ネジバナ(捩花、捩摺)

  • 2015/07/08 : 狭山丘陵の四季
  • ラン科の植物でほとんど雑草扱いされているといったらネジバナくらいではないでしょうか。
    そもそも、知らなかったらランだとは気付かれないのでは!?
    今年もいつの間にやらあちこちでネジバナが地面に突き刺さっている時期になりました。


    ネジバナ(捩花、捩摺)


    狭山丘陵で最もたくさんある野性のランといって差し支えないと思います。
    うちの近所では街路樹の根元にも咲いていました。
    なかなかたくましいようですが、これ単独で植木鉢に植えても育たないそうです。

    写真
    ネジバナ捩花捩摺) ラン科
    地生ランらしく、菌類(菌根菌)と共生しています。
    ランに限らず、実に9割方の植物が何らかの菌根菌と共生関係にあって、菌根菌を介して植物間で栄養のやり取りを行っているということです。
    ランの仲間やイチヤクソウなんかは菌への依存度が大きく、間接的に他の植物からの栄養補給に頼っているということでしょうね。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2015/06/17 14:21:21
    Tv 1/250
    Av 4.5
    ISO感度 400
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    小さなを拡大してみると、ランのであることに納得してしまいます。
    もうちょっと大きかったら丁重に取り扱われているかもしれません。


    ネジバナ(捩花、捩摺)


    下の写真はようやくが咲き始めた6月17日に撮ったものです。
    ネジバナって地面から花茎だけが伸びているイメージだった(ので最初に突き刺さっている、と書いた)のですが、しっかりと葉が茂っています。
    このくらいの葉の光合成では追いつかないんでしょう。


    ネジバナ(捩花、捩摺)


    何枚か葉が付いているの見た(撮った)記憶はあるんですけど、こんなにたくさんの葉が付いているのは見た記憶がありません。
    ふぅん、こんな具合に葉が付くんだねぇ。

    今日のキノコは、ホウキタケの仲間。


    ホウキタケの仲間


    枝の先端が細かく分かれて尖っているのでヒメフサホウキタケの仲間でしょうか。
    すぐに同定できそうだと思ったら、苦戦・・
    ホウキタケも似たようなのが多くて自力で図鑑などから判断するのは難しいです。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : ネジバナ 捩花 捩摺 ラン科 写真 狭山丘陵 キノコ ホウキタケ 野草

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    ネジバナ

    今年も巨大ネジバナが出てましたね。
    シロバナモジヅリも見に行きましたが中途半端な状態でした。
    まあ刈られなかっただけましですかね~。

    ネジバナ

    ネジバナもよく見るときちんとランの形だし、いい色をしていますよね。
    特にこの濃いピンク色の花は一番多いのですが魅力的です。
    引っ越してきた時に芝生の中でこの花を見つけた時はとてもうれしかったことを覚えています。
    最近まで庭のどこそこで咲いていたのですが、ついにホタルブクロにやられたのか消えてしまいました・・・

    Re: ネジバナ

    かずさん
    > 今年も巨大ネジバナが出てましたね。
    > シロバナモジヅリも見に行きましたが中途半端な状態でした。
    > まあ刈られなかっただけましですかね~。
    ----
    これは巨大ネジバナのところで撮ったんですが、時期が早かったのでまだ小さかったです。
    栄養が多すぎると巨大化するというの\ことをどこかで読みました。
    白花も先週見に行きましたが咲いてなかったです・・

    Re: ネジバナ

    sage55さん
    > ネジバナもよく見るときちんとランの形だし、いい色をしていますよね。
    > 特にこの濃いピンク色の花は一番多いのですが魅力的です。
    > 引っ越してきた時に芝生の中でこの花を見つけた時はとてもうれしかったことを覚えています。
    > 最近まで庭のどこそこで咲いていたのですが、ついにホタルブクロにやられたのか消えてしまいました・・・
    ----
    見まごうことなくランの花ですね。
    色の濃いのや薄いのがありますが、やはり濃い目のがきれいに思います。
    以前勤務していたオフィスの駐車場に芝生があって、そこにも咲いていました。
    ネジバナの個体の寿命自体が短いそうなので、他の植物に乗っ取られる可能性が大きいのかもしれませんね。

    ネジバナ

    先日も山道で見つけました。
    かわいいお花です。
    家では、芝生やリュウノヒゲのなかにもぐりこむと、よく育つようです。

    ラン科の雑草…

    ネジバナはありませんが(こちらではこの手でもねじれない白いものが自生しているようですが、私は見たことありません)、「ラン科の雑草」なら自宅にあります♪

    生えてきた場所がわるく、2年続けて撮影したあと、ドライブウェイの修繕をしたときにあっけなく失いました。

    でも今年6月末になにやらラン科らしい植物が3つほど伸びてきてるのを見つけたんですよ(葉っぱでわかりますよね)。調べたら失ったはずのこれ↓
    https://en.wikipedia.org/wiki/Epipactis_helleborine
    と判明。

    咲くのを楽しみに毎日話しかけております。

    ネジバナとっても可愛いですね。

    Re: ネジバナ

    野の花さん
    > 先日も山道で見つけました。
    > かわいいお花です。
    > 家では、芝生やリュウノヒゲのなかにもぐりこむと、よく育つようです。
    ----
    小さいですがしっかりランの顔をしてますね。
    芝生との相性がいいようです。
    これを撮った場所は栄養がいいのかものすごく大きく育ちます。

    Re: ラン科の雑草…

    LimeGreenさん
    > ネジバナはありませんが(こちらではこの手でもねじれない白いものが自生しているようですが、私は見たことありません)、「ラン科の雑草」なら自宅にあります♪
    > 生えてきた場所がわるく、2年続けて撮影したあと、ドライブウェイの修繕をしたときにあっけなく失いました。
    >
    > でも今年6月末になにやらラン科らしい植物が3つほど伸びてきてるのを見つけたんですよ(葉っぱでわかりますよね)。調べたら失ったはずのこれ↓
    > https://en.wikipedia.org/wiki/Epipactis_helleborine
    > と判明。
    > 咲くのを楽しみに毎日話しかけております。
    > ネジバナとっても可愛いですね。
    ----
    ラン科は世界中に15000種あって、被子植物最多、植物全体でもキク科に次ぐくらい種類が多いのだそうです。
    条件が合えば結構見られるんでしょうね。
    ご自宅の庭に咲くというのも羨ましいことです。
    延びてきたラン科らしい植物、咲くのが楽しみですね。
    いかにもランらしい姿のように思います。
    私は週末に幻のランを探しに・・
    ようこそ!
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR