チヂミザサ(縮み笹)とケチヂミザサ(毛縮み笹)

  • 2013/12/13 : 狭山丘陵の四季
  • 秋が深まってから狭山丘陵で藪こきをすると必ず悩まされるのがこいつらです。
    何が悩ましいかって、後の実がいわゆる「ひっつき虫」になります。
    しかもかなりベタベタ、ベッタベタの粘液でGパンに引っ付きます。


    ケチヂミザサ(毛縮み笹)


    まずはケチヂミザサから。
    細かい開出毛がびっしり生えているのがはっきり分かります。
    これはうまい具合に盛りでした。

    といってもこの地味さですが・・まぁ、小さな笹ですからね。

    写真
    ケチヂミザサ毛縮み笹) イネ科
    ひっつき虫を剥がしても粘液が残ってGパンがガビガビになるくらいすごい粘液です。
    何かに使えないのでしょうかね。
    こいつらも狭山丘陵の一員とはいえ、結構迷惑です。
    名前のとおり、葉が波打つように縮んでいます。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2013/09/14 10:27:41
    Tv 1/50
    Av 5.6
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    こちらはチヂミザサ
    茎に毛がなくつるつるです。
    ひと目で違いが分かりますね。


    チヂミザサ(縮み笹)


    どっちも特に珍しくはないですが、狭山丘陵では毛のほうが多いようです。

    今日は忘年会で帰りが遅くなりました。
    ちょっと食べ過ぎたし、私にしてはアルコールも少々多めだったようです。
    今日と来週の金曜日あたりが忘年会のピークでしょうね。
    明日が休みでよかった。


    足もとの紅葉


    紅葉は高いところばかりじゃなくて足許にもあります。
    狭山丘陵の遅い紅葉もさすがに終わり。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : チヂミザサ 縮み笹 ケチヂミザサ 毛縮み笹 写真 狭山丘陵 野草 紅葉 ひっつき虫

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    ケチヂミザサ

    ヒッツキムシの類はやっかいですね。
    そのうえ、彼らはひっつくのが超うまい!!!

    濃淡の紅葉、美しい!!!

    チジミザサとケチヂミザサ

    あ~あのベタベタはコイツが原因か!
    本当に困りますよね!!(怒)

    この時期はカサカサと音を立てながら歩くのもいいですよね。
    あと桜の枯葉が桜餅の香りがしてたまらないんですよね~(笑)

    ケチヂミザサ

    これには悩まされますね。
    いまだに長靴に付いたのが取れないでいます。

    紅葉、今年はきれいでしたね。

    Re: ケチヂミザサ

    野の花さん
    > ヒッツキムシの類はやっかいですね。
    > そのうえ、彼らはひっつくのが超うまい!!!
    >
    > 濃淡の紅葉、美しい!!!
    ----
    そうなんですよ!
    長靴を履いていても、靴の一番上を絞る紐にびっしりくっつきます。
    狭山丘陵の紅葉も場所によってはかなりきれいですよ。

    Re: チジミザサとケチヂミザサ

    かずさん
    > あ~あのベタベタはコイツが原因か!
    > 本当に困りますよね!!(怒)
    >
    > この時期はカサカサと音を立てながら歩くのもいいですよね。
    > あと桜の枯葉が桜餅の香りがしてたまらないんですよね~(笑)
    ----
    これは強力接着剤ですね。
    さすがにゴム長にはくっつきませんが、Gパンにもくっつきますからね。
    あとがゴワゴワになって洗濯必須です。
    ここの紅葉はみごとでしたよ。来年行けるといいですね。
    桜餅といえば、私はフジバカマの花の香りが桜餅に思えます。

    Re: ケチヂミザサ

    sage55さん
    > これには悩まされますね。
    > いまだに長靴に付いたのが取れないでいます。
    >
    > 紅葉、今年はきれいでしたね。
    ----
    私も長靴の紐についたのは放置してあります。
    そのうち乾いて落ちるだろうと・・
    紅葉ってたったの2週間で別の場所みたいになっちゃいますね。
    みごとなものでした。

    No title

    こんばんは。

    おっ,イネ科ですね。
    「チヂミザサ」と「ケチヂミザサ」は連続的に毛の密度,長短に変化があることから,
    現在ではあまり分けないらしいです。
    したがって,上の個体のように毛のあるものは,
    すべて「チヂミザサ」または「ケチヂミザサ」でよいと思いますよ。
    あえて分けるとしても「チヂミザサ」かな。
    もっと長い毛がぼうぼうの個体がけっこうありますから。

    一方,下の個体のように,
    ほとんど毛のないものは「コチヂミザサ」といいます。
    これも分けない人がいます。

    イネ科は特徴だけでなく,
    昔と現在の分け方の違いも多いです。
    難しいですね~。 ^ ^;

    2写真ともシットリとしたいい写真ですね。
    とくに上は白い柱頭がきれいに撮れています。
    イネ科もタケポさんが撮ると違いますね~。


    シーナ

    Re: No title

    シーナさん
    > こんばんは。
    >
    > おっ,イネ科ですね。
    > 「チヂミザサ」と「ケチヂミザサ」は連続的に毛の密度,長短に変化があることから,
    > 現在ではあまり分けないらしいです。
    > したがって,上の個体のように毛のあるものは,
    > すべて「チヂミザサ」または「ケチヂミザサ」でよいと思いますよ。
    > あえて分けるとしても「チヂミザサ」かな。
    > もっと長い毛がぼうぼうの個体がけっこうありますから。
    >
    > 一方,下の個体のように,
    > ほとんど毛のないものは「コチヂミザサ」といいます。
    > これも分けない人がいます。
    >
    > イネ科は特徴だけでなく,
    > 昔と現在の分け方の違いも多いです。
    > 難しいですね~。 ^ ^;
    >
    > 2写真ともシットリとしたいい写真ですね。
    > とくに上は白い柱頭がきれいに撮れています。
    > イネ科もタケポさんが撮ると違いますね~。
    ----
    いつもご丁寧にありがとうございます。
    チヂミザサは毛のないものから長いの短いのいろいろありますね。
    もっと毛の長い写真もあったですが、一番上のがきれいだったのでこれを載せたかったということです。
    植物の分類も変化してますし、人によって分け方が違ったりして難しいです。
    とりあえず科名はAPG第3版にしましたが、調べるのに骨が折れます・・
    さすがに新エングラー体系はもう古かろうと思っています。
    お褒めいただきありがとうございます。
    イネ科の草は注目されることがないので、ちょっとでもきれいに撮れたらと思っています。
    ようこそ!
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR