。
    おそらく、もう少し後だと毛も見られたかもしれません。

    Re: ツルアリソオシ

    sage55さん
    > 多分、見た時はまだ走りだったのではないでしょうか。
    > 咲き始めでつるがまだ伸びていなかった様な気がしました。
    > 別の所で見たのは結構伸びていましたし花に毛が生えていました。
    > おそらく、もう少し後だと毛も見られたかもしれません。
    ----
    おそらくタイミング的には少し早かったでしょうね。
    でも特徴的な花も堪能できたし、よかったと思います。
    この分なら独特の赤い実も見ることができると思います。
    ある場所は分かっているし、また見る機会があるでしょう。
    ようこそ!
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR