送電鉄塔をゆく(27)~新古河線シリーズ5(7)「長い旅路の果て」

  • 2014/02/07 : 送電鉄塔
  • 長々と続いた新古河線鉄塔追跡の旅も終着点にたどり着きました。
    記念すべき最終鉄塔新古河線146号鉄塔新古河変電所の構内にあって番号札は見えません。


    新古河線146号鉄塔


    かろうじて塔頂のヘリ視認用プレートが見えたのでこれで代用します。
    送電線はこの鉄塔から変電所に引き込まれています。

    いや~、着いちゃいましたね。

    さて、ようやく新古河変電所に辿りついたので、せっかくだから一回りして見ましょう。
    変電所を一周すると2kmあるので結構な大きさです。
    この変電所ができた当時は東洋一といわれたそうです。

    まずはとなりの大きな鉄塔を見ると・・


    福島幹線433号鉄塔


    福島幹線・・あの福島第一原子力発電所で発電した電気はここにやってきていました。
    送電線の亘長は190kmだそうです。
    ほかにも50万V送電線2系統が接続していて、首都圏を取り囲む送電線網の重要な変電所らしいです。


    変電所の構内


    まさか今シーズンにここまで来てしまうとは思いませんでした。
    埼玉県鶴ヶ島市の新所沢変電所から茨城県猿島郡境町の新古河変電所まで、鉄塔数145基すべてをカメラに収めました。
    延べにして5日、送電線の全長(亘長=「こうちょう」といいます)はおそらく60kmくらいでしょう。

    20インチの折りたたみ自転車で走った距離は優に200kmを超えているはずです。
    この間、田んぼの畦道ばかり走ってパンクのひとつもなく旅を終えることができたのは幸運でした。
    でもいざ終わってしまうとうれしいようなちょっと寂しいような・・

    感慨深く変電所の塀に沿って走ると正門に着きました。


    変電所正門


    どうやら無人運転みたいですね。人の気配がないです。
    時刻は11:43、やりました、目標どおり午前中に決着をつけました。


    変電所のプレート


    ま~しかし、ひたすら、ひたすら田んぼの中を行く送電線でした。
    埼玉県東部がいかに平坦か、思い知りました。
    しかもこんなに大きな田んぼが延々と続いているとは、同じ埼玉でも私の住む南西部とは景色がまるで違ってびっくりです。

    新古河線追跡、関東平野の広さを実感できますよ。
    もし暇と体力がありあまっているのでしたら、一度この送電線を辿ってみてはいかがでしょう。

    さて、次はどこに行きましょうか。




    大きな地図で見る


    2014年1月19日
    送電鉄塔をゆく(27) 完
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : ポタリング
    ジャンル : 旅行

    tag : 新古河線 鉄塔 送電線 高圧線 50万V 福島幹線 新古河変電所 ポタリング サイクリング 折りたたみ自転車

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    新古河変電所

    茨城県というとずいぶん遠くのような気がします。
    圏央道ができるとすぐなんでしょうけれど・・・
    福島からここまで来ていたのかと思うと、なんとも言えない気持ちになります。
    関東平野、住んでいてもこちらに来ることは少ないので、広さを実感しますね・・・

    まずは新古河線、踏破おめでとうございます!!!
    歩き通したのでないので、「踏破」とは言わないのでしょうか。

    200kmもの道のりを自転車を踏みとうして、すごいですね。
    現役でありながら、ここまで体力と時間を使われる方はそういないでしょう。

    「完」の文字が、ひときわ大きく、強く見えます。

    Re: 新古河変電所

    sage55さん
    > 茨城県というとずいぶん遠くのような気がします。
    > 圏央道ができるとすぐなんでしょうけれど・・・
    > 福島からここまで来ていたのかと思うと、なんとも言えない気持ちになります。
    > 関東平野、住んでいてもこちらに来ることは少ないので、広さを実感しますね・・・
    ----
    決して近くはないですね・・道がすいていても車で2時間半近くかかりましたから。
    圏央道ができたらだいぶ近くなるでしょうね。
    福島の電気がここを経由して首都圏に供給されている場所ですね。
    この送電線は福島原発とともに建設されたものです。
    埼玉といっても南西部とはまるで違う世界で、同じ県内とは思えませんでしたよ。

    Re: 完

    野の花さん
    > まずは新古河線、踏破おめでとうございます!!!
    > 歩き通したのでないので、「踏破」とは言わないのでしょうか。
    >
    > 200kmもの道のりを自転車を踏みとうして、すごいですね。
    > 現役でありながら、ここまで体力と時間を使われる方はそういないでしょう。
    >
    > 「完」の文字が、ひときわ大きく、強く見えます。
    ----
    ありがとうございます。
    この冬はここまで来るためにあったようなものです。(笑)
    今シーズンの休日を4日ほど使ってしまいましたが、それなりに楽しめたしいい運動にもなったし、しょうもないことですが目標達成という満足感も味わえたしよかったです。
    今回で本当に完結、なかなかないんですよ完結できるのが。
    ようこそ!
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR