送電鉄塔をゆく(24)~新古河線シリーズ2(2)「男子の本懐!?」

  • 2013/12/04 : 送電鉄塔
  • 本シリーズその1で載せたたった2基の鉄塔のために越辺川を渡りました。
    大迂回してまたしても越辺川を渡ると対岸の土手の上は自転車道になっていて、なかなか快適で天気もいいし爽快です。
    次の鉄塔がどんどん近づいてきます。


    越辺川(おっぺがわ)東岸


    蛇足ながら、越辺川の西は埼玉県坂戸市、川を東に渡ると埼玉県比企郡川島町となります。

    さて、肝心の鉄塔は土手の上から眺めてみると工場越しにしか見えません。
    幸い土手から鉄塔方向に下れる砂利道がありました。
    降りてみましょう。


    新古河線30号鉄塔


    ほらほら、ちゃんと新古河線30号鉄塔の真下にいけたじゃないの。
    でも番号札がないですね・・
    反対側にまわってみたら工場の入り口のようでした。

    しかしここであきらめるのはまだ早い、あきらめたっていうのはできることを全部やってから言えばいいんです。
    これが男の美学、男子の本懐ってもんです。なんちゃって。
    探したらちゃんと道があって行けたじゃないですか、番号札の前まで。


    新古河線31号鉄塔


    その後は工場に囲まれた袋小路に捕まってまたしても大迂回して新古河線31号鉄塔に到達しました。
    広い田んぼです。
    どれほどの取れ高があるんでしょうね。

    先まで見渡せると安心感があるものの、連綿と続く送電鉄塔の放列を見ると気が遠くなる思いです。
    まぁ、たっぷり楽しめるってことでしょう。(笑)


    新古河線32号鉄塔


    新古河線32号鉄塔へは田んぼの中の道をまっすぐ進み、90度左折します。
    ちょうど三角定規2枚セットの二等辺三角形のほうの直角の角を辿るような感じです。
    まっすぐな送電線に対して自転車で走る距離はピタゴラスの定理より√2倍ってことですか。

    なぜか田んぼの中って道路と45度の角度で送電線が伸びているんですよね。
    ほら、今度はまっすぐいって右に90度だよ・・

    送電線はさらに田んぼの中を北西に伸びているようです。

    2013年12月2日
    送電鉄塔をゆく(24) つづく
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 新古河線 越辺川 50万V 鉄塔 送電線 男子の本懐 坂戸市 川島町 自転車 ピタゴラスの定理

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    男子の本懐

    男子の本懐、恐るべし!!!
    ちゃんと、番号札までたどり着けましたね。

    この広い平野、鉄塔も思い通りに進路がとれそうです。

    鉄塔も

    いろいろあるものですね。
    下の写真は確かに興味深いでしょうね。
    あれこれ想像力が高まりそうです。
    男子の本懐・なるほど・・・

    Re: 男子の本懐

    野の花さん
    > 男子の本懐、恐るべし!!!
    > ちゃんと、番号札までたどり着けましたね。
    >
    > この広い平野、鉄塔も思い通りに進路がとれそうです。
    ----
    しょうもないことを続けていくのは意外と強靭な意志の力が必要なものです。
    どうせやるなら手抜きはいやですね。
    道楽こそ真剣にやらないと面白くないです。

    Re: 鉄塔も

    sage55さん
    > いろいろあるものですね。
    > 下の写真は確かに興味深いでしょうね。
    > あれこれ想像力が高まりそうです。
    > 男子の本懐・なるほど・・・
    ----
    そうなんですよね、こういうのを見てしまうとどうしても先が見たくなってしまいます。
    ここは真っ平らな田んぼで、自転車で走るにもちょうどよかったです。
    ここは、ですが・・・
    気安く男子の本懐なんて言ったら北方謙三さんに叱られそうです。(笑)
    ようこそ!
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR