セイタカアワダチソウ(背高泡立草)

  • 2014/11/12 : 狭山丘陵の四季
  • 秋のが少なくなってくる頃に威勢よく咲いています。
    もともとは蜜源として持ち込まれた植物だそうで、そういわれてみるとこのには多くの虫たちが集まってきます。
    優秀な蜜源だそうです。


    セイタカアワダチソウ(背高泡立草)


    以前、一面がまっ黄色に染まるほど咲いていた場所がありました。
    今はちらほら咲いているくらいで見る影もありません。
    セイタカアワダチソウは植物の成長を阻害する物質を出すので、自分自身もその影響減ってしまうとか。

    写真
    セイタカアワダチソウ背高泡立草) キク科
    虫媒花なので粉は飛ばしません。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2014/10/12 12:40:50
    Tv 1/400
    Av 4.0
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    名前のとおり泡立つように小さながいっぱい咲くので、いかにも粉を飛ばしそうに見えるのでしょう。


    セイタカアワダチソウ(背高泡立草)


    秋の花粉症の原因になるのは、狭山丘陵だとブタクサ、オオブタクサ、カナムグラ、ヨモギあたりでしょうね。
    私は鈍感なのかどの草にも反応しないので苦しい思いをせずに済んでいます。
    なかなかきれいな黄色だと思うんですけどどうでしょう。


    セイタカアワダチソウ(背高泡立草)


    独特の複眼を持つハナアブがいました。
    キゴシハナアブというらしいです。
    こんな目でものが見えているんでしょうか、不思議!?
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 花の写真
    ジャンル : 写真

    tag : セイタカアワダチソウ 背高泡立草 キク科 キゴシハナアブ 写真 狭山丘陵 野草 蜜源 虫媒花

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    セイタカアワダチソウ

    この花の開花寸前頃にいけるのが好きで、ことしも楽しませてもらいました。
    たしかに、少なくなりましたが、なんとも悲しい宿命ですね。

    セイタカアワダチソウ

    一時は凄かったですね。
    見事といっても良い位の景色でしたから・・・
    あの場所に行くと、なぜか「荒城の月」の一節、
    昔の光今いずこ♪
    という歌詞が浮かびます。
    今でも、繁茂している所がありますが、いずれはそうなるのでしょうか。

    Re: セイタカアワダチソウ

    野の花さん
    > この花の開花寸前頃にいけるのが好きで、ことしも楽しませてもらいました。
    > たしかに、少なくなりましたが、なんとも悲しい宿命ですね。
    ----
    この花も咲き始めの頃がいいように思いますね。
    少なくなったらまた他の場所で増えていますから、まぁそういうものなんでしょう。

    Re: セイタカアワダチソウ

    sage55さん
    > 一時は凄かったですね。
    > 見事といっても良い位の景色でしたから・・・
    > あの場所に行くと、なぜか「荒城の月」の一節、
    > 昔の光今いずこ♪
    > という歌詞が浮かびます。
    > 今でも、繁茂している所がありますが、いずれはそうなるのでしょうか。
    ----
    ここ数年でものすごく減ってしまいましたね。
    一面まっ黄色で大きなのがいっぱいあったのが嘘みたいです。
    これは北狭山谷のいちばん下で撮りました。
    今盛んに咲いているところもいずれは減って、また別の場所で栄えるのではないでしょうかね。
    ようこそ!
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR