ウラシマソウ(浦島草)

  • 2014/05/05 : 狭山丘陵の四季
  • 昨年は誰かが植えたんじゃないか的なギワクを持って撮ったウラシマソウ
    その後狭山丘陵内の何ヶ所かで自生と思われる個体を確認しました。
    ここにあっても不思議じゃないかな・・とは思うものの、笹を刈ったら出てきた、ということがあるのかどうかは分かりません。


    ウラシマソウ(浦島草)


    マムシグサによく似ていますが、序の先端の「付属体」がまるで釣竿のように見えます。
    和名はここからきているということですが、この由来は分かりやすくて納得感がありますね。
    ちなみにの本体はマムシグサ同様に仏炎苞の下のほうにあって、この状態では見えません。

    ・・が、これは雄です。

    写真
    ウラシマソウ浦島草) サトイモ科
    本種を含むテンナンショウ属性転換をするそうです。
    小型のものは雄性、大きいものは雌性となる、つまり大きく育つと雄から雌になるということです。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/04/20 13:43:58
    Tv 1/60
    Av 3.2
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM

    埼玉県RDB2011:準絶滅危惧


    で、なぜ雄かというと、仏炎苞の合わせ目のいちばん下に小さな隙間があるからです。
    これは中に入った虫が粉をまとったあとの出口です。
    上の写真でも分かりますね。


    ウラシマソウ(浦島草)


    にはこの出口がなく、中に入った虫は仏炎苞の中で命を終えてしまいます。
    花粉を付けた虫は外に出てもらわないと困るけど、花粉が付いた虫が雌花に入ったら確実に受粉しないといけないので出口を設けるのはウラシマソウにとって不合理なことなんですね。
    これはマムシグサも同じで、5月3日に見つけた緑色のマムシグサも仏炎苞のいちばん下に虫の通路がありました。


    マムシグサ(蝮草)


    自然はすごいですね、よくできています。
    こういう仕組みを作り上げてしまうんですから。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : ウラシマソウ 浦島草 マムシグサ 蝮草 写真 狭山丘陵 野草 性転換 テンナンショウ属

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    ウラシマソウ

    ここのは植栽というか誰かが種を蒔いたのだろうと思っていました。
    ムサシアブミと同じ犯人かと・・・
    他の場所はともかく、どちらなんでしょうね。
    面白い花が見れていいような複雑な気持ちがします。

    ウラシマソウ

    なかなか、凝ったしくみですね。
    こうやって説明していただくと、理解できますが、「ウラシマソウ」さんの祖先は自分で考え、試行錯誤してこの構造になったのかなあなんて考えると、新しい面からの興味も出てきます。

    虫の出口

    気付いていませんでした。
    うちのテンナンショウ属の植物が咲いたら確認してみようと思います(2-3は雌花だと思うんですが…毎年それぐらいは果実になるんで)。

    Re: ウラシマソウ

    sage55さん
    > ここのは植栽というか誰かが種を蒔いたのだろうと思っていました。
    > ムサシアブミと同じ犯人かと・・・
    > 他の場所はともかく、どちらなんでしょうね。
    > 面白い花が見れていいような複雑な気持ちがします。
    ーーーー
    実際のところはどうなんでしょう、自生でも不思議はないと思いますが。
    ただ場所が場所ですからね・・・
    このまま定着すればそれでよいのではないかと思います。
    さすがにあのムサシアブミは誰かの仕業でしょうけど。

    Re: ウラシマソウ

    野の花さん
    > なかなか、凝ったしくみですね。
    > こうやって説明していただくと、理解できますが、「ウラシマソウ」さんの祖先は自分で考え、試行錯誤してこの構造になったのかなあなんて考えると、新しい面からの興味も出てきます。
    ーーーー
    教えていただくまで知りませんでした。
    非常に巧妙にできているのでビックリです。
    おそらくはこういう形になったのが一番生存率が高かったということでしょうかね。
    来年はミミガタテンナンショウも確認してみたいです。

    Re: 虫の出口

    LimeGreenさん
    > 気付いていませんでした。
    > うちのテンナンショウ属の植物が咲いたら確認してみようと思います(2-3は雌花だと思うんですが…毎年それぐらいは果実になるんで)。
    ーーーー
    すごく面白い仕掛けで興味深いです。
    テンナンショウ属共通らしいので、咲きましたらぜひご覧になってください。
    仏炎苞をちょっと開いて中を覗いてみるのも面白いと思います。

    ウラシマソウ

    これは一緒に見に行った奴ですね。
    そう言えば学習田の奴も元気に出てましたね。(笑)
    どう考えてもこの二か所は自生じゃ無いですよね!

    Re: ウラシマソウ

    かずさん
    > これは一緒に見に行った奴ですね。
    > そう言えば学習田の奴も元気に出てましたね。(笑)
    > どう考えてもこの二か所は自生じゃ無いですよね!
    ----
    そうです、あのときのです。
    まぁどうなんでしょうね、いろいろ植えて歩いている人がいるのは確かですけど。
    他の場所ではどうみても自生の超大物が見つかってますから一概には言えないかなと・・
    ようこそ!
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR