アズマカモメヅル(東鴎蔓)?

  • 2014/08/01 : 狭山丘陵の四季
  • コバノカモメヅルの白をこう呼ぶらしい。
    すぐとなりに紫色のを咲かせたコバノカモメヅルが咲いていましたが、の大きさは同じくらいでした。
    暑い日の午後に撮ったせいか、萎れかかったが多くてモデル探しに苦労しました。


    アズマカモメヅル(東鴎蔓)


    素直に真正面から。
    これはいちばん形が分かりやすいかと思います。
    シロバナカモメヅルというのもあるんですが、アズマと同じと書いてあるところもあるしの大きさが違うともいうし、分布域も日本海側とか太平洋側とか、調べるほどにわかりません。

    写真
    アズマカモメヅル(東鴎蔓)?  キョウチクトウ科ガガイモ亜科
    の色は薄い黄緑色で真っ白ではありません。
    7月13日に載せたコバノカモメヅル(←クリック)と比較してみてください。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/07/20 11:57:13
    Tv 1/200
    Av 5.6
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    狭山丘陵ではかなり珍しい部類の花だと思います。
    私が見たのは一ヶ所だけです。
    コバも何ヶ所か咲くので、これも他の場所にもあるのかもしれませんが。


    アズマナカモメヅル(東鴎蔓)


    さて、今週も週末が来ました。
    しかし暑そうですね。
    例によってピンポイントで数ヶ所めぐってみようと思います。


    当初シロバナカモメヅルで掲載しましたが分布域からアズマカモメヅルの可能性が高いようです。
    種類の同定ができていないので「?」つきのアズマカモメヅルに訂正しました。
    シーナさんいつもありがとうございます。(2014/8/3
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : シロバナカモメヅル 東鴎蔓 コバノカモメヅル アズマカモメヅルキョウチクトウ科 ガガイモ亜科 写真 狭山丘陵 野草

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    シロバナカモメヅル

    名前、よく分からないですよね。
    花は少しこちらの方が大きいかなという印象でした。
    いずれにせよ、珍しいと思います。
    コバの方もそんなにたくさん咲くわけではないですものね。
    オオバカモメヅルは多いかもしれません。

    Re: シロバナカモメヅル

    sage55さん
    > 名前、よく分からないですよね。
    > 花は少しこちらの方が大きいかなという印象でした。
    > いずれにせよ、珍しいと思います。
    > コバの方もそんなにたくさん咲くわけではないですものね。
    > オオバカモメヅルは多いかもしれません。
    ----
    この件はOさんともお話しましたが、コバノカモメヅルの白花だろうということでした。
    珍しいものであることは間違いないですね。
    少なくとも狭山丘陵では。
    コバも知っている場所で数ヶ所ですから、それ自体も当たり前のものっていう感じはしません。
    オオカモメヅルは花が地味なので気付きませんが、この仲間では一番多いでしょうね。

    No title

    タケポさん,こんにちは。
    「シロバナカモメヅル」で出しましたか。

    学名(f.albifrorum)からもおわかりように,
    コバノカモメヅルの白花品種は「アズマカモメヅル」で,
    シロバナカモメヅルではありません。
    また,分布域は
    アズマカモメヅル:近畿から関東
    シロバナカモメヅル:近畿以北の中部・日本海側
    となっています。
    そもそも分布域が全く異なっており,
    東京都レッドリストにはそもそも「シロバナカモメヅル」がありません。

    実際に花も葉も隣のコバノカモメヅルよりやや大きめですが,
    以上のことから,私は「アズマカモメヅル」と考えていますが,
    まだまだいろいろと調べている途中です。

    本文には「調べるほどにわかりません」と書いていますので,
    タイトルに「?」をつけるか,
    「ガガイモ科カモメヅル属の一種」とでもしたらいかがでしょうか。
    不明はぜんぜん恥ずかしいことではありませんよ。

    sheena

    Re: No title

    シーナさん
    > タケポさん,こんにちは。
    > 「シロバナカモメヅル」で出しましたか。
    >
    > 学名(f.albifrorum)からもおわかりように,
    > コバノカモメヅルの白花品種は「アズマカモメヅル」で,
    > シロバナカモメヅルではありません。
    > また,分布域は
    > アズマカモメヅル:近畿から関東
    > シロバナカモメヅル:近畿以北の中部・日本海側
    > となっています。
    > そもそも分布域が全く異なっており,
    > 東京都レッドリストにはそもそも「シロバナカモメヅル」がありません。
    >
    > 実際に花も葉も隣のコバノカモメヅルよりやや大きめですが,
    > 以上のことから,私は「アズマカモメヅル」と考えていますが,
    > まだまだいろいろと調べている途中です。
    >
    > 本文には「調べるほどにわかりません」と書いていますので,
    > タイトルに「?」をつけるか,
    > 「ガガイモ科カモメヅル属の一種」とでもしたらいかがでしょうか。
    > 不明はぜんぜん恥ずかしいことではありませんよ。
    >
    > sheena
    ----
    ご指摘ありがとうございます。
    シロバナとアズマを逆に思っていました。
    調べてもよく分からないので、アズマに「?」付きにしました。
    確かに、調べてみるとアズマの分布はおっしゃるとおりでしたので、載せるときに「あれっ?」と思ったのですが。(お話した際に日本海側に分布ということだったので)
    私も分からないことが恥ずかしいとはぜんぜん思っていませんし、分からないことがあるから面白いんだと思っています。
    ところで西の森の大きなウバユリはオオウバユリでいいでしょうか。
    そっちは「?」で載せてありますが。

    No title

    タケポさん,こんにちは。

    オオウバユリは西の森でしたか。
    すると,たぶん「ウバユリ」の勢いのある株だと思います。
    6年野草調査をしていますが,
    西の森で継続的に花の多い株を確認できておりません。
    ふしあなのような目なので,まああてにはなりませんが。
    多少花の多い株は毎年少々あります。
    また,私は北海道出身なのですが,
    本物のオオウバユリは全草驚くべき迫力で,
    ウバユリの目に慣れた私などはビックリしてしまいます。
    とにかく今週見てみますね~。

    sheena

    Re: No title

    シーナさん
    > タケポさん,こんにちは。
    >
    > オオウバユリは西の森でしたか。
    > すると,たぶん「ウバユリ」の勢いのある株だと思います。
    > 6年野草調査をしていますが,
    > 西の森で継続的に花の多い株を確認できておりません。
    > ふしあなのような目なので,まああてにはなりませんが。
    > 多少花の多い株は毎年少々あります。
    > また,私は北海道出身なのですが,
    > 本物のオオウバユリは全草驚くべき迫力で,
    > ウバユリの目に慣れた私などはビックリしてしまいます。
    > とにかく今週見てみますね~。
    >
    > sheena
    ----
    あの大きなウバユリは西の森のど真ん中辺りでとても目立っています。
    ただもう花は終わっていますね。
    私も毎年あの辺りを観察していますが、昨年まであんな大物をは見た覚えがありません。
    オオウバユリは昨年群馬の山中でたくさん見ました。
    それと比べると弱々しい感じがしますので、大きなウバユリなのかなと・・
    ようこそ!
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR