ミヤマカンスゲ(深山寒菅)

  • 2015/03/26 : 狭山丘陵の四季
  • 昨年、ミヤマカンスゲかオクノカンスゲか、なんて載せてましたが、ミヤマカンスゲでした。
    今年は昨年に比べての時期が早かったようで、3月21日にはもう先端の雄小穂の粉は飛び終わっていそうでした。
    念のため、そのうち果胞を確認しておこうと思います。


    ミヤマカンスゲ(深山寒菅)


    名前はミヤマですが丘陵のふもと近くでも生育しています。
    ほかにもミヤマと名のつく植物がいくつかありますが、必ずしも山奥で咲くとは限らないのに何でこういう名前なんでしょう。
    逆に比較的ふもとに少ないのにフモトスミレなんていうのもありますが。

    写真
    ミヤマカンスゲ深山寒菅) カヤツリグサ科
    ヒメカンスゲやヤマオオイトスゲに比べると葉の幅が広く、折れ方が独特。
    かつては蓑笠の材料に使われたので人里に移植されたそうです。
    場所によってはそういうのの名残かもしれません。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2015/03/21 12:20:43
    Tv 1/100
    Av 4.0
    ISO感度 200
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    次の週末に歩く予定の場所にもミヤマカンスゲが多いので、チェックしてみます。
    これはなかなか見ごたえある株でしたが、いかんせん時期が遅くて・・


    ミヤマカンスゲ(深山寒菅)


    ヒサカキ第2弾は雌です。
    今年は雄しか載せていなかったので、雌も1枚だけ載せておきます。
    は雄花よりも一回り小さく、先が開くような形をしています。


    ヒサカキ@雌花


    雄花の開口部が狭くなっているのとは対照的で、大きさと形で雌雄が分かります。
    そういえば、わが家の庭のヒサカキは雄株だけだと思っていたらいつの間にか雌花も咲いていました。
    雌雄両方の花が咲くのか!?と思ったらいつの間にか雌株も生えていたのでした。

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ミヤマカンスゲ 深山寒菅 写真 狭山丘陵 野草 蓑笠 ヒサカキ カヤツリグサ科 ヒメカンスゲ

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    ミヤマカンスゲ

    これが、蓑笠の原料なのですね。
    それにしても、カヤツリグサ科のややこしいこと、ギブアップです。

    ヒサカキの雌花、かわいいですね。

    ミヤマカンスゲ

    これって橋の南側で沢山見たものでしょうか?
    これが蓑笠の材料になるとは思いませんでした。

    そういえば、ヒサカキは性転換するというのをネットで読んだと思います。違ってたかしら。

    ミヤマカンスゲ

    これは節が茶色くなる所が有るか無いかで区別すると教えて頂いたけど、あれってヒメカンスゲだったかな?(汗)

    しかしこれから蓑笠が?不思議です。

    Re: ミヤマカンスゲ

    野の花さん
    > これが、蓑笠の原料なのですね。
    > それにしても、カヤツリグサ科のややこしいこと、ギブアップです。
    >
    > ヒサカキの雌花、かわいいですね。
    ----
    すげ笠なんていいますよね。なるほどスゲを使った笠ならそう呼ばれるでしょう。
    この雌花は小さな枝にいい具合に咲いていました。
    可愛いですが臭いはやはりヒサカキです。

    Re: ミヤマカンスゲ

    sage55さん
    > これって橋の南側で沢山見たものでしょうか?
    > これが蓑笠の材料になるとは思いませんでした。
    >
    > そういえば、ヒサカキは性転換するというのをネットで読んだと思います。違ってたかしら。
    ----
    これはナガバノスミレサイシンのところで撮りました。
    葉を乾燥して使うそうで、田んぼの畔とかに移植して利用していたそうですよ。
    ヒサカキの生態は面白いようですね。
    うちのは雌雄ペアで2本でした。

    Re: ミヤマカンスゲ

    かずさん
    > これは節が茶色くなる所が有るか無いかで区別すると教えて頂いたけど、あれってヒメカンスゲだったかな?(汗)
    >
    > しかしこれから蓑笠が?不思議です。
    ----
    それはヒメカンスゲとヤマオオイトスゲの見分けかなと。
    ミヤマカンスゲは葉の幅が広くて断面がM字型になっています。
    きちんと見分けるには果実を見ないとだめみたいです。
    乾燥させた葉を編むと耐水性のあるスゲ笠になるそうですよ。
    ようこそ!
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR