フタリシズカ(二人静)

  • 2015/12/23 : 狭山丘陵の四季
  • 木々の緑が濃くなるころ、林の中でひっそりと咲いています。
    名前は静御前とその亡霊にたとえたものですが、序は2本とは限りません。
    むしろ3~4本くらいが普通で、多いものでは6本くらいのも見かけます。


    フタリシズカ(二人静)


    弁も萼もなく、3本の雄しべが柱頭を包み込むような形状です。
    見た目はヤマノイモの雄に似ていますね。
    の構造は少々異なるようですけど。

    写真
    フタリシズカ二人静) センリョウ科
    初めて見たときは珍しいものかと思いましたが、狭山丘陵の林間では広く見られると思います。
    カメラ機種名 Canon EOS 6D
    撮影日時 2015/05/10 10:22:13
    Tv 1/80
    Av 4.5
    ISO感度 100
    レンズ EF100mm f/2.8L Macro IS USM


    これは序4本です。
    写真撮るには2本のほうが撮りやすいんですけどね。


    フタリシズカ(二人静)


    暮れの休日はなんとも慌しく過ぎ去っていくものです。
    携帯電話屋に行って、買い物に行って、年賀状を書いて・・
    今年も大掃除はできそうにありません。

    というか、水を使う掃除はもう少し暖かい時期にやったほうがいいような気がします。
    ・・なんていう理由をつけて、やらない。(笑)


    オケラの綿毛


    花が終わると実ができたり綿毛ができたり、それはそれできれいなものです。
    さてこれは何の綿毛でしょうか。
    葉で分かっちゃいますね。
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ : 花・植物
    ジャンル : 写真

    tag : フタリシズカ 二人静 センリョウ科 静御前 写真 狭山丘陵 野草 綿毛 ヤマノイモ

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    フタリシズカ

    この花は至る所で咲いていますが、謂れを知っているせいかとても風情があるように見えます。
    茶花としても人気があるのがわかります。
    そういえば、「二人静」という干菓子がありましたが、甘いものが苦手なのにこれが好きでした。
    冠毛はアザミに一票、葉っぱのトゲトゲで。違ったかな?

    Re: フタリシズカ

    sage55さん
    > この花は至る所で咲いていますが、謂れを知っているせいかとても風情があるように見えます。
    > 茶花としても人気があるのがわかります。
    > そういえば、「二人静」という干菓子がありましたが、甘いものが苦手なのにこれが好きでした。
    > 冠毛はアザミに一票、葉っぱのトゲトゲで。違ったかな?
    ----
    この花の姿は侘び寂びの世界かもしれませんね。
    日本人好みという感じでしょうか。
    有名なお菓子やさんのですね、名前は聞きますが食べたことはないです。
    冠毛ですが、これはオケラなんです。
    葉の形がヒントかなと・・
    ようこそ!
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ブロとも一覧

    長野県民的人生記

    きっこの花メモリー!

    舞岡公園の自然

    季(とき)の花 2

    フツウの生活

    自然を~楽しむ日々
    リンク
    月別アーカイブ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR